アマゾン カスタマー サービス。 アマゾンのカスタマーサービスのメールアドレス教えて下さい・・・

【注意喚起】Amazonを騙る詐欺メールが急増、アカウント情報の確認を促すメールに要注意

アマゾン カスタマー サービス

音声ガイダンスを聞いて、問い合わせたいジャンルの番号を押す。 オペレーターが出た後のアカウント確認(Eメールアドレス、名前、住所) 音声ガイダンス 電話番号をかけた後に、以下のダイヤルを押すようアナウンスが流れます。 この方法を使うと、以下のメリットがあります。 メリット• 音声ガイダンスはわざわざ聞く必要がない• アカウント確認が名前だけでOK• フリーダイヤルにかけられない電話でも無料で電話可能 このお問い合わせ方法では、自分の電話番号を入力して、Amazonから電話をもらうことができます。 011-330-3000もしくは022-745-6366から電話が来るので、少しビックリしますが確実にアマゾンからなのでご安心を。 Amazonショッピングアプリからのお問い合わせ方法 今から紹介する方法は、SafariなどのブラウザからAmazonサイトを開いてもほぼ同じ手順でお問い合わせできます。 Amazonのショッピングアプリを開き、画面左上の三本線をタップして、カスタマーサービスをタップ。 ログインしていない場合、ログインした上で、操作をしてください。 カスタマーサービスに連絡をタップして、「Amazonに電話をかける」をタップ。 声を出せない状況、周りの声がうるさい状況、チャットの方が伝わりやすいと思う、チャットの方が喋るよりラクという方は「チャットでのお問い合わせ」を選択がオススメ。 自分のお問い合わせをしたいカテゴリーを選択していきます。 選択していくと「Amazon. jpからお電話いたします」の画面になり、電話番号を入力して、「今すぐ電話がほしい」をタップ。 パソコンからのお問い合わせ方法 のサイトを開いて、画面左上の三本線をクリック。 左から出てきたメニューから下にスクロールしていきます。 ヘルプをクリックします。 下にスクロールします。 「問題が解決しない場合は」をクリックして、「カスタマーサービスに連絡」をクリック。 お問い合わせの種類、お問い合わせ内容を選択して、画面を進めていきます。 電話、Eメール、チャットの問い合わせたい方法を選択することでお問い合わせできます。 注意!このお問い合わせには対応していない 以下のようなお問い合わせは、Amazonのカスタマーサービスに問い合わせをしても対応してくれません。 電子書籍出版に求められるのは文章力なのに、Eメールでのお問い合わせが無理なら電子書籍出版は無理だと思うよ Amazonのレビューやほしい物リスト レビューやほしい物リストに関して、直接のお問い合わせ窓口がないため、通常の手順を踏んでお問い合わせをすることになります。 しかし、電話やチャットでお問い合わせをしても直接回答してくれず、担当窓口からEメールでの回答ということになります。 まじ?世間の人はどんなことでお問い合わせをするのか 実際に問い合わせている人は、どんなことで気になりませんか? Twitterで調査をして、お問い合わせが多い内容を紹介します。 荷物が届かない 到着予定日に荷物が届かないからAmazonちゃんに問い合わせしたったで めい「荷物がまだきてませんけども」 Amazonちゃん「ただいま調べております。 これについては、Amazonにお問い合わせをしないと真相がわかりません。 Amazonプライムに勝手に登録されていた Amazonプライムに勝手に登録されていた件でAmazonに問い合わせしてみたら、登録解除したので全額返金してくれるみたい。 商品を注文時に「無料のお急ぎ便」を選択していた場合、Amazonプライム会員になる処理がされます。 通常30日間の無料体験がありますが、既に体験済みの場合、すぐに500円の月額利用料が発生します。 プライム会員特典の利用がない場合、返金してくれますが、プライムビデオなどの利用がある場合、返金しれくれないので注意。 プライムビデオが見れない問題については、以下の記事で網羅的に解説しています。 お問い合わせをせずに問題を解決する方法 わざわざAmazonのカスタマーサービスのお問い合わせをしなくても、問題を解決できることはたくさんありますので、いくつか紹介していきます。 Amazonの基本的なサービス、デバイスの仕様 Amazonのサービスの概要については、ヘルプページを見ればほとんどのことを解決することができます。 Fire TV StickやAmazon Echoの使い方やトラブルについても解決できることが多いですよ。 再生できないなどのトラブルがあったときには、お問い合わせをする前に下記の記事をご覧ください。

