子供 簡単 おやつ。 子供が喜ぶ簡単なのに美味しい手作りおやつレシピ10選

ホットケーキミックスHM子供が喜ぶ簡単おやつ人気レシピ15選

子供 簡単 おやつ

合うものがない場合は足台などで調整してあげると良いですよ。 主役はお子さんなのを忘れないようにしましょう。 足元が汚れないように新聞紙や敷物を引く方法もありますが、片付けは逆に大変だったりします。 作業台の足元はフローリングなど何もない状態が掃除しやすくて便利です。 掃除が大変になるので、決して絨毯が引いてある場所では作業しないようにしましょう。 道具はお子さんの手にしっくり合うものにしよう! ママが使いやすくても、お子さんの小さな手には使いにくいものも多いです。 手の大きさに合ったものを用意してあげるようにしましょう。 大きいものしかなく持ちにくい場合は、ママが手を添えてあげるようにしましょう。 では、おやつごとに材料と作り方を見ていきましょう。 さっくりほくほく、ほんのりあまーいスコーン スコーン作りは難しそうに感じますが、材料もシンプルで親子で作るのにとっても適していますよ。 焼きたてのほっこりスコーンは、ママもお子さんのことも笑顔にしてくれます! スコーンはコーヒーに合うイメージですが、チョコチップを入れるとお子さんも喜ぶおやつになります。 また、プレーンな生地にして朝ごはんの主食としてリッチなパンのようにして、いただくのも良いですよ。 では、作り方をご紹介します。 材料 バター 50グラム 小麦粉 200グラム きび砂糖 他の砂糖でも可 50グラム ベーキングパウダー 小さじ1 牛乳と卵1個を合わせて 110cc 計量カップの中で混ぜておく チョコチップ 適量 生地に塗る用の牛乳 適量 準備• オーブンは190度に予熱する。 バターを1㎝角くらいに切って冷蔵庫でひやしておく。 鉄板にクッキングシートを敷いておく。 作り方• 小麦粉・きび砂糖・ベーキングパウダーをすべて一つのボウルに材料を量りながら入れていく。 泡だて器を使用しぐるぐるとまんべんなく混ぜる。 1に刻んだバターをすべて入れる。 バターと粉を合わせ、サラサラのそぼろ状の粉になるまで両手を使い擦り混ぜていく。 2の真ん中にくぼみを作る。 そこに牛乳と卵を混ぜた液を量りながら流し入れる。 へらで卵液の周りを崩しながら混ぜていく。 ある程度生地がなじんできたら、手で混ぜ合わせチョコチップを好みの量入れて、一つのかたまりにまとめる。 台に小麦粉を薄く散らばして、生地を2㎝弱くらいにめん棒で伸ばす。 好みの形にカットするか、計量カップなどで型抜きする。 鉄板に生地を間隔を空けて並べて、牛乳 分量外 を刷毛で塗る。 190度に予熱したオーブンに入れて20分ほど焼いたら、出来上がり! お子さんと一緒に作る際のポイント スコーン作りでは泡だて器やバターの擦り混ぜなど、楽しくできるポイントがあります!作業しやすいようにママは助けてあげてくださいね。 粉を泡だて器で混ぜよう お子さんが混ぜる場合は、ボウルの下に塗れ布巾を引いてあげたり、ママがボウルを押さえてあげるようにしましょう。 そうすることでがたがたしたり、こぼれたりするのを防げますよ。 「ママがボウルを押さえるね。 」と声をかけてあげると良いですよ。 バターの感触を楽しんで擦り混ぜる バターと粉の感触がとて気持ちいいです。 是非バターの投入から、混ぜ合わせまでお子さんに任せましょう。 「ここにバターを入れてね。 」「こんな風にバターと粉を擦り擦り混ぜてね。 」「バターが冷たくて気持ちいいね。 」「サラサラになったかな?」と声をかけましょう。 摘み食いを楽しんじゃおう ! チョコチップを入れるとき、お子さんとちょっとつまみ食いすると喜んでくれるはず! 我が家では必ずチョコチップをつまみ食いするので、子供も期待しています! スケッパーや型には粉をたっぷりと! スケッパーや計量カップはカットする前に粉を付けておくと、くっつきにくくやりやすいですよ。 計量カップで抜く際は、「はじっこからポコンポコンって型を抜いていこうか。 」と声をかけて、お子さんがやると楽しめます。 取り出しにくい時はママが手伝ってあげましょう。 牛乳はお子さんが塗ろう 「スコーンさんに牛乳でお化粧してあげよう!やってみてね。 」と声をかけてあげてください。 刷毛がない場合は、キッチンペーパーに牛乳を含ませてポンポンと塗るのでも良いですよ。 粘土遊びのように作って楽しいクッキー クッキーと言えば型抜きももちろん楽しいですが、粘土のようにこねて作るクッキーも楽しいですよ。 粘土作りが得意ではないお子さんなら、丸のボールを作って少しつぶして形を作るのでも十分に楽しめます。 材料 小麦粉 200グラム きび砂糖 他の砂糖でも可 70グラム 豆乳 牛乳でも可 70グラム 菜種油 サラダ油でも可 40グラム 準備• オーブンを180度に予熱する。 鉄板にクッキングシートを乗せる。 作り方• 小麦粉と砂糖を大きめのボウルに量り入れ、泡だて器でサラサラになるように混ぜる。 1に牛乳と菜種油を量り入れて、全体がなじむように手で混ぜてまとめる。 必要な分の生地を手でちぎりとって、好みの形に成型する。 鉄板のクッキングシートの上に間隔をあけて並べ、180度のオーブンで20分 生地が分厚い場合はもう少し時間を増やす 焼いたら、出来上がり! お子さんと一緒に作る際のポイント クッキーは生地をこねたり、粘土を楽しむみたいに作るなどお子さんの活躍ポイントがいっぱいです!作品を褒めてあげながら一緒に楽しみましょう! 泡だて器でくるくる 泡だて器で混ぜるのはふるいの代わりです。 是非、お子さんにやってもらいましょう。 「粉がサラサラになるように、泡だて器で混ぜようね。 」「美味しくなーれって言いながら、混ぜてみようか!」と声をかけてあげましょう! 混ぜてこねるはお子さんの担当! 混ぜるところは、お子さんにやってもらいましょう。 と牛乳・油が混ざり合っていく過程が楽しいですよ。 