ミラーリング。 ミラーリング機能とは?メリットと接続方法をやさしく解説!

ミラーリングをする男性心理を徹底解説!何気ない行動から見える本心とは

ミラーリング

パソコンを別のパソコンにミラーリングする最高な方法 1 PCをPCにミラーリング — Windows 10のワイヤレス接続 Windows 10は、Miracast技術でのミラーリングに対応するので、画面をテレビやブルーレイプレーヤーにミラーリングすることが可能です。 2016年8月のアップデートから、更にWindows 10パソコンをもう一代のWindows 10 パソコンにミラーリングすることも可能になりました。 しかし、画面をそのまま表示させることではなく、マルチモニターとして利用することになります。 例えば、一台目のモニターで映画を視聴しながら、二台目のモニターでメールを送信することができます。 続いて、Windows 10 PCをミラーリングする具体的なやり方を説明します。 2 パソコンをパソコンにミラーリング — ApowerMirror パソコンをマルチディスプレイとして使用するWindows 10内蔵の接続機能と違って、ApowerMirrorというソフトはパソコンの画面をそのままもう一台のパソコンにミラーリングできます。 ただ、パソコンを直接他のパソコンにミラーリングすることはまだできないので、iPhoneを経由する必要があります。 ApowerMirrorでのパソコン間のミラーリング方法は次の通りです。 下記のボタンをクリックして、二台のパソコンとiPhoneにApowerMirrorをダウンロードして、インストールします。 パソコンとiPhoneを同じWi-Fiネットワークに接続して、ApowerMirrorを開きます。 まず一台のパソコンをiPhoneにミラーリングします。 iPhoneのApowerMirrorアプリで下の「M」アイコンをタップして、検出されるデバイスからそのパソコンをタップして、「PC画面ミラーリング」を選択します。 iPhoneにパソコン画面がミラーリングされたら、iPhoneのコントロールセンターを開いて、「画面ミラーリング」をタップして、表示されるデバイスからもう一台のパソコンを選択します。 それで、iPhoneを通じて、パソコン画面が別のパソコンにミラーリングされます。 3 無料ミラーリングソフト — LetsView パソコンの画面を別のパソコンに出力したい場合、LetsViewという無料ソフトもいい選択です。 ほかのデバイスを利用する必要がなく、二台のパソコンにこのソフトをインストールして、簡単な操作だけでPCの画面をほかのPCで表示させます。 では、下記の手順をご覧下さい。 二台のパソコンを同じWi-Fiネットワークに接続してLetsViewをインストールします。 パソコンからLetsViewを起動して、「PC画面ミラーリング」を選択します。 発信端末の画面をレシーバーに映したい場合、発信PCでレシーバーPCの「私のミラーリングコード」を入力します。 発信PCから「ミラーリング」をクリックします。 レシーバーPCから、画面の右下にある「許可」を選択します。 発信PCの画面はレシーバーPCに出力されます。 発信PCの画面はレシーバーPCに表示されます。 4 PC間でのミラーリング — リモート画面共有 同じ場所のパソコンをミラーリングするなら、上記のソフトを使えばいいですが、遠く離れているところのパソコンの画面共有なら、というソフトが役に立ちます。 インターネットに接続していれば、同じネットワークでなくても使えます。 次の手順に従えば、簡単にパソコン画面をリモートPCにシェアできます。 TeamViewerを2台パソコンにインストールして、起動します。 TeamViewerアカウントを作成して、アクティベートします。 そしてアクティベーション用のメールがお使いのメールアドレスに発送されます。 もう1台のパソコンも同じ操作を行います。 その後、TeamViewerの画面上に表示されるIDとパスワード、または自分のアカウントの情報を他のパソコンを操作するものに提供します。 提供したIDとパスワード、またはアカウント情報を入力して、相手がアクセスを許可すれば、そのパソコンにもう1台のパソコンの画面が表示されます。

