仕事 が できる 人 の 特徴。 仕事ができる人の19個の特徴とは?実はデキる人は自分が得意な仕事をしているだけかも!【ジョブール】

飲み込みが早い人の特徴は?仕事ができる人になる方法もチェック!

仕事 が できる 人 の 特徴

仕事ができる人の19個の特徴とは? レスポンスが早い 仕事ができる人ほどどれだけ忙しくてもレスポンスが早いです。 仕事ができない人ほど忙しいから、今返している時間がないからとメールを溜めていきます。 今であれば仕事に関する連絡もLINEでやり取りすることが多いですね。 気づけばLINEが溜まってしまっていたりすると仕事が遅いと思われます。 いつもたくさんの仕事を抱えているのに、いつ連絡してもすぐに返してくれると思ってもらえれば、それだけで信用が高まります。 メールやLINEでの連絡だけではなく、対面でも同じです。 即答する 仕事ができる人は答えに無駄に悩むことがありません。 仕事ができない人はあらゆることを想定して、不安な状況を考えながらいつまで経っても返答ができません。 イエスでもノーでもすぐに返事ができる人は、成功しやすいというデータも出ています。 仕事ができる人はお互いの時間、特に相手の時間を大切に考えているためいかなる時も即答します。 人は悩めば違う答えが出てくると考えがちですが、実はすぐに答えは出ているものです。 すぐに出てきた気持ちが自分の純粋な気持ちであり、それはどれだけ悩んだところで変わりません。 むしろ悩めば悩むほどに答えがわからなくなってしまいます。 きっちり断れる 仕事ができる人は、できないことははっきりとできないと答えます。 嫌なこともはっきりと嫌と言い、曖昧にはしません。 仕事ができない人は断るのが申し訳ないと思い嫌なことでも曖昧にしたり、できないのに引き受けてしまいます。 その結果後から周りに迷惑をかけてしまいます。 断ることには勇気がいりますが、断らないと相手に期待をさせてしまいます。 期待をさせて迷惑をかけるなら最初からしっかりと断ることが相手のためにもなります。 仕事ができる人は自分の仕事と、自分の仕事ではないことをしっかりと分けて考えています。 そのためできないこと、自分がやるべきでないことは安請け合いしません。 すぐ実行に移す 仕事ができる人は言われたことをすぐに実行します。 すぐに実行に移すからこそできるところと、できないところがはっきりとわかります。 そのため上司にできないところを相談し、すぐに結果を出します。 だからこそ仕事ができる、仕事が早いと思われどんどん仕事を任されるようになります。 それに反して仕事ができない人は、新しい仕事を後回しにします。 普段の自分のできる仕事をやり終えてからやろうと後回しにし、上司から進捗状況を聞かれてもまだ手をつけられていないような状態になってしまいます。 そうなれば仕事が遅い、やる気があるのかと思われてしまいます。 どんなことでも上司から勧められたこと、上司に任せられた仕事はすぐに取り掛かるようにしましょう。 フットワークが軽い 仕事ができる人はフットワークが軽いです。 色んなところに赴くため、経験が増えできる幅が広がります。 フットワークが軽いと先輩や上司に色んなところに連れて行ってもらえるようになります。 誘った時にどこでも付いてきてくれる人と、誘ってもいつも断られる人だったら心象も違います。 仕事ができる人は上司や先輩にも気に入られる行動をとっています。 気に入られるからこそ、何かあったらすぐに助けてもらえるようになります。 素直 仕事ができる人は何事も素直に聞き入れ、素直に取り組みます。 上司から言われた助言を素直に聞き、アドバイスをすぐに活かします。 素直に聞き入れるからこそ色んなアドバイスや、上手くいくためのコツを教えてもらえるようになります。 他の人には話さないようなことも話してくれるようになるので、どんどん仕事が進んでいきます。 また上司や先輩が言うことは、今の自分では「意味があるのだろうか?」と考えることが多いです。 それでも言われたことに疑問を持たずに素直に取り組むことで、良い結果が出ます。 素直に取り組んで結果が出れば、上司はまた仕事を任せたり助言してくれるようになるので、どんどん仕事ができるようになります。 感情に左右されない 仕事ができる人は気分に左右されません。 できない人はモチベーションが上がらないからといって中々仕事を進めようとせず、またモチベーションが下がり悪循環を繰り返します。 感情のコントロールの仕方を知っているので、常にモチベーションを保って仕事ができます。 何よりモチベーションが低いから仕事ができないのではなく、仕事が進んでいないからモチベーションが下がってしまうのです。 仕事ができる人はそこを知っており、仕組み化して仕事に取り組める環境を作っています。 だからこそやる気がないからやらないという選択肢にならないのです。 感謝できる 仕事ができる人は感謝を忘れません。 感謝で何が変わるのかと考えがちですが、感謝は大切です。 人は気づけばやってもらうことを当たり前に感じてしまいます。 当たり前に感じていると、してもらえていたこともしてもらえないようになります。 しかしできる人は感謝を忘れないので、人がついてくるようになります。 そのため人から支援を得やすくなります。 周りからの協力が得られるので仕事がしやすくなり、自分の仕事に集中できるようになります。 優先順位がつけられている 仕事ができる人は様々なタスクを一度にそつなくこなします。 仕事ができない人は様々なことに中途半端に手を出し、頭がごちゃごちゃになります。 