セイヴァー スター ドラゴン。 スターダスト・ドラゴンとは (スターダストドラゴンとは) [単語記事]

セイヴァー・スター・ドラゴン【遊戯王トレカお買得価格通販:トレコロ】

セイヴァー スター ドラゴン

集いし願いが新たにくとなる、射すとなれ! ! せよ、スターダスト・ドラゴン!! スターダスト・ドラゴンとは、「」に登場するである。 概要 、の or である。 もともとの物だったが、 がを去る際に奪われてしまった。 14話にしてやっとの手に戻り、使用されたのはそれからさらに後の24話の「」戦である。 その後はの切り札として、たびたび活躍している。 また、要ののため様々な生、が存在する。 以下はその。 この効果を適用したのフェ時、この効果を発動するためにされ に存在するこのを、 自分上に特殊召喚する事ができる。 攻撃名は「・」、効果名は「ヴィクテム・」。 破壊効果から自分のを守るその効果は、とのを大切にするらしいものである。 繰り返し破壊効果を効化できるだけでも強だが、や破壊以外の除去を使われた時に 自分で「」などを発動してそれを効にし、に避難するといったな使い方もできる。 効果による破壊に対しては滅法強い分、それ以外の破壊、除外やンスといった除去には十分注意したい。 、に引き続きのは攻撃0のを引き継ぎしでもある。 そしてでも・・・ 関連動画.

次の

セイヴァー・スター・ドラゴン【ウルトラレア】SOVR(606)

セイヴァー スター ドラゴン

集いし願いが新たにくとなる、射すとなれ! ! せよ、スターダスト・ドラゴン!! スターダスト・ドラゴンとは、「」に登場するである。 概要 、の or である。 もともとの物だったが、 がを去る際に奪われてしまった。 14話にしてやっとの手に戻り、使用されたのはそれからさらに後の24話の「」戦である。 その後はの切り札として、たびたび活躍している。 また、要ののため様々な生、が存在する。 以下はその。 この効果を適用したのフェ時、この効果を発動するためにされ に存在するこのを、 自分上に特殊召喚する事ができる。 攻撃名は「・」、効果名は「ヴィクテム・」。 破壊効果から自分のを守るその効果は、とのを大切にするらしいものである。 繰り返し破壊効果を効化できるだけでも強だが、や破壊以外の除去を使われた時に 自分で「」などを発動してそれを効にし、に避難するといったな使い方もできる。 効果による破壊に対しては滅法強い分、それ以外の破壊、除外やンスといった除去には十分注意したい。 、に引き続きのは攻撃0のを引き継ぎしでもある。 そしてでも・・・ 関連動画.

次の

セイヴァー・スター・ドラゴン【ウルトラレア】SOVR(606)

セイヴァー スター ドラゴン

1ターンに1度、エンドフェイズ時まで相手の表側表示モンスター1体の効果を無効化できる。 また、無効化したモンスターに記された効果をこのカードの効果として1度だけ発動できる。 エンドフェイズ時にこのカードをエクストラデッキに戻し、自分の墓地に存在する1体を特殊召喚する。 パスワード:07841112• 収録 収録 略号連番 発売日 レアリティ SOVR-JP040 2009年07月18日 Holographic、 Ultimate、 Ultra DP10-JP017 2010年10月16日 Rare DE04-JP065 2012年08月11日 Rare セイヴァー・スター・ドラゴンのカード評価・考察 デザイン・アニメでの演出がカッコいいモンスター。 が、肝心の性能で台無し。 アドを取りやすい効果ですが、後半の効果と噛みあっておらず漠然と使っては寧ろこちらが不利になりやすい。 コピー効果も相手の場限定な為依存度が高く、そしてエンドフェイズには進化前に戻ってしまい場持ちは非常に悪い。 維持するにはなんらかの手で封じておく必要がある。 癖のある効果ですが最大の問題点はやっぱり召喚条件。 正規の場合非常に使いづらいセイヴァーを採用せねばならないのが一番ネック。 この手のモンスターにしては珍しくシンクロ召喚以外でも出せるので蘇生による使い回しが狙える他やぶ蛇・シャドーインパルスやゴーストカロンでも出せ蘇生による使い回しができなくなりますが、使いにくいセイヴァーを採用しなくてもいい分寧ろ非正規召喚による出し方の方が使いやすいかもしれません。 アド取れるかわからん不安定で癖のある効果にもかかわらず、重く厳しい召喚条件と割りにあっておらずファン以外採用は厳しいカードだと思います。 EXに余裕があれば上述のやぶ蛇による奇襲用として相手の驚く顔が見たいなら採用はアリかもしれません。 スターダスト系御用達自身をリリースで効果無効 ありとあらゆる効果を無効にできちゃうという そして相手フィールド上のカード全て破壊とは えげつない… モンスター効果はリリースなしで無効した上で自身の効果にできるという強靭さ 自身をリリースでスターダストを特殊召喚する効果は…エンド時になのでサクリファイスエスケープに使えないのがなんとも 3800という生半可なモンスターでは突破できない打点、ありとあらゆる効果無効にした上で相手を更地にするのは栄えあるレベル10シンクロモンスターの一体として恥じない性能でしょう 専用チューナーが…ダメです…出せないです…スターダストとレベル1モンスターの調達ぐらいならできるけども…光属性でありながらオネストを使っても相打ちになるんじゃあ… レベル・スティーラーを使ってレベル1以外も使うとか、プチトマボーなどの場持ちの良い低レベルモンスターをとどまらせて、専用チューナーを通常召喚とか… 専用チューナーはワン・フォー・ワンに対応してるのも注目すべき点かと 青き眼の賢士もうまく使ってやりたい。

次の