生理 体重変化。 生理前に体重が増加して太る、本当の原因&対応策!

生後3

生理 体重変化

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 生理後はホルモンバランスの変化で痩せやすい時期ですが、なかには生理後なのに体重が減らない、または増えると悩んでいる人もいます。 痩せやすいはずなのに太ってしまうのは、一体どうしてなのでしょうか?今回は生理後に太る原因と、体重増加を防ぐための対策、むくみが現れたときの解消法などをご説明します。 生理後に体重が増えることもある? 女性の体調は生理周期によって左右されますが、体重も同様で、体重が増えやすい時期と増えにくい時期があります。 これには、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と「エストロゲン(卵胞ホルモン)」という、2つの女性ホルモンが関係しています。 プロゲステロンは、妊娠に備えて体に栄養や水分を蓄えようとする働きがあるホルモンです。 そのため一般的に、プロゲステロンが多く分泌される排卵後~生理前には、体重が増えやすくなります。 プロゲステロンの分泌が落ち着き、逆にエストロゲンの分泌が増えだすと、体に栄養や水分を溜め込む必要がなくなり、脂肪が燃焼しやすくなります。 そのため生理後~次の排卵までは、体重が減りやすくなるといえるでしょう。 ただ、生理後は本来体重が減りやすい時期なのに、体重が増加してしまう、または減らないという人も少なくないようです。 その詳しい原因については、次の章でご説明します。 生理後に太る・体重が減らない原因は? 前述のとおり生理後は体重が増えにくいはずですが、それでも太る、または体重が減らないという場合は、主に以下3つの原因が考えられます。 エストロゲンの影響 エストロゲンは皮下脂肪に働きかけ、女性らしいふっくらとした体を作り出す作用もあります。 そのため生理後は、脂肪がつきやすい時期ともいえます。 いくら代謝が良いとはいえ、食事の量を増やしたり、偏った食事を摂っていたりすると、脂肪が増加して体重も増えてしまいます。 ホルモンバランスの乱れ ホルモンバランスが乱れていると、生理後もプロゲステロンの分泌量が多くなり、太りやすくなってしまうことがあります。 女性ホルモンの分泌量は、過度のストレスや不規則な生活習慣など、ちょっとしたきっかけで乱れてしまうのです。 生理が終わったことからくる解放感 生理前や生理中は月経前症候群(PMS)や生理痛の影響で、食欲がなくなってしまう人もいます。 そのような人の場合、生理が終わった開放感から、生理後に好きなものを好きなだけ食べてしまう、ということもあるようです。 生理後は代謝が高まるとはいっても、それ以上に食べ過ぎてしまっていると、体重は当然減りませんし、場合によっては増えてしまいます。 関連記事 生理後に体重が減らない・増えるときはどうする? 生理後に体重が減らない、または増えてしまうという人は、まず「生理後の自分の体重をどうしてコントロールできていないのか」についての原因を知ることから始めましょう。 原因がわかると、おのずと生理後に体重が増えないための過ごし方がみえてきます。 例えば開放感などからついつい食べすぎてしまっていたという人は、食事量を適量に戻してみたり、不規則な生活が続いていた人は、できるだけ生活リズムを整えてみましょう。 なぜ太るのか考えてみたけど思い当たる原因がない、または生活を改善しても体重の増加が止まらないというときは、女性ホルモンが大きく乱れていたり、甲状腺の病気が隠れていたりする可能性もゼロではありません。 また食べ過ぎが止められないときは、過食症も疑われます。 病院を受診して症状を伝え、適切な検査や治療を受けることもおすすめします。 関連記事 生理後に太ったときの体重の減らし方は? 生理後に体重が増えてしまい、増えた分を減らしたいというときは、下記のような方法に取り組んでみるのがいいでしょう。 ただし、体に負荷をかけすぎてしまうと逆にホルモンバランスが乱れ、太りやすい体になってしまう可能性もあるので、無理は禁物です。 食生活のリズムを整える まずは食生活のリズムを改善して食べ過ぎを抑えましょう。 忙しさから朝食や昼食を抜いている人は、1回の食事量が多くなりがちです。 また、よく噛んでゆっくり食べることも大切です。 よく噛むことで満腹中枢が刺激され、食べる量を抑えられますよ。 食事内容を見直す 食事のリズムだけではなく、食事内容も見直しましょう。 スウィーツやスナック菓子もできるだけ控えてくださいね。 便秘やむくみが気になる人は、水分をしっかりとることも忘れずに。 体が冷えないよう、常温の水か白湯を飲むのがおすすめです。 運動量を増やす 生理後は代謝が上がっているので、脂肪が燃焼しやすい時期です。 ウォーキングやランニング、ヨガなどの有酸素運動を行って、脂肪を燃焼させましょう。 筋力がつくと脂肪燃焼が加速されるので、スクワットや腹筋運動などの筋力トレーニングを取り入れるのもおすすめです。 運動するためのまとまった時間が取れないときは、通勤時に目的地の一駅前で降りて歩くようにしたり、階段を使ったりするだけでも、日常的に運動量を増やすことができますよ。 ストレスをためない ストレスが溜まるとホルモンバランスの乱れを引き起こすだけでなく、暴飲暴食にもつながります。 ダイエット中は特にストレスを溜めないように心がけましょう。 ストレスを全く感じなくするのは難しいと思うので、趣味の時間や友達と遊ぶ時間を確保するなどして、こまめにストレスを解消してくださいね。

