エキュート 大宮。 エキュート大宮ノース 2020年7月22日(水)開業!全6テナント一覧!最新情報も!

大宮駅に「エキュート大宮ノース」開業へ スイーツ店3店舗など新店舗も

エキュート 大宮

初詣には、全国でトップ10に入る参拝客が訪れる「武蔵国一宮氷川神社」。 「大いなる宮」と呼ばれ、「大宮」の地名の由来にもなった由緒ある大社です。 2400年以上の歴史を誇る「大宮氷川神社」は、東京・埼玉近郊に約280ある氷川神社の総本山で、パワースポットにも数えられています。 また、「氷川神社」に隣接する大宮公園は、桜の名所として有名で、緑豊かな園内は森林浴や、ジョギングを楽しめます。 その他大宮には、鉄道ファン垂涎の鉄道博物館や、サッカーの試合や音楽イベントが開かれるさいたまスーパーアリーナ、外国人観光客も訪れるさいたま市大宮盆栽美術館、埼玉で発掘された土器が展示された埼玉県立歴史と民族の博物館など、見どころがたくさんあります。 大宮駅は、交通の要所だけあって駅ナカと駅周辺の施設が充実しています。 中でも注目すべきは2つの駅ナカです。 とくに南口改札内にあるエキュート大宮は、グルメ、ファッション、インテリア、ホビー、文具など、およそ思いつく限りのショップが立ち並ぶ一大商業施設です。 エキュート大宮の中ですべてが賄えるほどの充実ぶりは、東京のターミナル駅にも匹敵するほどです。 途中下車しても立ち寄りたくなってしまう、それがエキュート大宮です。 鉄道を利用する人のための施設なので、改札の外から入る場合は、入場券か乗車券が必要です。 入場券は八件から時間しか有効期間がありません。 2時間を超えると追加料金がかかりますから、注意してください。 さつま芋を使ったお菓子で有名な「らぽっぽ」。 有名デパートなどにも出店してるので、知っている人も多いのではないでしょうか。 そんな「らぽっぽ」で、1粒から買える可愛いおいものお菓子のセレクトショップが「らぽっぽmini-one」です。 「らぽっぽmini-one」の「おさつの木の実パイ」は、サクサクのパイに中に、さつま芋を使ったフィリングがぎっしり詰まっています。 一口でぽいっと食べられる手軽さはおやつにぴったりでお土産にも最適です。 プレーン、チョコ、紫芋、パンプキンと味もバラエティに富んでいるので、あれこれ選ぶのも楽しいです。 1粒から買えるのも、お土産には便利で嬉しいです。 2017年に東京駅構内に1号店がオープンするや否や連日行列ができる盛況ぶりで、いまだその人気は衰えることがありません。 大宮店は、2018年7月、大宮駅のリニューアルに伴い、東京以外では初、4号店としてオープンし、瞬く間に行列のできる大人気店となりました。 大宮店には「焼きたてバターサンド」はありませんが、フレッシュバターをふんだんに使ったバタークリームとキャラメルクリームをサクサクのクッキーでサンドしたバターサンドは、パッケージもスタイリッシュで、ビジネスでのお土産にも喜ばれること間違いなしです。 砂糖の使用を極限まで控え、リンゴとさつま芋の甘味を引き出したサクサクのパイは、発売から20年以上たっても愛され続ける「らぽっぽ」一押しの人気商品です。 あまりにも有名なお菓子なので、全国どこででも買えるのが「大宮のお土産」と言い切るには悩ましいところですが、埼玉と言えばさつま芋の名産地なので、「焼きたてポテトアップルパイ」も大宮のお土産と胸を張ってもいいでしょう。 「BAKE」の名を全国に知らしめた看板商品が、フランス産のチーズと北海道産のチーズを使た「焼きたてチーズタルト」です。 二度焼きしたサクサクのタルト生地にたっぷりと詰まった三種類の濃厚なチーズムースは、一度食べたら忘れられない美味しさで、地元北海道でも一番の人気商品です。 贈り物や結婚式の引き出物にも使われるユーハイムのバウムクーヘンですが、創業者であるユーハイムの息子の名を冠した特別なバウムクーヘンが、「ボビーバウム」です。 「ボビーバウム」は、駅ナカでしか買えない限定品なので、お土産にはうってつけです。 バウムクーヘンの中央の穴にクリームを詰め、ブッセではさんだ独特のフォルムは、お土産に持って行けば、注目の的になること間違いなしです。 プレーンとチョコの2種類あり、プレーンにはレモンクリームが詰められており、チョコにはガナッシュクリームが詰められています。 チーズケーキの他に、チーズプリンやチーズシュークリームなども人気です。 「汽車ぽっぽ」は、一口サイズのチーズケーキの表面に汽車のイラストが刻印された、大宮駅限定の商品です。 鉄道の街らしい見た目とネーミングは、大宮のお土産にぴったりでしたが、「CHEESE CAKEING - ef -」エキュート大宮店は、2018年9月30日で閉店しました。 「汽車ぽっぽ」の販売はありませんが、「CHEESE CAKEING - ef -」は、さいたま市緑区で営業しています。 今や東京土産の定番ともいえる「シュガーバターの木」ですが、大宮駅には「シュガーバターの木」1号店があります。 大宮のお土産と言うには抵抗があるという人もいるかもしれませんが、東京でも行列ができるほどの人気商品の1号店なので、立派に大宮のお土産です。 プレーンの「プレーンバターの木」もありますが、お土産に人気なのはパッケージにパンダの顔が描かれた「パンダのシュガーバターサンドの木」です。 「シュガーバターサンドの木」は、地域限定、季節限定商品があるので見逃せません。

