ヤンキー 漫画。 【2753票の頂点は?】ヤンキー漫画の人気おすすめランキング10選

【2753票の頂点は?】ヤンキー漫画の人気おすすめランキング10選

ヤンキー 漫画

当時ので、兵士やの人間を軽蔑した呼び方が「yankee」であり 、「ヤンキー」の語源とも言われているの「」という人名はキリスト教文化圏に広く浸透している「」から来ている。 ヤンキーという語そのものはの時代から日本で使用されており、1904年発行の『最新正確布哇渡航案内』では、国際都市としての(布哇)の一面を紹介するくだりでや、や、とならび「ヤンキーの子供」を小ばかにした表現で紹介している。 また「映画界」(1923年)では主演の『』について「ヤンキー式な亜米利加人の好奇心(ばかりで)日本人には何んだか見てゐてちつとも深みと味いのない映画」との評論を掲載している。 それぞれの時代によって流行があり、以来の伝統的なモラトリアムファッションである「バンカラ」から、に流行した「ツッパリ」スタイル以降、「(クラシック)ヤンキー」「ヒップホップヤンキー」「ギャル男」「悪羅悪羅系」など時代に応じて流行に変化が見られる。 根本的なメンタリティ自体はそれほど変化していないが、外見や消費傾向などの枝葉の部分は時代に連れて変化を続けている。 発生当初はなどへの反抗を掲げなどの問題を起こしていたが、近年では「周りの目よりも仲間と過ごす楽しいひと時を大切にし、そのためなら暴力も厭わない」という性質に特化している。 バンカラ [ ] (ばんから、蛮カラ)とは、風の身なりや生活様式を指す「」をもじった用語である。 明治期に、ハイカラに対するアンチテーゼとして粗野や野蛮を主張するスタイルとして創出されたもの。 バンカラの典型的な様式としては「弊衣破帽」がある。 このファッションスタイルから、少年漫画の影響により後にの意味に解釈され、「蛮」に対して「番」を用いた「番カラ」とされている場合もある。 ツッパリ [ ] の不良少年は主に東京など関東地方で(突っ張り、つっぱり)と呼ばれた。 不良少女は(女番、スケ番)と呼ぶ。 ツッパリは、やの乱用事件や、喧嘩から発展した暴力事件を引き起こし、の流行とも呼応してなどのを生んだ。 にデビューしたは、この「ツッパリ」スタイルをコンセプトに活躍したグループである。 2ndシングルの「」は文字通りツッパリをテーマとした曲であり、3rdシングルの「」は暴走族をテーマに取り上げ、この前後の時期のスタイルを象徴している。 ヤンキー [ ] 中頃から初頭にかけて、不良少年少女全般を指して「ヤンキー」と呼んだ。 なお、では1975年には既に「ヤンキー」と呼ばれており、に発売されたとによるアルバム「ぼちぼちいこか」の「Come on おばはん」における「しかめっ面のヤンキーのあんちゃん」とは「不良少年」を意味している。 関西で使われていた「ヤンキー」という呼称は、にが「ヤンキーの兄ちゃんのうた」の自主制作盤200枚を全国の有線局へ配って放送したところ全国的に広まり、その年のとで新人賞を同時受賞し、定着した。 当時のヤンキーの男性は、ヘア、制服では、「短ラン」「長ラン」など標準とは異なる丈の学生服や、「ドカン」「ボンタン」などの幅の広いズボン( 詳しくはの項を参照)を着込むとともに、を持ち、派手な色柄でのを好み、派手なや(便所サンダル)もしくやなどを好んで履くのが特徴的である。 ヤンキーの女性は、1970年代のスケバン時代からの傾向ではあるが、・私服を問わずを好み、特に「ロンタイ」の流行が特徴的である。 また、男性と同じくを持っていた。 一般人から見ると特異なファッションセンスを持つため、ヤンキーかそうでないかは見た目で判断しやすい点が、後の年代のヤンキースタイルとの違いと言える。 この時代の典型的なヤンキー像としては、1983年に連載が開始されたの作品『』(『』掲載)が挙げられる。 これを原作として、・の主演により1985年からにかけて計6作品の劇場公開映画が制作されヒットシリーズとなった。 なお『ビー・バップ・ハイスクール』は2003年まで連載されており、にも再度映画化され、その続編がシリーズとなったほか、版(作品)も制作された。 