次の

スマートフォンをPCにミラーリングする方法とおすすめアプリまとめ! iPhoneやAndroidの画面をパソコンに映して操作しよう

ミラーリング

目次 CLOSE• 1.「HDMIケーブル」を経由してテレビにミラーリングする方法 iphoneの画面をテレビに映し出す「ミラーリング」の、一番簡単な方法は「 HDMIケーブル」を経由する方法です。 テレビにあるHDMI端子に接続し、iphoneの「Lightning」に対応した「変換アダプタ」を別の端子に接続すれば、iphoneとテレビを繋げることができます。 「変換アダプタ」は「Apple」から発売されていますし、別の企業は販売もしているのでご自分が良いと思ったものを選びましょう。 テレビとiphoneが接続されたら、テレビのリモコンで「HDMI入力」に切り替えれば、自動的にiphoneの画面がテレビに表示されるはずです。 iphoneを操作すれば、テレビの画面も自動的に動くので、動画を再生したりスライドショーを表示するなどして、iphoneの画面を大勢の人が閲覧できます。 「有線」で繋ぐので動作が安定しているのがメリットですが、逆にiphoneをテレビの近くに置いて操作する 不便さも…。 それでも、「とりあえずミラーリングをしたい」という人にとって、「HDMIケーブル」経由のこの方法はコスパも優れているのでオススメです。 スポンサーリンク 2.「AppleTV」を使って「無線」でテレビにミラーリングする方法 iphoneの画面をテレビにミラーリングする方法として、「 AppleTV」という専用装置を用いるやり方もあります。 これは「無線接続」なので、iphoneとテレビが多少離れていても問題なく動作しますし、安定したネット環境なら速度も速いです。 「AppleTV」は、iOSが搭載されたセットトップボックス(信号変換装置)で、iphone内の動画やレンタルした映画などを大画面で楽しめます。 まずは、「AppleTV」とテレビを「HDMIケーブル」で接続し、iphoneと「AppleTV」が同じWi-Fiに接続するようにしてください。 iphoneのホーム画面を、下から上にスワイプして「 コントロールセンター」を表示。 この画面にある、「 AirPlay」というアイコンをタップしましょう。 同じWi-Fi環境にあるなら、自動的に「AppleTV」を認識してくれるので、ミラーリングを「 オン」にしてください。 テレビ画面に注目してみると、iphoneの画面が映し出されており、本体を傾けるとテレビの画面も傾きます。 「AppleTV」のメリットは、どんなアプリでも問題なくテレビ画面に表示できるという点です。 デメリットは、「AppleTV」が2万円ほどするので、単純にiphoneの画面をテレビに出力したいならかなり大きな出費となります。 スポンサーリンク 3.「Reflector」を使って「パソコン画面」にミラーリングする方法 iphoneをテレビではなく、「 パソコン画面」にミラーリングして大画面で動画などを楽しみたい人も多いです。 自宅にテレビが無く、パソコンがあるという場合には、このミラーリングのほうが便利でしょう。 この方法を使うには、「 Reflector」というソフトをパソコンにインストールする必要があります。 有料ツールですが、無料お試しが公開されているので、そちらを試してみてください。 ダウンロードしたら、案内に従ってインストールし起動しましょう。 1回あたり10分はフリーで使えるので、一旦終了してアプリを再起動すれば、再び10分使えるようになります。 「Reflector」の起動が完了したら、iphoneの画面を下から上にスワイプして「 コントロールセンター」を開いてください。 いくつかのアイコンがあるので、「 AirPlay」のアイコンをタップします。 Reflectorが起動しているPCが画面に表示されるので、そちらの「ミラーリング」を「 オン」にしましょう。 あとは、画面右上の「 完了」をタップ。 これでパソコンの画面のiphoneの画面が表示されるので、動画の視聴などができますよ。 スポンサーリンク 4.「ApowerMirror」で簡単に「パソコン画面」へミラーリングする方法 パソコンに「 ApowerMirror」というソフトをインストールすることで、iphoneの画面をパソコンに出力できます。 Youtubeに、スマホゲームをアップロードしている人は、パソコンに表示される側を録画したほうが大画面になるのでこのミラーリングがオススメです。 まずは、上記のサイトにアクセスして、「ApowerMirror」をダウンロードしてください。 パソコンでダウンロードしたソフトをインストールできたら、起動させましょう。 次に、iphone側の操作になります。 iphoneのホームボタンを1回押して、「ホーム画面」を表示してください。 次に、ホーム画面を下から上に向かってスワイプし、「 コントロールセンター」を出します。 いくつかのアイコンがあるので、この中から「 AirPlay」をタップ。 「ApowerMirror」を起動しているパソコンを、iphoneが認識するので「ミラーリング」を「 オン」にしてください。 これで、iphoneの画面がパソコンに出力されているので、ゲームを起動するなどしてちゃんと動くか確かめましょう。 スポンサーリンク 5.iphoneの画面を「ミラーリング」できない場合の対処法 iphoneの画面をパソコンやテレビといった、別の画面に出力する「ミラーリング」ができない場合、何が原因なのか気になりますよね? 「Wi-Fi」経由の無線接続で、iphoneとパソコンや「AppleTV」を繋いでいるなら両方が 同じWi-Fiに接続されているかを確認してください。 あるいは、Wi-Fiの通信が安定しておらず、切断を繰り返している場合にも上手くミラーリングできません。 「HDMI」による有線接続で、テレビやカーナビとにミラーリングしているなら、「 接続端子の接触不具合」の可能性を疑います。 抜き差しを繰り返しても、ミラーリングが上手くいかないなら、不良品の可能性があるので製造元あるいは販売元にしてください。 また、iphoneあるいはパソコンが不具合を起こしている事も考えられるので、「 再起動」をしてもう一度ミラーリングしてみましょう。 まとめ ここでは、 iphoneをミラーリングする5つの方法やミラーリングできない時の対処法について紹介していきました。 ミラーリングをするには、「HDMI」による有線接続と、「Wi-Fi」を経由した無線接続の2種類があります。 どちらにも利点があるので、お使いの環境に応じて使い分けるようにしてください。 iphoneをテレビなどの大画面に出力できるミラーリングは、今後も様々な場面で活用されていくと考えられているので、操作方法を覚えておきましょう!.

