三輪 さち子。 [B! 癒着] 三輪さち子(朝日新聞記者) on Twitter:

異例の抗議なぜ続出?検察庁法改正案、論点オールまとめ [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

三輪 さち子

著書「なぜリベラルは敗け続けるのか」で野党に仲間作りの必要性を説く岡田憲治・専修大教授が映画を観たうえで、小川氏とオンラインで対談した。 東京都知事選で露呈した立憲民主党の求心力の低下ぶり、一つになれない野党勢力。 いったい何が足りないのか。 政治家なのだから「ひたむきさ」だけでなく、政策を実現するために権力を摑み取る「したたかさ」も大切だ。 右肩下がりの時代に対応した、新しい政治を作ろうともがく小川氏に、岡田氏が檄を飛ばす。 (記事末尾に対談の動画版があります) 消費税に固執し「受け皿」をつくる大義をおろそかにしてよいのか 対談した6月18日は、東京都知事選の告示日。 現職の小池百合子知事に対し、元日弁連会長の宇都宮健児氏や、れいわ新選組の山本太郎代表らが立候補した。 立憲民主党は、消費税率5%への引き下げを強く主張する山本氏と折り合えず、宇都宮氏の支援を決めた。 野党候補の一本化は失敗に終わった。 山本氏が立候補を表明した6月15日、小川氏は自身のツイッターで「何とか野党候補を一本化できないか」と投稿。 翌日、謝罪した。 オンライン対談した小川淳也衆院議員(中央)と岡田憲治教授(右上)。 左上は三輪さち子記者 小川淳也 反射的にツイッターに投稿したことは申し訳なかったと思っています。 前回の2016年、宇都宮さんが(都知事選で野党統一候補として立候補した)鳥越俊太郎さんに譲ったこと。 今回、山本さんと宇都宮さんとで話し合ったこと。 こうしたことへの敬意が足りませんでした。 しかし、分裂した状態で勝つのは簡単ではありません。 今も一本化すべきだったという気持ちは変わらない。 今回、特に立憲民主党が主導権を持てなかったことに対する批判は大きかったと思います。 三輪さち子(朝日新聞政治部記者・筆者) 消費税5%の衆院選公約で合意できなかったことが立憲民主党と山本氏が決裂した原因だったのですか。 小川 新型コロナ感染症でダメージをうけたこの窮状を見ると、国民が嫌なのは、税金をとられることじゃない。 税金を安心して預けられない政治が嫌なんだと思います。 岡田憲治 そうです。 小川 とはいえ、安心できる社会にはなっていません。 国民には被害者感情があり、山本太郎さんの主張はそういう人たちにヒットしています。 立憲民主党も、一部の野党も、10%への消費増税を決めた税・社会保障一体改革を作った民主党系ではある。 しかし、せめて5%ぐらいは譲り、共闘重視で懐の深いところを見せるべきです。 まずはこの窮状に対するおわびをすべきだと思います。 三輪 早ければ今年の秋、遅くても来年の秋までには実施される次の衆院選に向けて、野党はまとまれるのでしょうか。 小川 立憲民主党の執行部には、私も何度か説得をしました。 将来的には、消費税をお願いするだけの信頼ある政府を作りたいし、安心できる社会を作り上げたい。 でも、それは切り離し、当面の政治的対応としては、消費税率5%程度の話なら、早期に妥結して一本化の旗を振るべきじゃないか。 執行部には何度も説得しています。 でも、なかなか硬い。 岡田 執行部が受け入れない最大の理由は何ですか。 小川 消費増税にこだわった野田佳彦さん(元首相)の存在も一部あるかもしれません。 枝野幸男さん(立憲民主党代表)と山本さんとの間の個人的な権力闘争、どっちがお株を奪うのか奪わないのかというような私闘もあるかと思います。 ただ、間違いないのは、国民にとって受け皿がないと、今の安倍内閣のような政治がいつまでも続くということです。 あえて言い切るなら、消費税が5%か10%かというのは些末な話です。 これにとらわれて政権与党に代わる受け皿をつくるという大義をおろそかにして良いのでしょうか。 立憲民主党はいまだに「枝野私党」 岡田 宇都宮さんが山本さんの票を下回った場合、都市部の立憲支持層が溶解するかもしれません。 終わりの始まりとも受け止められかねない。 私は政党は「道具」だと思っているので、立憲民主党の組織防衛や、野党第一党の権威なんてまったくどうでもいいと思っています。 だから、リベラルの選択肢を守り抜くため、三顧の礼を尽くして一本化をお願いすべきだったと私は思います。 