生理中体重。 生理前に体重が増加して太る、本当の原因&対応策!

生理前に体重が増加して太る、本当の原因&対応策!

生理中体重

生理中の体重増加はむくみが原因 気になる生理中の体重増加は、むくみが原因です。 この体重増加のせいで生理前後は痩せにくいと勘違いする人も多いですが、むくみと太ることはまた別の話です。 「生理前や生理中は何をしても痩せないから、ダイエットをしても無駄。 だからダイエットを休憩しよう。 」 「生理後の痩せ期になれば体重が減りやすくなるので、痩せ期にダイエットを再開しよう。 その方が楽に痩せられる。 」 このような考え方は無意味であり、ダイエットの停滞期に陥る(体重が減らず停滞する)原因になるだけです。 なぜなら、肥満は体に脂肪が付くことであり、むくみは体が抱える水分量が増えることです。 体がどれだけむくもうと太ったわけではなく、逆にむくみが引いても痩せたことにはなりません。 生理前から生理後まで体脂肪率が一定であれば、生理中にむくみで体重が2キロ増えても、生理後にはちょうど2キロ減って元に戻ります。 必ずです。 例えば生理前の体重が55キロなら、生理中にむくみで体重が57キロに増えても、生理後には再び55キロに戻ります。 だけど、「生理前と生理中のダイエットは無駄なので、ケーキを食べてダイエットを休もう。 」と考えてケーキを食べ、体脂肪が1キロ増えれば、生理後には体重が1キロ増えています。 生理前に55キロだった体重が、生理中に58キロに増え(むくみで+2キロ、体脂肪で+1キロ)、生理後には56キロになるわけです。 (結果的に+1キロの体重増加) また、「痩せ期は体重が減りやすいので一気に痩せよう。 」と考えて極端な食事制限(断食)などを行った場合、基礎代謝が下がってその後の体重が減りにくくなります。 ダイエットはコンスタントに続けてゆっくり結果を出すものであり、「何をしても体重が減らない時期」「痩せ期」などと分けて考えれば失敗の原因になるのです。 生理中の体重増加はいつ戻る? 生理中に体重が増加した後いつ戻るのか、が気になるのではないでしょうか。 基本的には、生理が開始するとともに、むくみが引き始めます。 よって、「生理中の体重増加分は生理開始後に減り始め、日を追うごとに減っていき、次第に元に戻る」が「いつ戻る?」に対する回答です。 生理前後の体重増加が始まる時期をより正確に表現すれば、生理の10日前から3日前にかけた時期です。 もちろん個人差がありますし、同じ人でも毎回異なったりします。 また、生理中の体重増加が何キロくらいなのかは、個人差がありますが1~2キロくらい、人によっては(同じ人でも状況によっては)それ以上の場合もあります。 生理前や生理中のむくみの原因は? それでは、生理前から生理中にかけてのむくみの原因は何なのでしょうか。 実は、生理に関係するむくみの原因は、月経前症候群という女性に特有の症状です。 