麻生太郎 総資産。 2/3 まねてはいけない!政治家たちの資産運用術 [資産運用] All About

麻生太郎の「金持ちである」の噂検証

麻生太郎 総資産

昨年12月(2014年)に当選した衆議院議員475人の資産が25日(2015年5月)に公開された。 上位10人はいずれも自民党議員で、1位は鳩山邦夫議員の30億6520万円、2位の神山佐市議員9億6763万円との差が20億円以上もあった。 現役大臣のトップは麻生太郎財務相の4億5761万円、安倍晋三首相は21位で1億5229万円だった。 「預貯金は定期だけ」「家族名義除外」「土地・建物は標準価格」 資産公開法で公開の対象となる資産は預貯金は定期のみ、土地・建物は固定資産税の課税標準額で実勢価格ではない。 このほか、上場株、ゴルフ会員権、100万円を超える車などとなっている。 普通預金や自宅で保管する預金、家族名義の資産は公開の対象になっていないうえ、虚偽記載に対する罰則規定もない。 ロバート・キャンベル(東京大教授)は「何のために公開しているのか」と次のように指摘する。 「毎回、なぜこんな資産公開をするのか疑問に思うんです。 公開している自宅の土地や建物、ゴルフ会員権からお金が発生するわけではない。 逆に貸付金とか借金は除かれている。 政治家としては、むしろこうしたお金の流れの方に意味があるはずです。 アメリカの議会は罰則付きで、所有している会社とか金融資産とか、どこかに繋がっているお金のやり取りを厳しくチェックしています」 「日本の政治風土、文化のなかには、お金をたくさん持っていることは悪いこと、そのランクを悪い順番と思っているところがありますよね。 その感覚はちょっと時代遅れではないかと感じています」 悪い金があるから国民の目から隠そうとするのか、隠そうとするから国民は悪い金と考えるのか。 政治家自ら罰則規定を設けてクリーンな資産公開にしてほしい。