次の

生理中の体型の変化って・・・なぜ?

生理 体重変化

炭水化物や甘いものを急激に欲してしまい、体重も増加。 自己嫌悪に陥る女性は多いはず。 生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまった……と思いがちですが、ホルモンの関係で体内の「水分量」が増えることで一時的に体重が増加します。 「体脂肪」が増えて太るわけではありません。 ちなみに、この 時期に増える体内の水分量は 2000mlにもなるといわれているので、2kg前後=1~3kg増えるのは当然といえるでしょう。 もし、生理前後に体重を計ったら 3~4kg以上増えてしまった、生理が終わっても増えた体重が戻らない場合は、 生理前の食欲増加による食べ過ぎ、生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されない等が原因の可能性があります。 「ダイエットを体重だけで考えるのは良くない!」というのがダイエットガイドとしての意見ですので、 ふだんから体重だけではなく、体脂肪を計る習慣もつけるのがオススメです。 大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で体脂肪を計る習慣をつけること。 夜の入浴から2時間後ぐらいの寝る前は、体内の水分量が一番安定しているといわれていますので、この時間帯に測る習慣を持つのも良いでしょう。 そうすれば 生理前に体重が増えても、「水分が増えただけ」と落ち着いて対処できるはずです。 生理前は女性ホルモンや月経前症候群(PMS)の影響で体重が増える 心と体に起こるトラブルは、女性ホルモン「黄体ホルモン」によるもの。 また、生理前に体重が増えたり、体がむくんで重く感じるのは、月経前症候群(PMS)の一部でもあります。 PMSは病気ではなく、心と体に起こるトラブルの総称のこと。 生理が始まる約2週間前頃から現れます。 このような不快なトラブルは、月経前に卵巣から多く分泌される黄体ホルモンという女性ホルモンによって起こります。 黄体ホルモンの分泌が増えると、出血などによる栄養不足を補うために体は栄養を補充しようと働きます。 黄体ホルモンには、細胞に水分・塩分を蓄え、脂肪の代謝を遅らせ蓄えようとする性質があるからです。 そのため、生理前は体重が増えたり、体が重く感じたり、むくみ、便秘、肌アレの症状が出る人が多いようです。 以上のことから、 生理前は、太りやすく、心身ともに疲れやすい時期といえます。 この時期に無理なダイエットをして「痩せない!」「体重が増えた!」などと、余計なストレスや疲労を感じるのはナンセンス。 「そういう時期なんだな」と思って、体をいたわりましょう。 PMSによって気分が落ち込みやすくなりますが、深く悩んだり、無理をしたりしないようにやり過ごすのがベスト。 生理後~排卵日までの「痩せやすい時期」が来たら、ダイエットも再開すれば良いのです。 それにより、生理前の体重増加を防ぐとともに、体のだるさや異常な食欲を抑えることもでき、ダイエットはもちろん、PMSの抑制にもつながります。 生理前の体重増加を食事で防ぐダイエット方法 お菓子をドカ食いするくらいなら、玄米のおにぎりを 「生理前豆乳ダイエット」以外にも日常的な食事や運動で、生理前の体重変動を抑えてくれる方法があります。 その際、 血糖値の維持に役立つ食材(玄米、さつまいも、かぼちゃ等)をコマメに食べると、満腹感が続くので、ドカ食いを防ぐことができて効果的です。 さらに、次の食材を使ったダイエットもオススメです。 食物繊維たっぷりの薄皮ごとよく噛んで食べると満足感が得られるだけでなく、脂肪燃焼を促進する香り成分ヌートカトンとリモネンのダイエット効果を得ることもできます。 