ペットショップ売れ残り。 ペットショップの売れ残り犬はその後どうなる?里親か、処分か。

ペットショップで売れ残りの犬猫はどうなる?

ペットショップ売れ残り

種類を指定する• すべて選択• MIX(ハーフ) 826• すべて選択• ゴールデン・レトリバー 74• ラブラドール・レトリバー 79• 秋田犬 42• アイリッシュセッター 2• グレートデン 4• コリー 2• サルーキ 1• シェパード 2• シベリアンハスキー 6• スタンダードプードル 12• セントバーナード 15• ニューファンドランド 3• バーニーズマウンテンドッグ 27• ボルゾイ 4• ロットワイラー 2• ワイマラナー 2• すべて選択• 柴犬 408• ウェルシュ・コーギー 64• ビーグル 55• アメリカン・コッカースパニエル 65• アメリカンピットブルテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 9• ウィペット 2• オーストラリアンシェパード 2• 甲斐犬 8• ケリーブルーテリア 1• シェットランドシープドック 46• スピッツ 25• ダルメシアン 1• チャウチャウ 3• バセットハウンド 4• ビアデット・コリー 5• ブルドッグ 2• ベドリントンテリア 1• ボーダーコリー 45• ワイアーフォックス・テリア 9• すべて選択• トイ・プードル 551• ミニチュア・ダックスフンド 180• ミニチュア・ダックスフンド(スムースヘアー) 1• ミニチュア・ダックスフンド(ワイヤーヘアー) 3• チワワ(ロングコート) 657• チワワ(スムースコート) 81• イタリアングレーハウンド 29• ウエストハイランドホワイトテリア 5• カニンヘンダックスフンド 42• キャバリア 22• ケアーンテリア 2• シーズー 181• ジャックラッセルテリア 55• スキッパーキー 1• スコティッシュテリア 2• スタンダードダックス(スムースヘアー) 2• 狆 3• トイマンチェスターテリア 1• パグ 58• パピヨン 102• ビション・フリーゼ 23• フレンチブルドッグ 93• ペキニーズ 54• ボストンテリア 18• ボロニーズ 1• ポメラニアン 219• 豆柴 57• マルチーズ 109• ミニチュア・シュナウザー 97• ミニチュア・ピンシャー 62• ヨークシャーテリア 100• ラサアプソ 2 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない 種類を指定する• すべて選択• スコティッシュフォールド 438• アメリカンショートヘアー 290• マンチカン 280• アビシニアン 18• アメリカンカール 79• エキゾチック・ショートヘアー 22• エキゾチック 37• エジプシャンマウ 16• オシキャット 2• オリエンタルショートヘアー 3• オリエンタルズ 3• キンカロー 11• サイベリアン 134• シャム 29• シャルトリュー 23• シンガプーラ 1• ジェネッタ 6• スクーカム 6• スフィンクス 4• セルカークレックス 20• ソマリ 51• ターキッシュバン 1• チンチラ 5• トイガー 4• トンキニーズ 31• ノルウェージャン・フォレストキャット 289• バーミーズ 4• ヒマラヤン 38• ブリティッシュショートヘアー 231• ベンガル 97• ペルシャ 110• ボンベイ 10• MIX(猫) 22• ミヌエット 106• メインクーン 67• ラガマフィン 108• ラグドール 87• ラパーマ 4• ラムキン 2• ロシアンブルー 128 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない.