次の

開業15周年を迎える「エキュート大宮」がリニューアル、充実の駅ナカに

エキュート 大宮

TVチャンピオン優勝者のお店 実はこのデイジイ、TVチャンピオンのパン職人選手(的なものだった記憶)の優勝者「倉田博和さん」のお店でもあります。 ということで、その質には昔から定評があります。 いつの間にか支店が増えていたみたいですが、大宮には無かったんですよね。 実は以前ロヂャース東大宮に「ロビーゴ」という郊外型店舗を出していたはずなんですが、数年前に閉店済み。 ということで、大宮圏内には久々の復活です。 だいぶ前のことなので事実関係が違ってたらすみません…。 ということで早速オープン直後のお店に行ってみました。 イートインスペース多め、パンの種類も多め エキュート大宮のデイジイ大宮店(注:正確にはデイジイエキュート大宮店だそうです)は、イートインスペースも備えた店内飲食可能タイプ。 神戸屋の居抜きかな?というくらいにパンスペースとイートインスペースの比率は同じくらい。 カフェメニューもふつうにありまして、カフェとしての利用も良さそうですね。 お会計には大手パン店が使うような、スキャナー型のレジを使ってました。 白い半透明のトレーを乗せるとすぐにお会計わかるやつです。 大宮店オリジナルとしては ・大地の恵み(埼玉産小麦 ハナマンテン仕様の食パン) ・彩の国生食パン(デイジイの生食パン) ・ナポリタンドッグ(大宮名物をデイジイも) ・狭山茶蒸しパン(県内もの) とのこと。 今日は出勤前なので、ハード系としてミルクフランス、クロワッサン系としてパンオショコラを買いました。 どちらもスタンダードに美味しさを追求していて好感触です。 優しい味。 そう、僕デイジイの味好きなんですよね。 ファミリーに人気もあって、子供が食べられそうなパンも多いのが良いところ。 神戸屋は残念だったけど、エキュート大宮にまたいいパン屋が増えてしまった。 ということであとは現地の写真を載せておきます。 デイジイエキュート大宮店 エキュート大宮内 月から土まで 7:00-22:30 日祝 7:00-21:30 基本的に無休(エキュート大宮営業日に沿う).

