成田 帰国 検査。 【6月最新】日本へ帰国の情報をまとめました。

日本帰国情報「成田空港PCR検査と隔離」について①

成田 帰国 検査

・このエスカレーターの左側にトイレがあるので、PCR検査が長引いてもいいようにお手洗いを済ませる。 ・質問票(前の記事終盤で配布されたもの)を用意しておく。 エスカレーターを下った先に、PCR検査場があります。 PCR検査場は他の乗客や検査従事者のプライバシー保護のためなのか、写真撮影禁止となっていました。 検査場では、検査従事者の皆さんはフェイスシールドとマスクを着用されており、なかなか緊張感のある場所になっていました。 ここで、搭乗前に配布された質問票を提出し、個人情報に関する同意書や自宅待機要請に関する同意書、LINE等の情報利用に関する同意書を記入することになります。 すべて手書きです(iPad等で入力させれば、毎回画面を消毒すれば誤入力もなくなるし、従事者の方のデータ入力作業も減るので、もっと効率化できると思うのですが…)。 ここでは、担当者の方に「家族全員分の同意書を記入」するように指示されたのですが、奥の方で同意書を提出するときには、「家族で一枚でいいよ」と言われました。 ここまで、人が少ないので全く並ぶことなくスムーズに進みました。 PCR検査を受けました PCR検査は夫・私・次男・長男の順に受けました。 同意書を提出し、手荷物を椅子の上に置いたら即検査開始。 インフルエンザ検査とよく似ています。 綿棒を鼻の奥に突っ込み、粘膜を採取するというものです。 インフルエンザ検査と異なる点は、突っ込まれた先で5秒ほどグリグリされるところです。 痛いというよりはくすぐったい感じです。 長男が検査に恐れをなして、検査場から逃げ出そうとしました。 結局5人くらいに羽交い締めにされて、粘膜を採取されていました。 (ご迷惑をおかけして本当に申し訳有りませんでした…) 子どもの場合は大人ほどグリグリされていませんでした。 ただ動くと危ないので、小さいお子さんがいらっしゃる方は、しっかりと後ろからホールドしてあげてください。 お医者さんからそのように指示をうけると思います。 検査後には手を消毒して、待機スペースに案内されます。 待機スペースでも、2m程度のパーソナルスペースが保たれるように椅子が置かれていました。 実は、我が家はこの検査場が混んでいる写真をネット上で見ていたので、シンガポールのDIYのお店でフェイスシールド(ひとつ約$3くらいです)を買っていきました。 備えあれば憂いなしとはいえ、今回の検査場の状況では必要なかったかもしれません。 今後また状況は変わってくるとは思います。 最新の情報(成田で何人陽性が出たかどうかはネットニュースでも公開されています)をご確認ください。 待機スペースからは質問表に記入した内容によって、案内されることが分かれます。 待機スペースにて、係の人の案内を待つことになります。 ホテルまでの移動はシャトルバスとなり、PCR検査を受けた後もしばらく待機スペースで案内されるまで待つことになるようです。 なお、成田空港の待機スペースにはパイプ椅子しかありませんでした。 ここまで、飲み物食べ物を買う場所がありませんでしたので、シンガポールで空港に来るまでに軽食を購入し、搭乗前に空のペットボトル等に給水することをオススメします。 (我が家はシャトレーゼで子ども用にどら焼きとバウムクーヘン、大人用にカロリーメイトを購入していきました。 ) 別送品申告(航空便や船便等で手荷物や預かり荷物以外に送った荷物がある方)がある場合、税関での手続きで時間がかかる傾向があるようで、係員の人から「別送品申告のある方はお先にどうぞ」と先に通されました。 我が家は引越し荷物があったため、別送品申告に当てはまり、先に案内を受けることができました。 レンタカー乗り場まで• レンタカー受付にて PCR検査場〜入国審査〜預かり荷物の受け取り〜税関〜レンタカー受付、と係の人が案内してくれました。 レンタカー会社の人と空港のドアを出るまで、その係の人に見届けられました。 おそらく、レンタカーを本当に借りるかどうか(公共交通機関を使用しないかどうか)チェックしていると思われます。 実際には、9時頃には預かり荷物を受け取って出てこれたので、予約の時間より相当早くレンタカーのカウンターに到着してしまいました。 なので、係の人はいませんでしたが、備え付けの電話にて事情を説明すると、15分ほどで係の人が来てくれ、9時半から借りることができました。 私達が借りたとき(5月下旬)は、他に借りる人も少なかったようなので、希望の車種をそのまま借りることができました。 ニッポンレンタカーは問題有りませんでしたが、他のレンタカー会社では、PCR検査結果で陰性が確定するまでは借りることができないところもあるので、事前にホームページ等で要確認です。 その後、何も連絡来ず PCR検査結果の連絡が3日経っても来ないため、成田空港検疫所ホームページにある検査結果の問い合わせ先に、お問い合わせしてみました。 午前にメールをしたところ、午後には返信があり、家族全員の陰性が確認できました。 また、帰国後の健康状態のモニタリングが電話あるいはLINEで来るとのことでしたが、一切連絡は来ませんでした。 おわりに 以上、我が家の5月下旬に成田空港で体験したことをまとめました。 状況は日々変わると思いますので、あくまで我が家のいち体験記ということでご参考にしていただければと思います。 お子様連れのご家族の皆様、深夜の機内は本当に寒かったので、長袖長ズボン、インナーをしっかり着用の上、飛行機に臨んでください。

