寅次郎 物語。 ドラマのみどころ

男はつらいよ 寅次郎物語

寅次郎 物語

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 秋晴れの昼さがり「とらや」を秀吉という男の子が訪ねて来た。 しかし政は女・酒・賭博に溺れたあげく、ふでに蒸発された。 それからの政は秀吉を連れて放浪の生活を送っていたが、病に冒されこの世を去ってしまった。 「俺が死んだら寅を頼れ」という遺言に従い、秀吉は郡山から柴又へやって来たのだ。 事情を聞いて「とらや」の皆はびっくりするが、間もなく寅が帰ってきた。 寅と秀吉の母親捜しの旅が始まった。 大阪の天王寺では誘拐犯と間違えられて派出所に連行されたりしたが、おふでさんが新和歌浦のホテルで働いていることをつきとめた。 しかし、訪ねるとそこにはおらず吉野に移ったという。 寅は元気のない秀吉を励まし、吉野へ行くがそこにもふではいなかった。 その晩、秀吉は旅の疲れから高熱を出し、旅館で寝込んでしまった。 子供を扱い慣れない寅次郎は大あわてだが、たまたま隣室にいた高井隆子という女性が看病を手伝ってくれた。 医者も往診に来て、翌朝、熱は下がり秀吉は元気になった。 その日、3人は仲睦まじく近くの観光名所などをめぐった。 寅は隆子に不思議な縁を感じた。 旅館の主人の勘違いもあって2人はこの数日、「とうさん」「かあさん」と呼び合っていたのだ。 隆子は化粧品のセールスマンとして働いていたが、美貌のわりには幸福とはいえない女だった。 隆子と別れ、寅と秀吉の旅は続いた。 吉野からふでが働いているという伊勢・志摩へやって来た。 連絡船を降り、目当ての真珠店へ行くとふではいたが、病気のため海岸の病院で療養中とのことだった。 久しぶりに対面する母と子を見て、寅はホッとするのだった。 寅は引きとめられたが、秀吉が自分に未練をもってはいけないと連絡船の乗り場へと急いだ。 そして心を鬼にして「おじさんと一緒に柴又へ帰りたい」という秀吉を叱るのだった。 正月に隆子が「とらや」を訪ねてきた。 秀吉をはさんで「とうさん」「かあさん」と呼び合っていた当時のエピソードで皆、盛り上がっている。 ふでからは「秀吉と2人で幸せに暮らしています」と年賀状がきていた。 年が明けて寅次郎は二見が浦で、露店を開いていた。 仲間のポンシュウと雑談している寅の前をふでと秀吉と連絡船の船長が仲睦まじく歩いていた。

次の

寅さん全48作品解説/第21作『男はつらいよ寅次郎わが道をゆく』

寅次郎 物語

〝私、生まれも育ちも葛飾柴又です。 帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎、 人呼んで、フーテンの寅と発(はっ)します。 職業はテキ屋で、何かを叩き売りしたり、人相見をしたりするものです。 ベージュのジャケット、ズボン、同じ色の帽子を着用し、背広の中は水色のシャツに腹巻きを巻いています。 寅次郎には、年齢の離れた妹・さくらがいました。 さくらとは異母兄妹です。 寅次郎の父は他界し、さくらは「おいちゃん」こと叔父夫婦の経営する老舗『とらや』という和菓子屋で働いていました。 さくらは『とらや』の裏手にある印刷工場の博と恋仲になり、結婚します。 さくら夫婦たちには満男という息子も生まれ、すくすくと成長していますが、寅次郎は相変わらずふらふらしていました(映画『男はつらいよ』シリーズ参照)…。 …寒くなって来ると、寅次郎はよく、子どもの頃の夢を見ます。 それは寒い雪の夜、父親と喧嘩した寅次郎は、父親に「畜生、こんな家(うち)、出てってやる」と捨て台詞を吐いて、家を出るのです。 まだ幼いさくらが寅次郎を「お兄ちゃん」と追ってくる…という夢を見た寅次郎は、駅のホームでうたたねしていたことに気づきました。 …1987年、秋。 高校の保護者面談を受けたさくらは、ショックを受けて戻ります。 博もさくらも、満男を大学へ進学させるつもりなのですが、当の満男は「大学へ行かない」と言い出したのだそうです。 さくらはどうしたものかと頭を抱えますが、その時『とらや』に1人の幼い少年がやってきたことで、そんな悩みは吹き飛びました。 商店街で話しかけた少年が、寅次郎の筆跡の年賀状を持っていたので、満男が『とらや』へ連れてきました。 その少年は「佐藤秀吉」と言い、福島県の郡山市からやってきたそうです。 小学校低学年くらいです。 秀吉に話を聞くと、母はおらず、父は死んだそうです。 父親が「寅を頼れ」と言ったと聞き、『とらや』の連中は秀吉に食事を出し、なにかと面倒を見ます。 食事を出し寝かせたものの、どうしたものかと『とらや』連は悩みました。 施設から脱走したのではないか、警察に届けを出したほうがいいのではないかとおばちゃんが言いますが、寅次郎がそれを知ると怒るだろうと、みんな考えます。 たこ社長が「寅次郎の隠し子なのではないか」と言い出し、みんなの顰蹙を買いました。 おいちゃんが「うちに置いておこう」と言い、しばらく預かることを決めます。

