メルペイ。 【6月版】「メルペイ」のキャンペーン&クーポンまとめ

メルペイのiD払いとは?使えるお店や使い方【2020年2月最新】

メルペイ

キャッシュレス化の波の中で、大人気フリマアプリ「メルカリ」もスマホ決済アプリ「メルペイ」を提供しています。 メルカリでの売上金をそのまま支払いに利用できますので、メルカリユーザーには、使い勝手のよいサービスです。 この記事では、メルペイの特徴・メリットと使い方を紹介します。 利用開始までの設定方法を画像(スクリーンショット)付きで解説しているので、これからメルペイを活用したい方は、ぜひ参考にしてください。 本記事内の各種情報については、メルペイの公式サイトから引用しています。 【引用元】 本記事内のスクリーンショット画像は、メルカリアプリから引用しています。 【引用元】 目次• 1.メルペイとは? (1)特徴 メルペイは、 株式会社メルペイが運営する、メルカリアプリを使った決済サービスです。 2019年2月13日にサービスを開始しました。 決済方法は「iD」を使ったIC決済と、QRコード決済をつかったコード決済の2本立てです。 メルペイの他の決済方法との一番の違いは メルカリで発生した売上金を使って買い物できるという点です。 通常メルカリで売り上げた金額を現金化するために振り込む場合は1万円未満だと手数料がかかるなど少し難がありました。 しかしメルペイなら手数料もかからず、すぐに使えてとても便利なのです。 もちろんメルカリで商品を買うことができるため、• メルペイにお金が貯まる というサイクルでお得に買い物ができそうです。 (2)メリット 通常iDを利用するときも、その他QRコード決済を利用する場合でも基本的にはクレジットカードの登録は必須であることがほとんどです。 しかし、メルペイならメルカリの売上金をそのまま利用する、もしくは銀行振込でチャージするという形になるので気軽にキャッシュレス決済に手を出すことが来ます。 GW中は「ニッポンのゴールデンウィークまるっと半額ポイント還元!キャンペーン」というキャンペーンを展開しています。 GW期間中は、メルペイをオトクに使う絶好のチャンスです。 merpay 下記記事で、キャンペーンの概要や注意点を簡単に紹介していますので、気になる方はご参照ください。 「PayPay」「LINEPay」「au Pay」「d払い」などで現在行われている、還元率の高いキャンペーンをまとめ… (3)チャージ・支払い方法 メルペイに金額をチャージする方法は2種類あります。 まず1つ目は、メルカリの売上金からポイントを購入する方法です。 メルカリで出品し、売り上げた金額を利用してポイントを購入しそれを支払いに利用するという形になります。 2つめは銀行口座と連携させて銀行口座からポイントチャージを行うという方法です。 一見難しそうですが登録はすぐできますし、登録してしまえば本当にスムーズに残高を気にせずメルペイを利用できるようになります。 (4)使える店舗 メルペイの使える店舗は「iD」マークがあるところ、もしくは「メルペイ」のマークがあるところです。 iD払いだけでも全国で80万箇所で使えるため、決済で「メルペイが使えない」と困ることは、あまりありません。 iDが使える主要なお店としては• コンビニ(ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン他)• ドラッグストア(ウエルシア、ツルハドラッグ、スギ薬局他)• イオン• マクドナルド• ビックカメラ など多種多様なお店で利用することができます。 さらなる詳細はメルペイのウェブサイトを参照ください。 2.メルペイの使い方 (1)メルカリを登録 メルペイを使うためにはまずApp Storeから メルカリのアプリをダウンロードしてください。 