小倉美咲 スレ。 小倉美咲ちゃん(7)はどこに?両親が新たに不明直前の写真を公開

小倉美咲ちゃん(7)はどこに?両親が新たに不明直前の写真を公開

小倉美咲 スレ

美咲ちゃんの両親が新たに3枚の写真を公開 山梨県のキャンプ場で行方不明となった小倉美咲ちゃん 7 の両親が不明となる直前に撮影した 写真を新たに公開した。 ショートヘアの黒髪で 黒色のハイネックの長袖シャツを着用している美咲ちゃん。 友達と遊んでいる最中なのか、楽しそうに口元が笑っているようにも見える。 美咲ちゃんはこの服装で行方不明となった。 別の写真ではキャンプ場の森の中で何かを見つめている様子が分かる。 身長約125センチの美咲ちゃんは 青色のジーンズにチェックのシャツ姿だ。 3枚目の写真ではしゃがんでいる様子とともに手がかりにつながる特徴的な エメラルドグリーンの運動靴が写っている。 山梨・道志村のキャンプ場で小倉美咲ちゃんが行方不明になって10月2日で12日目。 美咲ちゃんの家族が情報提供を求めるため新たに公開した3枚の写真。 いずれも行方不明となる当日キャンプ場で撮影されたものだ。 美咲ちゃんの母 小倉とも子さん 36 : 私があの時ちゃんと一緒に付いていってあげていたらと、悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やみきれないほど後悔しています。 美咲に関わるどんな些細なことでも構いませんので皆様から情報を頂けましたらありがたいです。 当時の状況を公開された写真とともに振り返る 10月1日に母の智子さんが行方不明になった当日の詳細をまとめたメモを公開した。 当時の状況を公開された写真とともに振り返っていく。 正午過ぎにキャンプ場に到着した美咲ちゃん家族。 その際に美咲ちゃんは青いチェックのシャツを着ていた。 美咲ちゃんは午後1時には昼食を食べ、南の森で子どもたちとグレーの靴下エメラルドグリーンの運動靴を履き遊んでいた。 午後3時35分におやつを食べ終えた子どもたちが遊びに行く。 その5分後に美咲ちゃんが後を追いかけるように遊びに行く。 そのとき美咲ちゃんは黒色のハイネックの長袖シャツ姿だった。 この一枚が行方不明直前に大人たちが見た美咲ちゃん。 それからわずか20分を行方が分からなくなった。 薄手の長袖シャツ姿の美咲ちゃんに母は… 美咲ちゃんの母 小倉とも子さん 36 : 夜中に娘と同じ気持ちで過ごしたいと思い同じ服装でずっと外にいましたが、暗くて寒くて不安ですごく怖いだろうなと思うと涙が止まりませんでした。 そんな思いをさせてしまって本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです 10月3日は山岳救助隊がキャンプ場南側の山を捜索 公開された美咲ちゃんの行方不明直前の姿にボランティアは… 男性ボランティア: 薄着で夜を過ごしていると思うと心が痛みますよね。 男性ボランティア: これはやっぱりちょっと寒さはしのげないないと思います。 捜索隊の腰まで水位がある道志川の下流付近や道志ダムなどで警察・消防・役場のスタッフなど47人態勢で捜索活動行われた。 10月3日は山岳救助隊を派遣して自衛隊が入れなかった キャンプ場南側の山を捜索する予定だ。 (「Live News it! 」10月2日放送分より).

次の

小倉美咲ちゃんは事件で誘拐連れ去りで捜査?顔画像が公開されない理由は何?

