アンリイッシュ。 デンジ

全国のISH(イッシュ)の店舗一覧

アンリイッシュ

こんにちは!千代田区麹町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。 みなさん、スウェディッシュマッサージをご存じですか? その名の通り、スウェーデンで生まれたマッサージで、全てのオイルマッサージの基本となっている伝統的な手技です。 *スウェーデンでは、スウェディッシュマッサージという呼び方はせず、単にオイルマッサージといえば、スウェディッシュマッサージのことを指します。 今日は、そんなアンリュミエールでも絶大な人気を集めているスウェデッシュマッサージを紹介します! スウェーデンにて、スウェデッシュマッサージを初体験! 私が初めてスウェディッシュマッサージを受けたのは、2005年2月。 フランスのエステティックスクールに通っていたころの冬休みに、旅行で行ったスウェーデン・ストックホルムにある(英語サイト)という大きなスパで体験しました。 なんと、創業1904年という老舗スパです。 ヨーロッパのスパ文化の伝統に感動します! この歴史ある建物は、なんと、Cemtralbadetの外観です。 wikiwand. 寒い北欧の国では、サウナなどのスパ文化が市民の生活に根付いているのがよくわかります。 スウェーデンに2月に行くというのは、無謀なことだというのが行ってから分かりました。 とにかく寒くて、雪も降る…ということで、ほとんどの時間がカフェとスパで費やされました。 スウェーデンは家具でも有名ですが、カフェの家具も例外なくすばらしいのです。 ずっと座っていたくなるようなソファがそこらじゅうのカフェにあり、しかも基本的にコーヒーやお茶はドリンクバー形式なので、ついつい長居しちゃいます。 ドリンクバーの発祥の地は、スウェーデンなのかなぁと思ったりしたものです。 ストックホルムで過ごした5日間のうち、2日間はCentralbadetに行き、サウナ&プール三昧の時間を過ごしました。 スウェーデンは、税金が高く物価が非常に高いのですが、ここのスパは学割があり、入場料は当時70クローネ(当時のレートで約1400円くらい?)ととってもリーズナブル。 これで、アールヌーボーでエレガントな雰囲気のプール、ジム、サウナ、ジャグジーが使えるので、つい2日も行ってしまったのです。 アールヌーボーの雰囲気漂うプールです。 (画像は、Centralbadet HPより) このプールサイドにスウェディッシュマッサージを受けることができるトリートメントブースがたくさんありました。 水着を着たまま受けることができます。 初めて受けたスウェディッシュマッサージに感動!! 当時、学生だったこともあり、行きたくてもなかなか頻繁には行けなかったスパやエステ。 でも、せっかくスウェーデンに来たからには、本場のマッサージを受けたいものです。 思い切って、スウェディッシュマッサージを1時間受けてみることに… 私の担当セラピストは女性でしたが、友人の担当は男性セラピストでした。 スウェーデンでは、男性セラピストも珍しくないようです。 トリートメント用のベッドは、身体をリラックスさせるのに最適な設計になっていて、あらゆる部分の高さが変えられるハイテクなベッドでした。 通常日本のマッサージベッドは、全体は上下するのですが、スウェーデンのものは腕のところ、脚のところというように、部分的に動くのです。 マッサージのベッド一つとっても、強いこだわりが感じられます。 《スウェディッシュマッサージを受けての感想》 なんと素晴らしい!こんなしっかりと筋肉をとらえ、奥の方まで効いていくオイルマッサージがあるとは!! と密かに感動したのを覚えています。 それまでに私が受けたことのあるオイルマッサージは、筋肉をほぐすというよりも、リンパドレナージュが基本となったソフトなものでした。 私は肩コリがひどく、ふくらはぎの筋肉もパンパンに張っていたので、オイルマッサージでは 物足りないと感じることが多かったのですが、スウェディッシュマッサージは全く違いました。 筋肉にしっかりと指が入って行き、筋肉のコリを細かくほぐしてくれるので、痛みもありません。 一緒に行ったセラピスト歴6年の友人も大絶賛でした。 さすが「世界一気持ちいいマッサージ」と言われるだけのものはあります。 いつか、私もこの技術を身に着けたい!そう心に強く誓ったストックホルムの旅でした。 こちらはおまけ!ストックホルムの街中で撮った11年前の私です! 200年前に生まれた「スウェデッシュマッサージ」ってどんなマッサージ? スウェディッシュマッサージの特徴は、 肌に負担がかからない程度の少量のオイルを使って、始めは浅い筋肉にアプローチしつつ、オイルが浸透してくる段階では徐々に深部の筋組織まで刺激を与え、ゆったりとしたリズムで筋肉のこりをほぐしていく… というものです。 スウェディッシュマッサージの歴史は古く、約200年前に、スウェーデン国王の命により、パー・ヘンリック・リン氏によって考案され、オイルマッサージ(アロママッサージやバリニーズなども)の基本になっています。 いくつかの基本手技(エフロラージュ、ペトリサージュ、フリクシオン・・・)があり、これらを各パーツ、筋肉に応用させていきます。 施術者の体の動きは、フェンシングの動きに例えられます。 腰の動きをうまく利用して、へその下にある「丹田」というところに重心を置き、うまく体重移動させながら、しっかりと丁寧にほぐしていきます。 細かい筋肉にもしっかりアプローチしていくので、かなりの効果が期待できます。 奥の方の筋肉にまで、届いてる・・・っていう感覚が人気の秘密ではないかと思います。 またスウェディッシュマッサージはしっかりほぐしてくれるのに、オイルマッサージなので大変気持ちよく受けられます。 気持ち良くて、うとうと~っと夢心地。 ・オイルマッサージでは物足りない ・コリをしっかりほぐしてほしい ・体の奥にたまった老廃物をデトックスしたい ・スポーツで筋肉疲労が溜まっている という方には特におすすめです。 アンリュミエールのスウェディッシュマッサージとは? アンリュミエールでは、オーストラリアの有機認証「Australian Certified Organic」を取得した、ヒマワリ種子油、チャ種子油、アーモンド油をブレンドしたベースオイルに、オーガニックエッセンシャルオイルをブレンドしたオリジナルオイルを使用して、トリートメントを行います。 お一人おひとりの体調や香りの好みに合わせて、ブレンドオイルを選びます。 スウェディッシュマッサージとアロマセラピーの相乗効果で、香りを楽しみながら心身のバランスを整えていきます。 肩や腰のコリが強く、ソフトタッチのアロマセラピーマッサージでは物足りないという方にもおすすめのボディメンテナンスコースです。

