ホワイト マルベリー。 ホワイトマルベリー

【株式会社ホワイトマルベリーホーム ハウスドゥ!玉造駅前店/営業サポートの採用情報】

ホワイト マルベリー

ホワイトマルベリーにはポリフェノールの一種である レスベラトロールが豊富に含まれています。 レスベラトロールは赤ワインにも多く含まれるポリフェノールです。 このレスベラトロールは、長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させるといわれていることから、アンチエイジングの効果が期待できます。 漢方としての薬効にも期待! 古来から漢方では桑の実を 桑椹(そうじん)といって、強壮、鎮静、補血、止瀉などの目的で使用されています。 また、肝臓・腎臓の機能を補うともいわれています。 果実をそのまま食べても薬効があるとされているので、ホワイトマルベリーにも漢方としての薬効が期待できます。 生のホワイトマルベリーが手に入った時は、ホワイトリカーと氷砂糖で漬けて桑の実酒を作ってみましょう。 毎日10~20mlを飲用することで、疲労回復、強壮、浄血、動脈硬化の予防になるといわれています。 ホワイトマルベリーでアミノ酸の健康効果 初めに挙げたように、ホワイトマルベリーにはビタミンやミネラルが豊富に含まれていますが、もうひとつ注目したいのがアミノ酸です。 天然のマルベリーには アミノ酸が約500種類ほどがみつかっていますが、そのうち22種類がたんぱく質の構成要素となっており、人が体内で合成できないものを必須アミノ酸といいます。 アミノ酸は人の体内で単体での働きもありますが、そのバランスが重要といわれています。 ホワイトマルベリーは植物の中では必須アミノ酸を多く含み、そのバランスも優れています。 中でも必須アミノ酸のロイシンとバリンが多く含まれており、ロイシンは筋たんぱく質の合成作用を促進し、バリンは運動後に傷ついた筋タンパク質の修復に効果があります。 貧血改善!高血圧予防も ホワイトマルベリーは植物の中では非常に多くの 鉄分を含んでいます。 同時に ビタミンCも豊富なため、鉄分の吸収率も高くなると考えられます。 鉄分といえば貧血の予防・改善に必要な栄養素です。 貧血が改善されて血液が体内を良好にめぐることで、栄養素が全身にいきわたります。 結果として皮膚や髪の毛、手足の爪まで健康な状態が保てるといえます。 さらにカリウムも豊富なため、血液中の過剰なナトリウムを排出し、高血圧の予防効果が期待できます。 食前にそのまま数個を食べたり、生野菜サラダのトッピングにして食事の初めに食べるなどで、食事中のナトリウム排出に役立つと考えられます。 ホワイトマルベリーで血糖値を整える 近年、桑の葉と桑の実に、食後の一次的な血糖値の上昇を抑制する効果があるとして注目されています。 ホワイトマルベリーは食品なので、適切な量を食べることは、重篤な副作用の心配などはなく安心です。 しかしお薬と同等の効果は得られませんし、糖尿病が治癒するものではありません。 現在糖尿病の治療中の方は、ホワイトマルベリーの食べ方について、主治医にご相談することをおすすめします。

