ルカリオ 育成論。 『ルカリオの育成論』ダブルバトル界の貴公子は強かった!!【育成論】

【サンムーン育成論】スカーフルカリオ【単体考察】

ルカリオ 育成論

物理技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 主力技。 デメリットは痛いが、威力・命中ともに申し分ない。 インファイトと比べて威力は高いが安定しない。 単タイプだけで考えると、格闘技が半減以下の相手は鋼が等倍以上になる。 アイアンヘッドは覚えない。 先制技。 フェアリーに強い。 バレットパンチと比べて、ファイアローやボルトロスに強いがゲンガーに弱い。 つるぎのまいと組み合わせることで、H252振りギルガルドを確定1発。 ドラゴン対策。 飛行タイプ対策にも。 ゴースト対策。 ギルガルドは無理。 飛行、虫対策 同上。 命中安定。 ギャラドス。 特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 格闘主力技。 小さくなるラッキーに強い。 特殊の先制技。 主力技のはどうだんとタイプが被る。 威力は高いが命中不安定。 鋼のメインウェポン。 アイアンヘッドがないため物理型でも採用を検討できる。 ゴースト対策。 格闘タイプなので、ノーマルは繰り出されにくい。 追加効果の違いでどちらを採用するか決めよう。 変化技 タイプ 命中 備考 先制技も持つため、積んだけど何もできなかったというケースが少なく、優秀。 特殊の積み技。 つるぎのまいと同じく積むタイミングが肝心。 メガシンカ前の素早さを補う。 「とびひざげり」や「ストーンエッジ」と相性が良い。 交代読みや、おにび回避のために。 しかしインファイトを普通に使うと耐久が下がってしまい、相手を倒しきれなければ返しの攻撃1発でやられてしまう確率が高い。 そのまま殴るか、積んでから殴るかの判断が求められる。 「しんそく」と「バレットパンチ」は他の技やパーティと相談して、どちらを採用するか決めるとよい。 有利な相手の違いは以下の通り。 しんそくが有利…ファイアロー、、• バレットパンチが有利…、ニンフィア、 「じしん」はかくらいしか有効な相手がいないが、ギルガルドの使用率が非常に高いので、採用価値はある。 ただし、インファイトのように命中安定の高火力な技がない。 特殊先制技の「しんくうは」を採用すると、「はどうだん」とタイプが被る。 かといって「しんそく」を採用すると、物理技のため火力が出にくい。 ACタスキ型 特性:せいぎのこころorせいしんりょく 性格:やんちゃ 努力値:S4・A252・C252 持ち物:きあいのタスキ 技 技1:インファイト 技2:しんそく 技3:シャドーボール 技4:選択 選択技:ストーンエッジ、めざめるパワー氷、ラスターカノン AとCに振ることにより、相手が物理受けだろうが特殊受けだろうが突破できる。 素早さにも耐久にも振っていないため貧弱に見えるが、耐久の低さを「きあいのタスキ」で、素早さを「しんそく」でそれぞれ補っている。 メガシンカをすれば攻撃、特殊ともに上がるが、こちらはタスキを持つことで、ファイアローやガブリアスなどに1発で倒されずに反撃できる。

次の

ルカリオ育成論 : 【終盤掃除屋】剣舞しんそくルカリオ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ルカリオ 育成論

