胃 が 痛い 時 対処 法。 【医師が解説】胃が痛いときはどうしたらいい?原因と対処法について

空腹時に胃痛が起こる!原因と対処法は?

胃 が 痛い 時 対処 法

キリキリと痛む・・・ キューっと差し込むような痛み・・・ 胃が張るような痛み・・・ 胃の痛みを何とかしようと 当サイトにたどり着いたあなたなら、 この痛み、苦しみがわかってもらえることと思います。 私自身、しょっちゅう胃が痛くなります。 これは胃痛が来る・・・ 前触れや予兆といった感覚も 大体わかっています。。。 これまでにも色んな対処法も試してきました。 胃が痛くなったらどうするか? その結論とは、 痛みの原因を知り、 原因に対して正しい対処をすることです! 今回は胃痛に関する ・胃の痛みは何が原因なのか? ・胃の痛みを解消する方法は? ・何か大きな病気とかじゃない? といった、疑問や不安を解消し、 さらに、 実際に私が実践している胃痛解消法や、 おすすめの市販薬を紹介いたします。 しょっちゅう胃が痛くなるという方は、 ぜひぜひ、参考にしてみてください! スポンサーリンク 目次• 胃が痛くなる6つの原因 まずは、胃が痛くなる原因についてです。 胃痛は生活習慣や環境、または性格など、 様々な原因が考えられます。 ここでは、 その中でも特に原因として多く見られている 6つの原因を詳しく解説します。 ご自身の環境などから、 何が胃痛の原因となっているか? を、まずは確認してみてください。 食べ過ぎ 暴飲暴食により、消化が間に合わず、 胃痛、胃もたれ、腹痛などが起きます。 また、大量に食べ物が胃の中に入ってくると、 胃の中で胃酸が出過ぎてしまい、 それにより胃痛が起きることもあります。 刺激物の摂り過ぎ 辛いものなど刺激物を摂り過ぎると、 胃の粘膜を傷つけてしまい胃が痛くなります。 空腹 通常、空腹時に胃酸は出ませんが、 何らかの原因で胃酸が出過ぎてしまい、 胃の粘膜が傷ついて痛くなります。 何らかの原因とは、カフェインの摂り過ぎ、 自律神経の乱れなどが考えられます。 ストレス 精神的なストレスが溜まると、 体の自律神経が乱れてしまいます。 自律神経には様々な働きがありますが、 その1つが、胃の働きをコントロールすることです。 この自律神経が乱れてしまうことで 胃酸が出過ぎてしまったり、胃が収縮することで 胃の痛みが発生します。 ストレスが続くと慢性的に痛むことがありますが、 病院で検査しても「異常なし」と診断されることがあります。 このような症状は 「神経性胃炎」「機能性ディスペプシア」 などと呼ばれています。 こちらの記事では すぐに出来るストレス解消法を紹介しています。 あわせてご参考に! 5. 冷え 内臓の冷えによる血流低下により、 胃の働きが悪くなることが原因です。 身体を冷やしてしまうことは勿論ですが、 冷たいものの食べ過ぎ・飲みすぎなどでも 胃腸を冷やしてしまいます。 ピロリ菌 ピロリ菌の感染が原因による胃粘膜の炎症で 胃が痛くなります。 ピロリ菌とは胃の中に棲み着く細菌で、 1度感染すると除菌しない限り胃の中に棲み続けます。 感染経路は、殆どが幼少期に親から子供への 家庭内感染だと言われています。 日本人の約半数の人が 感染しているとも言われています。 ピロリ菌は胃の粘膜を傷つけ、 胃潰瘍や胃癌など胃の病気の原因となる細菌です。 えええっ!と思われるかもしれませんが、 ピロリ菌が原因で胃の病気を発症するのは 感染者の約5%と言われています。 しかし、ピロリ菌が原因で胃炎になった場合、 その後の大きな病気を防ぐ為、 ピロリ菌除菌治療をする必要があります。 ちなみに… ピロリ菌というなんだか可愛らしい名前は、 胃の幽門 ピロルス からきているもので、 正式には「ヘリコバクターピロリ」と呼びます。 