さわかみ 投信。 さわかみ投信、残高なしの口座が4万以上か?

さわかみ投信(さわかみファンド)の口コミ・評判 | みん評

さわかみ 投信

さわかみ投信の顧客口座数は約12万人と言われています。 しかし、公開されている情報を整理すると残高がない口座がかなりあるようです。 これまで公表された数値を整理して計算してみたいと思います。 月次レポートから分かるさわかみ投信の口座情報 いままで分かっていた顧客情報は以下の通りです。 口座数 116,655人 定期定額購入サービス契約数 36,274人 定期定額購入サービス契約率 31. 1% 2020年3月末の月次レポートより 総口座数は、116,655人なので約12万人といわれるわけですね。 しかし、この資料からはどれだけの口座に残高があるのかないのかは知ることができます。 共通KPIの説明資料から分かること 2020年4月24日に以下の資料がさわかみ投信から発表されました。 これまで、さわかみ投信は共通KPIの開示に積極的ではありませんでしたが、今後は説明とともに発表することにしたという内容です。 ここで注目したいのは直販部長からのメッセージのこの文です。 どうしてそんなに残高無し口座が多いのか? 発表されて数値から逆算すると4万以上の残高無し口座があると推定されます。 もちろん、これらの数値はどの金融機関も積極的には開示したがりません。 でも、さわかみ投信だけが多いわけではないと思います。 わたしたちにも、銀行や証券会社で開設したけど使っていない口座はいくつもあるのではないでしょうか? いわゆる「休眠口座」です。 頑張って口座開設の手続きはしたけど、口座閉鎖の手続きはしなくて放置しても意外とデメリットがないのでそのままになってしまうのです。 大手の銀行などでもこの休眠口座は問題になりつつあります。 とくに、何十年も営業してきた大手銀行などでは数え切れないほどの休眠口座があると言われています。 さわかみ投信の歴史は20年と歴史はそこまで長くないですが、他の直販投信に比べるととても長いです。 他社にどれほど残高がない口座があるのかは分かりませんが、遅かれ早かれ、澤上投資と同じような「空の口座」は累積していってしまうものです。 注意深く分析しするといろいろ分かる 今回の計算は毎月発表されるレポートと臨時で発表されたメッセージの両方を活用することで導き出すことができました。 やはり、毎月のレポート等をしっかり読むことが大切ですね。