「全部がすっかりまとまるように、しっかり混ぜてね。 」「混ざってきたね!よし!そうしたら次はひとつにまとまるようにこねてね!」と声掛けしましょう。 粘土みたいに自由に作ろう 初めてのお子さんは、どのようにして形を作ればいいのか迷ってしまうかもしれません。 そんなときは薄く伸ばして、型抜きをしたり、成型の仕方をママが見せてあげて簡単なものをまねさせてあげるのも良いですよ。 火が通りやすいように、分厚くなりすぎないように声をかけてあげましょう。 「粘土みたいに、形を作ろうか!」「上手に作れたね!」と声をかけながら、ママと一緒に楽しく形を作りましょう! クッキー作りは、焼けてきてお部屋に美味しい匂いが広がるのもとっても嬉しいものですよね。 材料 アガー 15~30グラム 30グラムはかなり弾力のあるゼリーです。 好みで調整しましょう。 砂糖 30グラム 好みのジュース 800cc フルーツ缶詰め 1缶 モモやミカンなど 作り方• フルーツ 大きいものはカットする は、ゼリーを流し込むバットなどの容器に先に入れておく。 アガーと砂糖をボウルに量り入れ、泡立て器でよく混ぜる。 分量のジュース800ccのうち100ccを1に少しずつ入れ、泡だて器で混ぜる。 2がよく混ざったら、そこにジュースの残りの700ccを入れて再度泡だて器でよく混ぜる。 液をお鍋に入れ、へらで混ぜながら中火にかける。 液がふつふつしてきたら、火を止めバットなどのフルーツの入った容器にゆっくりと流し込む。 常温で冷まし、冷蔵庫で冷やして出来上がり! お子さんと一緒に作る際のポイント ゼリー作りはなんだか実験みたいでワクワクしますよね。 フルーツを並べたりゼリーを触ってみたりと楽しく声をかけてあげながら、一緒に発見を楽しみましょう! フルーツ並べはお子さんのセンスでやってもらう フルーツが大好きなお子さんは多いですよね。 少しつまみながら、容器にお子さんのセンスで入れてもらいましょう。 何種類かフルーツを用意するとカラフルになって楽しいですね。 泡だて器でくるくるしよう アガーがダマにならないように、お砂糖とくるくる混ぜる作業です。 「こうすると美味しいゼリーになるんだよ!」と声をかけながら楽しく混ぜてもらいましょう! 「ママがジュースを少しずつ入れていくよ。 入れたらよく混ぜてあげてね。 」と声をかけ、ジュースを混ぜる際も、お子さんにやってもらいましょうね! 固まったかな?確認してみよう! 常温でも固まるので、お子さんに表面を指でちょんちょんと触らせてあげてください。 初めての感覚にお子さんもきっと喜びますよ! 「冷蔵庫に入れなくても、固まってるよ!触ってみてごらん。 なんだか不思議だね!」「冷蔵庫で冷やそうね。 早く食べたいねえ。 」と声をかけて、冷えるまでの時間を待ちましょう! 冷めてももちもちフルーツ豆腐白玉 水の代わりにお豆腐を使用した白玉団子は、冷めてももちもちでとっても美味しいです。 しかも、作るのもとっても簡単。 ころころと丸める単調な作業は、会話を楽しみながら作るおやつとしてお勧めです。 今回はフルーツ白玉にしましたが、焼き目を付けてあんこやみたらしを添えたり、きな粉をかけて食べても美味しいですよ! 材料 絹豆腐 220グラム~260グラム 白玉粉 200グラム お好みの缶詰フルーツ 1~2缶 好みでサイダー 適量 作り方• ボウルに白玉粉を入れ、絹豆腐を少なめの量から足して混ぜていき、耳たぶの硬さくらいになるように調整する。 生地をちぎって一口大に丸める。 鍋にお湯を沸かしたら、氷水をボウルに用意しゆでる。 お団子が上に浮かび上がったら、茹で上がりのサインなのですくって、氷水に入れ冷ましてから水を切る。 フルーツ缶のフルーツと汁をグラスに入れ、好きな量のお団子を入れて完成!• 好みでサイダーを適量フルーツの汁に入れてあげると、シュワシュワして美味しいですよ。 お子さんと一緒に作る際のポイント 豆腐に触れたりお団子を丸めたり、手を使って思う存分楽しみましょう!白玉をゆでる以外はお子さんに任せて、ママはサポートにまわりましょう! フルーツ並べはお子さんのセンスでやってもらう フルーツが大好きなお子さんは多いですよね。 少しつまみながら、容器にお子さんのセンスで入れてもらいましょう。 何種類かフルーツを用意するとカラフルになって楽しいですね。 豆腐をつぶしながら混ぜよう 白玉粉の種類や豆腐の水分の含み具合によって絹豆腐の量は変わるため、少しずつ足していくようにしましょう。 お子さんに混ぜ係をやってもらい、ママは絹豆腐の量を調整する係をやってあげましょう。 「粉と豆腐を合わせてあげてね。 」「白玉粉のつぶつぶをつぶすように混ぜてあげると良いよ。 」「豆腐が冷たくて気持ちが良いね。 」と声をかけてあげましょう。 お団子の形に丸めよう まずはママが作って「こんな風に丸めてみてね。 」と声をかけ、お子さんにお手本を見せてあげましょう。 そのあとは、一緒にたくさん丸めましょう。 お子さんの口に合わせて、少し小さめに作ったり、少し平らにしてあげると食べやすいですし、火が通るのが早いです。 白玉の水切り 火を使うところはママがやって、お子さんに見せてあげましょう。 氷水に入れたお団子が冷めたら、水をきるのをお子さんにやってもらっても良いでしょう。 「お団子さんが、冷めたら氷水からだしてあげようね。 」と声をかけてあげると良いですね。 フルーツと白玉を美味しく盛り付けよう スプーンや小さめのお玉を使うなどして、お子さんと一緒に楽しく盛り付けをしてくださいね。 「フルーツとお団子を食べれる分入れようね!」「とっても、美味しそうに出来たね!」と楽しく声をかけてあげましょう! ママと一緒に作れば、おやつタイムは特別な時間に変身 ママと一緒に作れば、どんな簡単なおやつでも子供はありがたい気持ちで食べることができますよね。

次の

夏休みに子供とおやつ作り♪一緒に作って楽しむ簡単お菓子レシピを大特集!

