志村けんのだいじょうぶだぁ 2020 出演者。 ありがとう!志村けんさん。『ドリフ大爆笑』『志村けんのバカ殿様』ほか名作コントをCSファミリー劇場で、5月2日(土)約8時間にわたって一挙放送!|株式会社ファミリー劇場のプレスリリース

志村友達 大集合スペシャル

志村けんのだいじょうぶだぁ 2020 出演者

ドリフ大爆笑、だいじょうぶだぁ、バカ殿様までお茶の間に笑いを届けた名作をゲストとともに振り返る。 番組内容 緊急生放送! たくさんの笑いをありがとう! 志村けんさんのドリフターズからバカ殿様、だいじょうぶだぁまで永久不滅の名作コントを一挙放送! 変なおじさん、ひとみ婆さん、いいよなおじさんなど数々の名物キャラも登場! 志村さんとゆかりのあるゲストとともに振り返ります。 志村けんさん追悼特別番組 出演者 司会 三宅正治 フジテレビアナウンサー 西山喜久恵 フジテレビアナウンサー ゲスト 加藤茶 仲本工事 高木ブー 研ナオコ いしのようこ 志村けんさん追悼特別番組 見逃し配信ストーリー性 今日コロナの影響で亡くなられたという報道を聞いて、昨日のアッコにお任せのニュースでは大丈夫と専門家が話していた先のニュースだったのでとてもいたたまれないのですが昔懐かしいバカとの様を見ることができるということで懐かしさを味わいたいと思います もう少し長生きしてほしかったですが今回の番組で追悼したいと思います。 ゲストも豪華で 加藤茶さんや高木ブーさん、研ナオコさんなどが出てくるようなので期待しています。 なんだか昔当たり前に見ていた番組がこうやって放送されるとなると私も年を取ったなという気持ちになりますがちょうど三十年生きてきて今いろいろと変わってきているのでなかなか心が追い付いていきません。 きっと見ている最中に懐かしさのあまり涙してしまうと思います。 今でも志村さんの動物番組を見たいなと思っているのに、なかなか人生は波乱万丈といいますか、なんとも言えない状況の中での番組だと思います 気持ち的にもどのように見たらいいのか、なぜ今見せる必要があるのかという人もいそうですが、私はありがたく思って追悼しながら見たいと思います。 志村けんさんはこれまでにドリフターズの一員として多くの演奏やコント活動をやってきたり単独でも番組を持って多くの活動をされてきました。 またお笑い方面以外でもドラマや映画にも出演されるなど色んな活動をされてきましたがこの番組にはそんな志村けんさんの46年間の歴史がぎっしり詰まった内容になっていると思いますので志村けんさんが好きな人なら絶対に見ておくべき番組だと感じます。 この番組にはゲストとして志村けんと縁の深かったドリフターズのメンバーやいしのようこさんが出演されますが志村けんと過ごした思い出をどのように振り返るのかも注目ポイントだと思います。 志村けんさんの名シーンとして志村後ろ後ろや東村山音頭といったものがありますし、志村けんが扮装するキャラとして人気なひとみ婆さんやデシ男や変なおじさんといったものがありますがそういったものをこの番組でまとめて堪能できると思いますのでとても楽しみですし志村けんさんの功績の大きさを改めて実感することになりそうです。 志村けんさん追悼特別番組 見逃し配信 楽しみな点 志村けんさんは私の親と同年代なのでいずれ私より先にお亡くなりになる可能性が高いことはわかっていましたが、まさかコロナウイルスが原因でこの世を去られるとは思ってもいませんでした。 私は物心ついたころからお笑いを観ていて、母親曰くアニメを観ているよりもお笑いを観ている方が楽しそうだったと言っていました。 そして私自身は志村さんにあこがれて一時期はお笑い芸人になりたいと思ったほどです。 志村さんは私にとっては人格形成に大きな影響を与えた人の1人だと思っていて、もうこの世におられないことはとても悲しいことだと思っています。 そして今回志村さんの追悼番組を行うということで、数多くの過去の名場面が見られるのを楽しみにしています。 ただどんなに面白い内容であっても笑うことは難しいかもしれないですが、全員集合やごきげんテレビ、ドリフ大爆笑やだいじょうぶだぁなどを観てきた私たちと同じ世代の人たちにはもちろん、志村さんの全盛期を知らない子どもたちにも観てもらって志村さんがいかにすごいコメディアンだということを知って後世に伝えていってほしいと思いますし、その中から次世代の志村さんの芸を継承できる芸人さんが誕生したら嬉しいと思っています。 志村けんさん追悼特別番組 見逃し配信 視聴者感想 コロナウイルスでの休校があり、実は先週くらいはショッピングモールに行ってしまいました。 人が多く「大丈夫なのかな?」と思うものの、周囲も子供連れが多数。 そんな中での志村けんさんの入院ニュース。 9日で死んでしまった事実に驚いています。 ドリフターズはリアルタイムではないものの、志村けんさんが人気なのは子供の頃から。 バカ殿様や変なおじさんなど、子供に人気のちょっと下品なネタは小学校や中学校でも人気。 