テニス コート サイズ。 ソフトテニスの設備・コートサイズ

施設案内 八橋テニスコート|秋田市公式サイト

テニス コート サイズ

「テニス」は「足ニス」と言われる位、足の動きが大事なスポーツです。 その足を包み支えるのが「シューズ」です。 テニスシューズにもたくさんの種類がありますね。 シューズ選びをするときには、自分の足のサイズに合わせることはもちろん、コートの種類に合わせることもとても大切なことです。 オムニコートとハードコートでは選ぶシューズが変わってきます。 このページでは、これからテニスを始めるという方から、試合などにもドンドン出ているテニスフリークの方にまで、 テニスシューズの選び方と、試し履きの仕方、 そして、おすすめのテニスシューズメーカーについてもお伝えいたします。 テニスシューズの正しいサイズの決め方って! ? あなたは、ご自分に合った正しいサイズのシューズを履いていらっしゃいますでしょうか? ご自分のサイズが 27cmとしても、A社のものはちょうど良かったのに、P社のものは何だか合わない気がするということがあるかもしれません。 実は、シューズには統一されたサイズ基準がないのでメーカーが違えばもちろんですが同じメーカーでもモデルが異なると長さ、幅が微妙に変わることがあります。 どうやって正しいサイズのものを購入できるのかを順次ご説明していきます。 自分の足に合うシューズを選ぶには足の正確な計測が重要です。 測定するのは『足長』と『足囲』の二つです。 自分で測るときは、肩幅程度に足を開いて、両足に平均に体重をかけて立ってサイズを測ってみましょう。 自分ひとりでは正しく測りにくいので、どなたかに手伝ってもらうようにしましょう。 また、スポーツ量販店やテニスショップなどで足形計測を無料で行っていることがありますので、そういった機会があったら計測してもらうことをお勧めします。 足に合ったシューズを履くことで、足が締まってきたりすることもありますし、体重が変わって足の肉付きが変わることもありますので、 一度測ってからも時々は測り直しをするようにしましょう。 足長(サイズ) 「足長」というのは、足のかかとの最も出っ張ったところから足の指の一番長いところ(通常は第2指)の中心までを結びラインの長さです。 こちらを紙などの上に立って測ります。 シューズメーカーによっても、同じメーカーでも足形のモデルの違いによって、実際にフィットするサイズが変わってくることがあります。 一応の基準として、あなたがテニスシューズ以外では 26, 5㎝なのだとしたら 27㎝のものから試してみてください。 一般的には、足を入れたときにつま先に5~ 7mmの空間が空いていればOKですので、 実寸サイズよりも+0,5㎝~1㎝位を目安としてください。 出典:アシックス 足囲(ワイズ) E、2E、3Eなどで表記された足の「外周」のことです。 メーカーによっては、足囲を表記せずにゆったりサイズやワイドフィットとしているところもあります。 フィット感を左右する大切なサイズとなります。 親指(第1指)から小指(第5指)の付け根の骨の出っ張った部分までの太さ(厚み)を計ってください。 一般にいう幅ではないので、ご注意を。 幅がふつうでも甲が高くなると『足囲』は大きくなります。 こちらも、メーカーによって設定がまちまちで差がありますのでそれぞれのメーカーの基準を確認して注意してお選びください。 自分の足を上からしか見れないので、足の幅が広いと思ってしまいがちですが、実際には足の厚みとなりますので、見た目の足幅が広くても厚みが薄い場合は足囲は小さいということになります。 大きいものを履き続けることで、靴の中で足が前後左右に滑ってしまい、かえって足の先が詰まって痛くなります。 この繰り返しによって、偏平足や膝・腰痛となってしまうこともあります。 特に女性の場合の外反母趾や開帳足(足の横アーチが低下して、足の幅が広がってしまった状態)になりかねません。 足に合ってないシューズを履き続けたことで変形した足を幅広と勘違いしていて、さらに合ってないものを選んでしまうかもしれませんので、一度しっかりと計測してみるようにしましょう。 足指の形状からのメーカー選び もう一つの靴選びの要素として、足の指の形状があります。 足の指の長さのバランスによって3つの型に分けられます。 出典:アシックス オブリークタイプ(エジプト型) 足の親指が最も長いタイプのものをオブリークタイプまたはエジプト型といいます。 このタイプの方は、アシックス・アディダス・ディアドラ・ダンロップ・ニューバランス・プリンス・ミズノ・ヨネックスが向いていておすすめです。 日本人の 6割がこのタイプと言われています。 ラウンドタイプ(ギリシャ型) 足の第2指がほかの指に比べて長いものをラウンドタイプまたはギリシャ型といいます。 