梅漬け 作り方。 梅干しの作り方<赤紫蘇漬け>編

梅漬けの作り方干さないでできる方法をプロに聞きました

梅漬け 作り方

スポンサードリンク そこで、今回は、梅を干さなくてもできる梅漬けの作り方をご紹介していきたいと思います。 私の父は、長野県出身で、長野のおばあちゃんが私が小さい頃から手作りの梅漬けをいつも作って送ってくれていました。 今では、叔母さんたちがおばあちゃんの梅漬けを受け継いで、毎年送ってくれています。 カリカリ梅というやつです。 長野のおばあちゃんが作ってくれていた梅漬けは、小梅ではなく、中粒の青梅で作るカリカリ梅です。 干さずに漬け込むだけで出来上がりますし、食感が梅干しのように柔らかくなく、カリカリと食感いうになるので、これまたクセになる美味しさ! 私は、出来上がったこの梅漬けを刻んで、おにぎりに混ぜ込んだり、和え物に混ぜ込んだり、梅干しとは違う食感や味を楽しんでいます。 料理のレパートリーもこの梅漬けできっと広がること間違いなしですよ。 干すスペースがない方や時間がない方は、この梅漬けに今年は是非、挑戦してみて下さいね! Contents• 干すスペースがなくて梅干しが作れないなら、梅漬けを作ってみよう! 梅干しと一言で言っても3つの種類に分類されます。 梅干し、調味梅干し、梅漬けの3タイプです。 今回は、梅漬けをメインに書いていきますね。 そもそも梅干しと梅漬けの違いは何?! 違いは、「天日干し」をするか、しないか! そこが一番の違いになります。 ざっくりですが、作り方の違いを見ていきましょう。 梅干しは、天日干しすることで、食感も柔らかく仕上がります。 そもそも塩分を高めに塩漬けする工程がありますが、天日干しすることによって、梅の余分な水分も飛んでくれるので、更に保存性も高めてくれます。 梅漬けは、天日干しをしません!だから、本当に簡単です。 塩漬けにして、1ヶ月もすれば完成です。 でも、梅干しよりも塩分濃度が低いこともあり、長期保存ができません。 6ヶ月以内で食べ切るようにしましょう。 それから、梅干しとカリカリ梅の違いで言えば、最初に仕込む時の生の梅の実の違いもあります。 梅干しは、完熟した梅の実を使うのが主流ですが、カリカリ梅は、完熟していない青梅を使用するということです。 カリカリ梅を作る時の青梅は、梅の実の出回る最初にしか市場で売られていません。 時期を逃してしまうと、スーパーで並ぶ梅の実は、どんどん色付いて完熟した梅の実しか買えなくなってしまいますので、出回る時期は、見つけたら即買った方がいいです! 来週でいいや~。 なんて思ってスルーすると、次に行った時には青梅がもうない。。 なんて事にならないように。。 私は、よくあるパターンなので、皆さんも気をつけて! おばあちゃん直伝の梅漬け(カリカリ梅)の作り方 それでは、私の長野のおばあちゃん直伝のカリカリ梅の 作り方をご紹介いたします。 おばあちゃんは、大きい樽で大量に仕込んでいましたが、今回は、皆さんが簡単に自宅で挑戦できりょうに、容量を小さく、保存袋で作れるように考えてみました。 <材料>• 青梅 500g• 塩 (青梅の重量の10パーセント)50g• ホワイトリカー 10cc程度• 卵の殻 2個分• 市販の保存用袋やジップロックなど <作り方>• 卵の殻は、生卵を割って、殻の内側の膜も綺麗に取って、一度、熱湯をかけて消毒する。 その後、干して、しっかり渇かして、お茶パックのようなものか、ガーゼに包んで準備して下さい。 青梅は、しっかり水洗いしたあとに、ヒタヒタの水に漬けて、1晩置いて、アクを抜きます。 次の日、ザルにとって水気をきって、楊子などで青梅のヘタを果肉を傷付けないように取っていく。 処理が終わったら、一粒ずつ、キッチンペーパーなどでしっかり水気を拭き取ります。 ボウルに青梅を入れて、ホワイトリカーを全体にまわしかけます。 次に塩を入れて、ギュギュと揉み込みながら、青梅が鮮やかな緑色になるまで、しっかり揉みます。 保存袋に青梅をいれていきます。 途中でお茶パックに入れた卵の殻も一緒にいれましょう。 全部、青梅を入れ込んだら、ボウルに残っている塩も全て、保存袋に入れて、空気を抜いて口を閉めましょう。 保存袋をもう一枚のビニール袋に入れて2重にして下さい。 漏れたら悲惨なので。。 