血圧を下げる サプリ。 血圧サプリはトクホを選ぶな!トクホを選ばない理由と本当のおすすめはこれ!

【高血圧の人必見!】血圧の薬とサプリの飲み合わせは問題ない?

血圧を下げる サプリ

こんにちは、ヨムーノ編集部です。 「血圧を下げる飲み物」と聞くと、特定保健用食品(トクホ)のドリンクをイメージし、「毎日続けては摂りにくい」と感じているかもしれません。 でも意外と、私たちにとって身近で毎日取り入れやすい飲み物の中にも、血圧を下げる効果が高いものが、実はたくさんあります。 今回は、血圧を下げる飲み物について、医学博士の渡辺尚彦先生に伺いました。 血圧を下げる飲み物で血圧は改善する? 高血圧には、遺伝や生活習慣などさまざまな原因があります。 たとえば、ストレス過多で交感神経が過敏に働いているため、血管が収縮して高血圧となっている場合は、飲み物だけでは改善は難しいものです。 ですから単純に「ある特定の飲み物を飲んだから下げることができる」と考えず、日常生活のさまざまな要因を見直すことも大切です。 また高血圧は、生活習慣が大きく関わっているため、血圧を下げる働きのある飲み物を気まぐれに時々飲むだけでは、大きな効果は期待できません。 そのためにも血圧が高めな方は、「血圧を下げる効果がある」だけでなく、「毎日、手軽に飲み続けることができる」飲み物を選ぶことが重要なのです。 この調査によると、お茶を1日に120ml〜599ml飲む人は、お茶を飲む習慣がない人に比べて、高血圧の発症リスクが46%低かったそうです。 さらにお茶を1日に600ml以上飲む人の場合は、65%も同リスクが低かったのだそう。 これには、いくつかの理由が考えられます。 緑茶に含まれるポリフェノール酸に強い抗酸化作用があり、血管の老化を防いだり、血管を詰まらせる原因になる悪玉コレステロールを減らしたりする効果があること。 緑茶に含まれるカテキンには、血管の収縮や血圧の上昇に関わる酵素の働きを抑える働きがあること。 また緑茶には、リラックス効果のあるテアニンという成分が含まれていて、緊張による血管の収縮を抑えることも理由と考えられています。 漢方薬の材料にも使われます。 杜仲茶(とちゅうちゃ)には、副交感神経を刺激するゲニポシド酸という物質が多いため、副交感神経を活性し、神経をリラックスさせて血管を広げる働きがあります。 さらにゲニポシド酸には動脈硬化を防ぐ働きもあります。 「ギャバ茶」 もうひとつ注目したいのが「ギャバ茶」。 ギャバ茶は、緑茶の一種で、アミノ酸を多く含みます。 抑制系の神経伝達物質として働くため、高めの血圧を改善する作用が確認されています。 また、杜仲茶(とちゅうちゃ)と同様に、副交感神経を活性します。 「血圧 お茶」と検索すると、効果の予測されるお茶がたくさん出てきますが、「植物由来が血圧を下げる」といった因果関係は、研究の途上です。 もしかしたら、これから新たな発見が出てくるかもしれません。 「ミネラルウォーター(硬水)」 血中の水分が不足すると血液中の水分が減り、濃縮されて流れにくくなり、高血圧や動脈硬化の原因になります。 とはいえ、一度にたくさん飲んでも必要な量以上は排出されてしまいますので、1回200ml前後を2時間おきくらいに飲むといいでしょう。 ただの水でもいいのですが、日本の水は欧米の水に比べてミネラルが少量しか含まれていない、いわゆる「軟水」がほとんど。 血液中のナトリウムの濃度が高い状態となっている高血圧の人は、ミネラルバランスを整えて、この状態を改善することが必要なため、できれば、マグネシウムやカルシウムの含有量が豊富な「硬水」がおすすめです。 「甘酒」 甘酒にも降圧効果があります。 甘酒に含まれるポリペプチドという成分が、強力な昇圧ホルモンの生成を抑える作用があり、その結果、血圧を拡張させて血圧をさげてくれます。 ただし、糖分が多く含まれるので、飲みすぎには注意してください。 「お酢ドリンク」 お酢に含まれる「酢酸」に血管を広げる働きがあり、お酢を飲むと血圧の上昇を抑えることができます。 実際に血圧が高め(最高血圧:130-159mmHg、最低血圧:85-99mmHg)の男女に食酢約15mlを含む飲料と、含まない偽飲料を1日1本(100ml)、10週間毎朝続けて摂取してもらったところ、最高血圧で平均6. 血圧対策「これ飲んでも大丈夫?」 「コーヒー」 コーヒーを飲むと、血圧は一時的に少し上がります。 これは主にカフェインが交感神経を刺激するためです。 ただしその状態が続くのは通常1時間以内で、繰り返し摂取すると身体に慣れ(耐性)が生じ、血圧の変化は小さくなるため、必ずしも高血圧に大きな悪影響があるとはいえないとされています。 ただし飲みすぎはカフェインや糖分の過剰摂取につながるため、注意しましょう。 適量を心がけるようにしてください。 「お酒」 アルコールと高血圧の関係はよく知られていますよね。 