日本橋 宿。 中山道一人歩き 1日目− 日本橋、板橋宿、蕨宿、浦和宿

銀座・日本橋・東京駅周辺のホテル・旅館

日本橋 宿

旅行日 : 2016年12月05日 仕事も一段落し、比較的自由な時間が増えたが、冬の日が短い間は、遠くて交通の不便な旧中山道を歩く気はしない。 季節が良くなったら、再び中山道を歩くこととし、それまでの間に日光街道を歩こうと思いついた。 北風を正面から受けて歩くことになるが、とにかく出掛けようと、日本橋から出発である。 日 付 区 間 宿間距離 実距離 万歩計 ルート 2016年12月05日 日本橋から千住宿 11. 5Km 16,342歩 日本橋からの累計 (累計日数 : 1日目) 8. 7Km 11. 5Km 16,342歩 宿間距離 : 各区間のコース計画時、ルートラボを利用して計測した距離。 (宿間距離の数値クリックで、ルートラボの計画ルートを表示) 実距離 : 寄り道などを含め、GPSログを基に基に実際に歩いたコース距離。 再び日本橋から出発 【 お馴染みの日本橋 】 中山道に続き、日本橋から2度目の街道旅への出発である。 昔から仕事やプライベートで良く来るので、特に感慨もない。 【 吉田松陰 処刑の地へ 】 江戸幕府最大であった、伝馬町の牢屋敷跡へ寄り道する。 明治8年まであったそうで、十思公園内には「吉田松陰終焉乃地碑」がある。 浅草橋へ 【 横山繊維問屋街 】 江戸城の浅草橋門から筋違橋門の間にあった柳原土手は、古着屋や古道具屋が軒を並べていたそうだ。 それが問屋街の元となったのだろうか? 浅草橋の下を流れる神田川に並ぶ屋形船。 それにしても凄い色をしている。 情緒ある風景とは余り言えないようだ・・・ 神田川は江戸城の外堀の一角をなしてた。 ここには浅草橋門(浅草見附)があり、その石碑が立っている。 賑やかな浅草の観音様 横山町の衣料品問屋街から、浅草橋の人形問屋街を抜け、子供の頃から「浅草の観音様」と呼んでいた「浅草寺」へ向かう。 「浅草寺縁起」によると、隅田川で漁をしていた兄弟が、漁網から観音様を見つけ、土地の長がこれを供養して、自宅を寺にしたことが起源だそうだ。 【 駒形どぜう 】 約200年の伝統を誇る「どぜう料理」の老舗。 生きたドジョウを酒に入れ、蓋をして熱する。 フランス語で「フラムドール」(金の炎)と呼ぶオブジェだそうだ。 【 浅草雷門 正式名称は「風雷神門」 】 浅草の顔「雷門」。 向かって右に風神、左に雷神が睨みをきかせている。 焼失から1世紀を経た1960年に、松下幸之助の寄進で再建したそうだ。 仲見世はすでに正月の雰囲気である。 雷門前から浅草寺境内まで、とにかく外人観光客が多く、賑やかであった。 二天門を出て街道に戻る。 この門には増長天と持国天が祀られている。 【 花川戸公園の姥ヶ池跡に残る「一つ家伝説」 】 二天門から街道に戻る途中の花川戸公園に、「姥ヶ池之旧跡」があった。 説明版によると、「一つ家伝説」と呼ばれる、ちょっと怖い話があるようだ。 【 姥ヶ池跡の「一つ家伝説」 】 姥ヶ池は、昔、隅田川に通じていた大池で、明治二十四年に埋め立てられた。 昔、浅芽ヶ原の一軒家に、娘が連れ込んだ旅人の頭を、石枕で叩き殺す老婆がいた。 ある夜、娘が旅人の身代りになって、天井から吊るした大石の下敷きになって死んでしまう。 それを悲しんで悪行を悔やんだ老婆は、池に身を投げて果てたので、里人はこれを姥ヶ池と呼んだ。 (東京都教育委員会説明より抜粋) 【 待乳山聖天(まつちやましょうでん) 】 良縁を成就させ、夫婦仲良く末永く和合でいられますようにとの願いを込め、二又大根がシンボルとなっている。 境内には、江戸時代の築地塀が45. 5mほど残っている。 初めての山谷ドヤ街 浅草から先へ進むと、左右に「日本堤」とか「清川」という地名がでてくる。 いわゆる「山谷のドヤ街」である。 「山谷のドヤ街」という名は、昔から良く聞いていたが、今まで一度も訪れたことはなかった。 私はすでに年金暮らし。 少ない年金のため、下流老人へとに押し流され、将来お世話になることも考えられる。 その時に備え、下調べを兼ねて、ちょっと寄り道していくことにした。 【 山谷堀公園 】 隅田川から当時の吉原遊郭あたりまで堀は続いていた。 