そのまま冷蔵庫に入れて、時々、様子を見て、梅から水気が上がってくるので、その液体に青梅が漬けるようにしながら、ビニールの空気を抜いてやったり、時々、軽く揉んでやって馴染ませたりしながら、1ヶ月待ちます。。。 これで、完成です!塩分濃度が低いので6ヶ月以内で食べきるようにして下さいね。 ジップロックに入れて、梅からあがってくる液体にしっかり漬けてあげるようにしてあげて下さいね。 卵の殻を入れるのもポイントです!卵の殻を入れるとカリカリの状態で漬けられることができるんです。 これがないと、フニャフニャの食感になってしまうんですよ。 これは、梅の果肉のペクチンの関係なのですが、卵の殻のカルシウムを入れてあげることで、果肉は固いままカリカリという食感に仕上がるという訳なんですよ。 日本人の知恵というのは、本当にすごいですよね~。 おばあちゃんの知恵ってやつですね~。 どうでしょうか?梅干しだと、塩漬けをしてから、更に天日干しをして作っていきますが、梅漬けであれば簡単に1ヶ月で完成してしまいます。 しかも減塩なので、塩分を気にしている方にはピッタリと言えますね。 今回の梅漬けのレシピでは、保存袋で作る方法にしてみましたので、冷蔵庫のスペースがあまりなくても気軽に挑戦できるかな? 是非、挑戦してみて下さいね! では、今回の梅干しと梅漬けの違いや梅漬けカリカリ梅の作り方をまとめていきましょう。 スポンサードリンク 干すスペースがなくて梅干しが作れないなら、梅漬けを作ってみよう!~まとめ~ 梅干しと梅漬けの違いは、 「天日干し」をするか、しないか! そこが一番の違いになります。 それから、昔ながらの梅干しの作り方で言えば、塩分を高めに仕込んでいきます。 しかし、梅漬けは、減塩できるので、塩分を気にされている方にはいいですね。 でも、そのことにより、出来上がった後の保存期間に違いが出てきてしまいます。 梅干しは長期保存できるのに対して、梅漬けカリカリ梅の場合は、半年以内で食べきるようにして下さい。 それでは、私の長野のおばあちゃん直伝のカリカリ梅の作り方をご紹介いたします。 おばあちゃんは、大きい樽で大量に仕込んでいましたが、今回は、皆さんが簡単に自宅で挑戦できりょうに、容量を小さく、保存袋で作れるように考えてみました。 <材料>• 青梅 500g• 塩 (青梅の重量の10パーセント)50g• ホワイトリカー 10cc程度• 卵の殻 2個分• 市販の保存用袋やジップロックなど <作り方>• 卵の殻は、生卵を割って、殻の内側の膜も綺麗に取って、一度、熱湯をかけて消毒する。 その後、干して、しっかり渇かして、お茶パックのようなものか、ガーゼに包んで準備して下さい。 青梅は、しっかり水洗いしたあとに、ヒタヒタの水に漬けて、1晩置いて、アクを抜きます。 次の日、ザルにとって水気をきって、楊子などで青梅のヘタを果肉を傷付けないように取っていく。 処理が終わったら、一粒ずつ、キッチンペーパーなどでしっかり水気を拭き取ります。 ボウルに青梅を入れて、ホワイトリカーを全体にまわしかけます。 次に塩を入れて、ギュギュと揉み込みながら、青梅が鮮やかな緑色になるまで、しっかり揉みます。 保存袋に青梅をいれていきます。 途中でお茶パックに入れた卵の殻も一緒にいれましょう。 全部、青梅を入れ込んだら、ボウルに残っている塩も全て、保存袋に入れて、空気を抜いて口を閉めましょう。 保存袋をもう一枚のビニール袋に入れて2重にして下さい。 漏れたら悲惨なので。。 そのまま冷蔵庫に入れて、時々、様子を見て、梅から水気が上がってくるので、その液体に青梅が漬けるようにしながら、ビニールの空気を抜いてやったり、時々、軽く揉んでやって馴染ませたりしながら、1ヶ月待ちます。。。 これで、完成です!塩分濃度が低いので6ヶ月以内で食べきるようにして下さいね。 ジップロックに入れて、梅からあがってくる液体にしっかり漬けてあげるようにしてあげて下さいね。 卵の殻を入れるのもポイントです!卵の殻を入れるとカリカリの状態で漬けられることができるんです。 これがないと、フニャフニャの食感になってしまうんですよ。 おばあちゃんの知恵ですね~。 いかがでしょうか? マンションなどで梅を干せない方も、昼間にお仕事で梅を外に干せない方も、保存袋を使って、簡単に梅漬けカリカリ梅に挑戦してみてくださいね。