次の

Fire TV Stick、Windows 10をミラーリングする方法とその使用感

ミラーリング

RAID 1の概念図。 データをA1-4に分割して同じデータを同時に書き込む。 障害の対策として、複数のローカルなディスクドライブに同一の内容を記録すること。 ディスクドライブのミラーリングで使用されたディスクをミラーリングディスクと呼ぶ。 主に高を求められる用途に使用されるほか、小規模サーバや個人のコンピュータでも使用される。 と呼ばれる技術では、複数のディスクドライブを仮想的に単一のディスクとして運用することができる。 RAIDはその目的に応じ、0から6までのレベルがあり、そのなかで、(レベル1)をミラーリングと呼ぶ。 ハードディスクドライブのミラーリングには、やなどのソフトウェアによるものと、RAIDコントローラカードを使用したハードウェアによるものがある。 通常、ミラーリングを構成する複数のディスクに同時書き込みを行い、読み出しは主となる単一のディスクから行う。 主となるディスクに障害が発生した場合、すみやかに他のディスクへのが行われる。 また、障害発生時にシステムを停止させることなくディスクの交換()が可能である。 ネットワークにより遠隔地のストレージに複製を行うことをと呼ぶ。 ディレクトリのミラーリング [ ] データやファイルなどのや共有、公開のために、ディレクトリを別のコンピュータに複製すること。 OSの提供する単純なコピーを使用するほか、などのソフトウェアを使用する。 一度、すべての資源をミラーしておき、定期的、オリジナルの変更時、その他必要に応じ差分のみをコピーすることで同一性を維持することができる。 ローカルにサーバと同様のディレクトリツリーを構築し、公開サーバにミラーリングすることをと呼ぶ。 また後述のミラーリングサーバを実現するためにサーバ間でミラーリングが行われる。 ミラーリングサーバ [ ] インターネットでの負荷分散および冗長性の確保のために使用される。 とも呼ぶ。 やなどを用いて情報やファイルなどの資源を公開する際に、特定のへの負荷の集中の回避、遠隔地とのインターネット帯域の節約、障害の発生やメンテナンスによるサーバのダウン時のアクセスの確保などが目的である。 ミラーリングサーバのなかには、代表のにアクセスすると、ミラーを構成するサーバ群の中から、負荷の軽いサーバやネットワーク的に近いミラーに接続を行うものもある。 ウェブサイトのミラーリングサーバについては、を参照。 大規模なソフトウェアの配布には、大きな負荷がかかるため、ミラーリングサーバが利用されている。 ()は、日本において大規模なミラーリングサーバ網の構築・運営を行っている、有志団体および個人の共同研究プロジェクトである。 この節のが望まれています。 ミラーリングディスプレイ [ ] ひとつのコンピュータに複数のディスプレイを接続し、同一の画面を表示させること。 ふたりの人間が対面に座った場合や、大きな画面にミラーリングしてプレゼンテーションなどを行う場合など、ひとつのディスプレイを複数の人間が見るのが困難な場合に使用される。 主に1対1の無線通信によるディスプレイ伝送技術で、ストリーミング技術を用いてホストの画像、音声、動画を別のデバイスに送ることができる。 Wi-Fi Allianceによって策定された(ミラキャスト)という規格を略し、海外では Castとも呼ばれる。 また、コンピュータでは1つの画面を別のコンピュータやディブプレイに写す為に様々な装置やプログラムが存在する。 主なミラーリングディブプレイ方法• ミラーリング• ApowerMirror• Google Cast• LetsView()• LonelyScreen ]• Mobizen• Squirrels 関連項目 [ ]•

次の