枝野さんは書生みたいなことを言っていないで、土下座も辞さない覚悟で一本化を調整するべきでした。 もう遅いかもしれないけれど。 野党が内輪もめを続けていれば、安倍政権に変わる「受け皿」になり得ない。 それができないのは子どもであり、まともな政治ではないと言う。 なぜ野党はまとまれないのか。 岡田 今日の立憲民主党の現状をどう見ていますか。 小川 立憲民主党にかぎらず、野党はすさまじい遠心力が働いています。 山本太郎さん、前原誠司さん、馬淵澄夫さん、山尾志桜里さんがそれぞればらばらに動いていく。 そして日本維新の会、国民民主党、共産党、社民党がいる。 カオスだ。 まるで応仁の乱。 昔から、左派の内ゲバとはいいますが、右派の内ゲバは聞いたことがないのですが……。 岡田 あまりないですね。 小川 私は民進党末期に前原代表を近くで支える立場にいましたので、希望の党の顚末には責任があります。 ただ、あのとき、枝野さんが立憲民主党を打ち立てたことは大きな政治的功績です。 しばらくは枝野さんの独裁が、党内で正当性を持つ状況でした。 しかし、言葉遣いには気をつけなきゃいけませんが、立憲民主党はいまだに枝野私党です。 2017衆院選。 インタビューに答える立憲民主党の枝野幸男代表=2017年10月22日 岡田 まったくその通り。 小川 だから国民的な公党に脱皮できるかが問われています。 保守系の人は祖父や父から地盤を受け継いで自然に政治家になっている人が多い。 一方、リベラルの人は相当のものをかなぐり捨てて飛び込んでいる。 それだけに安易な妥協をしません。 ここが課題です。 どうすべきなのか。 小さな成功体験を紹介させてください。 私は党の厚生労働部会長として、PCR検査の体制を拡充する議員立法を出すための意見集約をしました。 賛成、反対で意見が割れ、暗礁に乗り上げました。 旧民主党のように延々と議論するやり方もありましたが、多くの議員は執行部に一任して退席し、残った議員だけで膝詰めで議論しました。 私からは「自分の言いたいことは半分、残り半分は相手のことを聞いてくれ」と訴えました。 1時間で収束し、法案提出につながりました。 何が言いたいか。 基礎的な意見集約の作法をたたき込むことで、左派の内ゲバやリベラル同士の妥協しがたい文化を乗り越えられる可能性があるということです。 結局はリーダーの問題なんです。 政治に必要なのは「どうやって実現するか」だ では、小川氏はどうリーダーを目指すのか。 映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」のラストシーンでは、大島監督から「総理を目指すのか」と問われ、「それを目指さないなら今すぐ議員辞職する」と語った。 では、どうやって? まずは政治のあり方を変えたいと小川氏は言う。 岡田 映画を観て、聞きたいことがあります。 小川 申し訳ないのですが、実は、私は観ていないんです……。 岡田 そうなの? 小川 大島新監督の奥さんが私と同級生という縁で、17年前にテレビのドキュメンタリーで取材に来て、映像を取りためていました。 作品にしたいというので「お任せします」と伝えました。 制作、編集には一切、関わっていません。 大島監督の思いに手垢をつけたくありませんでした。 岡田 映画を見た人は疑問を抱くのではないでしょうか。 果たして小川さんは本当は何と闘っているのだろうか、と。 小川 いい質問だと思います。 岡田 政治家には、選挙、党内、院内(国会内)の三つの闘いの場がありますが、さらにもう一つあります。 昔の政治家、三木武吉は「誠心誠意、ウソをつく」と言いましたが、政治の裏の部分、つまり、寝技やネゴシエーションの世界があるはずです。 しかし、映画にはそこが描かれていません。 もちろん簡単にはできませんが。 小川 確かに党内には権力闘争や私利私欲の世界があります。 どこの世界も同じでしょうが、上司に取り入るのが上手な人、器用な人は出世が早い。 だけど、残念ながら、私にはそういう能力がありません。 誰にもしっぽを振ったことがない。 岡田 ほう。 オンライン対談中の小川淳也議員 小川 では、根源的に私は何と闘っているか。 古い政治を成り立たせる古い政治家がいて、古い政治家以外をイメージできない有権者がいる。 その概念の転換をすることが、私にとっての最大の闘いなのです。 人口減少と高齢化、経済の低迷、財政赤字、社会の持続可能性は崩壊しています。 古い政治のままでは現状に対応できません。 これに舵を取る新しい政治が必要です。 