次の

デイジイ大宮店がエキュート大宮にオープンしたので行ってきた

エキュート 大宮

初詣には、全国でトップ10に入る参拝客が訪れる「武蔵国一宮氷川神社」。 「大いなる宮」と呼ばれ、「大宮」の地名の由来にもなった由緒ある大社です。 2400年以上の歴史を誇る「大宮氷川神社」は、東京・埼玉近郊に約280ある氷川神社の総本山で、パワースポットにも数えられています。 また、「氷川神社」に隣接する大宮公園は、桜の名所として有名で、緑豊かな園内は森林浴や、ジョギングを楽しめます。 その他大宮には、鉄道ファン垂涎の鉄道博物館や、サッカーの試合や音楽イベントが開かれるさいたまスーパーアリーナ、外国人観光客も訪れるさいたま市大宮盆栽美術館、埼玉で発掘された土器が展示された埼玉県立歴史と民族の博物館など、見どころがたくさんあります。 大宮駅は、交通の要所だけあって駅ナカと駅周辺の施設が充実しています。 中でも注目すべきは2つの駅ナカです。 とくに南口改札内にあるエキュート大宮は、グルメ、ファッション、インテリア、ホビー、文具など、およそ思いつく限りのショップが立ち並ぶ一大商業施設です。 エキュート大宮の中ですべてが賄えるほどの充実ぶりは、東京のターミナル駅にも匹敵するほどです。 途中下車しても立ち寄りたくなってしまう、それがエキュート大宮です。 鉄道を利用する人のための施設なので、改札の外から入る場合は、入場券か乗車券が必要です。 入場券は八件から時間しか有効期間がありません。 2時間を超えると追加料金がかかりますから、注意してください。 さつま芋を使ったお菓子で有名な「らぽっぽ」。 有名デパートなどにも出店してるので、知っている人も多いのではないでしょうか。 そんな「らぽっぽ」で、1粒から買える可愛いおいものお菓子のセレクトショップが「らぽっぽmini-one」です。 「らぽっぽmini-one」の「おさつの木の実パイ」は、サクサクのパイに中に、さつま芋を使ったフィリングがぎっしり詰まっています。 一口でぽいっと食べられる手軽さはおやつにぴったりでお土産にも最適です。 プレーン、チョコ、紫芋、パンプキンと味もバラエティに富んでいるので、あれこれ選ぶのも楽しいです。 1粒から買えるのも、お土産には便利で嬉しいです。 2017年に東京駅構内に1号店がオープンするや否や連日行列ができる盛況ぶりで、いまだその人気は衰えることがありません。 大宮店は、2018年7月、大宮駅のリニューアルに伴い、東京以外では初、4号店としてオープンし、瞬く間に行列のできる大人気店となりました。 大宮店には「焼きたてバターサンド」はありませんが、フレッシュバターをふんだんに使ったバタークリームとキャラメルクリームをサクサクのクッキーでサンドしたバターサンドは、パッケージもスタイリッシュで、ビジネスでのお土産にも喜ばれること間違いなしです。 砂糖の使用を極限まで控え、リンゴとさつま芋の甘味を引き出したサクサクのパイは、発売から20年以上たっても愛され続ける「らぽっぽ」一押しの人気商品です。 あまりにも有名なお菓子なので、全国どこででも買えるのが「大宮のお土産」と言い切るには悩ましいところですが、埼玉と言えばさつま芋の名産地なので、「焼きたてポテトアップルパイ」も大宮のお土産と胸を張ってもいいでしょう。 「BAKE」の名を全国に知らしめた看板商品が、フランス産のチーズと北海道産のチーズを使た「焼きたてチーズタルト」です。 二度焼きしたサクサクのタルト生地にたっぷりと詰まった三種類の濃厚なチーズムースは、一度食べたら忘れられない美味しさで、地元北海道でも一番の人気商品です。 贈り物や結婚式の引き出物にも使われるユーハイムのバウムクーヘンですが、創業者であるユーハイムの息子の名を冠した特別なバウムクーヘンが、「ボビーバウム」です。 「ボビーバウム」は、駅ナカでしか買えない限定品なので、お土産にはうってつけです。 バウムクーヘンの中央の穴にクリームを詰め、ブッセではさんだ独特のフォルムは、お土産に持って行けば、注目の的になること間違いなしです。 プレーンとチョコの2種類あり、プレーンにはレモンクリームが詰められており、チョコにはガナッシュクリームが詰められています。 チーズケーキの他に、チーズプリンやチーズシュークリームなども人気です。 「汽車ぽっぽ」は、一口サイズのチーズケーキの表面に汽車のイラストが刻印された、大宮駅限定の商品です。 鉄道の街らしい見た目とネーミングは、大宮のお土産にぴったりでしたが、「CHEESE CAKEING - ef -」エキュート大宮店は、2018年9月30日で閉店しました。 「汽車ぽっぽ」の販売はありませんが、「CHEESE CAKEING - ef -」は、さいたま市緑区で営業しています。 今や東京土産の定番ともいえる「シュガーバターの木」ですが、大宮駅には「シュガーバターの木」1号店があります。 大宮のお土産と言うには抵抗があるという人もいるかもしれませんが、東京でも行列ができるほどの人気商品の1号店なので、立派に大宮のお土産です。 プレーンの「プレーンバターの木」もありますが、お土産に人気なのはパッケージにパンダの顔が描かれた「パンダのシュガーバターサンドの木」です。 「シュガーバターサンドの木」は、地域限定、季節限定商品があるので見逃せません。

次の