食物繊維が腸内の老廃物排出や便秘解消を促し、まいたけだけに含まれる「MXフラクション」という特殊な成分が脂肪を燃焼し、ダイエット効果を高めてくれると言われています。 また、代謝を助けるビタミン類を補給するために、豆腐と一緒に野菜をたっぷり食べるのも痩せポイントで、脂肪分の多い肉や揚げ物は控えたほうがベターです。 その他、以下の点を意識するのも対策としてオススメです。 ・ ストレスから体を守ってくれる ビタミンB1、ビタミンC、カルシウムをたっぷり摂る ・ 利尿作用(水分貯留対策)のある食品の摂取でむくみ予防 ・ 食物繊維の摂取で便秘解消 逆に避けたほうがいいのが以下です。 ふだんはもちろんですが、生理前~生理中は避けましょう。 ・コーヒーや紅茶など、 カフェインの多い飲み物の過剰摂取はPMS症状の悪化につながる ので避けましょう。 ストレッチ 体が重くなり始める「生理前2週間」に行う運動は、以下に注意しましょう。 ・生理前であっても 運動、エクササイズ、筋トレは積極的に行いましょう。 ただし、生理前に体調がよくない方などは、過度な運動はストレスになることもあります。 気分転換を兼ねた、 軽いウォーキングから最適な運動量を探りましょう。 ・血行が悪くなりがちで、むくみやすい時期。 解消に効果的なのでストレッチ&マッサージ積極的に行いましょう。 運動とあわせて行いたいのが以下です。 ・体内の水分量が増えつつある時期なので、体が冷えやすくなっています。 ぬるめのお湯にゆっくり浸かって体を温めると、生理痛の緩和やリラックス効果も。 次は、生理前2週間にやると効果的な運動を紹介します。 ただし、体調がすぐれない日は無理して走らず休養しましょう。 無理ならば週2~3日を目指しましょう(10km走る場合、時速15kmだと40分、時速20kmだと30分) ダイエットのために有酸素運動を効果的に行うには、運動強度を60%~70%程度にしながら長時間続けるのが一番良いので、鼻歌を歌える強度よりはつらく、息切れよりはゆるめ……を目安に実践してみてください。 また、水圧が体全体にかかることで血流が良くなるといったマッサージ効果も得られるため、生理前のむくみ解消にオススメです。 泳ぐのに疲れたら、水中ウォーキングを行うだけでも良いでしょう。 生理周期でわかる、太りやすい時期、痩せやすい時期 「痩せ期」を効率的に使おう!周期に合わせて賢くダイエット! さらに、生理とダイエットをうまく乗り切るために、女性の体の1カ月のサイクル=生理周期を把握してみましょう。 生理周期による「痩せやすい時期」にダイエットを行って効率良く体重を落とすことができれば、「太りやすい時期」にストレスを溜めながらダイエットに苦しむこともありませんよね。 まず、1カ月を3つのサイクルに分けて考えてみましょう。 生理周期が28日の人の場合、目安として生理初日を1日目としたときの14日目あたりを、「排卵日」とします。 生理前(サイクル3)に蓄えていたむくみが排出されます。 この「卵胞ホルモン」が女性らしい丸みのある体を作り、自律神経の調子を整え、皮膚の血流を良くしてお肌の調子を良くし、血管を若々しく保ってくれます。 の時期は、最も代謝が促進されやすく、脂肪燃焼にも効率が良いので、「積極的な運動」「適切な食事制限」によるダイエットの成果が現れやすい時期です。 特に生理の10 日前ぐらい~生理までが最も痩せにくく太りやすい時期といえるでしょう。 いかがでしたか? 女性の体はホルモンによって「太りやすい時期」もありますが、逆に「痩せやすい時期」もあります。 一時的な体重の増減だけに動揺したり、ストレスを感じるのではなく、自分の体脂肪率と生理周期を逆に利用することで、計画的で健康的なダイエットを実践することができるでしょう。 【関連記事】•