次の

現在の帰国時のPCR検査体制は?成田空港、PCR検査待ちで飛行機から降りれず折り返し便が大幅遅延(鳥海高太朗)

成田 帰国 検査

現在新型コロナウィルス感染拡大に伴って、各国に対し入国拒否をしている日本。 その入国拒否の国の数は100カ国にも及びます。 ビザの発給も制限を行なっているほど。。。 日本への便の本数は40分の1に減らせれてしまっています。 各国で新型コロナウィルスの感染を防ぐために 皆が我慢している状況なので仕方ないですよね。 私たち海外に住む日本人はかろうじて日本に帰国することができます。 日本 入国時の検疫の強化 健康申告書等の提出 や 後の自主隔離をしなくてはいけません。 そこで、この 新型コロナの影響での入国時の検疫や入国後の検査結果が待つまではどうなっているかを ご紹介したいと思います。 成田入国後の検査結果が出るまで 日本が新型コロナウィルス感染拡大に伴って、 各国に対し入国拒否を始めたのは3月ごろ。 アメリカに対しての入国拒否が発表されたは3月終わり。 アメリカ側もヨーロッパに対してトランプ大統領が トラベルバンを発表したのは3月中旬。 2月はアジアで流行っているな〜と思っていた新型コロナが 3月に入り、イタリア、アメリカ、スペインなどなど各地へ拡大していきましたね。 あの頃はまだ、NYのロックダウンや 日本へ帰国するのがこんなに困難になるなんて 思ってもみなかったですね。 最近日本へ帰国した人からどんな状況だったのか 写真付きで教えで教えてもらったので、 昨日、今日と2日でご紹介しています。 熱をはかり、書類が配られるので、それを記入しながり待ちます。 他の飛行場へ乗り継ぐ方、車でお迎えのある方から先に飛行機を降り、 お迎えのないものは後という順番です。 順番を決められたグループのカードが配られるので、その番号になったら降りることができます。 その後、飛行機から降り、検査。 その後、お迎えのこない人はダンボール部屋で待機です。 これは人との接触をなるだけ避けるため、囲われたセクションに連れて行かれ、 そこでも離れた間隔で待機する場所を指定されます。 程なくすると呼ばれるので、指定されたホテルに連れて行かれます。 ホテルは東横イン成田。 バス移動中にはこの様なサインがありました。 ホテル到着後は順次部屋へ案内されます。 一人部屋で部屋の方すはこんな感じ。 少し狭いですが、検査待ちの間は料金はかかりません。 外出は禁止。 食事は時間になると館内放送があり、 ドアの外に置かれることになっています。 でも、その食事はすぐにとってはいけないことになっており、 配り終わる方がフロアからいなくなると 「お食事をお取りください」 と再度放送が流れ、取れるシステムになっています。 お食事はこちら。 ついた日の夕食。 二日目の朝 二日目の昼 二日目の夜 三日目の朝 そして成田到着後三日目にやっと検査の結果が到着。 無事陰性ということで、このホテルからは解放。 といっても自主隔離は続くので各自自分好きなホテルに移動します。 ホテルを決めると、ホテル側が予約をしてくれます。 そしてバスで移動です。 高速には車は全然おらず、ガラガラですね。 そして、都内のホテルに移動し、入国から2週間の間自主隔離する といった具合です。 まとめ 新型コロナウィルス中の日本帰国をされている方はあまりいないと思います。 でも、急な何かがあった場合は、日本人国籍なら入国できます。 ただ、現在はまだ入国時の検査や2週間の自主隔離を行わなければならず不便ですよね。 1日も早い新型コロナウィルスの終息を願うばかりです。 最後まで読んんでくださり、ありがとうございました。