次の

全国のISH(イッシュ)の店舗一覧

アンリイッシュ

安心・安全・ 美味しいを未来へ繋ぐ アンリッシュ食品工業株式会社は、素材の美味しさや食資源の有効活用を大切に、 食品製造事業と食品加工機器製造事業を展開しております。 皆様が欠かすことのできない「食」は、健やかなの生活の源です。 私たちは、美味しさ、安全・安心にこだわった「モノづくり」によって、皆様の健やかな生活の一助になるよう邁進してまいります。 皆様の要望を捉える商品開発、手間をかけた生産技術や品質力、行き届いた衛生管理力をもとに「安全・安心」と「付加価値ある商品・サービスづくり」の両道を実現します。 冷凍された食品の新しい価値を創出し、フードチェーンの様々な皆様に貢献し、美味しい明日を世界に届けます。 経営理念 Management Philosophy 生産・販売活動を通じて「食」「食文化」の発展・改善・向上を図り社会にグローバルに寄与すること。 企業行動規範 Corporate Code of Conduct 皆様の満足と社会の信用の獲得皆様に満足していただける「安全・安心で魅力的な作品」を創出し、社会の信用を得る。 社会から求められる食の安全・安心を確保するとともに、社会・環境にやさしい生産を実現する。 取引先との関係 Relationship with suppliers 取引先とのパートナーシップ構築・強化を図り、相互信頼のもとで「モノづくり」を徹底する。 法令及び社会規範の遵守 Compliance with laws and social norms 法令、社会規範を遵守し、公正、透明、自由な競争、適正な取引を行い、良識ある企業活動を行う。 政治、行政と透明性の高い関係を保持し、建設的な対話を行う。 情報の開示及び保護 Disclosure of information 事業活動において入手した各種情報の保護・管理を適正に行う。 商号 アンリッシュ食品工業株式会社 設立 平成27年5月25日 代表者 代表取締役 二宮大朗 資本金 4,500万円 事業内容 食品製造販売および輸出入 レストランおよび食堂店舗チェーンの運営 プロトン凍結機および解凍機の製造販売および輸出入 食品製造機器の仕入販売および輸出入 プロトン凍結機、解凍機、食品製造機器のレンタル、リース 所在地 〒904-2311 沖縄県うるま市勝連南風原5192番39 連絡先 TEL:098-939-9056 FAX:098-939-9066 関連企業 株式会社菱豊フリーズシステムズ プロトンダイニング株式会社 プロトン機器製造株式会社 普龍通 大連 国際商貿有限公司 PROTON DINING SINGAPORE PTE. LTD. SHINSEN PD MALAYSIA SDN. BHD.