大きくなるにつれてコントはしなくなって、バラエティ番組に1年に数回出てくるようなタレントさんになり、動物とたわむれる番組にも登場していました。 小さい頃から志村けんさんのコントを見ていて、面白いおじさんといった印象だったので、まるで親戚のおじさんが亡くなったような喪失感があります。 追悼特別番組も、笑わせてくれるネタを見たとしても泣いてしまうかもしれません。 今でも亡くなった事実が受け止めきれなくて本当なのかとわからないくらいなので…。 コロナ自粛の気持ちが緩んできた時のニュース。 小学校の休校延期もあるかもしれませんが、海外在住者のニュースを聞いていると気を引き締めないと本当にヤバいかもしれません。 やっぱりドリフを見て育った世代ですし一番憧れた芸人さんもあったんで見逃せない番組かなって思っております。 加藤茶さんと仲本工事さん高木ブーさんの3人もゲストででるそうなんでどんな感想を述べるとかも楽しみですし志村さんはどんな人だったかとかも3人から聞けるとおもいますので楽しみが深いです。 特に加藤さんは全員集合が終わったあとの番組を志村さんと二人でMCを務めたこともあったしメンバーの中では一番一緒に仕事をしてる期間が長かったとおもいますので加藤さんは特に志村さんとの思い出は深いかなっておもいますのでその加藤さんからみての志村さん評みたいな部分も沢山知れるいい機会だと思います。 加入したばかりの頃の秘話とかも聞けるでしょうし、今まで我々が知らなかった志村さんの秘話なども沢山知れるチャンスかなって感じてます。 『志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう』は相当視聴率を稼ぐ気がします。 ゴールデンタイムでもありますし家にいる人が多いですので見る人は多いはずです。 まとめ その訃報を聞いた時に絶句した日本国民は、私に限らず、無数にいたはずです。 志村けんさんが、現在世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスに感染し、闘病中であることか先日から報じられていました。 しかしまさか亡くなるとまでは思いも寄らなかったです。 志村けんさんは、私が記憶している限り、恐らく初めて名前を覚えた芸能人です。 まだ幼稚園に通っていたような幼い時期、テレビで放送していた『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』を毎週欠かさず見ていましたから。 私の年代だと『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』でしたが、もっと年配の方だと他のザ・ドリフターズのメンバーと共に『8時だョ! 全員集合』に出演していた印象が強いでしょうし、もっと若い世代なら『天才! 志村どうぶつ園』の園長というイメージが強いのではないでしょうか? 上記のことから言えるのは、志村けんさんが幅広い年代の人々に愛されてきた存在であることです。 まさに国民的コメディアンという称号が相応しい人物だったと思います。 大体、中国人が、変なものを食べて生活し、病気を作ったに違いありません。 日本国中が、志村さんの死を悲しんでいると思います。 視聴率すごく高いと思います。 小さい頃から、ドリフターズの、全員集合、ばか殿様、最近では、志村動物園での素晴らしいお人柄、また食生活も気をつけておられて健康だったのに、すごく惜しい人を亡くしましたね。 本当に46年間ありがとう、志村さん。 せめて苦しんで死なれなかったのを、祈るだけです。 お人柄が、画面から伝わってきました。 追悼番組すごく楽しみです。 今までの長い間の活躍がみれると思うとすごく楽しみです。 ビデオにとって、保存しておきます。 志村さん大好きな主人と一緒に見ようと思います。 本当に、色々なコントがありましたよね、アイーーン、東村やーーまって、口ずさんでおられた姿が今でも目に浮かびます。 笑いは、今元気がない人にとって、財産なのに、お笑いの王者が亡くなられた バカ殿のコントも笑えていろんな人と絡み合ったり面白かったです。 ドリフターズや8時だよ全員集合をリアルタイムで見たことがない私でも知っています。 スゴい人気があったのはわかりました。 ヒゲダンスや体を張ったコント、あのようなお笑い番組が今はないので、懐かしくて新鮮で面白いと思いました。 家族みんなで笑えるお笑いをつくってくれて、スゴいと思いました。 コントにしても、キャラクターにしても、コツコツと練ってやっているという話を聞いて、お笑い対してストイックなんだと感心しました。 自分に厳しく、表には見せない努力がたくさんあるんだろうなと感じました。 最近でのバカ殿でも明るく元気な姿で笑いをとっていたり、変わらないバカ殿コントが好きでした。 志村どうぶつ園でも、どうぶつに対して暖かく、そのなかに笑いもあって、心が癒されて安心して見れる番組でした。 志村けんさんのコントも昔の特集でたまに見ることはあるけど、もっとちゃんと長いものを見たいと思いました。