仕事ができる人は抱えているタスクに対し、優先順位が明確につけられています。 優先順位をつけることによってたくさんあるタスクを整理できます。 優先順位が高い順番から片付けていけばいいため、タスクが整理されてたくさんあるタスクにも混乱することなく挑むことができます。 だからこそ仕事ができる人はマルチタスクをこなせるのです。 挨拶ができる 当たり前と思われますが、実はしっかりと挨拶できない人がほとんどです。 会社に入った途端気持ちよく大きな声で挨拶ができていますか? それだけで周りからの評価が大きく変わります。 挨拶は簡単なコミュニケーションです。 朝から挨拶をしないと仕事仲間の人とも仲良く仕事をすることができません。 朝から気持ちよく挨拶されると、誰でも挨拶を返して話しかけてくれるようになりますからね。 挨拶はビジネスの基本です。 社交的 仕事ができる人は社交的な人が多いです。 職場の人全員と仲いい人と、職場の一部の人としか話したことがない人だと仕事の進み具合が変わってきます。 気心が知れている方が、仕事を進める時に雑談のようにアイデアを出していくことができます。 しかし仲良くないと緊張してしまい、本来出てくるはずのアイデアが出てこないようになってしまいます。 仕事ができる人は社交的なので、人とすぐに仲良くなることができます。 そのため結果人に頼ることができるようになります。 仲良くなればなるほどにその人の良いところが見えてくるので、一緒に仕事をする時の適材適所がわかりやすいです。 報連相がしっかりできる 仕事ができる人はどんな小さなことでも報連相がしっかりとしています。 報連相がしっかりできていると進捗状況の遅れや、少しのずれを上司と確認できるようになります。 上司が常にわかっている状態であればお互いに安心ですし、仕事が円滑に進みやすくなります。 また報連相をきっちりとできていることで、この人なら任せても大丈夫と信頼されやすくなります。 失敗した時ほど人はなんとか問題を片付けて怒られないようにしようとします。 しかし、そうしていくうちに問題がこじれた自体が悪化することにも繋がります。 問題が起きた時ほどすぐに相談をするようにしましょう。 理由が明確 仕事ができる人は理由を説明します。 例えば納期を遅らせてほしい時や、何かお願い事をする時、進捗が遅れている時などに「遅れているので待ってください」というと理由になっていません。 と言われば、相手を納得させることができます。 相手にお願いごとをする時の理由を明確に説明することができます。 それだけで相手はお願いごとを聞き入れてくれるようになります。 余裕をもって取り組む 仕事ができない人は期限ギリギリに完成させるように仕事のスピードを調整します。 そのため残り数時間で急いで仕上げたり、それまでの時間をダラダラと過ごしてしまいます。 そのため、期限前に何かトラブルがあると期限に間に合わない状態に陥ってしまいます。 その反対に仕事ができる人は、本来の期限よりも早くに完成の期限を設けます。 本来の期限に余裕を持って完成目処を立てることによって、何か問題が起きて遅れても期限までには完成できます。 また期限を早くに設けておくことで、完成させた後の見直しの時間をたくさん取ることができます。 ギリギリに完成させてしまうと見えないことも、見直していくごとにどんどん良くしていくことができます。 自分の意見をはっきり伝える 仕事ができる人は自分の意見を言うことに躊躇いません。 仕事ができない人は「間違っていたらどうしよう?」と不安になり、中々発言することができません。 しかし求められているのは正しい答えではありません。 自分の意見を持っているのかどうか、この人はどんな意見を持っているのかということが見られています。 つまりそこで答えられなかったり、自信なさそうに答えてしまうと、意見がない人なのだと判断されてしまいます。 ハキハキと自分の意見を答える人のところには、信頼されて次々と仕事が舞い込んできます。 オンオフの切り替えが上手い 仕事ができる人は仕事に集中する時と、休む時をしっかりと分けています。 仕事ができない人は仕事に集中できない時間をずるずると持ちながら、進んでいないからこそ休もうとせずにパフォーマンスが低いままに仕事を行おうとします。 しかし人の集中力はそんなに長く持ちません。 パフォーマンスが低いままにダラダラ行うよりかは、休んだ後に短い時間に集中して仕事を行った方が仕事が上手くいきます。 休む時は休み、集中する時は短い時間で一点集中する。 この使い分けをすることで仕事を効率よくスピーディーに進めることができます。 後回ししない 夏休みの宿題を夏休み最初に終わらせてしまう人と、休みが終わるギリギリになってから慌てて終わらせる人がいます。 後者は期限に追われてしまいます。 前者は余裕が持てるので、自分のプライベートを充実して楽しむことができます。 仕事ができる人は時間が空いたり、余裕があれば今日しなくてもいい先の仕事を終わらせようとします。 先に終わらせておくことで、後で慌てることがないからです。 後回しにすればするほど、いつかしなければならない脅迫概念にかられてしまいます。 実際夏休みの宿題でもまだ宿題が残っていると考えながら、いつか宿題をしなければと考え過ごすよりも、やることを終わらせて遊びに集中する方が気持ちが違います。 やる気スイッチを知っている 仕事ができる人は自分のやる気を出すための方法を知っています。 まさしくやる気スイッチを押すことができるのです。 仕事ができない人は何をしたらいいかわからず、なんとなく憂さ晴らしをしてはもやもやした日々を過ごしてしまいます。 