咳 したら 頭痛 い。 咳をすると頭が割れそうに痛くなります。暫くすると頭痛は治まるので...

その頭痛、めまい、咳、実は・・・「気象病」!? 症状、原因、対策を解説!

咳 したら 頭痛 い

薬の使い過ぎによる頭痛は、人口の1~2%はいると考えられています。 これは、頭痛専門医のもとで治療を受けないと改善が困難な頭痛です。 この頭痛に悩む人の約8割は、もともと片頭痛のある人です。 は女性に多いため、薬の使い過ぎによる頭痛も女性に多く、患者さんの約7割は女性が占めています。 また、社会人で片頭痛や のある人は、なかなか仕事を休めないことから、頭痛薬に頼っているうちに薬の使い過ぎによる頭痛になるケースも少なくありません。 特に、薬の使い過ぎによる頭痛になりやすいのは、市販の頭痛薬を自己判断で日常的に使用するケースです。 頭痛外来などでは、薬の服用が1か月に10日以上にならないように、薬の処方や服用の指導が行われています。 【薬の使い過ぎによる頭痛チェック】• もともと片頭痛や緊張型頭痛などの頭痛がある• 1か月に15日以上の頭痛がある• 痛み止めの薬や片頭痛の治療薬であるトリプタンを1か月に10日以上のむ状態が3か月を超えて続いている これらのチェックに当てはまる場合は、薬の使い過ぎによる頭痛と診断されます。 原因となる薬は頭痛薬だけでなく、月経痛や腰痛など、そのほかの痛み止めの薬でも起こります。 また、そうした薬を使用する日数が多いほど起こりやすくなります。 チェックの結果、この頭痛が疑われる場合は、自分で悪循環を断ち切ることは難しいので、頭痛外来や神経内科など、専門医を受診してください。 このチェックに当てはまらない場合でも、 薬の効きがあまりよくないのに頭痛薬を使い続けている人や、頭痛薬の使用が習慣化している人も、悪循環が始まっている可能性があるので、受診をおすすめします。 受診する際には、市販薬を含め使用しているすべての薬の名前を必ず医師に伝えるようにしましょう。 薬の使い過ぎによる頭痛の治療は、まず、医師から薬の使い過ぎによる頭痛であることが説明されます。 そのことを患者さんが理解し、治療への意識づけができたら、原因となる薬の使用をやめます。 また、頭痛が起きたときのために別の種類の頭痛薬が処方されます。 たとえば、片頭痛の治療薬であるトリプタンの使い過ぎによる頭痛の場合、トリプタンには5種類あるので、別の種類のものが処方されます。 複数の有効成分が配合されている市販の頭痛薬の使い過ぎの場合は、その薬とは別の、単一の有効成分の鎮痛薬が処方されます。 また、もともとの頭痛に合わせて 予防的な薬も処方されます。 もともと片頭痛の人には カルシウムきっ抗薬や 抗てんかん薬などの予防薬が用いられ、もともと緊張型頭痛の人には 抗うつ薬などが用いられます。 経過が順調であれば、予防薬や抗うつ薬の量を減らしていきます。 もともと片頭痛の人の場合は、 頭痛薬の使用が1か月に10日未満になれば、薬の使いすぎによる頭痛が治り、元の片頭痛に戻ったと考えられます。 この後は、続けて片頭痛の治療を行うことで、頭痛をコントロールしていきます。 また、もともと緊張型頭痛の場合は、姿勢の改善や運動不足の解消といった日常生活の見直し、頭痛体操など、 薬以外で対処できるようになれば、元の緊張型頭痛に戻ったと考えられます。 薬の使い過ぎによる頭痛は、このような 専門的な治療によって、約70%は症状が改善できるとされています。 ただし、そのうち 約30%は、1年以内で再発するという研究報告があります。 再発を防ぐためにも、少なくとも1年程度は通院を続け、医師の指示を守って処方された薬を使用することが大切です。 薬の使い過ぎによる頭痛を予防したり、再発を防いだりするためには、頭痛薬の使用を 1週間に2日程度まで、1か月に10日未満を守りましょう。 また、頭痛の起こる日数が多い人が市販の頭痛薬を使うときは、有効成分が複数含まれているものは避け、 単一の有効成分の頭痛薬を選ぶことがすすめられています。 さらに、頭痛が起きていないときに頭痛薬を予防的に使うことは避けてください。 自分が薬を使い過ぎていないかどうかを確認するには、痛みの傾向や薬の状況などを記録する 頭痛ダイアリーを活用するとよいでしょう。 なお、医療機関を受診し、頭痛薬を処方してもらう際は、使用している薬をすべて伝えるようにしてください。

次の

咳をすると頭が割れそうに痛くなります。暫くすると頭痛は治まるので...