次の

志村友達 大集合スペシャル

志村けんのだいじょうぶだぁ 2020 出演者

番組概要 [ ] からまで放送されていた『』のタイトル及びロゴとオープニングテーマを継承しているが、実際は「志村運送物語」を主とした構成で、当時の『志村けんのだいじょうぶだぁ』とは全く違ったテイストであった。 9月に1時間スペシャル(後述)が放送された。 さらに当番組が開始されたのをきっかけに『』が実に約12年ぶりにゴールデンタイム(枠)で放送されるようになり、志村が亡くなるまで、定期的にゴールデンタイムでスペシャル版が制作・放送された。 志村運送物語 [ ] 番組前半は1話完結の「志村運送物語」。 直接のルーツとしてはかつて放送されていた『』の舞台「志村運送」であり、当時はかなり異なっているものだった。 その後、内容と出演者等の設定を変更し、2004年10月から放送された前番組『』開始と同時にタイトルを「志村運送物語」と題して復活し、『志村通』放送終了後、当番組が開始されてからも引き続き継続して、実に3年半の放送で幕を下ろした。 前述の2007年8月14日放送のスペシャルでも初めて全国ネットのゴールデンタイムで「志村運送物語」が放送された(ただし、当番組で放送された中から再放送)。 基本的に途中CMは入らずに完結していたが、時々志村運送日常コント後半パートが延長して一旦CMを挿む場合もあった。 等はベタであるものが多いが、志村の円熟した芸により、コメディドラマとして一定の水準をクリアしている。 不定期に過去に放送された内容の中から3話分ほど流す、傑作選も放送されていた。 回数は『志村通』時代から数え延べ163回となった。 なお後述のを行った回を除き番組上一切休むことなく続いた。 舞台設定 [ ] 有限会社「志村運送」は、主人公のけん(志村けん)が亡き父親から受け継いで切り盛りしている。 大手からの下請けで主に企業への荷物の集配、配達を担っている。 設定では、南浅草2丁目にある。 そこを舞台に、妻の優香(優香)、従業員である独身30代女の和歌子(島崎和歌子)、若手女子社員の純(夏川純)、どことなく頼りない中年ドライバーの竜兵(上島竜兵)、お向かいの「肥後ちゃんラーメン」のマスターで、けんと幼馴染の克広(肥後克広)、そのアルバイト店員のチェン(チェン・チュー)が繰り広げる物語。 それぞれが自分のタレントとしての個性も活かしながら役を演じている。 出演者・役構成 [ ] なお、作品内では出演者の芸名と役名はほぼ同じであるとみてよい。 ただし、優香の役名は後述の通りである。 同ドラマの中心人物・有限会社志村運送の。 親代々からの受け継ぎで妻と共に切り盛りしている。 趣味は。 典型的な中年男性で自分の性格中心に周囲を見て女子従業員にも手を挙げたりすることがあるが、従業員を家族のように可愛がり食事や社員旅行なども積極的に行っている。 ヘビースモーカーであり、煙草がわずかな時間切れると貧乏揺すり等を始め、周囲に迷惑をかける。 運送屋の社長なのにもかかわらず、運転免許は持っていない。 競馬と酒が大好きでよく竜兵や克広とキャバクラなどに飲みに行き、妻・優香の目を盗んで知り合った女とこっそり会って遊んでいることもよくある。 かなりのスケベで浮気性で、女性従業員にセクハラしたり、キャバクラ通いがバレて妻からお仕置きされるのは日常茶飯事。 基本的にけんが従業員他に対して役で他の出演者がを演じるのだが、時折ボケに回ることもある。 の着信音はの「あなたのとりこ」を使っている。 けんの妻。 志村運送副社長兼従業員。 この場合フルネームが「 志村優香」となる。 けんは前妻とは死別しており、当時従業員として働いていた優香が、前妻の死の直後で落ち込んでいたけんを慰めたことがきっかけとなり結ばれ、夫婦となった。 父と娘ほど年齢は離れているがけんは優香のことを「 かあちゃん」と呼んでおり(逆にけんとことは「 あなた」と呼んでいるが、ごくまれにけんのことを「 おとうさん」と言う場合もある)他の従業員からは「 奥さん」と呼ばれている。 高校時代に文化祭のミスコンで優勝したことが自慢で、仕事ぶりは至って真面目で堅実。 そのせいか気が少し強く時折ちょっとしたはずみでけんと夫婦喧嘩をする。 しかし最終的にはよりを戻す。 喧嘩口調になる際には「 だいたいあなたはだらしないのよ!! 」に続き「 新聞読んだら読みっぱなし、服を脱いだら脱ぎっぱなし、トイレから出てくりゃ残尿漏らすし、お風呂に入れば抜け毛の山…」の台詞が度々出てくるほど定番となっている。 仕事においては経費の無駄遣いを嫌い、けんのギャンブル癖やキャバクラ通いを注意しているが、自分自身もけんに隠れて服などを何万円も買い込んだりしている。 の着信音はの「」を使っている。 従業員の中年。 を中退(社長以下他の社員は普通高校卒)して、様々な職を転々とした後、前の会社の倒産により志村運送に入社した。 普段からやなどに明け暮れて借金を作り、妻に愛想を尽かされて逃げられた。 