このタイプの方は、アシックス、アディダス、ディアドラ、ナイキ、ミズノ、バボラが向いています。 スクエアタイプ 足の5本の指の長さがほとんど同じで、足先が四角く角ばったものです。 このタイプの方は、ウイルソン、ダンロップ、ニューバランス、プリンス、ヨネックスが向いています。 足形形状からのメーカー選び 足指の形だけではなく、足の形全体にもおおよそ2つのタイプがあります。 足形がまっすぐに近い「ストレート形」とかかとからつま先までにカーブを描く湾曲形のものがあり、一般的には欧米人にはストレート形が多く、日本人は湾曲形の人が多いようです。 各メーカーとも、製品によって足囲や足形の違うタイプを色々と取り揃えていますので、一概には言えませんが、海外生産ブランドのアディダス、ナイキ、リーボックは足囲が小さく、ストレート形のシューズが多く、国内生産ブランドのアシックス、ヨネックス、ミズノ、プリンス、ブリジストン、ニューバランス、ダンロップなどは足囲が大きく湾曲形のシューズを多く揃えています。 同じ足長、足囲であっても、湾曲形のものの方がゆったり感があります。 多くの日本人プレーヤーの方には、国産の湾曲形のものの方が履きやすいかもしれませんが、最近の若い年齢層の方は、足形が変化してきているので、ストレート形のものでもフィットしやすいかもしれません。 試し履きによって、本当に自分に合っているかを確認してみましょう。 午後になると、体温があがってきて、足が少しむくんできます。 これはテニスをしている時と一緒です。 その状態でフィットするか試してみてください。 まずは、テニスショップやスポーツ店などで、実際に試して履ける場合についての方法です。 ふだんの靴の時よりも、少し大きめのサイズを選んでいる方が多くいらっしゃるようですが、大きすぎてもシューズの中で足が前後左右に振れてしまって、擦れやタコの原因になります。 ジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。 こちらの履き方でテニスシューズのサイズを合わせると今までの履き方と 0. 5~1センチ位サイズが変わってくるかもしれません。 コート別のシューズの選び方 これからテニスを始めようとする方は、 ご自分の行くことの多いコートを確認してからシューズを購入するようにしましょう。 日本で使われている主なコートの種類は 4種類ありますので、購入してしまったシューズがプレーするコートと違っている場合、使えない可能性があります。 テニスを長くやっているテニスプレーヤーの方は、複数のシューズを持っていらっしゃる場合が多いと思います。 ふだんは、練習やレッスンの際はオムニコートが多くても、試合のときにはクレーやハードコートといった異なるサーフェスのコートでプレーすることもあるので、それに備えて用意しておきたいものです。 コートの種類に合ったものでないと、靴の中で足が動いてしまったり、マメができたり、爪先が黒く死んでしまったりします。 また、止まりすぎによって、捻挫のようなケガにつながったりします。 正しいシューズを選ぶことで、余計な体力や筋力を使うことがなくプレーすることにもつながりますので、まずはそれぞれのコートの種類と特性を理解する必要があります。 主なコートの種類と特徴 コートの種類 オムニコート (オムニコートと一般に言われているが、こちらは商品名で、他に「スパックサンド」、「ダイヤサンド」などがある) 材質 砂入り人工芝 特徴 ハードコートの上に人工芝に砂を入れたコートで、日本では一番普及しているタイプのコート。 足腰に優しく、多少の雨でもプレーすることが可能。 クレーコートほどでないが、足を滑らすことができる。 ボールが滑りやすい。 ボールはあまり弾まない。 イレギュラーは少ない。 球足 遅い 対応シューズ オムニ&クレー用 コートの種類 クレーコート 材質 土、砂 特徴 学校などでよくあるコート。 粘土質の上に砂を撒いたものが多い。 弾力があるので、疲労感がもっとも少ない。 しかし、雨が降ると乾燥するまで使用できず、乾燥が続けば砂が飛んで滑りやすくなるなど、メンテナンスが大変なコート。 ボールは弾みやすいが、バウンドしてからは土がボールの威力を吸収するため失速する。 イレギュラーが多い。 球足 遅い 対応シューズ オムニ&クレー用 コートの種類 ハードコート 材質 セメントやアスファルトの上に化学樹脂を加工 特徴 維持管理に手間がかからないため、世界でもっとも普及しているコート。 硬いコートなので、疲労しやすい。 コンクリートのようなハードな表面で摩擦抵抗が高いので、ストップ力が高くシューズがほとんど滑らない。 ボールがよく弾み、弾んでからの球足も速くなる。 球足 速い 対応シューズ オールコート用 コートの種類 カーペットコート 材質 カーペット材 特徴 インドアテニススクールなどに多い、絨毯のようなコート。 