左 肋骨 の 下 が 痛い 婦人 科。 肋間神経痛

左わき腹(肋骨の下辺り)が痛い・・!?

左 肋骨 の 下 が 痛い 婦人 科

肋骨周辺があきらかに紫色になっていたり腫れている場合は骨折の可能性が高いでしょう。 肋骨は案外折れやすく、若い人でも咳やくしゃみが原因で骨折してしまうこともあるのです。 かぜをひいてひどい咳が長引いてその後左わき腹が痛い、呼吸するとわき腹が痛いなどという人は骨折を疑ってもいいでしょう。 肋骨の骨折の疑いがある時は何科を受診すべきか もし骨折の可能性が高そうなら、整形外科を受診します。 肋骨骨折は軽度であれば痛みがそれほど強くないこともあり、気づかなかったけど実は折れていた、ということもあります。 しかし骨折の度合いがひどい場合、内臓を傷つけてしまうこともあり、命にかかわるので必ず受診しましょう。 一般的には右わき腹の痛みというイメージですが、そうとは限りません。 虫垂炎初期の場合、左わき腹が痛み出したり、みぞおちやお腹全体が痛んだりします。 その後徐々に右の下腹部に痛みが下りてくるようなら虫垂炎の可能性があります。 吐き気や発熱(微熱)をともなうことが多いです。 虫垂炎(盲腸)の疑いがある時は何科を受診すべきか 大きな病院であれば消化器科がおすすめですが、内科でもみてもらえます。 昔は「盲腸=手術」のイメージでしたが、最近は内服薬での治療が主に行われます。 あまりにも症状がひどい場合は手術で摘出しますが、軽度であれば内服薬でおさまるので昔ほど大きな病気という感覚はなくなりました。 手術をする際には外科にうつることになります。 ただ放っておくと命に関わることになりますのでしっかり治療しましょう。 食の欧米化で肉を食べすぎているとか、飲んでいる薬などが関わっているという説もあります。 最近はカルシウム不足も原因のひとつと言われています。 尿管結石の場合、左とは限りませんが、左側の尿管に石がひっかかっている場合は左わき腹が痛むことがあります。 左わき腹とともに背中や腰に強烈な痛みがあれば尿管結石の可能性が高いです。 この痛みは相当なもので、まわりから見ると「大げさな…」と思うくらい転げまわってしまうほどのものです。 一度経験すると、二度目には「この痛みは間違いなく尿管結石だ」とあきらかにわかるそうです。 血尿が見られることもあります。 あまりの痛みに救急車を呼んでしまう方も多いようですが、尿管結石自体は命に別状のない病気です。 尿路結石の疑いがある時は何科を受診すべきか 泌尿器科が専門です。 治療法は症状の度合いや石の大きさによって違います。 痛み止めを飲みながら水分を多くとって自然に排出されるのを待つ、レーザーを体の外から石を破壊する、体の中に管を入れて石を破壊する、などさまざまです。 左わき腹の上のほうが痛むのであれば、胃や膵臓の不調かもしれません。 下の方なら腸です。 便秘でもひどくなるとかなりの痛みを感じます。 痛みにともに吐き気があれば胃腸の病気が考えられます。 膵臓の炎症だとすれば重い病気の可能性もあるので甘くみてはいけません。 小さな診療所でも胃カメラができるところもあるので、かかりつけ医や近所の診療所に相談してみるのもいいでしょう。 子宮外妊娠ならかなり強い痛みにおそわれます。 原因はよくわかっていません。 ストレスが原因になるのでは?とも言われています。 こちらも左だけとは限りませんが、左側の卵巣や卵管が炎症を起こせば左の下腹部の痛みが出ます。 症状がでているのであれば早めに治療を始めることが大事です。 若い女性であれば今後の人生にも影響がでてくるデリケートな病気なので早めに受診して治したいですね。 まとめ 左わき腹の痛み。 簡単にまとめてみると…• なんでもないだろうと思っても、なんでもないことを確かめに行く、くらいの気持ちで病院に行ってみてはどうでしょうか。

次の

右肋骨の下が痛い5つの原因!違和感がしたらぜひチェック!

