リモート 研修 クビ。 リモート研修中にクビ X 君はマナーが悪い

炎上・リモート研修中にクビ解雇クラウドファンディング!サイトや募集URLページは

リモート 研修 クビ

リモート研修中にクビ? が依然として続く日本社会。 今年4月、多くの企業で新卒社員が入社したが、少なくない企業が新卒社員を出社させず、オンラインで研修を実施している。 そんな不安な状況が依然続く中、すでに入社した会社でクビを言い渡された元新卒社員がいる。 しかも、なんと彼はオンライン上の態度などで解雇を決められたという。 【写真】取材時の5月、吉田くんは無職だ 上司とのコミュニケーションは原則パソコン画面上のみ。 一体、この若者にどんな問題があったのか。 これはコロナ後では、日本初の事例なのだろうか……。 引用元: 試用期間中に解雇される6つのケースについて この動画から考えると、吉田くんの場合は、会社側からのクビ言い渡し時の理由が不当解雇と考えられるのかもしれませんね。 ネット上では、こんな意見も! 会社が悪いと思いきや、こいつの地雷加減よ 日本初? 日本初? 会社のルールもわからない中だと特に。 日本初? リモート研修中にクビになった、法政大卒新入社員の末路 画面越しに「君はマナーが悪い」 — ようねね hosoyamada5 コロナの影響?と思って読んだら全然違った。 旅行を理由に課題遅らせてしかもあの時期にチケット取り直してまで強行するってどうなん…クラウドファンディングに関してはツッコミどころが多すぎてノーコメント 日本初? リモート研修中にクビになった、法政大卒新入社員の末路 画面越しに「君はマナーが悪い」 アクティブなバカだな。 借金してまで旅行する意味がわからん・・・。 しかも親と消費者金融両方て。 そして僕とお茶をする権利を「与える」とか色々とお察し。 — 蒼焔 ほぼ独り言 examcustom どうも、記事を読んでいくにつれて、会社側の一方的なクビの言い渡しが主な理由ではないような気がしてきました。 ネット上でも、前半の記事では、会社側に問題がある!と思った人も、後半の記事を読むことで、クビを宣告された彼にも問題があるのでは!? と考えが変わっていった人が多くいるようですね。 リモート研修中になぜ彼はクビを言い渡されたのか? 吉田くん(仮名)は、なぜクビを言い渡されたのでしょうか。 順を追って考えていきましょう。 まず、内定先の人事の人が言う理由としては、「リモート研修内での態度が悪い」というものでした。 ワイシャツ着用でのリモート研修への参加は義務付けられていたので、彼もそこは守っていました。 画面から飛び出していて映らない部分があったことや立ち膝をしていたことなども、クビの理由として挙げられていたようです。 この記事からは、彼側の言葉しか知ることができないため、「そんな態度で研修を受けてはいない」という彼の言葉から考えると、会社側が間違ってそのように見えたことで、会社側が「態度が悪い」と一方的に言っているように思えます。 一方で、内定先から出されていた課題について、彼は「『旅行があるので提出が遅れます』と事前に伝えたところ、了承していただきました。 このことで、「いい会社だなと思いました。 」と彼は言っています。 私は昭和生まれなので、現在の人事とはかなり考え方が違う時代の話にはなりますが、内定を頂いた会社の課題は絶対に提出期限を守ることが普通でした。 それが、確実にその会社への内定確定のようなものだと思っていました。 吉田くんは、エンジニアを目指しているということで、内定をもらっていた会社が彼自身のためには適当だと思います。 クビを宣告されてからの彼の言動を見てみると、「エンジニアを目指すためのテックキャンプというスクールに通おうかと思っています。 ただ、初任給もまだ入っていないのでお金がない。 そこでクラウドファンディングで学費を集めようと思っています」と言っています。 吉田くんによると、スクールの学費は70万円。 これに加え、最新のMacBook Air14万8000円と、クラウドファンディングの手数料を含む約100万円を募集する予定だということで、その計画は、法政大卒のキレる考え方なのかなとは思います。 ところが、記事の後半での彼の言葉に度肝を抜かれてしまいました。 「学費を支援していただいた方には、僕がアフリカ旅行に行ったときにもらった各国の小銭のお釣りや、旅の写真、あとは僕とお茶する権利を与えようと思っています。 1万円以上の高額の支援を頂いた方には、僕が卒業したあとに制作したホームページに名前を載せるなど、僕を10時間自由に使ってもらう権利をプレゼントしようと思います」 「両親にはアフリカ旅行の際に30万円借りているので、もうお金は借りれません。 S社の給料は学生時代に消費者金融で借りていたお金の金利返済に充てるので、残額はゼロです」 彼は、何か勘違いしているように思います。 「僕とお茶する権利」とは?「僕を10時間自由に使ってもらう権利」とは? コロナ渦の今、お茶することや会うことができないという以前に、吉田くんと会う権利を得て何になるのか?まったくわかりません。 更に、学生というまだ働いたことがなく、親にお金を借りて旅行しているような彼は、他に消費者金融でお金を借りており、その返済のメカニズムを全然理解していなかったのです。 人として自信を持つことは大事ですが、その方向性が間違っていますね。 どこで学ぶのか?やはり家庭環境がそれを学ぶには最適なのではないでしょうか。 リモート研修中にクビ?君は画面越しの態度が悪い!まとめ ここまで、「リモート研修中にクビ?君は画面越しの態度が悪い!」について、書き進めてきました。 せっかく頂いた内定も一瞬でなしになってしまう可能性があります!くれぐれもリモート研修中の態度にはお気をつけください! スポンサーリンク•