次の

アンリ (あんり)とは【ピクシブ百科事典】

アンリイッシュ

フランス最後の超大物ワイン 数々の賞と賞賛!! の新ヴィンテージ入荷しました。 彼の苗木に信頼を寄せる造り手には、アンリ・ジャイエ、DRC、ルロワ、コント・ラフォン、 ルフレーヴ、ジョルジュ・ルーミエ、ドゥニ・モルテ、ジャイエ・ジル、ヴァンサン・ドーヴィサ、 クレ・ド・セラン、ディディエ・ダグノー、クリュッグ、ボランジェ、ガイア、アンティノーリ、 イゾレ・エ・オレーナ、ヨスコ・グラヴナーなどの名が上がります。 9月に発売された『2005年版アシェット・ワイン・ガイド』で、4年連続で<最も心に残るワイン>に 選出されたのです。 しかも、 「史上最高のヴァン・ド・ペイ!」と大絶賛されたのです。 ヴィニョーブル・ギョームがこの栄冠に輝くのは、この10年でなんと8度という、まさに史上最高の 名前に相応しい偉業をうちたてたのです。 世界のワイン・マニアを虜にし続けるブルゴーニュの2大品種シャルドネとピノ・ノワール。 その真髄と神秘性を自身のワインでも余すところなく表現する アンリ=グザヴィエ・ギューム。 DRCらしさがある・・・」とのコメントに要約されるように, ヴァン・ド・ペイというカテゴリーを超越した究極のピノ・ノワール。 ブルゴーニュのグラン・クリュ,いや,ラ・ターシェにさえ 匹敵するのでは・・・との声も聞かれるほど深遠な土の精気と 野性味に満ち溢れた極上のピノ・ノワール。 ドメーヌの古くからの顧客にの み提供される秘蔵品で, ブルゴーニュ・ワインを凌駕する挑戦を続けるギョームの 情熱が込められたドメーヌの最高傑作。 フランスのワイン評論家たちの間では,偉大なコート・ド・ニュイに 匹敵すると評価されている。 異なるクローンのアッサンブラージュから生まれた,芸術的な深みと 複雑さを併せ持つ驚きのピノ・ノワール。 ラフォンのムルソー,ルフレーヴのピュリニィ,シャンパーニュの サロン,クリュッグのクロ・デ・メニル,あるいはガイア・エ・レイ, チェルヴァロ・デッラ・サラ,グラヴナーのブレッグ・・・。 世界の超一流シャルドネの原点はまさにここにある。 ドメーヌの古くからの顧客にのみ提供される秘蔵品で, ブルゴーニュ・ワインを凌駕する挑戦を続けるギョームの情熱が 込められたドメーヌの最高傑作。 『アシェット・ワイン・ガイド』では,毎年のように高い評価を 受ける優美な密度感を持つシャルドネ。 天才苗木家の真髄が余すことなく体現された高い酒質と 清冽なる味わいを持つ感銘的な1本。 カリテ=プリ(品質と価格)の究極のバランスを実現した シャルドネ。 ソーヴィニヨンは,ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ=コンテの 指定品種ではないため,ワインのカテゴリーはヴァン・ド・ターブルに なって居ます。 ヴィンテージの記載がないものの(フランスではヴァン・ド・ターブル へのヴィンテ ージ記載は認められていない), 単一ヴィンテージのブドウのみで醸造されるキュヴェ。 天才苗木家の真髄が体現された高い酒質と清冽なる味わい、 そして優美な密度感を持つ感銘的な1本! アシェット・ワイン・ガイドでは、毎年のように高い評価を受ける 稀有なシャルドネ。 バトナージュを行いながら100%小樽(古樽100%)で11ヶ月間熟成 アルコール分 12.5% (ワイナートより)(2002のコメント) 口に入ってくるなり舌を包む、パワー感のある筋肉質のタイトなボディ。 