妊活 重いもの。 妊活と軽いEDと重いEDの対処法【体験談】

産後は重い物を持ってはいけないの? |医師・専門家が回答Q&A| ベビーカレンダー

妊活 重いもの

妊活中は重いものが持てない? ホームセンターで働いています。 同僚の中に30代の女性がいて、結婚してから10年くらいたつけど中々子供が授からないらしいです。 それで店長に「自分は妊活中な ので、重いものを持つと体に負担がかかるetc」と頼んだらしく、重くない商品の品出しやレジだけやるようになりました。 でも、ホームセンターなので当たり前に色んな商品があり、私も他の同僚達も重くてハードな品出しを一生懸命こなしています。 なかなか子宝に恵まれなくて…というのはお気の毒に思うし、協力しなくちゃいけない?と思うけど、それでもなんだか不公平で腹が立ちます。 妊活中は本当に重いものを持つとよくないのですか?それならこんなハードな品出しがある職場を選ばなければいいのに。 本人は上司にとても気に入られていて、彼女が楽に働けるように配慮しています。 でもそのつけは他のメンバーに来るし、それについて本人からお詫びもありません。 これってどう思いますか? ご本人の治療にもよると思いますが、「重いものを持つな」とは言われた事は無いですね。 妊活だから重たいものは全部ダメということではないと思いますよ。 推察ですけれど、妊娠しているかも、、という期間があるので、その時に出来るだけ負担をかけたくないという事だと思います。 治療によっては安静に過ごすよう言われますし、私も職場で普段はデスクワークだけど、安静にしたい日に限って身体を動かす仕事があった時は躊躇して他の方にお願いしていました。 それ位神経質になるんだと思う。 (妊活の事は話していないので、多分サボリと思われたでしょう) 質問者さんの職場だと、日によって今日はOK、ムリとも言えないでしょうから、上司に相談したんだとおもいますけどね。 会社も、辞められるぐらいなら出来る範囲で働いてっていう判断を下したんだと思うので。 出来ない分他のところで頑張ってもらうしかないんでしょうね。 不公平だからって辞めてもらって一時的に皆さんのモヤモヤは解消されるけど、職場としてそれでいいのかな、、って気もしますしね。 こういうのは難しい問題なんですよね。 「妊活 重いもの」で検索してサイトを2つ読みましたが、 「妊活中は、いつ妊娠してもおかしくない状態です。 さらに実際の妊娠時期とその判明時期はずれることが多く、平均的な妊娠判明時期は2か月目前後であることを考えると、妊娠中にやってはいけないことは妊活中から避けたほうが無難です。 その中の1つが「重いものを持つ」ことです。 」 というサイトと、 「妊娠しやすい身体作りも大切ですが妊娠後はスタミナがいるので、身体を動かし体力をつけるという面ではよいことです。 仕事の後はしっかり栄養と休息をとり、疲労を残さないことを目標にしてみてください。 」 というサイトがありました。 妊活を専門家の指導のもとでやってるのか独学でやってるのかわかりませんが、 指導する先生が「妊活中は重いものを持ってはいけない」といったら、 それを真に受けてしまう人はいるのではないかと思います。 大島美幸さんは妊活中 「お空の赤ちゃんから見つけやすいように、女の人だってわかりやすいかっこうをしたほうがいいんだって。 だから髪も伸ばして服も女性らしい服を着るようしたよ」 とエッセイを書いていました。 大島美幸さんは妊活中、お仕事を休んだのでその方も別のお仕事を選んだ方がよかったのかなとも思いますが、 本当に妊活に取り組んでる人だったら、大島美幸さんのようにスピリチュアルなことも栄養面でも精神状態も張りつめているかもしれないので、 私も特に触れずそっとしておくかな….

次の

着床時期に、重い物を持ったりしても妊娠された方はいらっしゃいますか? ...