月経前症候群とは、生理前(正確には生理の3日前から生理の10日前)に発症する症状で、精神的・肉体的に不快な症状です。 具体的な症状は、精神的なものでは、精神の不安定、うつ、不安を感じる、怒りやすくなる、疲れやすくなる、孤独感、不眠(または過剰に眠たくなる)などです。 また、肉体的な症状は、体のむくみ(体重増加)、下腹部の膨満感(腹痛)、乳房が張る(乳房の痛み)、腰痛や関節痛などです。 この月経前症候群の不快な症状は、生理開始と同時に減り始めて消えていきます。 上記の通り、生理前や生理中のむくみも月経前症候群の症状の1つです。 生理前から生理中にかけて体重が増加する傾向にあるのは、女性であれば当然のことです。 ただし、月経前症候群の症状の出方には個人差があり、症状が重い人もいれば症状が全く出ない人もいます。 また、同じ人でもある生理では症状が重かったり、ある生理では症状が軽かったりします。 月経前症候群の正確な原因はまだ特定されていませんが、可能性がある原因としてはホルモンバランスの変化(エストロゲン、プロゲステロン)、栄養不足(栄養の偏り)、運動不足などが考えられます。 対症療法には低用量ピル(ホルモン療法)、抗うつ薬、利尿薬、鎮痛薬などが挙げられますが、できれば薬に頼りたくないものです。 そこで、まずは栄養不足や運動不足を改善していくようにしましょう。 栄養バランスに優れた食事を行い、運動も適度に行うと良いです。 よって、大豆イソフラボンの摂取が月経前症候群の改善に役立ち、これを原因とする生理前から生理中のむくみの改善にも役立ちます。 生理周期の体重増加は無視する 生理周期に関係する体重増加はただのむくみであり、むくみが引いた後は体重が元に戻ること。 そして結局、肥満に関わるのは体脂肪であること。 冒頭でも書きましたが、生理周期を「ダイエットが無駄な時期(生理前と生理中)」と「痩せ期(生理後)」に分けて考えるのは、非科学的でおすすめしません。 生理中の体重増加に対して悲観的にならず、生理後の体重減少に歓喜せず、ただ黙々と体脂肪を減らすためのダイエットを継続していくことが大切です。 また、生理の体重増加を緩和しつつ、体脂肪を減らしていく一石二鳥のダイエット方法に、野菜原料が主体の酵素ドリンクを利用した酵素ダイエットが挙げられます。 上にも書いた通り、月経前症候群の原因の1つが栄養不足であり、野菜原料が主体の酵素ドリンクで栄養を補えば生理の体重増加を抑えることができます。 さらに酵素ドリンクには基礎代謝を上げる効果があるので、体脂肪もコンスタントに減らしていくことができます。 野菜原料が主体の酵素ドリンクには優光泉酵素があり、これは九州産野菜を主原料にしており、これをコップ1杯飲むとバケツ1杯分の野菜の栄養を補えます。 さらに、優光泉酵素は酵素ドリンクでは唯一、酵素原液100%です。 酵素を一番多く補える酵素ドリンクなので、基礎代謝を上げる効果は全製品中で最高です。