だが単純さはみじんもなく、飲み込んだあとになって、舌の上に いろとりどりの繊細な味わいを繰り広げる様子には、ワインの高密度ぶり を見て取る。 涎がでそうな高めの酸と堅牢さを保って長い余韻。 適度なオークと洋なし、りんご,柿。 フランスのワイン評論家達の間では、偉大なコート・デュ・ニュイに 匹敵すると評価されている。 1895年に創設された苗木家は世界中に苗木を輸出している。 つまり、ドメーヌの葡萄畑は、つい最近誕生したものではないということだ。 ドメーヌのセラーの中のベスト・キュヴェであるこのピノ・ノワール・ヴィエイユ・ ヴィーニュは、きらびやかなローブを持っている。 樽やサクランボ、あるいは動物のようなアロマまで、複雑でチャーミングな 香りがする。 口中は、キメ細かく、絹のように繊細で、フィニッシュにはしっかりした酸が残る。 グ ザヴィエ・ギョームは、自身のワインをさらに高い次元へと引き上げた。 ギョームのガメィの苗木にはムーラン・ア・ヴァンのシャトー・デ・ ジャックなどが信頼を寄せている。 手摘みで収穫して選果。 除梗してステンレス・タンクでルモンタージュを 行いながら、カーボニック・マセレーション(セミ・カルボニック)で 発酵を行います。 細胞内発酵によってあらゆる果実味がワインに付与された後、 翌年の春まで熟成させて瓶詰め。 マロラククティック発酵は行います。 ブルゴーニュ・ワインを凌駕する挑戦を 続けるギョームの情熱が込められた最高傑作。 100%小樽(新樽75%)で11ヶ月熟成。 無清澄・無濾過。 蝋キャップ・シール使用。 アルコール分 12.5% (ワイナートより)(2001のコメント) パイナップル、ピンク・グレープフルーツ、抹茶リンゴ、花、ミネラルの、 ゆったりとした広がりと純度の高さが見事な香り。 リッチな果実がきれいで力強い酸を伴って、しっかりと舌の上にとどまり、 ただちに飲み込むのが難しほど。 凝縮感が高いために 他より果実の甘さを多く感じさせるが、むろん完全にドライ。 余韻も長い。 オート・ソーヌ県のギィ丘陵に本拠を置く33ヘクタールのこの傑出したドメーヌは、 当ワイン・ガイドの2000年版、2002年版、2003年版、2004年版で 『最も心に残るワイン』に選出されたが、今回もその名誉に輝いた! 史上最高のヴァン・ド・ペイであるこのピノ・ノワールは(価格もそれに見合うもの だが、そんなことは関係ない)、まばゆいばかりに輝いている。 妖艶な色調、サクランボを思わせるような香り、そして11ヶ月の樽熟成による 味わいが顕著に残り、複雑味が巧みに加わっている。 極上の2002ヴィンテージは少し多めに購入して、熟成させたい。 リッチな果実がきれいで力強い酸を伴って、しっかりと舌の上にとどまり、 ただちに飲み込むのが難しほど。 凝縮感が高いために 他より果実の甘さを多く感じさせるが、むろん完全にドライ。 余韻も長い。 彼の造るピノ・ノワールとシャルドネは超一流ヴィニュロンの苗木家の 名に値する素晴らしい品質で、ワイン・マニアの間で大ブレイクしている。 そのカリスマが極少量のみ造るヴァン・ムスーが、 このフリュット・アンシャンテ。 フリュット・アンシャンテとは フランス語で、モーツァルトのオペラ作品 「魔笛」を意味するが、グラスに注いだ瞬間目に飛び込んでくる 黄金の液体の中で立ち上る極めて上品な一筋の泡立ち、繊細で惚れ惚れ するような深みのある果実味、口の中に広がるシルクのような触感、 蜂蜜のような余韻など、まさにオペラのように夢のひと時を満喫させて くれる幻のスパークリング・ワインということだそうです。

次の