以上が胃が痛くなる6つの原因となります。 6つの原因の中に、 きっと思い当たるものがあるはずです 次章からは、それらの原因に対して それぞれ有効な対処法を紹介していきます。 スポンサーリンク すぐにできる4つの対処法 自分の胃の痛みの原因が何なのか? 大体わかったでしょうか。 これだ!と特定できれば一番ですが、 はっきりしない時には、 これは違うかな、 というものを消去してみてくださいね。 また、胃痛の原因に自分自身が 気が付いていないということもあります。 これから辛い胃の痛みを解消する すぐに出来る4つの対処法を紹介いたします。 それぞれの原因により、 対処法の効果の出方は変わりますが、 どれも簡単にできる対処法ばかりです。 自分に合った対処法を見つけるためにも、 まずは全部実践!をおススメします。 【ぬるい白湯を飲む】 胃痛の原因「冷え」に対して効果的。 胃が痛くなったら、 とりあえず白湯を飲んでみてください。 白湯を飲むことで胃が温められて、 胃痛緩和の効果があります。 ただし、熱い白湯や冷たい水は、 かえって胃痛を酷くさせてしまいますので、 必ず「ぬるめの白湯」でなければいけません。 この「白湯を飲む」という対策ですが、 たったこれだけと侮ってはいけません! 経験上、これは絶対にやることをおススメします。 「冷え」だけが胃痛の原因というケースは かなり稀かと思います。 ですが、冷えは誰もが抱えている もはや現代病の1つです。 複数ある胃痛の原因に 必ず入っているといっても良いでしょう。 私自身、胃が痛くなったときは まず「白湯を飲む」ことで、かなり痛みが緩和されます。 経験上、絶対におすすめの1つです! 【右側を下にして横になる】 胃痛の原因「食べ過ぎ」に対して効果的。 食べ過ぎなどが原因で胃が痛い時は、 右側を下にして横になってみてください。 身体の構造、胃の形状から、 身体の右側を下にしていると、 消化を促進する効果が期待出来ます。 【ツボ押し】 胃痛の原因全般に対して効果的。 胃痛に効果的なツボも効果的です。 胃の調子を良くするツボですので、 胃の痛みだけでなく、 むかつきや膨満感など胃の不調全般に効果的です。 おへそから指4本分上を、 両手の指全体で優しく押します。 「押して戻す」を1分程繰り返します。 この時、押し続けないでください。 また、強く押し過ぎないようにしましょう。 手首から指3本分下を、 反対の手の親指で、 「押しては離す」を1分程繰り返します。 左右どちらにもあるツボなので、 どちらかの手で行えばOKです。 こちらの動画で詳しく紹介していますので、 是非、参考にしてください。 胃薬には、それぞれ逆の作用がありますので、 原因に合った方を使用しないといけません。 他にも健胃剤というジャンルもあります。 突発的な痛みではなく、慢性的な胃の悩みの方には胃の自然治癒力を高める漢方由来の生薬タイプがおすすめです。 毎日胃薬を飲むのは体への負担が大きい為、日々の痛み・重みの解消には体に優しくゆっくり効いていくタイプを試してみると良いでしょう。 胃薬は万能ではありませんが、正しく服用すれば症状が楽になります。 ですが、間違った服用は症状を悪化させることもあるので注意が必要です。 根本的な6つ対処法、予防法 前章では、胃が痛くなったときに すぐにできる対処法を紹介しましたが、 ここでは根本的な解決策、 日常生活でコツコツと実践する対処法を紹介します。 毎日なにげなく行っていることが、 実は胃に負担を掛けていた…なんてことも多いのです。 是非、参考にして、 日頃の生活で注意してみてください。 1日3食食べる 毎日、規則正しい食生活を送ることは 胃の健康にとても大切です。 とくに、朝食を抜くと、 胃の動きが悪くなります。 