ライフ オン マーズ 韓国 キャスト ex。 ライフ・オン・マーズ : 韓国俳優DATABASE

ライフ・オン・マーズ : 韓国俳優DATABASE

ライフ オン マーズ 韓国 キャスト ex

ライフオンマーズ【韓国ドラマ】紹介 本作はイギリスの2006年の同名人気ドラマをリメイクしたもの。 2018年に生きる刑事が記憶をたどって1988年でレトロ捜査を繰り広げる物語です。 そのため1988年へのタイムスリップ物ではなく、88年は「主人公テジュの無意識が作り出した世界」。 ドラマ内には1988年の実際の事件をモチーフにしたエピソードも何度か出てきます。 また1988年っぽさ、記憶の中の88年というイメージを重視したため、実際には70年代の格好をしている人もいるとか。 どちらの時代にも登場する主人公テジュを演じたチョンギョンホさんは作中ほぼすべてのシーンに登場。 人間味あるテジュの姿はチョンギョンホさんの人生キャラクターと評され、ご自身の代表作となりました。 その他の俳優たちも演技派のベテランばかり。 その期待通りの熱演が作品への没入度を高め、人気を集めました。 ライフオンマーズ【韓国ドラマ】視聴率・評価 視聴率は2%から始まり、最終話で自己最高の5. 9%をマークし、大好評のなか幕を下ろしました。 序盤はドラマ「トンネル」に似ているという指摘が多く、OCN内で同様のドラマを複製しているだけという否定的な視線もありました。 しかし本作はイギリスで長年愛されている名作で、すでに複数の国でリメイクされているほど広く愛されているドラマです。 原作が完成度が高いだけに、韓国版はどのように脚色するのかがカギでもありました。 結果として原作に沿いながらも1988年当時の雰囲気をよく再現して、韓国的な情緒を表現するのに成功したと評価され、原作を越えたとするメディアも。 結末の解釈は? 結末については「とてもあいまいだ」というものと「テジュが幸せになったから最善だ」という意見に分かれていますが、総合的には 「原作のメッセージと韓国的情緒を組み合わせ、深い余韻を残した結末だった」との評価でした。 新人刑事役のノジョンヒョンさんが結末ついて監督に伺ったところ、それぞれが解釈して欲しいという回答だったとのことです。 スポンサーリンク ライフオンマーズ【韓国ドラマ】シーズン2・続編は? 本作はシーズン2を期待させる終わり方をしており、続編を望む声が多くあげられました。 主演チョンギョンホさんはシーズン2への出演意欲を表しており 「同じメンバーだったら絶対にでたい」 とあるラジオ番組で語っています。 撮影現場はとても和やかで俳優同士の信頼が厚く、いい雰囲気だったそうです。 新人刑事役だったノジョンヒョンさんも 「シーズン2について俳優同士も話をした。 あまりにもいい作品だったし、家族のように撮影しただけにぜひともまたこのメンバーでやりたいと話している。 」 とのこと。 視聴者も俳優たちも望んでいるシーズン2ですが、OCN側は具体的な論議はまだされていない、と発表しています。 放送終了直後のチーフプロデューサーの話によると 「シーズン2について話すのは時期尚早。 時間が経ってから話が出てくると思う。 シーズン2の可能性は大いにある」 と話しています。 放送終了から1年半ほど経った2019年年末もまだシーズン2については何も発表されていません。 スポンサーリンク ライフオンマーズ【韓国ドラマ】感想・評価 韓国版ライフオンマーズ。 終盤に行くに従ってモロに韓国ドラマになってるな。 面白いからいいのだけど、思ってたのとちょっと違う。 シーズン2を期待している」 「こんなにハマったドラマは久しぶり。