船での吉原通いが、最も贅沢で粋な吉原の遊び方とされていたそうだ。 【 山谷銀行の貸金庫か? 】 月極と言えば駐車場だが、ここではコインロッカーが月極で借りられる。 路上生活者が、荷物 全財産 を預ける、まさに山谷銀行の貸金庫! 【 簡易宿泊所が並ぶ 】 路地に入ると、簡易宿泊所と呼ばれる宿が数多く並んでいる。 思っていたより綺麗だったが、今も昼間からオッチャン達がたむろっていた。 最近はドヤ街に住んでいた日雇い労働者の高齢化が進み、また海外からの旅行客をターゲットに、ドヤ街から旅人への街へと変わってきているそうだ。 ドヤ街の面影が無くなる前に、更に深くまで足を踏み入れ、良く見てみたいと思う。 近いうちに吉原とセットで、「ディープな東京 街歩き」を楽しんでみよう。 首切り地蔵と延命寺 小塚原刑場跡 南千住の大きな陸橋で常磐線を越えると、江戸の三大刑場の一つであった「小塚原刑場跡」である。 「首切り地蔵」という恐ろしげな名を持つ地蔵や、歴史的有名人が眠る千住回向院がある。 Wikipediaによると、明治初期に廃止されるまで、何と20万人以上の刑が執行されたという、とんでもない場所である。 私は鈍感だが、霊感の強い人は何か感じるのだろうか? 恐ろしや・・・ 合掌! 【 最後の斬首刑 「高橋お伝」 】 千住回向院にある、「高橋お伝」の墓(花が供えられている墓)。 明治12年1月に斬首刑となり、その後斬首刑が廃止された為、お伝は最後の斬首刑囚となった。 「お伝の墓参りをすると三味線が上達する」とのことで、現在も多くの女性が訪れるそうだ。 【 「桜田門外の変」襲撃者達の墓 】 万延元年(1860年)3月3日、雪の降る江戸城桜田門外で、井伊直弼を襲撃した関 鐡之介以下18名の墓が、同じ千住回向院にある。 テレビや小説で見る歴史的事件が、現実味を帯びて生々しく迫ってくる。 「桜田門外の変」は、襲撃時の様子などを含め,下記の記事にまとめてある。 足立やっちゃ場跡へ 隅田川に架かる千住大橋を渡ると、足立市場である。 ここからは「やっちゃ場通り」を進む。 【 千住大橋 】 徳川家康により、隅田川に最初に架けられた橋である。 東北への唯一の橋だったので、この先の千住宿は大いに賑わった。 【 松尾芭蕉の像とやっちゃ場 】 足立市場前の「奥の細道プチテラス」に、松尾芭蕉の像が立つ。 【 やっちゃ場通り 】 昔は30軒近くの問屋があったそうで、通り沿いの家々には、 昔の屋号や由来を記した札が掲げられている。 千住宿 千住大橋を渡った所から千住宿だったようで、本陣1軒・脇本陣1軒・旅籠55軒であった。 現在も延々と賑やかな商店街が続いている。 【 宿場町通り 】 「宿場町通り」商店街が宿場の中心だったのか、 古くて趣のある建物が何軒か残っている。 【 可哀そうな本陣跡 】 宿場町通り商店街の入口に、「本陣跡碑」があった。 百円ショップの前で、自転車などに囲まれて見落としそうである。 【 歩道のタイル 】 歩道上には、宿場をイメージした様々な柄のタイルが埋め込まれている。 【 宿場の雰囲気を残す建物 】 都心から電車で30分もかからない街に、 宿場の雰囲気というより、古い歴史を感じさせてくれる建物が残る。 【 絵馬屋 】 江戸中期から代々続くそうだ。 絵馬堂などに奉納される、本格的な絵馬を描くのだろう。 【 横山家 】 江戸時代後期に建てられた「横山家」 お客様をお迎えする心がけから、戸口を道路より一段下げて造られている。 【 槍かけ団子の「かどや」 】 参勤交代の武士達が、近くの寺の松に槍を立てかけていた。 そこで「槍かけ団子」と名付けられたようだ。 【 江戸時代からの骨接ぎ名医「名倉醫院」 】 江戸時代から「骨つぎと云えば名倉、名倉といえば骨つぎ」と云われるほど、良く知られたらしい。 江戸末期の長屋門が残る。 日本橋から千住宿の間で、一番の見どころは「山谷のドヤ街」であった。 多くの簡易宿泊所と、昼間からオッチャン達がウロウロしたり、道端で話し込んでいる。 何となく日常と異なる雰囲気を感じる。 「このままドヤ街の世話にならずに済むよう、これからも頑張ろう・・・」と考えながら、ちょっと早いが北千住の駅から帰途につく。