別れた妻に半年間ストーカー行為を働き、警察に通報されたことがある。 よく会社に遅刻し、出勤しても勤務態度はあまりよくなく、会社のお金の前借りや社長や従業員から借金を繰り返しており、社長のけんを日々呆れさせ「 クビだぞ! 」とよく言われるがそれと同時にけんや克広とよく飲みに行く仲間でもあり、なんだかんだ言われながらも可愛がられている。 このような性格のため社内ではけんの次に年長者なのだが、貫禄は無い。 仕事上の不満を友人役とされるに愚痴っているという設定にもなっている。 稀に競馬で大勝ちすることもあるが、その度に借金返済に当てられてしまい、結果として一円も残らないことがある。 和歌子とはしょっちゅう喧嘩をするが、一緒に昼飯を食べに行く等仲が良い。 普段その言動から志村夫妻や従業員に呆れられているが、同時に慕われてもいる。 携帯の着信音はの曲を使っている。 月給は9万円である。 従業員。 30過ぎの独身でおばさん扱いをうけており、けん曰く4500円の家賃のアパートに1人住まい、度々に参加している。 (参加した合コンにたまたま竜兵も参加しておりトラブルになった事もある)よく竜兵と口喧嘩をしており、まわりの人や社長のけんも迷惑することがよくある。 金や物にシビアであり、金が絡んだ騒動を巻き起こすことも多い。 相当な金額を貯金して貯め込んでいる。 机には大量の煎餅が入っていて仕事中によくつまんでいる。 一時は自分の机に置かれたを竜兵からの物だと思って竜兵に好意を寄せたが、実はそのラブレターは竜兵の物ではなく近所の人が小説用に書いた物で、事実を知った和歌子は竜兵に平手打ちを浴びせ、コーヒーをぶっかけ結局二人はまたもとの関係に戻ってしまった(ちなみにこのビンタが元で竜兵の詰め歯が取れてしまった)。 和歌子は当番組になってからの初出演だが、それ以前からの3年以上志村運送に勤務しているという設定になっている。 携帯の着信音はの「」を使っている。 従業員。 若手女子従業員として皆から可愛がられ、今時のような風貌を出しながらも同僚の従業員との仲を取り持ってサービス精神旺盛である。 けん曰く、あまりいい高校は出ていない。 何度か男性と付き合ったり別れたりしている。 別れた男からストーカーまがいの事をうけた事も。 携帯の着信音は「」の曲を使っている。 志村運送の向かいにある「肥後ちゃんラーメン」店長。 けんとは幼馴染で「 けんちゃん」「 かっちゃん」と呼び合う仲。 独身で両親に兄弟もいない天涯孤独の身。 親からラーメン屋を受け継いだが、親の代では美味しかったラーメンが、彼の代になってから非常にまずくなった。 そのせいで客が全然来ず、けんが店に入店してもいつも座ってボケっとしていることが多い。 さらにアルバイトのチェンを安月給(5万円)でこき使っている。 克広は客を呼び込む策を考えては店を訪れるけんに意見をもらったりしているが、考えた策はひどいものばかりで実践には至っていない。 考えたメニューをチェンに「持って来いや」といって運んでこさせ、けんに文句を言われるとチェンに責任転嫁し、「考えたのは俺だけど、持ってきたのはあいつだから」と言うのが定番。 ラーメン店の店長にもかかわらず、料理の味では自信がないと臆面も無く述べ、ライバル店からの出前のラーメンやカップ麺を器に盛り変えて出すことも平気で行う。 何度か理由は不明だが店が繁盛したこともあった。 赤字だと言いながらも店が潰れる気配はなく、団地や商店街からの出前の注文が一定数ある。 また、けんや竜兵と一緒にキャバクラなどへ飲みに行ったり、パチンコやパチスロで遊ぶのが楽しみの1つである。 携帯の着信音は「」の曲を使っている。 「肥後ちゃんラーメン」で働いているの店員。 克広とともに店の向上対策に付き合わされ、多少日本語も話せるがカタコトになることもよくある。 安月給で働かされている上(後述参照)、尻や胸を触られるなどセクハラに悩まされているという設定になっている。 そのため、克広に「 給料上げろ! 」、「 セクハラやめろ! 」とよく口論したりしている。 本気で怒る際には中国語になる。 携帯の着信音はの曲を使っている。 (回によっては欠場あり。 ) 日本語の勉強をした際、志村が自分の股間を指さしここはどこだ? と質問すると元気よく「! 」と答え「そんな言葉覚えちゃだめでしょ! 」と肥後に怒られる。 しかしチェンは肥後の股間を指差し「キンタマ? 」と質問し慌てさせる場面がある。 1時間スペシャルのゲスト [ ] 有名なグラビアアイドル。 (本人役) 前述の『』時代にあったグラビアアイドルとのトークコーナーの復活版に出演。 ら所属のアイドルの集合写真集を送ってほしいという依頼でやってきた。 この写真集の撮影には純も参加しており、「 ちょっと、バイトで(一緒にやってました)」と答えた。 正体不明の丸い黒縁眼鏡をかけた風の男。 意味のわからない言葉攻めでけんに襲い掛かり行動を妨げる。 