セラミック ナイフ。 サビない切れ味長持ちなセラミックナイフをダイソーで100円ゲット!|モノレビュ

セラミック包丁 丈夫で錆びない 抜群の切れ味 折りたたみ式 軽量 ナイフ 薄刃 使いやすい 食材に臭いがつかない アウトドア 安全 ◇ 折りたたみセラミックナイフ :20150609

セラミック ナイフ

購入理由「キャンプで使えそうな安い包丁が欲しい」 キャンプでは食事を一番楽しみにしてる方も多いはず! そんな食事に必要なアイテムは様々ありますが、あると便利なのが包丁やナイフ。 自宅で使ってる包丁をそのまま持ち込んでもいいですが、家で使ってる包丁は大きめサイズの方が多いはず! 我が家も一般的な包丁を自宅で使用しており、最初は刃をタオルでくるみキャンプ場へ持ち込んでいました。 使い勝手は使い慣れてるだけあって使いやすいです。 しかしご覧のとおりかさばります。 もう少し小さな包丁でいいのでは?と思い、何でも100円で買えるダイソーで良さそうな包丁を探しました! ダイソーには様々な包丁やナイフが発売されています。 その中で私の目に止まったのが『 セラミックフルーツナイフ』というセラミックで出来た小さなナイフ! セラミックといえば• 切れ味が良い• サビない と言った特徴があるのを知っていましたので「 コンパクトだしサビないしキャンプにピッタリ!」と迷わず購入いたしました!• 硬いものには不向き• 汚れがつく といった感じで100円でこのクオリティーなら満足なモノでした! それでは具体的に満足・残念なところをご紹介いたします! 100円という安さで買えるセラミックナイフ 満足なポイント1つ目にあげられるのがその価格! 安さで有名なアマゾンで見てみても100円という価格でセラミックナイフは売っていません。 (記事作成時) セラミックの良さとして• 硬度が高い• 切れ味長持ち• 錆びない• 耐熱性に優れる• 金属より軽い といったものがあげられます。 セラミックについて詳しく知りたい方はをご覧下さい。 それでは実際に食材を切っている様子をご紹介します! なすびはスッと切れ 玉ねぎも余裕です じゃがバター用に蒸したじゃがいももスパッと切れます! 写真はありませんが、お肉も切れましたし、鶏皮など表面が滑る素材も切れました!(後述しますが硬いモノには不向きです) ただ、ナイフということで刃の長さが短く、対象物が大きくなればなるほど切りづらいという問題が発生しました。 もう1つ注意点として一般的な包丁は引いても上から押しても切れますが、こちらのセラミックナイフは上から下に切り落とすのが苦手です。 切り込みをいれ、スッと引きながら切るという使い方がメインとなります。 サビないから手入れが楽 セラミックはサビません。 まず1つ目がサビないけど白く美しかった刃が汚れるということです。 (写真では分かりづらいですが) いつどこでこうなってしまったのか記憶が定かではありませんが、真っ白なままで使いたかったな!と残念ポイントにいたしました。 ちなみに使用には問題ありませんので現在も使用しています! 硬いモノには不向き こちらはセラミックの特性上仕方の無いことですが、硬いものを切るのが苦手です。 (高級セラミック包丁も同じです) 柔らかいモノを切る時は抜群の切れ味を発揮してくれますが、硬いモノを切ろうとすると刃がかけてしまい、最悪の場合折れてしまいます。 実際に我が家のセラミックフルーツナイフもちょっと無理をさせてしまい写真のようにかけてしまいました。 100円なので買い換えを視野にいれて使うのも良いですが、折れて顔に飛んできたら大怪我しますので硬いものにはくれぐれもご注意ください。

