このミステリーがすごい。 『このミステリーがすごい!』大賞作家書き下ろしBOOK vol.24│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル

『このミステリーがすごい!』大賞

このミステリーがすごい

『 このミステリーがすごい! 』は、からで発行されている、の、またはそのランキングや・作品紹介の掲載されたミステリーのガイドブックのことである。 略称は「 このミス」。 ランキングは投票形式で選ばれ、国内部門と海外部門よりそれぞれベストテンが選ばれる。 からは新人作家の作品を募集したが創設された。 公平を期すために宝島社は自社の作品を除外している。 キャラクターとして、黒猫探偵「ニャームズ」が登場している(から)。 創刊編集者は石倉笑。 年代 各年 1980年代 - 1990年代 - - - - - - - - 2000年代 - - - - - - - - - 2010年代 - - - - - - - - - 2020年代 (2008年発表) - 各年のランキング [ ] 1988年 [ ] 1988年12月発行、、表紙イラスト:、作品:1987年11月 - 1988年10月 海外編• ( 1991年版 1位)• ( 1989年版 1位)• ( 2000年版 2位)• ( 2000年版 1位)• 第二の銃声(・1996年版 5位)• 招かれざる客たちのビュッフェ(・1991年版 5位)• 少年時代( 1996年版 2位)• ( 1999年版 2位)• フリッカー、あるいは映画の魔( 1999年版 1位) 骨と沈黙( 1993年版 1位)• クリスマスのフロスト(R・D・ウィングフィールド 1995年版 4位)• 11の物語( 1991年版 9位)• クリスマスに少女は還る( 2000年版 6位) 策謀と欲望( 1992年版 1位)• 暗く聖なる夜( 2006年版 2位) シンプル・プラン( 1995年版 1位) ホワイト・ジャズ( 1997年版 2位)• 夢果つる街( 1988年版 1位)• 女彫刻家( 1996年版 1位)• 誓約( 1989年版 6位) 脚注 [ ]• 関連項目 [ ]• ミステリーのランキング• - 文藝春秋• - 原書房• - 早川書房• - 講談社• - 南雲堂• - 東京創元社• 外部リンク [ ]•

次の

このミステリーがすごい!2019年版【国内編】ベスト10作品の紹介

このミステリーがすごい

タグ pickup 梨木香歩 湊かなえ 海堂尊 沼田まほかる 池井戸潤 江國香織 歌野晶午 横山秀夫 森見登美彦 森絵都 森沢明夫 森博嗣 柚木麻子 瀬尾まいこ 柚月裕子 東野圭吾 村田沙耶香 村山由佳 村山早紀 村上春樹 朱野帰子 木皿泉 朝井リョウ 有栖川有栖 有川浩 日向理恵子 澤村伊智 生活関連 我孫子武丸 若竹七海 額賀澪 須賀しのぶ 青木祐子 青崎有吾 重松清 道尾秀介 辻村深月 貴志祐介 西加奈子 葉真中顕 荻原浩 芦沢央 百田尚樹 羽田圭介 綿矢りさ 綾辻行人 米澤穂信 節約 筒井康隆 窪美澄 秋吉理香子 石田衣良 知念実希人 真梨幸子 相沢沙呼 日光 恩田陸 R・D・ウィングフィールド 三津田信三 伊坂幸太郎 今村翔吾 京極夏彦 五十嵐貴久 乙一 久坂部羊 中村文則 中山七里 上橋菜穂子 三秋縋 三浦しをん ブログ関連 住野よる ピエール・ルメートル ビジネス書 パワースポット スティーヴン・キング ジェフリー・ディーヴァー ココナラ カメラ関連 アンソニー・ホロヴィッツ アガサ・クリスティ ゆうちょ おすすめ記事 おすすめ本 似鳥鶏 佐伯泰英 恒川光太郎 奥田英朗 平野啓一郎 帚木蓬生 川村元気 島本理生 山崎ナオコーラ 小野不由美 小川糸 小川洋子 宮部みゆき 宮下奈都 宇佐美まこと 天祢涼 佐野徹夜 大沢在昌 夏川草介 塩田武士 坂木司 和田竜 吉田修一 吉本ばなな 古市憲寿 又吉直樹 原田マハ 北川恵海 冲方丁 麻耶雄嵩 自殺未遂をして入院した27歳の娘の優美と、1ヵ月以上も面会ができずに、メールもつながらないという依頼を受けた。 調べるなかで、陰惨な事件があったことを知るが…。 (「絶対零度」)姪の結婚式に出席してくれないかと、近所の小崎さんに頼まれた。 会場で杉村は、思いもよらないできごとに遭遇することになる…。 (「華燭」)29歳の朽田美姫から相談をうけた。 子供の命がかかっているというのだ。 美姫は16歳で女の子を産んで、次に6歳の男の子は別の男性との間にもうけた。 しかも現在は別の彼と暮らしているらしいのだが…。 (「昨日がなければ明日もない」) おすすめポイント 胸を締め付けられるような事件の数々に、心が重くなっていく。 しかし、不思議とそんな話に引き込まれてしまう。 人の悪意が見え隠れし、一癖ある彼女たちに苦味を感じる。 そんな、ちょっと困った女たちに杉村三郎が挑んでいく。 スウェーデンにもその空気は広がっており、前年1792年には国王グスタフ3世が仮面舞踏会の最中に暗殺されている。 無意味な戦争と貧困にあえぐ庶民の不満と、王制への不信がマグマのように煮えたぎっていた。 舞台はそんな、混沌とした時代のストックホルム。 秋のある日、湖で男性の遺体が発見された。 腐食はしていないが、四肢は切り落とされ、眼球をくりぬれ、舌と歯も奪われ、美しい金髪だけが残されていた。 7位『休日はコーヒーショップで謎解きを』ロバート・ロプレスティ 森の中に建つ屋敷〈ブラックヒース館〉。 そこにはハードカースル家に招かれた多くの客が滞在し、夜に行われる仮面舞踏会まで社交に興じていた。 そんな館に、わたしはすべての記憶を失ってたどりついた。 自分が誰なのか、なぜここにいるのかもわからなかった。 だが、ひょんなことから意識を失ったわたしは、めざめると時間が同じ日の朝に巻き戻っており、自分の意識が別の人間に宿っていることに気づいた。 その謎を解き、事件を解決しないかぎり、おまえはこの日を延々とくりかえすことになる。 タイムループから逃れるには真犯人を見つけるしかないと……。 悪評ふんぷんの銀行家、麻薬密売人、一族と縁の深い医師、卑劣な女たらしとその母親、怪しい動きをするメイド、そして十六年前に起きた殺人事件……不穏な空気の漂う屋敷を泳ぎまわり、客や使用人の人格を転々としながら、わたしは謎を追う。