次の

【株式会社ホワイトマルベリーホーム ハウスドゥ!玉造駅前店/営業サポートの採用情報】

ホワイト マルベリー

大阪でエアコンクリーニング、ハウスクリーニングを行っている株式会社ホワイトマルベリーホームは、9時から19時まで年中無休で営業しておりますので、掃除に関するご相談やお問い合わせ・お住まいに関するご相談などありましたら、電話またはお問い合わせフォームにて気軽にご連絡いただき、経験豊富なスタッフにご相談ください。 大阪でエアコンクリーニング、ハウスクリーニングを利用するなら、納得の行く価格で掃除代行サービスを提供している株式会社ホワイトマルベリーホームが、予約優先でお客様に代わって掃除をいたしますので、まずは一度ご連絡ください。 ご相談・お見積もりは無料となっておりますので、安心してご相談いただけます。 大阪のエアコンクリーニング、ハウスクリーニングは株式会社ホワイトマルベリーホームがおすすめ 大阪のエアコンクリーニング、ハウスクリーニングでおすすめの株式会社ホワイトマルベリーホームは大阪環状線玉造駅より徒歩1分の場所にあり、掃除代行サービスや店舗・オフィスクリーニングを納得の行く価格で提供しております。 対象エリアは大阪府全域および兵庫県・京都府の一部となっておりますので、サービスのご利用を希望する方は一度お問い合わせください。 大阪でエアコンクリーニング、ハウスクリーニングを行っている株式会社ホワイトマルベリーホームでは、予約優先にてお客様のご依頼に対応しておりますので、電話またはお問い合わせフォームにてご連絡いただき、ご希望の作業日や作業内容をスタッフにお伝えください。 ご要望に合ったメニューの提案もさせていただきますので、ご不明な点は遠慮なくご相談ください。 大阪のエアコンクリーニング、ハウスクリーニングで実績多数の株式会社ホワイトマルベリーホームでは、さまざまなメニューを用意しておりますので、お客様のご要望に合ったメニューをお選びいただけます。 なお、費用は納得の行く価格に設定しており、追加料金が発生することはありません。 当日の作業終了後に現金払いにてお願いしておりますのでご了承ください。 大阪でエアコンクリーニング、ハウスクリーニングなら株式会社ホワイトマルベリーホームにお任せ 大阪でエアコンクリーニング、ハウスクリーニングを行っている株式会社ホワイトマルベリーホームでは、「住まいのベストパートナーでありたい。 」をモットーに掃除代行サービスを提供し、お客様の悩みを解消するお手伝いをしておりますので、「忙しくて掃除をする時間がない。 」「高齢で十分な掃除をするだけの体力がない。 」とお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。 大阪のエアコンクリーニング、ハウスクリーニングで接客の良さが評判の株式会社ホワイトマルベリーホームでは、お客様に笑顔を届けるため、妥協しない清掃業務で住まいの汚れを落とし、安心して毎日を過ごせる清潔な空間に仕上げます。 ご家庭での掃除が難しいエアコン内部の汚れを落とすエアコンクリーニングもありますので、ぜひ一度お試しください。 大阪でエアコンクリーニング、ハウスクリーニングを行っている株式会社ホワイトマルベリーホームでは、店舗・オフィスクリーニングや引越し前後の空室クリーニングにも対応しておりますので、クリニックや飲食店の経営者様、賃貸物件のオーナー様や管理会社様も一度お問い合わせいただき、気軽にご要望をお聞かせください。 【大阪府全域】 高槻市、茨木市、箕面市、池田市、摂津市、豊中市、吹田市、枚方市、寝屋川市、堺市、東大阪市、八尾市、松原市、高石市、大東市、門真市、四条畷市、柏原市、交野市、藤井寺市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、岸和田市、泉大津市 【大阪市】 天王寺区、阿倍野区、淀川区、東淀川区、西淀川区、北区、福島区、住吉区、 住之江区、大正区、 浪速区、中央区、西区、東成区、西成区、 生野区、平野区、東住吉区、港区、此花区、鶴見区、城東区、旭区、都島区 【兵庫県】 尼崎市、西宮市、三田市、芦屋市 【神戸市】 垂水区、須磨区、長田区、兵庫区、中央区、灘区、東灘区、北区、西区 【京都府】 八幡市、大山崎町、久御山町、宇治市、京田辺市、向日市 【京都市】 上京区、下京区、左京区、右京区、中京区、西京区、東山区、北区、南区、伏見区、山科区 大阪で エアコンクリーニング、 ハウスクリーニングをするなら多数の実績がある株式会社ホワイトマルベリーホームが、納得の行く価格で掃除代行サービスを提供しておりますので、電話またはお問い合わせフォームより一度ご連絡ください。 9時から19時まで年中無休で営業しており、お問い合わせフォームは24時間受付可能です。 で エアコンクリーニング、を行っている株式会社ホワイトマルベリーホームでは、掃除に関するお客様の悩みを解消するため、多数のメニューを用意しております。 お得な料金でご利用いただけるセットメニューもありますので、ぜひ一度お試しいただき、お客様の悩みを解消してください。 水回りやベランダ・ガラスサッシ・エアコン等、一部分の清掃から部屋まるごとの清掃まで対応しておりますので、掃除をする時間がないとお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