次の

Sliceセラミック安全カッター

セラミック ナイフ

Slice 米シリコンバレーに本拠地を置き、セラミック製切断工具を中心に設計と製造を行っています。 生活・工業生産過程における安全性を重視した家庭・業務用プロダクトとして、高品質かつ耐久性のあるSlice スライス 製品の数々が全米上場企業の数々より厚い信頼と注目を受けています。 日常的に使用するツールだからこそ、どなたでも安心してお使い頂ける様「安全性の駆使」をコンセプトに、製品開発に取り組んでいます。 「安全」は刃から カッターナイフ等の多様なカッティングツールが使用される今日、鉄製刃先を用い、持ち手の安全性を強化した商品が一般的です。 Sliceでは、持ち手の安全性デザインは勿論、実際に物を切る部分である「刃先・替刃」から安全構造を見直すと言う新しいアイデアを製品に取り入れました。 切る効率と効果をデザイン化 人間工学に基づき、著名デザイナーとのコラボレーションで商品開発を実行。 ステンレスやその他鉄製刃との比較で11. 2倍以上の耐久性を誇る特許取得のSliceセラミック刃は、使用者の怪我・労災事故を軽減させる点に加え、直感的に使える容易性にも優れています。 多様な業界のお客様と常時ツール開発を提携し、労災事故の減少貢献を目的とする安全ツールとして、業界成長を目指します。 While Slice blades and knives are designed to reduce the risk of injury, Slice products are tools intended to cut a variety of materials and characteristically cannot eliminate all risk of injury, especially if used improperly. As with any cutting tool, to minimize injury risk, a user of any Slice product must: 1 follow all instructions included with a Slice product, 2 never use any Slice product other than the manner in which it was intended, and 3 follow commonsense safety practices. Slice is not responsible for any damage or injury as a result of any use or misuse of Slice products.