次の

減塩梅干しの作り方(塩分10%)

梅漬け 作り方

【梅にんにく(にんにくの梅漬け)】簡単レシピ&おいしい作り方! 梅にんにくとは、一般的ににんにくを梅と一緒に漬けたもので別名「 にんにくの梅漬け」もしくは「 にんにくの梅肉漬け」という言い方をします。 しかし、近年「梅にんにく」という名称は主に商品名として使われることが多い他、単に梅とにんにくを和えた料理を指すなど幅広い意味で使われています。 このページでの梅にんにくとは「 にんにくの梅漬け」のことで、その作り方やレシピをご紹介します。 梅にんにくは、その美味しさもさることながら、梅もにんにくも大変体に良い食べ物なので高い健康効果が期待できます。 実際、市販の梅にんにくは「自然のサプリメント」というふれ込みで販売しているものも多くあります。 このページでご紹介するように家庭でも手軽に作れるので、是非、お試しください。 この記事の目次• 梅にんにくの作り方・レシピ ここではとても風味が増し かつお節を入れた梅にんにくのレシピと作り方をご紹介します。 梅干し、にんにく、かつお節と相性のよい組み合わせに砂糖を加えて食べやすくしてあるので、そのままご飯につけたり、酒の肴としておいしく食べられます。 材料・用意するもの• ニンニク :400g(にんにく6~7玉ぐらい)• 梅干し(赤ジソ漬け):300g• 酢 :2カップ• 砂糖 :100g• カツオ節(削り節) :10g• にんにくの皮をむく。 清潔な広口のビンを用意し、洗って水けをふいたにんにくを入れる。 まず、にんにくを酢漬けにします。 2に酢を注ぎ入れ、ふたをして2週間~6か月ほどおく。 急いでつくりたいときは2週間でもかまわないが、6か月くらい漬けたほうがおいしくなる。 酢はにんにくが完全につかっている状態になるまで注ぎ入れる。 梅干しは種を取って包丁で細かくたたき、赤ジソの葉 赤ジソ漬けの梅干しでなければ入れなくてよい は刻む。 鍋に4を入れ、砂糖を加えて弱火にかけ、ジャムのように弱火で煮る。 5に鍋でから煎りしたカツオ節を混ぜ、梅カツオをつくる。 3のにんにくを酢から上げ、水けをきって6の梅カツオに入れて軽く混ぜる。 別の清潔な口のビンに移し、ふたをして上下左右に静かにふり、日の当たらない涼しい場所におく。 夏場は冷蔵庫へ。 3週間後くらいからが食べごろ。 酢で下漬けする• 砂糖を入れる• かつお節を混ぜる 梅にんにくはにんにくに梅を漬ければできるのですが、それだけだとどうしても酸味や辛味が強くなって食べにくくなります。 その酸味や辛味をマイルドにする方法が始めににんにくを酢で下漬けすることです。 長く漬けた方がおいしくなります。 気長ですが半年ぐらい漬けるのが一番おいしくなります。 酢漬けだけでもかなりマイルドになりますが、梅の酸味が強すぎる場合もあるので、砂糖を加えて更に食べやすくするのもポイントです。 高級な梅を使うような場合は、その味を活かすために砂糖を使わない方が良いですが、普通の梅を使うのであれば砂糖を入れた方が食べやすくなるでしょう。 さらに美味しい梅にんにくをつくる上での最大のコツはかつお節を入れることです。 かつお節は梅にもにんにくにも非常に合う食材で、風味がグッと増します。 また、食べる時もにんにくや梅に絡みやすくなるので、梅にんにくの味をしっかり楽しめるようになります。 梅にんにくを作る時の注意点 にんにくを漬けると、にんにくが青く(緑色っぽく)なる場合があります。 梅に漬ける場合は、あまり色が分からないので気にならないかもしれませんが、酢漬けをする時にはびっくりすることがあります。 特に秋から冬にかけて漬ける場合はこういったことがよくあります。 これはにんにくの発芽作用によるものであり、腐ったり傷んだりしているわけではないので心配要りません。 そのまま漬け続けてください。 春先になると色がとれてくることがあります。 梅にんにくの保存方法 梅にんにくは冷暗所(日の当たらない涼しい場所)で保存しましょう。 心配であれば冷蔵庫で保存するのが良いでしょう。 梅もにんにくの酢漬けも保存性が高い食べ物ですから腐る心配はあまりありませんが。 一番気をつけなくてはならないのはカビです。 ですので、不衛生さや湿度には注意しましょう。 特に容器は煮沸消毒をするなど衛生面に気を使いましょう。 保存期間の目安 梅もにんにくも殺菌・抗菌作用が強いのでかなりの長期保存が可能です。 保存状態に問題なければ一ヶ月ぐらいは問題なく保存できます。 開封せずに冷蔵庫で保存すれば1年ぐらい保存も可能です。 梅にんにくに期待できる効能・効果 梅もにんにくも効能が多く、健康効果の高い食物です。 その為、梅にんにくは単なる美味しい料理という域を越えて自然の健康食品という認識を持つ人も多くいます。 