次の

生後3

生理 体重変化

炭水化物や甘いものを急激に欲してしまい、体重も増加。 自己嫌悪に陥る女性は多いはず。 生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまった……と思いがちですが、ホルモンの関係で体内の「水分量」が増えることで一時的に体重が増加します。 「体脂肪」が増えて太るわけではありません。 ちなみに、この 時期に増える体内の水分量は 2000mlにもなるといわれているので、2kg前後=1~3kg増えるのは当然といえるでしょう。 もし、生理前後に体重を計ったら 3~4kg以上増えてしまった、生理が終わっても増えた体重が戻らない場合は、 生理前の食欲増加による食べ過ぎ、生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されない等が原因の可能性があります。 「ダイエットを体重だけで考えるのは良くない!」というのがダイエットガイドとしての意見ですので、 ふだんから体重だけではなく、体脂肪を計る習慣もつけるのがオススメです。 大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で体脂肪を計る習慣をつけること。 夜の入浴から2時間後ぐらいの寝る前は、体内の水分量が一番安定しているといわれていますので、この時間帯に測る習慣を持つのも良いでしょう。 そうすれば 生理前に体重が増えても、「水分が増えただけ」と落ち着いて対処できるはずです。 生理前は女性ホルモンや月経前症候群(PMS)の影響で体重が増える 心と体に起こるトラブルは、女性ホルモン「黄体ホルモン」によるもの。 また、生理前に体重が増えたり、体がむくんで重く感じるのは、月経前症候群(PMS)の一部でもあります。 PMSは病気ではなく、心と体に起こるトラブルの総称のこと。 生理が始まる約2週間前頃から現れます。 このような不快なトラブルは、月経前に卵巣から多く分泌される黄体ホルモンという女性ホルモンによって起こります。 黄体ホルモンの分泌が増えると、出血などによる栄養不足を補うために体は栄養を補充しようと働きます。 黄体ホルモンには、細胞に水分・塩分を蓄え、脂肪の代謝を遅らせ蓄えようとする性質があるからです。 そのため、生理前は体重が増えたり、体が重く感じたり、むくみ、便秘、肌アレの症状が出る人が多いようです。 以上のことから、 生理前は、太りやすく、心身ともに疲れやすい時期といえます。 この時期に無理なダイエットをして「痩せない!」「体重が増えた!」などと、余計なストレスや疲労を感じるのはナンセンス。 「そういう時期なんだな」と思って、体をいたわりましょう。 PMSによって気分が落ち込みやすくなりますが、深く悩んだり、無理をしたりしないようにやり過ごすのがベスト。 生理後~排卵日までの「痩せやすい時期」が来たら、ダイエットも再開すれば良いのです。 それにより、生理前の体重増加を防ぐとともに、体のだるさや異常な食欲を抑えることもでき、ダイエットはもちろん、PMSの抑制にもつながります。 生理前の体重増加を食事で防ぐダイエット方法 お菓子をドカ食いするくらいなら、玄米のおにぎりを 「生理前豆乳ダイエット」以外にも日常的な食事や運動で、生理前の体重変動を抑えてくれる方法があります。 その際、 血糖値の維持に役立つ食材(玄米、さつまいも、かぼちゃ等)をコマメに食べると、満腹感が続くので、ドカ食いを防ぐことができて効果的です。 さらに、次の食材を使ったダイエットもオススメです。 食物繊維たっぷりの薄皮ごとよく噛んで食べると満足感が得られるだけでなく、脂肪燃焼を促進する香り成分ヌートカトンとリモネンのダイエット効果を得ることもできます。 