次の

【ホームズ】株式会社ホワイトマルベリーホーム ハウスドゥ!玉造駅前店の店舗情報|不動産会社[不動産屋]の検索

ホワイト マルベリー

特徴 [ ] クワの名の由来は、カイコの「食う葉」が縮まったとも、「蚕葉(こは)」の読みが転訛したともいわれている。 クワ属は、のもしくは地域に10数種が分布する。 養蚕のために広くされるほか 、盛んだった時期の名残で畑のわきなどでも見られる。 北部からにかけての原産といわれ、へは古代に渡来したと考えられている。 性のまたはで、高さは5 m から大きいものは10メートル以上に達するが 、ほとんどはで 、栽培するものは低木仕立てが多い。 幹の目通り直径は、約50 cm になり 、樹皮は灰色を帯びる。 は有柄でし 、葉身は薄く、表面はつやのある濃い緑色で 、にはあらい鋸歯がある。 葉には切れ込みがあって形は様々で 、大きい木では葉の形はハート形に近い楕円形だが、若い木では葉に多くの切れ込みが入る場合が多い。 雌雄異株または同株。 春(4月頃)にのない淡黄色の小を穂状に下げて開花する。 花序は新枝の下部にあって 、雄花は枝の先端から房状に雄花序が垂れ下がり、雌花は枝の基部(下部)の方に集合してつく。 雌花ののはヤマグワでは明らかで、になっても花柱の残りがついている。 果実は5 - 6月頃に結実し 、初夏に熟す。 のような、柔らかい粒が集まった形で、やや長くなる。 熟すと赤黒くなり、甘くて生でも食べられる。 果実は人間はもとより、にとっての重要な飼料になる。 果実にはに属する( )、( )が寄生することがあり()、感染して落下した果実からが生える。 クワの実。 そのままでも甘酸っぱくて美味。 ジャム・果実酒などにも。 主な種類 [ ]• (ロソウ)( M. lhou)• ヤマグワ( )• ( M. laevigata)• ( M. tiliaefolia)• ( M. boninensis)• ( )• () ( )• ( ) 登録品種としてポップベリー、ララベリーがある。 日本全土に自生するヤマグワは、のために栽培される種であり、多数の栽培品種がある。 中国から伝来した との雑種もあり、種は様々である。 日本の養蚕では()という品種が普及した。 この品種は、明治31年ごろ山梨県上野村川浦(現在の同県同郡)で一瀬益吉が、(現在の)の桑苗業者から購入した桑苗(品種鼠返し)のうちから、本来の鼠返しとは異った性状良好なる個体を発見し、これを原苗としたものである。 このほか日本では、ノグワ(野桑)、オガサワラグワ(小笠原桑)、シマグワ(島桑)など、南西日本の分布に由来することから名づけられた種がある。 シマグワは別名をリュウキュウグワ(琉球桑)ともいい、台湾の大部分に分布する系統に由来する。 中国には原産で栽培種でもあるマグワ(真桑)やロソウ(魯桑)があるほか、中国北東部・朝鮮北部・にかけて分布するモウコグワ(蒙古桑)や、その変種で葉の両面に著しく毛が多いオニグワ(鬼桑)とよばれる種がある。 ヤマグワ [ ] ヤマグワ(山桑、: Morus australis, Morus bombycis)は、クワ科クワ属の落葉高木。 養蚕に使われるクワに対する、山野に自生するクワという意味でよばれている。 中国植物名()は鶏桑(けいそう)という。 学名の一つである Morus bombycis は、の学名である Bombyx に由来する。 ほとんどが雌雄異株で、樹高10メートル、幹径では60センチメートルまで生長する。 葉は卵形や広卵形であるが不整な裂片を持つものもあり、形は様々である。 花は小さくて目立たず、花後につく果実ははじめ赤色で、熟すと黒紫色になり、食用にされる。 完熟果実を食べると唇や舌が紫色に染まり、昔は子供たちのおやつによく食べていた。 日本では一般には養蚕には用いられていない種であるが、栽培桑の生育不良で飼料不足となるときに用いられた。 霜害に強く、栽培桑が被害を受けたときに備えて養蚕地帯では霜害が割合的に少ない山地に植えて置き、栽培桑の緊急時の予備とした。 しかし、ヤマグワの葉質は栽培桑よりも硬いため、カイコの成長が遅くなり、飼料としては性質は劣る。 では、栽培種のクワの生育が困難だったため、開拓初期に各地で様々な試行錯誤が行われ、ヤマグワを用いて養蚕が行われた時もあった。 マグワ [ ] マグワ(真桑)は養蚕に使われるクワで、名称はヤマグワに対するものである。 