咳 したら 頭痛 い

風邪 寒気と頭痛が起きたら、まず思いつくのは風邪でしょう。 風邪をひくと、体内に侵入したウイルスに対抗するため、体は体温を上昇させようとします。 それは体の防衛反応で、とても重要な作用です。 この作用を促進させるため、脳内では体温が上がったことを認識しにくくなります。 そのため寒気が生じます。 そして、体温を上昇させるためには血流をよくする必要があり、それにより脳の血管が拡張して 頭痛をともなうことがあります。 風邪の症状は咳・鼻水・腹痛などなど様々ですが、寒気と頭痛という症状は風邪の初期に起こりやすい症状ですので、まず風邪を疑うのは当然ですね。 風邪の場合、寒気と頭痛の後に発熱や咳・鼻水など他の症状も現れます。 風邪を治すには体を休めるのが一番の近道となりますので無理をしないようにしましょう。 また風邪による頭痛の対処法についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 妊娠 妊娠の初期症状といえば、吐き気や眠気などが挙げられますが、寒気と頭痛が起こる場合もあります。 妊娠すると体中に様々な変化が起こります。 そして、心配・不安・緊張などを伴い、自律神経が乱れやすくなります。 自律神経の乱れによって寒気や頭痛が生じることがあるのです。 体の緊張をほぐすイメージで、ゆっくりとした行動を心がけ、半身浴やストレッチなどで体全体の血流をよくしましょう。 少しずつ自律神経のバランスを取り戻せるようになります。 急性肝炎 急性肝炎では、寒気と頭痛のほか、腹痛・関節痛・倦怠感などの症状も現れ、風邪と間違いやすいです。 しかし、皮膚や目が黄色っぽくなる黄疸という症状が現れるのが特徴です。 寒気と頭痛のほかに黄疸という症状もある場合は急性肝炎が疑われます。 治療が遅れると肝がんや肝硬変などの病気に発展する可能性もありますので、一刻も早く内科を受診しましょう。 他にも肝炎などの肝臓の病気になるとみぞおちに痛みを感じる場合がありますので注意しましょう。 参考: 急性肝炎の治療はとにかく安静に過ごすことです。 十分体を休めて栄養を摂取することで、肝機能が回復するのを待ちましょう。 治療中は肝臓に負担をかけないことが大切です。 アルコール摂取はひかえましょう。 また常用している薬がある場合、弱った肝臓では処理できなくなって蓄積してしまう可能性がありますので、必ず医師に相談しましょう。 肺炎 肺炎は高齢者の命にかかわる病気として非常に多いものです。 風邪と似た症状のため、医療機関を受診せずに悪化するケースも多いです。 寒気と頭痛の他、咳・呼吸困難などの呼吸器系の症状が続く場合は早めに呼吸器内科などを受診しましょう。 細菌性肺炎・マイコプラズマ肺炎・ウイルス性肺炎など様々な種類があり、それぞれに効果的な抗生物質があります。 症状が重い場合は抗生剤の静脈注射などの即効性のある治療が行われます。 参考: パニック障害 パニック障害は精神疾患の一種で、パニック発作が起きた際には強い不安から自律神経のバランスが乱れ、寒気や頭痛が起きることがあります。 パニック障害の原因は解明されていません。 繰り返し発症すると、発症を恐れて外出できなくなるなどの症状も現れ、うつ病にまで発展することもあります。 パニック障害では寒気や頭痛の他にも動悸や息苦しさを伴うことがあります。 参考: 治療は薬物療法と認知行動療法がありますが、一人で進めていくのは大変難しいです。 医師だけでなく、家族や友人などの理解を求め、焦らずじっくり治療を行いましょう。 まとめ 寒気や頭痛が起こると、また風邪かな…と自身で判断してしまいがちです。 風邪の場合は安静にしていれば数日で回復しますが、急性肝炎・肺炎・パニック障害など、早めに治療を行った方が良い病気の可能性もあります。 寒気や頭痛の他に気になる症状がないか、妊娠・急性肝炎・肺炎・パニック障害の可能性はないか、よく考えてみましょう。 自身で判断がつかない場合は迷わず医療機関で相談しましょう。

