完熟 梅干し 作り方。 梅干しの作り方レシピ|家庭でできる簡単梅干し作りを動画付きでご紹介

梅干しの作り方は簡単です!減塩や砂糖入りの梅の漬け方も伝授します

完熟 梅干し 作り方

昨年、。 保存食としては完成したし、ほぼ一年間少しずつ食べてました。 ただ、皮が少し固いままで、私がイメージする梅干しの仕上がりとは少し違うものだったんですよね・・・ そんなわけで、今年、もう一度梅干し作りに挑戦してみました。 今度こそ皮まで柔らかい梅干しを作るゾ。 作り方は昨年と一緒ですが、一番大事な素材をちょっと奮発して紀州南高梅にしてみました。 【塩漬け】 ・完熟梅…1kg(紀州南高梅 約25コ) ・粗塩…130g(梅の重量の13%) ・きび糖…65g(粗塩の半量) 【赤じそ漬け】 ・梅全量(梅酢の上がったもの) ・赤じそ…1把(5~6本/正味130~150g) ・粗塩…大さじ2 (1)塩漬け(6月10日) まずは梅を1kg買ってきましょう。 昨年は梅干し作りに取りかかる時期が遅かったので、少し小さめの梅しか入手できませんでしたが、今年は紀州南高梅が店頭に並んだ時期にゲット。 すでに美味そうでしょ、この梅。 青い状態で売っているものを買ってきた場合は、段ボール箱にいれて数日放置すると黄色く完熟してきます。 部屋中にあんずのような甘酸っぱい匂いが広がります。 梅って熟すととても良い香りがします。 とにかくできるだけ柔らかく熟した状態にしてから漬けるのが最重要です! 完熟した状態で売っているものもありますが、値段は倍くらいしますね。 完熟状態になったら水を張ったボウルに入れて、傷つけないように優しく洗います。 そして、水を替えて30分〜1時間浸けてアクを抜きます。 ザルに取って、1個ずつキッチンペーパーで水気を拭き取ります。 これがちょっとメンドクサイのだ(笑) なり口についているヘタを爪楊枝などで取ります。 簡単に取れるので、この作業はちょっと楽しい。 食品用のポリ袋に粗塩130g、きび糖65gを合わせて軽く混ぜます。 昨年はこの状態で冷蔵庫に入れてしまいましたが、少し室温が高くても常温に置いた方が良いです。 梅酢が上がるまでは1日1回、袋の底を軽くなでます。 こうすることで梅酢が早く上がります。 2~3日たつと梅酢が上がってきます。 1週間ほど経つと梅酢がたっぷり上がってきます。 赤じそがあれば、すぐに赤じそ漬けにしますが、赤じそがなければ赤じそが入手できるまで冷蔵庫で保存します。 (2)赤じそ漬け(6月18日) 赤じそは葉を摘んでボウルに入れて水を注ぎ、もみ洗いします。 赤じそをざるに上げてボウルに重ね、さらに流水の下でしっかりともみ洗いをします。 葉に泥がついていたりするので、何度かしっかり洗って水気を切ります。 ボウルをきれいにして赤じそを戻し入れ、粗塩大さじ1を振ってよくもみます。 濁ったアクが出たら、赤じそをギュッと絞って、アクを捨てます。 もう一度ボウルをきれいにして赤じそを戻し入れ、残りの粗塩を振って再びよくもみます。 再びアクが出たら赤じそをギュッと絞って残ったアクを出し、アクを捨てます。 梅が入った袋の口を開け赤じそを加えます。 片方の手で袋の口を閉じ、もう片方の手で袋の上からやさしく押さえるようにもんで、赤じそをほぐしながら梅全体にまぶしてなじませます。 新しいポリ袋を準備し、口をよく広げて梅の入った袋を返して中身を梅酢ごと移し入れます。 