やる気の出る方法を知ることで、どんな時でも高いモチベーションで仕事をすることができます。 身だしなみに気を遣っている 仕事ができる人は身だしなみに気を遣っています。 仕事ができない人は身だしなみを気にせず、いつもよれよれの格好で仕事をしています。 恰好を綺麗にするだけで、自分の仕事のパフォーマンスも上がりますし、周りからの見られ方が変わってきます。 仕事ができる人は常に周りにどう思ってもらえるか、自分が思われたい自分を演出しています。 身だしなみが綺麗だと、少し仕事の結果を出しただけでも、あの人はできていると思われやすいです。 仕事ができているから身だしなみが綺麗なのではなく、身だしなみがきっちりしているから仕事ができるんだなと評価されるようになります。 仕事ができる人に近づくための心構え 仕事ができる人になるためには、仕事ができる人の心構えから始めましょう。 心構えなくしては仕事ができる人のしていることをただ真似しても意味がありません。 なぜその行動をしているのかを知るためにも、心構えから真似できるようにしましょう。 どんな仕事でも自分のためになると考える 仕事ができる人はどんな小さな仕事でも、自分のためになると考えています。 仕事ができない人は、「こんな仕事しても仕方がない」「自分にはもっと面白い仕事ができる」と考えてより好みします。 しかし今の意味がないと思える目の前の仕事をこなしていくことこそ、自分の将来へと結びつくのです。 自分のためと考えるからこそ、どんな仕事がきても嫌な顔をしません。 忙しぶらない 仕事ができる人はどれだけ忙しくても忙しさを出しません。 仕事ができない人は忙しい自分をアピールしようとします。 最近忙しくて、忙しいからできない、忙しいからと言う人の元からは人が離れていってしまいます。 仕事ができる人は忙しい中でも空いている時間を示します。 そのため忙しい中でも時間を人に合わせるので、忙しさを感じさせません。 忙しくても「これくらい大丈夫だよ」と忙しいことをアピールしません。 そのため忙しくても仕事が舞い込んできたり、人からのお誘いが来たりとチャンスが舞い込みやすくなります。 人を大切にする 仕事ができる人は人を大切にします。 自分が今あるのは周りの人のおかげと考えているからです。 だからこそ自分の周りにいる人を誰よりも大切に考えます。 だからこそお互いの時間を大切にしたり、人が困っていたらどんなことでも全力で答えようとします。 自分が周りを大切にすることで、返報性の法則で周りからも大切にされます。 だからこそ仕事ができる人は、人望が厚く、人に恵まれているのです。 周りに応援される人はそれだけ成功の要因が高くなります。 仕事ができない人は一人で抱え込んでしまっていたり、わからないことをそのままにしているからこそスピードが遅くなっている可能性があります。 付き合う人を考える 仕事ができる人に近づくためには、仕事ができる人と一緒にいることが大切です。 類は友を呼ぶということわざがあるように、人は周りの人と同じようになっていきます。 平均の法則というものがあり、年収や人としてのレベルは周りの人の平均で作られます。 そのため仕事ができる人、自分よりも優れた人と付き合うようにすると、自分も仕事ができる人に引き上げられていきます。 仕事ができない人は、愚痴を言い合うような人たちと一緒に過ごす時間が長いです。 そのため仕事が上手くいけばいいなー、と思いながらもいつまで経っても仕事ができるようにならないのです。 付き合う人を見直し、自分よりレベルの高い人たちと過ごすようにしましょう。 時間を大切にする 仕事ができない人はスキマ時間ができるとダラダラとしたり、何もない時間があると自由時間としてゲームなどで潰してしまいます。 仕事ができる人は分単位で予定を入れます。 スキマ時間ができたら勉強の時間に当てたり、連絡を返す時間にします。 時間の使い方を上手く行えば、忙しくても人と会う時間が作れたり勉強の時間が取れたりと、一日の間にたくさんのことができるようになります。 忙しぶらなくなるにも繋がりますが、時間を大切にすることで人からお誘いを受けてもスキマ時間の1時間だけなど時間を空けられます。 また、人の時間を奪っているという自覚があるため、質問や教えを請う時はあらかじめ要点をまとめておくなど工夫を凝らします。 考えてから発言する 仕事ができない人は感情に任せてその場限りの言葉を吐いてしまいます。 仲間うちであれば本心でないとわかっても、つい怒った時に放った言葉がとんでもない事態を招くことがあります。 できる人は言葉は使い間違えるだけで自分の信用を失ったり、人を傷つけることに繋がることを知っています。 そのためどんなことを話す時も、必ず自分の中で一度考えてから発言します。 言い方を考えて発言するので、相手を無下に傷つける言葉を言うことはありません。 多角的に物事を見る 仕事ができない人は自分の視点でしか物事を考えられません。 しかし大きなプロジェクトを行う際や、何か一つ新たな意見を出す時は他の人の視点に立つ必要があります。 それはプロジェクトを行う他のメンバーや、自分の仕事をいつも支えてくれている事務員さんなど様々な視点で立つことが大切です。 他の視点で物事を見れるようになると、様々な角度からくる質問にも答えられるようになります。 仕事ができる人は得てして様々な人から頼りにされるものです。 そこで周りの人のフォローができるようにするためにも、自分以外の視点で物事を見れるようにすることが大切です。 考えるくせをつける 仕事ができない人は自分の頭で創意工夫をしようとしません。 