次の

澤上篤人の長期投資家日記

さわかみ 投信

投資初心者にもおすすめ。 独立系(直販型)の投資信託って? 老後の生活資金が2,000万円不足する……というニュースをきっかけに、資産形成に興味を持った方は多いのではないでしょうか。 長期でコツコツと資産を築いていくための方法として、つみたてNISAやiDeCoなど、さまざまな投資関連の税制優遇制度が新設されています。 なかでも、手軽に分散投資ができ、長期の運用に向いた投資商品として、投資初心者を中心に高い人気を誇るのが、投資信託です。 近年は、 運用会社が、証券会社や銀行を経由せずに直接、個人投資家に向けて販売している「独立系(直販型)投資信託」が、手数料面・運用成績においても優れているとして、投資初心者はもちろん、投資上級者からも人気を集めています。 そこで本特集では、独立系の投資信託として知名度が高い 「ひふみ投信」「セゾン投信」「さわかみ投信」を比較。 運用成績や手数料、投資方針の違いなど、気になるポイントをわかりやすく解説します。 老後の資産形成のために長期運用をはじめたい方、低コストの投資信託で投資をスタートしてみたい方は、ぜひ最後までチェックしてください! 目次 1. 2. 3. 4. 独立系投信(直販投信)のメリット・デメリット 独立系投信(直販投信)は、前述の通り、運用会社が直接販売する投資信託のことです。 通常、投資信託は、証券会社や銀行などが販売窓口となり、購入希望者は、口座を開設することで、その証券会社(あるいは銀行)が取り扱う、さまざまな投信を購入することができます。 一方で、独立系の投資信託は、購入者が運用会社と直接取引を行うため、購入者は、原則としてその運用会社で口座を開設し、運用会社が取り扱う投資信託を購入することになります。 独立系投信のメリットは、 販売会社を経由しないため、売買時の手数料がかからない、または割安な手数料で投資できるファンドが多い点。 また、運用会社が販売元となるため、 ファンドの運用者(ファンドマネージャー)や運用レポートなどの情報が充実している点もメリットです。 また、独立系投信は、運用成績が人気と収益に直結するため、人気が落ち投資資金の集まらないファンドは、すぐに募集停止となります。 直販での取り扱いが長く、運用資金が順調に増えている投資信託は、運用会社の運用手腕が高いことを意味しており、 人気のある優れたファンドを見極めやすい点もメリットと言えるでしょう。 ただし、ひとつの運用会社が扱うファンドの数には限りがあり、多くても3~7種類ほど。 1種類のファンドしか扱わない運用会社も少なくありません。 投信の選択肢が少ない点は、独立系投信のデメリットです。 また、すでに他の金融機関でNISA口座を開設している場合、直販の投信をNISAで運用するためには、既存のNISA口座を廃止し新たに開設する必要があります。 NISAに関連する手続きが煩雑な点もデメリットと言えるでしょう。 さらに、独立系投信には、市場平均よりも高いパフォーマンスを目指す「アクティブ型」の投資信託が多く、これらの信託報酬は、市場の指標に連動し平均的なパフォーマンスを目指す「インデックス型」の投信と比較すると、高くなる傾向があります。 レオス・キャピタルワークスが取り扱う直販型の投資信託。 投資対象は、国内株式9:国際株式1で、約240銘柄に投資。 運用元のレオス・キャピタルワークスでは、直販型の「ひふみ投信」のほか、証券会社を経由して購入する「ひふみプラス」、iDeCo対応の「ひふみ年金」も運用しており、いずれも高い人気と知名度を誇る。 購入する際は、総合取引口座を開設後、指定の銀行口座に投資資金を入金し、ひふみ投信の買付注文を行う。 オンラインサービスの「ひふみWeb」では運用状況の確認や換金手続き、積立の設定などが可能。 NISA口座の開設申し込みをすることで NISAやつみたてNISAでの運用も可能となる。 投資信託の保有年数に応じて信託報酬を一部還元しており、アクティブファンドとしてはランニングコストを抑えた投資ができる。 買付手数料 無料 信託報酬 年 1. 過去1ヶ月:3. 過去1年:4. 過去3年:12. 純資産総額:1311. アクティブ型投資信託「セゾン資産形成の達人ファンド」と、インデックス型投資信託「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の2本を取り扱い、 セゾン投信のみで長期国際分散投資が可能となっている。 投資信託を購入する場合は、セゾン投信に口座を開設し、入金のうえ買付を申し込む。 通常口座での購入のほか、積立買付、NISA口座やつみたてNISA口座での買付にも対応している。 セゾン投信が販売する直販型の投資信託。 投資対象は、安全性や長期的な収益力を基準に選定した投資信託で、国内外の株式を中心としたファンドを組み入れ、ファンド・オブ・ファンズ(投資信託に投資する投資信託)方式での運用を行う。 NISAおよびつみたてNISAの対象商品。 NISA口座を申し込む際は、セゾン投信の口座を開設後、「NISA申請書」を提出する。 買付手数料 無料 信託報酬 年1. 2%(税込/概算) 信託財産留保額/解約手数料 0. 1% 組み入れ銘柄 国際株式83%、国内株式12%、その他5% 運用成績 2020年1月7日時点• 過去1ヶ月:3. 過去1年:10. 過去3年:12. 投資対象は、国内外の株式および債券に原則50:50の比率で投資する。 インデックス型の投資信託のため、同じくセゾン投信が販売する「セゾン資産形成の達人」と比較すると、信託報酬は低く抑えられている。 同じく NISA・つみたてNISAの対象商品。 セゾン投信にNISA口座の開設申し込みを行うことで、「セゾン資産形成の達人」と同様に購入することができる。 買付手数料 無料 信託報酬 年0. 02%(税込/概算) 信託財産留保額/解約手数料 0. 1% 組み入れ銘柄 国際株式45%、国際債権44%、国内債券6%、国内株式4%、その他1% 運用成績 2020年1月7日時点• 過去1ヶ月:1. 過去1年:7. 過去3年:6. 純資産総額:1985. 投資対象は国内外の株式で、割安な銘柄を選定し買い付けるバリュー投資を運用手法とする。 販売元のさわかみ投信では、さわかみファンド1本のみを取り扱い、1999年の設定開始以来、20年の運用実績を誇る。 独立系投信の中でも知名度が高く、 NISAやつみたてNISA、iDeCoにも対応。 投信を購入する場合は、さわかみ投信に口座開設し、NISA口座やiDeCo口座開設の追加申し込みを行う。 アクティブ型の投資信託の中では信託報酬が比較的低い。 買付手数料 無料 信託報酬 1. 過去1ヶ月:1. 52%• 過去1年:3. 51%• 過去3年:6. 95%• 純資産総額:3067. 直販型の投信は、アクティブ型が多いこともあり、運用成績は特に重要なチェックポイントになります。 また、証券会社で購入できる投資信託よりも、投信の選択肢が少ないため、NISA口座やiDeCo口座を開設する際は、どの程度保有するか、ほかにNISAやiDeCoで運用したい投資商品がないか等をよく吟味したうえで決めると良いでしょう。 独立系投信(直販投信)のチェックポイント 運用成績 アクティブ型の投信では特に重要。 過去から直近までの「トータルリターン」に加えて、収益の効率を測る「シャープ・レシオ」の数値もチェック(高いほど、リスクをとったことによるリターンが大きかったことを示す)。 運用コスト 主として、信託報酬をチェック。 長期保有による値引きがある投資信託(ひふみ投信etc. )はコスト面でおすすめ。 純資産総額 投資信託の時価総額が順調に増えているほど、人気の高い投資信託であることを示す。 組み入れ銘柄&運用方針 投資対象は、国内か国外か、株式か債券か、銘柄を直接購入しているか、投資信託に投資するファンド・オブ・ファンズか等、投資信託の概要をチェック。 すでにNISAなどで他の投資商品を保有している場合は、異なる投資対象・運用方針の投信を選んだほうが、分散効果を高められる。 NISAやつみたてNISA、iDeCoへの対応 非課税制度を活用できる場合は活用する。 ただし、NISAやiDeCoは、1人1口座しか開設できないため、開設先は吟味する。 独立系投信は実力派!自分に合った投資信託でしっかり資産形成をしよう。 運用会社が直接販売することで、買付手数料が不要、かつ豊富な投資情報が得られる独立系投信。 今回、ご紹介したように、多くの独立系投信は、トータルリターンや純資産総額を設定来から大きく成長させており、数ある 投資信託の中でも、長期投資を行った際の投資家満足度の高い「実力派」と言うことができます。 ほとんどの投資信託が長期運用で成果を上げることを目標としていることもあって、短期売買になじみのない投資初心者や、老後を見すえてじっくり資産形成をしたい若年世代・ミドル世代におすすめの投資商品とも言えるでしょう。 「つみたてNISAやiDeCoをしてみたいけれど、どんな銘柄を選べばいいかわからない」「アクティブ型の投資信託で運用成績が良いところを知りたい」という方は、運用会社が直接販売する独立系の投信を選択肢に加えてみてはいかがでしょう?.

