ハムスター 種類 小さい。 ハムスターの性格は?値段や飼いやすい種類13選!おすすめの一覧も

ゴールデンハムスターの人気の毛色8選!値段や飼い方は?

ハムスター 種類 小さい

ハムスターの種類はたくさんありますが、 その中で特に体の小さな種類を示す 『ドワーフハムスター』をご存知ですか? ドワーフハムスターは体の大きな ゴールデンハムスターと比較して、 小さい種類です。 ドワーフハムスターは体の小ささから ゴールデンハムスターよりも飼いやすく、 今までペットを飼ったことのなかった人にも おすすめできるペットですよ。 そこで今回は、そんな ドワーフハムスターの寿命や 飼い方などの基本的な情報について解説していきます。 スポンサーリンク ドワーフハムスターって? ドワーフハムスターは、 実は特定の種類のハムスターを示す言葉ではありません。 体の大きいゴールデンハムスターと比較して、 体の小さな種類のハムスターのことを総称して ドワーフハムスターと呼びます。 ドワーフハムスターには以下の4種類がいます。 見た目の特徴としては 背中に黒い線が入っていることが挙げられます。 体の大きさは6センチから13センチほどと、 小柄なハムスターですよ。 ジャンガリアンハムスターの性格は 個体によりさまざまですが、 一般的に懐きやすく、飼いやすいハムスターだとされています。 また、一つのケージに複数匹を同居させられるため、 ハムスターたちが仲良くしている姿を見たい人におすすめですね。 白い眉のような模様と、二頭身の体が特徴的。 ロボロフスキーハムスターはとても臆病な性格なため、 手乗りにするのは難しいかもしれませんね。 ただ、 複数匹を同じケージに入れて飼えるため、 仲間同士で触れ合っている ロボロフスキーハムスター の姿は とても可愛らしいですよ。 どちらかというと、 ふれあい目的で飼うより 鑑賞目的の方が向いているでしょう。 人に懐きにくいという点から、 初心者よりもペット上級者向けのハムスターですね。 ただ、キャンベルハムスターは ジャンガリアンハムスターよりも体が少し大きく、 また背中の黒い線が少し薄いことが特徴ですよ。 それだけでなく、 キャンベルハムスターは 耳がややとがっており、 大きく広がっていることも特徴。 キャンベルハムスターは毛色の種類が豊富にあることから、 ドワーフハムスターの中では カラーバリエーションを楽しめるハムスターです! また、性格もジャンガリアンハムスターに比べて 臆病な面があることから、 人間には懐きにくいとされています。 ハムスターの飼育に慣れた人におすすめなハムスターですね。 〈関連記事〉 — 2017年11月月25日午後10時18分PST 最後に紹介する 『チャイニーズハムスター』は、 ハムスターというよりネズミに似た ドワーフハムスターです! ハムスターのずんぐりむっくりした体形ではなく、 体つきがすっきりしていますし、 長い尾を持つという特徴も。 チャイニーズハムスターは 他のドワーフハムスターにはある頬袋を持っていない、 という変わった点もありますね。 性格はやや臆病ですが、頭が良く世話をしていると人間にも懐くため、 初心者でも飼いやすいと言えるでしょう。 ただ、縄張り意識が強く、 複数匹で飼うと ケンカをしてしまう可能性があるため 単独飼いがおすすめですよ。 ただし、この寿命はドワーフハムスターだけでなく、 体が大きなゴールデンハムスターも同様。 ドワーフハムスターに限らず、 ハムスターの寿命は短いということを 頭に入れておいてくださいね。 特にドワーフハムスターは体が小さいことから、 寿命を全うする以外にも 病気や事故で死んでしまうケースが多くなってしまいます。 たとえば飼育環境が原因で病気になってしまうリスクも、 体が小さい分ドワーフハムスターの方が大きいです。 そんな、 もしも病気や怪我で 高額な治療費がかかることもありますが 『 ペット保険』に加入しておくことをおすすめしますよ。 ぺっと保険なら月々、数百円〜数千円と 少額で済むこともあります。 すばしっこいハムスターは、少しの隙間からでも 脱走してしまう可能性も高くなってしまいます。 体が小さいドワーフハムスターだからこそ、 飼い方に気を付けてあげて 寿命を全うさせてあげてくださいね。 スポンサーリンク ドワーフハムスターの飼い方で気を付けることは? 先ほどお伝えしたように ドワーフハムスターといっても ジャンガリアンハムスター、キャンベルハムスターなど さまざまな種類があります。 例えば、ロボロフスキーハムスターは 複数匹を同じケージに同居させることが可能ですが、 チャイニーズハムスターは複数飼いに向いていません。 このように、ドワーフハムスターだからといって すべて同じだとは考えずに、 飼育の際はそのハムスターについて調べてみてくださいね。 ドワーフハムスターの販売方法、値段は? ドワーフハムスターを購入する際、 主な販売方法は ペットショップで購入する、 ブリーダーから直接購入する、などが挙げられます。 ここでは、最も身近である ペットショップでの販売について見ていきましょう。 まず、一口にドワーフハムスターといっても、 値段は種類によって異なります。 ジャンガリアンハムスターであれば、 大体1000円から2000円の間である事が多いでしょう。 ロボロフスキーハムスターであれば 2000円から1万円で販売されることが多いですね。 キャンベルハムスターは 、 2000円から4000円で購入することができますよ。 そしてチャイニーズハムスターは、 3000円から4000円が販売価格です。 このように、 ドワーフハムスターの中でも 価格に違いが見られます。 ちなみにジャンガリアンハムスターのように 初心者にも飼いやすい種類は人気が高いため出回る量が増え、 値段が安くなる傾向にあるようです。 スポンサーリンク ドワーフハムスターを飼う時におすすめなアイテムは? ドワーフハムスターを飼う時に、 用意しておくと良いアイテムはあるのでしょうか? 続いて、ドワーフハムスターに おすすめな物を紹介します。 ハムスターボール 上記は 『ドワーフボール』です。 こちらは、ドワーフハムスターにぴったり なサイズの ハムスターボールです。 ハムスターボールは、 ハムスターを部屋に 出す際に、 活躍するアイテムですよ。 ドワーフハムスターは、特に体が小さいです から、 普通に外に出すと姿を見失ってしまいます。 ですが、ハムスターボールを使用すれば、 ハムスターの姿を、確認しやすいですし 家具の隙間に入ってしまう心配もありません。 特にこちらは ドワーフハムスター用のもの なので、 体が小さなドワーフハムスターでも 負担なく走ることができます。 体が小さなドワーフハムスターは、 ゴールデンハムスターよりも多くの エネルギーを必要とします。 そんな、ドワーフハムスターのために、 高たんぱくな、栄養満点のフードなんですよ。 それだけでなく、こちらのフードは硬めに 作られていますので、 ドワーフハムスターの 歯の伸びすぎも防いでくれる効果も! ドワーフハムスターの健康を保つために、 とてもおすすめなフードですよ。 スポンサーリンク この記事を読んだ方からは こちらの記事も人気です。 <関連記事>.