小倉美咲 スレ

Contents• 当日、子どもを探している様子はなかった あの日 21日 あの場所、その時間16時〜18時として大人十数人が子供を探している様子に全く気付きませんでした。 大した人数が来ているわけでもないのにまわりのキャンパーに訊ねてる様子もなかった。 キャンパーは朝ものんきにキャンプをしていた。 少なくとも中央の森でキャンプしていた人らは行方不明児のことなんてなにも知らなかったと思います。 朝になって朝食の準備をしているときに警察が近寄ってきて初めて聞かされました。 ただ、21日の20時ぐらいでしょうか、警備員 今思うと警察、交通誘導で使う赤く光る棒?を持っていた が何人かウロウロしていてキャンプ場が雇っているのかな?ぐらいに思っていました。 引用: この方は、小倉美咲ちゃんが行方不明になったとされる、9月21日16時~18時に大人が子供を探しているような様子はなかったと証言しています。 子供が行方不明になり、大人が数十人で捜索をしていれば、普通は「何か起きたか?」と異常に気づくと思います。 「中央の森でキャンプしていた人らは行方不明時のことなんて何も知らなかったと思う」との事ですが、 美咲ちゃんが行方不明になったのは中央の森付近と報道されています。 私だけは「当日の状況次第で1人でも行こう」と。 ちなみに当日21日、少なくとも22日の9時30分まで道志村で雨は一滴も降っていません。 乾燥撤収でしたから。 小倉さん達は学校の運動会当日 21日 に台風?が懸念され中止になったから椿荘キャンプ場に来たといいます。 しかも7家族28人が揃った。 ひと月前から計画しずっと天気予報をチェックしていて土日は雨だから椿荘キャンプ場に行くことを中止した我々とは正反対です。 しかも千葉から来ている。 あの日、あの場所で誰にも見られず、音もなく小学生ひとり連れ去るなんて出来るわけありませんよ。 引用: この方は元々グループでキャンプを予定していたそうですが、天気予報を見ると19日の時点で雨だからグループでのキャンプは中止し、状況を考慮し一人でも行こうと判断したそうです。 実際は、21日は雨はほとんど降らず、22日は合計45mmの大雨が降ったようです。 このような状況下で、小倉さん達は学校の運動会が台風の影響で中止になったから、椿荘オートキャンプ場に来たと言っています。 天気予報を確認すれば、道志村が雨な事は分かりますし、そもそも台風の影響で学校の行事が中止になるようなタイミングでキャンプに行こうと思いますか? しかも、7家族28人も揃っているのは不自然ではありませんか? 小倉美咲ちゃんを見た人がいない 出典: ソロキャンプをしていた方によりますと、当日に小倉美咲ちゃんが車から降りてくる姿を見た人は誰もいないそうです。 また、最後に美咲ちゃんを目撃したのは母親であるという事もあり、 実は美咲ちゃんは初めからキャンプ場に来ていないのでは?と考察されています。 仮に初めからキャンプ場に来ていないという事であれば、これだけの大規模な捜索にも関わらず、手掛かりが一切見つかっていないという事にも納得が出来ます。 誘拐された可能性も実は低い 引用: 誘拐説について 調べた結果ではキャンプ場に駐車場にいくつかの防犯カメラがある模様。 なので車での誘拐は人目に付くしカメラにも写るリスクがあります。 カメラを避ける為に徒歩で山越えをする必要が出てきます、しかしクマが棲息してる山へ入るのはかなりリスクが伴う為、山越えも難しい 引用: どうやらキャンプ場の駐車場には防犯カメラがあるようです。 その為、車で誘拐をするには人目が付くだけではなく、カメラに写るリスクがありますし、カメラを避ける為に徒歩で山越えをすると、熊と遭遇するリスクがあるため難しいとの事です。 このような理由から、誘拐の可能性も低いのでは?との事です。 まとめ ・当日、子どもを探している様子はなかった。 ・雨予想の中、7家族28人がキャンプで集まるのは不自然。 ・小倉美咲ちゃんを見た人がいない ・誘拐された可能性も実は低い 以上、当日ソロキャンプをしていた方の証言をまとめてみました。 このような証言から色々推測する事が出来ますが、未だ小倉美咲ちゃんが発見されていない事から、事実関係は不明です。 一日も早く小倉美咲ちゃんが発見されると共に、事件の全貌が明らかになって欲しいと思います。 カメラはないです。 またサイトの地図も微妙に違いますよ。 広場はもっと奥。 テントを張っていたのは広場の1番奥です。 ソロで着ていた人は中央ですよね。 中央の人が美咲ちゃんを探してるのを気がつかないは ありえますよ。 普通に。 離れてるし。 お母さんは、 ちゃんとついて行けばよかったと発言してますが、 美咲ちゃんが見えなくなるのを見送った場所は テントを張っていた所より30メートルくらい離れてる場所なのでそこまで追いかけて見送ってるという事です。 曲がり角を曲がった時点で安心してしまったのか 、何なのかわかりませんが。 こういう細かい部分は報道に出てない。 確かについて行くべきですし、私はついて行くとは 思いますが、報道だけでは分からない部分も確かにあります。 テントを張っていた場所からは最後見送った場所は絶対に見えない距離でした。 あと実際歩いて不審だったのは、美咲ちゃんが曲がった先にすぐ橋があるんですが、橋の上から先に行った子供達が沢で遊んでいるのが 見えなくないんですよね。 見えてたらそのまま 一般道の坂を真っ直ぐ上がっていくかな?と思いました。 仮に上がっていけば、尚更、沢で遊んでいるのが 見えるはず。 逆に一般道じゃない坂を上がって行くとした場合、その先に沢がないのは明らかなんで、これも 不審でした。 美咲ちゃんの母を証拠も無しに犯人扱いしたり、叩くのは悪いことです。 これは事実! 何か違う。。。 モヤっとする。 このパターンだと母親が犯人だったりする、って素人の感覚で書いてるのだと思います。 色々、後の事を恐れて個人情報を開示しないご両親もそれが良かったのか悪かったのか。。。 皆にボランティアや情報提供など、協力をして欲しいのなら、ある程度の情報を開示していくのが筋だと 私個人は思います。 皆さん、そんな意地悪な方々ばかりでないです。 決まりとしたらダメなんでしょうが、叩く側にも思いがあると思う。