お酒の飲み過ぎは、それ自体が血圧を上げるとともに、降圧薬が効きにくい「治療抵抗性高血圧」の原因にもなります。 健康な人や高血圧の患者さんを対象とした研究でも、アルコールによって血圧が上昇し、飲酒を制限すると血圧が下がることが報告されています。 またアルコールそのものの悪影響に加え、アルコール飲料によるカロリーが高血圧を悪化させる肥満の原因になったり、つまみの塩分が血圧上昇の要因となったりする点からも注意が必要です。 一方、アルコールは、適量であればリラックス効果も期待できます。 飲酒している時期の血圧は、飲酒を制限している時期と比べて、日中は高くても夜間は逆に低く、24時間の平均値はほとんど変わらないという報告もあるほど。 摂りすぎは良くありませんが、あくまでも「適量であればOK」。 ただし、急激な温度の変化は交感神経を強く刺激するため、末梢血管が収縮して、血圧が上がるので注意が必要です。 お酒を飲むときは、キンキンに冷えたビールは避け、人肌ぐらいのぬるめの日本酒がおすすめです。 まとめ 私たちは、お水にお茶、コーヒー、ジュース、お酒など、様々な飲み物を口にしています。 飲み物は、調理が必要な食べ物と比べれば、暮らしの中で取り入れやすいものです。 さっそく、実践してみてくださいね! 【監修者紹介】 渡辺尚彦[ワタナベヨシヒコ] 医学博士。 東京女子医科大学東医療センター元教授、愛知医科大学客員教授、早稲田大学客員教授、日本歯科大学臨床教授、聖光ヶ丘病院内科医師。 高血圧を中心とした循環器疾患が専門。 1987年から連続携帯型血圧計を装着開始。 以来24時間365日、血圧を測定し続けている。 『血圧を下げる最強の方法(アスコム)』など著書多数。

次の

【2018年版】DHCの血圧を下げるサプリまとめ

血圧を下げる サプリ

青魚に含まれるDHA・EPA 青魚に多く含まれるDHA・EPAは、血圧を正常値に戻し、を下げる効果がありますので高血圧の対策をしたいならまずこの成分をしっかり摂取するべきです。 ナットウキナーゼ ナットウキナーゼは、納豆から抽出される成分で、血液をサラサラにする効果があります。 出来るならナットウキナーゼもDHAなどと同時に取りたいところです。 カリウム カリウムは、塩分を排出する効果があります。 体内の塩分を下げることはそのまま血圧を下げることにつながります。 むくみがちな人におすすめです。 酢酸 主にお酢などの成分で、高血圧はもちろん動脈硬化も抑制する作用が有ります。 体内に酢酸が入るとまずアデノシンと言う成分が分泌されますが、これが血液をサラサラにします。 また血管を広げる作用もあります 高血圧を下げる効果のあるサプリメントには、血圧を正常値にもどし、体質改善が期待できるものもあります。 血圧の改善には、生活習慣の見直しに加えて、高血圧対策サプリの併用がおすすめです。 高血圧の原因 高血圧の原因は、 栄養バランスの乱れ 慢性的な運動不足 ストレス 喫煙習慣 アルコール過多 などいろんな原因があります。 肥満、、脂質異常症と並んで、高血圧は、 「死の四重奏」という別名称があるほど実はキケンな病なのです。 (参考:) しかし、 高血圧は、食生活や運動などの生活習慣を改めることで、正常な値に近づけることが可能です。 高血圧だからと神経質になる必要はありません。 手遅れになる前にできることから高血圧対策を始めていきましょう。 しかし、高血圧は、初期段階では自覚症状がありません。 特に40代以降は注意! 症状が出る前に、しっかり対策をおこないましょう! 高血圧サプリの選び方 それでは、高血圧サプリの選び方をご説明いたします。 高血圧サプリは、やはり上記で紹介した血圧を下げる効果の高い成分がしっかり含まれたものを選ぶのがおすすめです。 また、継続して飲む必要がありますので飲みやすさや月々にかかる費用なども重要なポイントです。 高血圧サプリを選ぶポイント• 飲みにくくないこと• 毎月の費用が高くないこと• 血圧を下げる成分がしっかり含まれてること 高血圧サプリメント口コミランキングBEST7 1位 血圧が高めの方のタブレット 大手製薬会社の大正製薬から発売されている機能性表示食品の高血圧を下げるサプリ 「血圧が高めの方のタブレット」は、1日1粒で効果的な血圧対策が可能なサプリメントです。 血圧が高めの方のタブレットには 他のサプリメントには無いヒハツ由来ペピリンを配合してます。 この成分の働きによって血管が拡張され、血液をサラサラにし高血圧の改善に繋がります。 ヒハツ由来ペピリンの血圧改善効果は研究により認められており、臨床試験の結果、 1~2週間程度で高血圧が改善しています。 飲みやすい大きさと厚みにこだわっていることから、とっても気軽にヒハツ由来ペピリンを摂取することが出来ます。 すぐに高血圧を改善したいという方に是非ともオススメしたいサプリメントです。 