はじめに 万人に読みやすいよう、なるべく非公式用語は避けていますが、逆にユーザー内で一般化している用語は使用しないと読みづらいと思うのである程度はご容赦ください。 第8世代環境も安定してきて、受けにくい攻撃性能が評価される。 私個人として、好きなポケモンランキング上位に入る格好良さが魅力です! 映画もちょうど世代で、今ガチ対戦している方で同世代の方も多いのではないでしょうか... 今回は、そんなの剣舞しんそくによる現環境トップクラスの火力を誇る先制技に注目した、エース型とはまた異なった強いを紹介します! これより論文調で 採用理由・差別化 長文になるため、初心者ユーザー、要点だけをお求めの方は、本項の最後に要点のみ記載したため飛ばし読み可。 通常先制技の威力は40、 デメリットのある「であいがしら」「ふいうち」は70〜80程度であるが、しんそくは先制技より早いというメリットを持ちながら威力80である。 上述のポイントにより、 「相手に展開されたエースポケモンの処理」 ダイジェットを積んだなどの素早さを無視して攻撃 「味方のエースポケモンが突破された後の消耗した相手を処理」することに長けている。 剣盾環境でそんな強力技 「しんそく」を覚えられるポケモンは、の4種のみ。 はこの中ではこうげきが1位タイ。 デメリットのない積み技「つるぎのまい」を習得可能。 はがねタイプ複合による耐性と「しんそく」を使いこなすことに適応した性能となっている。 また、しんそくを考慮せずとも、はがね・かくとうのタイプ一致範囲は優秀で、ランクマッチ上位で活躍している中でも、これだけのポケモンの弱点をつくことができる。 高火力先制技、終盤の詰め要員、エースストッパーとしてライバルとなるのはなど。 剣舞かげうち、リベロ一致ふいうちなどは掃除性能が高く、または自身のすばやさが高く、先制技に頼らずとも先手を取れる相手も多い。 そして、ゴーストタイプ・いわタイプなどにはバレットパンチも打てる点である。 剣舞型で、しんそくより技範囲を取った「ダイマックスエース型」 は、自身の攻撃範囲とダイマックスとの相性の良さを活かしてなるべく全抜きを狙う型であるが、本論のは、ダイマックスに頼らず、攻撃範囲を犠牲にし、 高威力の先制技によって試合終盤の消耗した相手パーティにトドメを刺す型である。 上記の性質上、剣舞お得意の「などの耐久ポケモン」を強引に潰しにいく動きは取りずらくなる。 相手のパーティを充分に消耗できず、インファイト一撃圏内に入っていないとボディプレスやねっとうやけど・くろいきりなどの負け筋が残る場合がある。 長々と書いたが、本論のを扱う際に抑えておいていただきたい要点は、 「しんそく使いの中で唯一の剣舞持ちである」 「剣舞しんそくによる高い縛り性能」 「ダイマックスより終盤向け」 「他のエースなどによる相手パーティの消耗が必須」 という点である。 もちもの いのちのたま 展開されたエースを処理できるラインを広げたり、剣舞しんそくによる抜き性能向上にも繋がる。 耐久が低いポケモンであるため常時意識しておきたい。 採用する場合は、HP10n-1調整 珠ダメージ最少 を施し、少しでも生存できるようにすることを推奨。 ノーマルジュエル 一発限りかつしんそく限定にはなるが、反動ダメージなしでいのちのたまと同様の威力1. 3倍になる。 型との相性も良く、強いアイテムではあるが、のスペックと照らし合わせると少し物足りない。 剣舞しんそくの縛り性能は多少落ちるが、つるぎのまいを使う際に安定感が出る。 という認識でOK。 しんそくの火力を重視して「いじっぱり」などにし、すばやさを捨てて耐久調整を施し対面でつるぎのまいという型も度々見かけるが、現環境ではすばやさを活かさないと似た攻撃範囲でよりステータスの高いの劣化になりやすい。 また、 準速 性格補正なし、すばやさ基礎ポイント252 ではなど本来有利であるはずの80族に先制することができない。 