次の

生理になると太る理由は?何キロ増える?体重が戻らないのはなぜ?

生理中体重

【2020年】生理中の食事はなにがいい?生理痛 PMS 対策になる食べ物・飲み物を解説 生理中というだけでも憂鬱な気分になってしまうのに、更に生理痛や貧血、頭痛などが起こると本当に心身共につらいですよね。 我慢すれば耐えられるけれどやっぱり生理が近づくと憂鬱…という方もいれば、毎回薬を飲まないと耐えられない程の、生理時の不調を抱えていらっしゃる方も多いかと思います。 また、生理中は体重が増えたり減量効果が出にくくなることも多く、ダイエットがうまくいかないという声も聞きます。 生理前からの食欲増進や甘いものが食べたくなる欲求も、ダイエット期間にはつらいですよね。 こうした生理中に起こる不調を改善する方法は、薬以外にないのでしょうか? 実は、生理中に食べるものに気を付けると、軽減できる可能性があります。 生理中の憂鬱と不調を少しでも改善して前向きな気持ちで過ごすために、普段の生活習慣、特にお食事を見直してみませんか。 生理中の不調の原因と改善するための食事について、管理栄養士が解説します。 1.生理中の身体の不調はなぜ起こる? 生理中の悩みとして一番多いのが、「生理痛」。 そして、「情緒不安定やイライラ」「貧血」なども多くの人が感じる症状です。 こうした症状はなぜ起こるのでしょうか。 まずはその原因について簡単に説明します。 1-1. 生理痛 まず、生理痛の主な原因となるのはプロスタグランジンという物質です。 プロスタグランジンは、受精が成立せず要らなくなった子宮内膜を経血として体外に排出するために、子宮を収縮させる役割を担っています。 このプロスタグランジンの分泌が多くなると、子宮が強く収縮し痛みが生じます。 1-2. 情緒不安定やイライラ 生理前から生理が始まるまでに現れる精神的、あるいは身体的症状を月経前症候群 PMS と言い、精神的症状としては情緒不安定、抑うつ、不安、イライラなどがあります。 排卵後から生理が始まる時期にかけて、女性の体内ではプロゲステロン(黄体ホルモン)が急激に増え、エストロゲン(女性ホルモン)とのホルモンバランスが変化することでPMSの症状が現れます。 1-3. 貧血 生理中の経血の量が多い人は、鉄分が不足して鉄欠乏性貧血になりやすくなります。 二日目に多い日用のナプキンを2-3時間おきに交換しないともれてしまうのは過多月経です。 鉄は血液中にあるヘモグロビンの材料です。 ヘモグロビンは全身に酸素を運搬する役割を果たしているので、鉄分が不足することによりヘモグロビンも少なくなると、全身の酸素循環がうまくいかなくなってしまうのです。 こうして起こる貧血の症状には、めまい、ふらつき、動悸、息切れ、倦怠感などがあります。 2.生理中に摂った方が良い食べもの では、このような不調を改善するためにどのような食べ物を摂ると良いのでしょうか。 生理痛がひどい人は、下記のようなマグネシウムを多く含む食品を摂ることで症状の緩和が期待できます。 豆腐 、納豆、豆乳、きなこなどに含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンと似た働きを持っているので、この 大豆イソフラボンの摂取によりホルモンバランスが整い、精神的な不調も緩和される可能性があります。 鉄分を多く含むレバーや赤身の肉類、ひじき、ほうれん草、プルーンなどがお勧めです。 また、ブロッコリーやレモンなど、ビタミンCを多く含む食品を一緒に摂ると鉄分の吸収率がアップします。 鉄分だけを摂れば良いということではなく、色々な栄養素が相互に作用して体の中で効果を発揮しますので、バランス良い食事を心がけることも重要です。 冷えにより生理痛などの症状がひどくなることがありますので、できるだけ身体を温める食材を摂りましょう。 