次の

【山梨小1女児不明】行方不明となっている小倉美咲さんの当日の服装写真を家族が公開★16

小倉美咲 スレ

小倉美咲ちゃん/提供:山梨県警 9月21日午後3時40分頃、山梨県道志村の「椿荘オートキャンプ場」で「遊びに行く」と告げて出たきり戻らなくなった小倉美咲ちゃん。 行方不明になってから、本日で18日が経過しました。 自衛隊、警察、消防、そしてかなりの数のボランティアも参加して、広範囲にわたり捜索活動が行われましたが、まったく手がかりがつかめていません。 捜索隊もすでに撤退し、大規模な捜索活動は打ち切りとなりました。 連日のテレビや新聞での報道も、ここのところで落ち着いてきている状態です。 小倉美咲ちゃん、いったいどこにいるのでしょう…。 無事をいのるばかりです。 その小説に登場する事件が、今回の行方不明とそっくりだったからです。 それは、桐野夏生の『柔らかな頬』という小説。 1999年初版なので、今からちょうど20年前に出版された書籍です。 桐野夏生といえば日本を代表する女流の現代作家の1人。 さらにこの『柔らかな頬』は、その年の『直木賞』も受賞している作品です。 主演が天海祐希で映像化もされ、共演は三浦友和、松岡俊介、渡辺いっけいなど一流の俳優たちで固められたドラマとなりました。 つまり、決してマイナーな小説ではなく、多くの人に読まれたであろう作品です。 com 以下、できるだけネタバレ要素の無いように記述しますが、若干のストーリーの展開には触れていますので、あらかじめご了承ください。 『柔らかな頬』は、ある事件から物語がスタートします。 それは、人里離れた山奥の別荘に複数の家族が集い、子どもたちだけで外に遊びにでかけ、その中の1人の少女が行方不明になる、という事件です。 その後も手がかりなどはまったく見つからず、大規模な捜索活動は打ち切りとなります。 最終的に母親が1人で娘を探し、年月が経過していく…そんなストーリー。 今回の小倉美咲ちゃんの山梨小1女児行方不明とそっくりです。 もちろん、キャンプ場ではなく別荘だったり、場所も山梨県ではなかったりと、細かい部分に違いはありますが、大枠はまったく同じといえます。 実はこの小説には通常の事件モノ小説、推理モノ小説ではあまり見ない注目する点があります。 次のページで詳しく説明しましょう。

次の