最速抜きまですばやさを落としHPに振り分ける。 こうげきが2下がってしまったが、いのちのたまで1. 3倍になるため、許容圏内。 数は多くないがミラーに確実に負けるが、元よりきあいのタスキこだわりスカーフの採用率の高いポケモンなので同速勝負すら避けたい。 特性はせいしんりょく推奨 のいかくを無効できるためである。 1-77. 6-111. 0-84. 4-122. 4-38. 5-92. 2-96. 1-89. 4-62. 3-97. 9-129. ものすごく大雑把に行くと、アタッカーポケモンの不一致抜群は、かえんほうしゃなど威力90くらいまでなら何とか耐える。 等倍一致技は、威力120くらいを超えると倒される場合が多い。 あくまで一つの目安として覚えて置くと良い。 ダメージ感覚が身につくまで怖いという方、初心者の方はきあいのタスキ運用で慣らすと良い。 例: 確定1発110. 5-137. 9-76. しんそくの強さについては、採用理由の項でも述べたのでここでは深掘りはしないが、やはり、何と言っても威力80の先制技は破格。 当然と言っては当然だが、ゴーストに効かないために注意。 また、ダイマックス権が残っている場合は、ダイアタックになるため、先制技ではなくなるものの、 対面のすばやさ操作をしつつ攻撃できる。 頭の片隅に入れて運用すると、立ち回りの中で生きる場合があるかもしれない。 PP5なのでポイントアップを忘れずに。 5-50. 8-49. 4-43. ダイマックス時、ダイウォールとしても結構使う。 バレットパンチorコメットパンチ しんそくは、いわ・ゴースト・はがねに通らないため、ケアできるはがね技は必ず採用したい。 先制技のバレットパンチか高威力のコメットパンチで選択。 バレットパンチのメリットは、などに先制技として有効であること。 エースストッパーとしての活躍も期待しているのであれば、是非採用したい。 デメリットは、やはり威力不足。 剣舞を積むかダイスチルにしないとまともなはがね技がない状態になってしまうため、などとの対面では余計に1発くらうこととなってしまう。 エース型と異なり確実につるぎのまいを使えるフィールドが整っている訳でもなく、ダイマックス権がない場合も多いため、考えなしに採用すると痛い目にあう。 一方コメットパンチは、フェアリー対策技としての側面は解決されるものの、今度は先制技がなくて困る場面も多くなる。 特に、は殆どの構築に採用されるポケモンであり、対面する機会も多いため、バレットパンチがないが故に竜舞が止まらなかった... という事態も少なくない。 構築でにダイマックス権が残るか否か、また自身のプレイスタイルと相談し検討したい。 1-83. 2-36. 2-89. 4-62. 3-185. 0-81. 8-138. とびひざげりならを乱数1発37. 命中不安もあるためインファイト推奨。 剣舞時は、物理受けなどによる受けを成立させず、試合終盤の消耗している状況での突破力はかなり高い。 ダイマックスすると威力が下がるが、こうげきを上げる追加効果が付与される。 カウンターは、エースストッパー重視のきあいのタスキならば有力候補。 ダイマックスすれば威力75だがかくとう技として機能する。 のタスキカウンターは有名で読まれやすいのが難点。 0-95. 4-48. 7-24. 4-47. 7-84. 7-99. 2-111. 4-66. 1-79. 5-68. 3-40. 4-47. 運用 起点作成役・エース・とし、試合の最終盤で出して行く動きが強い。 エースポケモンが止められた後、落としきれなかったポケモンを余裕がある対面ならつるぎのまい、一発耐えられないのであればしんそくなどで突破。 或いは、相手に先に展開されたエースを先制技で沈めることがこのの仕事。 実際に運用して行く上で意識すべき点は、 「を選出していることをギリギリまでなるべく相手に隠す」「ダイマックスをに残すか」という2点。 