次の

日光街道(日本橋→千住宿): 坂道散歩

日本橋 宿

06 ・ 浦和から桶川まで 2014. 27 ・ 桶川から熊谷まで 2014. 25 ・ 熊谷から神保原まで 2014. 15 ・ 神保原から安中まで 2014. 13 ・ 安中から横川まで 2015. 17 ・ 横川から軽井沢まで 2015. 18 ・ 軽井沢から岩村田まで 2015. 23 ・ 岩村田から笠取峠まで 2015. 13 ・ 笠取峠から和田峠まで 2015. 04 ・ 和田峠から下諏訪まで 2015. 22 ・ 下諏訪から洗馬まで 2015. 12 ・ 洗馬から奈良井まで 2015. 12 ・ 奈良井から福嶋まで 2015. 13 ・ 福嶋から倉本まで 2015. 29 ・ 倉本から三留野まで 2015. 30 ・ 三留野から中津川まで 2016. 10 ・ 中津川から槙ヶ根まで 2016. 11 ・ 槙ヶ根から細久手まで 2016. 19 ・ 細久手から御嶽まで 2016. 20 ・ 御嶽から鵜沼まで 2016. 02 ・ 鵜沼から加納まで 2016. 03 ・ 加納から垂井まで 2016. 06 ・ 垂井から醒井まで 2016. 07 ・ 醒井から高宮まで 2017. 26 ・ 高宮から鏡宿まで 2017. 27 ・ 鏡宿から大津まで 2017. 14 ・ 大津から京都まで 2017.