に入ってからも、のが・に制作されるなど、時代を超えるヒット作品となった。 ロックバンドのはに結成されにデビューしたバンドであるが、ヤンキーの・を用いて「ヤンク・ロック」を標榜している。 ヤンキースタイルの衰退 [ ] に入ると、「」と呼ばれた・・らファッションリーダーの登場により、のストレートヘア、ストレートに白いやを合わせるなどの清潔感を意識した「」ファッションが流行し、が髪にをかけなくなり、スリムジーンズが時代遅れになっていった。 から1990年代末にかけての流行の中で、ボンタン、ドカン、リーゼントなどのクラシックヤンキースタイルが完全に時代遅れとなった。 アメカジ=渋カジの流行の中で、以前にはなかったスタイルの不良集団であるが出現している。 いわゆる「渋カジ」の中心はカレッジスタイルであったが、チーマーたちはネイティブ系やバイカー系、ミリタリー系、ワーク系などより男性的な雰囲気をもつスタイルにシフトしていき、それらのテイストを取り入れたも生み出された。 ヒップホップヤンキー [ ] カジュアルスタイルの不良では、一般人とファッションで差別化するのが難しく、ヤンキーの自己顕示欲を満たすことができない。 そのため、には、の低所得者層の不良子弟()のそれに似た様式が日本に流入し、の流行とも呼応して、いわゆるをしたヤンキー「 ヒップホップヤンキー」が誕生した。 のを着るのがヒップホップ系の愛好家たちの間で流行していたが、2000年代に入るとより多くのヤンキーの間でのジャージが流行した。 ヒップホップヤンキーの典型的なスタイルは、オーバーサイズのジャージやジーンズなどののを股下までずり下げ着用する「」が主流である。 また、これをなどのでは、「 B系」と称する場合が一般的であるが、その場合は必ずしもヒップホップヤンキーのことを指す表現ではない(記事参照)。 ただし前後の時点では、着用の際の工夫を凝らさずともあらかじめ腰履きに見える手軽さと履きやすさが特徴である「ヒップホップジーンズ」(だが股上が深いシルエット)などが流通している。 かつてクラシックヤンキーが好んで履いた「」との類似点が指摘されている [ ]。 ただ、このスタイルは、一見してヤンキー的メンタリティを持ち合わせていないと思われる若者の間にも広く受け入れられ、外見的にはヤンキー、ヒップホップ愛好者、そのどちらでもない一般人の区別があいまいで困難になった。 ギャル男 [ ] には雑誌『』が創刊され、派手なルックスを強調したが登場。 不良の中でもこのスタイルに変化する者が現れた。 ギャル男は従来のヤンキーと違い中性的、女性的なファッションやライフスタイルをしていることが特徴で、2000年代後半からはカウンター・カルチャー性をオミットしホストの文脈を取り入れたと呼ばれるスタイルが登場した。 また、お兄系にサイケデリックの要素を取り入れたと呼ばれるスタイルも登場した。 悪羅悪羅 [ ] 「悪羅悪羅」(おらおら)とは、雑誌『』による造語である。 悪羅悪羅スタイルはギャル男の影響もあるが、黒を基調にメタリックゴールドのロゴを入れたセットアップのジャージやなど、デザインは和彫りやトライバル、オールドスクールなどの風など、より力強さや不良っぽさを感じさせ周囲の人達を威圧するスタイルを特徴とする。 このようなファッションは、いわゆる地下格闘技の選手達とそれを支持するヤンキー達が愛用している。 また、悪羅悪羅系ファッションの女性のことを「姐ギャル」と呼ぶ。 卍 [ ] 「卍」 まんじ とは、『』という流行語からきた造語である。 悪羅悪羅スタイルと比べて周囲の人達を威圧する要素は薄く、ストリート系のトップスにスキニージーンズと赤や蛍光色のハイカットスニーカーなど、ヤンキーとしての力強さを誇示しながらカジュアルな都市生活を志向している。 やなど系グループのアーティストのファッションと共通点を持ち、また、「卍系」のヤンキーは、などでの自己発信も好む。 ヤンキーの消費動向の一例 [ ] 1990年代以降の傾向としては、、おもにが好まれる。 ボディカラーは黒色や紫色など、暗い色が好まれる傾向にある。 ヤンキーに好まれる車種は俗に「ヤン車(やん-しゃ、「ヤンキー(仕様)の車/ヤンキー(の好む)車」の略)」と呼ばれることがあり、車種や改造の手法などにとの共通性が見られる。 