ケイバシル。 競馬記者「虎石」の予想の精度がすごぎる!!無料で見れるブログ3選

バロキサビルマルボキシル

ケイバシル

1:「木南友輔」とは日刊スポーツ競馬記者 レースを予想する際に競馬記者の予想を参考にすることも多いと思いますが、その中でも特に注目されているのが日刊スポーツ競馬記者の「木南友輔」です。 「木南友輔」は日刊スポーツで予想を展開する競馬記者で、 予想精度の高さに多くの競馬ファンが期待しています。 実力のある競馬記者が勢揃いの日刊スポーツ新聞において、「木南友輔」は一際目立っている存在です。 そこで、今回は日刊スポーツ新聞の競馬記者として一躍注目を浴びている「木南友輔」について、予想方法や穴馬予想が無料で見られるサイトなどを紹介します。 本格的な予想を展開している「木南友輔」の競馬予想を参考にすることで、馬券が当たるようになるかもしれません。 万馬券的中を目指すために、「木南友輔」の穴馬予想が見られるサイトをチェックしてみましょう。 2:日刊スポーツ競馬記者「木南友輔」の予想方法は穴馬狙い 最初に気になるのは、「木南友輔」の予想方法についてではないでしょうか。 競馬記者と言ってもその予想スタイルは様々ですが、「木南友輔」は 穴馬狙いの競馬記者として注目されています。 穴馬を本命に指名することが多く、的中率よりも回収率が期待できる予想スタイルです。 2019年8月11日に開催された重賞レースのエルムSと関屋記念において、それぞれ6番人気のテーオーエナジーと5番人気のサラキアを本命にしていました。 1番人気や2番人気を本命にしないところが、「木南友輔」の凄いところだと言えるかもしれません。 さらに、「木南友輔」だけが印を打つ大穴の馬もいたりと、誰もが予想しないような穴馬に目を付けることがあります。 2017年12月23日の中山4レースにおいて、11番人気のショウナンバリウスを本命にしたことがありました。 残念ながら、ショウナンバリウスは馬券に絡んでいません。 それでも、11番人気の馬に本命が打てる「木南友輔」は、万馬券的中に欠かせない存在となっています。 2-1:「木南友輔」の主な穴馬予想結果 「木南友輔」が穴馬を狙う予想スタイルだとわかったら、次に気になるのはその予想結果です。 いくら穴馬を予想していても、それが当たらなければ意味がありません。 そこで、「木南友輔」の競馬予想実績について紹介します。 「木南友輔」は日刊スポーツの競馬記者の中で特に注目を集めている存在ですが、それは過去に高配当を何度も的中させたことがあるからです。 3連単51万6170円・24万5960円、3連複3万8790円、馬連1万200円など輝かしい的中実績を持っています。 過去の実績から信頼度の高い競馬記者として、「木南友輔」の打つ印が気になっている競馬ファンも増えています。 最近でも2019年8月4日に開催された小倉記念を的中させていて、6番人気のカデナを本命にして2着と好走しました。 1着だったメールドグラースもしっかりと対抗に押さえている点も目が離せません。 ただ穴馬を狙うだけでなく、人気馬も実力が上位だと思えば重い印を打っています。 「木南友輔」の精度の高い競馬予想には、これからも注目です。 3:日刊スポーツ競馬記者「木南」の予想が無料で見られるサイト3選 日刊スポーツ新聞の競馬記者として注目を集めている「木南友輔」は、その予想が見たいと思う競馬記者の一人です。 日刊スポーツ新聞を購読していなくても、「木南友輔」の予想が見たいと思う方も多いでしょう。 そこで、「木南友輔」の予想が無料で見られるサイトを紹介します。 無料で見られるサイトなら、わざわざスポーツ新聞を買いに行く手間が省けるかもしれません。 活用できるものは最大限活用するのが、競馬予想においても重要になってきます。 情報を如何に集めるかも大事で、「木南友輔」の穴馬予想を参考にすることで高配当が的中するようになるかもしれません。 これから紹介するサイトを参考にして、万馬券的中を目指してください。 3-1:ケイバシル 最初に紹介する無料で予想が見られるサイトは、「ケイバシル」です。 「ケイバシル」は様々な競馬評論家や競馬記者の予想をまとめているサイトで、日刊スポーツ新聞競馬記者の予想もまとめてあります。 本命や対抗など「木南友輔」が印を打った馬が記載されているので、予想の参考にしやすいサイトです。 