血圧が高めの方のタブレット 仕様・価格 血圧が高めの方のタブレットは1日1粒で、高品質なヒハツ由来ペピリンを摂取可能です。 通常価格は3,500円となりますが、 初回に限り「定期お届けコース」を選ぶことで70%以上OFFの1,000円で購入出来ます。 (30粒30日分) 送料は毎回無料で、いつでもお届けをお休みすることが出来ます。 また 2回目以降も毎回10%OFFとなりますので、ずっとお得に血圧対策が可能です。 2位 さくらの森・きなり 健康サプリの老舗企業・さくらの森の販売する 一番売れている高血圧サプリメントがこの「きなり」です。 高血圧対策成分のDHA・EPA、さらに吸収を高めるアスタキサンチンを持つクリルオイル、血液浄化機能のナットウキナーゼが配合されていて、高血圧対策のためのサプリメントと呼んでもいいくらい高血圧を下げる成分をバランスよく配合している人気商品です。 「きなり」の主成分のDHA・EPAは、青魚が苦手な方でも、サプリメントですので臭みもなく、また飲みやすい小さな粒ですので毎日飲み続けるのも苦になりません。 この「きなり」は、数ある高血圧サプリメントの中でも一番人気!利用者全体の92. 3パーセントの方がリピートするほどの効果・続けやすさの人気商品です。 高血圧対策を始めたい人にぜひおすすめです。 きなり 仕様・価格 きなりは、 1日4粒でDHA・EPAが500mg(1日の推奨量の半分)がしっかり摂取できます。 今ならキャンペーン中ですので、 以下のリンクから購入すると1ヶ月1980円(1日66円)67%オフで購入できます。 (定期コースですがいつでも解約可能です) また、 15日間の完全返金保証もありますので、もし体に合わなくても返金してもらうことが出来ます。 3位 大正製薬・大正DHA・EPA 健康ドリンクや、その他健康アイテムでおなじみのメーカー、大正製薬が製造している高血圧を下げる効果のあるサプリメントが「大正DHA・EPA」です。 吸収率を高めるソフトカプセル状の独自技術で作られています。 気になる栄養成分は、DHA は400mg、EPA は200mg がしっかりと、まいにちカンタンに摂取できるのが、類似製品とは異なる大きな強みになっています。 また、品質劣化を最小限に抑える工夫がされており、1日分ごとにアルミ包装が施されているのもうれしいポイントです。 健康診断での血圧が気になり始めた人は、「大正DHA・EPA」を1度試してみてはいかがでしょう? 大正DHA・EPA 仕様・価格 大正DHA・EPAは1日5粒の30日分、通常価格は4,320円のところ、キャンペーン中により、10パーセントオフでお求め頂けます。 また、定期コース(初回時の解約可)での購入により75パーセントオフの1,080円でのご提供になります。 翌月以降の購入についても10パーセントオフの割引が適用されるほか、全国発送無料、支払いに関する手数料無料の特典付きです。 4位 ステラ漢方・肝パワーEプラス 累計販売本数が600万本を超える確かな実績がある高血圧対策にも期待できる高血圧サプリメントといえば、ステラ漢方の「肝パワーEプラス」です。 原料には、牡蠣の産地として知られる広島で収穫されたものを使用しているほか、紀州産南高梅、長野産ジャンボにんにく、と栄養バランスもバッチリの内容です。 顧客満足度も高血圧サプリメントの中では特に高めで、全体の95パーセントが高評価と実績面もバッチリ。 高血圧にを下げる効果をはじめ、加齢による健康トラブルの対策を検討している方はチェックしてみると良いかもしれません。 肝パワーEプラス 仕様・価格 1日あたり3粒で15袋入りの肝パワーEプラスは、通常価格1,620円での提供となります。 また、毎月先着100名限定でのお試し用も用意されており、3粒5袋入りなら、35パーセントオフの割引も受けられ、よりお手頃価格で使用頂けます。 ちなみに、通常価格なら15日間の全額返金保証もセットとなります。 5位 さくらの森・白井田七 累計本数が50,000本を超えるセールスを記録したサプリメントです。 生活習慣の乱れによる高血圧・コレステロール値が高い人の健康状態の改善が期待できるのが「白井田七」の特徴です。 その「白井田七」では、サプリメントの製造の際に余計な添加物を加えないことをはじめ、原料となる田七人参は完全無農薬の環境下で栽培しています。 希少材かつ良質な栄栄養素の宝庫である田七人参を効率的に摂取したい人にぜひ試して頂きたい内容に仕上がっています。 田七人参には、サポニン、フラボノイド、アミノ酸といった各種有効成分の宝庫として知られるアイテム。 女性のつらいとして、あるいは中年男性の痛風対策としても選択肢に入れてみるといいかもしれません。 「白井田七」は実績面でも定評があり、大手通販サイト楽天市場では、ウィークリーランキングでは7週間連続で首位を獲得しています。 