ヤンキーを扱った漫画・小説・映像作品 [ ]• 漫画『』(きうちかずひろ原作。 1985年から数回にわたり映画化。 アニメ化・テレビドラマ化もされている。 漫画『』(村田ひろゆき原作。 単行本は50巻に及ぶ長期連載となった。 漫画『」(西森博之原作。 映画化・アニメ(OVA)化・テレビドラマ化もされている。 漫画『』(加瀬あつし原作。 続編の『くろアゲハ』は2018年現在も連載中。 小説『』シリーズ(中場利一原作。 監督:宮坂武志、出演:竹内力ほかで映画化。 漫画『』(藤沢とおる原作。 Vシネマ化およびアニメ(OVA)化。 続編は『』。 漫画『』(吉田聡原作。 監督:山田大樹で映画化も。 漫画『』(野中英次原作。 略称「クロ高」。 監督:山口雄大で映画化。 映画『』(2016年。 監督:、出演:高木万平、高木心平、、ほか。 ) 他多数 参考書籍 [ ]• 『ツッパリ少年少女カタログ』 1989年• 『ヤンキー今昔物語 ジャパンオリジナル・ヤンキー文化決定版』 1994年• 『ヤンキー文化論序説』 編著 2009年 関連項目 [ ]• 、 雑誌•

次の

ヤンキー (不良少年)

ヤンキー 漫画

スポンサーリンク 天狗宇です! 今回は超面白い 『不良・ヤンキー系おすすめマンガ』をランキング形式でご紹介したいと思います。 熱くなれる漫画といったら、やはり不良、喧嘩、ヤンキー系を外すことはできません。 喧嘩、番長争い、暴走族、応援団、顔が怖いだけの普通の高校生、エリート不良、学園ギャグなど、色んなマンガを読んできました。 その中で私が面白いと思った『不良・ヤンキー漫画作品』を厳選して30冊ご紹介していきますので、不良・ヤンキー漫画が好きな方はぜひチェックしてくださいね。 完結済みの作品が多くなっていますが、一部連載中の作品も含みますのでご了承ください。 不良ヤンキー漫画おすすめランキング30選【人気・暴走族・ギャグ】 30位:グレートヤンキーみちるくん 全2巻 内々けやき 少年チャンピオン・コミックスエクストラ 不良の巣窟・楽園と恐れられる「京北高校」に嵐を呼ぶ転校生が現れる! 生徒や教師を半殺しにした生徒が「京北高校」に転校してくる。 「どんなゴツイ男が来るのか」と話していたヤンキーたちの前に現れたのは、なんと 「天使のように可愛らしい少年・大河みちる」だった。 この日から「乙女系男子」の伝説が築かれていきます。 持ち前の可愛さを武器にヤンキーを束ねていくみちるくん。 その可愛らしさの前に次々と骨抜きにされていく不良たちが笑えますね。 学園内だけでなくヤンキーとみちるくんが街をブラブラするのもツボです。 全2巻なのでギャグが嫌いじゃない方はチェックしてください。 29位:ゴリラーマン 全19巻 ハロルド作石 ヤングマガジンコミックス ゴリラーマンの異名を取る『池戸定治(いけどさだはる)』の周りで繰り広げられるヤンキー漫画 ワケあって白武高校に転校してきた『池戸定治(いけどさだはる)』は、その風貌からゴルゴ池戸の異名を持っていた。 自分では鹿賀丈史(かがたけし)に似てると思っているが、周りからはゴリラーマンと認識されている主人公。 ダラダラと過ごす日常の中で笑いを描いていたり、不良とのバトルが描かれています。 不良グループ、超極悪高校との対決、バトル漫画の要素とコメディの混ざり具合が抜群の作品になっていますよ。 全19巻、長く愛される名作漫画ですね。 ハロルド先生のほか作品で有名なのは『BECK』や『ストッパー毒島』などがあります。 気になった方はチェックしてください。 28位:恋するヤンキーガール 既刊4巻 おりはらさちこ アクションコミックス 勘違いから始まったヤンキー少女と小心者の少年のラブコメ漫画! 小心者で気弱な少年・ナギは、ある日不良少女・アヤメに呼び出される。 「ちょっと付き合えや」というセリフから、ヤキを入れられると思ったナギは「は・・はひ・・・」と答える。 その返事に対して何故かアヤメは大喜び。 何と 「ちょっと付き合えや」は「愛の告白」だったのである。 お互いの思い違いから付き合うことになり、流されるままのナギ。 