次の

募集要項|さわかみ投信株式会社

さわかみ 投信

独立系投信としては草分け的存在で、ネームバリューによる安心感は購入前後問わずありました。 さわかみ投信の属する「アクティブファンド」においては、実際に日経平均などの指数を上回ることのできる商品 ファンド は限られています。 ですので、過去の成績による期待と、先述のネームバリューに加えて純資産額の大きさという安心感を魅力に思い保有しておりました。 しかし、実際は日経平均の値動きとさほど変わらず、純資産額の大きさが裏目に出たという反省が残りました。 私の売却したタイミングは指数など市場全体の下落したタイミングでしたが、その時もインデックスファンドを持っているような感覚でした。 つまり、下落に対する守りの側面はある程度機能していたとも言えるということです。 売却に至った理由はあくまでも市場全体の先行きへの不安であり、本商品への不安ではありません。 そうは言っても、アクティブファンドを買う以上は指数を上回る成績を追求するのですから、守りを気にしすぎてもいけないというのが今の率直な感想です。 分散投資でインデックスファンドと組み合わせながら、あくまで攻めのアクティブファンドを検討するのも一つの手かと思います。 割安と考えられる銘柄に投資を行い、値上がりするまで待つというスタンスのファンドですので、その考え方に納得できる人が長期間積み立てを行うのであれば悪くないファンドです。 アクティブファンドの中では信託報酬手数料が安いほうですので、長期投資を行う人にはメリットがあります。 ただ、純資産総額が3,000億円程度と大きい規模ですので、リスクを避けるためなのかもしれませんが、組み入れ銘柄の大半は東証一部上場企業です。 新興市場に上場している企業の銘柄を中心に組み入れているファンドと比べると、リスクは少ないものの運用成績は普通です。 運用成績が良いファンドが他にありますので、分散投資先の一つと考えて積み立てを行っています。

次の