次の

ゴールデンハムスターの人気の毛色8選!値段や飼い方は?

ハムスター 種類 小さい

温度:18度~27度• そのため少しの水分でも生きていけたり、餌になる草や昆虫類の数も少ないため、長い距離を歩いて餌を探したり、ほっぺたで巣穴まで持って帰る能力が進化してきました。 この環境は日本とはまるで異なっています。 日本でこの温度が保たれてるのが5月~10月であり、この6ヶ月間以外にはなにかしらの対策が必要です。 ハムスター専用に温湿度計を購入しておき、ケージ内にいれて毎日数値をチェックしてあげましょう。 ハムスターの温度や湿度が適切ではないときに起きる問題 ハムスターは体が小さいので、少しの環境の変化が致命傷になってしまうことも少なくありません。 温度の高低だけではなく、急激な温度差にも注意するようにしてください。 温度が高い時• 温度が低い時• 湿度が高い時 温度が高い日は脱水症状に注意 30度を超えるような温度が高い環境だと脱水症状を引き起こす可能性があります。 普段からたくさんの水を飲む習慣がないので、脱水症状が近くなっても一気に水を飲むことはしません。 緊急事態の時にはやなどの水分を多く含んだ野菜を与えるようにしてください。 温度が低いと冬眠する ハムスターは10度を下回ると冬眠する可能性があります。 野生のハムスターは冬眠を行うことで越冬することが出来ますが、冬眠前にはたくさんの栄養をとって十分に太っている必要があり、飼育下で冬眠の準備が出来ていることはほとんどありません。 冬眠をさせるとそのまま死んでしまうため、冬眠をさせないように注意してください。 で紹介しているので、ご参考ください。 湿度が高いと菌やダニが繁殖する 湿度が高いと菌やダニが繁殖しやすくなったり、おしっこの臭いが強くなります。 そして、ハムスターに強いストレスを与え、病気にかかる可能性が高くなります。 夏の暑さ対策 ケージの温度が27度を超えてきたら対策を始めましょう。 最初は大理石やアルミなどの小さいひんやりプレートを設置しておき、ハムスターがそこで休むようになるのかチェックしておきます。 温度が30度を超えてきたら、昼間はエアコンを使って27度を維持するようにしてください。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 冬の寒さ対策 ケージの温度が18度を下回ってきたら対策が必要です。 10度近くには絶対にならないように注意してください。 気温下がってきたら、を多めにします。 そして、を購入し、ケージの下に設置します。 本格的な冬に入ってきたら、暖房をいれてあげましょう。 で紹介しているので、ご参考ください。 春と秋に考えておくこと 春と秋は昼夜の気温差が激しいため、温度をこまめにチェックしておきましょう。 夜には冷え込むことが多いため、床材は多めに入れておいた方が安心です。 ヒーターも設置しておき、そこで暖まる様子がなければ外すようにしてください。 基本的には窓を開けておき、風通しが良い場所にケージをおいておけば湿度は低くなります。 扇風機の風は嫌がりますので、自然風であることが大切です。 湿度が上がりやすい夏には次の5つをしておけば、乗り切ることが出来ますよ。