ハードコートほど固くないため、膝にかかる負担は少ない。 ハードコートよりもストップ力が高く、足が引っかかりやすい。 ボールの弾み、球速とともにハードコートとクレーコートの中間になる。 球足 普通 対応シューズ カーペット用またはオールコート用 主なテニスシューズの特徴(サーフェス別) テニスシューズは、それぞれのコートの表面 サーフェス の種類によって、各コートの素材や特性に合わせた専用ソール(シューズの裏)があります。 プレーヤーのコートをスライドさせたかったり、グリップして欲しかったり、逆にグリップしすぎないで欲しかったりといった要望にソールが応える設計となっています。 プレーするコートに応じた靴底のソールのものの方が動きやすく、怪我もしにくく作られていますので、サーフェスにあったシューズを履くようにしましょう。 主に販売されているものは、次の種類のものになります。 オムニ・クレー用 オムニコート、クレーコート両方ともに使えるシューズです。 オムニコートやクレーコート専用のシューズもありますが、種類が少なく選べないので、専用シューズでなくとも大丈夫です。 砂が多いため滑りやすいサーフェスに対応するために、グリップとスライドが両立できるよう各メーカーともソールパターンが工夫されています。 スパイクのようなピンが複雑に配置されていて、滑りながらでも、止まりたいと思ったときにストップしてくれます。 また、通学やコート外での移動でアスファルトの道を歩くのは摩耗の原因になります。 それによって、滑りやすくなりプレーに支障が出たり、怪我の原因となりかねませんのでコート外ではなるべく履かないことをお勧めします。 出典:スリクソン オールコート用 摩擦力が高いハードコートやカーペットコートでは専用のシューズを使うのがベストですが、全てのコートで使えるシューズです。 主にハードコートでの使用を想定しているので、クッション性や安定感などを重視した設計となっており、耐摩耗性に優れた素材やソールパターンが採用されています。 けれども、オールコート用のシューズをオムニコートやクレーコートで使った場合は滑りやすいです。 足の踏ん張りで止まろうとすることを長く続けていれば体力も消耗してしまうし、不安定な姿勢でプレーすることで膝や腰への負担も大きくなります。 オールコートのものを一度ハードコートで使用すると、ソールが摩耗してしまうためにクレーコートなどでは滑りやすくなります。 1足をハードコートとオムニ・クレーの両コートで使うことはせずに使い分けるようにしましょう。 出典:スリクソン カーペットコート用 インドアのレッスンが行われるテニスコートで採用されていることが多いカーペット材によるテニスコート用のシューズです。 カーペットは摩擦係数が大きく、足が引っかかってしまいます。 そのため、 引っかかりの原因となる溝をなくしたフラットなソールとなっています。 ハードコートでも使えるようにしてあるものも多いです。 出典:スリクソン 2種類のシューズを持てば、安心 出来れば、オムニ・クレー用とオールコート用の2種類を持っていれば、大抵のコートで使うことができます。 自分の練習するテニスコートや試合を行うコートの状況に応じて揃えましょう。 2種類を持つならば、 できれば同じメーカーのモデルでオムニ・クレー用とオールコート用が出ているものを選べば、違和感をあまり感じないでプレーができます。 あまり、ハードコートでのプレーはしないので、それ用のものを新しく用意するのは予算が厳しいというのならばやってみてはいかがでしょうか? まとめ テニスコートの種類に応じたシューズを履くことが大切です。 正しいサイズのものを選んで、試してみて納得のいくものを履くことで、コートの中で素早く動けるようになったり、体力や筋力を余計に使わずにプレーすることが出来るようになります。 逆に、間違った選択で合わないシューズを履いていることで、シューズの中で足が動いてしまったり、締め付けられすぎて血行障害による足の疲れや、運動低下を招くことになったりします。 せっかく適正なシューズを選んでも、履き方がちゃんとしていないとシューズのパフォーマンスを生かせません。 ご紹介したひもの結び方で締めて、快適にプレーをしましょう。 また、成長期のお子さんのシューズをすぐに小さくなってしまうからと、大きめのサイズのものを選んだりするのはダメです。 テニスシューズは消耗品ですので、大きめに買ったからと長持ちするということもありませんので、きちんと足に合ったものを選ぶようにしましょう。 シューズのパーツ名称や機能について、シューズ売り場やネットでの説明文で専門用語が並んでいて、なんだかよく分からない…という方は多いと思います。 そうした方は、こちらの記事をどうぞ。