子供 簡単 おやつ

子供のおやつは、3食の食事だけでは足りない栄養を補うもの!子供の 健康を考えたおやつは、子供の健やかな成長のために必須です。 私は、子供のおやつにはこだわりが強いんです。 白砂糖や質の悪い油脂類が多い市販のお菓子は、極力与えないようにしています。 そんなこだわりが強い私がおすすめするおやつ、簡単で美味しいレシピもご紹介します。 1、子供のおやつは、食事の延長 子供のおやつ、何にしよう?悩みますよね。 子供のおやつに対する基本的な考え方がわかれば、それほど難しく考えなくても大丈夫ですよ!子供が食べ物を消化して、栄養として体に取り入れる機能はまだまだ未熟です。 胃袋も小さいために3度の食事だけでは、健やかな成長に必要な栄養を取り切れません。 おやつは甘いものでは、決してないと思います。 子供は甘い味が好きですから時にはお楽しみも必要かもしれませんが、甘いおやつは週末だけとか、家庭でルールを決めて、できるだけ健康に良い食材を使ったおやつにしましょう。 肉や魚、豆類、卵、乳製品に多く含まれています。 これらの食品をおやつに食べさせるのも良いですよ。 ゆで卵や卵焼き、チーズをそのままでも〇、お米やパンと組み合わせて豆ごはんのおにぎりやたまごサンド、チキンやツナのサンドイッチなどなど・・・おやつにおすすめしたい食材は、たくさんあります。 これらの健康的なおやつを美味しく食べてもらうためには、乳幼児期から果物や野菜といったシンプルなおやつが当たり前といった習慣をつけることです。 要は、甘いおやつを食べる習慣を小さいうちからつけないということです。 甘いグミやラムネ、チョコレートやクッキーなど市販のお菓子を食べることが習慣になってしまっていると、上記のようなおやつは食べなくなってしまうかもしれません。 市販のお菓子が当たり前に食べられている昨今、完全に排除することは不可能に近いことだと思います。 時々食べるのはOK!でも、いつものおやつはヘルシーにといった考え方が、子供の健康を守るのだと私は考えています。 3、子供のおやつにおすすめの食材 ここで健康に良い子供のおやつにおすすめの食材をまとめます。 南国の果物は、年中出回っていますが、熱い国で栽培されている果物です。 四季のある日本では、本来冬に食べるのは適さない果物です。 なぜなら、南国で採れる果物は、体を冷やしてしまうからです。 でもでも、うちの息子もそうですが、南国の果物バナナは子供に人気の果物です。 冬は、できるだけ控えめにする、どうしても食べたいときは焼きバナナにするというのも一つの手です。 冬はやっぱりこたつでみかん。 私の幼少期には、冬はみかん!冬にこたつでバナナを食べた記憶はありませんね。 手が黄色くなるほどみかんを食べていました(笑)自分の子供たちにも、そのような季節に適したものを食べる体験をたくさんさせてあげたいと思います。 果物の中でも特にりんごはおすすめです。 我が家では、流通量が減り高価になる夏以外は、常食しています。 とにかく、旬の果物は子供も喜ぶし、健康にも良いおすすめのおやつです! ドライフルーツ~果物の栄養が凝縮! 干すことで果物の甘味が増し、ビタミンCは失われているものの栄養価はぐんとアップしています。 鉄分が豊富なレーズンやプルーンは、我が家でも良く食べています。 持ち運びもできるので、外出先でも重宝します。 選ぶときに注意してほしいのは、砂糖や添加物が使われているドライフルーツがあるということです。 買う時には、食品表示をしっかりと確認して、砂糖や余計な添加物が使われていないドライフルーツを選びましょう。 やさい 子供の好きな野菜は、おやつに出しても喜ばれます!子供は、やっぱり甘い味が好きなので、さつまいもやかぼちゃは王道ではないでしょうか。 うちでは、蒸しただけのさつまいもやかぼちゃ、小豆とに合わせた小豆かぼちゃなんかも食べさせていますよ。 ・さつまいも~蒸したものでも焼き芋でも。 干しいももおすすめ! ・かぼちゃ ・とうもろこし ・枝豆、スナップエンドウ、インゲンマメなど ・じゃがいも~ポテトフライやじゃがバター、いももち、蒸したじゃがいもに青のりと塩を和えた青のりポテトなどなど ・ミニトマト ・きゅうり~塩もみきゅうり、スティックきゅうりにお味噌などをつけて食べるなど 比較的子供が好きなやさいをあげてみました。 たまご ゆで卵や卵焼きは簡単にできますね。 その他、茶わん蒸し お肉や白身魚、海老などを入れると栄養価アップ! もおすすめです。 チーズ~成長に必要なカルシウムが豊富! キャンディーチーズなどそのまま食べられるものが、お手軽で おすすめです。 素材や添加物にこだわる私は、できるかぎり北海道の生乳を使っているもの 北海道在住なので 、添加物が少ないものを選びます。 食パンを使って、チーズサンドやピザトーストもおやつにおすすめです。 ナッツ類~歯ごたえがあるので噛む力がつき、成長に必要な栄養素も豊富 ナッツ類は、栄養的にはおすすめの食材ですが誤嚥やアレルギーの心配もあります。 特に3歳までは、ナッツ類、特にピーナッツの誤嚥事故が多いようです。 3歳を過ぎてから、誤嚥の心配がなくなりアレルギーもないようであれば、少しずつ与えていきましょう。 ナッツ類は、栄養価が高い食べ物です。 クルミは、リノール酸が豊富に含まれていて脳の発育に良い効果があります。 カシューナッツには、子供の成長には欠かせないカルシウムの吸収を高める亜鉛が豊富に含まれています。 歯ごたえがあるので、自然と噛む回数が増え、噛む習慣を身につけることができますよ。 小魚~カルシウムが豊富、頭も良くなる! 頭や骨もまるごと食べられる小魚は、カルシウムがたっぷり!青魚に含まれるDHAは、頭の働きを良くする効果があるので、頭も良くなりますよ!塩無添加の「健康たべる小魚」はおすすめです!私の息子たちも1歳ごろからよく食べていましたよ。 ただ、良く噛んで食べないと喉に引っ掛かりそうなので、食べさせる時は食べる様子をよく見てあげて下さいね。 よく噛んで食べられないようだったら、よく噛めるようになってから食べさせましょう。 昆布やするめ そのままおやつとして食べられるおつまみ昆布やするめは、噛む力もついてあごの発達にも良いのでおすすめです。 もちろん無添加がいいです。 この大豆を煎ったものが煎り大豆です。 