かぎしっぽ 英語。 Andromeda(アンドロメダ)を買ったらイヤホン沼から抜け出せた話

運動群 [物理のかぎしっぽ]

かぎしっぽ 英語

ちょっと、かぎしっぽについて書いてみます しっぽの先が曲がっている状態がかぎしっぽ。 主に猫に対して使われる言葉です。 このしっぽを持つ猫は、「幸運の猫」と呼ばれ、ヨーロッパでは「かぎしっぽは幸運を引っかける」という意味合いで愛されています。 一方、中国では「幸せの扉を開くかぎしっぽ」という言葉があるそうです。 さらに、尻尾が長いほど幸運レベルも上がるのだとか。 日本でも、かぎしっぽの話が都市伝説のように囁かれています。 ですが、かぎしっぽが珍しくない地域も存在します。 それが長崎県。 長崎県ではかぎしっぽを「尾曲り猫」と呼ばれ、ニャンコ全体の8割の猫の尻尾が鍵状になっているそうです。 それには歴史的背景がありますが、詳しいお話はまたの機会に。 サヨリちゃんが引っかけてきた幸運たち サヨリちゃんがこれまで引っかけてきた幸運は、先ほとも書いたように「人」と「モノ」に二分されます。 サヨリちゃんが引きよせたモノの殆どはマフラーをはじめとする猫のファッションアイテム。 その件に付きましては、「キジとら(このブログ)」の2016年9月以降の記事をご閲覧頂ければ一目瞭然。 マフラー、おもちゃ、首輪などの記事が目白押ししてます。 ちなみに、マフラーや首輪などのアイテムたちは無償で提供されています。 次に多く引っかけたのが数々のおやつ。 その9割はちゅーるです(笑)。 クリスマスには赤い長靴がちゅーるで一杯になりました。 これらの多くの「モノ」が無料提供されたことにより慢性的だった記事ネタ不足から解消されて助かってます。 そして人。 これが大きいわけで、Twitterのフォロワーさんも1年足らずで1700オーバーしました。 顔も名前も知らない人たちとの何気ないあいさつや会話だけですが、孤独なブログ運営を続ける私にとって絶大なるパワーを頂戴しました。 Twitterのフォロワー数とブログへのアクセス数の増加にも後押しされて、リアルの知り合いたちも集まりはじめました。 昔から知っっている人。 全く知らない初対面の人。 様々な人々との繋がりにも広がりを見せ始めました。 たった一年でこの成果。

次の

かぎしっぽの猫の尾が曲がった原因!幸運を呼ぶ秘密とは?!

