クラロワ トリトン デッキ。 【クラロワ】グラチャレ勝率・人気デッキベスト3 環境を読もう

【クラロワ】トリトンがグラチャレ大暴れっ!!12勝デッキ紹介【9/5】

クラロワ トリトン デッキ

タグ 60式ムート アイスウィザード アイスゴーレム アイススピリット アサシンユーノ アースクエイク インフェルノドラゴン ウォールブレイカー エリクサーゴーレム エレクトロウィザード オーブン クローン コウモリの群れ ゴブジャイアント ゴブリン ゴブリンの小屋 ゴブリンの檻 ゴブリンギャング ゴブリンバレル ゴーレム ザッピー ザップ ジャイアント スケルトン スケルトンバレル スケルトンラッシュ スケルトン部隊 スパーキー ダークネクロ ダークプリンス ディガー トルネード ナイト ネクロマンサー ハンター バトルヒーラー バルキリー バーバリアン ファイアボール フリーズ ベビードラゴン ペッカ ホグライダー ホバリング砲 ボムタワー ポイズン マジックアーチャー マスケット銃士 ミニペッカ メガガーゴイル メガナイト ライトニング ライトニングドラゴン ラムライダー ランバージャック ラヴァハウンド ロイヤルゴースト ロイヤルジャイアント ロイヤルホグ ロケット砲士 ローリングウッド ローリングバーバリアン 三銃士 初心者 執行人ファルチェ 墓石 巨大クロスボウ 巨大スケルトン 巨大雪玉 攻城バーバリアン 槍ゴブリン 漁師トリトン 迫撃砲 目次• 自作デッキのメリット・デメリット クラロワのデッキには、「テンプレデッキ」と「自作デッキ」があります。 テンプレデッキも元々は自作デッキであり、多くの人が「このデッキは強い」と思って流行していると、「テンプレデッキ」になります。 自作デッキ…自分で試行錯誤して作ったデッキ• テンプレデッキ…だれかが作った自作デッキで、多くの人が使っている(流行っている)デッキ なので、 テンプレデッキを作りたい人は、自作デッキを作って色々試行錯誤しないといけません。 次に、自作デッキを使う(作る)メリットとデメリットを紹介します。 メリット• カードの入れた理由がわかるので、デッキを使いこなせる• 自分の好きな(カードレベルの高い)カードを使える• 相手にデッキがバレにくい• 色々なデッキを試すと、PS(プレイヤースキル)が上がる• デッキ作りが楽しい カードの入れた理由がわかるので、デッキを使いこなせる 自分で作るデッキは、それぞれのカードを入れた理由や、攻撃(防衛)の形が分かっているので、誰よりも使いこなせれます! テンプレデッキを研究・練習する必要がなく、 作っているうちに上手くなります。 もちろんテンプレデッキの練習も必要です。 テンプレデッキの練習から、自作デッキ上達のヒントが隠されていることもあります。 自分の好きな(カードレベルの高い)カードを使える まだ始めたばかりの人や無課金の人の多くは、全カードレベルがカンストしていないでしょう。 なので、マルチ(トロフィーマッチ)では、使えるカードが限られてきます。 使えるカードが少ない環境で重要なのが、自作デッキです。 自分のカードレベルや好みから、使うカードを決め、それを引き立てる他のカードを組み合わせることで、カードレベルの高いかつ強いデッキを作ることができます。 相手にデッキがバレにくい テンプレデッキのデッキとしての唯一の弱点は、デッキが「バレる」ことです。 テンプレデッキを覚えれば、相手がテンプレデッキを使っているとき、2~3枚見ただけで、相手が何デッキなのかがわかります。 相手から見ても同じなので、テンプレデッキを使っているとすぐにデッキがバレてしまいます。 バレてしまうと、対策カードを温存されたり、こちらの手札把握から弱点を突かれたりします。 自作デッキなら、相手はデッキ把握に時間がかかります。 加えて、相手に違うデッキを想像させることもできます。 (例えば、ペッカ攻城デッキの攻城ババの枠をロイジャイにしても、ロイジャイを出すまでは、相手は攻城ババと勘違いしている) 色々なデッキを試すと、PS(プレイヤースキル)が上がる ゲーム上達で一番重要なのが、PS(プレイヤースキル)を上げることです。 PSとは、ゲームの上手さです。 色々なカード(デッキ)を使っていると、そのカード(デッキ)の使い方や強み・弱みを知って、PSが自然と上がってきます。 相手がそのカード(デッキ)を使ったときも、対応しやすくなります。 デッキ作りが楽しい なんといってもデッキ作りは、楽しいです!!! 勝てば勝ち方が分かり、負けても改良・改善で次につなげる… 自分で物を作りたい人・エンジニア(理系)の人・負けず嫌いな人に向いています!! デメリット• テンプレデッキより弱い可能性が高い 面倒 デッキ作りは、時間がかかります。 