生姜やネギ、ごぼうやにんじんなどの根菜類は身体を温める作用を持ちます。 また、ハーブティーやココアも身体を温めてくれ、同時にリラックス効果により精神的な不調の緩和も期待できます。 血液をサラサラにし、血流を良くする作用を持つEPAやDHAを多く含む、ブリ、サンマ、イワシなどの青魚を摂ることもお勧めです。 また、トマトやきゅうりなどの夏野菜も体を冷やすので、夏野菜サラダばかり食べ過ぎたりしないよう気を付けましょう。 また、神経を興奮させる作用を持ちますので、精神的な不調を助長させる可能性もあります。 コーヒーや紅茶、エナジードリンクなどカフェインを多く含む飲み物は、生理中は少し控えめにした方がよいでしょう。 4.ダイエット期間にお勧めの生理との付き合い方 生理中にどうしても体重が増える!ダイエットが進まない。。 と悩んでいる方、多いですね。 これは、生理中は血流が悪くなりむくみが起こりやすくなることが主な原因です。 むくみ改善のために、まずは塩分 を摂りすぎないよう気を付けましょう。 塩分摂取量が多いと身体に水分を溜め込みやすくなり、むくみの原因になります。 調味料のかけすぎや麺類の汁などに注意し、塩分を排出してむくみを解消してくれる野菜・果物類はバランスよく摂るようにしましょう。 また、無理は禁物ですが適度な運動やゆったりと入浴することで、血流が良くなりむくみ改善に役立ちます。 生理前から甘いものが食べたくなったり食欲が増すこともありますが、食べ過ぎないよう注意しながら上手に付き合っていきましょう。 例えばチョコレートが食べたいときはマグネシウムを多く含むアーモンド入りのものにして、3粒までと決めて食べる。 プルーン入りのヨーグルトなら鉄分も補給出来て満足感があります。 菓子パンや洋菓子は柔らかくパクパク食べられてしまうので、食べた後に満足感が得られづらい割りに高カロリーです。 ナッツやドライフルーツ入りのものなど歯ごたえのあるものを選ぶことも、「食べた!」という満足感アップに繋がるのでお勧めです。 上でご説明したように、生理中はむくみ等により体重が減りづらくなります。 ダイエット効果が一番出やすいのは生理後約2週間の期間ですので、生理中に思うように体重が減らなくてもあせらず、生理が終わったタイミングで運動等少し頑張るようにしましょう。 5.生理中にお勧めレシピ 生理中にお勧めのレシピをいくつかご紹介していきます。 com 白ゴマでも美味しいです。 ゴマはそのままのものでも、練りゴマでもok! ゴマ、きなこ、豆乳と生理痛緩和やホルモンバランスを整える効果が期待できる食材たっぷり。 バナナには快眠ホルモンの元になるたんぱく質が含まれるので、夜ぐっすり眠りたい方にも最適です。 com ほうれん草、ひじきと鉄分たっぷりの野菜、更にマグネシウムを含むゴマも入っているので生理中に食べたいレシピです。 デザートにビタミンCを多く含むいちごやオレンジを食べれば、更に吸収率もアップします。 com 血液サラサラ効果のあるサバと、鉄分を多く含むひじきで血流促進・貧血予防。 炊き込みご飯の中に、大豆や体を温める根菜類を一緒に入れるのも良いですね。 6.まとめ いかがでしたでしょうか。 生理痛や貧血の症状があまりにも重い場合には、病気が関係していることもありますので医師に相談することをお勧めしますが、食事に少し気を付けてみることで生理時の不調を緩和できる可能性はあります。 お勧め食材は、こちらでした。 ・マグネシウムを多く含むナッツ類、海藻類 ・大豆イソフラボンを多く含む大豆製品 ・鉄分を多く含む赤身の肉、ほうれん草、ひじき、プルーンなど ・体を温める根菜類、暖かいハーブティーやココア ・血液をサラサラにするサバ、イワシ、サンマなどの青魚 生理前~生理中は精神的にも不安定になりやすい時期なので、ゆったりリラックスすることを心がけながら、今回ご紹介した食材を少し意識して摂ってみてくださいね。