乾燥しているのでサクサクと噛み応えがあって、スナック菓子のようにポリポリと食べられます。 これも誤嚥が心配なので、誤嚥の心配がなくなった3歳ごろから。 うちの子供たちも喜んで食べています。 うちで食べているものは、原材料は大豆だけ。 余計なものはなんにも入っていないので、健康おやつと自信をもって言えます。 近所のスーパーでも買えますし、うちで最近食べているものは、生活クラブ生協で購入したものです。 エネルギー量も多く、ビタミンやミネラルなど栄養バランス良く含まれています。 成長に欠かせない亜鉛も含まれていますよ。 栗は、1歳ごろから食べられますが食べ過ぎると大人でもお腹が緩くなることがあるので与える時は少量に。 お腹の様子を見ながら食べさせましょう。 美味しくてついついたくさん食べたくなってしまいますが、大人も子供も食べ過ぎには注意です。 4、おすすめ!健康に良い子供のおやつレシピ 我が家でも時々作って子供たちに食べさせている、野菜を使った健康的なおやつレシピをご紹介します。 炊飯器でもできます。 炊飯器にさつまいもとさつまいもがかぶさるくらいの水を入れて炊飯スイッチを押す。 1時間くらい、さつまいもに箸がすっと刺さるくらい柔らかくなったらOK!ごはんを炊くときにさつまいもをアルミホイルで包んで一緒に入れておくという方法もあります。 2、蒸したサツマイモをすり鉢などでつぶし、ごはんも一緒にいれてつぶしながら混ぜる。 3、2にレーズンを入れて均等になるように混ぜる。 多少食感が変わるのでお好みでどうぞ。 写真は、黒ゴマきなこを使用しています。 2、Aをボウルに入れて、白玉粉の粒をつぶしながら混ぜる。 白玉粉の粒をつぶすのは面倒だしどうしても粒が残りやすいので、私はミキサーを使って粉上にしてから水と混ぜます。 始めから粉上になって売られている白玉粉もありますよ。 3、1のすりおろした人参、2と桜えび、Bを加えて混ぜる。 水分量が足りなかったらここで調整します。 4、3を食べやすい大きさに分けて、平らな丸型にする。 5、フライパンにごま油を熱し、4を両面焼いて出来上がり! 子供はそのままでも十分美味しく食べています。 3度の食事だけでは足りない、 子供の成長に必要な栄養を補うのがおやつです。 砂糖や油脂類をたっぷりと使った甘いおやつは、決して健康に良いおやつとは言えません。 甘いおやつは時々のお楽しみにとっておき、日常的なおやつは健康に良い食材を使ったものにしましょう。 健康に良いおやつは、旬の果物や野菜など素材を生かしたシンプルなものです。 子供の健康のためには、おやつを手作りしてあげなくちゃと身構える必要はありません。 旬の果物や野菜はそのままでも十分美味しいのです。 おすすめは、りんごやみかんなど旬の果物、ドライフルーツ、さつまいもやかぼちゃなどのやさい、たまご、チーズ、ナッツ類、小魚、昆布、するめ、煎り大豆、甘栗です。 食べる時は、これらの中から2~3種類を選んで少しずつ多種類食べると栄養バランスも良く、おやつの楽しみも増えますよ。 ご紹介した、おすすめの健康的なおやつレシピ「さつまいもとレーズンのきなこ団子」と「桜えび入りにんじんもち」は、野菜と健康に良い食材を使って簡単に作れるおやつです。

次の

子どもに人気のお菓子レシピ60選|簡単でおしゃれ!おやつにぴったりなお菓子

子供 簡単 おやつ

果物との相性がよく、余っているものでバリエーションも思いつくままに作ることができます。 イチゴやさくらんぼなど、相性のいい果物はたくさんありますが、今回はフレッシュな生のリンゴを使ってクラフティと合わせます。 かぼちゃは、子どもから大人まで幅広く摂取したい成分が豊富に含まれています。 ぜひ、旬のかぼちゃを見つけたら、レンジで加熱し、マッシュして冷凍保存しておいて下さいね。 今回は、簡単で定番の蒸しケーキを、少しだけ面白くデコレートする方法を紹介します。 誰にでもできる上に見た目が嬉しい仕上がりにできますよ。 あえて自宅ならではのしっとり感や甘さの加減などを楽しんで、安全に美味しいおやつを子どもに提供してあげましょう。 今回は電力を使わない「蒸し器」で作業してみましょう。 アメリカンという言葉では、どんなクッキーなのか想像しにくいかも知れませんね。 厚めのかたちでしっとりとしたあの独特な食感を、自宅で作ることができたら、子どもたちはきっと大喜びですね。 通常はマロンペーストで作られるモンブランを、もっと身近な「さつま芋」で代用してみようというわけです。 もちろん、味はマロンペーストにも負けないくらい美味しい仕上がりです。 豆乳は言わずと知れた体に良い飲料ですね。 今回は、この豆乳を使ってレアチーズケーキを作ってみましょう。 大豆のクセのある臭いも気にならず、子どもから大人まで美味しく食べることができます。 スーパーや洋菓子店などでは、切り落としが安価な値段で売られていることがあります。 今回は切り落としのスポンジケーキを使って、少し派手な仕上がりを目指してみました。 今回のロールケーキは、初心者でも綺麗に巻けるよう、生クリームにクリームチーズを混ぜ込んでいます。 巻いている最中に横からはみ出て流れるということもなく、完成度の高い仕上がりになりますよ。 今回は、ケーキ用の「型」を使わずに「デコレーションケーキ」を作ってみましょう。 基本のジェノワーズの生地と生クリームを使って、高さもボリュームもあり、その上見栄えもいいケーキを仕上げてみませんか? 濃厚でコクのある味わいはお店で購入するとして、家庭ではもっとヘルシーに作ってみましょう。 甘すぎず、飽きのこない手作りならではのオリジナル。 子どものおやつにはうってつけです。 通常はデコレーションに使われる生地であるジェノワーズのスポンジケーキをカップに入れて小さく作ってみます。 あっさりとした味わいなので、家族や友人の好みに合わせた盛り付けができますよ。 意外にも手軽に作ることができるロールケーキ。 今回は、あえてフルーツを含まない「純・生クリーム」で制作してみます。 生地には、抹茶の粉末を加えてきれいな緑色を作り、アレンジを楽しんでみます。 昔懐かしい「レモンケーキ」の紹介です。 ここでは、手軽に購入できる「マフィン型」と、ホワイトチョコレートのコーティングで仕上げてみます。 