梅に期待できる効能・効果 梅は昔から体に良いとされる伝統的な健康食材です。 梅にはクエン酸やコハク酸、リンゴ酸など多くの有機酸が含まれているのが特徴で、また、ミネラルやアミノ酸、ビタミンも多く含まれていることが、梅の多種多様な効能、健康効果を引き出す要因となっています。 梅に期待できる代表的な効能・効果には以下のようなものがあります。 疲労回復• 食欲増進• 血液サラサラ• 殺菌・抗菌作用• 糖尿病予防• 動脈硬化予防• 高血圧予防• 虫歯予防• 胃潰瘍予防• カルシウム吸収促進• etc. にんにくに期待できる効能・効果 にんにくも梅に負けず効能・効果の多い食物で、古来から健康に良い食材として伝えられてきました。 にんにくの効能・効果の元はにんにくに含まれるイオウ化合物です。 また、梅同様、ミネラルやビタミンも多く含まれています。 代表的な効能・効果には次のようなものがあります。 疲労回復• 殺菌・抗菌作用• 血行促進作用• 抗酸化作用• 高血圧予防• 動脈硬化予防• 糖尿病予防• 食欲増進• 胃潰瘍予防• 肝機能改善• etc. 梅とにんにくの相乗効果による効能・効果 前述したように梅にもにんにくにも様々の健康効果があり、また、似たような効能も多々あります。 その為、梅にんにくには多くの効能・効果が期待できます。 中でも相乗効果として期待できるのは以下のものです。 疲労回復効果• 血液サラサラ効果• 殺菌・抗菌効果• 食欲増進効果• 生活習慣病予防 それぞれ簡単に説明します。 疲労回復効果 梅はクエン酸によりエネルギーを生み出すクエン酸サイクルを活発にします。 にんにくはアリシンの働きによりエネルギーの元となるビタミンB1の供給を促進します。 疲労回復効果は梅にんにくのもっとも期待できる健康効果と言えるでしょう。 血液サラサラ効果 梅のクエン酸はムメフラールという血液をサラサラにする物質を産出します。 また梅はアルカリ性の性質があり、それも血液サラサラに一役買います。 にんにくには強力な抗血栓作用があり、血液ドロドロを解消します。 梅にんにくの血液サラサラ効果は強力なので、手術前や出産間近の方は梅にんにくを食するのは止めたほうがよいでしょう。 殺菌・抗菌作用 梅にもニンニクにも強力な殺菌・抗菌作用があるので、両者とも菌から食物を守るために使われることもあるくらいです。 この殺菌・抗菌作用は体内に侵入した病原菌などを抑制するのにも役立ちますが、大量に食べると体内の善玉菌も抑制してしまうので注意が必要です。 食欲増進効果 梅は唾液分泌を促進させ、にんにくはスパイシーな香りで食欲を増進させます。 食欲増進効果は過小評価されがちな健康効果ですが、食欲の無い時などの体力回復には非常に効果的な効能です。 生活習慣病 梅にもニンニクにも動脈硬化や高血圧、糖尿病といった生活習慣病を予防する効能があります。 これは両者が持つ血液サラサラ効果、抗酸化作用などが生活習慣病予防に非常に有効なためです。 また、梅もにんにくも生活習慣病予防に欠かせないビタミン、ミネラル、アミノ酸といった栄養素が豊富に含まれていることも大きな要因となります。 梅にんにくは臭いか? にんにくで気になるのは臭いですが、梅にんにくはそれ程臭いがしません。 これは梅の消臭効果によるものと思われます。 梅の殺菌作用と唾液を分泌させる効能は口臭を抑制する効果があります。 また、梅に含まれるクエン酸は体臭を抑える働きがあり、これらの効果によりにんにくの臭いは大きく抑制されます。 にんにくの臭いには食べてすぐにおうものと2時間後ぐらいからにおってくる2種類の臭いがあります(にんにくの臭いの詳細はこちら「」を参照下さい)。 この内、最初の臭いに関しては殆ど気になりません。 後の臭いもかなり軽減されますが、やはり食べすぎると臭ってくるので油断しないようにしましょう。 これは製造過程でにんにくに火を通している場合が多いようです。 火を通すと確かににんにくの臭いは大きく減りますが、その分、多少効能が落ちる可能性がありますので、今回のレシピでは生のにんにくを使う方法をご紹介しました。 作るのが面倒なら市販の「梅にんにく」がオススメ! 梅にんにくは食べたいけど、時間もかかるし、やっぱり作るのが面倒という方もいらっしゃると思います。 そう言った場合は、市販の梅にんにくを買うことをオススメします。 最近では普通のスーパーにも梅にんにくが売ってますすので手軽に購入できます。 費用が気になる人もいると思いますが、材料費を考えるとそれ程金額に違いは無いですし、作る手間を考えると決して高くはありません。 ただ、安いものは化学調味料や添加物が入っていることがあるので注意が必要です。 尚、少し値段が高いですが、私が美味しいと思ったのは以下の「梅にんにく」です。