次の

Amazon Echo(アマゾンエコー)の動作がおかしい【カスタマーサービスに問い合わせ→交換の記録】

アマゾン カスタマー サービス

具体的なお問い合わせ方法 端末別にお問い合わせ方法をご紹介します。 パソコンでのお問い合わせ方法 を開いて、一番下までスクロールします。 ヘルプをクリックします。 このような画面になり、少し下にスクロールします。 「問題が解決しない場合は」にマウスカーソルを合わせて、「カスタマーサービスに連絡」をクリックします。 通常の商品について問い合わせる際は、「注文について」ではなく「デジタル注文」を選択します。 逆にデジタル関連について問い合わせる際は、「注文について」を選びます。 今回は「デジタル注文」をクリックして進みます。 お問い合わせ内容は適当に選択して、電話を選択します。 チャットやメールだと中国人が対応する可能性が高く、チャットでもお問い合わせ窓口が違う場合、転送されるのですが転送後も中国人である可能性が高いです。 電話を押すと、Amazonから電話がかかってきてお問い合わせができます。 電話では簡単な内容だけ伝えて、担当部署に繋いでほしい旨を説明します。 「配送状況の確認をしたいのですが、担当部署に繋いでいただけますか?」 これで電話に出た担当者はアカウント名を聞いてくるので、お伝えし担当窓口に繋いでくれます。 スマートフォンでのお問い合わせ方法 Amazon. jpをブラウザもしくはアプリから開き、左上三本線をタップし画面下にスクロール。 カスタマーサービスをタップし、下にスクロール。 カスタマーサービスに連絡>電話でのお問い合わせ をタップ。 デジタル関連についてのお問い合わせは、「注文内容について」をタップ。 通常の商品についてのお問い合わせは、「Kindleについて」をタップします。 今回は「注文内容について」をタップしていき、適当に商品をチェック。 お問い合わせを続ける>今すぐほしい から電話します。 通常商品担当のオペレーターから電話が来るので、「Kindleの返品をしたいが担当者に繋いでほしい」と言えば日本人につながります。 注意0120-999-373や011-330-3000などのAmazonのカスタマーサービスの電話番号にかけても、この手法は使えますがアカウント確認がめんどうです。 電話番号宛てに電話をするとカスタマーサービス側でアカウント情報を確認するために、「Eメールアドレス、アカウント名、住所」を確認しなければいけません。 紹介した方法でカスタマーサービスから電話をもらってアカウント名だけ言えばアカウント情報が確認でき、すぐに転送してくれます。 最初から日本人を希望できないのか 結論から言うとできません。 カスタマーサービスでは同じ部署での転送ができないようで、他部署でないと転送ができないようです。 なぜ中国人を雇ってるのか、なぜ日本人を最初から希望できないかなど言いたいことはグッと抑えて冷静にお問い合わせしましょう。 まとめ まとめるとこんな感じです。

次の

uk.mylively.com ヘルプ: ヘルプ

アマゾン カスタマー サービス

クリックできる目次• 「チャット」でAmazonにお問い合わせする方法 まず、Amazonの「お問い合わせ方法」に移動します。 リンク 「お問い合わせフォーム」のボタンをクリックします。 「注文後の商品について」、「Amazon デバイスとKindle無料アプリ」、「デジタルサービス」、「プライム、その他」からお問い合わせの種類を選択します。 質問内容がどのカテゴリーなのか分からないときは、 とりあえず「プライム、その他」を選んでおきましょう。 1で選んだお問い合わせの種類に応じて、 選択できるお問い合わせ内容が変わります。 質問内容に一番近いものを選びましょう。 ちなみに、質問の種類ごとに選べる内容は下記のようになっているので、よかったら参考にしてみてください。 プライム、その他• Amazonを装ったEメール/SNSが届いた• 商品について• 注文方法• Amazonギフト券• Amazonポイント• キャンペーン• アカウントの確認、変更、閉鎖• Amazonプライム• Prime Nowについて• Prime Video• Prime Music• Prime Reading• プライム・フォト• Amazonフレッシュ• Amazonビジネスについて(9時-18時)• Amazon co. jpコミュニティ• 利用規約やプライバシー規約に関するお問い合わせ• 医薬品に関するお問い合わせ• Amazonソムリエへのワインに関する相談• 出品に関するお問い合わせ 1と2の選択が完了すると、お問い合わせ方法を選択できるようになります。 今回は一番手軽に質問できる「チャット」を選択します。 MEMO左側に出てくるおすすめのお問い合わせ方法は、選択した内容によって変化します。 「チャット」をクリックすると、別ウィンドウでチャット画面が出てきます。 名前はAmazonに登録している本名でなくてもオッケーです。 初期設定では名前のところが本名になっているので、変更したい人は「チャットで使用する名前を入力」をクリックして変更します。 あとは、お問い合わせ内容のところに質問を入力して「チャットを開始」ボタンを押せば担当の人からチャットが返ってきます。 チャット終了後に、やりとりした内容をメールで送ることもできます。 希望する場合は、チェックボックスにチェックを入れておきましょう。 Amazonでの「チャット」お問い合わせ方法まとめ チャットなら電話と違って直接話すことがないので、落ち着いて質問のやりとりができるところがメリットですね。 24時間365日受け付けてもらえて、ほとんどの質問にすぐ答えてくれるのがAmazonのスゴさだと思います。 しかも質問に答えてくれるのはカスタマーサポートの方なので、AI 人工知能 とかではなく、ちゃんとした人が返信してくれます。 何か困ったことがあって、解決しない場合は「チャット」で質問してみると時間の節約になるのでオススメです。

次の