カード1枚を決めるのにも、かなりの試合数を積む必要があります。 試行錯誤が嫌いな人は、テンプレデッキを使うことをお勧めします。 テンプレデッキより弱い可能性が高い テンプレデッキは完成されたデッキです。 なので、基本的には自作デッキよりもテンプレデッキの方が強いです。 ある程度PSがある人なら、テンプレデッキを使った方が高トロフィー帯に行けるでしょう。 (現にランキング上位の多くはテンプレデッキ) 自作デッキの作り方のコツ 次に、自作デッキの作り方です。 以下の手順でデッキを作ります。 デッキコンセプトを決める• 主軸カードを決める• 主軸カードと相性のいいカードを入れる• 対空ユニットと陸ユニットを2枚ずつ入れる• 2種類の呪文を入れる• デッキのバランスを見て、施設を入れる• レベルの高いカードを使いたい• 呪文枯渇デッキにしたい• 始めにコンセプトを決めておくと、後から軸がぶれずに自作デッキを作ることができます。 主軸カードを決める ここから実際のカード決めです。 主軸のカードを1枚決めましょう。 ペッカのカードレベルが高いから、ペッカデッキ• ローリング系の呪文枯渇にしたいから、ゴブリンバレル• ペッカが多いから、ラヴァデッキ と、上記のコンセプトから決めれることが多いです。 単純に好きなカードでもいいです。 主軸カードは、1枚か多くても2枚にしましょう。 主軸カードと相性のいいカードを入れる 次に主軸カードと相性のいいカードを入れます。 ペッカと相性のいいエレウィズ• バレルと相性のいいプリンセスやゴブリンギャング• ラヴァと相性のいいディガーやバルーン• ゴーレムと相性のいいダークネクロ こんな感じで、決めましょう。 主軸カードを含めた、攻撃・防衛の形を考えると相性のいいカードが浮かんできます。 の「RoyaleAPI」は、相性のいいカードを調べることができます。 対空ユニットと陸ユニットを2枚ずつ入れる あとは、対空ユニット・陸ユニット・呪文(施設)をバランスよく入れましょう。 ユニットを決める際に意識してほしいことは、「単体攻撃・範囲攻撃・複数ユニットの三角関係を考える」ことです。 ユニットの多くは、単体攻撃・範囲攻撃・複数ユニットのどれかに分類でき、それぞれじゃんけんのような関係になっています• 単体攻撃は範囲攻撃に強い(例:ミニペッカとバルキリー)• 範囲攻撃は複数ユニットに強い(例:バルキリーとスケルトン部隊)• 複数ユニットは単体攻撃に強い(例;スケルトン部隊とミニペッカ) これは空ユニットにも言えます。 この三角関係を意識しながら、ユニットを決めていきます。 対空ユニットと陸ユニットを2枚ずつ選びましょう。 対空(2枚)と陸(2枚)の4枚の中で、単体攻撃・範囲攻撃・複数ユニットの分類に1枚ずつは入れるようにしましょう。 例えば、バルキリー(範囲攻撃)、スケルトン部隊(複数ユニット)、メガゴ(単体攻撃)、ベビドラ(範囲攻撃) 対空ユニットや陸ユニットの中でも、上記の分類がかぶらないようにするとベストです。 (メガゴとホバリング砲(両方、対空ユニットの単体攻撃)にすると、ガーゴイルの群れ(空の複数ユニット)を止めずらい) 2種類の呪文を入れる 残りの枠は、呪文に使います。 コストの違う二種類の呪文を入れることで、多様な相手のデッキ(高回転デッキや大型デッキ)に対応できます。 デッキのバランスを見て、施設を入れる 最後は、施設を入れます。 施設は、デッキのバランスを見てから入れましょう。 例えば、主軸やそれと相性のいいカードが陸ユニットであった場合、陸ユニットがデッキに多くなるので、陸ユニットの1枚を「施設」に変えます。 相手にユニットを先に出させたいならユニット生成系施設、防衛を固めたいなら防衛施設を選びましょう。 このように、現状のデッキの種類別の枚数のバランスと、デッキの弱点を補うように施設を入れましょう。 実践を重ねる 後は、実践を重ねるのみです。 その時は、カードを1枚変えたり、現状のカードでの対策を考えたりしましょう。 このようにして、デッキの習熟度やPSが上がっていきます。 まとめ 以上が自作デッキの作り方です。 多くの人が自作デッキを作っていると思うので、参考にしてください。 簡単にデッキ構成をまとめると• 陸ユニットと対空ユニットのバランスをとる• 呪文を2種類入れる• 施設は、デッキのバランスを見て入れ替える です。 もし自作デッキができましたら、 で報告してください。 強い・使いやすい・使いにくい(アドバイスが欲しい)・面白いetc.. と、どんなデッキでもいいので、お待ちしております。