次の

施設案内 八橋テニスコート|秋田市公式サイト

テニス コート サイズ

ページ番号1010209 更新日 平成30年12月19日 所在地 〒010-0974 秋田市八橋運動公園1-10 秋田市八橋運動公園陸上競技場入り口横 電話番号 018-823-1472(八橋陸上競技場内) ファクス番号 018-883-4036(八橋陸上競技場内) 利用期間 4月1日から11月30日まで 利用時間 6時から18時まで 砂入り人工芝コート夜間照明2面のみ午後9時30分まで ただし、11月については日照時間の減少により開場時間を変更する場合があります 砂入り人工芝コート• 敷地面積:7,644平方メートル• 建設年月:昭和32年4月• 昭和56年6月スタンド改修• 昭和59年7月本部席新設• 平成9年11月コート改造• 平成16年3月夜間照明設備設置• コート数:6面 夜間照明2面• 収容人員:2,000人• 付属施設:本部席、コート散水栓、トイレ、用具庫 グリーンサンドコート• 敷地面積:3,854平方メートル• 建設年月:昭和59年3月• コート数:4面• 付属施設:用具庫、散水栓 休場期間• グリーンサンドコート:11月から3月まで• 砂入り人工芝コート:12月から3月まで 駐車場 競技場前約100台 交通アクセス• バス:秋田駅西口よりバスで約10分、県庁中央線交通ほか 1,2番線 、文化会館前下車、徒歩5分• 車:高速道路の秋田中央インターチェンジより約20分 備考 砂入り人工芝コート6面(うち照明つき2面)、グリーンサンドコート4面 問い合わせ先:八橋陸上競技場 地図• 公共施設予約システム利用対象施設 利用可能目的 グリーンサンドコート 第7コート、第8コート、第9コート、第10コート• 硬式テニス、ソフトテニス 砂入り人工芝コート 第1コート、第2コート、第3コート、第4コート、第5コート、第6コート• 硬式テニス、ソフトテニス 砂入り人工芝コート:夜間 第5コート 照明 、第6コート 照明• 硬式テニス、ソフトテニス 予約システムでの対応状況• 抽選申込設備 制限• 月10回まで抽選申込が可能です。 1回の申込で2区分まで連続指定が可能です。 時間区分• 06時00分から08時00分• 08時00分から10時00分• 10時00分から12時00分• 12時00分から14時00分• 14時00分から16時00分• 16時00分から18時00分 第5・第6コート(夜間)• 16時00分から17時00分• 17時30分から19時30分• 19時30分から21時30分 注意事項• 空き状況確認は、利用日の前月の1日から利用日当日まで可能です(システムからの予約は3日前まで)。 個人・団体登録者のいずれでも、システムを利用して予約することができます。 1回の申込で最大2つの時間区分 4時間 を連続して予約することができます。 ただし、第5・第6コートの夜間は、時間区分を連続して予約することができません。 連絡もなく使用開始時間より15分が経過しても、使用手続きがされていない場合は、キャンセル扱いとして次の使用者に貸し出しますので、十分ご注意ください。