次の

リモート研修中にクビになった新卒社員、クラウドファンディングで「僕を10時間自由に使う権利」を売る|5chまとめのモネッス

リモート 研修 クビ

ども、ブロガー講演家のイッサです。 今回のテーマは、日本初か?リモート研修中にクビになった新入社員です。 おすすめ記事 日本初?リモート研修中にクビになった、法政大学新入社員の末路 新型コロナウィルスの影響が依然として続く日本社会。 今年4月、多くの企業で新卒社員が入社したが、少なくない企業が新入社員を出社させず、オンラインで研修を実施している。 そんな不安な状況が依然続く中、すでに入社した会社でクビを言い渡された元新卒社員がいる。 しかも、なんと彼はオンライン上の態度などで解雇を決められたという。 上司とのコミュニケーションは原則パソコンのみ にもかかわらず、5月初頭に首を宣告。 一体、この若者に何があっただろうか? これは新型コロナウィルス後は、日本初の事例なのだろうか。 リモート研修で画面越しのマナーが悪いからクビになった。 君はマナーが悪い。 IT企業だけど、技術よりマナーをとても重視している。 研修を受けている様子を画面越しに見ていると、はっきり言って態度が悪すぎる。 君はうちの社風には合わないと判断しましたと、クビを宣告されたのだ。 研修中にはメモを取り、画面を見て話を聞いていたつもりです。 正直、言いがかりだと思ったらしい。 そもそも具体的な態度の悪さの指摘がない もっと、人事も具体的にどこが悪いかを指摘して、話して、様子を見るべきではないかと思います。 いきなり、クビとは本人にしたら納得しないでしょう。 そもそも、画面越しで話を聞いているときに「態度が悪い」ということなど本当にあるのだろうか? 面談ではその疑問を人事担当者が具体的に彼の態度の悪い行動について指摘した。 画面越しで顎の下が見えず、ちょっとはみ出している時がある。 ワイシャツの上にカーディガンを羽織っていたでしょう。 ある講義では立て膝で話を聞いていたので、態度が悪いという指摘だった。 え?、まじでこれだけのことで態度が悪くクビになるの? 画面内に自分の顔が全て収まらない時があってもいいのでは?と思いました。 一時的に顎が映らなくなるのはマナー違反と指摘されたが、これは厳しいすぎると思います。 カーディガンもいいのでは?と思いました。 立て膝はアウトだが注意して直せばいいんではないかと思います。 注意もせず、いきなりクビとは厳しいなと思いました。 結局会社都合でクビになりました。 もしかしたら、新型コロナウィルスによって、業績が落ちて、人件費がきつくなってきたから、役に立たない新入社員を解雇したかったのかもしれません。 こういうこともあるので、みなさんも気をつけて行きましょう。 destiny6711.

次の

リモート研修中に従業員をクビにした!?どこの会社!?システナという噂が!

