シマンテック エンドポイント プロテクション。 ESET Endpoint Protection Standard

エンドポイントセキュリティ − シマンテック製品|サイバネット

シマンテック エンドポイント プロテクション

Symantec Endpoint Protectionの特長 ますます高度化する標的型攻撃を強力に防御 標的型攻撃は、ゼロデイ脆弱性を悪用した攻撃やスピアフィッシングをはじめ、さまざまな手法を使い執拗で高度なものが増えて、企業には大きな脅威になっています。 Symantec Endpoint Protectionでは従来の多層防御に先進の防御機能を追加搭載し、防御力を大幅に強化しました。 脅威の攻撃防御から、侵入を前提としたセキュリティ対策へ サイバー脅威の増加と高度化で、単純に外部からのエンドポイントへの攻撃を防ぐだけでは対応が難しくなっています。 これからは侵入されることを前提にした対策が必須です。 Symantec Endpoint Protectionでは、未知の脅威を検出する機能を強化して、脅威が実行される前にブロックします。 高度な防御体制を効率的かつ低コストで実現 高度な防御機能を備えるためには、無駄にエージェントやソリューションを増やす必要があり、コストや運用負荷が増加して、なかなか実行できない現実があります。 Symantec Endpoint Protectionでは、多彩で高度な防御テクノロジーの搭載で、1ソリューションで強力に防御します。 EDR機能(Detection and Response)をSEPエージェントに搭載 Symantec Endpoint Protection SEP ととの連携で、マルウェア感染後の迅速な対応を可能にするEDRが簡単に導入できます。 ATPとSEPを連携させると、アプリケーション、ログ、起動プロセスなどのエンドポイント情報の収集が可能になります。 管理者は、収集した情報をもとにマルウェアの特定や削除などの作業が一元的に行えます。 Symantec Advanced Threat Protection ATP とは ATPは「ATP:Network」「ATP:Endpoint」「ATP:Email」の3つのエージェントと、シマンテックが独自開発した「Cynic」「Synapse」で構成されます。 すでにSEPを導入している場合は、新しいエージェントをインストールする必要がなく、既存の資産を有効に活用できます。 詳しくは、をご覧ください。 その他の新機能• 攻撃の検出だけでなく、マルウェアの駆除・修復までを実行• 侵入したマルウェアをエンドポイント上で削除、修復まで可能 Symantec Endpoint Protection 動作環境 Symantec Endpoint Protection Managerのシステム要件 CPU Intel Pentium デュアルコアまたは同等以上。 Windows Server CoreはSymantec Endpoint Protection Managerが動作するために必要なInternet Explorerを搭載していません。 Webブラウザ Microsoft Edge Microsoft Internet Explorer 11 Mozilla Firefox 5. x から 49. 1 Google Chrome(53. xまで) データベース Symantec Endpoint Protection Managerには組み込み型データベースが付属しています。 代わりに、Microsoft SQL Serverの次のいずれかのバージョンのデータベースを使うこともできます。 Symantec Endpoint Protection Manager をクラウドで運用し、サーバー管理やバージョンアップ作業が不要なを用意しています。 選択したインストールドライブに関係なく、システムドライブには利用可能なディスク容量が常に必要 です。 詳細はお問い合わせください。 1 Standard 32 ビット および 64 ビット Windows 8. 1 (2014年4月更新) 32 ビット および 64 ビット Windows 8. 10、10. 11、macOS 10. 12、10. 13、10. 14 Webブラウザ Microsoft Internet Explorer 8、9、10、11 Mozilla Firefox 5. x から 41. 2 Google Chrome(46. 2490. Symantec Endpoint Protectionの価格 Symantec Endpoint Protectionは様々な提供方法をご用意しております。

次の

エンドポイント プロテクション

シマンテック エンドポイント プロテクション

エンドポイントセキュリティ 企業にとって情報は非常に重要な財産です。 その情報のほとんどは今や電子データとしてIT資産に保管されています。 これらの情報はウイルス感染、不正アクセスによる情報漏えいのリスクにさらされており、情報漏えいを防ぐには、アンチウイルス対策やファイアウォールの強化・アクセスの規制によって情報の出入りを管理することが必要不可欠です。 シマンテックでは、「ウイルス感染」「侵入・不正アクセス」に有効なエンドポイントセキュリティ製品・サービスを提供しています。 シマンテックのエンドポイントセキュリティ製品「Symantec Endpoint Protection 14」は、革新的な独自技術「シマンテック インサイト」を搭載することで実現した「確かな防御力」と「優れたパフォーマンス」を同時に実現します。 サイバネットでは、世界シェアNO. 1の「Symantec Endpoint Protection」を法人向けライセンスのほか、月額ライセンスやクラウドサービスなど多彩なライセンスをご提供いたします。 また、Symantec Endpoint Protection をオンプレミスで導入する際に必用な管理サーバーをクラウド上で運用する総合セキュリティ対策サービスPowered by Symantecがご利用いただけます。 最小10台、3ヶ月単位からはじめられ、管理サーバーの構築やバージョンアップ作業から解放されるなど、専任のセキュリティ担当者が不在の企業・団体様でもご利用いただけるサービスです。 標的型攻撃によって発生したセキュリティ侵害からの高速な回復を実現 ランサムウェア、APT(Advanced Persistent Threat)攻撃、ゼロデイ攻撃などが代表するような高度な脅威は増加傾向にあり、ポイントソリューションを使用した防御ポイントでの防御では、侵入を止めることができなくなっています。 また、エンドポイント、ネットワーク、メールゲートウェイで脅威データを特定するプロセスは時間と高度なスキルが必要で、攻撃者を優位に立たせることになります。 標的型攻撃対策ソリューションSymantec Advanced Threat Protection(ATP)は、ネットワークやエンドポイント、メールなどのすべての防御ポイントを横断的に監視して高度化した脅威を検出し、脅威の影響度を分析した上で優先順位付けして、迅速な修復支援までをワンストップで提供します。 仮想デスクトップインフラ VDI の保護に Symantec Endpoint Protection for VDIは、セキュリティを損なうことなく、仮想デスクトップインフラのパフォーマンスと応答性を向上させます。 また、ネットワーク仮想化製品と連携した仮想デスクトップの自動隔離も実現できます。 エンドポイントのロックダウンに Windows XPやWindows Server 2003などのサポート終了OSを利用し続けることは非常にセキュリティリスクの高い行為です。 しかし、セキュリティリスクを承知でサポート終了OSを使い続けるならばできるかぎりセキュリティを高めておきたいものです。

次の

Symantec Endpoint Protection

シマンテック エンドポイント プロテクション

Symantec endpoint protection のインストールが正常に行えなかった場合等の対処法として、シマンテック社では 同社全製品のアンインストールツールを提供しています。 ただしこのアンインストールツールはサポート対象外のユーティリティとなっていますので、本ツールのご利用による障害や 予期しない挙動につきましては、対応できません。 重要なPC 環境でご利用頂く場合は必ず事前にシステムバックアップを取って、 万一の障害に備えた上でご利用ください。 Windows 用 クリックでzip ファイルのダウンロードを開始します。 ・Windows 用一括削除ツール ・Windows 用一括削除ツール (上記のCleanWipe が正常に起動しない場合はこちらを試してください) アンインストールツール使用についての参考情報 Symantec 社Web ページが開きます) Mac 用 注意 サポート対象外のツールですので、使用には十分注意してください。 日本語app 版 2016. 05 日本語pkg 版 2016. 05 日本語app 版 2016. 31 日本語pkg 版 2016. 31 English app ver. 2016. 31 English pkg ver. 2016.

次の