次の

銀座・日本橋・東京駅周辺のホテル・旅館

日本橋 宿

文字や画像が小さくて見難いときは、メニューバー「表示」をクリックし、 「拡大: 125 %」「文字のサイズ:中」に設定されることをお勧めします。 千住宿 から草加宿へ (宿間距離 9. 2km) 2003. 5.5日本橋を出発して、15時10分に千住大橋を渡った。 この区間の旧日光街道は、千住大橋から足立区千住を経て埼玉県草加市境界までで、千住宿を通る。 千住大橋から始まり荒川方水路にかかる千住新橋付近までが、千住宿であった。 千住が宿場として栄えたのは、慶長2年(1597)人馬引継ぎ駅として以来のことで、 寛永2年(1625)東照宮建立によって日光道中初宿として繁栄した。 5街道の江戸からの出口には、 千住宿(日光・奥州街道)、内藤新宿(甲州街道)、品川宿(東海道)、板橋宿(中山道) の4つの宿場が設けられていた。 旅籠が一番多く、賑わったのが品川宿であったが、 千住宿は「やっちゃ場」(野菜市場)があり、人口 約1万人)と家数(約2400軒)が一番多かった。 また日光、奥州街道以外にも水戸佐倉道、下妻道、大師道ともつながる交通の重要拠点でもあった。 現在の 千住大橋 は昭和2年 (1927) に鉄骨で架け替えられたもので、最初の橋は文禄3年 (1594) に隅田川最初の橋として架けられた。 当初は大橋と言えばこの千住の大橋をさしていたが、下流に大橋「両国橋」や新大橋がつくられたため「千住」をつけて呼ばなければならなくなった。 隅田川と橋:江戸幕府は軍事防衛上千住大橋、六郷橋以外には極力橋を架けさせなった。 しかし明暦の大火 (1657) で多数の犠牲者がでたことから両国橋が架けられ、以降大川橋 (吾妻橋) 、新大橋、永代橋と次々と架けらることとなった。 千住大橋を15時15分に出発して、100m行くと道は足立市場入口信号で分岐し、旧日光街道は国道4号線と別れ右手の直進する狭い道となる。 その分岐点の右側には 都中央卸売市場足立市場 の入口が見える。 分岐点から見た旧日光街道は、偶然であろうか全く人の影も車もみあたらない真っ直ぐな道であった。 遠くに京成本線のガードが見える。 この通りは、元 やっちゃ場 といい、多数の青果問屋が道の両側に軒を並べていた。 古く戦国時代の青空市場から始まり、江戸、明治と続き大正、昭和が最も盛んで昭和16年末太平洋戦争で閉鎖されるまで、江戸、東京への青果物を供給する一大供給市場であった。 やっちゃ場の名の由来は、青物市の毎朝威勢のよい「やっちゃやっちゃ」のかけ声のひびきから来ているといわれている。 100m行くと左の家の壁に、「 此処は 元やっちゃ場 南詰 」 札 が掲げられていて、問屋等屋号配置図で道の両側に39軒の屋号が図示されている。 やっちゃ場通りの店々には、当時の 屋号を書いた表札 が掲げてある。 京成本線のガード下をくぐるとすぐ左に、 千住歴史プチテラス がある。 プチテラスは平成5年に地元の千住4丁目の紙問屋の横山家の蔵を解体移築したのもで、街道や宿場に関する資料が展示されている。 なお門の右側には建物の構造を記した図が掲示されている。 そこから約10m先の十字路の左に「 旧日光道中 」 道標 が立っていて、側面に「 是より西へ大師道 」と刻まれている。 当地点は佐野大師、川崎大師と並ぶ日本3大師の一つである西新井大師への道の起点となっている。 やっちゃ場を通りを150mほど行くと、千住仲町信号のある墨堤通りの交差点に出る。 この左角の店の外壁に「 此処は 元やっちゃ場 北詰 」 札 が掲示されていて、ここまでがやっちゃ場であったことを示している。 前方を見ると、隅堤通り向うに旧日光街道の入口の 千住仲町商店街 が見える。 商店街を350mほど歩くと、また大きな道路に出る。 その左側の歩道に 千住高札場跡石碑 が立っている。 高札は幕府や藩などが出す法令、規則などを周知させるための掲示板のようなもので、宿の出入口に設置したもの。 千住高札場は5街道初の高札場で、材料は尾州檜で、高さ2間、幅3間、奥行1間半もあったという。 地図を見るとこの左側に 一里塚跡石碑 があるはずであるが、いくら探しても見つからずあきらめかけたとき、偶然にもマンション入口なバイクの陰に立っているのを発見した。 それも何かにぶつけられたのであろうか、傾いている惨めな姿であった。 周囲の状況から言っても、ここに設置しなければならない必然性はないと思う。 もっと適切な位置に移設した方がよい。 一里塚:江戸日本橋を起点にして、1里 (約4km) ごとに街道の両側に設けられた里程を示す土盛。 道路を横断して、約400mの千住仲町商店街を通り抜けると、千住二信号のある北千住駅前通りの交差点に出る。 