デュエル マスターズ プレイス 攻略。 カードゲーム「デュエル・マスターズ」にスマホ版が登場!!

【デュエプレ】リセマラ当たりカードランキング【デュエマプレイス】

デュエル マスターズ プレイス 攻略

保険をかけるわけではないが…… 以前言ったように、僕はどちらかというと遊戯王の経験が長いのですが、 デッキタイプというのは多かれ少なかれ相性があります。 ある一定の分野において、最強のカードというのは存在するのですが、 必ずしも全状況に対応できるなんてことはあり得ません。 したがって(まぁ言わずもがなですが)全戦全勝できるデッキではないので、それだけはご注意を。 さて本題。 光と水でかためる この記事を書くにおいて、どうやったら 「初期のカードだけ」で「扱い易く」、「勝ちやすい」デッキが作れるかためしました。 じゃあどの文明が良い? と考えた結論が光と水です。 あくまでテンプレなので、パックで手に入れた強いカードを入れることは、ドンドン検討すべきです。 ~~~~~~~~~~ 前の記事でお話した通り、 文明ごとには似た特徴があります。 一つ二つじゃないんですが、あえて言うとすれば、 光はステータスが強く、ブロッカーも多め。 水はドロー系の効果が多い。 という、 最もわかりやすいシンプルな長所を活かすことにしました。 以下、デッキ構成の写真です。 水1のアクアガード、光1のラ・ウラ・ギガは出しやすく、 コスト2のサリエスも序盤にしては中々強力なブロッカーです。 唯一の序盤攻撃役は、 光2のク・ラウドになります。 壁をたくさん出す戦い方でもいいですが、 (狙えそうなら)序盤から殴りに行っても良いでしょう。 先ほども教えたとおり、水系はドローが潤沢なので、 手札アドバンテージ的にも中盤以降ついていきやすいはずです。 最後半スタミナ切れで押し負けないためにも、 初手防御ばかりにとらわれないよう注意しましょう。 また、 呪文のネオブレインでツードローと、 手札を稼ぎつつ戦います。 またこの辺りから、 わざとシールドを壊させて手札を増やすことも検討し、 終盤のキーカードをしっかりと確保できるようにしておきましょう。 また、 スパイラルスライダー(コスト6以下の相手クリーチャーを相手の手札に戻す)や、預言者コロン等で妨害(S・トリガー含めて)していければグッドです。 いままで戦っていた「ラ・ウラ・ギガ」や「アクア・ガード」などの上に 進化クリーチャーとなる『ラディア・バーレ』や『クリスタル・ジャベリン』などを重ね、 とどめを刺しに行きましょう。 (できれば複数体で) マナが十分にそろっていれば、本来召喚酔い(そもそも攻撃できない)アクアガードを召還後、ジャベリンを重ね 速攻でダブルブレイクを狙うといった戦い方もできます。 このデッキは6・7のカードを合計11枚投入しているので、終盤までWブレイカーのカードを引けないということはないと思います。 初期手札にそのようなカードが2~3枚来てしまった場合、 積極的にマナゾーンに送っても大丈夫。 といったのが、このデッキの主な戦い方です。 いきなり手札を上級コストが埋めつくす、とかでもない限り基本は動いていけますので、事故りにくいはずです。 勝率も、軽く5戦して3回は勝てたので、全く使えないポンコツデッキということはないと思います。 今からそれを隠さずにお伝えします。 また別ですが、闇のSRである 「悪魔神バロム」みたいな強力な効果(闇以外のクリーチャー全体除去)や10000越えのパワーカードを出された場合も厳しいです。 要は、闇文明がどちらかといえば苦手分野になりがちです。 一応対抗手段として、スパイラル・スライダーが4積みされていますが、 必ずしも手札にあるとは限りません。 中盤のクリーチャー通しの殴り合いでは、 まず不利になる傾向は避けられません。 この弱点をパック(新カード)で解決 さてここからは、 プレイヤー様が引いたカードによって、弱点の補い方。 また長所の伸ばし方が違います。 まず最初に言いたいのは、実際使ってみて 「このカードは使える」「使いにくい」等と自分で感じ取ってください。 そして手に入れたカードの中から、 自分に都合が良さそうなカードを入れて 再調整です。 例えば私だったら、もう少しドロー系を強化してみたり、中盤のクリーチャーを補強してみたりといった、改善が考えられます。 「 実際のところは使って感じてみないと分からない」 これは、 上記の光・水テンプレデッキ以外にも言えることで、 何度も使ってカードの効果や使い方をインプットしてください。 それだけ今回も伝えたかったので、 また別の文明のデッキでも、何回もデュエルして(感覚的でもいいので)カードの使い方などを学びましょう。 まとめ ということで、 今回は扱いやすさと事故率の低さを意識して、 光・水デッキをご紹介していきました。 もちろん、光と水が最強! ってわけでは無く、 他の文明のカードにも初期で強いのはたくさんいます。 自然の フェアリー・ライフなど2~3隊(中盤も優秀)。 火の除去系呪文。 闇のハンデス等々、紹介しきれないほどです。 だからこそ、自分に合った使いやすいカードは何なのか。 パックで当てた良いカードを活かせるにはどれを組み合わせたらいいのかと 考えることは、 上達とは切っても切り離せないので、色んなカードに触れることをおススメします。 といったところで、今回はここまで。 ご一読ありがとうございました。

