ナンシー 映画。 映画『ナンシー(Nancy)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 予告動画とあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

まるで女性版『ジョーカー』!?「30年前の失踪少女は……私かも」挙動が不穏な虚言癖女子『ナンシー』

ナンシー 映画

ナンシーは、パーキンソン病を患う母親と質素に暮らしていた。 二人は決して仲がいいとは言えず、母親はナンシーに対して冷たかった。 ナンシーは、地元の歯科医院で勤務していたが、職場の仲間に北朝鮮に旅行で行ったなどと嘘ばかりついていた。 彼女は常にファンタジーの世界の中にいた。 ネットを通じて出会った見知らぬ男に妊娠していると偽ったりした。 しかし彼女の嘘は、現実味が全くなく、すぐに本当のことがバレてしまうのだった。 そんなある日、ナンシーの母親が脳卒中で倒れ、亡くなってしまう。 これでナンシーはファンジーの世界に独りぼっちになってしまった。 TVを付けると、そこでは行方不明になったきり、何十年も娘ブルックの帰りを待ち続ける夫婦のことが放送されていた。 行方不明時の写真を基に合成した現在の娘の画像を見ると、自分に似てなくもなかった。 そこでナンシーはあろうことか夫婦に、自分がブルックであると連絡を入れる。 そしてナンシーはブルックを装って夫婦に接近するのだった。 ナンシーのキャスト• アンドレア・ライズボロー• Jスミス・キャメロン• アン・ダウド• ジョン・レグイザモ• スティーヴ・ブシェミ ナンシーの感想と評価 クリスティーナ・チョー監督による、B級寄りのへなちょこミステリードラマ。 虚言壁のあるヒロインが、娘を失くした真面目な夫婦に自分が彼らの娘だと名乗り、娘になり済まそうとする気味の悪い話です。 恐怖を演出したいのか、家族とのつながりを求める寂しい女のシリアスなドラマにしたいのか、中途半端なところを行っていて、一つ一つのエピソードが弱いですね。 どうせなら虚言癖のある女が、詐欺を働いたり、人を殺したりしていく、スリリングな展開にすればいいのに、結局最後まで大した事件は起こらずヒロインが何をしたいのかよく分からないストーリーになっていました。 キャストも地味ですね。 有名どころは、「ファーゴ」でお馴染みのスティーヴ・ブシェミと、ヒスパニック系の脇役で知られるジョン・レグイザモぐらいでしょうか。 特にヒロイン役のアンドレア・ライズボローの役作りが微妙で、狂った女を演じきったとはいえないでしょう。 肝心なヒロインのパフォーマンスが微妙だとどうにもならないですよね。 物語は、母親と二人暮らしをしていたヒロインが母親を病気で亡くしてから、テレビに出演していた行方不明の娘を待つ夫婦に電話をし、自分が娘だと言い張っては、夫婦の家に泊まりに行く様子を描いていきます。 ヒロインが嘘を付く理由は、おそらく寂しいからで、実の母親から愛情を受けてこなかったのが原因のように思えます。 それで人々の注意をひくためにしょうもない嘘を繰り返すのが癖になって、ある時病的な域まで達してしまった、という感じでしょうか。 ただ、ヒロインが嘘を付く相手がみんな真面目で、いい人ばかりで、それぞれが結構純粋に彼女の虚構のストーリーを信じてしまう、ということもあって、だいぶタチが悪いタイプの嘘つきといえるでしょう。 嘘の種類がまた微妙な嘘で、北朝鮮に行ったとか、妊娠したとか、そんな嘘をついてどうするんだよっていうレベルの嘘なのがポイントですね。 決してヒロインにメリットのある嘘じゃないので、言われたほうはついつい信じてしまうのかもしれません。 ときどきいますよね、そういうしょうもない嘘をつく奴。 でも嘘のレベルが低いから、すぐにバレてるし、バレても決して嘘だと認めようとしなかったりするのね。 そんな暇人の嘘つきナンシーは、夫婦に嘘を付いたことである意味、モラルのボーダーラインを越えた、といえそうです。 今までの嘘はまだただの嘘で済んだかもしれないけど、今回は違います。 子供の帰りを30年以上も待ち続ける夫婦の家に押しかけ、娘を名乗るってもう後に引けないですよね。 ファンタジーの世界に生きているくせに、そんなことをしたらどうなるか想像がつかないんですかね。 当然、夫婦は幼少時代のことを質問してくるし、DNA検査をしようと言い出します。 するとナンシーは青ざめた顔をして、突然帰ると言い出したり、やっぱり泊まっていくと言い出したり、さっぱり何がしたいのか分かりませんでした。 これ、最後ナンシーが本当に狂って、あの夫婦を殺すとかにしないと、オチがつかないですよね。 それなのにナンシーと夫婦の間に不思議な絆が芽生えてきた、みたいな展開になっていて、笑っちゃいました。 また、ところどころもしや本当にナンシーが娘であると暗示するかのようなシーンもありましたが、いずれも歯切れが悪く、議論を呼ぶほど振り切れてないですよね。 夫婦のうち、妻のほうがDNA検査の結果を電話で聞いていたものの、あのリアクションからすると、一致しなかったんでしょう。 もし一致していったら手放しで喜んでいたはずなので。 でも結果を伏せて妻はナンシーを娘として迎えるかのような態度になりましたよね。 あれはないわ。 夫のほうがよっぽどまともだわ。 あんなの夫婦ともどもナンシーにブチ切れていいでしょ。 嘘もほどほどにしろよって。 完全なる愉快犯じゃないですか。 愉快犯なら愉快犯で、あの家からなかなか帰ろうとしないとかじゃないと辻褄合わないよね。 いやあ、この家快適ですね、とか言いながら我が物顔で住みつかないと。 結局のところ夫婦に憐憫を感じることはできても、ナンシーには一ミリも同情できませんでした。 母親から愛情を受けて来なかっただ? 知らねえよ。 じゃあ自分で理想の家族を築けていけばいいだろ。 よその家庭に変な妄想を持って侵入するなよ、このメンヘラが。