けんが肥後ちゃんラーメンに入店し間もなく店内に客として入りたまたま込んでいた為相席となり野菜炒め定食を注文するが、けんの注文した餃子を盗み食いし、呆れたけんが特製餃子を注文し再び強引に食べ、最終的にけんに自分の分の食事代を請求し店を去ってしまった。 なお、エキストラ(非著名人)は数回登場していたがゲストと呼べる人物は上記の2名のみであった。 その他の設定 [ ]• 上記にある通り『だいじょうぶだぁ』時代のコントを彷彿とさせる箇所はさほど無いが、 井澤商事等の番組スタッフの名前を拝借しコント内で使われることがあるという点では共通している。 志村運送の従業員の月額給料の話になった際に、和歌子が 18万円、純が 15万円、竜兵が 9万5千円とけんの口から出た。 ちなみにチェンの給料は 5万円だった。 竜兵の給料が安い理由に「遅刻が多い」「事故を起こす」などの理由で差し引いていると言っていたが、妻の優香を含めた従業員の反発によって「 給料少しずつ上げます」と宣言した。 その後従業員の給料が上がったかどうかは不明だが、チェンはその他の回でも5万円のままであった。 その後の3月26日の最終回では和歌子の給料が 25万円という設定になった。 志村運送は始業が朝9時で志村が「うちは8時間勤務だ」と言った事から定時は17時と思われる。 土日祝日休みの週休二日制である。 出演陣の年齢設定が回によって異なる場合がある。 けんと克広は同じ年の幼馴染の設定であるはずなのに、克広の実際のプロフィール(44歳と言ったことや、出身が沖縄と言っていた)を言い漏らしている。 基本的にあくまでドラマ内での設定で実際の出来事とは関係無いが、けんが純に「 彼氏ってあの美容師の? 」と問い詰めた会話があったが、これは実際に夏川が美容師と交際している事を写真誌「」にゴシップ記事として掲載されたことから由来する。 他にも時折竜兵が「社長」と呼ぶところを普段志村を呼ぶ時のように「 師匠」と呼ぶ事やチェンが「 の寮に住んでいる」など実際の出来事を織り交ぜるケースもある。 また、2006年の1時間スペシャルで安田美沙子がゲストで登場した際、けんが和歌子を除く3人に年齢を聞き、安田は「24歳」、純は「23歳」、優香は「26歳」と全員年齢を答えていたが、実際の夏川の年齢は優香と同い年である26歳であり、純が答えた23歳という年齢は翌2007年に年齢詐称が発覚する前の当時の詐称年齢であった。 なお、年齢詐称発覚後、ドラマ内で純の実年齢について匂わすようなシーンは一切無かった。 なぜか、ストーリー内のほとんどのBGMが「」の曲である。 2007年11月21日の放送で肥後ちゃんラーメンの「沖縄フェア」のネタで、ラーメンが登場したときに、けんと優香はあまりの臭さに耐えられなかったが、克広とチェンだけが演技ではなく豆腐ようを平気で食べていた。 肥後ちゃんラーメンでのコントでは、志村運送内には誰も居ない事がの放送で明らかになった。 (コント中、基本的には肥後ちゃんラーメンしか映らないので、居ても仕方がないということで、いないというのが大きな理由。 )しかし、これは コントの中のオチの一つに過ぎない。 上に携帯の着信音を書いてあるが、これ以外にも流れる場合がある。 例えば和歌子の着信音は「きよしのズンドコ節」だが、他の曲もまれになる(自身の持ち歌である「何かいい事きっとある」など)。 のは一度も出演していないが、名前のみは何度か使われてネタにされていた。 ちなみに作品内での寺門は、竜兵の友人役という設定らしい。 作中では竜兵が飲み過ぎで、和歌子は食あたりが原因でそれぞれお腹を壊すという場面も少なからず見受けられており、けんを初めとした運送屋の他の従業員を呆れさせることがある。 当作と同枠で放送の「」における志村夫婦は番組タイトルと同じラーメン店を経営しているという設定になっており、現行の「肥後ちゃんラーメン」で使用している椅子、テーブルなど撮影用備品の一部が「志村軒」においてそのまま流用されている。 『志村通』時代からの変更点 [ ]• 一部出演者の交代• タイトル表示後のキャスト紹介が省略された(ただし、前述の2007年8月14日のスペシャルで復活)。 グラビアアイドルとのゲストトークが無くなった。 その他のコーナー [ ] 番組後半は以下のコーナーが放送されていた。 内容のほとんどが、次番組の『志村屋です。 』にて、引き続き放送されている。 寝室でのトーク [ ] 志村と優香は志村運送の二階の寝室でフリートークをするというもの。 主なトーク内容は二人の日常的な事や志村運送物語のこぼれ話などであった。 また、このトーク内で志村出演の舞台『』や同系局の特番『』などの日時も告知されていた。 なお、当番組放送開始当初はフリートークではなく志村運送物語の引継ぎとなっていた。 傑作コント [ ] このコーナーは過去の志村出演番組のコントを放送。 寝室のトークから開始する場合は、コント開始時に志村がテレビのリモコンのボタンを押して、テレビ画面に『志村けんのだいじょうぶだぁ』タイトルロゴが表示されてコントが開始される演出であったが、以前の水曜深夜枠の志村の番組(主に『』『』『』『』)に収録したコントのみが放送され、視聴者に新作を流していると誤解を招く場合もあった(詳しい理由は次の説明を参照)。 