ただし、こちらで確認できるのは日曜に行われる主な重賞レースや日刊スポーツ公式競馬予想サイト「極ウマ・プレミアム」で「木南友輔」が取り上げたレースのみです。 全てのレースの予想が見られるわけではないという点には注意してください。 また、「ケイバシル」では元騎手の「佐藤哲三」やKEIBAコンシェルジュの「須田鷹雄」などの予想も見ることができます。 他の競馬予想家たちの予想も参考にすることで、的中率も上がってくるかもしれません。 「ケイバシル」は無料で見られるサイトなので、気になる方は是非チェックしてみてください。 3-2:日刊スポーツ公式競馬予想サイト「極ウマ・プレミアム」 次に紹介するサイトは、日刊スポーツ公式競馬予想サイト「極ウマ・プレミアム」です。 こちらは日刊スポーツが運営している公式のサイトとなっていて、「木南友輔」も日刊スポーツの競馬記者の一人として予想を披露しています。 「極ウマ・プレミアム」には無料版と有料版があり、無料でもいくつかの情報が見られる点がおすすめです。 無料出馬表、無料記者予想、無料動画分析、無料調教採点など無料でも充実したコンテンツ内容となっています。 また、有料版の無料トライアルもあるので、気になるかたは無料トライアルでチェックしてみると良いかもしれません。 有料版では「木南友輔」の予想はもちろんですが、ベテラン記者の「堀内泰夫」、「今西和弘」らによる紙面に載せていない厳選予想も掲載されています。 まずは無料情報を活用することで的中率が上がるかもしれないので、無料情報から確認してみましょう。 3-2-1:木南の回収率は57. 7% 日刊スポーツ公式競馬予想サイト「極ウマ・プレミアム」では、日刊スポーツの競馬記者たちの回収率も掲載されています。 気になる「木南友輔」の回収率についてですが、6月の回収率は57. 10レースを予想し、的中したのは2レースです。 また、 7月については8レースを予想し、的中したレースはありませんでした。 ただし、「木南友輔」は穴馬を本命にする予想スタイルなので、的中率が下がってしまうのは仕方ありません。 的中したときに大きな配当を手にして、一気に回収率が変わってくる可能性もあります。 そのため、今後も高配当を的中させることができるのか目が離せません。 「木南友輔」でも、月間の回収率をプラスにすることは難しいことです。 年間トータルで最終的にプラス収支になるのが望ましいので、これからも日刊スポーツ新聞の注目記者である「木南友輔」の予想に期待してください。 3-3:競馬知恵袋 最後に「木南友輔」の予想が無料で見られるサイトとして紹介するのが、「競馬知恵袋」です。 こちらのサイトは馬券予想やレース傾向、血統診断など競馬に関する様々な情報を配信しているサイトで、「木南友輔」の穴馬予想の特集記事もあります。 「木南友輔」だけでなく、スポニチの「オサム」や「万哲」の予想もまとめてあります。 「木南友輔」の穴馬予想が見られるサイトとして活用できるでしょう。 また、「競馬知恵袋」では独自のレース予想や血統理論などを公開しています。 競馬に関する基礎知識が増やせるサイトとしても目が離せません。 過去のレース傾向や競馬場の特性まで詳しく解説されいるので、馬券の参考にできる情報が満載です。 「木南友輔」の予想だけでなく、競馬に関する豊富なコンテンツが魅力の「競馬知恵袋」にも注目してください。 まとめ 「木南友輔」は日刊スポーツ新聞の競馬記者として、競馬ファンからの注目を集めています。 「木南友輔」は穴馬狙いの予想スタイルで、意外な穴馬を本命にすることがあります。 過去には11番人気と低評価の穴馬を本命にしたことがあり、高配当的中には欠かせない存在です。 また、過去に3連単51万6170円などの高配当を的中させた実績がある点も目が離せません。 実績のある競馬記者として、信頼度の高い点がさらに注目を集めている理由の一つです。 「木南友輔」の競馬予想は日刊スポーツ新聞にも掲載されていますが、「ケイバシル」などの無料のサイトでも確認することができます。 日刊スポーツ新聞を購読していなくても、「木南友輔 」の予想が見られるサイトがある点は注目でしょう。 「木南友輔」の予想を参考にすることで、高配当的中も夢ではありません。 「木南友輔」だけが印を打つ穴馬もいたりと、穴馬予想の参考にできる競馬記者です。 穴馬予想が無料で見られるサイトをチェックして、馬券に上手く組み込んでみてください。

