ぬるぽサッカー。 久保を移籍金ゼロで獲得できて笑いが止まらないレアルファン(海外の反応)

長谷部誠の年俸推移やプレースタイルを解説!海外の反応や評価を紹介!

ぬるぽサッカー

・この4つの原石を合わせて1400万ユーロ(約17億円)以下で獲得したのは凄いことだよな。 ・カゼミーロを合わせても2000万ユーロ以下。 ・我々のスカウト部門は精鋭だと言っていいだろう。 ・ペレスのこいつらを集めるように進言した奴はMVP。 ・みんながペレス叔父さんを批判していたくせに。 ・そしては、、に合わせて3億ユーロ使ったのに、みんな期待外れ。 既に彼はワールドクラスの選手でリーグやCLで優勝経験があった。 クロースと比べたら久保は何者でもない。 誰にも分からないさ。 明らかに今の時点ではクロースの方が「特売品」だ。 ・久保がレンタルから戻った時にどのようなパフォーマンスをするか見てみよう。 ・レアルのスカウトがここまで優秀で、のスカウトがここまで無能なのは狂っている。 ・ウーデゴーアはいくらだったの?彼は高かったと思ったが。 ・ウーデゴーアは怪我をしている... たぶん手術が必要。 tokyofever.

次の

久保を移籍金ゼロで獲得できて笑いが止まらないレアルファン(海外の反応)

ぬるぽサッカー

日本サッカー協会はこの度、2019年シーズンにおける判定基準を示す「競技規則スタンダード」の解説映像を公開しました。 この映像は、試合中の選手のプレーや審判員の判定をサッカーファミリーの皆さんと共有し正しく理解してもらうことを目的に、競技規則の解釈、適用についてわかりやすく説明したものです。 なお、この映像は、Jリーグ全クラブ及びメディアの方々をはじめとする多くの関係者にも共有されているものです。 ぜひご覧ください。 映像での「競技規則スタンダード」の説明は2017年からスタートし、今年が3年目となりました。 今回の映像では、ハンドリング/オフサイド/著しく不正なプレー/PK時のGKの反則について、日本サッカー協会レフェリーグループの上川徹シニアマネージャーが詳しく解説しています。 もう少し冷静になるべきでしたね 「議論の対象になるようなジャッジについては必ず公式の評価を明示してもらいたい」 この点については同意します ただ、レフェリーブリーフィングもそうですが、情報を事細かに公開すると本来の意図(ルールの理解や、審判団の改善)よりも特定の個人 主に審判団 を攻撃する材料に使われがちなのが、二の足を踏む要因かと感じます 少なくとも本動画やジャッジリプレイなど、ここ数年でJリーグの判定について情報は増えているので、これからの活動に期待したいところです あと、補足しますと、残り3割はすべて誤審だったわけではなく、正誤の判断が付かない(映像の角度が悪かったりブラインドになったりで正しく判断する材料に乏しい)ものも含まれます• livedoor. ameblo. html 他の有識者の意見もしりたいところだけど、少なくともこれは競技規則をあてはめると納得のいく内容ではある• 13,295• 733• 870• 999• 1,260• 928• 1,203• 960• 1,068• 431• 672• 856• 957• 1,051• 1,159• 936• 1,160• 828• 469• 9,652• 577• 580• 374• 704• 331• 750• 738• 346• 674• 581• 750• 347• 753• 671• 475• 271• 530• 452• 336• 779• 601• 110• 2,288• 128• 536• 114• 308• 474• 104• 1,118• 227• 1,904• 1,588 月別.

次の

Early cross

ぬるぽサッカー

森保監督 マジョルカ久保の成長称賛 森保監督は「一言で言うと、ほんとに成長している」と目を細め、「最初はなかなかボールが集まらなかったが、自然と建英にボールが集まるようになって試合の中での存在感を発揮している。 日常に私がいるわけではないですけど、映像を見ている限りでは、今シーズンスタートと今とでは全くチームの信頼度が違うなと思う」と評価した。 直近の12日のセビリア戦のプレーを「かなり疲れていた。 彼も満足いくようなプレーじゃなかったと思う」と指摘。 過密日程で状況は過酷だが、 「タフに戦っていけるかどうかということは(代表でも)凄く重要なポイント。 建英にはそういうところを培ってもらいたい」と願った。 ポイチからありがたい御言葉もらえたな 怪物ハーランドらとともに英メディアが注目「ドリブル成功数も多い」 海外サッカー、スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英。 リーガ・エスパニョーラで非凡な才能を見せつける19歳は、他国の期待の若手とも比肩する存在と評価されているようだ。 ドルトムントのFWアーリング・ハーランドらとともに、英メディアが格付けしたランキングに登場。 ティア4に分類され、「マジョルカで大きな輝きを放っている」と報じられている。 久保ら期待の若手をランク付けしたのは、英サッカー専門メディア「フットボール・デイリー」のYouTubeチャンネルだった。 司会を務めるジョー・ソムリンソン氏が、14選手を5つのティア(段階)で分類。 怪物ハーランドやバイエルンのMFアルフォンソ・デイヴィスらが最高評価のティア1に入る中、久保はティア4に名前があげられている。 ソムリンソン氏は動画内で、「クボはまだ19歳ですが、レンタル先のマジョルカで大きな輝きを放っています。 4ゴール4アシスト、ドリブル成功数も多い」と評価している。 しかし一方で、まだレンタル元のレアル・マドリードで成績を残していないことを理由に「ティア2や3の選手のレベルにまでは達していないのではないでしょうか」とも言及されている。 上位のティアに分類すべきとの声も「センセーショナルな活躍を見せている」 英メディア「ギブミースポーツ」は、ソムリンソン氏のランク付けを記事で紹介。 久保の評価については、もっと上のティアに分類されるべきだと伝えている。 「ここ最近のパフォーマンスに基づけば、タケフサ・クボを少なくともティア3にランクさせるべきだという議論になるだろう。 レアル・マドリードからマジョルカへレンタルされている日本の攻撃的MFは今季、時折ではあるがセンセーショナルな活躍を見せている」 いずれにしても、久保の実力は英国でも注目されているようだ。 なお、ソムリンソン氏のランク付けは以下の通り。 『朝鮮日報』など複数の韓国メディアが報じている。 自身にとってはキャリア初の偉業となり、プレミアリーグではアジア人選手初となる金字塔を打ち立てた。 韓国紙『ハンギョレ』が「やはりソン・フンミン! 」と見出しを打てば、『スポーツソウル』は「欧州5大リーグの最高ストライカーたちと肩を並べた」と称賛。 なお、プレミアリーグでの二桁得点は4シーズン連続。 今季は公式戦通算でここまで17ゴール12アシストを記録している。 ソース Yahoo!

次の