我々 だ bl zmrb。 wrwrd R18短編集

主役は我々だ最新メンバーまとめ!年齢や身長ほか顔バレの噂も

我々 だ bl zmrb

【天界組】 しんぺい「神」と、ロボロのイラストの「天」という張り紙から天界繋がりで天界組です。 トントンがHoIにて敵国である他国にも優しいところから字幕で「大天使」と言われていたことで、三人セットにしている人もいます。 【狂犬組】 コネシマが狂犬チワワ、シャオロンが煽りポメラニアンと呼ばれているところから、犬繋がりでまとめて狂犬です。 【爛漫組】 ひと「らんらん」とオス「マン」から取って爛漫です。 爛漫という言葉自体に関連がある訳ではなく、二人の名前からもじって語感重視で呼ばれているのだと思います。 【介護組】 動画内 特にHoI でよくガバる鬱先生をフォローするグルッペンという構図から、それが介護に見えると言った理由です。 【キチガイ組】 ゲームのプレイングで予想外なことをしでかしたり、ゲスい過激な発言をしているところからそのままキチガイ組です。 【三強】 一応HoIの上手さの順位かららしいですが、いつ頃から定着したのかはよくわかりません。 動画内の発言での元ネタらしい元ネタは無いです。 動画投稿当初はグルッペン、トントン、オスマン以外はHoI初心者だったらしいことから、自然にそう呼ばれ始めたと考えるのが自然かと思います。 【三僕】 ギスクラ日常編にて3人とも「どうも僕です」と自己紹介をした際に大先生が「この三僕で」とサラッと発言したところから広まった感じです。 【甘党組】 両者が甘いものをよく食べるといったような発言から、そのまま甘党組です。 【毒素組】 第二次世界大戦の主役は我々だにて、担当国の「独ソ」からもじって「まとめて毒素ね」とゲーム内チャットにてオスマンが発言したところから広まった感じです。 ファン内でよく呼ばれているものを他にあげるなら 【海賊組】 ギスクラ海賊編にて海賊を担当したゾム、シャオロン、コネシマのことです。 最初の動画で海賊だったゾム、シャオロンをセットで旧海賊組、リベンジにて海賊だったゾム、コネシマをセットで新海賊組と呼んでいる人が多いです。 【食害組】 ゾムとロボロです。 他人が苦しんで食べるところが好きというブロマガや生放送などでのゾムの発言と、生放送にてロボロがゾムを唸らせるほど何件もはしごしたという話をしていた際の「ゾムを超える食害」と言った発言から食害組です。 エーミールも大食いらしくセットにされることもありますが、一応公式ではメンバーが「エーミールは食害ではない」と発言しています。 【緑組】 オスマンとゾムです。 二人のイメージカラー 動画内で字幕に使われる色 が緑系であるところからセットで呼ばれることがあります。 ギロン主役は我々だにて鬱先生に向けられた「梅毒どうにかしろ!」という野次から取って梅毒、それを毒素と合わせて梅毒素です。 ですが「梅毒」というのは性病であり、ネタ元のギロンもあくまでそういうロールプレイをしているだけの動画であり、ニーチェの思想を演じているところから ニーチェは梅毒にかかっていたため の発言ですので、正直これは使うのはやめておいた方がいいです。 一応公式内で発言されたのは毒素、三僕くらいだと思います。 ですが本人らの中では今でも呼ばれているという訳ではなく、サラッと発言したその場のネタをファンが今でも使っている感じですね。 あとはファンの間で関連していることからセットで呼んでいるだけですね。 敬称略.

次の

腐った私の欲望叶え【w/r/w/r/d/!】

我々 だ bl zmrb

ニコニコなどで活躍する 人気のゲーム実況者グループ 「〇〇の主役は我々だ」 についてまとめた記事です。 〇〇の主役は我々だ! は、 グループ名ではないそうで プレイするゲームによって 〇〇の中に入る言葉が 変わるようです。 2010年に、「同士スターリンの笑ってはいけない世界革命日誌」で 実況をスタートさせていた「我々だ! 」ですが、 そのメンバーは、リーダー格の「グルッペン」さんの 学生時代の友人や 知り合いなどで構成されています。 「wrwrd」などとも略され メンバーの多くが 関西弁を話すことでも知られている「我々だ」ですが 2019年6月現在は ユーチューブでも活動しており、 チャンネル登録者数は40万人ほど。 今回は、そんな「我々だ」のメンバーについて 判明している素顔や身長など 様々な噂をまとめてみました! 「メンバー全員30代ではないか?」との声もあるので、 気になる年齢なども 調べてみました! もくじ• 主役は我々だメンバーの年齢や身長!顔バレの噂もまとめ グルッペン・フューラー 我々だのリーダー的存在であり、 HoIシリーズのプレイスキルは 全プレイヤー中 トップクラスとも言われているグルッペンさん。 以前はゆっくり実況プレイ動画を あげていたものの、 その後、親友5人とギスギスクラフト (ギスギスしながらマインクラフト) という、 複数ユーザーによる 生声での実況をスタートしていました。 初期は、撮影や編集など 様々な役割を担っていた グルッペンさんですが、 現在は、メンバーのほとんどが 編集に関わっているそう。 年齢不詳であり、 「我々だ」のニコニコやユーチューブの動画は主に、 投稿を担当している グルッペンさんのアカウントからアップされています。

次の

wrwrd R18短編集

我々 だ bl zmrb

上目遣いの破壊力【zmrb】• 周りからホビット族とイジられるくらい。 別に俺は気にしなくてもいいと思う。 小さい方が小回りきくし、何より弓で狙い難い。 「ロボロ、お前相変わらずちっさいなぁ。 」 「やかましい!」 しかし、本人はめっちゃ気にしてる。 頭を撫でようものなら、容赦なく叩き落とされる。 さて、どうしたもんか。 「ロボロ、入るで。 」 エーミールのお遣いで来たが、ロボロはどうやら眠っているみたいだ。 いつもの顔に貼ってある紙も外している。 (おお、珍し。 ) 寝る時以外は貼りっぱなしだから、こうして素顔を見るのはかなり久し振りだ。 じっくり見ると、睫毛長いなぁとか、色白やなぁとか思う。 (ちょっとくらいええよな?) 手を伸ばして、髪に触れてみる。 猫みたいにふわふわして、柔らかい。 思わず撫で続けていると、 「ゾム…何やっとんの…?」 ロボロが起きてしまった。 ぱっと手を退ける。 「あ、悪い。 」 「別にええけど、何か用?」 体を起こし、こっちを見つめてくるロボロ。 ここで、これを読んでいる諸君に思い出してもらいたい。 今、ロボロはいつもの紙を顔に貼ってない。 だから、今巷で噂の上目遣いっていうやつになっている。 「っ…!」 「ん?どうした?」 大きな目がじっと見つめてくる。 かわいい、と思ってしまった俺は平常心じゃいられないわけで。 無理矢理視線を外して、早口で要件を伝えた。 「え、エーミールが呼んでたで。 それだけ伝えに来た。 それじゃ。 」 少し小走りで部屋を出て、自室に戻る。 着いたとき、ヘナヘナと情けなく座り込んだ。 (あれはヤバイ…。 ) 初めて低身長って質悪いな、と思った。

次の