次の

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起について(7月1日(水) 0:00時点)

成田 帰国 検査

新型コロナウイルスの影響で、海外から一時帰国を考えている方で2週間の自主隔離先の情報が欲しい方向け 日本では緊急事態宣言が解除され、コロナウイルスの猛威が少し治まったかに見えている状況ですが、一方で多くの海外で暮らしている日本人の方たちはまだ先行きが見えない状況が続いており、日本に一時帰国しようか迷っている方も少なくないと思います。 しかし、一時帰国する際の悩みの種になっているのが、 2週間の自主隔離と公共交通機関の使用不可です。 指定地域から日本へ帰国したら、PCR検査後に入国した次の日から数えて14 日間の自主隔離となります。 そのため、 ホテルなどの待機場所を自力で確保する必要があります。 関東近辺にお住まいの方なら、ご家族やご友人が迎えに来てくれて自宅で自主隔離ができるのですが、地方出身者には正直厳しい現状です。 レンタカーを借りて帰る手段もあるのですが、海外に住んでいると運転免許証を携帯していなかったり、期限が失効してしまっているなどで、やむを得ず空港周辺のホテルで2週間自主隔離をしなければならない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、 海外からの一時帰国者が自主隔離ができるホテルや他に滞在できそうな宿泊施設をご紹介します。 今から、海外から一時帰国を考えている方はぜひご参考にしてください。 海外からの一時帰国者が自主隔離できるホテルはどれ? 成田空港周辺のホテル こちらは成田空港で配られる成田空港周辺のホテルのリストです。 このリストに載っていないホテルは自主隔離対策が十分に行われていない理由で、予約を断られる可能性があるので、なるべくこのリストからホテルを探した方が簡単だと思います。 羽田空港空港周辺のホテル こちらは羽田空港で配られている羽田空港周辺のホテルのリストです。 これを見ると、先ほどの成田空港周辺のホテルと比べると羽田空港の方がホテルの選択肢は広がるようです。 どうやって予約したホテルに行くのか? 入国した次の日から数えて14 日間は、電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船などの公共交通機関を使用することができません。 そのため予約したホテルへ行くには、• 自力で徒歩で歩く• レンタカーを借りて運転して行く• 家族、会社関係などの人にホテルまで送迎をしてもらう• 4万~6万払ってハイヤーを手配する• ホテル送迎バスで送ってもらう 主に この 5つの方法があります。 この中で一番楽な方法は、 空港や検疫指定の結果待ち用ホテルから出ているホテル送迎バスがあるので、 それに乗って予約したホテルまで行く方法でしょう。 バスのルート• 羽田空港の場合… 羽田空港、羽田空港周辺ホテル、天王洲アイル・品川駅周辺の主要ホテル行きのバスがある• 成田空港の場合… 成田空港、成田空港周辺ホテル、羽田空港及び羽田空港周辺ホテル、天王洲アイル・品川駅周辺の主要ホテル行きのバスがある。 運賃は無料で、送迎してくれる主な主要ホテルは先ほどの写真のリストに書かれているホテルです。 ただ、リストに書かれてないホテルも近場であれば送迎してくれるかも…だそうです。 ホテル料金の相場は? 2週間の自主隔離をした場合の ホテル料金の相場は6万~10万円の間と言われています。 