次の

【デュエプレ】リセマラ当たりランキング【デュエマプレイス】

デュエル マスターズ プレイス 攻略

ランキングの基準 Tier1 環境最上位デッキ 高いデッキパワーを誇り、現環境で最も注目されているデッキ。 そのため対策されやすく、デッキの中身や戦略もばれやすいが、それでもなお高い勝率を誇るデッキが多くランクインする。 Tier2 準最強クラスのデッキ Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持つが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。 Tier3 中堅デッキ Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーで劣り、見かける機会はあまり多くないデッキ。 環境次第では上位に上がることもある。 Tier4 発展途上のデッキ 研究が進まず構築が固まっていないデッキや、そもそものデッキパワーが足りていないデッキ。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。 Tier1デッキ デッキ名 評価 変動 9. 5 - 9. 5 - 9. 5 - 9. 0 - 9. 0 - Tier2デッキ デッキ名 評価 変動 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 0 - Tier3デッキ デッキ名 評価 変動 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - デッキの紹介 リースボルバル リースカラーのボルバルデッキ 赤白緑のリースカラーを採用した軸のデッキです。 、で盤面処理を行いながら10ターン目に繋ぎ、の追加ターンで勝利を目指します。 イニシエートにタッチ イニシエートにタッチすることでを採用し、序盤の攻防でも遅れを取らないような構築になっています。 デアリガズガルザーク ガルザークを軸とした赤黒緑のドラゴンデッキ 場に火のドラゴン・闇のドラゴンがいることで追加効果を得るを活かすドラゴンデッキです。 そのための赤・黒に加えてマナブースト兼の緑を採用しています。 除去と攻めを両立するデッキ の効果で相手のクリーチャーをマナ送りにする除去を連打することができます。 の闇ドラゴンが破壊された時の効果は自身が破壊された場合でも起動するので、相手のクリーチャーを道ずれにすることができます。 青緑リーフブリザード ブリザードにリーフを採用 を軸としたデッキにを採用したデッキです。 が成立すればにアクセスしやすくなり、が成立すれば浮いたマナでの進化速攻&ドローで追撃することができます。 速攻の意識 進化元になる軽量クリーチャーが多いので、序盤から攻める速攻を意識しておきましょう。 青緑速攻 2コストで3枚ドロー は2マナ3000、3枚ドローできる進化クリーチャーです。 でリソース補充をしながら速攻を狙っていくデッキです。 緑のパワーが高い 、はクリーチャーが場に出る度にそのターン中パワーが高くなるので、相手のターンでもパワーアップします。 相手のブロッカーを乗り越えながら、相手に処理されづらいパワーの高いクリーチャーです。 赤緑速攻 速攻に寄せきったデッキ 赤緑の速攻に寄せきったデッキです。 、を召喚して1ターン目から攻めていきましょう。 優秀な小型クリーチャーが追加 2マナでパワー4000のや1マナのが追加されました。 速攻に適したクリーチャーが増えたので強化されています。 青白イニシエート クラウゼ・バルキューラによる制圧 イニシエートの進化クリーチャーであるは場に出た時相手クリーチャーを2枚までタップできるので、一方的にクリーチャーを討ち取ることができます。 パワー7500のW・ブレイカーなので、クリーチャーの処理だけではなく攻める力も兼ね揃えています。 グライス・メジキューラの追加 強力な進化クリーチャーであるが追加されました。 2マナで序盤から繰り出し、攻撃を止めることができます。 追加された多色カードは優秀なイニシエート2種に加えフィニッシャーのと、大幅に強化されました。 青黒バロム ドロー&ハンデスからのバロム 青のドロー、黒のハンデスでアドバンテージに差をつけ、終盤はで一掃していくデッキです。 ゲームをコントロールして明確なフィニッシャーに繋げます。 多色カードで安定した動きを 青黒の多色には優秀なカードが多く、の安定したプレイにも繋がります。 しかし多色カード特有のチャージしたターンはマナが使えない、というデメリットが気になる場面を訪れるので、気になる場合は多色カードの一部を単色カードに差し替えましょう。 除去ボルバル 除去でコントロールしてボルバルザークで勝つ 除去・ハンデス等でゲームをコントロールし、の追加ターンで勝利するデッキです。 10ターン目まで凌ぎ、追加ターンを得るまでロングゲームを狙いましょう。 ボルメテ・二角とフィニッシャーが多い 、と大型クリーチャーを多く採用しています。 は除去コントロールと相性が良く、追加ターンによる攻めが決まった時点で場にいればS・トリガーをほぼ無視することが可能です。 デアリガズ連ドラ 強力なドラゴンが増えた連ドラ からドラゴンを連打していく通称「連ドラ」が、等優秀なドラゴンの追加によって強化されました。 環境的にが処理されづらいのも追い風です。 ドラゴンの配分を多めに からドラゴンが捲れやすく、で2マナブーストする確率を上げる為にドラゴンを多く採用しています。 安定性を求めて呪文やS・トリガーを採用するのもアリです。 青白ガーディアン ガーディアンを進化・強化させて戦う ガーディアンの進化クリーチャーであるは、5マナ8500W・ブレイカーの高いスペックに加えて相手がS・トリガーを使うたびにシールドを増やす効果を持ちます。 を軸にガーディアンをで強化していきましょう。 フィニッシャーのブルーメルキス 追加されたはブレイクしたシールドの呪文を唱えるという凄まじい効果を持ちます。 対面次第ではシールド攻めをに任せるよう立ち回りましょう。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の