ダイマックスは、との相性も良好で、しんそくが使えなくなる・かくとう技の威力が下がるというデメリットもあるものの、不利対面でも一発耐えられる、バレットパンチを威力90のはがね技にできると言ったメリットが強く、試合の中でに残すかエースに使うかプランニングしていきたい。 また、次項の「構築」で詳細するが、ステルスロックとの相性が非常に良い。 一匹目のエースを活かすためにも積極的に蒔いていきたい。 技範囲を犠牲にしたとはいえ、最低限かくとう技はがね技の攻撃範囲は確保できているため、が刺さるパーティには、起点作成要員の後にを展開しエース運用も当然できる。 終盤の詰め要員ということだけに固執しすぎないように。 ココで挙げたポケモンは一例 相性の良い味方 は、第四世代より「カバルカ」と親しまれてきた相棒である。 ステルスロックの削りにより、しんそくの縛り性能を大きく向上させ、直接的な起点作成は無くともで詰める動きをかなり主導的に行えるようになる。 あくび・ふきとばし・がんせきふうじなどによる起点作成も優秀で、パーティのエースに繋ぐ役割としてもトップクラスの性能。 は、弱点であるをで倒せる上、キョダイゴクエンによる削りでしんそくの圏内に相手を削ることができる。 ダイマックスしないとそこまで強くないので、にダイマックス権を残しにくいのが難点か。 は、積み技に頼らずともダイマックスで相手にダイマックスを強引に切らせることができ、しんそくをダイマックスで耐えたられる展開を阻止できる上に、ゴリ押しの火力が高くの活躍しやすい場を整えられる。 また、フェアリー弱点をで補完できる点も良好。 は、積みエースとしてダイマックスを 使っても使わなくても強いため、にダイマックスを残す選択を取りやすく、結果的に立ち回り全体の選択肢が増えるため相性が良い。 かくとう弱点が一貫するため要注意。 は、かげうちによる馬鹿にならない削り、ダイマックスを使わなくても強いという点で相性が良く、が刺さる相手には剣舞を起点作成から降臨させ、残りをで狩るという展開も可能。 おわりに 以上、剣舞しんそく型の論でした! 今まで第8世代ではしんそくより技範囲広めのバレットパンチエース派だったんですが、のリベロが解禁されてから殆どのパーティのエースとして君臨しているため、バレットパンチでは止まらないケースも多くしんそく型を採用することが多くなりました。。。 ご質問の件ですが、かみなりパンチなどを採用し、剣舞ダイサンダーなどでなどをワンパンして行くエース型 と比較して、耐久ポケモンをゴリ押ししにくい、というニュアンスをお伝えしたかった文章なのですが上手く伝わらなかったみたいですね・・・。 ねっとうやけどボディプレスと、一発耐えられた場合それなりの負け筋が残るため、このような内容で記載いたしました。 さんの仰られる通り、削れていればそれなりにゴリ押しが効く火力はありますので、インファイトダメージ計算欄に耐久ポケモンに対するダメージを記載します。 納得のいく説明です。 ありがとうございました。 コメント付かなすぎて干からびてました。 同族意識でこうげきを158にするとのことですが、確かに削るのは実数値1ですが、特化時の162から4落とすことになり、乱数が大体の場合2ランクぐらい落ちるため1でもこうげきは残した方がいいと思っております。 は、きあいのタスキ、こだわりスカーフが多いポケモンでそもそも同族対決は安定しませんし、先制技での終盤掃除屋を謳っている論なので耐えられたらそのまま負けるのでこうげきの方が大切です。 よって同族を嫌うのであればコチラもタスキ採用でないと、わざわざすばやさ振り切った意味も然程出ません。 とは言うもののもは今季常時TOP30にはいっているような人気ポケモンなので、ミラーに関する記述は後ほど論内に掲載致します。 貴重なご意見ありがとうございました。