言われた仕事を言われたままにこなし、プラスがありません。 しかし仕事ができると思われる人は、言われたこと以上のことをこなせる人です。 人と言うのは本来の理想よりも下げた内容を仕事として渡します。 言われた通りだと少しクオリティーを下げた最低ラインのものを送ることになります。 しかし、そこでなぜこの仕事を依頼してきたのか、この仕事にクライアントは何を求めているのか、といったことを深く読み解いて考えることによって求める以上のものをわたすことができます。 常になぜだろう?何を求めているのだろう?と自分の頭で考え、工夫することが大切になります。 能動的に仕事をする 仕事ができない人は言われたことや期限を守るために仕事をします。 それでは受動的に仕事を行い、いつまで経っても言われたことを言われた通りに行うだけのロボットと成り果てます。 受動的に仕事をしているといつまでも使われる側になり、上から良いように使われるだけの人となります。 仕事ができる人は能動的に仕事を行っています。 言われたからやるのではなく、言われる前に「何かできることはありませんか?」と聞くほどに主体的に動くことが大切です。 言われたからではなく、一緒に考える側に回ることでリーダーの視点に立つことができます。 そうすればプロジェクトのリーダーを任されたり、管理側の仕事を任されるようになります。 実はデキる人は自分が得意な仕事をしているだけかも! 仕事ができる人はなんでもそつなくこなせるわけではありません。 実は仕事ができる、仕事が早い人は自分の得意な仕事だけに注力していたのです。 仕事は自分に任されたからといって、何も一人で全てを行う必要はありません。 仕事の中にも得意、不得意なことはあります。 できる人は自分が苦手なことを得意な人に振り分けています。 だからこそ自分は得意なことに注力できるのです。 そのため仕事のクオリティーが上がり、評価が上がります。 できない人は任せられたことを自分の仕事だと、仕事を抱え込むようになってしまいます。 しかし実は人に任せられる仕事というのはたくさんあるものです。 周りの人の個性を活かして、上手く頼ることで仕事の評価と周りとの信頼を獲得することができます。 実録!仕事ができる人はここが違う 仕事ができる人は仕事ができない人とひと味違います。 仕事ができる人だからこそできている、していることを行うことによって仕事ができる人になることができます。 効率を考え余裕をもって仕事ができる 仕事ができない人はマルチタスクになるとやることが多すぎて混乱してしまいます。 仕事が忙しい時期になれば忙しいことにイライラして、思いついたことをしては余計に時間がかかって余計にイライラすることになってしまいます。 仕事ができる人はまず取り掛かる前にどうするのが効率がいいのかを考えます。 最初に時間をとることで、途中で迷ったり無駄な時間がなくなり結果的に効率よく行うことができます。 最初に道のりがわかっているからこそ、今どれだけ進んでいるのかもわかりやすいです。 そのため完成までの明確なビジョンが立っているので、変に焦ることがありません。 なのでやることがたくさんあっても終わりがわかっているので、余裕を持って仕事に取り組めるようになります。 仕組み化できている 仕事ができる人は仕事を仕組み化しています。 その日にやることを朝に明確にし、まず優先順位を立てていきます。 そうすることで、仕事を一つずつこなしていけるようになります。 タスクがたくさんあって何から手をつければいいかわからないことを、タスクを整理することを習慣にします。 タスクを明確にしたら必ずその時間に行えるように仕組み化されています。 例えばすぐにその仕事について開けるようにしていたり、仕事の進捗状況を決まった時間に上司に報告するようにしたりです。 一人の力だと気持ちになってしまいますが、人を巻き込むことでやらざるを得ない環境を作り出すことができます。 人に頼るのが上手い 仕事ができる人は人に頼るのが上手いです。 わからないことをすぐに先輩や上司に質問したり、自分一人でできることは限られていることを知っています。 そのためわからないことや、問題が起きた時はすぐに人に頼ります。 自分一人で考えていてはいつまで経っても答えはでてきません。 人に答えを求めたらすぐに答えがわかるというのはよくある話です。 仕事ができない人はわからないことを一人で解決しようとして、そのうちにどんどん問題がややこしくなって抱え込んで大変なことになってしまいます。 また人に頼るという点で、仕事ができる人は人に仕事を振るのも上手いです。 一つの仕事に対して適材適所を把握して人を適した場所に配置することができます。 自分の苦手を得意な人に頼り、仕事を手伝ってもらったり、または助言をいただいたりします。 人に頼るのが上手い、人を動かすことが得意な人が一番結果を出しやすいのです。 できる人ほど自分で全てを行おうとしません。 判断が早い 仕事ができる人は何事においても判断が早いです。 問題が起きた時の対応の判断や、本来行うべきものとずれてきたときの修正の判断などです。 判断が遅いとそれだけ問題がこじれ、どんどんと違う方向に進んでしまいます。 今進めていることをそのまま行うのか、それとも中断すべきか判断が遅れるほどに時間のロスが生じます。 仕事ができる人は先を見据えて、主観なしに判断を下すことができます。 たとえその判断が今までの頑張りを無駄にするものだとしても、できる人は躊躇せずに判断を下すことができます。 いつ何時もメモを準備している 仕事ができる人は常にメモ帳を携帯しています。 