スピッツ チェリー。 スピッツの名曲、チェリーの歌詞の解釈と意味について

スピッツの魅力を改めて考える 草野マサムネの曲作りに、人気の理由が分かる

スピッツ チェリー

メンバー:草野マサムネ(ヴォーカル・ギター)、三輪テツヤ(ギター)、田村明浩(ベース)、﨑山龍男(ドラム) 結成年:1987年 デビュー年:1991年 所属:Grass Hopper 1987年、それぞれ進学のために上京してきた4人が集まり、スピッツが結成されます。 現在は、美しいメロディーが特徴のスピッツですが、なんと結成当初はパンクバンドだったそうです。 『スピッツ』命名の由来は? 『スピッツ』というバンド名は、ボーカルの草野マサムネさんが高校時代から温めていた名前。 「短くてかわいいのに、パンクっぽい名前である」ことから、命名したといいます。 犬種の『スピッツ』も名前の由来の1つ。 「弱いくせによく吠える」といった、パンクバンドらしい意味も込められているそうです。 スピッツ(犬種) 結成されたスピッツは、『新宿JAM』『渋谷ラ・ママ』などのライブハウスで、ライブ活動をスタート。 当時はパンクバンドらしく、ライブパフォーマンスとしてお客さんをあおったり、暴れたりなどしていたそうです。 しかし、ライブハウスのブッキングマネージャーから、「ブルーハーツの二番煎じでは、先は望めない」と指摘され、バンドのスタイルを変更。 それ以降、着実にファンを増やしていきます。 そして1991年、シングル『ヒバリのこころ』で、念願のメジャーデビューを果たしました。 しかしその後、シングルやアルバムをリリースするもののヒットには恵まれず、このままでは、「大好きな音楽活動が続けられなくなる」「支えてくれるスタッフのためにも」と、外部プロデューサーの笹路正徳さんを迎えて「売れること」を目標にします。 『空も飛べるはず』でついにヒット その願いが叶い、1994年4月にリリースした8枚目のシングル、『空も飛べるはず』がついにヒットします。 ここから、ラジオ・TV出演などメディア露出が増え、徐々に知名度を上げていきました。 そして翌年の4月にリリースした11枚目のシングル『ロビンソン』が、スピッツとしてオリコンチャートトップ10に初めてランクイン。 売上は、162万枚を超えるビッグヒットとなりました。 2017年には結成30周年を迎え、日本音楽シーンの第一線で活躍しています。 スピッツの楽曲の魅力とは? たくさんの人の心に残る名曲を数多く生み出しているスピッツ。 ここでは、その楽曲の魅力をご紹介します。 スピッツ『ロビンソン』 まずは、スピッツが大ブレイクを果たした1995年の名曲『ロビンソン』。 『ロビンソン』は、前述のとおり、初のオリコンシングルランキングトップ10にランクインした曲であり、さらに、スピッツにとって、最大のヒット曲です。 タイトルである『ロビンソン』は、草野マサムネさんが、タイに旅行した時に訪れたデパートの名前だそうです。 仮タイトルにしていたら、なぜかスタッフから好評。 そのまま正式タイトルとなったため、『ロビンソン』という言葉自体に意味はないそうです。 また、スピッツの作詞・作曲を担当しているヴォーカルの草野マサムネさんの歌詞は、非常にあいまいで、難解だといわれています。 この『ロビンソン』も同じで、さまざまな解釈がされています。 ヴォーカルの草野マサムネさん自身が歌詞の意味を公表していないことから、「切ないラブソング」とも、「生と死を描いている」とも取れます。 丁寧に作ってあるものは、元気な時でも、元気がない時でも入ってくる。 メロディーも演奏も、丁寧に作りたい。 勢いだけで作ったものは、元気がある時は盛り上がって楽しいが、疲れている時、弱っているときはあまり聴きたくない。 自分たちは、元気がないときでも聴ける音楽をやりたい。 草野マサムネさんの思いから、スピッツの音楽が私たちの心にすっと入っくる理由分かります。 スピッツの現在、これから これまで、ラジオでさまざまな本音を吐露してきた草野マサムネさんは、2018年1月から20年ぶりのレギュラーラジオ番組 『SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記』(TOKYO FM)の、パーソナリティを担当しています。 メディア露出の少ない草野マサムネさんの、貴重なトークを聴くことができます。

次の

スピッツのチェリーの歌詞はどんな意味があるんですか?