また、空腹時間も長くなるため、 この間にコーヒーなどのカフェインを摂ると 胃への負担も大きくなってしまいます。 油っぽい食事は控える 油っぽい食事は、 胃酸過多の原因になります。 特に、胃の調子が悪い時は、 消化の良い食事を心掛けましょう。 よく噛んで食べる よく噛むこと、これとても大事です! 食べた物が細かくなって胃に運ばれることで、 胃がそんなに頑張らなくても消化することが出来ます。 つまり、よく噛むことは、 消化不良の予防にもなり、胃への負担も少なくします。 胃に負担をかけない消化に良い食べ物については こちらの記事で詳しく紹介しています。 ストレスを溜めない ストレスは自律神経を乱し、 それに伴い胃の働きを悪くしてしまいます。 日頃から適度に休んだり、気分転換するなど ストレスを溜めない生活を心掛けましょう。 ストレスについては、 こちらの記事もぜひ参考にしてください! 5. 規則正しい生活を送る 規則正しい生活は、 胃の働きをコントロールしている 自律神経を整える為に必須です。 寝不足などで自律神経が乱れると、 胃の働きが悪くなりますので、 規則正しい生活を送りましょう。 身体を冷やさない 体温低下で内臓が冷えてしまうと、 胃の働きを悪くして胃痛の原因となります。 日頃から身体を冷やさないようにすることと、 冬場などの寒い時期は、 半身浴で身体を芯から温めることも効果的です。 半身浴の効果的なやり方など、 詳しくはこちらでも紹介していますので、 是非参考にしてください。 胃痛に潜む病気 ここまで説明してきたの胃痛の症状とは、 ・胃酸過多により胃粘膜を損傷している状態 胃炎 ・胃の働きが悪くなることが原因の胃の不調 が原因でおこる胃の痛みです。 しかし、それらとは別に、胃痛の症状が伴う 胃の病気は他にもあります。 ここでは、その他の胃の病気について 代表的なものを3つ紹介します。 激しい痛みを伴ったり、 痛みに違和感を感じる場合は、セルフケアだけでなく 医師の診断を受けることをおススメします。 胃アニサキス症アニサキス類の寄生虫が 胃の粘膜に入りこむことで発症します。 アニサキス類の幼虫が寄生した魚介 などを食べたこと原因となります。 寄生しやすい魚介では、 イカ・サバ・タラなどがあります。 胃痛、腹痛、嘔吐などの症状が起こります。 内視鏡により虫体を摘出するか、 薬の投与により治療します。 まとめ 胃が痛くなる原因と対処法など、 胃痛に関することを紹介してきました。 胃が痛くても、余程の痛みでない限り、 病院で診てもらう人は少ないと思います。 今回紹介した胃の痛みに関するものは、 あくまで一時的な痛みについてのことです。 胃の痛みや不調が慢性的に続いている方は、 上の章でも紹介したような 重大な胃の病気の可能性も考えられます。 その場合は、 早期の発見と治療が何よりも重要です。 たかが胃の痛みと思わず、 まずは一度、病院での診断、検査を受けることをおススメします。 当サイトでは他にも胃に関する 記事を紹介していますので、こちらもぜひご参考に! そして、食べ過ぎやストレスなどの 一時的な胃の痛みの場合… 是非、ここで紹介した対処法などを 参考にしてみてください。 そして、日頃から胃腸に優しい生活を 送るように心掛けましょう。

次の

胃が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

胃 が 痛い 時 対処 法