ブラジルでは、日常ごく当たり前に食卓に上がるポンデケージョ。 本来、タピオカが主原料で作られていますが、ここでは家庭で簡単に、さらにいつでもストックされている材料で作ってみます。 今度はチョコレートを使ったシフォンケーキに挑戦です。 甘くて濃厚なチョコレートが、しっかり泡立てた卵白によって、しつこさもなく、いくつでも食べられるふわっと軽い仕上がりになります。 シフォンケーキは、通常、卵黄と卵白は同じ分量ですが、卵白を多めにしても、サツマイモやカボチャのように少し「もったり」とした素材と組み合わせることで、軽すぎることなく仕上げることができます。 アレンジがしやすいパウンドケーキは、ドライフルーツ、抹茶、チョコレートなど入れていろいろな変化を楽しむことができます。 その一つとして、ここではサツマイモを入れたものを作ってみます。 「プロセスチーズ」でも、濃厚で美味しい立派なチーズケーキができます。 工程は簡単。 混ぜていくだけです。 クリームチーズにも負けない、本格的でしっかりとした仕上がりに、きっと驚かれることでしょう。 カボチャのほんのりとした香りがとっても美味しいです。 この方法で、カボチャのかわりにサツマイモペーストを入れたら、スイートポテトクッキーになります。 贈り物や普段のおやつとしても最適です。 おやつにも軽食にもなるマフィンは、プレゼントにもティータイムにも楽しめるお馴染みの一品です。 ここでは、軽食に適したチーズ、おやつとしてのチョコと果物を入れた3種をご紹介します。 子どもには、「体にいいものを与えたい」と考えるママのお助けおやつ。 その一つが豆腐のケーキです。 ひんやりした滑らかな食感、さらに低カロリーとくれば、大人も安心して十分に楽しめることでしょう。 ここでは、イチゴを使わないデコレーションを一つの例としてご紹介します。 そして、手作りだからこそ出来る「切り落としのスポンジ」も、有効に活用します。 ここでご紹介するケーキは、以前の「」と同じですが、その作業工程で使用する器具をいかに少なくするか?という視点で表現してみます。 市販のビスケットを利用して、ちょっと変わった「ケーキ」を作ってみます。 オーブンも火も使わないので、お子さんと一緒に作業するのも安全ですね。 小学校高学年のお子さんなら、自分でできる一品です。 バターを練る大変な作業が無い上に、泡立てはハンドミキサーにお任せ。 添加物を一切使わずに、そして楽に、パウンドケーキを作ってみましょう。 オーブンも火も使わず、スポンジを作る面倒な作業も省略です。 でも、立派な手作りケーキです。 自宅でちょっとした工夫を施して、子どもたちが喜ぶおやつに変身させてみましょう。 カスタードクリームを作るとき、ついでにメレンゲ菓子を作れば、無駄もない上にプレゼントにもなるお洒落な一品ができます。 是非、カスタードとメレンゲをペアにして作る習慣を身につけてみて下さいね。 ビスキュイとジェノワーズ。 材料は同じでも、仕上がりと口当たりに違いがあります。 両方試してみて、いろいろなタイミングに合わせて使い分けてみると、お菓子作りの幅がどんどん広がっていきますよ! バターを使用しない洋菓子「ミルクレープ」をご紹介です。 オーブンを使用しないので、手軽にできるおやつです。 バターを使わないシンプルなケーキにしては、大きさも高さも、迫力もある一品です。 一般的には、家庭で作るスポンジケーキの基本はジェノワーズと言われていますが、ここではあえて、ビスキュイにチャレンジです。 一度、スポンジ作りからの制作を試し、食べ比べてみて下さい。 買ってきたバナナが、気がついたら茶色くなっていることってありますよね。 簡単に捨てないで、そんなときはママの魔法で、パパっとおいしいケーキに変身させてしまいましょう! 材料もシンプルで、コツさえ掴めば難しいことはありません。 デコレーション次第で、とてもゴージャスになりますので、誕生日やパーティーなどでも対応できる質の高さがあります。 できれば、火を使わずに簡単に出来るものをと考えますね。 ガスもオーブンも使わず、混ぜる作業を繰返すだけで、本格的なチーズケーキができます。 おやつやプレゼントの定番で、フランス発祥の「マドレーヌ」は、イギリス発祥のパウンドケーキと同じ分量と制作方法で、自宅で簡単にできるものです。 プレーンの他に、ショコラ味や抹茶味など見た事ありますが、自宅で作る場合には、形や味の他に栄養なども考えて取り入れたいですね。 そこで、秋の旬であるかぼちゃを使ってマドレーヌを作ってみましょう。 パンのレシピ 基本のパン生地を使用して、パン屋さんに並んでいるような、ちょっとお洒落な仕上がりにしてみます。 そして、ドライフルーツとはまた別に、チョコチップも作ってみました。 通常の円盤型よりも口に入りやすく、子供でも食べやすいかたちをしています。 たっぷりの野菜とコショウのきいたベーコンを挟んだ仕上がりにしてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。 今回はまた、二次発酵不要のレパートリーを一つ増やしてみましょう。 本格的なカレー屋さんでお馴染みの「ナン」の登場です。 子どもから大人まで、おやつから食事まで、広く活用できる一品です。 以前紹介した「自宅で作る折り込みシート」は上手にできましたか?そこで、折り込みシートで余った卵黄を使ってカスタードクリームを作り、クリームパンにトライしてみます。 様々な種類のシートがありますが、ここではココアパウダーを使ったショコラシートを作ってみます。 本来のラスクは、フランスパンを完全に乾燥させて作り上げます。 自作のフランスパンでなくとも、スーパーなどで売っているもので十分なので、ぜひ挑戦してみて下さいね! オーブンもバターも使わない手軽なおやつといえば、「蒸しパン」を思い浮かびませんか?ここでは、プレーン生地だけでは勿体ないので、途中でとりわけ、三種類の蒸しパンを作ってみます。 基本のパン生地作りを楽しんでいますか?思ったよりも簡単で、日常生活に無理なく取り入れることができるでしょう。 今回は、型を使わず天板の上に直接並べた小さなシナモンバンズで楽しんでみましょう。 あっさりとしたパン生地には、濃厚なチョコレートがたっぷり入ってもしつこくなりません。 パン生地にからまる柔らかいチョコレートを楽しんで下さいね。 