そういう政治家を見いだし、厳しく育てる新たな有権者像が必要だと思っています。 それが見えにくい。 岡田 新しい政治家像を作ろうと闘っていることは映画からも伝わってきます。 しかし、政治に必要なのは「HOW」です。 どうやって実現するか。 どうやって有権者の意識を変えるのか。 私は小学校のPTA会長になって3年目ですが、地べたからデモクラシーを考えています。 対話の技法、作法を考え抜いて、人の心の縫い目に沿って行動し、圧倒的な数の友人を作ることが必要です。 小川さんはどうやって仲間を作っているのですか。 小川 そこは私の弱点であり欠点です。 飲み歩くことが好きなわけじゃないし、貸し借りを重ねることにも興味がありません。 二つ、言いたいことがあります。 自民党の議員は、私にも「食事に行こう」とか、「地元の食パンだからどうぞ」とか、そういった日常のつきあいを大切にします。 彼らは選挙が楽です。 よほどへまをしない限り、対立候補がよほど魅力的でない限り、選挙に勝ちます。 地元の知事、市長、町村長、議会、みんな自民党です。 資金集めは私たちより100倍も1000倍も容易。 人間的余裕が生まれないはずがありません。 一方、私たちは逆です。 選挙は必死の思いで、首の皮一枚でつながって国会に出てきて、出てきても少数派。 常に地元の首長や議会からにらまれるというストレスも抱えている。 どうやって人間的余裕を持てるのか。 これは良いとか悪いとかじゃなくて、置かれている状況が違うと思っています。 もう一つ。 では、なぜ、政治家はつるむのか。 小泉純一郎氏はかつて「YKK」と呼ばれた山崎拓氏、加藤紘一氏との関係を「友情と打算の二重構造」だと喝破しました。 岡田 和して同ぜず、です。 在野の分厚いエリート層を作れ 小川 有権者が政治家に何を望むかを濃縮還元したものが、今の政治家のつきあい方になっています。 有権者が政治家に利権と利益を求める限り、政治家はそれによって有権者に奉仕しようとする。 だから「打算」の方に傾きやすい。 利益や利権の追求が、全体と矛盾しなかった時代が続きました。 でも、これからの政治はそれでは立ちゆかない。 まだ明確な答えは見つかりませんが、今までの政治や社会の地殻変動を感じ始めています。 今日より明日が良くなると思っている世代にとって、次世代は希望でしかない。 でも今の若い人たちにはそう思えない。 岡田 まったくです。 小川 将来世代を食いつぶしながら現役世代が生きているという史上初の時代です。 政治家がまずそれを意識し、有権者にもそこにたどり着いてもらわないといけません。 三輪 有権者の耳に痛いことも言えるのですか。 小川 当然です。 でも大事なのは、それが何のためかを伝えることです。 やたらめったら人間は我慢なんて出来ません。 明確なビジョンとリスクを説明し、国民が納得して初めてたどり着けるステージです。 そうなると、友情と打算のうち、打算の余地は極めて少ない。 政界は、利権や利得ではなく、同じ目的を持った人間関係に作り替えないといけないと思っています。 それが私の大きなチャレンジです。 岡田 小川さんのような、田舎のナンバーワン高校を出て東大に行く人間は、小さい頃から、お前は天才、秀才といわれてきました。 こういうタイプの政治家は、天下を取らないとふるさとに顔向けできないと思い込んでしまうのです。 これは「与党になって総理大臣になれ」というのと逆のことを言っていると受け取られるかもしれませんが、そうじゃない。 人々の気持ちを背負って、個人の中央突破をするのではなく、自分が生きている間は、ずっと野党議員かもしれないが、それでも重要な仕事をしているという認識を持たなければならない。 苦しいけれど。 本来、そういう野党文化が存在しなければ、議会政治は機能しません。 日の当たるところにいくことだけが出世じゃない。 総理大臣になる前に、「野党は分厚い仲間をつくれるのか」という巨大な宿題があります。 在野としての分厚いエリート層を作ってほしいと願っています。 私はまじめに、小川さんに総理大臣になってもらいたいと思っていますから。 *この対談の動画版は以下です。 ドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」に対する小川淳也衆院議員の思いから始まり、あるべき政治家像、あるべき野党像を巡る激論が繰り広げられています。 小川議員が今回の記事には盛り込まれていない自らの政治観を大胆に語っています。 臨場感ある肉声での対談をぜひご覧ください。