白井田七 仕様・価格 白井田七は240粒入りで1ヶ月分が通常価格12,960円での提供となります。 広範囲に渡る健康トラブルに関して大きな改善が期待できるのが魅力です。 定期コースを選択すると初回購入時23パーセントオフの割引が適用されるほか、2回目以降の注文では10パーセントオフが継続します。 定期コース選択については、初回時の解約も可能です。 また、特典として、代引き手数料無料、白井田七を原料にしたお茶のプレゼントも用意しています。 なお、白井田七3コ同時のセット購入の場合は5パーセントオフの割引き、全国送料無料、そして15日間の返金保証の特典付きとなります。 6位 オメガプラス 生活習慣に関する健康トラブルのリスクを抑える健康成分、DHA・EPAを効率的に摂取できるのが「オメガプラス」というサプリメント。 その量は類似品と比較すると高水準で1日あたり660mgにも及びます。 「オメガプラス」の魅力といえば、配合される有効成分の量、そして、価格のバランスに優れている点が挙げられます。 アンチエイジングが気になる方にもうれしいスクワレンが同時に摂取できるのもうれしいポイントです。 高血圧を下げる効果のあるサプリメントとしても美容目的としても「オメガプラス」の利用を考えてみると良いでしょう。 オメガプラス仕様・価格 オメガプラスは120粒入りの1ヶ月分が通常価格1,851円でのご提供となります。 定期コースを選択すると、初回購入時から10パーセントオフの割引が適用されますし、携帯に便利なサプリメントケースが付属します。 また全国送料無料に加え、支払い手数料も無料の特典付きに。 希少な鮫肝油のサプリメント、オメガプラスを高血圧対策にも、美容対策にも同時に考えてみてはいかがでしょう? 7位 ハピネス・マンボウサンQ 「マンボウサンQ」は、マンボウ肝油を取り扱うメーカーが販売を手がける高血圧サプリメントです。 その特徴は、高血圧対策や、血液サラサラ効果を期待できる成分が豊富に配合されている点が挙げられます。 血液浄化機能として広くしられるDHA、EPAをはじめ、ドコサペンタエン酸のDPAもカバーしています。 また、美容系サプリメントにも含まれるコエンザイムキューテンも。 血液に含まれる脂質、コレステロール値を健全化する機能を持つのがマンボウ肝油の強み。 マンボウ肝油は手軽に手に入れられるものではない希少材のため、贅沢に使用している「マンボウサンQ」は検討してみる価値が大いにあるといえます。 マンボウサンQ 仕様・価格 1日あたり3粒で15日分のマンボウサンQは通常価格6,161円でのご提供となります。 初回購入者特典としては、通常価格27パーセントオフの4,525円で入手できるので、この機会にマンボウ肝油を試してみるのも良いでしょう。 さらに2袋まとめてのお求めの場合、初回購入者限定で50パーセントオフの特典付きになるほか、全国送料無料、30日の返金保証、サプリメントケースのプレゼントも同時に得られます。 しかし、早く効果を感じたいからと言って一度に多く飲み過ぎるのはいけません。 パッケージなどの 1日の容量よりも度を越して飲んでしまうと腹痛、吐き気、下痢などの症状が出てしまうことがあります。 こうなってしまえばせっかくの高血圧サプリメントの成分も身体に吸収されません。 ですので、 目安や容量というものは厳守しましょう。 1日に大量に飲むよりも継続的に飲み続ける方がより効果的です。 高血圧サプリを飲んでいても根本的な事がきちんとなされていないと血圧は下がりません。 これらの注意点に気を付けたいものです。 効果的に血圧を下げるためのポイント 高血圧サプリメントを飲んでいるのに中々血圧が下がらないと言う方、もっと効果的なやり方がるかもしれません。 今、飲んでいる高血圧サプリメントが効かないと決めつけてしまうのではなくて是非一度この方法を試してみてください。 まず考えられるのは 高血圧を何とかしたいからと言って、高血圧サプリを飲んでいるだけではないでしょうか? 脂っこい食事が多い 野菜をあまり食べない 運動はあまりしない タバコ・アルコールを控える気がない これではどんなに高血圧サプリメントの成分がよくても効果がでるまでにかなり時間がかかるとおもいます。 高血圧サプリメントはあくまでもサポートをするものと考えて、 元々の生活、食習慣を改善しないとその効果も発揮できません。 まずは食事、脂ものは少なくし、魚と野菜中心にして、エレベーターではなく階段を使うなどの工夫をすれば今の高血圧サプリメントの効果も違ってきます。 せっかく高血圧サプリメントを飲むのであれば、その効果は最大限に発揮させましょう。 でもどうして血圧が高いといけないのでしょうか? 血液は血管で運ばれますが 血圧が上がると血管に物凄く負担がかかってしまいます。 そしてその血管が破けたり詰まったりすると動脈硬化や心疾患、脳疾患、腎臓病を引き起こします。 