突然ですが 二日酔いで胃が痛くなる事ってありませんか? 実は、二日酔いの代表的な吐き気や下痢、頭痛のあとに胃が痛くなる事が多いんです。 これは、管理人のわたしの体験談になるのですが、昔無茶して飲んでいた時に結構な確率で胃が痛くなっていました・・・ 実際にこういった悩みを持っている方がたくさんおられるので、ちゃんと理に適った解消法をご紹介したいと思います。 ここでは、二日酔いによる胃の痛みのちょっとした対処法や、 「二日酔いの胃痛を予防するおつまみ」の紹介など、そういった症状を避ける為に知っておきたいコツなどを特集しています。 きっと今後活かせる内容ですので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか? 仕組みを知ることで治せる二日酔いの胃痛 二日酔いで胃が痛くなってしまう仕組みを知ることは大切な事です。 理由や仕組みが分かることで今襲われている胃痛の改善もできますし、次にお酒を飲んだ後にも起こるかも知れない胃痛を予防することにもつながるからです。 お酒を飲んだ後や翌日に胃痛が起こる仕組みは大きく分けて二つあります。 お酒のアルコールのせいで胃壁が荒れている• お酒の毒素に胃袋の防御反応が起こり収縮を起こす アルコールは水に対して親和性が高く、溶け込みやすいため 胃壁を覆っている胃液や粘膜保護液などの水分と馴染んでしまいます。 さらにそのアルコールが胃から腸に移動することで胃粘膜を守るものがなくなって敏感になった胃袋が『痛みというサインでその危機を知らせている』ということなんです。 こうして胃壁が荒れた場合の胃痛に対処するには、ノーガード状態の胃壁(胃粘膜)を守ることが大切です。 そのために必要な薬はこの後で改めてご紹介します。 そしてもうひとつの原因である『お酒の毒素に胃袋の防御反応が胃の収縮を起こす』というのは 本来、お酒に含まれるアルコールは急性アルコール中毒などの事故を見ても分かるように劇物(劇毒)であるという事はご存じでしたでしょうか。 アルコールは大量に摂取すると致死量という概念が存在するほどの劇物なんですよ。 そのため、アルコールがお酒を飲むことで体内に入ってくると免疫システムが働いて胃袋を収縮を起こしキリキリとする胃痛を起こすことが多々あります。 アルコールから身を守るための免疫反応が胃袋で起こると胃痛につながるということなんですね。 ただし、この場合の胃痛はお酒を飲んでいる最中から起こることが多く、ほとんどは軽くおつまみを食べたり、少しお酒を飲まずに食べに回っていると食べものを消化することで胃粘膜を守ることができるためすぐに改善することが多いんです。 つまり、お酒を飲んでいる最中から胃痛が酷いという方は後者のタイプ。 そして、お酒の飲みの席から少し時間が経ってから痛くなったり、翌日になってから胃が痛くなるというのは身体が自然な反応として起こるのは当然で病気などではないという事なんですね。 まずは胃の痛みをなんとかしましょう! すでに胃が痛くなってしまっている状態では、まずは胃酸を抑える薬を飲むのが一般的です。 胃壁と胃粘液、胃酸について 胃壁というのは、胃の壁のことで、胃酸は胃から分泌される食べものの消化を促すためのものなのは皆さんご存じの通りですが、お酒を飲んで胃粘液の膜が洗い落とされるような状態になってしまうと胃酸が直接胃壁を傷つける状態になってしまうため『空腹でお酒を飲んではいけない』と言われています。 これは、食べることで未消化物が胃粘液の代わりに胃酸を中和してくれるからです。 お酒で胃が痛くなる仕組みとしては、 お酒のアルコールで胃壁の粘膜が刺激を受けて荒れてしまっているところへ、吐き気と嘔吐で胃が空っぽになっているのに、胃酸が出てしまっている事が胃壁を余計に刺激してしまうために胃が痛くなるんですよ。 胃薬で胃酸を抑えてあげた状態から胸やけや吐き気などがなければ、胃薬を飲んだ後に30分ほど時間を置いて、おかゆを少しだけ食べましょう。 特に、年末の忘年会シーズンや年明けの新年会シーズンはお酒を飲む機会が密集していますよね。 また、仕事関係の忙しさもありますから、胃腸が全体的に疲れているせいで荒れやすいということも考えられます。 