開始当初は全て過去の『だいじょうぶだぁ』のコントが放送されていたが、当時メインキャストだった(詳細はを参照)の映像が使えなかったため、ほとんどが、、といった女性レギュラーと共演したコント(一部や他のゲストと共演したコントも放送されている)となっていた。 ちなみに田代自身の出演したコントは流れないものの志村らのコント内の会話の中で名前のみ流れるケースもあった。 2006年に入ってから上記の深夜枠時代のコントが放送され始め、この『だいじょうぶだぁ』時代のコントは、2007年4月頃から徐々に放送回数が減っていき、そして同年11月以降、一度も放送されなくなった。 なお、2006年9月放送の1時間スペシャルで、このコーナーでは「特集」が放送されたが、上記の理由から登場部分のみの放送で、最後のオチの部分は全てカットされてしまっていた。 過去の水曜深夜枠のコントの再放送については、次番組の『』でも一部作品(当番組で再放送されたものも含む)が再放送された。 志村診察室 [ ] 2007年11月7日から2008年3月19日まで、延べ13回放送された。 医師に扮する志村けんと看護師に扮する優香が、患者(ゲスト)のを迎えるトークコーナー。 主な内容は、ゲストは自らのプロフィール紹介後、服を脱いで水着姿の状態になり、その状態で志村が小型カメラ(開始当初は小型カメラが搭載されているを使用していた)で胸元などを観察し、その後志村から「体力測定をします」と指示され、ゲスト自らの特技や、番組で用意された、、などを披露し、最後にゲストの写真集やDVDなどの発売情報が告知されるというものであった(この辺りは前述の『志村通』にあった「志村運送物語」内でのグラビアアイドルとのゲストトークと流れはほぼ同じである)。 ちなみにのなどのの解説では「 志村診療所」と表記されていた。 ゲスト一覧 [ ]• 2007年11月7日:• 2007年11月14日:• 2007年11月21日:• 2007年12月12日:• 2007年12月19日:• 2008年1月9日:• 2008年1月16日: (後番組「志村屋です。 」にレギュラー出演)• 2008年1月23日:• 2008年2月13日:• 2008年2月20日:• 2008年3月5日:• 2008年3月12日:• 2008年3月19日: 優香デビュー10周年特別企画 [ ] 2007年11月28日、12月5日放送分では、優香デビュー10周年特別企画として過去の志村と優香のレギュラー番組の中から出演した過去のコントを2週に分けて放送、その模様をスタジオでレギュラーメンバー全員で眺めると言った内容であった。 実質上傑作コントの拡大版であり、通常時放送の志村運送物語と他のコーナーはこの回はお休みした。 これはこの番組のみに限らず優香の当時出演している他のレギュラーバラエティ番組でも大々的に行われた。 レギュラーメンバーは志村運送での設定上の姿以外で初めて登場した。 従って志村がかつらを着用していないプライベートの姿で登場した回になった。 備考 [ ]• 「志村運送物語」と優香デビュー10周年特別企画にレギュラーメンバー全員出席したことにより、全放送を通じて出演者がほぼ皆勤出演したこととなった。 「志村運送物語」の最終回は特に物語の最後という演出では無く通常とさほど変化の無いシナリオで描かれていた。 放送の『』内の20:10頃 - 20:40頃に、同番組のコーナーとして当番組が完全新作で番組初のゴールデン進出で、・・で放送された。 最終回の最後のシーンで志村が「 職業変える! 」の一言で、後番組・「 」のへと繋げていた。 11月よりにて再放送が決定した。 スタッフ [ ]• 作・構成:朝長浩之• 音楽:• カメラ:藤江雅和(「志村運送物語」において上島が1分間ギャグを披露、志村運送社員から笑ったら1000円をもらうという話の時、笑っていた1人として上島が「藤江さんも笑ったでしょ! 」と要求した際にOAで登場した)• SW:小林光行• 音声:松本政利• 映像:原啓教• 照明:野崎政克• 美術制作・進行:山根安雄• デザイン:• 大道具:宮越浩• 装飾:菊池誠• 持道具:網野高久• 衣装:佐藤孝二• メイク:佐藤恭子• 電飾:宇塚敏明• 編集:轟貞治()• MA:大塚大• 音響効果:戸辺豊• 技術協力:、、• 制作協力:エクシーズ、エスカンパニー、ゼブラカンパニー• 編成:松崎容子(フジテレビ)• TK(スペシャル版は記録):増山郁子• 演出補:長谷吉洋• 演出:戸上浩、小倉肇(エクシーズ)• プロデューサー:井澤健• 企画制作: ネット局 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考 1:08 - 1:38() 制作局 同時ネット 1:15 - 1:45(深夜) 約1か月遅れ 木曜日 0:35 - 1:05(水曜深夜) 