話が進むにつれてナギは徐々にアヤメのことを知り、惹かれていくことになります。 ヤンキー漫画というよりもラブコメ作品ですが、面白い作品なので一度読んでみて欲しいですね。 現在連載中で4巻まで発売されています。 27位:BE-BOP-HIGHSCHOOL 全48巻 きうちかずひろ ヤングマガジンコミックス リーゼントが際立つ!ヒロシ&トオルが活躍する元祖ツッパリ漫画の代表作品! ヤングマガジンで連載していたツッパリ漫画の元祖的名作。 私立愛徳(あいとく)高校を舞台に、リーゼントコンビ『ヒロシとトオル』が自由奔放に活躍する漫画です。 派手な喧嘩、ときには可愛い女の子を巡ってのドタバタ劇など、良い意味でリアリティある下品さも魅力ですね。 序盤から中盤までが凄く面白いのですが、後半になると漫画の構図が同じになっていくのが残念です。 それを差し引いた順位になっています。 80年代を代表する不良ヤンキー漫画!• 25位:BOY 全20巻 梅澤春人 ジャンプコミックスDIGITAL 夢は世界征服の晴矢と画家志望の清志郎の凸凹コンビが活躍する喧嘩漫画! 私立楽園高校1年、世界征服の野望を持つ日々野晴矢と、クラスメイトで画家志望の岡本清志朗の凸凹コンビが主人公の学園喧嘩マンガ。 バイト帰りにカツアゲに遭った清志朗だが、春矢に助けられる。 良い人だと思ったらなんと春矢は入学式の日に上級生をぶっ飛ばした問題児! 当然巻き込まれるのは必至、凸凹コンビの行く末は如何に?! 不良相手に金属バットを振り回し、暴れまくる春矢、物語が進むにつれてヒロインや新しい仲間も増えていきます。 20位:エリートヤンキー三郎 全26巻 安部秀司 ヤングマガジンコミックス 史上最悪「最強の不良兄弟」の末っ子として生まれたエリートヤンキー三郎の物語! 普通の高校生として青春を謳歌したいと思っている三郎だが、彼の兄、一郎と次郎は「伝説の不良」と呼ばれるほど凶暴で有名なヤンキーだった。 自分の意志とは裏腹に入学早々「番長」へと祭り上げられる三郎。 さらに「三郎軍団」まで作られてしまい平穏な学園生活とは程遠くなってしまう。 まさにエリートヤンキーと呼べる三郎の高校デビュー、自分の石とは裏腹に絡まれてしまう三郎の様子が面白いです。 ギャグ系が好きな方は1巻試してみてください。 爆笑必死の苦悩が描かれる不良xアクション漫画ですよ。 18位:元ヤン ~11巻 山本隆一郎 ヤングジャンプコミックス 「元ヤン」として過ごしていた主人公・正次が地元を守るために立ち上がる 5年前は「伝説の不良集団・紀伊浪」のメンバーだった矢沢正次。 ヤンキーを卒業した彼は今、立派な「元ヤン」として自動教習所で働きながら平凡な日々を過ごしていた。 大人になり平和な日々を過ごしていた正次だったが、元『紀伊浪』リーダーが事故死したことを知る。 現役のヤンキーではなく「元ヤン」という面白い設定が魅力の不良マンガです。 14位:CUFFS 傷だらけの地図 全32巻 東條仁 ゴマブックス株式会社 拳銃で撃ち殺された龍二!目が覚めると息子の身体に乗り移っており… 若いころから喧嘩ばかりしていた龍二、不良の聖地と呼ばれる場所で最強のチンピラと恐れられていたが、ヤクザと喧嘩した際にピストルで撃ち殺されてしまう。 だが目が覚めると見知らぬ少年の身体に転生していることに気付く。 その少年は16年前に捨てた妻、沢渡涼子の息子『憂作(ゆうさく)』の身体だった! なぜ捨てた妻の息子の身体に転生することになったのか? 転生後も喧嘩に明け暮れてしまう龍二 優作の身体 は、このまま憂作として第二の人生を歩み続けることになるのか? ただのヤンキー喧嘩漫画だけでなく、謎を残しながら進んで行くストーリーは、続きが気になって手が止まらなくなりますよ!• 12位:名門!多古西応援団 全21巻 所十三 月刊少年マガジンコミックス 強くて渋い男たちが集う!多古西応援団の活躍を描いた喧嘩漫画! 女らだけの家庭に生まれた胡女浩司(こめこうじ)は、男らしさを磨くために応援団に入部届を出す。 だが憧れていた応援団はオンナ好きのだらしない男たちばかりで…?! 彼は男らしさを磨くことはできるのか? 漫画はそれぞれの登場人物が主役になっている回もあり、幅広く登場人物の個性、キャラクター性を楽しむことができます。 