こんな言い方をすると 当たり前じゃないか!と怒られてしまいそうですが、もっと根本的な話をすると 二日酔いの予防策を出来る限り万全にしましょう!ということなんです。 そのための方法としては、飲む前にコンビニやドラッグストアでウコンドリンクなどでも良いのですが、多少なりとも 食べ物をお腹に入れておくのも効果的です。 コンビニでおにぎり一個でも良いと思いますよ。 しじみやにんにくのサプリには、CMでやってるような物以外にもいろんな種類があることをご存知ですか? 二日酔い防止の為の本格的なアイテムをまだ持っていない。 という方は、を一度ご覧になってみてはいかがでしょうか? 二日酔いで胃が痛くなる理由と仕組み ここまでご紹介した方法を実践された方、胃の痛みは少し治まりましたか? まずは痛みを和らげないと、食事も出来なくなってしまいますよね。。 普通のコンディションに戻せたら、次にお酒を飲む時に胃が痛くならないように根本的な原因を一緒に考えてみましょう。 二日酔いで胃が痛くなる理由は、アルコールで胃壁が荒れてしまったところに、二日酔いで吐き気があり、嘔吐もしてしまう事で、胃が空っぽになり、そこに胃酸が分泌されてしまう事です。 二日酔いで吐き気と嘔吐が少し楽になったかな・・・。 と感じた頃に胃に刺し込むような痛みが起こるのは、胃粘膜が傷付いている事による身体からのサインなんですよ。 気をつけてくださいね! 二日酔いの胃痛はお酒の飲み方で決まる? 二日酔いが起こる時点で、少なくとも自分が代謝できる以上のペースでお酒を飲んでしまっています。 二日酔いに加えて胃が痛くなってしまう飲み方は• おつまみを食べずに飲んだ• お酒の濃度が濃い• おつまみに油ものが多い こういったことが考えられます。 これらの飲み方がたたって二日酔いになった挙句、胃が痛くなってしまうというわけです。 ですが、おつまみを食べながら飲んでいたにも関わらず胃が痛くなってしまうのは、肝臓に負担を掛けてしまう 『揚げ物や脂肪分が多いお肉系のおつまみが多い』ことも原因になります。 その理由は、肝臓のキャパを超えてしまうからです。 油もののおつまみを分解するための胆汁酸を出す仕事と、アルコール分解の仕事を同時にこなさなければならなくなるため、簡単に肝臓のキャパを越えてしまうという事なんですね。 二日酔いの胃痛のリスクを下げるおつまみはあるの? 二日酔いの胃痛のリスクを避けるのに効果的なおつまみは、何があるのでしょうか? ポイントは、胃袋での消化じたいは時間が掛かりながらも、肝臓の分泌液によって分解されると肝細胞を元気づける事が出来る『植物性タンパク質』を摂れるおつまみです。 代表的なところでは、 お豆腐や枝豆なのですが、動物性タンパク質も適度に補給できる冷奴にカツオ節をかけて食べるのはおすすめです。 やってしまいがちだけど意外と良くなかった!二日酔い予防のNG行動 話を聞くと、意外と多くの方がやってしまいがちなある行動があります。 それは、 迎え酒と、無理矢理吐くことです。 ページ内ではすでに二日酔いや、胃痛の原因や仕組みなどをお伝えしていますので、何となくお分かりいただけるかと思います。 迎え酒で二日酔いがなんとなく治ったように感じるのは、アルコールの過剰摂取で感覚が麻痺しているだけなのだそうです。 また、無理矢理吐こうとするのは、逆に体の負荷をかけることになり、余計に体を痛めつけてしまいます。 二日酔いのリスクを下げる為に知っておきたい飲み方 出来る範囲でお酒を飲むペースを スローペースにする事です。 また、どうしても場の雰囲気などで飲まなければならない時は、 出来るだけお酒を水割りなどで薄めて飲む事です。 焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は、お酒の中の不純物が取り除かれているため、比較的肝臓への負担を少なくする事が出来ます。 日本酒やビール、ワインなどの醸造酒は、出来るだけスローペースで飲むのが無難です。 二日酔いのリスクを下げる為にはこんな方法もある 二日酔いを避けるのに効果的な飲み方は、前述の通りなのですが、会社の飲み会や学生の方なら先輩も同席している場合など、どうしても、自分ペースで飲めない場合がありますよね。 そのような場合は、飲みが始まる直前にウコンドリンクを飲んでおく事や、あらかじめ 肝臓の栄養になる成分が含まれているサプリメントは良い選択肢です。 お酒のアルコールを毒素分解しつつ、胆汁酸を作って胆嚢(たんのう)に送ったり、糖を蓄えたりする働きの大部分を担っている肝臓のキャパを広げてあげる事は、二日酔いの避けることにつながります。 さらには、胃が働き過ぎて胃酸を多く分泌しすぎたりする事を避ける事にもつながります。 もちろん、ペースをわきまえた飲み方が出来るのが1番安全なんですけど、それが出来ない場合もありますからね。 ですが、大人の付き合いではそうもいかない場合がありますね。。 そんな場合でも、出来る限り肝臓や胃壁に負担を掛けないものを選んで食べたりするのも良いですし、アルコール分解を行える余力を肝臓に作ってあげるためのウコンドリンク・肝臓の栄養になるサプリメントなどのアイテムに頼るのもお勧めです。

次の

胃を押すと痛い!その原因と対処法について詳しく解説!

胃 が 痛い 時 対処 法

何故、ご飯を食べると胃が痛いのか 食後にやってくる胃痛。 普段は痛まないのに、何故ご飯を食べると胃が痛いのでしょうか。 キリキリと刺すような痛み、キューッと締め付けられるような痛み… 一口に胃痛と言っても、その原因により痛み方や胃痛と共に出る症状には特徴があります。 ここでは主な胃痛の原因をご紹介します。 自分の症状と照らし合わせて胃痛の原因は何なのか探ってみましょう。 急性胃炎 急性胃炎は胃の疾患の中でも最も発生しやすい病気のひとつです。 胃の粘膜に炎症が起こります。 キリキリ、シクシクといった痛み方をするのが特徴です。 急性胃炎の症状 主な症状は名前の通り 急な胃の痛み、不快感、胸のむかつき、嘔吐などが起こります。 時には 吐血や 下血(血が混ざった便が出る)する場合事もあります。 急性胃炎の主な原因• アルコール、カフェイン、香辛料、熱いもの、冷たいものなど刺激物の過剰摂取• 暴飲暴食や不規則な食事など食生活の乱れ• 薬(アスピリンや抗生物質など)の服用によるもの• ストレス• 煙草の吸い過ぎ• 風邪やインフルエンザ• アレルギー 慢性胃炎 慢性胃炎は胃の炎症が長期に渡って改善しない状態が続きます。 胃の不快な症状が慢性的になっている場合はこの「慢性胃炎」の疑いがあります。 慢性胃炎の症状 ご飯を食べると 胃が痛いのはもちろん、 常に上腹部に不快感がある、腹部膨満感、むねやけ、胃のむかつき、食欲不振などが慢性的に起こります。 慢性胃炎の主な原因• アルコール、カフェイン、香辛料、熱いもの、冷たいものなど刺激物の過剰摂取• 暴飲暴食や不規則な食事など食生活の乱れ• 過度の飲酒や喫煙• ストレス• ヘリコバクター・ピロリ菌の感染• 胃の老化 日本でのピロリ菌感染は戦後の動乱のときに水道設備が十分でない環境で子供時代を過ごした人に多く、 高齢者の7~8割が感染しているとも言われています。 ピロリ菌は経口感染であるため、衛生環境が整った現在でも、 ピロリ菌を保有した人が消化器が未成熟な子供に口移しや食器の共用をしたり、キスをすることで感染することがあります。 ピロリ菌感染の連鎖は今も続いているのです。 慢性すい炎 膵臓に毎日のように炎症が起こり膵臓の細胞が破壊されてしまうのがこの 慢性すい炎です。 