次の

干さない梅干しレシピ?梅漬けの作り方・注意点は?

梅漬け 作り方

梅干しを漬けるのって、時間のかかる工程が多くて大変。 苦労した分だけ美味しい! ということもありますが、簡単にできる梅干しもありますよ。 シソを使わず、干さなくてOK! 塩漬けするだけで完成する、一番シンプルな「白干し梅」の作り方をご紹介します。 昔ながらのすっぱ〜い梅干しです。 たったの3ステップで漬け込み完了!• 塩漬け 1kgの梅を漬けるのにかかる工程はこれだけ。 あっという間にできあがります。 干さないしっとり食感が美味。 梅干しのレシピ 材料• 完熟梅 1kg• 焼酎 25度以上のもの 50ml(なくても可) 必要な道具• 漬け込み容器(酸に強い材質のもの)• 中蓋(なければ平皿で代用可)• 重石2kg(なければ水を入れたペットボトルで代用可) 作り方(梅1kg分) 1. 肉厚・黄色く熟していて、傷がない梅を選ぶ 2. ヘタをとって洗ったら、1~2時間水につけてアク抜きする 3. ザルに上げて水気をきり、1個ずつ水気をふきとる 傷がつかないようにやさしく拭き取りましょう。 傷んでいる梅が混じっていた場合は、この段階で取り除きます。 容器に塩、梅を交互に漬ける 清潔な容器の底に塩をひとつかみふり、梅を敷き詰めるように並べます。 同様に塩、梅を繰り返し、最後に残りの塩をふりかけましょう。 焼酎を回しかけるようにして入れる 上から焼酎を回しかけるように入れることで、カビが出にくくなります(焼酎がなければ省いてもOK)。 中蓋をして、重石をのせる 中蓋をし、梅の2倍量の重石をのせて、ホコリが入らないように蓋をするか、ビニール袋などで覆います。 梅が隠れる程度に白梅酢(漬け汁)があがるまで1日1回、白梅酢を全体にいきわたらせるように容器ごと揺らします。 こうすると、梅が空気に触れる時間が短くなるためカビが出にくくなります。 白梅酢が梅の上まであがってきたら、重石を半量の1kgにする 5~7日ほど経ち、白梅酢が中蓋の位置まであがってきたら、重石を半量に。 漬け始めて約1ヵ月後から食べられるようになります。 完成したら重石を除き、梅酢ごとビンやかめに入れて常温保存しましょう。 半年、1年、3年と時間が経つにつれて、味がまろやかになります。 塩のみのシンプルさだから、5〜10年と食べられる シンプルに塩のみで漬けた梅は、長い期間保存できるのが特徴で、ビンやかめに入れて保管すれば10年後も食べられます。 また、残った白梅酢は料理に使用できるので捨てずに取っておきましょう。 なお、シソを使った梅干しの作り方、カビが生えてしまった時の対処法など、梅干し作りの基本はこちらで紹介しています。

次の