花冷え 使い方。 寒の戻り、花冷えの意味と使い方。時期はいつ?反対語は〇〇

「時節柄・時節・時節の候」の意味と使い方・季節別の時節の挨拶

花冷え 使い方

「寒の戻り」や「花冷え」の意味を知っていると時候の挨拶に使えます。 「寒の戻り」や「花冷え」の時期はいつ頃でしょうか。 「寒の戻り」や「花冷え」など時候の挨拶の使い方を知っていれば上品な文章にまとめられます。 寒の戻りは春一番と関係しています。 春一番は、北海道や東北などの北日本と沖縄を除く地域で、その年に初めて吹く南寄りの強い風です。 春一番は例年2月から3月の半ばの、立春から春分の間に吹きます。 その年に初めて吹く東南東から西南西の強い風を春一番と呼んでいます。 春一番が吹いた日は気温が上昇しますが、翌日などから寒さが戻ることが多くなります。 春一番が吹いて気温が上昇した後に寒さが戻ることを「寒の戻り」ということがあります。 次に、寒の戻りや花冷えの意味・寒の戻りや花冷えの時期・寒の戻りや花冷えの使い方などの紹介をします。 寒の戻りや花冷えの意味 寒の戻り(かんのもどり)意味は、暖かくなった晩春の頃に一時的に異常に寒くなる現象のことになります。 寒の戻りの類義語には、花冷えや余寒(春寒)があります。 花冷えの意味は、花も咲き寒さの厳しい時期も過ぎた時期なのにまた寒さが感じられる様子になります。 花冷えは、主に桜の咲く時期に使われる言葉です。 桜が咲く時期に一時的に冷え込む事を一般的に花冷えだといいます。 寒の戻りや花冷えの時期 寒の戻りの意味は暖かくなった晩春の頃に一時的に寒くなることで、春一番の後の寒さで使うことがあります。 花冷えは寒の戻りの類義語で、桜が咲くころに使われる言葉です。 花冷えの意味は花も咲いて寒さも過ぎたころに寒さを感じられる様子になります。 寒の戻りの時期は2月4日の立春の頃から4月にかけての時期になります。 花冷えの時期は3月下旬から4月上旬ころの時期になります。 次に、寒の戻りや花冷えの使い方の紹介をします。 寒の戻りや花冷えの使い方 寒の戻りや花冷えの意味や、寒の戻りや花冷えの時期が分かれば、寒の戻りや花冷えの使い方も上手になります。 寒の戻りや花冷えなどの言葉は時候の挨拶や結びに使えます。 寒の戻りは立春からの現象なので2月中旬頃の時候の挨拶に適しています。 花冷えは桜が咲くころの寒さなので、3月下旬から4月上旬の時候の挨拶に適している言葉です。 「寒の戻り」を時候の挨拶として使う例では、「寒の戻りで寒さも厳しいですが、おかわりありませんか」などになります。 「花冷え」を時候の挨拶として使う例では、「桜も本番を迎えている季節ですが花冷えが続いています、お元気でお過ごしでしょうか」などになります。

次の

寒の戻り・花冷え・余寒の意味と使い方を調べたら意外と難しかった

花冷え 使い方

「花冷え」の意味とは? 「花冷え」の読み方• 「花冷え」の使い方• 「花冷え」を使った言葉と意味を解釈• 「花冷え」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「花冷え」の類語や言い換え シソーラス 言い換え• 「花冷え」の英語 解釈 など• 「花冷え」と「寒の戻り」の違い 「花冷え」の意味とは? 花冷えとは、 「桜が咲く頃にまた寒くなる」ことを表現する為の言葉です。 桜は暖かさを基準にして開花する習性のある植物なので、これが例年ちょうど暖かくなってきた4月頃に一斉に開花します。 しかし、まだまだ寒いことも多い季節なので、日によっては2月頃の寒さに戻ってしまったと思う日も少なくありません。 そのような日に対して、 「花冷えの一日だった」などと使う言葉です。 もう桜 花 が咲く春になったというのに、また寒くなったと言いたい時に使われる表現です。

次の

寒の戻り、花冷えとは何!意味や時期、使い方を調べてみました

花冷え 使い方

花冷えの花はサクラ この花冷えにおいての花はサクラをさします。 まず、桜が咲きはじめ、そしてどんどん暖かくなってきた頃に、思わぬ冷え込みになるということを、花冷え(はなびえ)というのですが、こちらの花冷えは、まず春をあらわす季語の一つとして使われることが多いようです。 なぜ、花冷えというものが起こるのかといいますと、3月末〜4月にかけて、北からの冷たい、高気圧などにおおわれたときなどに天気は良いのに、空気がとても冷たくて、とっても寒い!といったと花冷えになるそうなんです。 これはほぼ毎年のように起こる事象であるとされています。 春の天気はもともと安定しないといわれていますが、急に冬型の気圧配置にもどったりすることが多く、この冬型の気圧配置に戻ったときには冬のように寒くなることがあるんですね。 さらには、また、前線が停滞することによって、冷たい雨が降ったりすることもありますし、こういったことで寒くなるといわれています。 「花冷え」というのは、とてもきれいな音の響きで、さらに美しいことばですから、機会があれば、この花冷えということばを使ってみたいですね。 「花冷え」はお手紙で使うのがお勧め まずは、こちらの花冷えは春の季語なので、色々なシーンで使うことができます。 たとえば、お手紙などで使うことをお勧めします。 たとえば、「花冷えの時節となりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 時節柄、体調を崩しやすいですので、お風邪などひきませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。 」といった感じで、使うことができます。 さらには、「花冷えの季節ですが、人間世界にも変化がたくさんある時期ですので、どうぞご自愛くださいませ」といった使い方もできますね。 さらには、「花冷えの候」だったり、「花冷えのころ」、さらには「花冷えの折」なんかでお手紙を始めてみてもいいですね。 この「花冷え」を使って、お好きなようにアレンジすることが可能です。 お手紙なんかで使用して、ぜひ相手の方に、きれいな読後感などを残していくようにしましょうね。 いかがでしたか?春は、天気は不安定だったりするので、こういった花冷えという言葉を使うようですね。 ぜひこの言葉の意味を理解して、これから使うようにしてみてくださいね。

次の