別名をトウグワ(唐桑)ともいい、中国からにかけての地域が原産である。 中国植物名(漢名)は桑(そう)という。 紀元前にや日本に伝わり、を経て12世紀にへと伝えられた。 利用 [ ] 養蚕などのためされ、で繁殖される。 強い繊維質を持つことから、製紙の原料にもなっている。 薬用では、マグワ(漢名:桑)、ヤマグワ(漢名:鶏桑)が使われる。 根皮はソウハクヒ(桑白皮)とも呼ばれに指定されている。 葉・花・実(集合果)は「非医」扱い。 として、葉には、干した葉には、、、、や、、などの類、などが含まれている。 果実には、、、、色素の、・・、などを含む。 またで利用される根皮には、、、、などを含んでいる。 生薬 [ ] クワの根皮は 桑白皮(そうはくひ)、葉は 桑葉(そうよう)、枝は 桑枝(そうし)、果実は 椹(たん)または 桑椹(そうじん)、もしくは 桑椹子(そうしんし)というである。 桑白皮は、秋から冬にかけて 根を掘り採って水洗いし、外皮を剥いで白い部分だけを刻み、天日干しをして調整される。 葉は晩秋の霜が降った後に、枝は初夏に採集して天日乾燥させ調製する。 果実と葉は乾燥させて調製されるが、生も用いられる。 、、、、などの作用があり 、では桑白皮を鎮咳、去痰に配剤され 、(ごことう)、(せいはいとう)などの漢方方剤に使われる。 民間では、根皮は、、、予防目的や強壮。 葉は咳、、、、病後の体力回復、滋養強壮、低血圧の補血。 枝は、むくみ。 果実は、、、に用いられる。 では、それぞれ1日量5 - 20を600 の水で煎じて3回に分けて服用する用法が知られる。 煎汁の服用法では、ほてりや熱があるときなどに用いられるが、胃腸が冷えやすい人へは使用とされている。 多少未熟で紅紫色の果実を桑椹(そうじん)といって、35度の1に桑椹300グラムを漬け込んで、冷暗所に3か月ほど保存して桑椹酒を作り、低血圧、冷え症、不眠症などの滋養目的に、就寝前に盃1 - 2杯ほど飲まれる。 同様に、果実と根皮を35度のに漬けたものが、1日に盃1杯ほど飲まれる。 民間では、乾燥葉をの代用品とする、いわゆる「桑茶」が飲まれていた地域もあり、の予防にする。 桑茶にするクワの葉は、大きく生長した葉を収穫して天日で乾燥し、揉み潰して堅い部分を除いてすり鉢などで細かくすり潰したものを、のように湯を注いで飲む。 効能として、改善、肝機能強化、脂肪の抑制、予防などの研究報告もされている。 桑葉には(1-deoxynojirimycin; DNJ)が含まれていることが近年の研究で明らかになった。 DNJ はの類似物質(類の一種、)であり、において糖分解のに結合する事でその活性を阻害する。 その結果、やの分解効率が低下し、の上昇が抑制される。 クワを食餌とするのフンを乾燥させたもの(である蚕砂)も同様の効果がある。 食用 [ ] 4月初旬の春先の若葉は、軟らかいうちに摘み取って、や茹でてなどにして食べられる。 食味は淡泊で、おいしいと評されている。 果実は、「桑の実」「どどめ」「マルベリー Mulberry 」と呼ばれ、生のまま食用にしたり、地方によっては桑酒としての原料となる。 赤黒く熟した果実は、にすると芳香と甘みに優れている。 地方や産のや、産のは、いずれも生食用にしたり加工してジャムなどに利用する。 その果実は甘酸っぱく、美味であり、高い抗酸化作用で知られる色素・をはじめとする、を多く含有する。 旬は4月~5月である。 の実を細長くしたような姿で、赤黒くなる。 蛾の幼虫が好み、その体毛が抜け落ちて付着するので食する際には十分な水洗いを行う必要がある。 また、として桑の実を乾燥させた粉末を食べたり、水に晒した成熟前の実をご飯に炊き込む事も行われてきた。 なお、クワの果実は、キイチゴのような粒の集まった形を表す語としても用いられる。 では動物の初期胚に、にクワノミモ()などの例がある。 養蚕とクワ [ ] 地図記号「桑畑」 養蚕の歴史は古く、では3000年ごろ、では中期から始められたと考えられていて、植物の名はふつう基本となる野生種からつけられるのが普通だが、クワの場合はその逆で、栽培種の名が先につくられ、山野の自生種があとからついている。 桑を栽培する桑畑はにもなった ほど、日本で良く見られる風景であった。 養蚕業が最盛期であった昭和初期には、桑畑の面積は全国の畑地面積の4分の1に当たる71万に達したという。 