今回は、その基本のパン生地とスクウェア型を使って、子どもたちと楽しみながら食べる形にしてみます。 中に入れる具材は、チョコチップやあんこなど、余っている製菓材料を数種類用意して下さいね。 包み方、飾り方にちょっとした工夫をすることで、視覚のご馳走にもなります。 ここでは、サツマイモを使って一つの表現してみます。 粘土細工のような感覚で、楽しく作ってみましょう。 子どもが苦手とする野菜の上位に入る「にんじん」を使って、パンを作ってみます。 手捏ねパンの基本さえ覚えれば、いろいろな野菜や栄養価の高い素材を混ぜ込んでアレンジすることが出来ます。 手捏ねの美点を生かし、一枚の天板に様々な種類のパンを一気に焼いてみるのはどうですか?今日から我が家が「パン屋さん」です! 給食に揚げパンが出る日は、学校へ行くのも楽しみになりませんでしたか?そんな、懐かしい揚げパンを、自宅で作ってみましょう。 是非、揚げたてのアツアツ・フカフカを食べて下さいね! 今も昔も、子どもが大好きなおやつ「メロンパン」。 家で作ることができたらと考えるママも多いのでは。 焼きたてサクサクメロンパンは最高です。 各家庭の好みでいろいろアレンジして下さいね! ホームベーカリーを購入するほど頻繁に食べないし、置き場所にも困る。 そんな奥様には、手捏ねがオススメです。 基本のパン生地さえ覚えれば、菓子パンや惣菜パンも簡単にできちゃいます。 スコーンは、間にジャムやはちみつを入れる食べ方もありますが、このレシピはバターが多めで、どちらかと言えばコーヒーなどと一緒に何も付けずそのまま食べるタイプです。 スイートブールは、表面がクッキー生地に覆われているため、中のパン生地はしっとりふわふわです。 リッチパンに甘いクッキー生地が包まれている絶品の菓子パンです。 サクッとハードで香ばしく、甘いグラニュー糖のザラつきがとっても美味しいお菓子がラスクですね。 そこで、この柔らかいバームクーヘンに簡単な変化をつけて、最後まで楽しめるお菓子にしてみましょう。 プリンのレシピ 今回は、このブルーベリーでジャムを作り、そのジャムを使ってムースを作ります。 長期保存が可能なジャムですから、たくさん作っておいて、いろいろなおやつ作りに役立てていきましょう。 オーブンを使わないレアチーズケーキを作ろう・・・と思っても、肝心なゼラチンがないということもありますね。 そこで今回は、それらをすべて解決してくれるクリームチーズプリンを作ってみましょう。 子どものおやつを作るとき、オーブンやレンジといった電力になるべく頼らない方法はないものかと探ってみると結構あるものです。 手作りの知恵を生かして、子どもたちの心を愛情で満たしてあげましょう。 缶詰のマンゴーを使って、ちょっとトロピカルな美味しいマンゴープリンを簡単に作ってみましょう。 覚えておくととっても便利な一品です。 軽い気持ちで作ってみて下さいね。 豆乳には、美肌効果があると言われるイソフラボンが含まれていて、コレステロールもありません。 カラメルソースの代わりに黒蜜をかけて、最後まで体に優しいデザートにしてみましょう。 今回は、イチゴジャムを使ってプリン風のデザートを作ってみましょう。 ゼラチンとはまた違った植物性の寒天は、和菓子だけでなく様々な洋菓子にも応用させることができます。 甘みも強く同じ秋の味覚であるサツマイモでもできるのでは?という単純な発想から、「サツマイモプリンを作ってみようかな?」と思われた方はいらっしゃいませんか? もちろんできます! 子どもにとって大切な鉄分やカルシウム、多数のビタミンも豊富に含まれており、小さなゴマが持つパワーには驚かされるものがあります。 この香ばしさを楽しみながら、作業してみて下さいね。 かぼちゃの自然な甘みは、お菓子作りにピッタリな素材です。 かぼちゃ独特の、少し重い濃厚な甘さが口に広がり、かぼちゃが苦手なお子さんでも美味しく食べることができるでしょう。 どこの家庭でもある「オーブン」で蒸し焼きにすることができます。 素朴で優しいママの手作りプリンが、やっぱり一番美味しいに違いありません。 家庭で簡単に本物プリンを作ってみませんか? ゼリーを作ると言うと、通常「ゼラチン」を使用しますが、ここでは寒天の登場です。 植物性で食物繊維たっぷりの寒天を、いろいろなところで活用して、家族の健康作りに役立てましょう。 なめらかで優しい舌触りのひんやりムースは、子どもから大人まで親しまれるお菓子ですね。 ここでは、卵白を使わないムースをご紹介します。 よく冷やしてから、じっくりと味わって下さいね。 クッキーのレシピ ドロップクッキーは、型も成形もいらないので、通常よりも楽なクッキー作りができます。 いつもの薄力粉、バター、卵、砂糖にチョコレートを加えました。 手軽に栄養補給ができる便利なグラノーラは、忙しい朝や手早く出せるおやつとして利用している方も多いでしょう。 今回はその余ったフルーツグラノーラをクッキーにしてしまいましょう。 アメリカンという言葉では、どんなクッキーなのか想像しにくいかも知れませんね。 厚めのかたちでしっとりとしたあの独特な食感を、自宅で作ることができたら、子どもたちはきっと大喜びですね。 ここでは、緑茶の他に抹茶ときな粉のクッキーも作ってみます。 バターの風味たっぷりのクッキーですが、子どもからお年寄りまで楽しめる和風なお菓子になります。 どの味が一番人気になるのでしょうか。 バターを練る作業は面倒だし、頻繁に作るのは億劫・・・だからつい買ってしまうものでもあります。 そこで、大量にクッキー生地を作って冷凍庫で保存するアイスボックスクッキーを紹介します。 体にも、お財布にも優しい「おから」。 使いこなしていけばいいことばかりですね!おかずではなく、美味しいおやつに変身させてみましょう。 様々なアレンジが可能な手作りクッキー。 基本さえ知っておけば、ひと工夫でまったく印象が違った味わいを持たせることができますね。 今回は、スーパーでよく見かける「ドライフルーツ」を使ってみます。 クッキー型が無くても、お洒落で可愛いサクサククッキーができます。 生地を冷凍したり時間をかけて寝かしたりすることもなく、比較的短時間で仕上げることができますよ。 フランス語で「猫の舌」という意味のラングドシャ。 