高血圧は命にかかわる病気の元凶となります。 高血圧は様々な合併症を引き起こすのでできるだけ早めの対処が必要なのです。 高血圧だと運動するのが億劫になるので益々悪循環を引き起こしやすくもなります。 高血圧とは、 もっと身体を労わってほしいと言うサインなのかもしれませんね。 高血圧のガイドラインや基準値についてはこちらでも詳しく書いてますので参考になさってください。 多くの方が悩んでいる高血圧、自分自身が高血圧にならないためにはどうする事が重要なのでしょうか? 食事 もっとも重要なのは、食事です。 外食などが多いと油で揚げたもの中心になってしまい野菜はごく少量と言う非常に不健康な物に偏ってしまいます。 出来るだけ煮物や魚料理を選択して野菜は意識して多く摂りましょう。 特に青魚(アジ、サンマ)などがおススメです。 運動 次に重要なのは、運動です。 しかし運動と言っても毎日そんな時間が取れない方多いのではないでしょうか? 通勤途中に1駅前で降りて歩く、出来るだけ階段を使うなどというものでOKなのです。 毎日継続する事が大事ですから続けやすいものが一番ですね。 タバコ・お酒を控える タバコはできるだけ減らす、もしくは禁煙を。 タバコは血管を細くし、動脈硬化を早めます。 さらに症状が進むと心疾患や脳疾患などの重大な病気を引き起こす原因にもなりますので血圧が高い方は、真っ先に禁煙を考えるべきです。 この3つが高血圧対策にもっとも有効なポイントです。 高血圧といわれたら早めにこれらの対処を! 高血圧と診断されたら、こんなことに気を付けて! もしも健康診断や病院で高血圧だと診断された場合はどうするのが良いのでしょうか? 高血圧サプリメントだけではなくご自身の生活も見直す必要が有ります。 塩分を減らす まず、一番に対策したいのが 塩分を減らすこと。 味の付いているものにソースやお醤油をかけていませんか? これでは 血液中の塩分濃度が上昇してしまい血圧を上げる事になります。 味が足りないなと感じたらレモン汁、生姜やネギなどの薬味、お酢などを加えると塩分をカットできます。 また、初めは薄味だと思っていてもだんだん舌が慣れてきて薄味でも美味しくいただけるように変化します。 ストレスフリーの生活を! 更に現代人と切り離せないのがストレスです。 これも高血圧の大敵なので 溜めこまないで発散させることが大事です。 自分に合うストレス発散法を見つけるのは精神的にも良い事です。 高血圧サプリメントだけではなくこれらの項目に気をつけて生活をしていればまた正常値に戻る日もそう遠くはありません。 高血圧、効果的な改善方法は? 高血圧の改善方法、多くの方が気になっている事だと思います。 まずは 食事を健康的なものにして運動を心がける事が一番だと思います。 それに高血圧サプリメントの力が加わればかなり力強いものになります。 多くの方は病院で高血圧と診断されると思いますが、これと言った自覚症状が無い為放置しがちです。 しかし、合併症の心疾患や動脈硬化のリスクは高まる一方なので、 自覚のないうちのケアが非常に重要となっています。 決して先送りにせずに今すぐに高血圧ケアを実践してほしいのです。 塩分は最小限に抑えて青魚を多く摂るなど積極的に心がける事が改善方法だと思います。 病院で薬を貰っても基本的な生活、食習慣の改善は必要となってきます。 これらの改善策をより効率良く行うサポートをするのが高血圧サプリなので、高血圧と診断されたのならば飲まれてみる事をおススメします。 何も飲まないで高血圧ケアをするのとは結果が違ってきます。 それでは「高血圧サプリメント口コミランキングBEST7」として、今口コミで売れてる高血圧サプリメントをランキングでご紹介します。 是非参考にしてみてください。 日本人1日当たりの平均的な食塩摂取量は11~12グラム。 これは高血圧の人の減塩目標6グラムの約2倍に相当します。 これだけでも普段何気なく摂っている食事が、いかに塩分が濃いかということが分かりますね。 まだ高血圧でない人は、細かく食塩量を計算する必要はないでしょう。 しかし以下のことを心がけると、高血圧の予防につながります。 ・料理をするときはきちんと軽量する癖をつける ・塩や醤油の代わりに酢やからしなどの調味料を代用する ・味付けを薄くして香味料で風味をつける ・加工食品など塩分が多い食べ物は控えめに摂る カリウムが豊富な食べ物を摂ろう 塩分を過剰に摂取しない一方で、余分な塩分を体外へ排出してくれる食べ物も摂ることが大切です。 塩分を排出してくれる成分を カリウムといいます。 カリウムが多い食べ物には、ほうれん草やかぼちゃ、里芋、納豆、バナナなどがあります。 食べ過ぎを防ぎ、肥満を予防するには自分がどれだけ食べていいかの目安になる「適正エネルギー」を知っておくと便利です。 適正エネルギーは、以下の公式で求められます。 中でも気を付けたいのが、アルコール類です。 