しかし、現在、業が盛んだった地域では、生産者の高齢化、後継者難、生糸産業全般の衰退の中で、株を抜いて畑等に転用されたり、放置された桑畑も多く残る。 クワの木は成長が早く、大きく育つが、幹の中が空洞であり、若い枝はカイコの餌にする為に切り続けてきたので製材できる部分が少ない。 養蚕業が盛んだった頃は、定期的に剪定等の手入れが行われていたクワ畑であるが、樹木としての利用は前述の様に、幹の中が空洞で製材できる部分が少ない故に、養蚕以外でのこれといって有益な、あるいは利益の高い利用法が無い。 放置された結果として、現在、森の様になっている畑も多い。 しかも、こうなってしまった以上、前述の様に高齢化した管理者にとっては、これを整理することを物理的に更に難しくしている。 毛虫がつきやすい樹種でもある為、憂慮すべきことである。 このように養蚕業が衰退する中、利用される桑畑も減少し、平成25年2万5千分の1地形図図式において桑畑の地図記号は廃止となった。 新版地形図やWeb地図の地理院地図では、桑畑は同時に廃止された「その他の樹木畑」 と同様、の地図記号 で表現されている。 他方、近年、クワの実が郷愁を呼ぶ果物として、注目を浴びてきてもいる。 ちなみに蚕が食べるのはである。 木材としてのクワ [ ] クワの木質はかなり硬く、磨くと深い黄色を呈して美しいので、しばしば工芸用に使われる。 しかし、銘木として使われる良材は極めて少ない。 特に良材とされるのが、伊豆諸島のやで産出される「」であり、緻密な年輪と美しい木目と粘りのあることで知られる。 江戸時代から江戸に重用され、老人に贈るの素材として用いられた。 国産材の中では最高級材に属する。 また古くから弦楽器の材料として珍重された。 にはクワ製の楽やが保存されており、薩摩琵琶や筑前琵琶もクワ製のものが良いとされる。 もクワで作られることがあり、特にでは音色が柔らかいとして愛用されたが、広い会場には向かないとされる。 なお、幕末には桑の樹皮よりを作る製法をに届け出たものがおり、1861年(元年)には幕府からこれを奨励する命令が出されているが、普及しなかったようである。 桑の樹皮から繊維 を得る取り組みは、による民需物資の欠乏が顕著となり始める1942年(昭和17年)ごろよりの一環として行われるようになり、中の者も含め全国各地の児童を動員しての桑の皮集めが行われた。 最初民需被服のみであった桑の皮製衣服の普及は、最終的に1945年(昭和20年)ごろにはのにまで及んだが、肌触りに難があった事からと共にその利用は廃れた。 製紙原料 [ ] 現在の中国にある周辺の地域では、の手工業によって現在も桑の皮を原料とした紙(桑皮紙)の製造が行われている。 伝承では、よりも古く、2000年以上の製紙歴史があると言われているが 、すでに宋の時代(12世紀頃)、和田の桑皮紙はの公文書等で使用されていた。 新疆では、清及び民国期の近代に至るまで、紙幣や公文書、契約書等の重要書類に桑皮紙が広く使用されていた。 中国のでは、紙幣であるの素材としてクワの樹皮が用いられた。 中国などでは、養蚕に使うために切り落とすクワの枝を回収して、原料にすることが実用化されている。 新たに年産20万トンの工場建設も予定されている。 害虫 [ ] とその祖先とされる以外にもクワを食草とするガの幼虫がおり、、、、などが代表的。 クワエダシャクの幼虫はクワの枝にし、枝と見間違えて、を掛けようとすると落ちて割れるため「土瓶割り」という俗称がある。 もクワの木によく見られる。 にはがクワの生木を食害する種が極めて多く、、、、、等が代表的である。 これらのカミキリムシは農林業害虫として林業試験場の研究対象となっており、実験用の個体を大量飼育するため、クワの葉や材を原料としソーセージ状に加工された人工飼料も開発されている。 なお、も幼虫がクワの材を専食するカミキリムシであるが、摂食するのが農林業利用されない巨大な古木の枯死腐朽部であるため害虫とは見なされていない。 神話・伝承 [ ] 古代において、桑の実はもともとは白い実だけとされるが、赤い実と紫の実を付けるのは、の『』というによるこの二人の赤い血が、白いその実を染め、ピュラモスの血が直接かかり赤となり、ティスベの血を桑の木が大地から吸い上げて紫になったとされている。 、桑弓(そうきゅう)ともいい、男の子が生まれた時に前途の厄を払うため、家の四方に向かって桑ので蓬のを射た。 