卵黄は使用せずに、しっかりと泡立てた卵白を使って作るクッキーです。 薄くサクサクに焼き上げた上品なお菓子で、口の中で軽く広がります。 いつまでも中途半端に残っているジャムを、おやつの定番であるクッキーにしてしまいましょう。 作り方は、従来の方法にジャムを加えるだけ。 チョコレートのレシピ 以前、ヘルシーなお豆腐で作る生チョコレートを紹介したことがありましたが、今回は、生クリームを使った一般的な方法を、成形しやすい「パヴェ形(石畳の意味)」にして紹介します。 今回は、秋の定番「さつまいも」を使って、あの柔らかい口当たりの性質を出してみましょう。 プレゼントやバレンタインにも活用できるでしょう。 もちろん、通常のトリュフチョコよりも低カロリー。 今回もまた、家にあるもので簡単な寒天おやつを作ってみます。 ココアパウダーを使った、チョコレート味の寒天です。 ここでは、スーパーなどで売っている加糖タイプのドリンク用ココアを使用しました。 フランス語で「溶けるチョコレート」という意味のフォンダンショコラ。 ここでは、子どものおやつという主題にしてお菓子を紹介していますので、少々の工夫をして食べやすい状態にしてみます。 数年前に「伊東家の食卓」というテレビ番組で紹介されていたトリュフチョコのレシピを紹介します。 驚きの美味しいトリュフチョコになりました!後悔しない一品でしたよ! チョコレートは、大人も子供も大好きなおやつですね。 ガトーショコラは、家庭でも作ることができます。 「下準備」さえしっかりすれば、失敗することなく仕上げることができるでしょう。 キャンディのレシピ ここでは家庭でも楽しめるよう、以前にも紹介しました生キャラメルの広がりの一つを作ってみます。 生クリームを使わず「牛乳」を主体にします。 シンプルな材料で作ることは、手作りママの基本ですから。 近ごろ、生キャラメルという名のお菓子が流行っていますね。 自宅で、しかも簡単に、口溶けの良い「生キャラメル」が出来るんです。 技術もコツも必要ありません。 子どもがお菓子作りにチャレンジする一品として、このマシュマロはとてもいいレシピです。 お子さんが最後まで作ることができたら、たくさん褒めてあげて下さいね! 子どもが大好きなカラフルなグミ。 買い物へ行くと、お菓子売り場でせがまれることってありますよね。 市販のゼラチンを使って、自宅で簡単に作ることがきるんですよ。 ワッフルのレシピ サツマイモの大福作りにトライしてみます。 中身の餡はサツマイモを使い、大福の生地は、少量でも簡単にできるよう、市販されている切り餅を使用します。 このおからレシピをまたひとつ増やしてみましょう。 とっても簡単な「おから餅」を作ります。 工程は、材料を混ぜるだけ。 加えて健康的で美味しいおやつにしてみましょう。 涼しさを感じられるおやつと言えば、あの透明感が心地良い「わらびもち」が浮かびます。 実際、本当においしくできたら、とても嬉しい発見ですね。 早速試してみましょう。 九州地方に代表され、歴史も古く、長年に渡り愛され続けている伝統のお菓子です。 小麦粉で作る饅頭とは違った食感を、この機会にぜひ楽しんで下さい。 米に馴染みがある日本人としては、お菓子作りの分野に餅粉が登場したら、喜んで受け入れたくなりますね。 今回は、小麦粉の代わりに餅粉を使用してバターもちを作ってみます。 ヘルシーで体にもいい「お豆腐」。 日本人が長年に渡りこよなく愛する食べ物ですね。 今回、またこの豆腐を使って美味しい和菓子を作ってみす。 とっても簡単で柔らかくて美味しいおやつです。 中華街や専門店で見かけるごま団子。 外側のごまが香ばしくて、アツアツのごま餡がとっても美味しいですね。 そこで、ごま揚げ団子の紹介です。 買わなくても作れるんです。 ご存じの通り、きな粉は大豆からできている健康食品であることは周知のこと。 工程としては、水飴ときな粉を混ぜて練るだけ。 昔懐かしの「あのおやつ」が、とても簡単にできることをご存知ですか? サツマイモが旬になる季節には、育ち盛りのお子さんのために、毎日のおやつに頻繁に登場させたいですね。 ここでは、簡単に手に入る「切り餅」を使って、和菓子として加工することをご紹介します。 作りたての美味しさは、市販のものとは比べ物になりません。 余ってしまったお餅に困っていた方、カビが生えて捨ててしまったことがある方、美味しいおやつにしてしまいましょう。 水の分量を多くするほど、仕上がりが柔らかくなります。 家族のお好みに合わせて調節して下さい。 透明で涼しげで、優しい柔らかさがたまらないわらび餅。 甘いきな粉をたっぷりとかけて、緑茶とご一緒に。 子どもと一緒に自然を楽しみ、食す・・・、いつも通りすがっていたよもぎの草は、実は素敵な共有時間を与えてくれる宝の草だったんです。 雑草と一緒にしてしまうなんて勿体ない! 自宅で和菓子を作る・・・難しいと思っている方が多いようですが、実は洋菓子よりも簡単だったりするのです。 手間がかかっているように見えて、実はとっても簡単な「やわらか大福」。 いちごとあんこって、どうして相性がいいんでしょうね。 お店に並ぶいちご大福を見ると、無性に食べたくなってしまいますね。 自宅で簡単にできることをご存じですか? 和菓子屋さんで見かける桜もちは、春の季節を感じさせてくれる可愛らしいお菓子ですね。 柔らかくて、食べやすく、子どもから大人まで楽しむことがことができます。 大人がサポートすれば、子どもと一緒に楽しく作ることが出来ます。 作りたては柔らかく、ほんのり温かいので、とても優しい食感になります。 ぜひお試し下さい。 和風のお餅に「チーズ」を合わせてみましょう。 モチモチとした生地にとろけるチーズが絡み合い、焼き面の「パリッ」とした食感は、クリスピーな歯触りでとっても美味しいですよ。 飲み物のレシピ 植物が多く見られる公園などを歩いていると、自生しているミントの葉を見ることがあります。 そこで今回は、このミントをメインにして「ミントシロップ」を作ります。 清涼感が溢れる口当たりは暑い夏にぴったり。 いつも捨てていたレモンの皮ですが、今回は、暑い夏にすっきり飲めるドリンクにしてみました。 レモンピールには食欲増進作用や利尿作用があり、果実と同じ量のビタミンCが含まれているとのことです。 今回は、子どもやお酒が苦手な人でも飲むことができる「米麹」の甘酒です。 