左 肋骨 の 下 が 痛い 婦人 科

ページの目次• 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「あばら骨」? 腕や足の骨が折れたら、恐ろしい痛みを感じますよね。 折れた部分は腫れたりしますから、骨が折れた事に気が付かないという事はまずありません。 でもあぼら骨が折れたり、ヒビが入っていても、見た目もさほど変わらないので気が付かない人も多いのです。 でもそんな簡単に骨って折れる?と疑問に思うかもしれません。 例えば心臓マッサージをすると体重をかけますよね。 救急隊員の人によると、結構な確率であばら骨は折れるそうです。 しかし、そんな怪我よりも、命を救う事が大切ですから、気にしないようにしているそうです。 転んだ、殴られた、どこかにぶつけた事でも十分骨が折れたり、ヒビが入る事もありますし、骨のもろい人はくしゃみした衝撃であばら骨が折れたなんて話もあるくらいです。 左脇腹や肋骨下に衝撃を受けた記憶のある人は一度整形外科に受診してみてください。 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「神経痛」? 肋間神経痛は名前の通り肋骨に沿って走っている神経です。 ここが何らかの理由で痛みのもとになっている事があります。 肋間神経痛の原因として、肋骨が折れたり、ヘルニアなど経験のある人がなりやすい傾向があります。 また意外なことですが、運動不足が原因という事もあります。 デスクワークの人などは一日中同じ姿勢でパソコン前にいますよね。 つまり背中や脇の筋肉が固まってしまうのです。 そしてそれがいきなり体を捻ったり、くしゃみなどで衝撃を与えると、筋肉から軽い肉離れを起こしてしまうのです。 そして、肋間神経痛の理由として多いのが、「ストレス」なのです。 病院に行っても検査しても悪い所はないとなると、その可能性が高くなります。 現代人でストレスに晒されていない人はいません。 そのストレスを無くすことは難しいかもしれませんが、自分でもストレスを解消する方法について考えてみましょう。 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「内臓疾患」? 内臓が痛むのと違う!と思っている人はいると思います。 でも内臓が腫れたりすると、周りの神経を圧迫してそれが左脇腹の痛みや肋骨下痛みに繋がる事もあります。 さて、左脇腹の痛みや肋骨下痛みを及ぼす内臓となるとまずは「心臓」があります。 狭心症や、心筋梗塞などは胸部に痛みを伴う事が多いです。 「胃」はストレスを感じると症状として現れやすい部位です。 例えば胃炎や胃潰瘍などがあります。 他にも長時間デスクワークをしていると、どうしても姿勢が悪くなり、胃が圧迫される事で、痛みを感じる事もあります。 ちょっと意外かもしれませんが「腸」もまた、問題があった場合左脇腹の痛みや肋骨下痛みとして現れる事もあります。 ちなみに便秘や消化不良を起こすと、腸の左側に消化物が溜まりやすく、その結果痛みを感じるという事はあります。 これらは治療が必要なものになりますので、内科を受診しましょう。 痛み自体がストレスになる事もある ストレスが原因で左脇腹の痛みや肋骨下痛みを感じたとします。 しかし、この痛みもまたストレス要因になりますから、結果治ることのない悪循環になります。 また、痛みの原因を知る事が怖いから病院への受診を恐れる人もいます。 しかし、痛みが治まらなけれればどんどん不安が増していきます。 それもまたストレスになるでしょう。 体が痛みを伝えているという事は、何か問題が発生しているのです。 放置しておいていい事はありません。 逆に痛みの理由に名前がついて、どうすれば痛みがなくなるかという事が判れば、ストレスも大分軽減される事になります。 だからこそ、ストレス解消のためにも病院に受診をした方がいいでしょう。 どんな病気も早い段階で発見できれば、治療にかかる期間もお金も少なくて済みます。 もちろん痛みもです。 特に内蔵疾患が理由であれば、放置は命に係わる事もありますから、是非病院へ受診した方がいいでしょう。 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は色々あるけど素人判断は危険 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの理由はいくつかあります。 1.あばら骨に骨折もしくはヒビが入った 他の部位と違い、思ったよりも軽い衝撃でもひびや骨折しやすいのです。 また痛みも他の部位と違って強くないため、意外に気が付かない人も多いです。 そのままでも自然治癒してしまう事もあるくらいですが、早い治療にはやはり整形外科へ受診すべきです。 2.肋間神経痛 肋間神経痛になる原因も色々ありますが、その一つにストレスがあります。 内科の他にも神経内科を受診するのも一つの方法です。 3.内臓疾患 心臓、胃、腸などに問題が発生しても、左脇腹の痛みや肋骨下痛みを感じる事はあります。 放置すると悪化する危険があるので、内科へ受診しましょう。 痛み自体がストレスになる事もありますから、出来るだけ早い受診をオススメします。