次の

【楽しい!】自作デッキのメリットデメリット・強い自作デッキの作り方のコツを紹介

クラロワ トリトン デッキ

6月半ばにイカリの画像がヒントとして公開されましたが、ついに新カードの情報が公開されました。 その名も『漁師トリトン』!イカリを使って相手ユニットを引き寄せて、所持している魚で攻撃するユニットです。 相手を引き寄せる攻撃パターンは新しいものになります。 これからさまざまなカードとの組み合わせなど、新しい戦略が生まれてきそうなので注目のカードですね。 ウルトラレアカードですが、コスト4と低く使いやすいカードだと思いますので、さらに詳細が分かり次第まとめていきたいと思います。 追加されるのは、水没したアリーナで戦う「スカイバトル」、中央に現れるトリトン像を破壊して漁師トリトンを味方につける「怒れる漁師」の2つになります。 射程が2以下の近接攻撃のユニットについては、今まで射程について詳細が明かされていませんでしたが、明確に分けられるようになります。 大きく 長距離(1. 6マス)・中距離(1. 2マス)・短距離(0. 8マス)の3種類に分類されるようになります。 プレイをしていて同じ近接攻撃ユニットなのに。。 と不自然に感じていた方もいるかもしれませんが、今回のアップデートで詳細までわかるようになったので参考にしてみてください。 2019年7月1日のバランス調整 今回のアップデートで毎月行われているバランス調整も実施されました。 カード名 バランス調整内容• 5に変更)• 2秒から1. 0秒に変更)• シールドのHPが1. 8秒から1. 0秒に変更)• 半径が3から2. 5に縮小• トロフィー目標に、ドラフトカード報酬(与えられたカードが欲しくない場合にランダムなカードを引ける)が加わりました。 ゴブリンの檻が、3750トロフィーでアンロック可能になりました。 修正点• リーグシーズンが進行中の間に、一部のプレイヤーにシーズンリセットが発生する不具合を修正• 敗北時に喪失するトロフィー数が予想外の数量になる不具合を修正• チャレンジメニューのUIを修正• 追加された画面比率へのUIサポート ドラフト• 各プレイヤーが建物をターゲットとするユニットを確実に手に入れられるように、ドラフトのテーブルを変更• 特性が似ているユニット同士(P. Aとジャイアントのような組合せ)が出ないよう、カードの選出を再調整• マッチングの偏りを改善するため、一部カードをすべてのドラフト選択肢から除外 クエスト• 皆様からのご意見に基づいて…クエストの仕様を変更しました!今後は、さまざまな種類のクエストがさまざまな難易度で出現します• 高難易度のクエストでは、報酬も豪華に!• 「ヒールとウォールブレイカーを使って1対1バトルで900回勝利する」といった類のクエストを削除今後、クエストはゲームモードに制限されることなく、どんなゲームモードでもクリア可能に(訓練キャンプとフレンドバトルは除く)! カード• ローリングバーバリアンが、意図した範囲にいる敵に命中するように変更(アニメーションと一致するよう調整され、今後は実際に接触した敵にしかダメージを与えません) その他• 特別チャレンジの「基本報酬」を廃止するかわりに、特別チャレンジ報酬が発生するようになりました! 以上が今回実施されたアップデートの内容です。 新しく追加されたクラロワパスについては大幅な報酬アップが狙えるので、購入できる方は購入してライトニング宝箱で必要なカードを集めつつ、限定タワースキンやスタンプをGETしてよりクラロワをより楽しんでいきましょう。 クラロワパスを買えない方も、クラン宝箱の仕様が変わったことで ウルトラレアカードが必ずもらえるので、クラン宝箱はなんとしても最後まであけていきたいですね。 その他、新カード『漁師トリトン』やゲームモードの追加など、盛りだくさんのアップデートでしたので、今シーズンの動きには要注目です! 直近でいろいろと仕様が変わり対応していくのが大変なこともありますが、より楽しめるコンテンツとなっていってると思うので、これからもクラロワライフを楽しんでいきましょう!.