膵臓の組織は一度壊れると元には戻りません。 後期には血統のコントロールが出来なくなり糖尿病を発症しやすくなります。 慢性すい炎の症状 慢性膵炎は食後すぐではなく、何時間かしてから痛みが出てくるのが特徴です。 膵臓は胃の裏側にあることから、 みぞおちの痛みだけでなく、 背中にも痛みが出ます。 その他 吐き気、嘔吐、食欲不振、腹部膨満感などが挙げられます。 脂肪が消化されず便と一緒にドロドロの状態で排出されるといった症状もみられます。 慢性すい炎の原因 慢性膵炎の一番の原因は アルコールの過剰摂取です。 胆石が原因になる事もあります。 胃潰瘍 胃潰瘍は胃に関する病気の中で最も有名と言っても良いかもしれません。 普段、胃は胃液で消化されないよう保護されています。 しかし様々な要因でその防御能力が低下したり胃液の分泌が盛んになると、防御しきれず胃が損傷を受けたり、時には胃壁に穴が開いてしまう事があります。 これが胃潰瘍のメカニズムです。 胃潰瘍の症状 胃潰瘍は 食後すぐに痛みだすのが特徴です。 胸やけを伴うことが多く、 膨満感、酸っぱい口臭を伴った げっぷ、吐き気、嘔吐、食欲不振などの症状が見られる場合もあります。 悪化すると 吐血(どす黒い血)や タール便(黒い便)といった症状が出る事もあり、食前・食後関係なく痛むようになります。 胃潰瘍の原因• アルコール、カフェイン、香辛料、熱いもの、冷たいものなど刺激物の過剰摂取• 暴飲暴食や不規則な食事など食生活の乱れ• 過度の飲酒や喫煙• ストレス• ヘリコバクター・ピロリ菌の感染 ピロリ菌は原因の1つというより、主な原因といっても良いほどです。 ピロリ菌に感染することにより胃粘膜が弱り潰瘍が出来る事がわかっています。 以前は手術で胃内部の止血をしていましたが、現在は薬物療法が主流になっています。 しかし、潰瘍の状態によっては外科手術による治療に切り替えることがあります。 NSAIDs潰瘍 ピロリ菌による胃潰瘍の次に問題になっているのが解熱鎮痛薬が原因の「 NSAIDs潰瘍」です。 NSAIDs潰瘍の症状 症状は、胃潰瘍と同様です。 NSAIDsの原因 非ステロイド性抗炎症薬の副作用で胃粘膜に異常が起こり、ピロリ菌による胃潰瘍と同じように胃酸が胃液を荒らして潰瘍を生じます。 最近は優れた鎮痛剤が簡単にドラッグストアなどで購入できるので、頭痛や生理痛などで簡単に服用しがちですが、飲み方を間違えるとこういった思わぬ副作用が起きる事があります。 説明書をよく読み正しく服用しましょう。 また、坐薬タイプのNSAIDsでも身体への影響は変わらない為、潰瘍は出来ます。 機能性ディスペプシア 胃カメラを行っても異常が見られないのに、胃に違和感や痛みがある状態のことを 機能性ディスペプシアと呼びます。 機能性ディスペプシアの症状 機能性ディスペプシアは みぞおちの痛み、胃もたれ、すぐ満腹になる、むかむかする、胸やけがするといった症状が慢性的に起こります。 機能性ディスペプシアの原因 主な原因は ストレスと言われています。 以前は「 神経性胃炎」と呼ばれていた症状ですが、炎症がある訳ではないため機能性ディスペプシアと命名されました。 ディスペプシアは、医学用語で「上腹部消化管症状」という意味です。 機能性ディスペプシアについて、以下の動画で詳しく説明しています。 軽度な胃炎なら 数日間安静にしていれば早期に症状が治まり自然に治癒します。 急性胃炎を 繰り返していると慢性胃炎に移行する事もあるので、生活習慣を見直し、胃炎を起こす原因を避けるよう心がけましょう。 症状がひどい場合は、病院での止血処置や点滴による栄養補給、状態によっては入院治療が必要になる事もあります。 