次の

麻生太郎

麻生太郎 総資産

ロスチャイルド家の家系図 ロスチャイルド家とは、 ヨーロッパを中心に繁栄した 財閥・貴族の事を言います。 圧倒的な富を持っており、 世界の権力者とのコネクションがあり 多大な影響力を持つ一族でです。 ロシアの皇族のロマノフ家• アメリカの財閥のモルガン家• 日本の政治家などなど 私のような一般人では 到底会う事ができない人たちと つながりを持っています。 ロスチャイルド家の始まり しかし、元々は市民権すらもなかった どん底からのスタートなんです。 ロスチャイルド家はドイツのフランクフルト、 ゲットーと呼ばれるユダヤ人住居区から 始まったと言われています。 マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが ロスチャイルド家の初代当主です。 彼はドイツの名門貴族ヘッセン家の ヴィルヘルム9世と共通の趣味で知り合い 一緒にビジネスを始めるようになります。 元々はただの商人にすぎませんでしたが、 18世紀後半の戦乱の時代に金融業を始め 莫大な自己資金を作る事に成功します。 5人の息子でヨーロッパネットワーク形成 その後、マイヤーは自分の息子5人を ヨーロッパ諸国に送り込み、 ロスチャイルド家を繁栄させます。 その中でも一際力をつけたのが ロンドンに渡ったネイサン(3男)です。 戦争で大もうけしたロスチャイルド家 ロンドンに渡ったネイサンは ロンドン証券取引の支配者となり、 世界一の金融王に君臨します。 その後は、ヨーロッパ各国にお金を貸し付け 着実に資産を増やしていきます。 特に、1815年に起きた イギリスとフランスの戦争によって、 大儲けした話は有名です。 金融王であったネイサンの動向は 金融業界の人たちの行動基準になっていて 動きが常に注目されていました。 先の戦争ではイギリスが勝つ事を ネイサンは確信していましたが、 あえて、イギリス国債を売りに出します。 釣られて多くの交際が売却された時に イギリス国債を買戻し、イギリスが買ったため 莫大な利益を得る事になったのです。 当時の金額で300万ドルあった財産が 一気に75億ドルに膨れ上がりました。 なんと2500倍です! イギリス金融長者たちは力を失い 逆にネイサンはさらに力を伸ばします。 イギリスを含め世界の金融界の実権を 彼が握る事になったのです。 情報を持つものがいかに稼げるのかが 良くわかる例ですね。 悪い見方をしてしまえば、 世界中にコネクションをロスチャイルドは いくらでも稼げるわけです。 戦争を起こす事もできるでしょうし、 企業の不祥事を意図的に作る事も可能です。 ロスチャイルド家の総資産 先ほど紹介したような形で 金融で富を作ったロスチャイルド家は 様々な事業を始めていきます。 一説にはロスチャイルド家の資産は 1京を超えると言われています。 まさに天文学的な数字であり、 国家を動かせる財力を持っています。 ロスチャイルド傘下の企業 私たちが聞いた事ある世界的企業は たいていがロスチャイルド家の傘下です。 有名どころを挙げていきます• コカコーラ• ロイター通信• ニューヨークタイムズ• ワシントンポスト• フォード• ルノー• ブリティッシュエアライン• ゴールドマンサックス• モルガン銀行• ネスレ• ディズニー などなど、石油エネルギーから 情報・金融・科学・自動車産業、 さらにマスコミも持っています。 世界の中央銀行もロスチャイルド家の傘下 これだけではありません。 イングランド銀行• アメリカ連邦準備銀行(FRB)• 日本銀行!? などの世界銀行も彼らの傘下に 入っていると言われているのです。 日本銀行正面玄関口にある 目玉を持つライオンの像と ロスチャイルド家の紋章は良く似ています。 何より「目玉」という点がね・・・。 薩長同盟を裏で操ったと言われる トーマスグラバーは幕府が倒された後、 様々な物資を輸入し販売したそうです。 その中には、日本銀行で使う お金をする機械もあったそうです。 グラバーと言えばフリーメイソンですし、 こういう所で奇妙に関連するわけです。 FRBと歴代の大統領暗殺の関連性 注目すべきはFRBです。 アメリカ各地域にある 12個のアメリカ連邦準備銀行をまとめて FRB(理事会)と呼ばれています。 FRB設立に力を貸したのが• ロックフェラー• モルガン• ロスチャイルド この3一族が関わった事は、 ウィルソン大統領が認めています。 主導的立場にいたのがモルガンですが、 彼らはロスチャイルド家の傘下です。 何が言いたいのかというと、 ロスチャイルド家は通貨発行権を 手にしているという事なのです。 通貨発行権は文字通り、 通貨を発行する事ができる権利です。 お金は国が作っているので、 国の持ち物なんですが、 お金を作る権利は政府ではありません。 ロスチャイルド家の権利なのです。 なんともおかしな話ですよね。 そのため、このねじれ状態を 解消するために歴代大統領の中でも 彼らは通貨圏を取り戻そうとします。 3代大統領:ジェファーソン• 7代大統領:ジャクソン• 16代大統領:リンカーン• 20代大統領:ガーフィールド• 29代大統領:ハーディング• 35代大統領:ケネディ この6名は在任中に暗殺か 暗殺未遂が実際にありました。 有名なのがケネディです。 彼は実際に通貨権利を取り戻しますが、 その半年後に暗殺されてしまいます。 それ以降、通貨発行権を取り戻す人は 誰一人としていないのです。 ロスチャイルド家と天皇家のつながり 人偽のほどはわかりませんが、 つながりがあってもおかしくありません。 つながりがあるとされる理由に 彼らの家紋が関係しているそうです。 こちらがロスチャイルド家の家紋です。 そして、こちらが天皇家の家紋です。 良く似ています。 しかし、ロスチャイルド家の始まりは 18世紀のドイツです。 そのため、ロスチャイルド家が 天皇家の家紋を真似たと 考えた方が自然です。 麻生太郎氏の娘がロスチャイルド一族と結婚 天皇家とのつながりはわかりませんが、 ロスチャイルド家は何かと 日本と関係がある事は間違いありません。 麻生さんは政治家として有名ですが、 一族で株式会社麻生をバックに持つ 実業家でもあるのです。 今は役職についていないそうですが、 政治・経済で大きな力を持っています。 そんな麻生さんの娘さんが フランスのロスチャイルド家の方と ご結婚されたそうです。 日本の権力者とのコネクションが がっちり作られているわけです。 淡路島にいるロスチャイルド家 シャーロット・ド・ロスチャイルド という女性のソプラノ歌手が 淡路島に家を買ったそうです。 徳川家の末裔とロスチャイルド一族で コンサートを開催しています。 まとめ 都市伝説を語るうえで ロスチャイルド家の話は 数多くありますよね。 今回はロスチャイルド家について 掘り下げてみましたがいかがでしたか? 正直、まだまだ書ききれておらず ロスチャイルド家にはエグい都市伝説や 陰謀論があるので今後まとめていきます。