リモート 研修 クビ

一部上場のIT企業に新入社員として入社した23歳の吉田君(仮名) コロナ渦影響で新卒研修(3月を自宅からビデオチャットで参加する予定でした。 1ヶ月を過ぎた5月に人事担当者から「辞めてもらいたい」と打診されてしまいます。 突然のクビ通告に理由を尋ねると「画面越しの態度が悪すぎて社風に合わない」とのこと。 思い当たる節が全くなかった吉田くんはさらに言及すると、 人事担当者が具体例を下記のように挙げました。 ・画面越しに顎(あご)より下が見えずちょっとはみ出している。 ・ワイシャツの上にカーディガンを羽織っている。 ・立膝で講義を聞いていた。 いずれも吉田君は身に覚えのない誤解で弁解するも、 入社前に課せられていた課題を遅れていたこと指摘されてしまいます。 これに吉田君は卒業旅行に出るので遅れる旨を事前に伝え了承してもらったと反論しました。 会社からのクビ宣告の結論は変わらず、 5月いっぱいの在籍とされてしまいます。 吉田君は新たな道としてエンジニアを目指すため、「プログラミングスクール」の学費と最新の「MacBook Air」を資金100万円をクラウドファンディングで募集する予定とのこと。 クラウドファンディングのリターンとして、下記をあげています。 ・アフリカ旅行へ行った時の小銭のお釣り、旅の写真、お茶する権利 ・制作したホームページに名前記載、10時間自由に使って良い権利 プログラミングの学費を両親から借りられないか吉田君に確認すると、入社前のアフリカ旅行の際に両親から30万円、さらに消費者金融で20万円、タイ旅行で20万円を消費者金融から借りていました。 もう両親からお金を工面してもらうことはできないとのことです。 「プログラマーになりたい」吉田君は身を結ぶのか(完)• 入社前の課題を卒業旅行で遅れると平気で言えてしまう• 入社前の旅行を自力で働いたお金ではなく両親と消費者金融から借りてしまう• 自分の生きる道なのにクラウドファンディングで学費とPC代を調達しようとする• クラウドファンディングのリターンが他人からは一切メリットに感じない 入社前の課題を卒業旅行で遅れると平気で言えてしまう 「奴隷のような社会人になる前に最後の学生気分を満喫してもいいじゃん。 」 夢のように楽しかった4年間の大学生活から一転、 定年まで約40年も続くことになるであろう社会人になるのは誰しも嫌でしょう。 人間、ずーっと楽しいまま楽に生きていたいと考えるのが普通です。 でもね 企業がなんのために入社前に課題を出しているのか考えて欲しいです。 新卒なんて即戦力には絶対になりえません。 転職5回経験し中途の私と新卒の吉田君でははっきり言って、 成鳥したニワトリと生まれたてのヒヨコぐらい戦力が違うんですよ。 (その分、求められる能力は前者の方が圧倒的に高い) それでも新卒を採用するのは光る原石だと企業側は見越したから。 すでにあちこち尖って歪んだ形で整形できない石よりも、 はるかに可能性のある未来を投資することを選んだのです。 吉田君、やる気あるの? 入社前の旅行を自力で働いたお金ではなく両親と消費者金融から借りてしまう 学生時代はヒッチハイクやママチャリなどで国内外を旅行し、卒業前にはアフリカ大陸の縦断旅行を決行。 「思い立ったらすぐ行動」「やらない後悔よりやって後悔」が吉田くんのモットーだ。 「せめて就職前に思いっきりやりたいことをやろうと思って。 お金のやりくりは大変でしたが、よい思い出になりました」 引用: 自分探しの旅にでようが日本以外の文化にふれたい等、 異国の地に行って知見を広めることに関しては私は賛成です。 私なんて日本から1歩も出たことのない海外チェリーですからね。 ただここで言いたいのは 吉田君のお金に対するだらしなさなのです。 吉田君は記事から察するに猪突猛進な性格なので、 「アフリカ旅行に行きたい!」「タイ旅行に行きたい!」と思ったら、 自分の懐事情を顧みないまま行動してしまい、その結果が下記の通りです。 自分の生きる道なのにクラウドファンディングでプログラミングスクールの学費とPC代を調達しようとする 吉田くんによると、スクールの学費は70万円。 これに加え、最新のMacBook Air14万8000円と、クラウドファンディングの手数料を含む約100万円を募集する予定だ。 引用: アフリカ旅行とタイ旅行の項目でもふれましたが、 自分のやりたいこと決めたことなのに、 自ら汗水たらして資金を調達しようとは考えないようです。 高級焼肉店の叙々苑に行きたいけど、 だれか奢ってくださいと言ってるのと同レベル。 自ら頑張って稼いで美味しい肉を食べにいくという思考にならないようです。 さらに言わせてもらえば、 そもそもプログラミングスクールに70万円を出さずとも、 最新のMacBook Air14万8000円を払うことなんて必須ではないんです。 仮想化ソフトウェア(VMware)を導入して仮想サーバを構築• AWS(Amazon Web Service)を契約してクラウドでサーバを構築• LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)構成でサーバ構築• レンタルサーバを契約してサーバサーバ構築 安価(月々0円~数1,000円)サーバ構築することができ、 そのサーバ上で好きなだけプログラミングしたら良いんですよ。 あとプログラミングが本当に好きな人って誰かに教えてもらうのではなく、全部自力でQiitaとか技術サイトで調べて試行錯誤する人が多いんだよ。 吉田君はプログラミングスクールで一から教えてもらおうというスタンスから意識低い系であることが伺えてしまいました。 むしろ時間の無駄。 消費者金融で元本ではなく利息分を払い続けているのは馬鹿馬鹿しいです。

次の