アルコール類を飲んだ直後は、心臓抑制・血管拡張によって血圧を下げる作用があります。 しかし二日酔いになるころには、血管収縮作用が働いて血圧を上げてしまうのです。 さらにアルコールの利尿作用で血液がドロドロになることも加え、心臓に負担がかかり、血圧を上げることとなります。 こうしたことから、高血圧の予防には節酒がおすすめです。 1日に飲むお酒は1種類にすることや、休肝日を設けるといったことから始めてみましょう。 実は喫煙中には、急激に血圧が上がっているのです。 さらにタバコには心筋梗塞や肺疾患というリスクもあります。 こうした点からも禁煙や節煙を心がけることは大切です。 まずは浴室の環境に注意しましょう。 寒い脱衣所から急に熱い湯船に入ると、一気に心臓への負担が増し血圧を上げてしまいます。 お湯の温度が高いと、より高血圧につながるので要注意です。 そして意外にも、人間関係も急激に血圧を上げる原因とされているのです。 仕事も人間関係も1日の大半を占める要素です。 イライラして言い争ったり、ストレスをため込むと、慢性的に血圧が高い状態が続くことになります。 高血圧の予防には、仕事中も適度に休憩を入れることや、ストレスをため込まない環境を作ることが大切です。 寝室の環境を整えて質の良い睡眠をとることも、ストレス解消につながるでしょう。 肥満の人は先述の標準体重を求める公式で、自分に合った体重を確認してみましょう。 そして標準体重をオーバーしている場合は、まず 1か月マイナス1キロ・計マイナス3キロを目標に減量に取り組んでみましょう。 リバウンドは体への負担を増やすため、過激なダイエットは控えてください。 最終的には20代のころの体重に戻すのが理想的とされています。 高血圧の予防のためには、ウォーキングをはじめとした有酸素運動を生活習慣に取り入れるようにしましょう。 1日40~50分程度の運動を週に4~5回行うのがおすすめです。 正しいウォーキングの方法 まずは準備運動をしましょう。 膝の屈伸や上体回しなどで筋肉や腱を伸ばし、筋肉の稼働範囲を広げてください。 歩くときには、以下の点に注意しましょう。 ・背筋を伸ばして下腹部を引き締める ・視線は前方に向け、少し遠くを見るようにする ・歩幅は大きめに取り、かかとから着地するようにする ・無意識に息を止めないよう、呼吸にも意識を傾ける ・軽く息が弾む程度の速度で歩く ウォーキングが終わった後もストレッチをしましょう。 疲れが取れやすくなりますよ。 高血圧になる2つの原因 血圧の仕組み 血圧とは、心臓から送り出される血液が血管の壁に与える圧力のことです。 心臓が収縮して血液を送り出すときの血圧のことを 「収縮期血圧」といい、このときの血圧が最も高くなります。 そして心臓が拡大して血液が心臓へ戻っていくときの血圧を 「拡張期血圧」といい、このときの血圧が最も低くなります。 病院の検査で血圧の数値を2つ言われるのはこのためです。 そして血圧が上がる原因は、大きく分けると2つあります。 ひとつは「血管の老化」、もうひとつは「自律神経やホルモン、ナトリウムの作用」です。 高血圧の原因:血管の老化 若い時の血管は壁に柔軟性があります。 しかし、老化してくると壁が硬く、もろくなってしまいます。 そのため血圧に耐えられなくなり、血流が悪くなり心臓に負担が増してしまい、さらに血圧が上がるという悪循環にはまってしまうのです。 血管が老化する現象を、一般には 「動脈硬化」といいます。 動脈硬化は老化によって誰にでも起こりうることですが、一方で肥満によっても起こります。 そのため血圧が高めで肥満の人は、「食べ過ぎに注意しなさい」「運動しなさい」と減量を勧められるのです。 高血圧の原因:自律神経・ホルモン・ナトリウムの作用 血圧は、朝に測るのと夜に測るのでは数値が異なり、常に変化しています。 つまり、ひとつひとつの環境の変化が血圧に大きく影響を与えているのです。 そして血圧の変化に働きかける3つの要素に自律神経・ホルモン・ナトリウムがあります。 自律神経とは、自分の意思とは関係なく働き、臓器や血管をコントロールしている神経のことです。 自律神経には交感神経と副交感神経の2種類がありますが、血圧を上げるのは 交感神経となります。 交感神経は興奮時やストレスによって活発になる傾向にあります。 そして交感神経の活性化によって分泌されるホルモンにも、血圧を上げる作用があります。 こうしたことから、ストレスがたまる生活環境は高血圧になりやすいといわれているのです。 そして最後はナトリウムです。 ナトリウムとは、食塩に含まれる代表的な成分であり、体内には血液中のナトリウム濃度は一定に保つ仕組みがあります。 もしも塩分の濃い食事を摂った場合、ナトリウム濃度を保つために血液量を増やさなければなりません。 これが心臓への負担となり、高血圧の原因になることから、血圧を上げないためには減塩を心がけなさいといわています。