次の

麻生財閥って、総資産どれくらいあるんですか?

麻生太郎 総資産

森友学園をめぐる文書改ざん問題で、財務省は2018年6月4日、調査報告書と関係者の処分内容を公表した。 佐川宣寿(のぶひさ)・前理財局長について、「応接録(編注:森友学園との交渉記録)の廃棄や決裁文書の改ざんの方向性を決定づけたものと認められる」として、「停職3か月相当」の処分として退職金を減額することを決めた。 一方で、財務省トップにあたる麻生太郎財務相兼副総理は「閣僚給与の12か月分を自主返納」。 ただ、この返納するのは「閣僚給与」であって、国会議員としての給料は含まれない。 返納する額は「わずか」170万円で、閣僚の中で最も多くの資産を持つ麻生氏からすれば「はした金」のようなものだと言ってよさそうだ。 文書改ざんの動機「それが分かりゃ苦労せんのですよ」 麻生氏は調査結果発表後に開いた会見で、関係者の処分に言及したのに続いて 「私自身も、この問題が財務省、ひいては行政全体の信頼を損なったことを踏まえて、閣僚給与の12か月分を自主返納いたしておるところです」 などと自らの責任についても触れた。 ただ、「私のリーダーシップのもと、職員一同が一致団結」して再発防止策に臨むなどと話し、「私自身の進退については考えておりません」と断言。 答弁の修正ではなく文書の改ざんをせざるを得なかった理由については 「それが分かりゃ苦労せんのですよ」 と突き放した。 そういった中で注目されそうなのが「自主返納12か月分」の内容だ。 内閣人事局のウェブサイトで公表されている「主な特別職の職員の給与」では、国務大臣の「年間給与額」は約2929万円。 ただ、ここには2000万円以上ある国会議員としての歳費が含まれている。 こういったことを踏まえて、伊藤豊秘書課長は記者会見で、麻生氏が自主返納する額について明かした。 「閣僚給与は色々な理由でだいぶ減額をされておりますので、その分なんですけれども、12か月分で約170万円」 麻生氏の「3倍」差っ引かれたあの人 なお、政府が17年12月に発表した11月の第4次安倍内閣発足時の閣僚の保有資産の内訳によると、家族分を含めた総資産は、麻生氏が5億2303万円で最も多かった。 なお、佐川氏には4999万円の退職金が支払われることになっているが、支払いが保留されていた。 伊藤氏の説明によると、 「停職3か月で、3か月分の給料と、3か月分の停職があると在職期間に影響するので、退職金の計算をし直して、513万円を4999万円から差し引いて支払う」 という。 麻生氏の約3倍の減額幅だ。

次の