塩漬けの時と同様に袋の口を二重結びにし、もう1枚の袋に入れて二重にします。 塩漬けの時と同様に容器などに入れ、 土用干し(事項参照)まで冷蔵庫で保存します。 この時、必ず、梅を梅酢(赤梅酢)に浸した状態にします。 赤じそを加えて2~3日間たつと、梅が赤く染まってきます。 (3)土用干し(6月30日) だいぶ赤く染まってきました。 天気の良い日が3日ほど続く日を選んで天日干しします。 昨年の梅雨明けは雨ばかりでなかなか干せる日がありませんでしたが、今年は晴天続きで干しやすい。 晴天が2~3日続く頃の朝(午前7~8時)、袋の口を開け、梅を1コずつ取り出して紙タオルで汁けを取りながら、干しざるに重ならないように並べます。 平らな容器などの上にざるをのせ、風通しのよい所に置いて4~5時間干します(直接地面に置かずに容器などの上に置いたほうが、乾きが早くなる)。 赤じそはポリ袋の中で汁けをギュッと絞って別のざるに広げ、梅と同様にして干します。 梅干しと一緒に食べる場合は、好みの量を梅酢に残しておきます。 この乾かした赤じそは昨年はゆかりにしましたが、今年はどうしようかな。 梅と赤じそを取り出した袋は、容器などに入れて固定して口を広げ、赤梅酢を1~2時間干します。 梅の表面が乾いたら、梅の上下を返して4~5時間干します(午後から夕方まで)。 日が落ちてきたら梅を梅酢の袋に戻し入れて梅酢を軽くまぶし(こうすると、より、しっとり仕上がる)、室内に取り込みます。 赤じそはざるごと取り込んで紙タオルをかぶせておきます。 翌日、翌々日も梅と赤じそを同様に干します。 仕上がりの目安は、梅の水分が抜けてくると小さくなって軽くなり、表面にしわが寄って色あせてきます(梅酢に戻すと鮮やかな色に戻る)。 赤じそはカラカラに干し上がれば良いです。 結構いい感じなんじゃない。 最後に、夜も外に干したまま取り入れないで、夜露に当てて水分を吸収させます。 夜露に当てると皮も柔らかくなります。 翌日、適度な乾燥状態の時に取り入れて保存します。 これでも皮が固いようなら、梅酢に戻してそのまま保存しておくと柔らかくなるらしい。 【食べ頃】 土用干しが終わったらすぐ食べられるが、2~3か月間たってからが味がなじんでおいしくなる。 【保存】 梅が干し上がったら、保存容器(陶製、ホウロウ、耐熱ガラスなどが良い。 酸があるのでアルミ製は避ける)に移して保存する(好みで、梅酢に残した赤じその汁けを絞って一緒に入れる)。 冷蔵庫で約1年間保存可能。 保存容器はあらかじめ熱湯消毒をしておく。 温まったら熱湯を回しかけ、乾くまでおく。 (4)出来上がり(7月3日) できあがったら熱湯消毒した瓶に入れて保存します。 スーパーで売られている梅干しは本物の梅干しじゃない(調味梅干し)と言う話や ハチミツ梅干しの作り方は昨年書いたのでをご覧いただくとして、塩抜きして少しだけハチミツ梅干しにしてみました。 できましたー! 今年の梅干しは、私がイメージした通りの仕上がりになりました。 ハチミツ梅干しは、塩分が適度に抜けていて甘味もあるので本当に美味い! 皮まで柔らかい梅干しを作るには。 しっかり完熟させた梅を使うこと。 これが一番大事。 三日ほど天日干しした後、最後にそのまま夜露に当てて翌日少し干して取り込む。 それでも、皮が固いようなら梅酢に戻してしばらく保存。 裏技としては、食べる分だけ塩抜きしてから食器乾燥機である程度水分を飛ばす。