次の

テニスボールの大きさ(軟式・硬式)【サイズ.com】

テニス コート サイズ

SHORT TENNIS ショートテニスのルール・・・・・ 1 コートサイズ• 試合はショートテニスコート13. 1mの面積、または同じ大きさのバドミントンコートで行ないます。 2 コート境界線 次の指導要領に限ります。 ショートテニスは更に制限した境界線の範囲内でプレーを楽しむことができます。• バドミントンコートを使用して、サイドコートやバックコートが壁に接近している場合には、ダブルスコートラインではなく、シングルスコートのサイドラインを有効とします。 - プレイボール使用のゲーム STボール使用のゲーム バックコートの距離 1. 8m以上 2. 6m以上 サイドコートの距離 1. 5m以上 2. 1m以上 コート間の距離 1. 8m以上 2. 7m以上 天井までの高さ 4. 0m以上 5. 2m以上 3 ネット• 高さは中央部で80cm、支柱(サイドポスト)で85cmなければいけません。 (ただし、年少者の場合、低くすることがあります) 4 得点(スコアリング)• 2人競技マッチ(シングルス)は「11点先取」の基本に基づきます。 得点が10対10になった場合、試合はどちらかの選手が2点リード(すなわち13対11)になるまで続行します。 零点・ゼロの言葉は使わずに(ラブ)、得点は1,2,3と数を呼びます。 5 サービス• サービスは相手コートの対角線半分内に落とします。• 適切な領域内におとせなかったサービスの場合、2回目のサービスを行えますがこれも失敗すればサーバーが得点を失います。• サービスはベースライン後方から行なって、右の場所から左の順になります。• サービスはオーバーハンドまたはアンダーハンドで行えますがボールを打つ前にバウンドすることは許されません。• サービスしたボールは一度バウンドさせてから打たなくていけません。 もし、レシーバーがボールをバウンドしないうちに打つとレシーバーは得点を失います。• サービスはプレーヤー同士2点ごとに交代して行ないます。• 万一、サービスしたボールがネットにあたって「相手のサービスエリアに落ちた」ならば、もう一度サービスを行なうことができます。 6 プレイ• サービスを受ける時以外、プレイの間競技者はボールのバウンドする前後にボールを打つことができます。• 競技者は合計8倍数ごとに交代します。 (コートチェンジ) 7 ダブルス• ダブルスが行なわれている時、4人の競技者は順番に2点ごとのサービスを行なう時を除いて、全て同じ規則(シングルス)となります。 すなわち最初の2点をサービスするパートナーは5点、6点めのためにサービスをすることになるのです。 8 一般的注意• ショートテニスはローンテニスと全く同じ方法で行なわれるので、上記の規則はローンテニスに使用される規則を拡大したものとして適用されます。• 上記に定義された得点方法は・・・• 競技の状況を子供たちに導入するのが容易となります。 時間の制限がある時、ゲームを行ない試合の状況をつくることができます。 ショートテニスの試合のために簡素化した得点方法がすすめられますが、ショートテニスはまた子供たちにテニスの全得点を取り入れる絶好の機会となることが認識されなければいけません。

次の