火曜日 0:35 - 1:05(月曜深夜) 1:30 - 2:00(木曜深夜) 水曜日 0:40 - 1:10(火曜深夜) 約1年遅れ 火曜日 0:40 - 1:10(月曜深夜) 約10か月遅れ 木曜日 0:45 - 1:10(水曜深夜) 14日遅れ 木曜日 1:10 - 1:40(水曜深夜) 約3か月遅れ 1:15 - 1:45(深夜) 日曜日 2:15 - 2:45(土曜深夜) 木曜日 17:00 - 17:30 約11か月遅れ 不定期放送 金曜日 20:54 - 21:24 9日遅れ 木曜日 23:00 - 23:30 22日遅れ 過去にネットしていた局 [ ]• 特記 [ ]• 東海テレビではそれまで遅れネットで放送していた「志村通」を2006年3月に途中で打ち切り、4月より放送を開始した。 休止が多く、当初6か月遅れで放送されていたが、2008年9月現在では1年遅れまで時差が拡大した。 2008年9月22日にフジテレビ2007年9月19日放送分をもって途中打ち切りとなり、10月からは「」に移行した。 サンテレビでは2007年4月より放送時間が月曜深夜(24:40-)から土曜ゴールデンタイム(21:30-)に移動した(ただし、が延長した場合はその分放送時間が遅延する)。 また、2007年10月ではさらに金曜20:54-へと繰り上げられている。 近畿地区ではサンテレビとKBS京都の2局で放送されたが、前述の20周年特番はフジテレビ系列全国ネットとして、での放映となった。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - ファミリー劇場 水曜 25:08 - 25:38枠 前番組 番組名 次番組.

次の

ありがとう!志村けんさん。『ドリフ大爆笑』『志村けんのバカ殿様』ほか名作コントをCSファミリー劇場で、5月2日(土)約8時間にわたって一挙放送!|株式会社ファミリー劇場のプレスリリース

志村けんのだいじょうぶだぁ 2020 出演者

ドリフ大爆笑、だいじょうぶだぁ、バカ殿様までお茶の間に笑いを届けた名作をゲストとともに振り返る。 番組内容 緊急生放送! たくさんの笑いをありがとう! 志村けんさんのドリフターズからバカ殿様、だいじょうぶだぁまで永久不滅の名作コントを一挙放送! 変なおじさん、ひとみ婆さん、いいよなおじさんなど数々の名物キャラも登場! 志村さんとゆかりのあるゲストとともに振り返ります。 志村けんさん追悼特別番組 出演者 司会 三宅正治 フジテレビアナウンサー 西山喜久恵 フジテレビアナウンサー ゲスト 加藤茶 仲本工事 高木ブー 研ナオコ いしのようこ 志村けんさん追悼特別番組 動画ストーリー性 正直見たくない番組でした。 というのも追悼というのは人が亡くなるから行うものであり、この前までお元気だった志村けんさんが新型コロナウイルスの犠牲になってしまい、早くも追悼番組が放送されるという現実をまだ受け入れることが出来ないのです。 今日は毎回放送を楽しみにしている某番組を見る予定でしたが、あまりにも笑える気分じゃなくて見るのをやめてしまったくらい志村けんさんロスです。 この番組ではドリフの大爆笑、だいじょうぶだぁ、バカ殿様などの名場面を紹介するそうです。 なんだか見たら泣いてしまいそうです。 出来れば志村さんの若いころ、昔の映像なども流してくれたら嬉しいですね。 昔は今じゃ考えられないようなエッチなコントとかもやっていて、いまだと絶対セクハラで問題になりますがそういうのも面白かったです。 何より志村けんさんの人柄が良いから許されていたのでしょうね。 私は志村けんさんがいなくなってしまったけど、変なおじさんとかバカ殿様は生きているんじゃないかなと思っています。 たくさん笑わせてくださりありがとうございました。 あなたが早くこの世を去ってしまったことに私のみんなも悲しんでいます。 天国では大好きなお酒もたくさん飲んでほしいです。 志村けんさん追悼特別番組 動画 楽しみな点 私たち家族も三世代みんなでショックを受けています。 私がお笑い芸人をはじめて認識したのが志村けんさんだったと思います。 小さい頃は芸人さんというのをよく知らなくて、テレビに出ていない時もこういうキャラをしてるのかなと思っていたくらいです。 何度彼に笑わせてもらったかわからないです。 変なおじさんは毎回どういう現れ方をするのかドキドキしていました。 志村けんさんのキャラはどれも他の人には出来ない、けんさんにしか出来ないと思います。 だからもう新しいネタを見られなくなってしまったことが悲しいのです。 新型コロナウイルスが憎いです。 さっきニュースでお兄さんが涙でインタビューに答えていました。 最期の瞬間に会うことも出来ず恐ろしい感染病です。 特に好きなのはひとみばあさんなのですが、いいよなおじさんも出るようで嬉しいです。 ついまねしたくなるキャラが多いですよね。 最初はバッシングを受けたりして大変だったと思いますが、見事日本のトップコメディアンになりました。 