自分にとって有益な情報はいつ訪れるかわからないからです。 仕事ができない人は記憶して後でメモしようと考えたまま忘れてしまいます。 人間の脳は忘れやすいので、聞いたことは他の仕事をしている間に忘れてしまいます。 すぐにメモをできるようにしておくことで、自分に必要な情報を逃すことがありません。 記憶に頼ることが怖いことだと知っているので、記録に頼るようにしましょう。 まとめ 仕事ができる人の特徴がわかりましたね。 仕事ができる人はできない人が普段やらないことをしています。 だからこそ他のその他大勢の人とは違い、仕事ができるようになります。 仕事ができる人の特徴をまずは一つでも意識して行うことで、仕事ができるようになります。 仕事ができる人に近づくための心が構えを胸に刻みながら日々仕事をしていきましょう。 心構えから真似することによって、いつの間にか仕事ができる人に近づいています。 普段は自分と同じように、できる人を羨ましがる人たちと一緒に過ごす時間が長くなってしまいます。 しかし、本当に仕事ができる人になりたいのであればまずは仕事ができる人の側に物理的に行くことです。 仕事ができる人の側にいれば、自然と心構えや特徴を体感することができます。 一緒にいて素敵だと思うことをまずはそのままに真似してみましょう。 そうしていくうちに、仕事ができる人に変わっていきます。

次の

仕事のできる人・出世する人の5つの特徴!仕事のできる人と周りに思わせるコツを大特集

仕事 が できる 人 の 特徴

mokuji• 仕事ができる人とできない人の違い 仕事ができない人の特徴 仕事ができない人の典型的な特徴は次の通りだ。 仕事の効率が悪く、時間のロスが多い• ミスが多く、何度も繰り返す• 期待通りのアウトプットを出せない 仕事ができる人の特徴 反対に、仕事ができる人には次の特徴がある。 仕事の効率がいい• ミスが少ない• 期待通り、あるいは期待以上のアウトプットをいつも出せる 仕事ができる人とできない人の差は「逆算思考力」 仕事ができる人とできない人の差は、「仕事の全体像を把握した上で仕事に取り組めるかどうか」の違いだ。 仕事ができる人は、仕事の目的や全体像、期待されている結果から逆算して仕事をする。 この逆算思考力は一流のビジネスパーソンに成長するためには欠かせない能力だ。 仕事ができる人が共通して持つ特徴であり、出世するために必要なスキル・考え方といえる。 逆算思考力を身につけるメリット 仕事における逆算思考力は「仕事の目的や全体像、期待されている結果から逆算して仕事をする能力」だ。 この逆算思考力を身につけると次のメリットがある。 効率的に仕事を行える• やる気が出てくる• 出世できる 効率的に仕事を行える ひとつめのメリットは「効率的に仕事を行える」こと。 仕事する上で、まず全体像を把握し、どの作業が必要か見極め、計画を立てて進めていくと仕事の効率はよくなるのは当然だ。 さらに、求められていることも理解しているため、アウトプットもズレることがない。 仕事ができない人は、依頼された通りの作業をして終わりなことが多い。 上司などから依頼された仕事を言われた通りやるのではなく、その仕事の目的を理解した上で「〇〇したほうが効率がいいのでは?」「〇〇するともっとよくなるのでは?」と考える。 たとえば上司から資料の作成を依頼されたとき、その資料が何に使われるものか考える。 社内会議用だったら、導入部分を少なめにし、検討材料を充実させる。 社外用だったら、導入部分をしっかり書いて関心を持ってもらう。 どんな仕事でも必ず目的がある。 その目的を理解し、もっともよい形でアウトプットするのが大切だ。 やる気が出る 人は指示されるのが嫌いだ。 ある程度任せてもらえると仕事は楽しい。 自分で考えながら仕事を進めるほうがやりがいを感じるし、やる気も出る。 会社で働く以上、組織の歯車のひとつになるのは仕方がないことだ。 仕事ができる人でも、すべての仕事をひとりで行うことはできない。 しかし、「〇〇をやれと言われたから〇〇やる」という指示待ちの歯車と、「自分がやることで〇〇が可能になる」と自分の意思で回る歯車ではまったく違う。 たとえば製造現場では、自分の作る部品が完成品のどこで使われ、どういう役割を持っているのか理解することが大切だ。 何も考えず、ただ言われるがままに作る人と、自分の作る部品の重要性を知った上で作る人とでは、品質に大きな差がでる。 意識を変えるだけで、パフォーマンスは大きく違ってくるのだ。 出世できる 逆算思考力がある人は目標を達成する能力が高いという特徴を持つ。 そして、成功体験を積み上げることがさらなる上昇志向につながる。 目標達成能力の高い人は、人間関係を作る力にも優れている。 人に仕事を頼むときのお願いの仕方も上手だ。 まずはその仕事の目的を伝える。 「〇〇のために」動いてほしいと目的をはっきりさせてから、具体的にやってほしい行動を伝える。 さいごに「その行動が何の役に立つのか」というメリットを告げる。 逆算思考力がない人は、まったく正反対の行動をする。 指示を受けると、全体像を把握しないまま、とりあえず仕事に取り掛かる。 計画を立てていないので、当然仕事は思う通りに進まず、締め切りのギリギリになって慌てはじめる。 この段階になってやっとまわりに助けを求める。 急に仕事を振られた相手にとっては厄介な相手だ。 仕事を効率的に進めるには、上司を巻き込むことも必要だ。 そのためには、上司に信頼されていることが重要になる。 上司に好かれる方法は、自分が上司を好きになることだ。 