次の

【コロナ初期症状】発熱・咳・倦怠感・頭痛・鼻水・下痢嘔吐・味嗅覚

咳 したら 頭痛 い

スポンサーリンク 女性に多い偏頭痛の原因と対処法は? 偏頭痛は頭の片側やこめかみ周辺がズキズキと脈打つように痛いのが特徴の頭痛です。 場合によっては吐き気がすることもあります。 女性に多く見られる偏頭痛ですがなんと男性の4倍も多いそうです。 偏頭痛が起こる原因は緊張が緩んだ結果、脳内の血管が広がってしまって血管の周辺の神経を圧迫してしまうから。 睡眠時間が足りなかったり、ストレスや生活リズムが乱れたりすると、脳の血管が広がって圧迫し偏頭痛を起こしてしまう原因になります。 他にも血管収縮作用のある化合物が含まれるチョコや赤ワインを飲んだり、女性だと生理(人によって頭痛が起きるのが生理前・中・後が違う)により偏頭痛が起こります。 生活リズムを崩さないことが偏頭痛の対処法 偏頭痛はこめかみ周辺が痛むことが多いので、こめかみ辺りを集中的に冷やすと症状を和らげることができます。 こめかみ以外にズキズキと痛いところがあればそこを集中的に冷やしましょう。 アイスノンなどを使う場合は凍傷しないようにタオルやハンカチなど布で包んでから痛む箇所に当ててくださいね。 それからコーヒーなどのカフェインを含む飲み物を飲むのも有効ですよ。 カフェインには血管を収縮させる効果があるので、血管が広がり過ぎてしまうことを抑えてくれます。 ただ飲み過ぎると逆に頭痛を誘発してしまうのでほどほどに。 あと偏頭痛は体を動かすとズキズキと痛みが増すことが多いです。 そして光や騒音にも反応して痛むため、 偏頭痛のときは静かで暗い部屋で横になるようにしましょう。 偏頭痛の予防法はしっかりと寝ること・休日だからといって生活のリズムを平日とガラリと変えないこと。 十分な睡眠が取れなかったり不規則な生活をしていると偏頭痛が起こりやすくなるからです。 またチラミンを含むチョコや赤ワインなどを飲食することはひかえるようにします。 男性に多い群発頭痛の原因と対処法は? 目の奥でするどく刺されたような痛みを感じたら群発頭痛かもしれません。 群発頭痛は男性に多くみられる頭痛です。 頭痛が2週間から2か月ほど長期間続いたり、ほとんど同じ時間帯に毎日頭が痛んだりします。 また頭痛の他に鼻水・涙・汗が出たり目が充血する場合もあります。 群発頭痛が起こる原因は実はよくわかっていません。 飲酒後の30分~1時間後に群発頭痛が発症するケースが多いようです。 群発頭痛かもしれないと思ったらアルコールやタバコをひかえる 群発頭痛はお酒を飲んでから発症することが多いので、 群発頭痛かもしれないと思ったらお酒などのアルコールやたばこをひかえましょう。 我慢できない痛みが群発頭痛だと起こるので、つらいと思ったらすぐに病院へ行きましょうね。 スポンサーリンク 1週間ほど続くこともある緊張型頭痛の原因と対処法は? 緊張型頭痛は突然頭痛が起こって頭を締め付けるような感じの痛みが出る頭痛です。 首筋や目の周りが痛むこともあります。 30分から長いと1週間ほど頭を締め付ける痛みが続くのでつらいですね。 緊張型頭痛が起きる原因は肩や首がこっているのが原因。 長時間同じ姿勢で作業をしている仕事をしている人は肩や首がこりやすいので要注意です。 偏頭痛では血管が広がることにより頭痛が起きましたが、 緊張型頭痛では血管が圧迫されることで頭痛が起こります。 首や肩の血液の循環をよくするのが緊張型頭痛の対処法 緊張型頭痛の対処法は首や肩に蒸しタオルを当ててあたためて血行をよくするとよいです。 偏頭痛の時は冷やしましたが、緊張型頭痛の時は冷やすのではなくあたためることに注意してくださいね。 緊張型頭痛の予防ですがこの頭痛の原因は首や肩のコリなので、首や肩の血液の循環をよくすればOKです。 お風呂はいつもシャワーで済ませているという方は、ゆっくりと湯船につかるようにしましょう。 また長時間同じ姿勢でいる場合は、合間にストレッチしたりずっと同じ姿勢で過ごすことがないようにしましょう。 それから緊張型頭痛でもストレスが原因で頭痛が起こることもあるのでストレスをためこまないのも大切です。 徹夜して睡眠不足になっても頭痛がするので注意 寝すぎてもいけませんが全く寝ないというのも体に悪いです。 徹夜するとなんか頭が重い…頭痛がしてきた…となりませんか? 睡眠不足が続いてしまうと自律神経のバランスが乱れるため頭痛に悩まされることが多くなりますよ。 夜中まで起きていたらちょっと頭がズキン痛んできた…と思ったら体が安めと言っているサインです。 めまいや吐き気などが他の症状が起きないうちに寝た方がよいでしょう。 起床したとき頭痛がしたときの対処法と原因まとめ 起きた時に頭痛が起こるのは大きく分けて3つの頭痛(偏頭痛・群発頭痛・緊張型頭痛)に分かれます。 偏頭痛は血管が広がることで、緊張型頭痛はコリによって血流が悪くなることで、群発頭痛はアルコールが原因かもしれないと考えられます。 偏頭痛の対処法はこめかみ周辺や痛む部分を冷やすこと。 偏頭痛の時は痛む部分をあたためるのはNG。 また入浴やマッサージなどは血管を広げさせてしまうため避けましょう。 群発頭痛は我慢できない痛みが伴うことが多いので無理せずに病院へ行くこと。 緊張型頭痛の対処法は肩や首に蒸しタオルを当ててあたためること。 血液の循環をよくしたいので半身浴や入浴するのもいいですよ。 頭痛にはタイプがあるのでその症状にあった対処法ができると、症状をやわらげることができるのでいいですね。 体調が悪いとその日1日が台無しになったりつらかったりするので大変ですよね。 少しでも症状を軽くしたいところです。 もし起床したら頭痛が…となった時は今回の記事のことを思い出してみてくださいね。

次の