「だいじょうぶだぁ」と言って戻って来てくれることを信じていました。 志村けんさんありがとうございました。 小さい頃からずっと志村けんさんに笑いをもらっていたのでとっても観たいです。 ドリフのコントは幼い私でも理解できるような面白いもので加トちゃんけんちゃんご機嫌テレビはより志村けんさんの面白さが際立っていて毎週楽しみにしていました。 私は中でもひとみばあさんがとっても好きで笑いが止まらなくて涙が出てきました。 そして先日旅行先で本当にひとみばあさんのような仲居さんがいて、旦那とひとみばあさんにそっくりだねと話していてまた笑い志村けんさんに笑わせてもらいました。 私の人生で一番笑わせてくれたお笑い芸人さんは志村けんさんです。 本当に志村けんさんは偉大でステキな人なので残念でなりません。 志村けんさんが残してくれたお笑いをこの追悼番組で振り返りたいです。 そしてもう一度笑いが止まらないほど笑いたいです。 きっとゲストの方からも素敵なエピソードが聞けると思うので一緒に思い出にふけりたいと思います。 また今回はドリフターズのメンバーがいらっしゃるようなので志村けんさんに対するメンバーの思いも興味があります。 志村けんさんの死がコロナウイルスの恐さを国民により知らしめる事ができたと個人的に思うので、この死を無駄にしないためにもより多くの人に見て欲しいです。 志村けんさん追悼特別番組 動画 視聴者感想 最近はコントを見る機会が減っていましたが、昔の楽しい記憶には確かに残っています。 この番組では、いろいろな名作コントを集めてくれるようなので、久々に懐かしいものが見られるかもしれません。 笑顔の志村さんを記憶に焼き付けておくためにも、この番組を思い切り楽しみたいと思います。 特に注目しているのは、バカ殿様です。 子供の頃は、バカ殿様の番組があると、毎回ワクワクしながら見ていました。 個人的には、志村さんといえばバカ殿様といっても過言ではないほど、強烈に残っているコントです。 あれほど楽しくお笑い番組を見ていたのは、志村さんの魅力に心をつかまれていたからだと思っています。 大人になった今は、そのとき見たコントの細かい部分までは思い出せなくなっていましたが、今回の番組で記憶がよみがえりそうです。 志村さんの芸をもう一度じっくり味わい、そのすごさを確認したいと思います。 今日スーパーから帰宅して、ネットニュースで知りました。 思わず涙が出ました。 私が物心ついた頃から8時だよ全員集合!が楽しみで仕方なかったの思い出します。 今世間を苦しませているコロナで亡くなるとは。 絶句です。 今は志村動物園が大好きで、志村けんさんの人柄の良さが伝わってきます。 全然関係ないですが、三代目のライブ中止になった事よりも悲しみました。 このように悲しんでる方が沢山いらっしゃる、中国やアメリカでも取り上げられるぐらい日本のコメディアンとして誇られていたんだなぁ。 と染み染み思いました。 この番組は他のドリフのメンバーと縁のある方々がゲストとして出られるので志村けんさんも喜んでる事でしょう。 生涯独身でしたね。 でも、お酒もたばこも周りから止められてても止めず、好きな事をしてきて最後は苦しかったのが悲しいでしょうけど、あ、でも、映画の主演もあったのを辞退されたんですよね。 心残りはあるのか。 でも、私が志村けんさんなら本望です。 まだ信じられない気持ちがありますが、70年という若さでもありますが世の中の人たちに影響を与えた人には間違いはないですね。 コロナの怖さを見にしみて伝わりました。 ご冥福をお祈りします。 まとめ 自分が小さな頃から当たり前のようにテレビから笑いを届けてくれた志村けんさん。 この追悼番組で観られる映像の数々できっと自分自身の人生とか、思い出とか、そういった色んな事がよみがえると思います。 でもきっとよみがえる思い出の私は志村さんの番組を観ながら笑ってる私なんだと思います。 学校で志村さん役といしのようこさん役とわかれて、コントの再現をやってみたり、うんじゃらげの歌を歌いながら踊ってみたりもしました。 けんちゃんらーめんはずっと新発売のままなんだなと思ってたら、新発売までが商品名だと知ったのは大人になってからでした。 もう、追悼特別番組を観る前から、次から次へと思い出がよみがえってきます。 そして、ふふっと笑えてしまうのです。 私が子どもの頃に観ていたバカ殿、女性の裸とか出ていたけど、このご時世のバカ殿は少しだけマイルドになってお色気シーンは少なくなってましたね。 自分が子どもの時は喜んで観てたのに、いざ自分が母親になると、子どもに見せたくないなぁと思ったものです。 だけど、お色気はマイルドになっていても、相変わらずそこには昔とちっとも変わらない笑いを届けてくれるバカ殿さまがいました。 子どもも大笑いして見ていました。 私の親世代から今日のこの日まで、絶えず笑いを届けてくれていた志村けんさんの、これまでの軌跡が観られるこの特別追悼番組を泣かずに、笑顔で、大爆笑で私は娘と観たいと思うのです。

次の