スピッツ チェリー

UtaTen特別企画 「コラムで綴るスピッツ愛」 歌詞検索・音楽メディアUtaTenでは、シングル・コレクション・アルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』が7月5日にリリースされるのを記念して、コラム特別企画を実施! UtaTenライターによる「コラムで綴るスピッツ愛」を7月3日から短期集中連載。 UtaTen自慢のコラムニスト・ライターが独自の解釈で、スピッツの曲に纏わるコラムをお届けします。 多くのアーティストがカバーする名曲 『チェリー』が発売されたのは1996年4月10日、今から21年も前に世に出たことになる。 しかし、これまで200もの数多くのカヴァーがされており、最近ではグッバイフジヤマがデビュー曲として『チェリー』をカヴァーするなど人気は衰えを知らない。 なぜ、こんなにも多くのアーティストにカヴァーされるのだろうか。 結成30周年を機に今一度考えてみたい。 言葉選びも非常に巧みで、瑞々しい感覚に満ちた詞も彼らの特徴のひとつだ。 「曲がりくねった道」という表現からこの曲の主人公が歩を進めようとしている道はこれから先の未来が一筋縄ではいかないことを暗示している。 また、「産まれたての太陽」と表現し、初心な恋心を表すと同時に「黄色い砂」と敢えて砂に色付けを行い、黄色が持つ光の象徴というイメージをリスナーに印象付ける。 紆余曲折している道だけれど、主人公は少年のような無邪気な恋心を持って夢への案内役としての黄色い砂に導かれる様子が想起される。 「騒がしい未来」とあるように僕を待ち受ける未来に期待感を込めている。 君との関係性 では、この曲の主人公と君の関係はどうなっているのだろうか。 「君を忘れない」や「二度と戻れない」という表現から分かるのは、君とはもう恋人の関係ではないということだ。 日本人はあまり口に出すことはしないが、愛を伝えるのには最も伝わりやすい言葉である。 しかし、ここで「愛してる」という言葉そのものよりも響きに重点を当てているのが肝である。 響きには様々な意味が存在するが、曲の流れから単純に音の広がりではなく、余韻や残響という意味で解釈してみた。 また、その「響き」だけでなく、「気がしたよ」や「ささやかな」といったどこか鮮明さに欠ける表現が見られる。 これには理由がある。 「愛してる」は先ほど述べたようにありきたりで照れくさい言葉だ。 しかし、「響き」という空間的な広がりのある言葉で包み込むことで、「愛してる」という常套句に付きまとう恥じらいを緩和している。 私はカラオケランキングで『チェリー』が上位に挙がる理由はここにあると推測する。 ラブソングで常套句を連呼するのは少し恥ずかしいけれど、スピッツのこの曲だけは歌える。 こんな方も多いためだ。 ここで曲調に変化を加えこれまでの明るく軽快な雰囲気から暗くシリアスな雰囲気へとシフトしている。 それに合わせて歌詞の内容もAメロにあった明るい雰囲気から「心の雪」や「悪魔」、「切り裂いた」など暗鬱で攻撃的な雰囲気になっている。 Aメロは未来に向かって前に進もうという前向きな主人公であったが、Dメロでは挫折してしまった様子が描かれる。 「心の雪」はAメロの太陽との対比になっているのが分かだろう。 もちろんここでは主人公の心理描写である。 続いて、印象的な「悪魔のふりして切り裂いた歌」というフレーズ。 ここでも、注目なのはふりしたと表現されている点だ。 本当に悪魔のような心で詞を書いたなら「ふりして」という表現は必要ないはずである。 推測になるが、『チェリー』に出てくるこの切り裂いた歌は今の主人公の気持ちを書いた歌詞であろう。 愛してる君に向けて悪魔のような心で詩を書けるはずはない。 本心ではないのならばふりをする必要があったのだ。 しかし、「春の風に舞う花びらに変えて」とあるようにこれまでの苦境を乗り越え心機一転するという思いを始まりの季節である春に準えている。 その意味を込めてタイトルの『チェリー』と名付けられた。 また、チェリーにはさくらんぼの他に俗語でヴァージンの意味がある。 タイトルに準えるならばチェリーボーイだ。 これについて草野マサムネはこう答えている。 「チェリーってやっぱり意味的にはヴァージンとかそういう風な意味もあるじゃないですか?そういう部分とか、あとまあ桜は春に咲く花だし、そういう意味でも何かから抜け出すというか出発するような」。 このように、タイトルには意図するものが少なからずあることが分かる。 きっと僕らは、2人で1つ 何か新しいことを始めるという意味を込めてチェリーが適当だったということだろう。 ファンであればこれらは既知の事実だろうと思うので、今回はもう一歩踏み込んで解釈をしたい。 そこで、チェリーそのものをイメージしてほしい。 思い浮かべるのは2個の実がくっついたチェリーではないだろうか。 これは、1つの花芽から2個の花が咲くからということらしい。 この『チェリー』を聴いたときからチェリーという果物の一般的イメージ 実が二つで一つであること と主人公と君の関係を関連付けているのではないかという疑問が起こった。 それを裏付けるようにこの曲の最後は「いつかまたこの場所で君とめぐり会いたい」と締めくくられる。 この曲の主人公と君がチェリーのように不可分の関係であることを感じざるを得ない。 これからも歌い継がれ、多くの人を魅了していくに違いない。 TEXT 川崎龍也.

次の

チェリー (曲)

スピッツ チェリー

window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition.

次の