仕事ができる人は、上司に嫌味を言われたとしても、言い返すことはないし、顔に出すこともない。 上司に嫌われると仕事に支障が出ると知っているからだ。 その場の腹立たしさより、その先の目的達成を優先する。 いまどういう対応をするべきか適切に判断できるのだ。 そして仕事で結果を出し、上司の信頼を集める。 さらに仕事のチャンスが巡ってくるようになるため、結果として出世できるのだ。 仕事ができる人の特徴 1期待されるアウトプットから逆算できる 仕事ができない人のなかには、張り切って仕事に取り組んでいるのに期待はずれなアウトプットになってしまうタイプがいる。 質にこだわりすぎて必要以上に仕事に時間をかけたり、あるいは反対に、スピード重視で仕事を進めてミスが多かったりする。 仕事ができない人は言われたことを言われた通りにやるのが仕事だと思っている。 対して、仕事ができる人のアウトプットには過不足が少ないという特徴がある。 上司が求めていることと、求めていないことを理解しているため、目的から逆算して質・スピード・量のバランスの取れた資料などを提出できる。 質・スピード・量の優先順位は仕事の目的によって変わる。 社外向けの書類には情報の正確性や、ビジネスマナーを守った体裁などが必須だ。 プレゼン資料では、他社の提案以上の魅力や説得力が求められる。 忙しい上司に送るメールには、結論を先に伝えることと、ポイントを簡潔にまとめることが必須だ。 長々とした文章を書いても読んでもらえない。 仕事は納期に間に合わせるのは当然として、上司の承認を得たり、プレゼンの練習をしたりする時間の確保も必要だ。 完成は納期の当日でいいのか、あるいは3日前なのかで仕事に求められるスピードはまったく違ってくる。 仕事に求められる質・量・スピードは時と場合によって優先すべき順番が変わる。 上司の意図や仕事の目的を正確に把握し、バランスを取れた結果を出せるのが仕事ができる人の特徴だ。 また、仕事が集まってくる理由でもある。 2仕事の終わりから逆算できる 仕事ではPDCAを回すことが大事だ。 PDCAとは、仕事の進め方のサイクルのこと。 仕事ができない人は忙しさなどを理由にしてPDCAを回さない。 D(実行)だけで終わり、それがミスの原因になる。 仕事ができる人は、まず終わりを把握することから始める。 納期から逆算し、どういう手順でどういう速さで仕事を進めていくのか計画(P)を立てる。 終わりを把握して計画を立てるため、効率的に仕事を進めることができるのだ。 仕事ができない人のようにすぐに仕事に取り掛かると、無駄な手間が増える。 遠回りになり時間がかかる。 いつまでも仕事が終わらない。 3仕事の全体像から逆算できる 仕事ができる人の作る資料は、枚数が少なく結論がはっきりしているのが特徴だ。 資料に目を通す時間が短くて済むため、上司の承認はすばやくもらえるし、会議では多くの時間を話し合いに使うことができる。 仕事ができる人は情報を入手すると、ポイントを短くまとめ、さらに自分の見解や意見などを添えたあとでチームのメンバーに送り、情報を共有する。 情報元となる資料をそのままメンバーに送っても、目を通して内容を理解するまでに時間がかかると知っているからだ。 たしかに資料をまとめるのは手間のかかる作業だが、それを自分が引き受けることによってチーム全体の仕事がスムーズに進むように仕向けているのだ。 4仕事の条件から逆算できる 机を整理しないのは時間を無駄にしている 仕事ができない人は机の上が散らかっていることが多い。 進行中の仕事以外の資料やその他の私物などで埋め尽くされ、作業がしにくい状態になっている。 また、パソコンの中も整理できていない。 デスクトップは何が入っているのかわからないフォルダや、内容がはっきりしないファイルで埋め尽くされている。 捨てられない理由は次のどれかであることが多い。 いつか使うかもしれない• なくなってしまうと不安• 捨てていいか判断できない• 捨てるのが面倒くさい ……など ものを探す、選ぶという行動は、仕事中に何度も行うことだ。 1回あたりは短い時間でも、1日や1ヶ月の合計で考えると結構な時間になる。 仕事の効率に大きな影響を与えるといっていいほどの時間を無駄にしているのだ。 仕事ができる人の机はしっかり整理されている。 仕事の全体像が見えているため、今の仕事に必要なものだけ集め、進行中の仕事を進めるのにもっとも効率のいい環境を整えることができる。 机の上だけでなく、机の中の引き出しも、必要なものが必要なときに取り出せるように整理されている。 仕事が終わるたびに捨てる 大事なのは、初めから無駄なものを出さないよう心がけることだ。 資料は紙で保管する必要があるものや、承認印の必要なもの以外は印刷せず、できるかぎりパソコンの中で処理する。 試しに印刷すると、どうしても机の上に積み上がる。 もし校正のための印刷が必要だとしても、あとでメモ用紙にすればいいと考え、そのまま置いておかないこと。 その場で切ってメモ用紙の大きさを作るか、あるいはゴミ箱に捨ててしまうかだ。 パソコンのデスクトップには必要最低限のフォルダやファイルだけ残し、必要のないものはゴミ箱へ捨てる。 メールも同様に必要なものはファイルにまとめ、不要なものは捨てる。 あとでまとめて捨てるのではなく、その都度捨てるのがポイントだ。 仕事ができる人は、無駄な時間を作らない工夫を普段から心がけているのだ。 5最短コースから逆算する ひとりではむずかしい仕事がある。 そのとき、素直に人に頼れるのも仕事ができる人の特徴だ。 とくに頼りになるのは上司だ。 