右手に東武伊勢崎線北千住駅を見ながら道路を横断して、 宿場町通りサンロード商店街 に入る。 旧日光街道は左手に国道4号線、右手に東武伊勢崎線に挟まれた形で北へ向かう。 商店街に入ると一つ目の十字路の左側に100円ショップ「 シルク 」店があるが、ここが 千住宿本陣跡 (写真右) である。 千住宿本陣跡の案内板 (写真左) は、小路の対面のインテリアハウス「ヤマザキ」の外壁に掲示されているので分りにくく、私などは見過ごしてしまった。 案内板によると、千住宿の本陣 (大名等専用の宿屋) はこの1ヵ所だけで、敷地は361坪、建坪は120坪で間口9間半、奥行38間あったという。 商店街を進んで行くと右側に、 千住ほんちょう公園 があり「千住宿・高札場由来」説明板が立っている。 宿場町通りに入り400mも歩くと商店もまばらになるが、左側に吉田家の 絵馬屋 (写真左) が見えてくる。 吉田家は、江戸中期より代々絵馬を描いてきた問屋で、当代は8代目にあたる。 先代からの独特の絵柄とその手法を踏襲し江戸時代からの伝統を守り続けていて、手書きで描く絵馬屋は殆ど見かけない希少的な存在となっているという。 縁取りした経木に、胡粉と美しい色どりの泥絵具で描く小絵馬が千住絵馬である。 道の反対側には、江戸時代から続く紙問屋 松屋 (写真右) の横山家がある。 玄関の柱に残っている刀の傷跡は官軍と戦った彰義隊が刀で斬りつけたものであるという。 なお横山家にあった蔵が、先ほど見た千住歴史プチテラスとなっている。 そこから200mも行くと道は荒川の土手に突き当たる。 その手前右側に古風な長屋門のある 名倉医院 がある。 明和年間 (1764〜) 開業した歴史ある接骨医院で、戦前は1日の患者数は300〜600人もあったという。 道は土手沿いに左折していて、土手にあがると 荒川 と 千住新橋 の広い景色が目の前に展開する。 この川は、昭和5年 (1930) に荒川放水路として人工的に造られたもので、江戸時代には存在しなかったものである。 なお旧日光街道は、千住新橋のたもとから対岸まで西へ斜めに走っていた。 千住新橋の上から 荒川下流 を見る。 遠くに見えるのはJR常磐線の鉄橋。 荒川の改修:古来から荒川はたびたび氾濫を起こし、荒ぶる川であった。 明治43年 (1910) の大洪水を機に、翌年から約20年の歳月をかけて全長20kmにおよぶ大規模な放水路が開削され、昭和5年 (1930) 荒川放水路が完成した。 昭和51年に荒川放水路を荒川と名称変更した。 千住新橋を渡り荒川の土手沿いに西へ約450m歩いて、旧日光街道に戻る。 土手をおりて約300mほど行くと、左側のセブンイレブンの前に 石不動お堂 があり、子育て八彦尊のお地蔵さんが祀られている。 このお地蔵さんは以前荒川の土手下にあったといい、そのためお地蔵さんは荒川の方を向いている。 さらに約550m進んだ広い道との合流点に、「 右日光道中 」「 左東武鉄道旧線路跡 」 と刻まれた道標 がたっている。 これからするとこの広い通りは線路跡ということになる。 広い通りを斜めに横断し、東武伊勢崎線梅島駅でガード下をくぐり、さらに島根信号交差点で環七通りを横断して北へ淡々と歩く。 旧日光街道標識から約1. 3km地点の左折する道のコーナーに、将軍が安穏寺に立ち寄るために渡った「 将軍家 御成橋松並木跡 」 碑 が立っている。 すぐその先で道路を横断し直進するが、腕時計を見ると17時10分。 空も夕暮れが近くなった色彩を感じさせるようになった。 さて今夜泊まれるホテルがあるとこまで急がなくてはと、気持ち足を速めることにした。 300mほど歩くと、左側に「島根鷲神社」の案内標識が立っているので、そこから左折して小路を入って行くと 鷲神社 がある。 文保2年 (1318) に創建された島根村の鎮守で、11月の酉の市は台東区千束の鷲神社ほど有名ではないがにぎやかである。 祭礼時奉納される島根ばやし、島根神代神楽は足立区の無形民俗文化財となっている。 社殿は昭和31年に再建されたもの。 旧日光街道に戻り、市街地の平坦な道を3kmほど歩き西保木間になると、高い煙突が見え始める。 そして西保木間小学校を過ぎると左側に 足立清掃工場 があり、煙突はこの清掃工場のものであった。 夕陽での逆光撮影で、もう日が落ちたような写真であるが、肉眼的にはまだ充分明るい場面であった。 さらに歩いて草加バイパスの下をくぐって、国道49号線に出て埼玉県との堺の毛長川にかかる 水神橋 を渡ると、 埼玉県草加市の看板 が見える。 ここは江戸日本橋から15. 6km の地点。 腕時計は17時58分を示していた。 ホームページ 日光街道.

次の