ハッキリ言って作風は古いので、人を選ぶ漫画だと思います。 ですが笑いあり、感動ありの名作品といえますね。 応援団の活躍を描いた学園マンガ、一度だけでもチェックしてみてください。 11位:ジョーカー(アプリで全話無料) 無料で読める「ヤンキーゲームアプリ」で連載されている不良マンガ! アプリゲーム内で連載されているヤンキー漫画。 数分で済むチュートリアルを終わらせると、アプリ内で「JOKER 連載中 、JOKER ZERO 完結済 」の2作品を無料で読むことができます。 3作目の「GREED」も無料ですが、こちらはゲーム内でストーリーを進めないと読むことができません。 「JOKER、JOKER ZERO」は最初から全話読むことができますよ。 スマホゲームも面白いので、熱いヤンキー漫画が好きな方は是非チェックしてみてくださいね。 ギャグだけでなく、友情、恋愛、喧嘩、さまざまな要素が含まれているのも良いですね。 笑えて読みごたえがある作品が読みたい。 そんな方におすすめしたい学園マンガ!• 7位:カメレオン 全47巻 加瀬あつし 週刊少年マガジンコミックス 喧嘩は弱いがハッタリは一流?!元いじめられっ子のサクセスストーリー! 主人公の矢沢栄作は中学時代凄惨ないじめを受けていたが、高校入学をきっかけにヤンキーデビューをする。 持ち前のハッタリと強運を生かして、喧嘩が弱いことを隠しながら上手く成り上がっていくことに成功。 だが次々とトラブルや喧嘩に巻き込まれ… 喧嘩が強い奴との対決、元いじめっ子の登場、見所がたくさんあって飽きずに読むことができる名作です。 矢沢の弱さがバレそうでバレないおもしろさなど、困難を乗り越えていく過程は楽しめます。 少し下ネタ多めの学園、暴走族、ヤンキー漫画!• 5位:ろくでなしBLUES 全25巻 森田まさのり ジャンプコミックスDIGITAL ヤンキー漫画の最高峰!主人公・前田太尊の活躍を描いた喧嘩学園マンガ! 吉祥寺を舞台に描かれるヤンキー漫画作品。 帝拳高校に喧嘩が馬鹿みたいに強い『前田太尊』が入学してくる。 太尊は当然のごとく学園の揉め事に巻き込まれていきます。 入学早々、対立しあう応援団とボクシング部の抗争に挟まれる太尊。 彼に付き従う勝嗣と米示はどう動いていくのか。 喧嘩が強いことに加えて人柄の良い太尊は、揉め事を通しながらも次第に仲間が集まるようになっていきます。 生まれる友情、登場人物の描写、ヤンキー要素、学園、人間ドラマ、すべてが詰め込まれている作品ですね。 さまざまな人間模様によって奏でられる青春物語、『ろくでなしBLUES』をお楽しみください。 3位:道士郎でござる 全8巻 西森博之 少年サンデーコミックス 爆笑確実の全8巻!短いながら綺麗に纏まっている学園コメディ&ヤンキー漫画! アメリカのネバダ州から、12年ぶりに日本へ帰ってきた『桐柳道士郎』。 家族はアメリカナイズされていると予想しながら出迎えに行くが、なぜか道士郎は日本人もビックリするくらいの立派な武士になっていた。 通い始めた高校では、不良ヤンキーたちに「男の勝負」を挑み無敗。 強さから注目を浴びては大騒動を起こし、最終的には学校の範囲を超えて展開していきます。 普通の高校生・健助は、なぜか道士郎に見込まれてノリで『主君』になってしまい、いつ何が起こるか分からない騒動に巻き込まれていきますよ。 ハラハラ感、コメディ回による道士郎のズレた部分や演出は爆笑必至です。 全8巻という短さでサクッと読めるにも関わらず、読み終えた後には強い満足感を得られます。 不良、喧嘩、策略、笑い、ラブコメ、ヤクザとの戦い、武士 ? など、すべての要素が詰められた上に、最終巻では綺麗に締め括る構成の上手さが魅力です。 他の漫画家には描くことができないであろう、独特の学園コメディ&ヤンキー漫画になっています。 2位:東京卍リベンジャーズ 既刊16巻 和久井健 『タイムリープ』能力を身に着けた主人公が不良軍団の頂点を目指すヤンキー漫画! 主人公・タケミチは色んなことから逃げ続けあてのないフリーター生活を送っていました。 そんなある日、中学時代に付き合っていた唯一の恋人・ヒナタが悪名高い『東京卍會』に殺されたことをテレビで知ります。 