次の

朝日の三輪さち子、行動経済学を知らぬ学者にネット批判させる。

三輪 さち子

以下は三輪さち子さんが発言のつまみ食いをしていないと仮定して書いています。 は情報収集をネットを使う人と新聞を取っている人の政治的意見の傾向の違いに着目し、次の記事を掲載した。 『・ネットで情報入手の人、高め なぜ? 三輪さち子2018年10月18日04時24分』 www. html 三輪さんはここにの西田亮介准教授の発言を紹介している。 ・「新聞を参考にする人は、情報を取ることにコストをかけている人」 ・こういう人は「社会や政治のことを、お金を払ってでも知りたいという積極的な意識を持っていると捉えられます。 」 ・「は、情報を得るためのコストは低い。 社会や政治への意識、関心が高いとは言えず、受動的になりがちです。 」 そして次の結論めいた彼の言葉を引用している。 「「コストを払おうとしない人たちは、現状肯定に流されやすいのではないか」」。 によると西田さんはの一人だ。 経歴を見るとの世評を悪くしている学者とは違うように見える。 これが冒頭で朝日がチェリーしていないと仮定した理由だ。 西田さんはを知らない。 の調査から、人はコストをかけたモノに執着することが分っている。 1500円を出した見たい映画の予約券を落とした場合と、貰った予約券を落とした場合とでは、どちらがおしいだろう? 言い換えれば、を金を出して買った人はのクズ情報をありがたがってしまうということだ。 西田さんは、 新聞情報は有料で、 ネット情報のコストは低い と考えている。 が、これには別の見方がありえる。 ・新聞は惰性でとってるのでコスト意識は希薄。 ・銀行引き落としだとコスト意識は発生しない。 それに対して、ネットだと ・購入したデータ量を使い切ると、速度低下のペナルティが発生する。 これに我慢できなければ、追加でデータ量を購入しなければならない。 よって、コスト意識は高くなる。 ・購入したデータ量限度に近くなると、携帯会社は注意喚起してくる。 よって、コスト意識は高くなる。 一人暮らしいる若い人は固定電話を持っていない人も多い。 即ち、などは使用できない。 CATVがあれば別だが。 また、PCを持っていない人やTVを見ない人も多い。 ということは、情報は携帯に依存する。 携帯の買い替えサイクルはテレビなどより短い。 買い替え時には情報コストも考慮させられることが多い。 以上からすれば、西田さんの考えには再検討の余地が有り過ぎる。 記者の三輪さんは続けて西田さんの言葉を紹介する。 「 政治や社会のことに関心を持たない人は、よほど現状の生活に不満がない限り、「今のままでいい」と現状を受け入れやすい。 あるいは、現状の生活に不満がないから、政治や社会のことに関心を持たない、と言えるかも知れません。 」 これにも異議がある。 若者世代の関心事の一つは就職だ。 以前は就職難だった。 つまり、若者世代は、言い換えるとネット世代は、「現状の生活に不満」があるので「「今のままでいい」と現状を受け入れ」無いのだ。 新聞世代の老人は化の影響で孫に接することは少ない。 従って孫の心配を共有しにくい。 老人は「現状の生活に不満がないから」あるいは、現状の生活に諦めているから、「政治や社会のことに関心を持たない」。 次に、三輪さんは経済学部教授田中辰雄さんの言葉を紹介する。 「 意見が合う人たちばかりと交流することで、自分の意見が正しいように思えてくることは「エコーチェン(反響室)現象」と呼ばれます。 」 これは、ネットではなく、朝日を数十年取り続けて洗脳されてしまった人に当てはまる。 ネットでは議論が起き論拠が示される。 にはそもそも議論は無く一方的を押し付けられるだけだ。 だいたい、の別名であるを取り続けている人には無い。 さて、私の結論。 記者の三輪さち子よ、お主もワルよのう。 え、そんなつもりは無いって?!?! じゃあ、単なる浅慮者か? 忖度者か? の被害者か? オームか? dangun.