妊活 重いもの

生理予定日よりも前なので、まだ妊娠しているかも判定できない状態の時です。 それでも、妊娠の可能性があると分かっている方は、仕事が赤ちゃんへ影響があるのか心配になりますよね。 私も仕事で重たいものを持ったり、子供を抱っこしたりする事があったので、心配で産婦人科の先生に妊娠初期に質問してみました。 返答は「全く問題ありません。 早くに辞める必要はないですよ。 」とのことでした。 医師の言う通り、妊娠超初期に仕事をしていても問題はありませんので、安心して働いて大丈夫ですよ。 とはいえ、長時間の立ち仕事による冷えや過剰なストレスは、妊婦さんに良いとはいえませんので注意が必要です。 危険性のある症状(流産、切迫流産、異所性妊娠) 危険性のある症状は以下に記していますので、このような場合は仕事を中止して、産婦人科へ受診してください。 お腹の張り• 酷い腰痛(夜中でも病院へ) 妊娠超初期の場合、受診しても流産と診断するために、胎児が超音波検査で確認できる大きさ(妊娠7週前後)になるまで待つ必要があります。 すぐに受診しても対処できず、経過観察という事になることも。 しかし、切迫流産の場合は別です。 医師の指示に従って安静にする事で大切な命を繋げられる可能性もあるので、覚えておきましょう。 酷い腰痛がある時には、異所性妊娠の疑いがあります。 早期発見が重要になるので、このような症状がある時には、夜中でも受診して下さいね。 1.ストレスを貯めない まずは過度に心配せず、ストレスが溜まらないようにリラックスして仕事ができる環境作りをしましょう。 仕事内容によっては人と接する機会が多く、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまう事も。 事務仕事でずっとPCを見ている方も、ストレス発散は大切です。 2.冷え対策をする 妊婦さんに冷えは大敵。 同じ姿勢や立ち仕事で長時間に亘る仕事は、下半身の冷えの原因ともなるので気をつけて下さいね。 事務仕事の場合は、ストールやカーディガン、ひざ掛けなどを活用してみましょう。 立ち仕事の場合は、靴下2枚履きや緩めのストッキングを履くなどして、下半身の冷え対策を行って下さいね。 3.ラッシュ時は避ける 電車やバスで通勤している方は、ラッシュ時に通勤は辛い事ですよね。 妊娠すると、通勤するだけで体にも負担がかかって疲れやすくなります。 つわりが始まるとなおの事。 混雑している車内は押されて、腹部を圧迫される可能性もあり怖いですね。 会社と相談して、通勤時間を早くする、遅くするなどの対策をしてもらいましょう。 4.医師に相談する 働く時に、体の負担がかかるなどの仕事継続に不安がある場合は、受診している産婦人科の担当医に相談してください。 仕事の制限や時間短縮等の指示を、会社側に申請する事もできます。 「流産の可能性もゼロではないし…早くに言いたくない」という方は、体調を見て決めましょう。 周囲に早く伝えすぎて、後に流産してしまい、自身が辛い経験をされた方も沢山います。 職場によっては、妊娠報告からマタニティハラスメントなどの問題が出てくるケースも。 職場への報告には家族とも相談してから行いましょう。 妊娠初期に入ると、つわりが酷くなる、立ちくらみをする事もあるので、気を付けて下さいね。 妊娠超初期の仕事には流産リスクはあるの? 妊娠超初期に仕事をしていても、自宅でじっと安静にしていても、妊婦さん全体の15%にも及ぶ割合で起こってしまうのが初期の流産です。 その中でも、妊娠12週未満で起こる流産は80%にも及びます。 確かに、冷えや過度なストレスも流産のリスクと関係性があると考えられています。 しかしながら、どれだけ安静に過ごしていても妊娠超初期から妊娠初期の流産は、胎児側の問題がほとんどの割合を占めています。 万が一流産という残念な結果になったとしても、決して自身を責める必要はありません。 切迫流産の場合は、妊娠超初期の仕事が流産リスクに影響を与える可能性もありますので、産婦人科を受診し、医師の指示に従いましょう。 妊娠超初期の労働で覚えておきたい対策法 妊娠判明後は、早めに会社へは伝えておきましょう。 そうする事で、会社側は休憩を挟む、勤務時間を短くする、回数を増やすなどの対処ができます。 休憩回数は人それぞれで、その方の体調により変わってきます。 体調不良が酷い時にはよく会社と話し合う事が重要です。 会社側が対応してくれない、自分では言いにくい場合は「」を発行して、担当医に書いてもらいましょう。 (参考:) 母性健康管理指導次項連絡カードの詳しい内容については、 をご参照ください。 妊娠超初期に仕事を休める? 妊娠超初期は、まだ体調不良やつわりが始まる前の段階。 しかし、中にはとても早い段階の妊娠超初期でも体調不良や眠気が出る方がいます。 そんな中で、仕事へ毎日行くのは一苦労です。 週の間に1日だけお休みを入れたいといった場合にも、上記で述べた「母性健康管理指導事項連絡カード」を発行し、会社へ提出する事ができます。 体の調子が悪くて辛い時には、早めに発行して担当医に書いてもらってくださいね。 まとめ.