デュエルマスターズプレイス攻略 光・水デッキ編成

デュエル マスターズ プレイス 攻略

そのためパックから目当てのカードが引けなくても余ったカードを分解して作成することも可能です。 ただ、生成するためのポイントは他カードを分解する必要があるため、目当てのカードをパックから引くに越したことはありません。 シークレットやプレミアムが存在 一部のカードには 「シークレット」というイラスト違いが存在します。 また、全カード共通で「プレミアム」という金枠が付いたバージョンも一定確率で排出されます。 どちらの仕様でもカード性能的には通常バージョンと変わらないので、性能重視の方はスルーしても大丈夫です。 同じカードを使用した際にシークレットを採用していると相手に見せつける マウントを取る ことができるので、狙いたい方はリセマラで狙うのがおすすめです。 作りたいデッキに採用されるSRカードがシークレットで排出された場合は、イラストを重視するかコスパを重視するかの選択をする必要があります。 シークレットは通常仕様のSRよりも排出確率が低く設定されているため、特別仕様のイラストでプレイしたい場合は、リセマラを終了しましょう。 反対に、デッキ構築コストを重視する場合は、シークレット以外にSRが引けていないならリセマラを続行するのがおすすめです。 最新リセマラ当たりランキング デュエプレでリセマラを行う上で、優先して確保しておきたい SRカードをランキング形式で紹介していきます。 SRを性能面を評価してランクづけしているので、最強カードを知りたい方も参考にしてください。 作りたいデッキによって順位が大きく変動するため、あくまでも目安程度にご覧ください。 Sランク(大当たり) SRカードの中でも頭一つ抜けて高性能なカードや優秀なカードをSランクとしています。 攻撃する時、自分の他クリーチャー1体を破壊する。 提供割合 レア度 確率 SR スーパーレア 1. 複数パックを同時に開封する場合は、パックのどれかからSRカードが排出されます。 カードの背面が虹色 パックを引く際、カードの背面が虹色に輝いていた場合はSRカードは確定?で入手することができます。 1パックに2つ以上のカードが虹色に輝くこともあるそうです。

次の