もしすでにメルカリのアプリを持っている方は最新バージョンかどうかを確認し、以前のバージョンだとメルペイに対応していない可能性がありますのでアップデートをしましょう。 コンビニなど店舗でのお支払い方法をタッチしてください。 迷う箇所はありませんので、画面に従って進んでいきます。 これで、コンビニなどで使えるようにするための設定が完了です。 (3)チャージ方法 ・銀行口座の登録方法 銀行口座の登録方法 チャージするためには、銀行口座の登録が必要ですので、まず、銀行口座を登録します。 指示に従って、4桁のパスコードを入力し、再度、同じものを入力します。 このパスコードは、ロック画面のパスコードとは異なりますので、忘れないようにしましょう。 チャージ方法 銀行口座が登録できたらお金をチャージします。 (今のところiOSアプリのみ) それ以前にメルカリアプリをインストールしている人は、アプリをアップデートしてください。 コード決済で支払う際には、お店側に 「メルペイで」と伝えます。 iDで支払う お店で支払う時は 「iD(アイディ)で」と伝えます。 「電子マネー(iD)を開く」をタッチします。 パスコードを入力して支払うか、もしくはTouch IDやFace IDを利用できます。 ここでは、パスコードで支払う場合を説明します。 パスコードを入力します。 そして、お店に置いてあるリーダーにかざします。 支払いが完了すると、店名、金額、日時が表示された完了画面が出ます。 (下記画面では店名を消しています。 ) (5)残高・履歴の確認方法 残高・履歴の確認は残高履歴で確認できます。 (6)口座への振込方法 メルペイに貯まっているお金を銀行に振り込む方法もあります。 (7)解約方法 メルペイは辞めたいときに解約方法などはありません。 ただ、銀行口座との連携を解除したい場合の操作方法はあるのでご紹介します。 ただし、銀行口座と連携しておけば大丈夫です。 また、メルペイは現状iD支払いなのでiD払いができないiPhoneの方(iPhone7より前の機種)はメルペイを利用することができないので注意してください。 PCでWEB版を利用できなくなることがあった PCでWEB版を利用してメルカリを利用している人は、要注意です。 メルペイの銀行口座の登録を行うと、次のようなメッセージが出て、2019年3月から4月にかけて、PCでWEB版を利用できなくなってしまいました。 「現在、メルペイ残高をご利用のお客様はWeb版のメルカリをご利用いただくことができません。 」 メルペイから銀行口座を削除し、ウォレットからメルペイ電子マネーを削除したとしても、WEB版を利用できるようにはなりません。 当初、「WEB版の公開は3月下旬頃を予定しております」と表示されていましたが、4月下旬まで延びました。 4月下旬に解除され、現在では、PCでも正常にWEB版を利用できています。 ただ、アップデートに伴って、また突然利用できなくなる可能性もありますので、いつもPC版で利用している人は、気をつけて利用したほうが良いでしょう。 まとめ メルペイはメルカリを利用している人も利用していない人も是非利用していただきたいです。 メルカリを利用している人は、身の回りで不要になったものを売って、売れた金額がそのまま日々のお買い物に使用できます。 現金としてお金を手にしていないのにアプリ上だけでお金の移動が完結するなんてお金のようでお金でない、メルカリが提唱するまさに「お金らしきもの」です。 そのような近未来的なお金をイオンや主要なコンビニなどで気軽に使える時代が、すでに来ています。 また、メルカリを利用していない人もクレジットカードなどを使用することなく簡単にメルペイを利用することができるので、他のキャッシレス決済よりも簡単に始めることができます。 そんなメルペイをこの機会に是非利用してみてください。 Ad Exchange.