次の

【クラロワ】トリトン動画集【3コスト】

クラロワ トリトン デッキ

トロフィー上げに苦戦しているろなうどです 2. 6以外のホグデッキも使えるようになっておかなきゃなので新しいホグデッキをマルチで試しているんですが、エリババにも普通に負けてかなりメンタルやられてます 笑 まあ産みの苦しみだと思って耐えつつ、今後も使い続けようと思います。 今回は常設チャレンジであるグランドチャレンジの攻略について、 勝率の高いデッキと人気のデッキを紹介しようと思います。 マルチバトルで強いデッキがグランドチャレンジでも強いとは限りません。 グラチャレはグラチャレでしっかりと環境に適応していく必要があります。 環境を読んでいく上で基本となるのが人気のあるデッキ、つまり使用率の高いデッキを対策できれば有利に立ち回ることができます。 グラチャレ人気デッキベスト3 1位 2. 6ホグデッキ 2位 ペッカディガポイデッキ 3位 ゴーレムライトニングデッキ マルチバトルでも人気の2. 6ホグデッキなんですが、グラチャレでも最も多く使われるデッキのようです。 デッキ下の勝率で3つのデッキを比べてみると、不思議なことに順位がひっくり返ることが分かると思います。 人気のデッキだからといって勝率が高いわけではない、むしろ 対策されやすいため勝率が伸びないといってもいいでしょう。 よって人気1位のデッキでグラチャレに臨むのはあまりお勧めしません。 では勝率の高いデッキを3位から見ていきましょう。 グラチャレ勝率3位デッキ グラチャレの勝率3位のデッキはこのクロスボウデッキです。 9クロスデッキでも遅延クロスデッキでもない、あまり見かけない形のクロスボウデッキがグラチャレ勝率3位にランクインしました。 しかしデッキを見てみると勝率が高いのもうなずけます。 人気1位のホグデッキが苦手とするクロスボウ、さらに人気2位3位の重量級ユニット対策としてインドラを積んでいてしっかりと環境に合っているデッキだといえます。 このデッキが今後流行って母数が増えたときに勝率は上がるのか下がるのか、対策されて廃れていくのかはわかりませんが、今の環境で人気のデッキと相性がいいのは間違いないので使ってみてはどうでしょう。 グラチャレ勝率2位デッキ グラチャレ勝率2位のデッキはディガー型の三銃士デッキです。 三銃士デッキが2位に入るのは結構意外で、というのも人気のデッキベスト3にランクインしたデッキはどれもポイズンやファイボが入っていて、三銃士に対して相性の良さそうなデッキだからです。 まず間違いなく2. 6ホグデッキに対しては相性が悪いはずです。 これは推測の域を出ませんが、三銃士は呪文を切らせるための「おとり」で、他のガゴ群れやポンプを活かして三銃士以外のディガーやユーノで削っていくというコンセプトなのかもしれません。 僕も実際に試してみます。 グラチャレ勝率1位デッキ グランドチャレンジの勝率1位デッキはこのロイホグデッキです。 デッキを見た感じ 攻守がはっきりしているという印象ですね。 ユーノやゴーストは防衛でも使えますがどっちかというと攻撃でタワーを削ってくれるカード。 そこにロイホグを加えた3枚のカードで削りながら、 インドラやアウトローやハンターで重量級ユニットを手厚く守っていくという戦い方が想像できます。 ロイホグは前回のバランス調整で攻撃速度が0. 1秒遅くなりましたが、まだまだ現役のカードです。 相手の陸ユニットが枯渇したスキを見計らってのゴーストやユーノ、ファイボやバルキリーを使った後のロイホグがかなり有効だと思います。 こちらも十分対策される可能性の高いデッキですが、勝率1位を体感したいという方はぜひ使ってみてください。 まとめ グラチャレでの人気ベスト3と勝率ベスト3のデッキを紹介しました。 今回紹介したデッキは現時点から過去1週間分の統計をもとにしているので常に変動していきます。 なのでアプリをダウンロードして自分で環境を読みながらプレイすると良いと思います。 これからも定期的にグランドチャレンジの傾向は載せていこうと思いますのでよろしくお願いします。

次の