次の

韓国ドラマ|ライフオンマーズのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

ライフ オン マーズ 韓国 キャスト ex

<ドラマ概要> 『ライフ・オン・マーズ』は、現代に生きる頭脳派刑事が 30年前にタイムスリップして繰り広げていくSF捜査もので、 イギリスの大人気ドラマ『時空刑事1973 ライフ・オン・マーズ』のリメイクです。 科学捜査隊のチーム長で原則重視の エリート刑事ハン・テジュン(チョン・ギョンホ)。 連続殺人犯を追いかけている時に事故にあい 目覚めたら30年前にタイムスリップしていました。 そこはソウルオリンピックの年でにぎわう1988年で、 テジュンは幼い頃に自分が住んでいた地域の警察署の班長として 赴任したことになっています。 夢なのか現実なのか混乱しながらも その地域で起こる事件の捜査に当たっていきますが、 なにせ80年代。 前近代的な捜査手法だし、DNAって何?という世界。 防犯カメラも科学捜査もないアナログ捜査で、 容疑者への人権意識も同僚女性刑事への配慮などもあったもんじゃありません。 そんな中、理論よりも感情優先、殴るわ蹴るわの ずいぶんと荒っぽい取り調べをする 昔ながらのあつくるしい刑事のカン・ドンチョルと なにかと衝突しながらも、 現代での知識や記憶を生かしながら事件を解決していきます。 そのうちに、忘れていた自分の幼き日の過去と向き合うことになるのでした。 『愛の迷宮~トンネル~』は過去から30年後の未来である現在に タイムスリップして最新の捜査手法に戸惑う話でしたが、 これはその逆バージョン。 というか、きっと『トンネル』はこの英国ドラマからヒントを得て 逆にしてみたら面白いのでは~?という発想で 創作されたのかもしれませんね。 過去に来てしまったエリート刑事には、ときおり聞こえてくる、 まるで病院にいる自分に呼び掛けて来るかのような 現代からの呼びかけがあったり、 意味ありげなことをささやく人物たちも出て来るし、 一体どういうことなのかと見ながら混乱していきますが、 その謎がまた面白いところです。 ラストはえ~っ?と思いましたが、 ここは物議をかもすところでしょう。 80年代の風物、小道具が見事に再現されているので、 当時の韓国を知る人にはたまらなく懐かしいでしょうし、 知らない人でも韓国の80年代を知ることができます。 けだるくアンニュイなチョン・ギョンホがスマートで、 ちょっととろみのある目元がセクシーです。 そんなチョン・ギョンホ演じる現代の刑事と、 パク・ソンウン扮する典型的なおじさんデカが衝突しながらも 徐々にお互いを認めあい、良きパートナーになっていく過程がいいです。 エミー賞を受賞し、アメリカでもリメイクされ、 ストーリーの面白さはお墨付きです。 この作品が気に入った人は… ・時空を超えた捜査もの 『愛の迷宮~トンネル~』 ・真逆の2人の男同士の絆 『元カレは天才詐欺師~38師機動隊~』.

次の

ライフ・オン・マーズ : 韓国俳優DATABASE

ライフ オン マーズ 韓国 キャスト ex

<ドラマ概要> 『ライフ・オン・マーズ』は、現代に生きる頭脳派刑事が 30年前にタイムスリップして繰り広げていくSF捜査もので、 イギリスの大人気ドラマ『時空刑事1973 ライフ・オン・マーズ』のリメイクです。 科学捜査隊のチーム長で原則重視の エリート刑事ハン・テジュン(チョン・ギョンホ)。 連続殺人犯を追いかけている時に事故にあい 目覚めたら30年前にタイムスリップしていました。 そこはソウルオリンピックの年でにぎわう1988年で、 テジュンは幼い頃に自分が住んでいた地域の警察署の班長として 赴任したことになっています。 夢なのか現実なのか混乱しながらも その地域で起こる事件の捜査に当たっていきますが、 なにせ80年代。 前近代的な捜査手法だし、DNAって何?という世界。 防犯カメラも科学捜査もないアナログ捜査で、 容疑者への人権意識も同僚女性刑事への配慮などもあったもんじゃありません。 そんな中、理論よりも感情優先、殴るわ蹴るわの ずいぶんと荒っぽい取り調べをする 昔ながらのあつくるしい刑事のカン・ドンチョルと なにかと衝突しながらも、 現代での知識や記憶を生かしながら事件を解決していきます。 そのうちに、忘れていた自分の幼き日の過去と向き合うことになるのでした。 『愛の迷宮~トンネル~』は過去から30年後の未来である現在に タイムスリップして最新の捜査手法に戸惑う話でしたが、 これはその逆バージョン。 というか、きっと『トンネル』はこの英国ドラマからヒントを得て 逆にしてみたら面白いのでは~?という発想で 創作されたのかもしれませんね。 過去に来てしまったエリート刑事には、ときおり聞こえてくる、 まるで病院にいる自分に呼び掛けて来るかのような 現代からの呼びかけがあったり、 意味ありげなことをささやく人物たちも出て来るし、 一体どういうことなのかと見ながら混乱していきますが、 その謎がまた面白いところです。 ラストはえ~っ?と思いましたが、 ここは物議をかもすところでしょう。 80年代の風物、小道具が見事に再現されているので、 当時の韓国を知る人にはたまらなく懐かしいでしょうし、 知らない人でも韓国の80年代を知ることができます。 けだるくアンニュイなチョン・ギョンホがスマートで、 ちょっととろみのある目元がセクシーです。 そんなチョン・ギョンホ演じる現代の刑事と、 パク・ソンウン扮する典型的なおじさんデカが衝突しながらも 徐々にお互いを認めあい、良きパートナーになっていく過程がいいです。 エミー賞を受賞し、アメリカでもリメイクされ、 ストーリーの面白さはお墨付きです。 この作品が気に入った人は… ・時空を超えた捜査もの 『愛の迷宮~トンネル~』 ・真逆の2人の男同士の絆 『元カレは天才詐欺師~38師機動隊~』.

次の