起源は古代による男子の立身出世を願ったで、日本に伝わって男子の厄除けのとなった。 桑の弓は桑の木で作った弓、蓬の矢はの葉でを矧いだ(はいだ)矢。 発祥の地、中国においてはクワは聖なる木だった。 地理書『』において10個の太陽が昇ってくるという神木があったが、羿(げい)という射手が9個を射抜き昇る太陽の数は1個にしたため、天が安らぎ、地も喜んだと書き残されている。 太陽の運行に関わり、的な役目を担っていた。 詩書『』においてもクワはたびたび題材となり、クワ摘みにおいて男女のおおらかな恋が歌われた。 小説『』においてはの生家の東南に大きな桑の木が枝葉を繁らせていたと描かれている。 日本においてもクワは霊力があるとみなされ、特に前述の薬効を備えていたことからカイコとともに普及した。 古代日本ではクワは箸や杖という形で中風を防ぐとされ、鎌倉時代においては「桑は是れ又仙薬の上首」ともてはやされている。 桑原、桑原 [ ] 雷よけの呪いとして広く使われた言葉であるが、最も知られている由来は桑原村の井戸に雷が落ち、蓋をしたところ雷が「もう桑原に落ちないから逃がしてくれ」と約束したためという説 があり、これにはクワ自体は関わりがない。 しかし、諸説の中には福島村でクワの上に雷が落ち、雷がケガをしたので落ちないようになったという説、では雷がクワのまたに挟まれて消えたため雷鳴の折には「桑木のまた」と唱えるようになった という説もある。 ことわざ・慣用句 [ ]• 滄桑の変、桑田滄海ともいい、クワ畑がいつのまにか海に変わってしまうような天地の激しい流転の意。 が出典であり、仙女のが500年間の変化として話した内容から生まれた。 月日の流れの無常を示す言葉として、代のの詩にも使われている。 蓬矢桑弓(ほうしそうきゅう)元々は上記にある中華・日本においての男子のや神事であるが、払い清めをあらわす言葉の比喩として万葉集や古事記にも用いられ、「蓬矢」・「桑弓」それぞれ単独でも同じ意味を持つ。 桑中之喜(そうちゅうのき、そうちゅうのよろこび)畑の中で男女がひそかに会う楽しみのこと。 中国では、桑畑の中や桑の木を目印としてその下で逢引をしていたと言われ、『』鄘風(ヨウフウ)篇には桑畑で美女を待つ「桑中」という詩が記載されている。 の随筆にも、色事について書いた「桑中喜語」がある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 6 - 7月ごろの説もある。 出典 [ ]• 143. 144. 212. Tsutsui O. , Sakamoto R. , Obayashi M. , Yamakawa S. , Handa T. , Nishio-Hamane D. , Matsuda I 2016. Flora 218: 44-50. 145. , p. 146. 143. , pp. 144, 146. 吉川雅之、「」 『化学と生物』 2002年 40巻 3号 pp. 172 - 178, :• 平成30年4月14日閲覧• 平成30年4月14日閲覧• 平成30年4月14日閲覧• 平成30年4月14日閲覧• 原島広至著、伊藤美千穂ほか監修『生薬単』エヌ・ティー・エス、2007年、p165、。 劉、張、劉『新疆概覧 シルクロードの十字路』、430-433頁• 『お札の文化史』 NTT出版、1994年。 10-11• 新华网. 2011年12月30日閲覧。 和泉名所図会• 石田栄一郎「桑原考」• 足田輝一『植物ことわざ事典』(東京堂出版、1995年)• 永井荷風、 参考文献 [ ]• 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、212頁。 川原勝征『食べる野草と薬草』、2015年11月10日、42頁。 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、143頁。 『日本の樹木』〈〉、1995年4月25日、143 - 146頁。 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、、1996年9月27日、52頁。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 「健康食品」の安全性・有効性情報().

次の