次の

生理前に太る理由とは?体重は戻るの?

生理中体重

生理中ってダイエットに向いてるの? 女性の子宮には、卵胞期、排卵期、黄体期、月経期と呼ばれる4つの臭気があります。 体の中で妊娠に向けての準備のために起こる現象ですが、それぞれの期に合わせて女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えたり減ったりしているのです。 妊娠の準備を始める卵胞期に急に増えるエストロゲンは、皮膚のコラーゲン合成を促進し、骨密度を高めたり、血管年齢も若返らせ、女性らしさが増大します。 この 卵胞期から排卵期に適度な運動を行うと、女性らしい健康的な肉体を作ることができ、ダイエットに最適な期間です。 それに対して生理の始まる1週間前から整理中は、プロゲステロンが増えてきて、水分や栄養素を体の中に溜め込み出すので、いつもより食欲も増して痩せにくい時期になります。 生理中は痩せにくい状態なのですが、デトックスが始まる時期でもあるので、その期間を上手に乗り切れば痩せやすい状態へ持っていくことができます。 痩せやすい時期ってあるの? 生理前から、生理中は、食欲が増し、特に甘いものをどか食いしてしまいたくなる時期でもあるので、そこで本能に任せて食べてしまうと体重が増えてしまいます。 一時的に増えても、生理が終われば自然と元の体重に戻る人が多く、生理前後で2〜3kgの増減をする人も珍しくありません。 つまり、痩せやすい時期は、生理が終わってからの2週間。 生理前から生理中、体内に栄養を蓄えようとする時期に体重を横ばいでキープできたら、生理が終わった後そこから痩せやすくなるので、体重を減らすことができます。 つまり、 生理前、生理中、イライラしやすい時期ですが、そこをどう過ごすかがダイエットの鍵です。 本能のまま、甘いものを食べ過ぎてはダメってことね 生理中はどうやって過ごす?運動はしていい? 生理前から生理中にかけての約2週間は、体に水分と栄養を溜め込む時期で痩せにくい時期です。 この期間は体重が増えやすくなるので、その存在を知らなければダイエットで挫折しやすい時期。 この期間は体重が増えやすいことを自覚し、キープできればいいと思って体重が減らないことを気にせず頑張りましょう。 むくみが出やすい時期なので、お風呂は湯船に浸かってしっかり体を温め、入浴後は足先から心臓に向かってマッサージを行って。 むくみは放っておくと冷えにつながり、セルライト化しやすいので、むくみを減らす努力は惜しまずに。 また水を溜め込みやすい塩分も控えましょう。 甘いものを食べたくなる時期ですが、空腹時に急激に血糖値を上げる白砂糖の摂取は控えて、 鉄分補給にもなるレーズンやプルーンなどのドライフルーツを食べるのがオススメです。 体重を増やさないようにと、食事量を減らしてしまうとストレスになるのでカロリーの少ない食事で上手に乗り切りましょう。 冷たいものを食べると体を冷やして血流を悪くし、生理痛をひどくしたりしてしまうので気をつけて。 カフェインやタバコも血流を悪くするので、控えたほうがいいですね。 生理前は便秘になる人も多いと思いますが、便秘は体重が本当に減らない原因なので、いつもより気がけて水分をとったり食物繊維の多いものを食べたり、運動をするなどして排泄に気を使って。 排便コントロールがうまくいくと、生理が始まってからスルスルと体重が落ちることを実感するのではないでしょうか。 むくむからといって水分を控える方がいますが、それは間違い。 水分が足りないと体が水を溜め込もうとして余計にむくみますので、こまめな水分補給で1日2000mlぐらい摂取できるように気をつけて。 氷水を飲むと冷えますので、50度くらいに温めた白湯がベスト。 白湯を飲むと内臓の働きも良くなりますので、より代謝も上がってダイエット効果が高まります。 ハードな運動でなければ、生理中でも気にせず運動しましょう。 まとめ 私たち女性の体の中は、4週間の生理周期のリズムに支配されています。 2週間が太りやすく、2週間が痩せやすい時期です。 ダイエットをする場合はこの自分のリズムをよく理解しておかないと、体重の増減に振り回されてしまいます。 「こんなに頑張っているのに痩せない!」「また甘いものを食べてしまった!」と自分を責める前に、自分の体の状態がどうなのか今一度体の声を聞いてみましょう。 生理周期を把握すると、生活のリズムも整い、イライラも軽減されます。 痩せにくい時期は痩せやすい時期に向かって準備して、痩せやすい時期になったら波に乗って体重を落としていきましょう! はら やばみ 1972年生まれの47歳。 20歳と18歳の2児の母。 39歳の時離婚。 現在シングルマザーで大学生と高校生を子育て中。 30代後半から太り始め、妊娠時代と同じ体重になったため、別居中にこのままではダメだ!綺麗になって、すっきり離婚しよう!と決意し、半年で8Kgのダイエットに成功。 すっきり身軽になって、旦那も断捨離。 そのままキープして楽しく暮らしていたのだが、2016年の熊本地震にあい、避難生活を続けている時あっという間に太り始め、そのまま体重が減らないまま食べてもないのに太るサイクルに突入。 ダイエット前の体重に戻ってしまう。 色々今まで成功した我流ダイエット法を試すもむなしく撃沈。 年齢相応の正しいダイエットで、健康と美貌を取り戻すべく奮闘中。 1年間続けてきた結果、お陰様でついにマイナス10kgのダイエットに成功! 会う人会う人に「痩せましたね!」「色っぽさが増してます!」と言われるように。 目標体重もすんなり通過してさらにマイナス2kgです! すっかり20代の頃の体重プラス体型に。

次の