次の

ペットショップの売れ残り犬猫ちゃんを飼うメリット

ペットショップ売れ残り

売れ残りのペット達は、殺処分や保健所行き、動物実験や繁殖場に連れて行かれてしまうなど、残酷な噂を耳にしたことはないでしょうか? 昨今のペットブームによりペット市場の規模は、1兆5,000億円にも上ると言われています。 その裏側で密かに犠牲になっているのが犬猫などのペット達。 特に売れ残りのペット達の行く末は、様々なようです。 もちろん、ペットショップも悪徳業者ばかりなわけがなく、多くは動物が好きな方が携わっていると思います。 こちらでは、売れ残った際の普通のペットショップの扱いとそれ以外の問題のある業者の扱いで分けてまとめます。 それから少し踏み込んで、ペットの販売ルートに触れて、ペットショップから引き取られた後の行末を記載します。 ペットショップで売れ残った後の扱い(通常の業者の場合) まず、ペットショップもビジネスで、商売をしている。 ということです。 これを踏まえるとお金にならないことは極力しませんし、処分にお金がかかってしまうような方法も取らないということです。 基本的に、普通のペットショップでは、殺処分したり保健所に持ち込んだり、動物実験の施設へ引き渡したりということはしません。 当然、法律や条令、慣行を守っています。 勝手に殺処分すれば、動物虐待。 保健所は、生体販売の業者からの引き取りを拒否。 動物実験の施設の引き取りはとっくの昔に禁止。 ですので、普通のペットショップでは、こんなことはあり得ないのです。 犬も猫も生後3ヵ月程度までは小さくて可愛く、よく売れる月齢はこの辺りだと思います。 それからは少しずつ大きくなっていき、10ヵ月も経てば成猫、成犬として扱われますので、ペットショップでも売れ残らないように値下げをしていきます。 なかなか売れない犬猫の扱いを整理すると以下のようになります。 大きくなったら値下げして販売する。 お客様にワクチン代の実費だけもらい差し上げる。 店員の方が社員割引で購入する。 (その後、知人へ譲るなど)• そのまま店に置いて看板犬猫になる。 店の繁殖場に回される。 (店が繁殖も行っている場合)• ブリーダーに返される。 (預かる期間を決めて販売している場合)• ブリーダーに格安で引き取ってもらう。 (繁殖に使われる)• トリマーなどのペット専門学校に引き取られる。 (練習台に使われる) 普通のペットショップであれば、上記のような扱いになると思います。 ペットショップで売れ残った後の扱い(問題のある業者の場合) 売れない犬猫は、エサ代がかかります。 人の手間もかかります。 場所も取ります。 店側としてはいるだけでもお金がかかる事情があります。 値下げしてなんとか売り切ろうというのは、どこも一緒だと思いますが、その後の扱いに問題があるケースが出て来ます。 店が個人を装って保健所・動物愛護センターに持って行く。 安楽死させる。 庭に埋める。 遺棄する。 引取り業者に引き取ってもらう。 良血種やメスなどは、繁殖に使えます。 上記のような扱いになる前に引き取り手が見つかると思います。 一方、ミックスやオスなどで需要がなければ、最終的には処分することになります。 引取り業者について 引取り業者の役割は、 ペットショップで余ってしまったペットを有料で引き取る業者です。 この背景には、2013年の動物愛護管理法の改正が影響しています。 改正前までは保健所で引き取ってもらえていましたが、改正後は保健所で引き取りを拒否できるようになりました。 これに伴い、行き場を失い余ったペット達を引き取る業者が増えてきたということです。 ペットの販売ルートと引き取り業者に引き取られた後の扱い ペットの販売ルート おおまかに飼い主に渡るまでの順路は以下の通りです。 販売をしているブリーダーとペットショップで、引き取り手が見つからなかったら売れ残りになってしまうわけです。 売れ残ったペットを引き取る業者と引き取られた後 ブリーダーとペットショップで売れ残り、繁殖としても使われなかったペット達は、引取り業者が引き取る場合があります。 可哀想な犬猫を保護するための活動ではありません。 売れる犬猫は、安く転売。 繁殖に使える犬猫は、繁殖に回す。 (生まれた仔は販売する)• 色素が悪く繁殖に使えないメス、繁殖を終えたメス、売れない犬猫は飼育される。 他にも悪質な業者であれば、安楽死や遺棄などをする場合があるでしょう。 また、飼育されるにしても良い環境で飼育されることは少ないのが現実だと思います。 安楽死や遺棄、劣悪な環境での飼育は、動物虐待にあたるため、動物愛護法違反で告発されるケースもあります。 「」, 2014年11月16日, 日本経済新聞 こうした最悪のケースは、人の身勝手から起こり、命を軽視した許されない行為でしょう。 以上になります。 大量に生産したら当然余るものが出てくる。 命をモノ扱いしてはいけませんね。