次の

【サンムーン】ルカリオのおすすめ育成論と厳選方法!【ポケモンSM】

ルカリオ 育成論

全国 No. 2 m 重さ : 54. せいしんりょく ひるまない。 隠れ特性 夢特性 せいぎのこころ あくタイプのわざを受けると、攻撃のランクが1段階上がる。 ルカリオのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ルカリオの特徴 【良いところ】• 攻撃、特攻がどちらも高めのため型を読まれにくいです。 二刀流や「つるぎのまい」を積む物理型、特殊型があります。 「インファイト」の威力が高いため物理型の方が火力は上ですが、特殊型は「おにび」「いかく」に強いので安定します。 覚える攻撃技の種類が多いです。 物理技では「インファイト」「かみくだく」「ストーンエッジ」、特殊技では「はどうだん」「あくのはどう」「ラスターカノン」「サイコキネシス」などなど。 威力80の先制技である「しんそく」、タイプ一致の先制技である「バレットパンチ」を覚えることができます。 「つるぎのまい」と組み合わせれば相手の全抜きも狙えます。 バトル序盤でやろうとすると失敗するので、相手のポケモンを弱らせてからやりましょう。 鋼タイプなので「どくびし」「どくどく」が無効であり、砂嵐ダメージを受けません。 「いのちのたま」を持たせる場合、できるだけ蓄積ダメージを押さえたいところなので、じわじわ系ダメージが無効なのは助かります。 「おにび」は受けてしまいますが・・・• バンギラス、ドサイドンなど岩ポケモンの「ストーンエッジ」読みで出して行き、格闘技で効果抜群をとることができます。 交代読み「じしん」に気をつけましょう。 カビゴンの「おんがえし」「かみくだく」読みで交代出しし、流すことができます。 ノーマル技に耐性があるとはいえ、ルカリオが耐久に無振りだと「おんがえし」で4割くらい削られるため注意が必要です。 その他、ハピナスなど特殊技で攻めるノーマルタイプの「れいとうビーム」読みで交代出しできます。 相手が逃げるターンに「つるぎのまい」を舞ってもOKです。 【悪いところ】• 耐久は低めです。 鋼タイプのため10個ものタイプに耐性を持ちますが、元の耐久がないので効果いまひとつの技を受けてもダメージを押さえにくいです。 できるだけ先手で攻撃して相手を倒したいところですが、素早さは90と微妙です。 物理型にすると、物理受けグライオンで止まります。 素早さでもグライオンに負けているため、交代読み「れいとうパンチ」を当てるくらいしか対処できません。 攻撃特化ルカリオが「れいとうパンチ」しても、HP振りグライオンを確1にできません。 ルカリオの型 性格 : いじっぱり 努力値: HP252、攻撃252、素早さ6 持ち物: いのちのたま メイン: インファイト、しんそく サブ技: バレットパンチ、かみくだく 補助技: つるぎのまい 「つるぎのまい」を積んでから攻撃するルカリオです。 バトル中盤~終盤で出し、できるだけ多くの相手を倒します。 一度舞ってしまえば、このルカリオを受けられるポケモンはほぼいません。 性格・努力値について。 攻撃特化のいじっぱりとします。 素早さは激戦区ですが、• 先制技である「しんそく」を使っていくこと• 「しんそく」に耐性のある岩・鋼タイプのポケモン 「インファイト」を撃つ相手 は素早さが遅いものが多いこと を考えると素早さに振るメリットは薄いです。 HPに振っておけば、「ストーンエッジ」「おんがえし」など読みで交代出ししやすくなり、相手が逃げるターンに「つるぎのまい」を舞うことができます。 死に出しでルカリオを出すとしても、耐久が上がるため「つるぎのまい」が舞いやすいです。 持ち物について。 突破力をあげ、小回りの効く「いのちのたま」がオススメです。 技について。 「しんそく」「インファイト」「つるぎのまい」「かみくだくorバレットパンチ」という技構成とします。 「しんそく」はこの型の軸となる技です。 「インファイト」は「しんそく」に耐性のある岩・鋼タイプに撃つ技。 「つるぎのまい」は相手の交代読みor死に出しで舞ってください。 残りは「かみくだく」と「バレットパンチ」の選択となります。 「かみくだく」はヨノワールを意識した技です。 ゲンガーにも効果抜群はとれますが、あちらの方が素早さが高いため先制で「きあいだま」を撃たれ、不利です。 また、素早さの高い岩タイプであるプテラにも効果抜群となります。 獲物?• 獲物?•

次の