自分にはない権限や経験、人脈を持っている。 使わない手はない。 仕事ができる人は上司の力を借りるのが上手だ。 上司の過去の経験を聞き、それを仕事に活かす。 上司の人脈を使い、自分では知り合えない人を紹介してもらう。 その結果、自分一人では達成できない大きな成果を出すことができる。 上司の力を快く借りるには、日頃からよい関係を築いておくことが重要だ。 信用できる人物だと上司が認めないと、人を紹介してもらえない。 普段から約束を守ることが大切だ。 仕事の質を上げ、会社に貢献する姿勢も忘れないように。 6変化の先から逆算する 仕事ができない人は、保守的で現状維持を求める傾向がある。 変化に対しては「今までと違う」「前のほうがよかった」という意見を持つ。 仕事ができる人は変化や反対意見を柔軟に受け入れることができる。 問題が起こりそうなときは、「今までの手順を見直す」「新しいやり方を試してみる」など、従来の方法にとらわれず、適切な対策を見つけようとする。 仕事ができない人の保守的な発言に対しても否定せず、「そういう考え方もありますね」と受け入れる。 何かを変えるとき、慣れるまで手間も時間もかかるし、面倒だと感じるものだ。 しかし、時代のニーズは常に変化する。 ビジネスもその変化に合わせて変わっていかなければ、生き残ることは不可能だ。 自分の反対の意見であっても受け入れる姿勢は、仕事ができる人の優れた特徴のひとつだ。

次の

仕事ができる人3つの特徴は「スピード・巻き込み力・ユーモア」だ

仕事 が できる 人 の 特徴

「仕事ができる人のように、自分もいきいきと働きたい」 「自分も頑張っているつもりだけど、同期入社のあいつとの差がいつの間にか大きくなってしまった」 と感じることってありませんか。 もしあなたが、何かに対して本気で努力するつもりがなければ、誰かと自分を比較して「すごい」と思いはするものの、悔しいとまで思うことはないかもしれません。 しかし、あなたが本気で努力をしていれば、同期を含めた周りの人に一歩先をいかれてしまっていることをとても悔しいと感じてしまうものです。 そこで今回の記事では、仕事ができる人の特徴や、仕事ができる人になるために試したいことについて書きました。 活用できそうなところはないかと考えながらご覧下さい。 それでは、まずは仕事ができる人の特徴からみていきましょう。 仕事ができる人の特徴 レスポンスが速い 仕事ができる人は、レスポンスが速いという特徴があります。 メールが届いた時、すぐ返さずにいつしか時間が経ってしまって、慌ててお詫びを含めたメールを送信することはありませんか? 実はそれって仕事が出来る人と差が開いてしまう要因なんです。 例えば、ここに仕事のスキル的にはほとんど差がない新入社員のAさんとBさんがいたとします。 ・Aさんは、どんなメールに対しても見たらすぐ返信する。 ・Bさんは、メールを見てすぐ返信はせずに後回しにしてしまうことが多い。 この時メールを送る側からすると、Aさんはメールをすればすぐ返事を返してくれる人、Bさんは少し連絡が遅い人と潜在意識に刷り込まれています。 この状況で、急ぎで重要な仕事が舞い降りてきた時あなたはAさんとBさんどちらにメールを打って仕事をお願いしようと思いますか? もちろんAさんですよね。 このように、レスポンスの仕方一つで周囲からの見え方は変わってきます。 そして、このことを仕事ができる人は理解しているため一早いレスポンスを大切にしているのです。 些細なことでも塵も積もれば山となり、次の大きな仕事につながると意識して取り組んでいるのが仕事ができる人なのです。 成果を出すことに対する優先順位が高い 「あんなに頑張ったのに結果が出なかった。 同期のあいつはあんまり一生懸命そうでないのにどうしてあんなに結果が出ているんだろう?」 と周りの人を見て思うことはありませんか? 一方で、「そんなに一生懸命になって体調崩さないの?大丈夫?」 とあなたは言われているのではないでしょうか。 一見「自分の方が頑張っているのに何であいつの方が結果を出しているんだ」と不思議に思うかもしれません。 しかし、実はその時、仕事のできる人は時間に対する仕事の質を極限まで高め、与えられた仕事の成果を出すために最善の取り組みをしているのです。 このようにただ頑張るのではなく、どう頑張って行くのか考え抜いて、行動することの重要性を仕事ができる人は意識しているのです。 ただ、そうはいってもはじめのうちは質を追い求めるのは難しいため、目の前にあることにとにかく全力で取り組むことが大切です。 なので、まずは量をこなしてコツや知識を集めていくことで徐々に、生産的な仕事へと転換させていくようにしていきましょう。 他者の視点に立って相手が何をして欲しいかと考えている 仕事ができる人は「相手はどう思っているのか」という視点を強く意識しています。 あなたの周りに 「この人は本当にクライアントの気持ちを汲み取るのが上手いな」 と思う人っていませんか? これは、他者に対して高い想像力を持っている人に見られる特徴で、クライアントやカスタマーに対して「相手が一体なにを求めているのか」を深く考えているからこそなせることです。 このように仕事ができる人は、他の人より高い視座をもち仕事に取り組んでいるので当然結果も違ってきます。 また、仲間に対しても深い共感を示すことで周りの信頼を呼び、より良いパフォーマンス、高いモチベーションを引き出せてしまいます。 「この人のためなら少しキツイけど頑張ってみよう」と思ってもらえるのです。 あのSHOWROOMの前田祐二社長も「他者への想像力」を口癖にするほど強く意識しているそうですよ。 