次の

ゴールデンハムスターの値段、種類、毛色、飼い方

ハムスター 種類 小さい

【目次】• 体長は約15センチから20センチ、重さは150グラム前後の個体が多いです。 ゴールデンハムスターの生態は、夜行性で雑食性です。 寿命は約2年から3年で、小型のハムスターと比較すると多産で一度に15匹前後の子供を出産します。 また、性別によっても性格に違いが出ることもあります。 一般的にゴールデンハムスターのオスは縄張り意識が高く、環境の変化に敏感で神経質な傾向があります。 一方でメスは環境が変わっても慣れやすく、ストレスに強い傾向があります。 その交配方法は、オスとメスの飼育ケージを近づけて置き、互いにコミュニケーションをとるようになれば別のケージで一緒にします。 ゴールデンハムスターは縄張り意識が強いため、喧嘩をするようであればすぐに引き離す必要があります。 交配が確認できたらすぐに2匹を引き離します。 その後、妊娠期間は約2週間。 ゴールデンハムスターは1回に約15匹前後産むと言われていますが、初産の場合は数が少なく、5匹前後の場合もあります。 また、ゴールデンハムスターは多産ですが、その1割から2割は淘汰されてしまいます。 およそ3~4週間ほどで子育ては終わります。 様々な毛色の種類を持つゴールデンハムスターは、繁殖により親とはまた違う色を出すことや、長毛種同士から短毛種が生まれてくるなどその多様性が魅力でもあります。 一般的にゴールデンハムスターというと、黒い目に茶色と白の体毛をイメージするのではないでしょうか。 ゴールデンハムスターには、茶色と白の種類だけでも様々な柄のバリエーションがあり、長毛種と呼ばれる毛の長い種類、さらにはつやつやとした毛質のサテンという種類もいます。 一般的にペットショップでよくみられるのはノーマルとキンクマが多いです。 ここでは人気の毛色の種類と特徴を紹介します。 全体的に灰色で黒い目の個体です。 毛の根元が濃いグレーで毛先がアイボリー等、深みのある毛を持つ個体もいます。 また、頬の近くににチークのような黒い模様が入っていることや、額にジャンガリアンハムスターのような黒い線が入っている個体もいます。 ライトグレーと呼ばれる種類は全体的にクリームがかっているアイボリー等、一見シルバーには見えない個体が多いです。 このライトグレー種のゴールデンハムスターは致死遺伝子を持っており、ライトグレー同士の繁殖はとても危険です。 グレー系の種類は毛の長い種類もあり、毛の長い種類は比較的高い値段が付けられています。 ノーマルの種類の中には頬の近くにチークのような黒い模様を持つ個体もおり3色ありますが、この場合黒は模様になりますのでトリコロールではなくノーマルになります。 このように3色あってもトリコロールとはなりませんが、お店によってはトリコロールとみなす場合もあるので注意が必要です。 三毛猫のほとんどがメスであることと同じように、ゴールデンハムスターのトリコロールのほとんどはメスです。 まれにオスが生まれますが、これは染色体異常の個体なので繁殖能力が無い、またはとても低いと言われています。 トリコロールは店頭で見かけることがほぼない種類になりますので、高い値段が付けられることがほとんどです。 専門店やインターネットでの入手方法が確実ですが、その場合でも他のゴールデンハムスターと比べて高い値段がつけられています。 ダルメシアンという種類のゴールデンハムスターと混同されがちですが、ダルメシアンよりも白い体毛が少ない印象です。 色の組み合わせは白と黒や白と茶、白とクリームなどがあります。 その模様は様々で、一見ノーマルと間違えるほどぶち模様の少ない個体や、体の全体に均一にまだら模様が広がっている美しい個体まで種類様々です。 ドミナントスポットは致死遺伝子を持っており、ドミナントスポット同士の繁殖はとても危険です。 