フレッシュネス バーガー タピオカ。 緑茶とタピオカミルクで甘さ控えめな「タピオカジャスミン緑茶ミルクティー」や豚バラとろける「トンポーローバーガー」など試食レビュー

【フレッシュネスバーガーのタピオカ第二弾】待望の〇〇味が発売!また期間限定なので急いで! | セカタピ~世界一わかりやすいタピオカの選び方・注文方法・インスタ映えの極意~

フレッシュネス バーガー タピオカ

コロワイドグループのフレッシュネスが展開するハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」は、10月23日から、全国の店舗 一部除く でホットの「タピオカ チャイミルクティー」「タピオカ 抹茶ミルクティー」「タピオカ 黒ウーロンミルクティー」 各420円税込 を販売開始した。 フレッシュネスバーガーは今年6月から「タピオカミルクティー」を展開し、これまでに約45万杯を販売するなど、人気を獲得している。 今回は、これまでコールド限定だった各商品を、ホットでも提供開始する。 各商品の概要は以下の通り。 フレッシュネスの「チャイ」はシナモン、クローブ、ナツメグなどのスパイスを効かせた豊かな香りとほど良い甘みが特徴で、根強いファンが多い一品。 ミルクとタピオカとの相性も良い。 ポリフェノールやカテキンが含まれる。 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の

フレッシュネスバーガーでタピオカミルクティー3品、「チャイ」「抹茶」「黒ウーロン」(食品産業新聞社ニュースWEB)

フレッシュネス バーガー タピオカ

フレッシュネスバーガーのタピオカドリンク フレッシュネスバーガーからは、期間限定で3種類のタピオカドリンクが出ています。 抹茶、チャイミルクティー、黒ウーロンミルクティーの3つです。 評判や口コミは賛否両論ですが、実際どうなのでしょうか・・? 今回はチャイミルクティーと黒ウーロンミルクティーの2種類を飲んでみました! まずはチャイミルクティーから・・。 甘い、甘すぎる。 チャイの香りはいい感じだけど、それ以上に甘々。 甘党じゃない私にはちょっときつい甘さ。 でした。 (笑) 甘党の方は試す価値あるかも。 私は飲み干せませんでした・・。 お次は黒ウーロンミルクティー!!! こちらは正反対で全く甘さがありません!!!!! どうやらお好みでガムシロップを足して甘さ調整ができるようです。 これは良いシステム!!!チャイもそうしてくれ。 黒ウーロンティーの香りも悪くない。 そして肝心のタピオカくんは・・・? 微妙(笑) 5段階評価でいうと2です! もちもち感はなく、噛むとぶちっとちぎれてしまいます。 白玉的な。 (笑) ということで、トータルで見てあまりオススメできる味ではありませんでした。 すみません、フレッシュネスバーガーさん。 並ばずに手軽にタピオカが飲みたい!!!という方は試しても良いかもです〜! おわり.

次の

フレッシュネスバーガーでタピオカミルクティー3品、「チャイ」「抹茶」「黒ウーロン」(食品産業新聞社ニュースWEB)

フレッシュネス バーガー タピオカ

6月から販売されていた『フレッシュネスバーガー』の タピオカドリンク。 買いに行くと売り切れだったりとタイミングが合わず飲めていなかったのですが、新発売の タピオカチャイミルクティーをやっとゲットできたので、飲んでみました! フレッシュネスバーガーのタピオカ飲んでみた 今回飲んでみたのは『フレッシュネスバーガー』の『タピオカ チャイミルクティー』。 『タピオカ チャイミルクティー』の他にも、フレッシュネスバーガーでは『タピオカ 抹茶ミルクティー』、『タピオカ 黒ウーロンミルクティー』が販売されています。 では、さっそくタピオカをチェックしましょう。 見た目は他店に比べるとしっかり黒いですね。 真っ黒です。 専門店に比べると大きさはやや小粒。 ファストフード他店の平均くらいです。 食感は弾力がありモチっとしています。 跳ね返りというより、噛み応えのあるタイプです。 粒の個体差も少なく安定しているのが好印象。 食べてみるとチャイミルクティー独特のシナモンの香りとしっかりした甘さを感じられました。 タピオカ チャイミルクティー では、『タピオカ チャイミルクティー』をいただきます。 ・・・・・・ 甘い!!!!! え、これ合ってる? と思うくらい甘いです。 その場にいた数人にも飲んでもらいましたが、満場一致で「甘い」という感想なので、筆者の思い違いではなさそう。 なんというか、 眠気が吹っ飛ぶほどの甘さでした。 チャイミルクティーなのでシナモン、クローブ、ナツメグなどのスパイスの香りがしっかりと感じられて、タピオカと相性良し。 タピオカ自体は専門店に引けを取らないクオリティーでもちもち食感も申し分ありません。 タピオカの量もしっかり入っているのが嬉しいですね。 味やタピオカはおいしいのに、「もしかして、店員さんがミスったのかな?」と、思うほどにめちゃめちゃ甘かったのが残念でした。 次は「タピオカ 黒ウーロンミルクティー」をチョイスしようと思います。

次の