次の

妊婦なら気を付けたい!重いものを持つ時の注意点と対処法

妊活 重いもの

通勤ラッシュ 妊娠中は貧血になりやすい傾向があるので、なるべく通勤時は座るようにしたいものです。 もし貧血を起こしてしまった場合、どのような危険が伴うか分かりません。 また、満員電車の中は周りの人に押されることで、お腹が圧迫されることも考えられます。 妊娠中はいつもより早く出勤する、または遅めに出勤するなど時差出勤を考えたほうが良いでしょう。 男女雇用機会均等法では、妊婦から申請された場合、会社は勤務時間の変更措置をとることが定められていますので、上司に相談して時差出勤をお願いしてみましょう。 妊娠初期だと周りの人が妊婦さんだと気づかないこともありますので、マタニティマークを分かりやすい位置につけるなど工夫をしましょう。 体を冷やす 妊娠すると女性ホルモンや自律神経が乱れやすく、体調を崩してしまうことも少なくありません。 また、普段どおり運動ができないため運動不足になってしまい、筋肉量が低下して血行不良になってしまうこともあります。 こうした原因から妊婦さんは体が冷えやすくなっているため、普段より体を冷やさないように注意が必要です。 しかし会社ではエアコンの温度を調整することができず、室温の低いオフィスで我慢している人も多いようです。 体が冷えるとお腹が張りやすくなったり、つわりがひどくなることもあります。 また、足がむくんだり、腰痛の原因になることもあります。 ひどい場合は流産を促してしまうこともありますので、体を冷やすことは絶対に避けたいものです。 会社では空調のコントロールができないので、厚手の靴下や腹巻などをつけたり、ストールやブランケットで体を温めるようにするなど、こまめに対策をしましょう。 残業や夜勤 忙しい会社で勤めている場合、残業が当たり前になっていることもあります。 また、シフト制の会社だと、夜勤に出なくてはいけないこともあるでしょう。 妊娠中は負担の大きいハードな仕事はセーブしなければなりません。 業種によってはセーブできない場合もあるかもしれませんが、まずは上司に相談して仕事を減らしてもらうようにしましょう。 睡眠不足や過労が続くと、血圧が上がったり血行が悪くなることもあります。 また、不規則な生活が続くと自律神経が乱れ、体調を崩してしまうことも考えられます。 めったに残業や夜勤がないのであれば、それほど気にしなくても良いですが、毎日のように続く場合は、会社や上司に相談しましょう。 飲み会 会社の飲み会は断りにくいと思うかもしれませんが、妊娠中に喫煙や飲酒を行うと、血流が悪くなり、赤ちゃんに栄養が届きにくくなります。 結果的に小さく生まれてしまうことも考えられますので、妊娠中のお酒やタバコは絶対に控えましょう。 お酒を飲まないのであれば参加しても良いのでは?と思うかもしれませんが、飲食店によっては、タバコを吸う人の副流煙による受動喫煙となってしまうので、妊娠中は基本的に飲み会には参加しないことをおススメします。 まとめ 働く妊婦さんが、仕事の上で気を付ける点ついてまとめてみました。 妊娠中の症状は人によって違いはありますが、あまり無理をせずに働くことが大前提です。 仕事を休んでゆっくりマタニティライフを満喫できれば良いですが、仕事をしている女性はそうもいきません。 妊娠中は初期だけでなく中期も後期も気をつけなければならないことが多いため、無事に出産を迎えられるよう、勤務先と相談しながら働くようにしましょう。

次の