慢性胃炎、胃潰瘍の対処法 慢性胃炎や胃潰瘍の治療も、急性胃炎と同じく原因を取り除くのが一番重要ですが ピロリ菌の有無を病院で調べる必要があります。 ピロリ菌の感染が確認された場合、薬の服用による除菌治療を受けます。 ピロリ菌に感染している場合、慢性胃炎や胃潰瘍を誘発するだけでなく 胃がんになる確率が20倍になります。 若い内に除菌治療を行うと萎縮性胃炎の予防効果もあると言われているので、胃の不調を少しでも感じたら検査する事をオススメします。 慢性すい炎の対処法 アルコール摂取量の見直しが第一です。 膵炎になるとアルコールを飲む事は一切禁じられます。 そうならないように適度な量とペースで楽しみたいですね。 胆石が原因の場合は、医師と相談の上、除去する必要があります。 機能性ディスペプシアの対処法 機能性ディスペプシアの解消法は原因となっているストレスを取り除く事です。 とはいえストレスの元を解消するというのは、なかなか簡単に出来る事ではないですよね。 そういう場合は、治療の第1歩としてできる事から始めてみましょう。 胃に負担の少ないものを食べる• よく噛んで食べる• ゆっくりと食べる• 腹八分目に抑える• 食後、活発に動くと消化に悪いので動き回らず30分は休憩をとる• 十分な睡眠をとる• 適度な運動を行う(ラジオ体操などでも構いません) など。 これにより身体的ストレスの軽減が期待出来ます。 こういった生活を一週間続けても改善がみられなければ、早めに医療機関を受診して下さい。 胃痙攣の対処法 胃痙攣が起きた時は、まず体をリラックスさせましょう。 横になったり椅子に座り症状が落ち着くまで安静にする• お腹を圧迫するベルトなどは外す• 湯たんぽ、カイロなどでお腹を温める 食欲がなければ無理に食べる必要はありません。 ただし、空腹過ぎても胃酸の刺激が胃痙攣の原因となるため、症状が落ち着いたら消化の良いものを食べて過ごしましょう。 スポンサーリンク 原因は胃じゃなかった!?関連痛って何? 関連痛とは、 痛みの原因とは異なる場所に痛みが生じる事を指します。 これは複数の痛みを感じる神経が同じ脊髄を通っているためで、 脳が痛みの場所を勘違いしてしまう事で起こります。 例えば、かき氷などを勢いよく食べたときに頭が「キーン!」となる症状。 実はこれも関連痛だと言われています。 冷たい氷が喉の奥を刺激すると顔全体の痛みの感覚を司っている三叉神経(さんさしんけい)が刺激され、このとき発生した伝達信号を脳が勘違いして直接氷が触れた訳ではない頭が痛くなってしまいます。 お腹は内臓が密集しているエリアである為、胃の周囲にある内臓に異常が起きたとき脳が勘違いして胃の痛みとして現れてしまう事があります。 胃が痛いと思ったら実は心筋梗塞だったというケースも。 原因不明の胃痛は、胃だけでなくあらゆる疾患の可能性を考える必要があるといえます。 精神的ストレスは解消しようと思ってもすぐ出来るものではないかもしれませんが、肉体的ストレスは自分次第で排除する事が出来ます。 心当たりのある人はまず「肉体的ストレス」を発生させないところから始めましょう。 また、少しでも不安に思う事がある場合は、自己解決しようとせず必ず医師に相談して下さい。 28ビュー カテゴリ: ,• 17ビュー カテゴリ: ,• 16ビュー カテゴリ: ,• 13ビュー カテゴリ: ,• 13ビュー カテゴリ: ,• 12ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ:• 7ビュー カテゴリ: , ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: , ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,.

次の