カロリーも低いです。 発酵食品は、ヨーグルトや納豆にも代表されるように、優秀な健康食品であることが認められています。 今回は、この実を使って子どもも飲める梅ジュースの原液を作ってみましょう。 成分としては、疲労回復に優れているそうで、猛暑を乗り切るにはうってつけの飲み物であると言えますね。 新生姜、砂糖、水が同量であればいいので、料理で使い切れなかった生姜の量に合わせて砂糖と水を計量するだけでレシピはオッケーですね。 実は簡単に美味しく作ることができるんです。 その他のレシピ 今回は、そのブームにあやかり、韓国のお焼き「ホットク」を作ってみましょう。 アツアツでモチモチとした生地の中に、餡子やはちみつが入っていて、歩きながら食べる感覚で手軽に楽しめます。 「ある便利品」に気付いた方もいらっしゃるでしょう。 それはヨーグルトメーカーです。 市販のヨーグルトを少々使用し、それを種にして牛乳を加えるだけで4~6時間後にはヨーグルトが出来上がります。 遊園地やテーマパークなどで売られているチュロス。 家庭で作る揚げたてチュロスの味を知ってしまったら、もうお店で買えなくなるかもしれませんよ! サツマイモのおやつというと、蒸したり焼いたりする他、少し手間をかけたスイートポテトが定番ですね。 ここでは、簡単にできる「きな粉と砂糖をからめたサツマイモスティック」の二つをご紹介します。 コンビニやスーパーへ、わざわざ足を運ばなくても。 自宅で簡単にできるのをご存じですか? 手軽に作る手段として、ここでは市販の「ホットケーキミックス」を使用します。 絶対に失敗しない方法があります。 調理法としては、煮物やきんぴらなどが適していると考えるのが一般的ですが、ここではもちろん「おやつ」として扱ってしまいます。 まるで市販のポテトチップスのような食感になりますよ。 公園や土手には、美味しいご馳走があるのを知っていますか?味は、従来のいちごよりも酸味があり、小粒で種が少々気になる感じです。 たくさん収穫したら、冷凍保存もできます。 京都に行かずして、自宅で生八つ橋を食べたい・・・と思ったことはありませんか? そこでここでは、100円ショップダイソーで購入できる「白玉もち粉」を使ったシンプルな行程を紹介します。 和菓子屋さんでよく見かける芋ようかん。 自宅で簡単にできるのをご存じですか?お茶うけにも、手土産にも、おやつにもなる、ちょっとお洒落な和菓子です。 和菓子の「羊羹(ようかん)」というのは、簡単に表現すると、溶かした寒天を素材に混ぜ込むだけなのです。 ここでは「かぼちゃ」と「マンゴーの缶詰」でを使って作ってみます。 おやつの定番ですね。 ココアパウダー、粉末抹茶、アーモンドパウダーなどを入れて、味の変化を楽しむこともできます。 お子さんと一緒に、懐かしい食感を楽しんで下さいね。 クッキーが食べたくなったとき、バターを使わないサクサクお菓子を作ってはどうでしょう。 以前紹介したことのある「ボーロ」の応用です。 今回は、ドリンク用の甘いココアパウダーを使ってアレンジしてみます。 今回は揚げるのではなく、カロリーダウンのために電子レンジを使ったノンオイルのスナックを作ります。 かなり手軽な工程で、材料は「ショートパスタ」です。 日本の「おこし」にも似た感じで、すんなりと楽しむことができます。 仕上がりのかたちは様々ですが、子どもでも食べやすいスティックにしてみました。 とっても簡単で、大人も摂取したい成分が豊富。 短時間でできるので、気軽に初めてみてはいかがでしょう。 最近の調理道具は、とてもおしゃれにデザインされていますよね。 今回は、「材料から作る」ということにチャレンジしてみましょう。 アイス、パン、かき氷、フルーツのトッピングなど様々な場面で役立つ「練乳」を手作りしてみませんか? パパ様ママ様の世代には、この寒天を「懐かしい」と感じる方がいるのでは。 寒天の食物繊維、牛乳の栄養とカルシウムが同時に摂取できると考えたら、子どものおやつにはうってつけかもしれないですね。 今回は、「こし餡」を使って、作業が簡単な二種類のアイスを作ります。 生クリームを使ったアイスクリームのタイプと、歯ごたえが心地のいいアイスキャンディーのタイプです。 ママ友達、ご近所、帰省など、ちょっとした手土産を持参する機会というのは意外とたくさんあるものですね。 もっと肩の力を抜いて、愛する手作り作品を、自分らしく飾ってみましょう。 生地作りは簡単そのもの。 材料を次々と混ぜ合わせていくだけです。 両面が綺麗に焼けるための「ちょっとした工夫」をして、アツアツの可愛いたい焼きを自宅で楽しみましょう。 自宅で眠っている「ある機材」で、焼きたての今川焼を作ってみませんか? 調理時間も短く、お友達を招いてワイワイお喋りしているうちに次々と出来上がり、最高の状態で食べることができます。 きな粉を、脇役ではなく「メイン」にしたおやつを作ってみましょう。 ちょっと洋風できな粉の味が十分に楽しめる「きな粉ボール」です。 とても簡単なので、お子さんと一緒に楽しいおやつ作りができる一品です。 冷蔵庫の中を見て、お弁当作りなどで残った果物や、お菓子作りで余った材料を組み合わせ、ちょっとした工夫をしてあげると、甘味処にも負けない一品ができます。 抹茶の「和」の特徴を生かす意味で、ゼラチンを使ったプルプルしたプリンのようなものでなく、少ししっかりとした、寒天独自の口当たりのいいデザートにしてみます。 スーパーで簡単に手に入るもので、杏仁豆腐に似た味を作り出すことができます。 缶詰のフルーツを乗せれば、見栄えも立派で美味しいおやつになります。 美味しい中華ちまきは、自宅で作ることができます。 竹の皮が手に入らない場合は、ラップに包んで蒸すこともできます。 好きな食材を使ってアレンジも楽しめるでしょう。 実際、難しい作業行程はありません。 自宅で簡単にできるのをご存じですか?しかも、生の豚挽き肉から作るので、市販のものと比べてうま味が違います。 大量に作って冷凍保存もできますので、ぜひお試し下さい。 強力粉と薄力粉とドライイーストさえあれば、いつも家庭にある調味料を加えるだけで作れるんですよ。 時間があるときに作って冷凍しておけば便利です。 家庭でできる美味しいピザを楽しみましょう! 関連レシピ.

次の