次の

血圧を下げる食べ物 一覧表 | 血圧 正常値

血圧を下げる サプリ

こんにちは、ヨムーノ編集部です。 健康診断で必ず測定する血圧。 病気知らずの健康な暮らしを送る上で、安定した血圧を保つことは重要です。 血圧は、どういう時に上がって、どういう時に下がるのでしょう?また、血圧を下げるために必要なこととは? 今回は、血圧を下げるために知っておきたいことについて、「ミスター血圧」こと第一人者の渡辺先生に教えていただきました。 【監修者紹介】 渡辺尚彦[ワタナベヨシヒコ] 医学博士。 東京女子医科大学東医療センター元教授、愛知医科大学客員教授、早稲田大学客員教授、日本歯科大学臨床教授、聖光ヶ丘病院内科医師。 高血圧を中心とした循環器疾患が専門。 1987年から連続携帯型血圧計を装着開始。 以来24時間365日、血圧を測定し続けている。 『血圧を下げる最強の方法(アスコム)』など著書多数。 血圧を下げる方法とは? さまざまな病を引き起こすとされる高血圧。 高血圧の原因は、主に不規則な生活と、生活習慣が重なることで引き起こされると言われています。 そもそも高血圧ってどれくらいをいうの? 血圧にはちょうどよい高さがあり、高からず、低からず、が理想です。 そのちょうどいい高さを「至適血圧」といい、上が120mmHg未満、下は80mmHg未満。 これが、血圧に負担をかけない最も良い状態です。 140mmHg以上、下は90mmHg以上になると、高血圧と診断されます。 日本人では、高血圧の方は約4,000万人いると言われています。 日本人の3人に1人が高血圧ということです。 60歳以上になると、2人に1人と言われます。 血圧って、どういうときに上下するの? 血圧は、気温に大きく関係します。 たとえば、寒いと血管が縮むため冬は血圧が上がる傾向がありますし、外気と室内の温度差でも変化します。 血圧を測る場所が寒いか、暖かいかでも測定数値に差が出ます。 冬に外出先から帰宅し、寒い室内ですぐにコートを脱ぐと、体が急激に冷えた環境に置かれ血圧が上昇します。 上着を脱ぐときには、お部屋を温めてから脱ぐようにすると血圧は穏やかなまま保たれます。 さらにわかりやすい例なら、サウナから水風呂に入るといった急激な温度差に体をさらすと、血圧は上昇します。 もう一つ、血圧が上がるひとつのパターンに、ストレス解消のために過食を繰り返すケースがあります。 このストレスが、自律神経を刺激して血圧をあげてしまう原因となります。 内臓脂肪の蓄積による肥満で血圧が高くなり、さらにストレスで血圧が上がるということになってしまいます。 また、血圧は、交感神経の活動が優位のときに上がり、副交感神経が優位なときは下がります。 白衣高血圧といって、病院で白衣の医師や看護師を目の前にした時に一時的に血圧や脈が高くなることがあります。 緊張で交感神経が活発になるからです。 このように、血圧は測る環境によっても影響を受けるのです。 血圧を下げるために 血圧を下げるためには、食生活から運動まで、生活習慣の見直しが大切です。 言い換えれば、生活習慣は血圧に大きな影響を与えるのです。 ただし、健康のための習慣とはいえ、負担が大きすぎると無理が生じて継続が難しく、日々の暮らしに取り入れにくくなってしまいます。 できるだけ続けやすい心がけや改善で、高血圧になりにくい体を作りましょう。 血圧を下げるために大切な、減塩・運動・肥満防止のための方法をご紹介します。 しょうゆは日本食の味付けの要なので、日本の食事には欠かせない大切な調味料ですが、実は塩分のかたまりです。 でも、一切口にしないという選択肢は不可能なので、できるだけしょうゆを摂らないために徹底すべきルールを守り、あとは食事を楽しむことも大切です。 すぐに実行できることであれば、• しょうゆで味付けされた汁は飲まない ラーメンやうどん・そばのスープ、すまし汁などを一滴残らず飲み干してしまう人は、これからは一口すすったら残しましょう。 しょうゆをかけない 減塩のためには、調味料を使うとき味を薄めにすることが前提ですが、料理に直接しょうゆをかけるのをやめてみましょう。 代わりに、かけるのではなく「つける」習慣をつけると良いでしょう。 小皿に少量注いだしょうゆに、ほんの少しだけ刺身をつけるようなイメージです。 香辛料を上手にコントロールする ハーブやスパイスなどを利用して料理を楽しむこともひとつの手。 クミンなどの香りと野菜の旨味は相性が抜群。 減塩するなら夕食より朝食に 朝食と血圧は密接に関わっています。 朝食を抜くことは、血圧の上昇を促してしまうので、必ず朝食を摂りましょう。 減塩を意識するなら朝食時。 起床後は、レニン、アルドステロン、アドレナリンやノルアドレナリンなど、血圧を上げるホルモンがたくさん出ている時間帯です。 この時間に塩分を摂りすぎると、血圧は上昇します。 