現状に絶望していた彼ですが 『ある出来事』をキッカケに『12年前の中学時代』へタイムリープします。 過去に戻ったタケミチはヒナタを救うため『東京卍會』に迫り、未来を変えるため奮闘していきます。 普通のヤンキー漫画と異なりタイムリープ要素が面白いほか、サスペンス要素を織り交ぜておりワクワクする作品です。 1位:今日から俺は 全38巻 西森博之 少年サンデーコミックス 金髪の三橋とトンガリの伊藤の最強コンビが繰り広げる不良ヤンキー漫画! 千葉の軟葉高校を中心に描かれる不良ヤンキー漫画。 退屈な日常から脱却するべく、転校をきっかけにツッパリデビューをする決意をした三橋。 そして全く同じ日に、同じ考えで転校してきた伊藤。 2人は揉めるもすぐに意気投合し最強コンビを結成。 そんな2人が学校を卒業するまでの3年間を描いている作品です。 下ネタは殆どなく、恋愛要素は少々程度。 ストーリーの起承転結、登場人物が良く生かされていて『全38巻一度も飽きずに読み通すことができる』名作漫画です。 ギャグ回では思わず声を出して笑ってしまうほど面白い回が連発します。 全体的に笑いの要素が強く楽しめながらも、シリアス回では構成が練られており続きが気になりますよ。 喧嘩シーン、爆笑必死のコメディ回、微かな恋愛要素など、抜け目がなく今読んでも面白いですね。 自信を持って万人におすすめできるヤンキー漫画です。 スポンサーリンク 面白い不良ヤンキー漫画おすすめランキングのまとめ 以上、『不良ヤンキー漫画おすすめ作品』を独自ランキング形式でお届けいたしました。 数十年前の作品も混ざっていますが、今読んでも本当に面白い名作だけを選んでいるつもりです。 ランキング形式で順位付けしていますが、どの作品も読みごたえある漫画になっていますよ。 取り敢えず何か読んで見たいという方は上位の作品がおすすめです。 ぜひ一度試してみてください。 喧嘩、不良ヤンキー漫画は胸が熱くなりますね。 気になった作品があったら手に取ってみてくださいね。 一冊、五冊、十冊、ニ十冊、長編など、巻数別に完結漫画をまとめたランキング記事もおすすめですよ。 こちらもどうぞ。

次の

不良漫画で最強に面白い作品は?ヤンキー漫画の名言や最強キャラもご紹介!

ヤンキー 漫画

あらすじ 「この転校をキッカケに俺は…」今までさえなかった三橋は目立ちたい一心で金髪パーマでツッパリデビュー!そんな三橋の前にもう一人の転校生、トンガリ頭にマスクでキメた伊藤が現れて……。 金髪とトンガリ頭の最強ツッパリコンビが繰り広げる青春不良コメディ! 卑怯で金髪の三橋と頑固でトンガリ頭の伊藤の最強ツッパリコンビを堪能せよ 転校というタイミングで「今日から」ツッパリになることを決めた金髪で卑怯な三橋とトゲトゲ頭で真面目な伊藤の最強コンビの学園生活。 不良漫画なので当然のように他校と喧嘩もするし、それがメインでもあるんだけど半分ぐらいは学園・日常生活を描いていてそれがその辺のギャグ漫画よりもはるかにおもしろい。 鈴蘭の番長を目指す月島花の活躍を描く 携帯の電波も届かないような圏外から来た男・月島花が下宿先の仲間とともに史上初の鈴蘭制覇に乗り出す…という話。 クローズの世界の2年後を描いており、前作のキャラクターや外伝のキャラクターもどんどん出てきます。 ただし春道は出てこない。 それがよい。 クローズ同様世代交代の進め方が本当にうまい。 クローズでは1年生だったゼットンたちが3年になってどう卒業していくか…そして1年だった花たちがどう成長していくかがかなりおもしろいです。 また、前作から人気のあった武装戦線もよりクローズアップされております。 壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では6歳年下の店長からバカ扱い。 極めつけはドーテー……。 そんなどん底人生まっただ中のある日、12年前の中学時代にタイムリープする!! ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、ダメフリーター・タケミチが、関東最凶不良軍団の頂点を目指す!! ある日、電車事故に巻き込まれそうな瞬間に12年前にタイムリープしてしまったタケミチ。 