食物繊維が腸内の老廃物排出や便秘解消を促し、まいたけだけに含まれる「MXフラクション」という特殊な成分が脂肪を燃焼し、ダイエット効果を高めてくれると言われています。 また、代謝を助けるビタミン類を補給するために、豆腐と一緒に野菜をたっぷり食べるのも痩せポイントで、脂肪分の多い肉や揚げ物は控えたほうがベターです。 その他、以下の点を意識するのも対策としてオススメです。 ・ ストレスから体を守ってくれる ビタミンB1、ビタミンC、カルシウムをたっぷり摂る ・ 利尿作用(水分貯留対策)のある食品の摂取でむくみ予防 ・ 食物繊維の摂取で便秘解消 逆に避けたほうがいいのが以下です。 ふだんはもちろんですが、生理前~生理中は避けましょう。 ・コーヒーや紅茶など、 カフェインの多い飲み物の過剰摂取はPMS症状の悪化につながる ので避けましょう。 ストレッチ 体が重くなり始める「生理前2週間」に行う運動は、以下に注意しましょう。 ・生理前であっても 運動、エクササイズ、筋トレは積極的に行いましょう。 ただし、生理前に体調がよくない方などは、過度な運動はストレスになることもあります。 気分転換を兼ねた、 軽いウォーキングから最適な運動量を探りましょう。 ・血行が悪くなりがちで、むくみやすい時期。 解消に効果的なのでストレッチ&マッサージ積極的に行いましょう。 運動とあわせて行いたいのが以下です。 ・体内の水分量が増えつつある時期なので、体が冷えやすくなっています。 ぬるめのお湯にゆっくり浸かって体を温めると、生理痛の緩和やリラックス効果も。 次は、生理前2週間にやると効果的な運動を紹介します。 ただし、体調がすぐれない日は無理して走らず休養しましょう。 無理ならば週2~3日を目指しましょう(10km走る場合、時速15kmだと40分、時速20kmだと30分) ダイエットのために有酸素運動を効果的に行うには、運動強度を60%~70%程度にしながら長時間続けるのが一番良いので、鼻歌を歌える強度よりはつらく、息切れよりはゆるめ……を目安に実践してみてください。 また、水圧が体全体にかかることで血流が良くなるといったマッサージ効果も得られるため、生理前のむくみ解消にオススメです。 泳ぐのに疲れたら、水中ウォーキングを行うだけでも良いでしょう。 生理周期でわかる、太りやすい時期、痩せやすい時期 「痩せ期」を効率的に使おう!周期に合わせて賢くダイエット! さらに、生理とダイエットをうまく乗り切るために、女性の体の1カ月のサイクル=生理周期を把握してみましょう。 生理周期による「痩せやすい時期」にダイエットを行って効率良く体重を落とすことができれば、「太りやすい時期」にストレスを溜めながらダイエットに苦しむこともありませんよね。 まず、1カ月を3つのサイクルに分けて考えてみましょう。 生理周期が28日の人の場合、目安として生理初日を1日目としたときの14日目あたりを、「排卵日」とします。 生理前(サイクル3)に蓄えていたむくみが排出されます。 この「卵胞ホルモン」が女性らしい丸みのある体を作り、自律神経の調子を整え、皮膚の血流を良くしてお肌の調子を良くし、血管を若々しく保ってくれます。 の時期は、最も代謝が促進されやすく、脂肪燃焼にも効率が良いので、「積極的な運動」「適切な食事制限」によるダイエットの成果が現れやすい時期です。 特に生理の10 日前ぐらい~生理までが最も痩せにくく太りやすい時期といえるでしょう。 いかがでしたか? 女性の体はホルモンによって「太りやすい時期」もありますが、逆に「痩せやすい時期」もあります。 一時的な体重の増減だけに動揺したり、ストレスを感じるのではなく、自分の体脂肪率と生理周期を逆に利用することで、計画的で健康的なダイエットを実践することができるでしょう。 【関連記事】•

次の