現在ホテルでは、独自の自主隔離プランなどで通常価格より抑えられた料金で泊まることができるそうです。 しかし、この料金にごはんや食料代が含まれているかは各ホテルによって違うので、実際の料金はもっとかかるかもしれません。 ホテルを予約する時の注意点 できるだけ早めにホテルを予約しよう! できるだけ、帰国前などの早い段階で、上のリストにあるホテルの予約を済ませておいた方が良いと思います。 ツイッターでは、当日予約ができなかったとツイートしている人もいるので、相変わらず予約が多くて満室のホテルもあるみたいです。 予約する際に自主隔離の滞在が可能か確認しよう! 海外からの一時帰国者で、2週間の自主隔離が必要であることを隠して滞在すると、もしも感染していた時に大問題となり、責任を問われ社会的な罰則を与えられる可能性があります。 ホテルも自主隔離のための対応 清掃なし、アメニティのみ配布など を取ってくれているので、必ず予約する際に事情を伝えてから予約をしましょう。 検査結果が陽性の場合の必ず予約のキャンセルをしよう! 万が一、もしも検査結果が陽性の場合は無料キャンセル対応をしてくれるので 、必ずホテルにキャンセルの連絡をすることを忘れずにしましょう。 念のため予約時に確認をしておくと安心ですね。 予約日に注意しよう! PCR検査結果が出るまでの2泊分の滞在は、政府が指定した検疫待ち用のホテルなるので、予約したホテルに行くことができません! そのため、ホテルの予約日に注意が必要がです。 午前中に到着した場合、空港待機になり当日に結果が出て、午後に到着した場合は、翌日の朝や午前中に結果が出ます。 到着した時間帯によって変わってくるので、もし予約を変更したい場合はすぐにホテルにお問い合わせすれば、柔軟に対応して頂ける可能性があるのでお問い合わせすることをオススメします。 食料を調達できる場所がホテルの周りにあるか確認しよう! 自主隔離中14日間のごはんは自分で調達しないといけないので、調達手段を確保できるホテルを調べて予約しましょう。 ホテルの周りにコンビニ、スーパーはあるか?• ホテルのルームサービスはあるか?• デリバリーサービスは使えるか? もしホテルが見つからない場合… もしホテルが予約できなかった場合は、PCR検査結果を待つホテルにある事務局に「東横INN品川港南口天王洲アイル」への予約を依頼することができます。 しかし、料金は正規料金になるとのことなのでご注意ください! オススメの自主隔離ホテルは? 自主隔離を目的として予約できる確率が高いホテルは、 既に海外帰国者の受入実績があるホテルです。 受け入れの実績から、帰国者の対応やノウハウ、自主隔離中のルール明記などしっかりしていると思います。 アパホテル アパホテルは、コロナウイルス感染軽症者などの受け入れを表明をしているホテルです。 成田、羽田のどちらの周辺にもアクセスが良く、料金も 5,000〜6,000円とリーズナブルな値段となっています。 また、5月10日から「新型コロナウイルスに負けるなキャンペーン」実施中で、全アパホテルでシングル料金が 2,500円の超特別料金となっているので、低コストで泊まれるのでオススメです。 東横イン 東横インもアパホテル同様、海外帰国者や軽症感染者を政府の要請によって受け入れています。 海外帰国後に空港で行うPCR検査の結果を待つ際に、一時滞在先として東横インが利用されています。 アイホテル 海外帰国者用の限定宿泊プランあり、宿泊料は6,600円程度でアパホテルと比べると若干高いですが、普通のホテルよりは安い料金だと思われます。 