次の

メルペイ「ポイント」の使い道──支払い方法や有効期限、残高チャージとの違いなど解説

メルペイ

メルペイの危険性はどんな点? メルペイで危険なこと 不正利用される危険性が メルペイの利用で最も怖いのは、他人に不正利用されてしまうこと。 コンビニなどで通常の現金支払いと同様に利用できるので、• メルペイの不正利用=お金を盗まれる と同じです。 ただし、2019年8月現在、メルペイの不正利用が報道されたことはありません。 バーコード決済主要10社の保障規約では、 メルペイとd払いの2社のみが、 「 不正利用があっても支払いの責任を利用者が負う」と規定されており注意が必要です。 毎月5万円まで、支払いを翌月にまとめる ことができます。 チャージ不要で便利ですが、使いすぎてしまう危険性はあります。 支払いが楽になりますが、 自己管理できる人でないと、ムダなお金が出そうですね。 しかも、滞納しちゃうと面倒なことになります。 メルペイ残高の使い忘れ メルペイは、メルカリで稼いだ売上金をチャージして利用できます。 売上金を現金化するのとは違い、手数料が不要なので非常におトクです。 でも、 チャージしたまま使い忘れてしまう危険性が。 メルペイ残高は 失効しませんが、残高の使い忘れには注意が必要です。 過去にメルペイでトラブル問題になったことは?• 2019年現在、不正利用されたケースは無い 2019年現在、メルペイ残高が不正利用されたケースはありません。 メルペイの二段階認証を外部からの突破は非常に難しく、 セキュリティに関しては配慮されていると言えそうです。 でも、万が一、不正利用される可能性があることも、気に留めておきましょう。 でも、使用の面で少しトラブルになる可能性があります。 二重支払いになった メルペイはバーコード支払い時に、 レジ側で二回読み込まれてしまうと、二重支払いになってしまいます。 アプリ上で、短時間の複数読み取りには警告が出ますが、 支払い時には余計に読み取られないよう、注意。 突然メルペイが使用できなくなる クレジットカードに問題があった場合、メルペイ利用時に認証が上手くいかず、突然メルペイが、利用できなくなるケースがあります。 メルペイだけでなく、 登録クレカの支払いは忘れずに行いたいですね。 アカウントが凍結されて、メルペイも使用不能になった メルカリで不正などを行いアカウントが停止されると、メルペイも利用不可能となります。 メルペイのデメリットをなくす3つの対処法も 支払い時は急がない メルペイでのバーコード支払い時、慌ててバーコードを表示して、レジに二回読み込まれてしまうと、二重支払いとなってしまいます。 メルペイ利用履歴を確認して、二重に支払っていないか注意しましょう。 もし、 二重支払いが発覚した場合は、レジ担当者に申告し、返金してもらいましょう。 メルペイではレジ上でも、支払い履歴を確認できるので、二重支払いが認められれば、その場で返金されます。 パスワードは他人に漏らさない 万が一の可能性もあるので、家族や友人でもメルペイのパスワードは、漏らさないようにしましょう。 簡単なパスワードは使用しない セキュリティのため、メルペイのパスワードは、 第三者に想定しやすいものの利用は避けましょう。 誕生日• 生まれた歳の数字 は使わない方が無難です。 メルペイを安全に使うための注意点• 支払い時は、履歴をチェックし、二重支払いを防止 【履歴のチェック方法】 メルペイ > 残高履歴 レジでメルペイ支払いを行った時は、支払い後に 二重支払いになっていないか、履歴からすぐ確認できます。 パスワードは定期的に変更 メルペイのパスワードは、外部に漏れていなくても、 長期間同じものを使うのは危険です。 定期的にパスワードを更新して、安全性を高めましょう。 他のアプリとパスワードが共通しないように 他のアプリやサイトに利用しているパスワードとは、違うものにしましょう。 もし、 外部サイトでパスワードの漏洩があった場合、メルペイのパスワードも漏れてしまうことになります。 メルペイのデメリットをなくす には、小まめな管理が必要ってことですね。 まとめ• メルペイが不正使用されるケースは報告されていない• でも、不正利用される可能性には注意• 登録をきちんと行い、2段階認証で利用する• パスワードは複雑なものを使用する• パスワード管理は厳重に• 二重支払いにならないように履歴をチェック.

次の

【完全版】メルペイでネット決済が使えるオンラインショッピングや使い方を解説! | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メルペイ