元カノを救うために東京卍會に接触していく。 あらすじ 子どものころ、「勝針」という凄腕の彫り師に、命を助けてもらったジミーこと大西勝也。 その出来事をきっかけに、和彫りに魅せられた彼は、自らの手で自分の身体に和彫りを入れ、将来は「勝針」の元で修業し、世界一の彫り師になることを目指すようになる。 薔薇十字学園高校・工業科1年のジミーの周りには、彼を慕う仲間が多く集い、漢同士の闘いを繰り広げながら、熱い毎日を送っていく! 世界一の「彫り師」を目指すジミーがギャングたちとの抗争の中で力を模索する 世界一の彫り師を目指す通称・和彫りのジミー、ジミーの相棒で切れ者のバンコ、バイブを武器に戦う危険度No. 1のゾンビくん、優等生と族の頭2つの顔を持つキャンディ、弱いけど根性はあるサイコなど個性的な面々を抱えるバラ学メンバーがギャングたちとの抗争を繰り広げながら日々駆け抜けていく青春漫画。 登場人物に奇抜なニックネームがついてたり、ライバルがやたら哲学的なことを考えてたりと独特な世界観のあるヤンキー漫画。 作者の他の作品(ドリームギャングなど)の登場人物が出たりと他作品への広がりがあるのも特徴。 また、掲載誌を転々としてる作品でもある。 あらすじ 彼のように、強くなりたい!! そんな最低な毎日の中で、出会った秀人くんの圧倒的強さ! 「ボクも彼みたいに強くなりたい。 」そう思ったからボク、今日からツッパリデビューします!! 彼のように、強くなりたい!! そんな最低な毎日の中で出会った秀人くんの、圧倒的強さ! 「ボクも彼みたいに強くなりたい。 」そう思ったからボク、今日からツッパリデビューします!! 主人公の成長も面白いけど、数多くの暴走族がしのぎを削り出会い戦う群像劇としてみても面白い。 他のヤンキー漫画と大きく異なるのは主人公の拓はどこのチームにも属さないし喧嘩も強くないということ。 女にモテないヤンキーは、もうやめだ! ところが…。 童貞を捨てるためにあの手この手で女にモテようとするも結局は喧嘩三昧…という青春ヤンキー漫画。 GTOはこの作品があったからこそ。 不良の巣窟極東高校を締めていた鬼爆コンビがオタク以下とされるヤンキーから足を洗い、パンピーになる為の自主退学するも結局ずっとヤンキーという話。 英吉がマトイを来て暴走天使という暴走族と戦うところは超カッコイイ。 ちょっと残念なのは後半徐々に龍二見せ場が減り鬼塚に寄っていくこと。 といってもラストの2人は最高だけどね。 あらすじ スバル(南昴)・スー(周防直樹)・コータ(三沢耕太)の3人は、南大阪にある七里(ななさと)中の三羽烏と呼ばれた最強のゴンタクレ(悪ガキ)トリオ!! 人生の目的を見出しきれず苛立つ日々を過ごす彼等が、複雑に絡み合いながら三者三様に異なる道で『頂点』を目指すのだった。 男として、人間として、夢に向かって突き進む!南大阪を舞台に織りなすゴンタクレたちの「黄金色(ゴールド))」に輝くピッカピカ青春グラフィティ!! 3人の悪ガキとリアが別々の道を行きながらも複雑に絡み合っていく 喧嘩最強で施設育ちのスバル、親と喧嘩しながら音楽の道を目指す男前のスー、父の死をきっかけに極道の道に進むコータの3人。 親友だった彼らが高校に入り、それぞれの道へ進み、悩み、もがく青春を描く。 バラバラになった彼等の道が少しずつ絡み合っていくのが あらすじ 若さと無謀が交錯する街、東京・渋谷に「凶竜」と呼ばれた男、藤村新太郎が帰ってきた!! 最強不良集団「ZERO」の頭、桐生達也の「統一宣言」で、一気に血の匂いが充溢する渋谷!! 元・「ZERO」メンバーの新太郎は争いの渦中へ少しずつ…!? 無軌道な暴威が紡ぐ、ギャングスタ抗争物語が今、幕を開ける…!! 渋谷の凶竜とよばれた元不良・藤村新太郎が親友の渋谷統一を阻止するために立ち上がる かつて渋谷の凶竜と恐れられた主人公・藤村新太郎が渋谷に戻り花屋でバイトを始める。 そんな中、元親友で喧嘩集団ZEROの頭である桐生達也が渋谷統一を目指しはじめる。 抗争が激化する渋谷で新太郎も桐生を止めるために争いに巻き込まれていくという話。 あらすじ ニューウエーブヤンキー登場、じゃン!!オレ、矢沢栄作、高校デビューの新米ヤンキーだ!