有料ながら、空港からホテルまでの送迎サービスがあるのは助かりますね。 ホテルリリーフプレミアム羽田 リリーフプレミアム羽田も、厚生労働省の感染症予防の指導のもと自主隔離者を受け入れてくれるホテルです。 宿泊料は1泊5,000〜10,000円。 その他ホテルを探す方法 その他の自主隔離用ホテルを探す方法は、大手旅行会社にお問い合わせする方法です! 大手旅行会社はホテルなどの、宿泊施設についての詳しい情報を知っていると思うので、自分に合ったホテルが見つからない場合は一度お問い合わせしてみるのも手かもしれませんね!• JTB• HIS• 楽天トラベル ホテル以外の待機場所は? ホテル以外の待機場所や宿泊施設の選択肢も当然あります。 中にはホテルよりも安く滞在できるところもありるので、ホテルと一緒に検索して探してみるのも良いと思います。 ウイークリーマンション ウィークリーマンション業者も、海外からの一時帰国者向けにいくつか自主隔離用の宿泊プランを提供しています。 ホテルと違った特徴としては、ハイヤーでの空港送迎や、食料パックサービスを行ってくれるところもあるようなので、もしかしたらホテルより快適な生活ができるかもしれない点です! また、ウィークリーマンションの長所は、キッチンや洗濯機などが付いている物件を貸してくれることによって、自炊ができることです。 食材はAmazonで購入すれば、自主隔離中でも自炊することは可能になってくるので、ホテルより尚更快適に過ごせそうです。 料金は2週間で6万〜20万円と料金の幅は広いですが、1室、1棟貸しの料金になるのでご家族やご友人と一緒に滞在するとかなりお得になるかもしれませんね。 そこで、ここでは一時帰国者向けの自主隔離用宿泊プランを提供しているウィークリーマンション業者を2つご紹介します! シェアネクスト株式会社 シェアネクストは、東京を中心に、シェアハウスを紹介するwebサイトを運営する会社です。 都内でバケーションレンタル、都市型ホテルを多数運営している会社が海外からの一時帰国者用の自主隔離プランを提供しています。 新築アパートメントホテルを貸してくれるので快適に過ごせるかもしれませんね。 ここではホテルに泊まるように、気軽に暮らすことができるそうです。 Unito Bizは海外からの帰国者の方に向けた、14日間の「unito提携物件」への滞在プランの提供をしており、送迎付きで6万円とかなりお得なサービスを行っています。 ご利用対象となるお客様:帰国から14日以内で、PCR検査で陰性が確認された方• 居住日数:13泊14日• 居住場所:都内各所• 部屋タイプ:完全個室• Airbnbなどを利用して、ホテルやウィークリーマンションより安い値段で物件を貸していただけることもあります。 しかし、当然オーナーさんとの交渉を自分でしなければならないので手間はかかりますが、もしかしたら格安で快適に自主隔離の生活を過ごせるかもしれません。 まとめ 4月、5月までは海外からの帰国者の数も多く、空港周辺のホテルの予約を取るのは相当厳しい情報だったとは思いますが、6月に入ると状況は緩和され、「どこも満室で予約が取れない!」なんて状況は少なくなると思います。 ですが、念には念を入れてできるだけ早くホテルを予約した方が良いと思います。 ただでさえ帰国するのは精神や体力を消耗するので、自主隔離中も安心して生活できるようにこの記事を参考にしていただけると幸いです。 合わせて読みたい記事:•

次の