次の

男はつらいよ

寅次郎 物語

NHKドラマ『少年寅次郎』キャスト 車光子 井上真央 血の繋がらない寅次郎を愛情深く育てた母。 夫・平造と帝釈天の参道にある団子屋を営む。 車平造 毎熊克哉 帝釈天の団子屋を営む。 ぐうたらな遊び人の寅次郎の父。 悪ぶるが、実は争いごとが嫌いなお調子もの。 車寅次郎(幼少期) 藤原颯音 帝釈天の参道にある団子屋の軒下に置かれていたところを拾われ、育てられる。 車寅次郎(少年期) 井上優吏 車さくら 落井実結子 寅次郎の妹。 寅次郎と母が違うとは知らず、天真爛漫な性格。 車竜造 泉澤祐希 おいちゃん(平造の弟)。 実家を出て、上野の和菓子屋で働く。 のんきに見えるが、いつも光子や家族を気遣っている。 車つね 岸井ゆきの おばちゃん(竜造の妻)。 子供ができないのが目下の悩み。 車正吉 きたろう 平造と竜造の父。 口数は少ないが、いつも嫁と孫を心配する。 御前様 石丸幹二 帝釈天住職で、寅次郎の名付けの親。 やんちゃな寅次郎に、ときおり雷を落とす。 お菊 山田真歩 寅次郎の産みの親。 平造の浮気相手であり、赤ん坊を車屋の店先へ置いて去ったが・・・。 さとこ 森七菜 くるまやの近くの朝日印刷で働く山形出身の女の子。 その可愛さから寅次郎はメロメロ。 『少年寅次郎』の子役は藤原颯音くん ワルガキの寅次郎の幼少期を演じる子役が気になりますよね。 坊主頭でホクロもちゃんとある(笑)。 役作りのために、カーリーヘアを丸坊主にしたほど気合をいれて演じたようです。 随時追記していきます。 車家にも226事件が勃発。 雪のこの日、帝釈天の参道にある団子屋の軒下に置かれていた赤ん坊は、この家の子供になった。 そして腹違いの妹さくらの誕生、小学校時代に始まった戦争と父の出征、初恋…そしてその後の寅次郎につながる家出。 忘れたくない真っすぐな心と、そして、少年の目を通してこの時代を正直に生きた大人たちの世界が描かれる。 フーテンの寅はこうして出来上がった。 出展元:NHK「少年寅次郎」公式サイトより ドラマ『少年寅次郎』原作は? ドラマ『少年寅次郎』の原作は、山田洋次監督の 『悪童(ワルガキ)〜寅次郎の告白〜』です。 映画『男はつらいよ』の寅次郎の前史となる話となっており、寅さんの幼少期から柴又を飛び出すまでの物語です。 寅さんには、お兄さんがいたことや、寅さんだけが妾の子で、この兄とさくらはとは腹違いなこと。 御前様が光子の恋心を抱いていたこと、戦地ペレリューで悲惨な体験など、様々な真実が明らかになります。 さくらと同じく、 寅さんの事も我が子のように愛してくれた母・光子さんの愛情の深さにも感動です。 年老いた寅さんが、お酒を呑みながら語る、シナリオ形式になっているので、小1時間ほどで読み終えることができました。 日本映画史に残るキャラクターの誕生秘話だけに、寅さんファンのみならず、ドラマをみて気になった方は手に取ってみては、いかがでしょうか。

次の