次の

「鯛は頭から腐る」に、腹の煮えくり返った安倍が、言ってしまったのだな。

三輪 さち子

検察官の定年を65歳に引き上げ、内閣の判断で検察幹部の「役職定年」を延長できるようにする検察庁法改正案の委員会審議が8日、与党が強行する形で始まった。 立憲民主党などの野党統一会派や共産党は森雅子法相が出席する形式を求めたが、与党は拒否。 多くの野党議員が欠席する中で開かれた。 同法改正案は国家公務員の定年を65歳に引き上げる国家公務員法改正案などと一本化し、提出された。 与党は国公法を扱う内閣委員会のみで審議し、武田良太・国家公務員制度担当相に答弁させる方針を示してきた。 一方、黒川弘務・東京高検検事長(63)の定年延長問題を追及する野党は森法相の出席が必須として、内閣委と法務委の連合審査を求めた。 与党は応じず、松本文明・衆院内閣委員長(自民)が職権で委員会開催を決めた。 野党統一会派の今井雅人氏は記者団に「森法相を出したくないという向こう側の意思表示だ」と語った。 共産の塩川鉄也氏は「新型コロナウイルスの感染症対策に全力を挙げる時。 火事場泥棒だ」と与党を批判した。 8日の衆院内閣委に出席したのは自民、公明、日本維新の会の議員のみだった。 検察庁法改正案への質問はなかった。 与党は、来週中の委員会採決をめざす。 安倍内閣は1月末に政権に近いとされる黒川氏の定年延長を閣議決定。 検察トップの検事総長に就ける道を開くことになったため、「検察の私物化」との批判の声が上がった。 その後提出された検察庁法改正案は、検事長などの幹部は63歳で退く「役職定年」を設けたうえで、その年齢を過ぎても内閣が認めればポストにとどまれるとする内容。 昨年10月末段階では役職定年の延長規定はなく、野党は「黒川氏の定年延長を後付けで正当化する法案」と指摘している。 (三輪さち子、小林豪) 出典:朝日新聞社 検察庁法改正案、何のための改正?Twitter 政府は今年の1月に従来の法解釈をねじ曲げて政治介入し、政権と親密な関係にある黒川検事長を違法に定年延長させました。 これは史上初です。 政府はそれに続き、合法的に政治介入できるよう法改正を企んでおり、これが通れば検察の独立性・中立性が失われます。 絶対ダメ。 — HOM55 HON5437 立憲民主党の蓮舫副代表が9日、ツイッターに新規投稿。 検察官の定年を延長する法案が提出されたことに、「感染症の最中」「おかしいことはおかしい、と声をあげる」などとツイートした。 蓮舫氏は「感染症の最中、衆議院内閣委員会で野党の声を無視し委員長が職権で委員会を開会、自民党と公明党の与党質疑が。 国対を通じた異議もあり、委員会は休憩になりましたが、今週はどうするつもりなのか。 私たちは国会でおかしいことはおかしい、と声をあげます。 ぜひ、政府与党の行動を注視してください」と投稿した。 衆院内閣委員会は8日、国家公務員の定年を60歳から65歳に段階的に引き上げる国家公務員法改正案の実質審議に入った。 検察官の定年を延長する検察庁法の改正部分を含む。 立憲民主などの野党会派は、黒川弘務東京高検検事長(63)の定年延長問題をただすため森雅子法相の出席を求めたが自民党は応じなかった。 弁護士有志でつくる団体は8日、検察官の定年を65歳に引き上げ、定年延長も認める検察庁法改正案に反対するよう求める要請書を自民、公明、立憲民主など各党に送付した。 要請書では、政権によって検察幹部の人事がコントロールされることを危惧している。 出典:デイリー.

次の