次の

【総まとめ】左肋骨の下の痛みが気になる!おさえておきたい7つの原因

左 肋骨 の 下 が 痛い 婦人 科

ペットボトルにお湯を入れた湯たんぽなどであたためる。 仰向けに寝て膝を立て、手のひらで時計回りにお腹をさする。 スクワット、上体をひねる体操で便秘解消を試みる• こまめな水分補給 便秘が原因で左腹部が痛むなら、便秘解消法を試して見ましょう。 関連記事 ヨーグルト習慣で治る! 脂汗が出るような痛みが続く場合や、痛むところが移動する、吐き気が強い場合には、病院で治療を受けた方が良い病気がかくれているかもしれません。 便秘解消法で痛みが良くならない場合には、診察を受けましょう。 頑固な便秘が 腸閉塞を起こすこともありますし、ほかの内臓疾患のサインかもしれません。 関連記事 また、 潰瘍性大腸炎や 過敏性大腸炎でも便通の状態に異常が出て、便秘や下痢を繰り返します 腸がたるんでしまう落下腸を改善するには?• 脇腹・下腹部に痛みを感じる• 痛みが移動する• 脂汗のでる差し込むような痛みを感じる• 血尿、尿の出にくさがある 脇腹の痛みから、結石が移動するにつれて下腹に痛みが移っていきます。 中には会陰が痛いと感じる方もいます。 疝痛(せんつう)といって、 体を折り曲げていないと耐えられないほどの激しい痛みになることがあり、特徴的な症状としてしられています。 尿の出が悪くなると、腎臓の機能低下につながり、老廃物をスムーズに排出出来なくなる腎臓疾患になる事が心配されます。 結石に気付いたところで適切な治療を受けて置いた方が良いでしょう。 卵巣のう腫など婦人科系の病気 女性の場合、下腹痛がある場合に 婦人科系の病気が疑われる事があります。 卵巣は左右対称の臓器ですから、左の卵巣に異常がある場合、左下腹部痛、右の卵巣に異常がある場合は右下腹痛となります。 下腹痛、押すとしこりや痛み、違和感を感じる• 生理の周期にあわせて痛みが強くなる• 状態によってはショックを起こすほどの強い痛みが出る事がある• 下腹が張っているのに痩せてくる 子宮内膜は、排卵にあわせて厚くなり生理になると剥がれ落ちて経血と一緒に排出されるサイクルを繰り返しています。 周期的に女性ホルモンのサイクルにあわせて増殖する性質を持っているのですが、 子宮内膜症の場合、子宮内ではなく、卵巣など本来と違った場所で増殖します。 すると、卵巣のう腫となり、 卵巣が腫れて大きくなり押すと痛みを感じたり、生理痛が重くなったりします。 卵管部分がねじれて 卵巣茎捻転(らんそうけいねんてん)を起こすと ショック症状を起こすほどの激痛がおこり、緊急手術が必要になることもあります。 生理が重い、痛みが強い時には、婦人科を受診して適切な治療を受けておきましょう。 9ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 6ビュー カテゴリ: ,• 6ビュー カテゴリ: ,• 6ビュー カテゴリ: ,• 6ビュー カテゴリ: ,• 6ビュー カテゴリ:• 5ビュー カテゴリ: , ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,.

次の