ちかさとナビ。 多くの人に使ってもらえる便利なアプリをつくりたい~スマートフォンアプリ「うめちかナビ」を開発~

多くの人に使ってもらえる便利なアプリをつくりたい~スマートフォンアプリ「うめちかナビ」を開発~

ちかさとナビ

<肩甲骨のストレッチ> 両手をまず、肩の上にのせ、ひじを大きく円を描くように回す。 後ろまわり・前まわりを各10回繰り返す。 肩の付け根にある肩甲骨を大きく回すことと、呼吸を止めずに大きくゆっくり行うのがポイント。 <上半身のストレッチ1> 両手にタオルを持って頭の上に持ち上げる。 そこから頭の後ろのほうへタオルを下ろす。 ひじは落としすぎないように胸を張りながら下ろして、10秒止める。 これを10回繰り返す。 タオルをたるませないように張りながら、胸を開いて呼吸を止めないようにするのがポイント。 <上半身のストレッチ2> 両手にタオルを持って頭の上に持ち上げる。 そこから体を右と左に倒していき、タオルを前のほうへ持っていく。 腰はそらないように伸ばしていく。 この状態で10秒止め、これを左右で10回繰り返す。 下半身のストレッチ.

次の

うめちかナビ

ちかさとナビ

あらかじめご了承ください。 もらって嬉しい、やる気につながるコメントであること。 下記に記載する禁止事項に該当していないこと。 【禁止事項】• お店に聞くべき内容 料金、空き状況等• プレイに関する内容• 誹謗中傷、高圧的な表現が含まれる内容• プライバシーに関する内容• 法律、公序良俗に反する内容• 相互オキニを促す内容• その他、弊社が女の子のやる気に繋がらないと判断した内容.

次の

大学アプリレビューvol.14 立命館大学の学生が開発した「うめちかナビ」

ちかさとナビ

大阪駅、梅田駅、東梅田に西梅田……。 大阪梅田駅周辺といえば、複雑な地下街で迷う人が多い場所として有名です。 「梅田ダンジョン」「迷宮」なんて言われることもあるそんな梅田の地下街を楽に移動できるのが立命館大学ユビキタス環境研究室が開発した「うめちかナビ」です。 もともとはウェブアプリとして提供されていた「うめちかナビ」。 これをiPhone版やAndroid版として開発したのが立命館大学のユビキタス環境研究室です。 この「うめちかナビ」の特長は、最短距離を示すだけではなく、梅田地下街をなるべくバリアフリーに移動するルートを選択できる点。 梅田駅周辺で迷ったことのある方はご存じかも知れませんが、梅田の地下街は平坦ではなく、目的地にたどり着くには上下の移動が大きいことがあります。 そこでバリアフリー経路ではエレベーターやスロープなどを選択しつつ、階段やエスカレータが経路上に出ないように工夫されています。 また、電波が届きにくいという問題も、公衆Wi-Fiやビーコンを活用することで解決。 地下でも問題なくナビゲーションできる工夫がされているそう。 では実際にどのようなアプリなのか。 初回起動時は利用規約が表示され、規約に同意することでアプリが使用できるように。 2回目以降の起動時はすぐにマップが表示されるようになります。 マップ上には初めからトイレの場所や飲食店などが表示されるようになっています。 地図上右下にはこの場所が何階なのかもわかりやすく表示。 さらに階数を切り替えると表示される店名なども変化。 必要ない情報が見えないことでよりわかりやすい地図になっています。

次の