次の

日刊スポーツ競馬記者「木南」の穴馬予想が無料で見られるサイト3選

ケイバシル

1:「木南友輔」とは日刊スポーツ競馬記者 レースを予想する際に競馬記者の予想を参考にすることも多いと思いますが、その中でも特に注目されているのが日刊スポーツ競馬記者の「木南友輔」です。 「木南友輔」は日刊スポーツで予想を展開する競馬記者で、 予想精度の高さに多くの競馬ファンが期待しています。 実力のある競馬記者が勢揃いの日刊スポーツ新聞において、「木南友輔」は一際目立っている存在です。 そこで、今回は日刊スポーツ新聞の競馬記者として一躍注目を浴びている「木南友輔」について、予想方法や穴馬予想が無料で見られるサイトなどを紹介します。 本格的な予想を展開している「木南友輔」の競馬予想を参考にすることで、馬券が当たるようになるかもしれません。 万馬券的中を目指すために、「木南友輔」の穴馬予想が見られるサイトをチェックしてみましょう。 2:日刊スポーツ競馬記者「木南友輔」の予想方法は穴馬狙い 最初に気になるのは、「木南友輔」の予想方法についてではないでしょうか。 競馬記者と言ってもその予想スタイルは様々ですが、「木南友輔」は 穴馬狙いの競馬記者として注目されています。 穴馬を本命に指名することが多く、的中率よりも回収率が期待できる予想スタイルです。 2019年8月11日に開催された重賞レースのエルムSと関屋記念において、それぞれ6番人気のテーオーエナジーと5番人気のサラキアを本命にしていました。 1番人気や2番人気を本命にしないところが、「木南友輔」の凄いところだと言えるかもしれません。 さらに、「木南友輔」だけが印を打つ大穴の馬もいたりと、誰もが予想しないような穴馬に目を付けることがあります。 2017年12月23日の中山4レースにおいて、11番人気のショウナンバリウスを本命にしたことがありました。 残念ながら、ショウナンバリウスは馬券に絡んでいません。 それでも、11番人気の馬に本命が打てる「木南友輔」は、万馬券的中に欠かせない存在となっています。 2-1:「木南友輔」の主な穴馬予想結果 「木南友輔」が穴馬を狙う予想スタイルだとわかったら、次に気になるのはその予想結果です。 いくら穴馬を予想していても、それが当たらなければ意味がありません。 そこで、「木南友輔」の競馬予想実績について紹介します。 「木南友輔」は日刊スポーツの競馬記者の中で特に注目を集めている存在ですが、それは過去に高配当を何度も的中させたことがあるからです。 3連単51万6170円・24万5960円、3連複3万8790円、馬連1万200円など輝かしい的中実績を持っています。 過去の実績から信頼度の高い競馬記者として、「木南友輔」の打つ印が気になっている競馬ファンも増えています。 最近でも2019年8月4日に開催された小倉記念を的中させていて、6番人気のカデナを本命にして2着と好走しました。 1着だったメールドグラースもしっかりと対抗に押さえている点も目が離せません。 ただ穴馬を狙うだけでなく、人気馬も実力が上位だと思えば重い印を打っています。 「木南友輔」の精度の高い競馬予想には、これからも注目です。 3:日刊スポーツ競馬記者「木南」の予想が無料で見られるサイト3選 日刊スポーツ新聞の競馬記者として注目を集めている「木南友輔」は、その予想が見たいと思う競馬記者の一人です。 日刊スポーツ新聞を購読していなくても、「木南友輔」の予想が見たいと思う方も多いでしょう。 そこで、「木南友輔」の予想が無料で見られるサイトを紹介します。 無料で見られるサイトなら、わざわざスポーツ新聞を買いに行く手間が省けるかもしれません。 活用できるものは最大限活用するのが、競馬予想においても重要になってきます。 情報を如何に集めるかも大事で、「木南友輔」の穴馬予想を参考にすることで高配当が的中するようになるかもしれません。 これから紹介するサイトを参考にして、万馬券的中を目指してください。 3-1:ケイバシル 最初に紹介する無料で予想が見られるサイトは、「ケイバシル」です。 「ケイバシル」は様々な競馬評論家や競馬記者の予想をまとめているサイトで、日刊スポーツ新聞競馬記者の予想もまとめてあります。 本命や対抗など「木南友輔」が印を打った馬が記載されているので、予想の参考にしやすいサイトです。 