得意なことと不得意なことを理解している 仕事ができる人は、自分の得意、不得意をよく理解し、自分の得意なことで勝負することを心掛けています。 そもそも仕事ができる人は自分が成果をあげられる、求められている市場を精度よく把握できています。 そして、成果に直結する自身の得意分野を使って仕事のアウトプットをより高いものにしようとしているのです。 RPGゲームでいうと自分の得意な能力に全ステータスを投下しているイメージです。 仕事を始めたての時は、日々新たなことを学び、自分は何が得意で、何が不得意なのか分かっていない方が大半です。 しかし、仕事ができる人はその状態でも 「何が周りと比べて得意と呼べるのか」、「不得意なものは何か」と意識しながら仕事ができています。 なので、まずは日々の仕事の中で得意、不得意が何なのか確認することからはじめていきましょう。 やる理由も断る理由も明確 仕事ができる人は、自分の行動の理由が明確になっています。 これは、仕事ができる人は全体感が分かっているためで、その上でこの仕事は自分の価値観に合うか合わないかと判断しているのです。 例えば「どうしてその仕事やっているの?」と急に言われた時にすぐに答えらえない人も多いのではないのでしょうか。 ただ、仕事ができる人の多くは理由を明確に答えられます。 また、これは自分がやるべき仕事でないと思う場合は相手に対して上手に伝えます。 このように、仕事に対する意味づけができていると仕事に対する熱量も変わっていき、結果もおのずと出ていくのです。 柔軟に対応し、本質的な課題の解決をする 「相手の意見を上手く吸収しながら仕事を進めている人」はすごいと思いますよね。 そもそもビジネスの世界では、様々なことが予測不可能で、間違いのない答えを持っている人はいません。 もちろんどんなに優秀な人でも自分が最初に思った仮説が間違っていることなんて日常茶飯事です。 ただ、このように不確実な世界の中でも仕事ができる人は自分と違う考えに対しても柔軟に吸収し、課題の解決に努めています。 これは、自分の意見が通るよりもチームが掲げた目標を達成するためにどんな意見が効果的かと考えているためです。 自分が考え抜いた答えが絶対に正しいと最初から最後まで主張を変えないままではチームとしてのアウトプットも悪くなってしまいます。 ましてや、クライアントやカスタマーのためには、もちろんなっていませんよね。 仕事ができる人になるには? クローズドクエッションを心がける 普段質問しているときにオープンクエスチョンで質問していませんか? 例えば自分の仕事を上司に相談する時に「これってどう思いますか?」といった質問になってしまうことです。 このような質問の仕方では漠然としすぎて回答するのは難しいですよね。 なので、もし誰かに質問をする前にはまずは自分で考えて、その上で 「自分はこう考えているのですがどう思いますか」という相手がYESかNOで答えられる質問の仕方をするように心掛けてください。 自分なりの考えを持った上で相手の意見を聞くと、その仕事の生産性はぐっと上がりますし、自分の仕事に対して深く考えるクセもつくのでおすすめです。 成果を出すために直結する要因を考える。 仕事ができる人は先ほども挙げたように成果を出すことを最優先にしています。 それでは成果を出すために具体的にどういった事をすれば良いのでしょうか。 それは、成果を出すのに直結する要因を考えてそれを行動に落とすことです。 例えば、 「同期で一番の営業成績を上げたい」と思ったとします。 その目標を達成するには 「1日の訪問件数をあげること」や「客単価を上げる」など様々でしょう。 そうすると、それらの目標達成に直結する要素を達成するために必要な具体的な行動が見えてきます。 この際には、定量的に達成できたか確認できるところまで要素を細くしていくようにしましょう。 このように、与えられた課題を闇雲に行うのではなく一度深く考えて取り組むことで仕事が徐々にできるようになっていくのです。 地道ですが効果はあるので、コツコツとやっていくようにしましょう。 PDCAの仕方を工夫する 最後に、日々の仕事の中で意識しておくと良いフレームワークをご紹介します。 特に普段あなたが仕事を進める際に決まったやり方がないようでしたら以下の手順に沿って仕事を進めることをおすすめします。 1.どの局面のときに時間がとられやすいか?(When:いつ) 2.どんな場面でプランとのズレが発生するか?(Where:どこで) 3.誰がトラブルを発生しやすいか?(Who:誰が) 4.何をしているときに想定外が起こるか?(What:何を) 5.どの方法が一番効果的だったのか?(How:どうする) この5つのステップのポイントはWhy(なぜ?)から考え始めないことです。 「なぜ?」から入ってしまうと、どうしても反省に繋がりやすくなります。 反省ももちろん大切ですが、上記の1~5のように様々な観点から仕事を捉えることができると次に活かせる振り返りができるので、ぜひフレームワークとして活用してみてはいかがでしょうか。 おわりに 今回は仕事ができる人の特徴や仕事ができる人になるために気をつけたいコツについて書きましたがいかがでしたか? 忙しい日々を過ごしているとついつい染み付いたやり方でやってしまうものです。 ただ、もし今仕事の効率や成果がでないことに悩まれているのなら今回紹介した方法を取り入れやすそうなところからぜひ試してみてください。 仕事のやり方が変わると周囲からの見られ方も変わりますし、自信もつきますよ。

次の