次の

京セラ包丁の性能は?おすすめのセラミックナイフを紹介

セラミック ナイフ

特徴 [ ] 一般的にセラミックスは次のような性質を持っている。 ただし、セラミックスと呼ばれる物質群は、極めて広汎でその特性も様々であり、下記の性質が必ずしも当てはまらない。 常温で• は高いが、しやすい• 、破壊が内部の局所的な欠陥構造に左右されやすい• に優れるが、熱衝撃破壊を起こしやすい• より軽く、より重い 歴史 [ ] セラミックスの語源は、[ギリシャ語]の「keramos」(を焼き固めたもの)と言われている。 古くはに始まる。 日本においては、、に始まり、時代を経て・へと発展した。 近年では、機能をもったなどが開発されている。 日本におけるセラミックスの名称 [ ] 昔、日本では可塑性の材料をプラスチックと呼び、その製品をプラスチックスと区別していたように、セラミックスも、材料をセラミック、製品をセラミックスと呼んでいた。 だが、最近では、両者の区別があいまいになっている。 一般的には伝統的なや製品とは区別されて、以降はに相当するものを「セラミックス」と呼ぶことが多い。 なお、の「ceramic(セラミック)」は物質としてよりも、「陶器の」、「陶芸の」という意味として用いられる例の方が多く、本項のように各種の製品を総称する場合は複数形の「ceramics(セラミックス)」を用いるのが通常適切である。 しかし、日本では、製品総称においても英語などでは名詞の単数形あるいは形容詞に当たる「セラミック」という表現が広く使われている。 主なセラミックスの種類 [ ] 窒化ケイ素の成形品 セラミックスは、組成の面から、以下に分類される。 元素系 例:炭素 C... 複合材の材料として利用される。 単体ではセラミックスに分類される事はない。 系 例: Al 2O 3 、、 BaO 3Ti など• 系 例:• 炭化物系 例: SiC• 窒化物系 例: Si 3N 4• 系 例:• 系 セラミックスの用途 [ ]• 但しこれは金属の基材に皮膜を施したものであるので狭義のセラミックには含まれない。 第2次大戦中のを受け、金属製品の代用として開発流通し、戦後消滅した。 (ニューセラミックス):天然原料ではなく、高純度で精密に制御された微粉末を原料とする。 エンジニアリングセラミックス : 熱的機能、機械的機能の優れたファインセラミックス。 主なファインセラミックス [ ] フェライト磁石 より高度な機能が要求される場合、基材の粒径は均一化される共に純度は高められる。 用途により基材には微量の添加物が加えられる。 ・・光学的な面などで高機能をもつ。 用、(、など)の材料として利用されている。 チタン酸バリウム - 誘電性を持ち、その機械的、電気的、熱的な性質から、電気機械変換器、コンデンサとして広く用いられている。 粒界で効果を持つため、ヒータ材料としても用いられる。 Bi 2Sr 2Ca 2Cu 3O 10 - セラミックス。 - 炭素とよく似たとをとる。 - 磁性を持ち、類()やのコア()等として多用される。 - 高い圧電性をもち、センサ、アクチュエータ材料として用いられる。 - 高硬度・高融点が特長、主に、として用いられる。 - 高硬度・高融点が特長、耐火材・研磨材の代表的な材料であり、電気素子材料としても用いられる。 - 高い靱性をもち、構造材、研磨剤として用いられる。 MgOSiO 2 - 代表的な絶縁材料。 - であり、の材料として用いられる。 - 室温と焼結温度の間で相転移することを利用した部分安定化ジルコニアは高い靱性を持ち、セラミックナイフやはさみなどに使われる。 また、高温でとなり、や酸素の材料として用いられる。 また近年、金属に変わる差し歯やブリッジの歯科治療材料(、)としても着目されており、需要が増えている。 主な成形方法 [ ] 成形とは、原料を焼き固める(焼結)前に、形を整える工程である。 完成品の用途に応じてさまざまな成形方法を使い分ける。 乾式成形 [ ]• 一軸加圧成形(金型成形) 粉体(原料)を金型に入れて、加圧し成形する方法。 量産性が非常によく、もっとも一般的な方法である。 作成される成形体の密度は不均一で、密度が均一な成形体を求める場合には適さない。 また、得られる成形体の形は、単純な形状に限られる。 CIP(冷間静水圧成形) ゴム型に粉体を充填して、静水圧を印加して成形する方法。 作成される成形体の密度は均一で、一軸加圧成形の欠点を克服しているが、設備に高いコストがかかる。 HP(ホットプレス)、HIP(熱間静水圧成形) HPとは、焼結を伴いながら一軸加圧成形である。 HIPとは焼結を伴いながら静水圧で成形する方法である。 塑性成形 [ ]• ろくろ成形 杯土(原料)を回転台の上に乗せ、回転させながら形を整える方法である。 設備は簡単であるが量産性はない。 皿やつぼなどの少量生産の製品や、芸術品を作るときに用いられる。 のように、杯土を口金を通じて押し出して成形する方法である。 連続生産が可能で、棒状やパイプ状・ハニカム状の製品を作る場合に用いられる。 成形体に配向が残るという欠点がある。 射出成形 原料に樹脂を混ぜ可塑性を持たせ、金型に射出して成形する方法。 複雑形状の成形体を作ることができ、密度は均一でかつ寸法精度も良い。 一方、加熱して樹脂を除く脱脂工程で二酸化炭素が排出されたり、脱脂時間が長く多くのエネルギーを要するため、環境に悪い成形方法とも言われる。 (プラスチックの射出成形については、を参照) 鋳込み成形 [ ]• 泥漿(でいしょう)鋳込み 泥漿を型に流し込み、着肉後、排泥するか、そのまま固化して成形体を得る方法。 簡単な設備で複雑な形状の成形体が得られる。 生産性が悪い、寸法精度が悪いという欠点がある。 加圧鋳込み 加圧した泥漿を流し込んで着肉速度を速め、生産性を高めた方法。 回転鋳込み 遠心力を用いて着肉速度を速めた方法。 高密度で、均質な成形体が得られるが、形状はに限られる。 テープ成形 [ ]• ドクターブレード法 原料と有機溶剤を混ぜて泥漿をつくり、ブレードと呼ばれる刃状部品で厚さを調整しながら、うすい板状に成形する方法。 生産性がよく、多層構造体をもった成形体を作ることができるため、積層コンデンサーなどの電子部品を作成する際に使われる。 工程の中で、板状に成形した泥漿に熱風を当てて有機溶媒を気化させ、乾燥させる。 気化した有機溶媒は、有害であり、それを処理する設備が必要になるため、設備に高いコストがかかる。 また、設備を運用する上で、作業員の健康や周辺環境の汚染に留意する必要がある。 有機溶剤の代わりに、無害な溶剤を用いる研究もされているが、たとえば水を用いると、水は有機溶剤に比べて気化しにくく、乾燥させる工程で生産性が著しく落ちるなどの問題がある。 (ドクターブレード法のドクターは、人名) 参考文献 [ ]• (独)日本学術振興会 高温セラミック材料第124委員会[編] 『先進セラミックスの作り方と使い方』 日刊工業新聞社、2005年。 、、、公益社団法人日本セラミックス協会 脚注 [ ].

次の