ただし、こちらで確認できるのは日曜に行われる主な重賞レースや日刊スポーツ公式競馬予想サイト「極ウマ・プレミアム」で「木南友輔」が取り上げたレースのみです。 全てのレースの予想が見られるわけではないという点には注意してください。 また、「ケイバシル」では元騎手の「佐藤哲三」やKEIBAコンシェルジュの「須田鷹雄」などの予想も見ることができます。 他の競馬予想家たちの予想も参考にすることで、的中率も上がってくるかもしれません。 「ケイバシル」は無料で見られるサイトなので、気になる方は是非チェックしてみてください。 3-2:日刊スポーツ公式競馬予想サイト「極ウマ・プレミアム」 次に紹介するサイトは、日刊スポーツ公式競馬予想サイト「極ウマ・プレミアム」です。 こちらは日刊スポーツが運営している公式のサイトとなっていて、「木南友輔」も日刊スポーツの競馬記者の一人として予想を披露しています。 「極ウマ・プレミアム」には無料版と有料版があり、無料でもいくつかの情報が見られる点がおすすめです。 無料出馬表、無料記者予想、無料動画分析、無料調教採点など無料でも充実したコンテンツ内容となっています。 また、有料版の無料トライアルもあるので、気になるかたは無料トライアルでチェックしてみると良いかもしれません。 有料版では「木南友輔」の予想はもちろんですが、ベテラン記者の「堀内泰夫」、「今西和弘」らによる紙面に載せていない厳選予想も掲載されています。 まずは無料情報を活用することで的中率が上がるかもしれないので、無料情報から確認してみましょう。 3-2-1:木南の回収率は57. 7% 日刊スポーツ公式競馬予想サイト「極ウマ・プレミアム」では、日刊スポーツの競馬記者たちの回収率も掲載されています。 気になる「木南友輔」の回収率についてですが、6月の回収率は57. 10レースを予想し、的中したのは2レースです。 また、 7月については8レースを予想し、的中したレースはありませんでした。 ただし、「木南友輔」は穴馬を本命にする予想スタイルなので、的中率が下がってしまうのは仕方ありません。 的中したときに大きな配当を手にして、一気に回収率が変わってくる可能性もあります。 そのため、今後も高配当を的中させることができるのか目が離せません。 「木南友輔」でも、月間の回収率をプラスにすることは難しいことです。 年間トータルで最終的にプラス収支になるのが望ましいので、これからも日刊スポーツ新聞の注目記者である「木南友輔」の予想に期待してください。 3-3:競馬知恵袋 最後に「木南友輔」の予想が無料で見られるサイトとして紹介するのが、「競馬知恵袋」です。 こちらのサイトは馬券予想やレース傾向、血統診断など競馬に関する様々な情報を配信しているサイトで、「木南友輔」の穴馬予想の特集記事もあります。 「木南友輔」だけでなく、スポニチの「オサム」や「万哲」の予想もまとめてあります。 「木南友輔」の穴馬予想が見られるサイトとして活用できるでしょう。 また、「競馬知恵袋」では独自のレース予想や血統理論などを公開しています。 競馬に関する基礎知識が増やせるサイトとしても目が離せません。 過去のレース傾向や競馬場の特性まで詳しく解説されいるので、馬券の参考にできる情報が満載です。 「木南友輔」の予想だけでなく、競馬に関する豊富なコンテンツが魅力の「競馬知恵袋」にも注目してください。 まとめ 「木南友輔」は日刊スポーツ新聞の競馬記者として、競馬ファンからの注目を集めています。 「木南友輔」は穴馬狙いの予想スタイルで、意外な穴馬を本命にすることがあります。 過去には11番人気と低評価の穴馬を本命にしたことがあり、高配当的中には欠かせない存在です。 また、過去に3連単51万6170円などの高配当を的中させた実績がある点も目が離せません。 実績のある競馬記者として、信頼度の高い点がさらに注目を集めている理由の一つです。 「木南友輔」の競馬予想は日刊スポーツ新聞にも掲載されていますが、「ケイバシル」などの無料のサイトでも確認することができます。 日刊スポーツ新聞を購読していなくても、「木南友輔 」の予想が見られるサイトがある点は注目でしょう。 「木南友輔」の予想を参考にすることで、高配当的中も夢ではありません。 「木南友輔」だけが印を打つ穴馬もいたりと、穴馬予想の参考にできる競馬記者です。 穴馬予想が無料で見られるサイトをチェックして、馬券に上手く組み込んでみてください。