また似た種類のダルメシアンも同じ致死遺伝子を持っている為、ドミナントスポットとダルメシアンとの交配も危険です。 店頭では見かけることの少ない種類になり、他のゴールデンハムスターの種類と比べると高い値段が付けられる傾向にあります。 ゴールデンハムスターの値段は? ゴールデンハムスターには種類豊富な為、その毛の種類により様々な値段が付けられています。 一般的には1000円から2000円の個体が多いですが、ノーマルは比較的安価であることが多いです。 また、非常に珍しいとされるトリコロールはペットショップで見かけることはめったにありません。 ゴールデンハムスターの種類の中では高い値段が付けられる傾向にありますが、5000円未満の値段が付けられることがほとんどです。 また、ゴールデンハムスターは単独行動を行うハムスターであるため、多頭飼いはできません。 ゴールデンハムスターが過ごしやすい温度は20度から25度前後です。 温度が低すぎると冬眠状態になってしまいます。 飼育下のゴールデンハムスターは冬眠状態になると死んでしまうことが多いので注意しましょう。 基本的には売られているセットのケージで十分ですが、注意すべきこともあります。 ここではよく売られているセットのケージを元に、ゴールデンハムスターの飼育に必要なものを紹介します。 ・ケージ ケージは金網タイプのものが一般的ですが、水槽タイプもあります。 ゴールデンハムスターは湿度に弱いため、湿気のこもりやすい水槽タイプでの飼育には注意が必要です。 ・回し車 ゴールデンハムスターはおっとりとしていますが、運動量が多く一晩で10キロ以上走る個体もいます。 回し車等運動できるものを用意しましょう。 一般的に売られているセットのケージに付属している回し車は、ジャンガリアンハムスターやロボロフスキーハムスター等、体の小さな種類のハムスター向けの為、ゴールデンハムスターには向きません。 ゴールデンハムスターには直径20センチほどの大きな回し車が必要です。 ・給水器 給水器は飲み口に金属ボールが入っており、ゴールデンハムスターがそのボールを口で押すと水が出る仕組みになっているものがほとんどです。 犬や猫のように受け皿に水を入れての飼育は、病気や思わぬ事故の原因となるため、避けたほうが良いです。 ・床材 ケージ内には床材や巣材としておがくずや牧草、細かくした新聞紙を入れます。 巣材としてはティッシュや市販のペット用の綿等があります。 ゴールデンハムスターは湿度に弱いため、床材は乾燥状態を保てるよう、汚れた部分はこまめに取り換える必要があります。 清潔さを保つため週に1度はケージ全体を大掃除する必要があります。 ゴールデンハムスターは主に雑食性で、なんでも食べます。 一般的には市販されているペレットと呼ばれるハムスター用の餌を与えます。 アニメやマンガの影響で餌はヒマワリの種と思いがちですが、ヒマワリの種は脂肪分が多いため、与えすぎると肥満の原因になります。 ヒマワリの種を与える場合は、一日数粒程度を目安にし与えすぎないよう注意しましょう。 他に野菜や果物を与えます。 ただし、水分の多いものを与えすぎると下痢の原因になります。 また、なんでも食べるハムスターですが、与えてはいけない食べ物もあります。 それは玉ねぎやネギ、ニラやニンニクなどのネギ類です。 このネギ類を食べてしまうと、血液中の赤血球が破壊され貧血状態になる他、血尿を出すこともあります。 他にもチョコレートも与えてはいけません。 摂取すると下痢や嘔吐痙攣などを引き起こし、死に至る場合もあります。 ゴールデンハムスターまとめ ここではゴールデンハムスターの種類と基本的な飼育方法を紹介しました。 安い値段で鳴き声もなく飼育しやすいペットの一つであるゴールデンハムスターですが、注意すべきこともたくさんあります。 これからのゴールデンハムスターとの生活が幸せで楽しいものになりますように。 ライター/すーな — おすすめ記事 —.

次の