ハッキリ言って、チビでケンカも弱(よえ)ーけど、はったりと要領を武器に、のし上がってやンぜ。 まずは、名を売って有名どころの仲間入りヨ! お調子者の矢沢がハッタリと悪運と悪知恵で数々の危機を乗り切るカリスマ不良漫画 いじめられっ子だったが高校進学を機に不良デビューを果たした矢沢。 お調子者の性格や運の悪さから次々と諍いに巻き込まれることになるが数々の危機をハッタリと悪運と悪知恵で切り抜け不良たちのカリスマへと変貌していく… お調子者の成り上がりストーリーで、周りが勝手に勘違いしていくのは「エンジェル伝説」にも通じるところがあります。 僕が高校生ぐらいまでは床屋とかに必ずおいてある作品でした。 実は続編が結構出ている作品でもあります。 あらすじ いじめられっ子がある日目覚めると、超絶イケメンに?主人公・蛍介は学校で酷いイジメに遭っていた。 蛍介は人生をリセットする為、母を一人残し有名芸術高校に転校することを決意する。 一人暮らしを始めたある日、蛍介が目覚めると鏡の前には自分と正反対な「超絶イケメン」が立っていた! もう一人の「自分」を手に入れた蛍介は、昼はイケメンの体で学校に通い、夜はブサイクの体でバイトをする奇妙な二重生活を始める。 イケメンな自分と、ブサイクな自分、二つの視点から見る人々、そして社会を通じて蛍介はたくさんのことを学んでいくが・・・ XOYぶっちぎりの看板マンガ。 徹夜必至の作品 超いじめられてた蛍介がいじめから逃げるために転校。 ある日目覚めると超イケメンに…昼はイケメン、夜はブサイクの二つの身体を手に入れた蛍介が二つの視点から大きく成長していく。 XOYのぶっちぎりの看板作品でもあり広告にも使われているので見たことある人も多いのでは?いじめられていたブサイクがイケメンになると…という設定もまさにウェブ漫画という感じですが、読む前はいじめられっ子がイケメンになっていじめっ子へ復讐する胸糞漫画(ウェブ漫画あるある)かと思っていました。 しかし、いい意味で期待が裏切られる学園漫画です。 伝説の不良集団『紀伊浪』の一員だった元ヤン・矢沢正次が仲間の死と地元のためにヤンキーとして復活する ワカヤマを制覇した伝説の不良集団『紀伊浪』は少数精鋭の喧嘩チーム。 チーム解散から5年後それぞれが元ヤンとして仕事につき平凡な生活を送る中、『紀伊浪』リーダーが事故死。 また他の県からの襲撃などに巻き込まれ『紀伊浪』最後のメンバーだった矢沢正次が立ち上がる。 そして徐々に明らかになるリーダーの死にまつわる陰謀。 『紀伊浪』のメンバーを探しながら日本中を巻き込む喧嘩へと発展していく。 サムライソルジャー、GOLDの作者でもある山本隆一郎の新作。 タイトルのだささから読んでませんでしたが読むとかなり面白く寝不足に。 前2作もよりもテンポが良くサクサク進む物語。 元『紀伊浪』メンバーが出るたびに感じるワクワク感などかなり面白いです。 あらすじ 「SHONANセブン」……それは湘南地区の高校が「湘南最強」の称号を求め各校7人の代表でトーナメントを争う「悪ガキたちの甲子園」。 常勝校である「辻堂高校」には今年も数多のケンカ自慢が入学してくるのであった……。 鬼爆の母校・辻堂高校を舞台に湘南最強を決める不良たちの戦いが始まる 湘南の高校が湘南最強目指して7vs7のトーナメントを争い、優勝した7人は湘南セブンという称号とZ1Rを得ることができる。 前年覇者の辻堂高校の選抜に勝ち抜くために伝説とまで呼ばれた男の弟・黒神一輝が入学するという話。 原作者藤沢とおるで舞台が辻堂高校というかの「湘南純愛組」の鬼爆コンビの母校。 特に続編という感じはしませんが、時代が変わるとややダサくなってく不良漫画の中でこのスタイリッシュな感じは貴重。 現代の正統派不良漫画という感じです。 まとめ 数年前に比べるとかなり減った感じのするヤンキー漫画。 実際のヤンキー・不良は近寄りたくもない存在ばかりですが、漫画では熱い友情・バトルなどで私は結構好きだったります。 青春漫画の中の1ジャンルとして読むのもよいのではないでしょうか? あわせて読みたい• pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の