次の

バロキサビルマルボキシル

ケイバシル

ジャポニズムはアドマイヤテンクウとの一騎打ちでしょう。 シメジの一週前追い切りヤバイな。。 って感じ。 問題はピサに勝たれた事。 ウェズンも含め、限りなく終戦に近くなってしまいました。 暫く静かにしていたいと思います ps. プリンス君の次走は、ラジ2歳orホープフルになるでしょう。 ps2. 次はアンカツに乗り替わりかな。 ps3. 現時点での完成度の差が出たかな。 良くなるのはまだ先だから』 結局(恐れを成してか)5頭立てw (ある意味…、ポイント獲得確定 ) 人気、現状の完成度、、どれをとってもヴィクトワールピサが一枚抜けているでしょう。 反面、我がプリンス君はまだまだ成長途上。 希望は前走からの上積みです。 また、もう一つのファクターとして少頭数であると言うこと。 一番怖いのは、人気薄で逃げられるであろう 和田Jのマイネルかもしれません。 希望は大外が欲しいなと。 内の4頭の出方を見られますし。 ただ、長距離と少頭数のレースはJockeyの腕に寄るところが大きいのも事実。 え?ユタカ? はぁ。。 京都2歳Sのピサ以上に怖い存在なのが、エーシンウェズンです。 これに負けたら(リディルの故障が痛かった)早くも終戦ムードかも…。 その他、アドマイヤジャガー、ラプリマステラ、エーシンウェズン辺りが出走予定です。 ジャポの未勝利戦は確勝かな。 ミテテはバーバリアンが強敵でしょう。 ただ、ここを勝てるようだと先が楽しめそう。 正直、新潟組の惨敗ぶりを見て「レベル低いな」と安心していました。 ただ…、この一頭だけは違う可能性が高いです。 ま、マズイです 既報通り、リディルのPOGシーズンは終わりましたので、打倒三飯厩舎との皮算用を再整理しておきます。 1. リディル+スクーデリアピサ+エンクリプション=ラプリマステラ+ジールドリル+キングスバウンティ+サクシード+ヴェラブランカ 2. アドマイヤプリンス=ヴィクトワールピサ 3. コスモファントム=トーセンファントム 4. ダノンアンチョ=エーシンウェズン 5. ツルマルジュピター+アドマイヤジャガー+エーシンテュポーン=シンメイフジ 1は問題ないと思います。 寧ろ貯金を作れると思います。 2はガチンコでしょう。 かなりのキーポイントになる可能性大。 3もポイント的にはガチンコですが、路線が違うのでどうでしょうか。 4は現状ウェズン(来週復帰予定)が有利でしょう。 アンチョは再入厩の目処が立っていませんし。 5、、ここが最大の分かれ道かもしれません。 シメジが暮れのG1で大量ポイントを獲得してしまうと苦しいです。 反面、アドマイヤジャガー(来週復帰予定)に結構期待しています。 初戦は訳ありでしたし。 あとは、ツルピタ&テュポーン(今月帰厩予定)のコツコツ作戦が有効かと。

次の