次の

「このミステリーがすごい!大賞」受賞作品一覧

このミステリーがすごい

第1回 四日間の奇蹟(浅倉卓弥) 脳に障害を負った少女とピアニストの道を閉ざされた青年が山奥の診療所で遭遇する奇蹟。 ひとつの不思議なできごとが人々のもうひとつの顔を浮かび上がらす。 第2回 パーフェクト・プラン(柳原慧) ネット・トレーディング、ハッカー、代理母、胎児細胞、瞬間像記憶…。 今日的アイテムをふんだんに盛り込んだノンストップ誘拐ミステリー。 娘は一体どんな人間なのか。 ひとりの少女をめぐる、男たちの狂気の物語。 第3回 サウスポー・キラー(水原秀策) 周到に計画された恐ろしい陰謀に巻き込まれた人気球団の投手である主人公が真実を追うプロ野球界を舞台にした異色のミステリー。 第4回 チーム・バチスタの栄光(海堂尊) 東城大学医学部付属病院の有能な心臓手術チームに起こった、連続術中死の謎を追う医療ミステリー。 第5回 ブレイクスルー・トライアル(伊園旬) 門脇と丹羽は、1億円の賞金のため、大イベント〈ブレークスルー・トライアル〉への参加を決めた。 ミッションは、最新セキュリティ・システムの突破。 二人の人生を賭けた挑戦は成功するのか。 第6回 禁断のパンダ(拓未司) 新進気鋭の料理人と、鋭い味覚をもつ元料理評論家が覗くグルメ界の闇とは…。 選考委員から絶賛された三ツ星の美食ミステリー。 第7回 屋上ミサイル(山下貴光) 偶然学校の屋上で会った4人の高校生たちが結成した「屋上部」が、屋上の平和を守るため、難事件に挑む青春ミステリー。 第7回 臨床真理(柚月裕子) 女性臨床心理士と勤務先の医療機関で担当する事になった青年が、失語症の少女の自殺の真相を追う、一級のサスペンス。 第8回 トギオ(太朗想史郎) 生まれ育った村で村八分に遭い、架空の未来都市『東暁』に出た主人公の少年の、保守勢力と革新勢力の対立の裏側で暗躍する姿を描いたSF小説。 第8回 さよならドビュッシー(中山七里) 祖父と従姉妹とともに火事に遭い、全身大火傷の大怪我を負いながらも、ピアニストになることを誓う遥。 コンクール優勝を目指して猛レッスンに励むが、不吉な出来事が次々と起こり、ついに殺人事件まで発生する…。 第9回 完全なる首長竜の日(乾緑郎) 少女漫画家の和淳美は、植物状態の人間と対話できる「SCインターフェース」を通じて、意識不明の弟と対話を続けるが、淳美に自殺の原因を話さない。 ある日、謎の女性が弟に接触したことから、少しずつ現実が歪みはじめる。 第10回 弁護士探偵物語・天使の分け前(法坂一広) 弁護士資格を一時停止させられていた弁護士。 裁判は終わったものの、その原因となった事件にはまだ何かが潜んでいた…。 ハードボイルドな酔いどれ弁護士、過去の事件に再び挑む! 第11回 生存者ゼロ(安生正) 北海道根室半島沖の北太平洋に浮かぶ石油採掘基地で、職員全員が無残な死体となって発見される。 テロ攻撃かや謎の病原菌が原因かと疑われるが…。 壮大なスケールで「未知の生物」との闘いを描くパニック・スリラー。 第12回 一千兆円の身代金(八木圭一) 政治家の孫が誘拐された。 身代金は日本の財政赤字額の991兆円。 犯人の狙いは?決着は? 第13回 女王はかえらない(降田天) 片田舎の小学校の一クラス。 子供たちの繰り広げるパワーゲーム。 その意外な結末は…? 第14回 神の値段(一色さゆり) 人前に姿を見せない前衛芸術家・川田無名。 唯一その正体を知るギャラリー経営者の死。 果たして無名に隠された秘密とは? 第15回 がん消滅の罠 完全寛解の謎(岩木一麻) 治るはずのない癌が完全に寛解する、という前代未聞の謎に挑んだ医療本格ミステリー。 第16回 十三髑髏(蒼井碧) 物理トリックを使った本格ミステリー。 「オーパーツ鑑定士」を名乗る、自分と瓜二つの顔を持つ男が、水晶で つくられたドクロといったオーパーツと数々の殺人事件を解き明かす。

次の