かぎしっぽ 英語

もくじ• かぎしっぽは雑種だけ? ペットショップでかぎしっぽの曲がっている猫が売られているのを、見たことありますか? 私はありません。 たぶん売られていないでしょう。 きゅうりなどの野菜も、曲がったものは人気がないから、あまり店頭に並ばないですし。 うちにいた猫も、今思えばかぎしっぽがチャームポイントだったけど、飼い始めた頃は、「栄養足りなくて曲がったのかな」なんて家族で話してました。 外国にもかぎしっぽ猫は居ますが、日本の雑種ほど多くありません。 日本猫ってしっぽが曲がりやすいの?飼い方のせいで曲がってしまうの? 猫かぎしっぽになる原因は、 先天性と後天性の2種類あります。 先天的な遺伝 親猫から受け継いだDNAによって、生まれつき尾が曲がっている猫達。 「親がかぎしっぽだと子猫も曲がる?」 そういう場合もありますが、一番確率が高いと言われているのが、親猫のどちらかが長い尾を持つ猫で、もう一匹が短い尾を持つ猫だった場合だそうです。 2種類の異なる遺伝子が交わって、 変形的にかぎしっぽになりやすいんですって。 もちろん、ストレートな尾の子猫が生まれることもあります。 偶然生まれてくるなら、かぎしっぽ猫が多い・少ないは日本の歴史とは、関係ないのか? と、思いきや! 長崎に猫が多いのは有名ですが、その大半がかぎしっぽなんです。 これは偶然じゃないんですよ~! 猫又(ねこまた)になるのを防止?! 大昔のことですが、日本では尾の長い猫は長生きすると、尾が二つに割れて、猫又という妖怪になると言われていました。 ということは? そうです。 長崎では、 猫又に化けるかもしれない長い尾の猫が生まれない交配で、作為的に子猫が増やされていた時期があるようです。 その遺伝子が受け継がれ、今でも長崎には多くのかぎしっぽ猫がいます。 地元の人からすると、 ・しっぽが曲がってるのがスタンダード ・しっぽまっすぐなんてイレギュラー なんですって。 そう言われると、ちょっとくらい 不格好な方が自然な気もしてきますね^^ 後天的な変形 生まれからしっぽが曲がってしまった。 痛そうな話ですね…。 「まさか虐待か?!」 そんな心配にはおよびません。 偶然というか、事故のようなもので尾が曲がってしまうことがあります。 生まれて間もない子猫のしっぽは、まだ骨が柔らかくて変形しやすいです。 母猫のお乳を飲む時に、 姉弟猫や母猫の足に潰されて、曲がってしまうことがあります。 成長過程でそのまま骨が固まり、L字に折れたしっぽや、ピカチュウのようにギザギザしっぽに育ってしまいます。 なんだか傷を負ったみたいで、ずっと痛みそうな気もしますが、 しっかり固まれば痛みは感じません。 三毛を病院に連れていった時、獣医さんに聞いて安心しました^^ でも、私の印象ではかぎしっぽは過敏。 実家の猫ちゃんは、しっぽに少しでも触れると凄く嫌がって威嚇してきたのに、自宅で飼っている尾の長い猫は、触られてもほとんど気にない様子です。 しっぽが敏感なのか気性が荒かっただけなのか、もうわからないことですが、また、かぎしっぽの猫に出会ったら、少しだけ触らせてもらおうと思います。 そしてその時は、 幸運もゲットだぜ……(ムフフ え?なんの話かって? もちろんしっぽの話ですよ!! 幸運を呼ぶ猫 長崎では、猫又にならない猫として愛されていたかぎしっぽちゃんだけど、ヨーロッパでは 「幸せを運ぶ猫」と言われています。 釣り針のように、曲がったしっぽの先に幸運をひっかけてやってくる。 だからそんな言い伝えが生まれたのかな? 言い伝えを信じている人が長崎に来たら、かぎしっぽの多さにビックリすることでしょう 笑 確率と言えば、 三毛猫のオスは希少価値が高いんですよ。 ご存知でしたか?.

次の

英語(ライティング)の学習: Lang

かぎしっぽ 英語

ニャーさんのしっぽは短い。 短くて曲がっていて、初めて見たときは事故か、他の野良猫に噛みちぎられてしまったのかと心配したけど、どうやら日本にはこういうしっぽの猫も多いようです。 「かぎしっぽ」というそう。 「かぎしっぽ」とは折れ曲がったしっぽのことであり、「かぎしっぽ」の猫は、そのしっぽで幸運を引っ掛けて来てくれるそうです。 ニャーさんを拾ったばかりの当時、いまよりも安月給で働いていた自分は、ニャーさんを養うために働こうと思い、迷っていた転職を決めキャリアアップをしました。 その後、仕事も順調で、恋人ができ、猫好きの彼と結婚するまでにいたるのですが・・・それはもちろん幸運なことだけれど、もうね、キミが家に来てくれたことが既に幸運だよと思いながら毎日を過ごしているのも事実です。 野良でガリガリで病気だったニャーさんはすっかり元気になって、家の中を所狭しと走り回っています。 元気になって本当によかった。 拾ったばかりの頃、もっと小さい頃の写真も見つけたら載せますね。 今日はそんな感じです。

次の