2.メルペイの手数料は無料になるケースあり メルペイの導入を考える上で気になる決済手数料、入金手数料、入金サイクルはどうなっているか確認していきましょう。 2-1.初期費用・決済手数料 キャッシュレス決済を導入する場合専用端末などの費用がかかってしまうのですが、メルペイは初期導入費、利用料・固定費用が無料というのが最大のメリットです。 メルペイはスマホを持っていれば導入することができるのです。 決済手数料も他のサービスよりも低い 「1. 初期費用なしで決済手数料の低いメルペイはコスト面から魅力的なキュッシュレス決済といえます。 2-2.入金サイクル・入金手数料 運転資金のやりくりで気になる入金のタイミングですが、 月1回と月2回を選ぶことが出来ます。 ・月1回入金の場合:月末締め、翌月10日入金 ・月2回入金の場合:15日締め、当月25日入金と月末締め、翌月10日入金 となります。 なお、ゆうちょ銀行を入金口座に選んだ場合は上記日より2営業日後となります。 また、 10万円以上のおまとめ入金であれば入金手数料は無料ですが、10万円未満の入金は200円の入金手数料がかかってしまいます。 売上金が10万円未満の場合は入金を繰り越す設定も出来るので利用するのが良いでしょう。 2-3.端末 メルペイを導入するにはカメラ付きのスマホ、もしくはタブレットが必要です。 以下のバージョンであることが必要です。 最新のタブレット・スマホを持っていれば特に問題はありません。 OS iOS 10. 0以上 Android 5. 0以上 ブラウザ Chrome 最新バージョン Firefox 最新バージョン Internet Explorer 最新バージョン Microsoft Edge 最新バージョン Safari 11. 1以上 2-4.注意点 メルペイを導入する上でいくつか注意点があるのでご紹介します。 お客様が操作に慣れていないと逆に時間がかかってしまう可能性あり。 10万円未満の入金は、入金ごとに200円の入金手数料がかかるので注意• 入金先口座にゆうちょ銀行を指定すると、通常より入金が遅くなる 3.キャッシュレス消費者還元事業とは|メリットと注意点 店舗でメルペイを導入する大きなメリットの一つに、2019年10月から開始した「キャッシュレス消費者還元事業」の活用があります。 増税後9ヶ月間に限って、登録した中小・小規模事業者での決済に対してポイント還元を支援するというものです。 3-1.消費者側のメリット 消費者側のメリットは、対象店舗でクレジットカードやQRコード決済、電子マネーなど指定されたキャッシュレス決済を行うとポイント還元が受けられることです。 3-2.事業者側のメリット 事業者にとってのメリットはキャッシュレス消費者還元事業の還元対象であることにより、事業者への個別の支援が受けられます。 2019年10月1日からキャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)が始まりました。 どの中小… 3-3 .キャッシュレス消費者還元事業の注意点 キャッシュレス消費者還元事業はキャッシュレス決済の導入を考えている事業者にとって恩恵の大きい制度ですが、いくつかの注意点もあります。 3-3-1.メルペイは、EC事業者は対象外 キャッシュレス消費者還元事業自体は、ECサイトの事業者も対象です。 ただし、EC事業者はメルペイを利用したキャッシュレス消費者還元事業は申請対象外となっています。 EC事業者の場合はメルペイ以外の決済方法を利用する必要があります。 3-3-2 .還元を受けるには申請が必要 メルペイでキャッシュレス消費者還元事業の適用を受けるためにはメルペイ経由での申し込みが必要になります。 別の決済事業者で申請していても改めて申請が必要なので注意しましょう。 申請後、経産省事務局にて審査が行われます。 申請の申し込み期限は今のところ2020年4月までです。 3-3-3.中小・小規模事業者の基準を満たすことが必要 キャッシュレス消費者還元事業は中小・小規模事業者を対象とした制度です。 以下のような資本金や従業員数などの基準を満たす必要があります。 業種分類 資本金の額又は出資の総額 常時使用する使用人 製造業その他 3億円以下 300人以下 卸売業 1億円以下 100人以下 小売業 5000万円以下 50人以下 サービス業 5000万円以下 100人以下 その他、課税所得額による制限や会社形態以外の組織に関する要件や親会社との資本関係等の要件があります。 3-3-4. 補助の対象とならない取引もある 要件を満たす事業者でのキャッシュレス決済であっても以下のような取引は補助の対象外となります。 有価証券・郵便切手類・印紙・商品券など• 自動車の販売• 新築住宅の販売• 収納代行サービス・代金引換の支払い• 5.申し込み時に準備すべきものや開始までのスケジュール 実際にメルペイの導入を申し込んだときの手順やスケジュールを見ていきましょう。 5-1. 申し込みの手順 メルペイ公式ホームページの加盟店フォームに事業者情報を入力し申し込みます。 必要書類は以下のとおりです。 必要書類 運転免許証(表裏面の両方) パスポート(日本国発行のみ、顔写真付きのページと住所が記載されているページ) 住民基本台帳(マイナンバーカードは不可) 健康保険証(表面裏面の両方) 住民票(発行日から半年以内) 在留カード 外国人登録証明書 特別永住証明書 特別永住者証明書 なお個人事業主の場合は、代表者のいずれかの本人確認書類の画像(有効期限内の身分証等の画像(運転免許証、パスポートなど))を申込み時に添付します。 法人の場合は、登記謄本に記載の情報が必要です。 謄本の原本は不要です。 5-2. 審査内容やかかる時間 必要書類や申し込み内容に不備がないか確認し、不備があればメルペイから事業者に連絡があります。 申し込みは審査なので以下の基準を満たしていない場合は通過しないこともあります。 加盟店規約への同意• 未成年の場合、事前に親権者からの許可を得ていること。 過去にメルカリグループが提供するサービスの利用規約違反等により、メルカリグループからサービスの利用停止処分を受けていないこと• 申告内容に虚偽の情報が含まれていないこと 5-3. メールが届く|初期キットが届く 内容に問題がなければ、数日で審査が完了します。 メールで結果が通知され、審査OKであれば登録したメールアドレスとパスワードで管理画面が利用できるようになります。 店舗用アプリは管理画面から手順に従い、手持ちのスマホやタブレットでダウンロードできます。 決済の準備はこれで完了です。 審査通過後に郵送でスターターキットが送られてきます。 内容は店舗で使えるメルペイの説明書や店舗用ステッカーなどです。

次の