次の

ペットショップで売れ残りが起こる理由や大きくなった子犬のその後

ペットショップ売れ残り

ペットショップで犬猫が売れ残る理由は? ペットショップで格安な値段で販売されている犬猫を見て、何か問題があるのかな?と思っていませんか? 値段が安くても、何かあるのではないか、と 犬猿してしまう人も少なくないのが実情です。 それが売れ残りの大きな原因でもありますが、そもそも ペットショップで犬猫が売れ残る理由はどんなことがあるのか、見ていきましょう。 人気で売れ筋の犬猫をたくさん仕入れるから ペットショップで売られている犬猫は、ブリーダーやせり市から仕入れられ、健康チェックやワクチン接種を経て、 健康状態の良い犬猫だけが販売されています。 ペットショップは基本的に商売なので、 その時期に売れ筋である人気の犬種や猫種を多く仕入れ、在庫としてたくさんの子犬や子猫を抱えています。 しかし、ペット大国の日本であっても日本の人口には限りがあり、ペットを飼う人は更に限られてきます。 それなのに、犬や猫を どんどん繁殖させているため、 人とペットの割合のバランスが非常に悪いのです。 そうすると、 必然的にペットショップで売れ残りの犬猫が出てきてしまうのです。 ちなみに、 販売される前に健康状態などの問題で殺処分されてしまう子犬や子猫は。 30頭に1頭の割合で存在しています。 犬猫の見た目で判断されるから ペットショップでは、ショーケースに入れられて子犬や子猫が販売されています。 ショーケース内での行動や様子で判断されてしまうため、 食糞であったり、 大人しすぎたり、攻撃的であったりした場合、選ばれにくくなってしまいます。 ストレスなどが原因で、 本来の性格や行動ではなくとも、その一瞬で判断されてしまうのです。 また、犬の場合でよくあるのが、 鼻が黒くないと人気がなく、それだけの理由でずっと売れ残ってしまうことも多々あります。 生後3ヶ月を過ぎた犬猫は人気が落ちるから ペットショップで人気なのは、 生後2~3ヶ月の子犬や子猫です。 しかし、生後6ヶ月ほどになると、その子犬や子猫の 個性や人見知りなど、ある程度の性格が形成されてしまうため、 選ばれにくくなってしまう傾向があります。 生後6ヶ月でも、まだまだ子犬や子猫の可愛い時期ですが、日本のペットショップでは 生後6ヶ月で売れ残りとして、 価格を大幅に下げたり、その後の対策をとるようになります。 ペットショップで売れ残りの犬猫はどうなるの? ペットショップで売れ残ってしまった子犬や子猫は、大手のペットショップであれば他店で価格を大幅に下げて販売することもありますが、それでも飼い主が決まらない場合もあります。 ペットショップで売れ残りの犬猫がどうなるか、しっかり理解しておきましょう。 ブリーダーに返還・売却される ペットショップで売れ残り、飼い主が決まらなかった子犬や子猫は、 ブリーダーや繁殖業者に返還、売却され、 繁殖犬や繁殖猫となることがあります。 ブリーダーによっては、繁殖だけでなく里親を探してくれることもありますが、悪徳なブリーダーや繁殖業者では 劣悪な環境で、 ひたすら繁殖を繰り返させることも少なくありません。 鼻の黒くない犬は、 繁殖犬としての価値がないとみなされ、 殺処分されてしまいます。 また、ブリーダーや繁殖業者に返還されてしまった子犬や子猫の中には、 エサ代がかかってもったいないという理由から、保健所に持ち込んで 殺処分されてしまうこともあるのです。 人間の都合で生まれてきた、 何の罪もない子犬や子猫がそんな理由で 命を消されてしまうのは、とても悲しいことですが、 それが現実だということを知っておいてください。 動物引き取り業者に引き取られる ペットショップで 売れ残った子犬や子猫を引き取る業者、 「引き取り屋」が存在します。 ペットショップや繁殖業者から1頭につき1万円程度で引き取り、死ぬまで面倒を見るというものですが、 きちんとお世話をしている業者は少ないのが現状です。 餌も満足に与えず、病気になっても 動物病院を受診させることもなく、ケージに閉じ込められ、 愛情や喜びを知らないまま一生を送る犬や猫がたくさんいます。 そういった悪徳引き取り業者が横行しているのが現状で、動物保護団体が保護に入ることもありますが、 助けられる犬や猫はほんの一部でしかありません。 実験用動物として売却される ペットショップで売れ残りの犬や猫を、 実験用動物として売却されることもあります。 現在は世間の風潮や動物愛護の意識も強まり、 動物実験を避けるようになりつつありますが、それでも製薬会社や化粧品会社の一部では、動物実験を行っています。 動物保護団体が必死に保護活動をしていますが、 実験用動物となって命を落とした犬や猫は多いです。 保健所や動物愛護センターに持ち込まれる 以前は、ペットショップで売れ残りの犬や猫は、保健所や動物愛護センターで殺処分されることが多々ありました。 2013年に 動物愛護法が改正され、 悪質な動物取扱業者からの引き取りを拒否できるようになったため、ペットショップから健康体の犬や猫が持ち込まれることはなくなりました。 しかし、ペットショップということを隠し、 個人を装って持ち込むようになってしまったため、 判断が難しく受け入れてしまうこともあるようです。 現に、 平成29年度の犬や猫の殺処分数は全国で43216頭ですが、そのうち 23276頭は生後6ヶ月までの幼齢期の犬や猫という現状です。 運が良ければ看板犬として飼育される かなり稀ではありますが、ペットショップの売れ残りの犬や猫を、 お店の看板犬として飼育しているペットショップもあります。 また、 運が良ければペットショップの店員やその友人などに譲られて、飼い主が決まることもありますが、売れ残りの犬や猫を譲るということは、 ペットの販売価値が下がり商売にならなくなる、という観点から、 譲るくらいなら処分する、という 恐ろしい考えが横行しているようです。 Sponsored Link ペットショップでの譲渡会や里親募集はない 残念ながら、 ペットショップで売れ残りの犬や猫を、そのまま 譲渡会や里親募集で飼い主を探すことはありません。 やはり、ペットショップが商品である犬や猫を譲渡するというのは、 ペット全体の商品価値が下がるということを懸念することから、行われていないのです。 現在ではペットショップへの風当りが年々強くなり、良心的なペットショップも増えてきていますが、 人気の犬猫の在庫を抱える形は変わっていません。 ペットショップが悪いわけではありませんが、ブリーダーや繁殖業者、 飼い主である私たちの意識など、 ペット業界全体のあり方を見直す必要がありますね。

次の