血管を柔らかくする物質を含む食品を食べる 血管を柔らかくする物質=NO(一酸化窒素)を多く含む食品を食べることで、高血圧対策ができます。 たとえば、NO(一酸化窒素)を多く含む食品には、赤身のお肉(ヒレ牛、豚、ラム、馬) 、魚(マグロ、カツオ、鮭) 、乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)、卵などがあります。 血圧を下げる食品を食べる 甘いものの食べ過ぎは体に良くないといわれますが、一方で疲労回復や血圧低下を促す役割のある食材もあります。 たとえば、「ピーナッツ」です。 毎日皮付きピーナッツを20粒食べると血圧が8mmHg下がるという研究結果があります。 また、おやつを食べるなら血圧を下げてくれる「チョコレート」がおすすめ。 チョコレートに含まれるエピカテキンというカカオポリフェノールに、血圧を下げる効能があります。 さらに、「フルーツグラノーラ」も血圧を下げる食品です。 飲み物にも、血圧を下げる効能があるものがあります。 それは、「ギャバ茶」や「杜仲茶」。 そして、「ぶどうジュース」です。 毎日ぶどうジュース200ccを3杯飲むと血圧が4mmHg下がるという研究結果もあります。 注目の「お酢」を日常に取り入れる 近年、注目を浴びているのが「お酢」です。 血圧を下げるための「お酢」を、具体的に使う方やアレンジ方法についてチェックしてみましょう。 カリウムを含む野菜や果物を摂取する カリウムは、ナトリウムとのバランスを取りながら血圧を調整する役割があります。 カリウムはナトリウムと一緒に浸透圧を維持し、余分なナトリウムを排出するため、血圧上昇を抑制するはたらきがあります。 カリウムが多く含まれる食材は、パセリ、アボカド、ほうれんそう、大豆、ひじき、きのこ、雑穀、納豆、モロヘイヤなどです。 これらの野菜や果物を積極的に摂るとよいでしょう。 それだけでなく、運動は、血圧を上げるホルモンを減らし、血圧を下げるホルモンを増やす作用があり、血栓ができにくくなります。 さらに、悪玉コレステロールが減少し、中性脂肪の減少、血糖値の低下といった効果まであります。 特に「足を使う有酸素運動」は、血圧を下げるのに効果的です。 日常生活の中で歩くことを意識するだけでも、立派な有酸素運動です。 ウォーキング 日常の中で無理なく行うことが大切です。 サイクリング 足腰の負担が少なく、疲労感も感じにくいので日常に取り入れやすいでしょう。 水中ウォーキング 水の抵抗と浮力で、体に負担なく程よい運動となります。 スロージョギング 時速4〜5kmで、歩幅を狭くして走ります。 後ろ足を蹴り上げないようにするのがコツ。 このように、生活習慣で、血圧を下げることが可能です。 急に運動をすると血圧が上がりやすくなるので、運動前にはウォーミングアップをしましょう。 また、運動の前後には「ストレッチ」を行うと、怪我の予防や疲労回復にもなります。 1日の始まりに、手足をぶらぶらと動かすだけでも、血圧を簡単に下げることができます。 起床して急に立ち上がると血圧が上がるので、目が覚めたら布団の中で手足をゆらゆらと動かし、血圧を整えてからゆっくりと起き上がりましょう。 ストレスを感じると交感神経が活発になり、血流が増えて血圧が上がってしまいます。 ストレスが蓄積され続けると、高血圧の発症にもつながる場合があるため、ほどよく対処することが必要です。 健康診断や外来診療などで見落としがちな「仮面(隠れ)高血圧症」という症状もあります。 これは、病院で測ると正常値でありながら、働いている職場にいる時だけ血圧が上がるという血圧状態のこと。 仕事のストレスで、こうした「職場高血圧」になる人もいるのです。 十分な睡眠をとる 睡眠中は副交感神経が活発になるため、血圧が下がります。 しかし、十分な睡眠がとれないと、睡眠中の交換神経が活性化し、副交感神経の働きが低下するため、血圧が上昇してしまいます。 また、仰向けに寝ると軟口蓋が重力で下がり気道がふさがってしまい、連動する形で血圧が上昇します。 横向きに寝ると、それが発生せず、血圧の上昇が抑えられる可能性があります。 禁煙をする 喫煙をすると交換神経が優位になり、血管の収縮が起こります。 血圧を下げるためには、喫煙は厳禁です。 アルコールは適量で嗜む程度に アルコールは少量であれば血圧は低下しますが、飲みすぎると翌朝の血圧を上昇させてしまいます。 まとめ 最近では、「無塩レシピ」なども幅広く認知されてきて、減塩の大切さは十分に理解しているという人も多くなってきたのではないでしょうか。 しかし、肝心な減塩方法を実行できている人は多くはありません。 無理に塩分を取り除いておいしさを欠いた食事をするよりも、食材の風味を楽しみながら継続することが大事。 高血圧を下げるためには、普段の小さな意識や心がけの積み重ねが最も大切なのです。

次の