次の

ほぼ完熟梅シロップのレシピ/作り方:白ごはん.com

完熟 梅干し 作り方

今年で5年目となる梅干し作りです。 初めての方でも簡単に作ることができる減塩梅干しの作り方を紹介いたします。 レシピも記載しておきますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 この時期にならないと完熟梅の販売は始まりません。 雨に当てないように気をつけます。 ビニール袋でもできるのですが、何かのタイミングで破れます。 厚手のビニールを探したのですが、ちょうどいいのが無いので瓶で漬けるのがおすすめです。 慣れてきたら壺などでやるのがいいのではないでしょうか? ・スプレー ホワイトリカーを入れてシュッとやると、効率的に広範囲を消毒することができます。 ・通販の梅 スーパーなどで売られている梅は、販売する時に箱が空いていたりします。 青い梅も入っていたりするので、追熟すると熟成がまちまちになり傷んだりします。 通販の梅は、届いた時にちょうど完熟するように送られてくるので、箱を開けてすぐに作業に入れます。

次の

昔ながらの梅漬けの作り方

完熟 梅干し 作り方

ジップロックを使う梅干しの簡単な作り方では、梅のヘタを取り除いた段階で、一度梅の重量を計っておきます。 加える粗塩の量を決めるためです。 また、ジップロックを使わないふつうの作り方では、梅全体に焼酎が降りかかるように、霧吹きを用いることが多いのですが、ジップロックはその意味でも便利です。 霧吹きの手間が省けた上に、まんべんなく梅に焼酎を回し掛けることができるからです。 ジップロックへの梅の入れ方は、梅をジップロックに入れた後、焼酎を加えます。 焼酎の目的は梅にまんべんなく焼酎が回しかかり、消毒の役目を果たせればよいのです。 その意味で、焼酎は乙類ではなく甲類でなければなりません。 梅に圧力が及ばない程度に、ジップロックをもんで梅全体に回るようにします。 ジップロックを使う梅干しの簡単な作り方では、翌日になると、冷暗所に保存したジップロックに、 白梅酢が上がり始めてきます。 この際に、重しは梅の重量と同量に切り替えます。 毎日、梅酢の揚がり具合を観察するとともに、柔らかい梅を傷つけないないように配慮しながら、梅全体が白梅酢に漬かるようにジップロックを揺らします。 この時、ジップロック袋が空気でパンパンになっているようだったら、ジップロックの口を開けて空気を逃がしてやります。 ここで、本漬けの梅干し作りには、このあたりで必要になる、もみ紫蘇の作り方を紹介します。 赤紫蘇を用意します。 赤紫蘇は茎を除いて葉だけを使います。 ジップロックから白梅酢を別容器に抜いて、そのうちの1カップ分を用意します。 赤黒い液が出てきます。 赤紫蘇を硬く絞って、液はすべて捨てます。 残りの粗塩でもう一度同じ作業を繰り返します。 白梅酢が残るようなら、消毒した瓶などに別途保存してください。 この赤紫蘇を白梅酢に入れて、揉みこむと、きれいな赤色になります。 この赤梅酢と赤紫蘇をジップロックに戻し入れます。 重しは外して、土用の丑の日ころまで待ちます。 ジップロックを使う梅干しの簡単な作り方では、土用の丑ころに可能性の高い、晴天が4日つづく日を狙って、三日三晩干しを行います。 竹ザルなどに並べて、日当たりが良く、風通しの良い場所で梅を干します。 この工程を経ることで、梅はふっくらと柔らかい上に、果肉が崩れにくくなります。 風味も格段に上がります。 自然の梅干しがもつ味わいは、この 天日干しによるものです。 お天とうさんには敵いません。 1日目と2日目は、梅を朝出して夜取り入れます。 3日目は、朝出して翌朝まで置きます。 夜露に当てるのが目的です。 しっとりとした梅干しに仕上がります。 夕立など天候の急変には、くれぐれも注意してください。 雨に当たったら梅は台無しになります。

次の