次の

映画『ナンシー(Nancy)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 予告動画とあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

ナンシー 映画

近未来のデトロイトを舞台に、驚異的な能力を持つサイボーグ警官ロボコップの活躍を描くSFアクション。 監督・脚本は「ドラキュリアン」のフレッド・デッカー、製作はパトリック・クロウリー、共同脚本はDCコミックの人気作家で「ロボコップ2」のフランク・ミラー、撮影は「ゼイリブ」のゲイリー・B・キッビ、音楽は「イントルーダー 怒りの翼」のバジル・ポールドゥリスが担当。 出演は、前作までのピーター・ウェラーに続く2枚目ロボコップに「シンプルメン」のロバート・バーク、「ポルターガイスト3 少女の霊に捧ぐ…」のナンシー・アレン、「戦慄の絆」のジル・ヘネシー、「ブラック・レイン」のブルース・ロックなど。 監督 出演キャスト 第二次大戦中の海軍の秘密実験に端を発したタイム・ワープを描く冒険SF。 当初ジョン・カーペンターが監督するはずだったが、彼は別の映画に取りかかったので、「アイス・パイレーツ」のスチュアート・ラフィルが監督に起用され、カーペンターはエグゼクティヴ・プロデューサーとしてクレジットされている。 製作はダグラス・カーティス、ジョエル・B・マイケルズ。 ウォーレス・ベネットとドン・ジャコビーの原作に基づき、ウィリアム・グレイとマイケル・ジャクヴアーが脚本を執筆。 撮影はディック・ブッシュ、音楽はケン・ワンバーグ、特殊効果はマックス・W・アンダーソンが担当。 出演はマイケル・パレ、ナンシー・アレン、ボビー・ディ・チッコなど。 ユタ州ウェンドーバーとソルト・レーク・シティでロケ撮影された。 日本版字幕は清水俊二。 CFIカラー、ビスタサイズ。 1984年作品。 監督 出演キャスト 1941年、アメリカが真珠湾攻撃を受けた日から6日後の12月13日の南カリフォルニアを舞台に、日本軍が攻めてくるという恐怖の中での住民たちの一日の行動をコメディ・タッチで描く。 製作総指揮はジョン・ミリアス、製作はバズ・フェイシャンズ、監督は「未知との遭遇」のスティーヴン・スピルバーグ。 ロバート・ゼメキス、ボブ・ゲイルとジョン・ミリアスの原案(三笠書房刊)を基にロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルが脚色。 撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はジョン・ウィリアムズ、編集はマイケル・カーン、製作デザインはディーン・エドワード・ミズナー、衣裳はデボラ・ナドゥールマン、特殊効果はA・D・フラワーズが各々担当。 出演はダン・エイクロイド、ネッド・ビーティ、ジョン・ベルーシ、ロレイン・ゲイリー、マーレイ・ハミルトン、クリストファー・リー、ティム・マティソン、三船敏郎、ウォーレン・オーツ、ロバート・スタックなど。 監督 出演キャスト.

次の

シド・アンド・ナンシー

ナンシー 映画

嘘で塗り固めた私の人生。 けれど探しているのは、本物の温もり。 【ストーリー】 人付き合いが苦手なナンシーは、他人の関心を集めようと嘘ばかりついていた。 ある日、彼女は5歳で行方不明になった娘を探す夫婦をTVで見かける。 その娘の30年後の似顔絵が自分と瓜二つなことに気づき…。 【作品紹介】 嘘をつくことでしかコミュニケーションを取ることができない女性の繊細な心理をスリリングに描きだしたのは、監督・脚本のクリスティーナ・チョウ。 これまでに制作した短編作品が高い評価を得ており、長編デビューを飾った本作は、今年のサンダンス映画祭で脚本賞を受賞した。 主人公ナンシーを演じるアンドレア・ライズボローは名門英国王立演劇学校出身で、トム・クルーズ主演の『オブリビオン』(13)、アカデミー賞作品賞を受賞した『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)などに出演。 また『スーパーマン』シリーズのサム・ライミ監督がプロデュースする、『呪怨』(00)のリメイクにも主演することが発表されている。 ほかにも、スティーヴ・ブシェミやジョン・レグイザモら演技派俳優が脇を固めている。 本映画祭での上映はアジアン・プレミアとなる。

次の