フッ素 外壁 塗装。 【外壁塗装】塗料知識を全公開!種類・特徴・価格・耐用年数・選び方

外壁塗装・防水工事なら、AGCフッ素塗装施工実績、全国1位の「株式会社三輝」

フッ素 外壁 塗装

高い耐久性と耐候性 フッ素塗料の一番の特徴といえるのは、耐久性・耐候性の高さです。 しっかりと外壁に密着するため、長期間風雨に晒されても、隙間をつくらず強固に家をガードします。 また、家の屋根や外壁を紫外線のダメージから守る耐候性の高さも魅力のひとつです。 フッ素樹脂は、炭素とフッ素の結合が非常に強固なので、紫外線で破壊されにくいのが特徴です。 紫外線を受けても 色あせや劣化の進行を抑えることが可能です。 親水性 「親水性」とは、水に濡れやすく密着しやすい性質のことをいいます。 空気中のホコリや排ガスが塗膜に付着しても、高い親水性により、フッ素塗料の表面は 雨で自然に汚れを落とす効果が期待できます。 この性質のことを、「低汚染性」ともいいます。 防藻性、防カビ性 フッ素塗料には塗膜に防藻性や防カビ性があります。 そのため、太陽の光があまりあたらない北面の壁や湿気がこもりやすい壁でも、 藻やカビの発生を抑える効果があります。 カビや藻の付着によって建物の美観を損なわず、綺麗な状態が長く続きます。 耐摩耗性 フッ素塗料は耐摩耗性が高く、 長期間光沢を保ちます。 フッ素塗料の塗膜の光沢保持力は非常に優れており、光沢は20年でわずか10%しか減少しないといわれています。 耐薬品性 フッ素塗料は、耐薬品性にも優れています。 近年問題となっている 酸性雨にも強い効果を発揮します。 メンテナンスコストが削減できる 耐用年数が長いことで、長期間でみた場合の 塗り替え回数を少なくすることができ、トータルコストコストを抑えることが可能です。 例として、同じ塗装面積の家で、フッ素塗料を使い続けた場合の出費と、ひとつ下のグレードであるシリコン塗料を使い続けた場合の出費の差を、例としてあらわしました。 光沢が美しく、長持ちする フッ素塗料は 親水性を高めるため、ツヤあり塗料になっています。 また、前述のさまざまな防護機能により、光沢のあるピカピカの外観が長持ちします。 デメリット 1. 価格が高い フッ素塗料は、数ある塗料の中でも高価な部類の塗料になります。 必然的に、 初期費用はウレタン、シリコン塗料などと比べて高額になります。 ツヤあり塗料しか選べない フッ素塗料は、塗膜の親水性の高さによりメリットを発揮するため、塗装するとピカピカな光沢のある仕上がりになります。 逆に言えば、ツヤあり塗料しか選べないので、 マットな艶消し仕上げを希望する方には不向きです。 塗膜が硬いため、追従性に劣る フッ素塗料は、非常に耐久性の高い塗料である反面、他の塗装に比べて塗膜が硬いため伸びにくく、外壁のひび割れが発生すると塗膜も一緒に割れてしまうことがあります。 モルタル外壁などの動きのある素地へ塗装する場合、特に注意が必要です。 耐久性が高く汚れが付きにくいため、外壁の美しさを長く保つことができます。 また、耐候性、耐熱性にも優れているため、特殊な気候の地域でも活躍してくれるでしょう。 「ファイン4Fセラミック」について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。 耐久性、耐候性、耐汚染性に優れているのはもちろんのほか、外壁塗装だけでなく、 内部塗装にも適応性があり、幅広く使用可能です。 フッ素塗料は、こんな方にオススメ 4. 初期費用が高くなっても、トータルコストを節約したい方 フッソ塗料のような長耐久の塗料を使えば、工事ごとにかかる足場の架設費用や高圧洗浄などの費用も節約することができます。 長期的に見れば、ほとんどの場合でコストを削減できます。 【(再掲)表:フッ素塗料とシリコン塗料のトータルコスト比較】 4. 光沢のある仕上がりがお好みの方 フッ素塗料は、ピカピカな光沢のある仕上がりが特徴で、艶のキラキラしたような外観がお好みの方には最適な塗料です。 ただし、環境によっては 「安っぽく見える」という声も少なくないので、その点も注意してご判断されるのが望ましいでしょう。 広い家に住んでいる方 自宅が広ければ、リフォームのたびの工事費も多額になります。 そこで、最大限長持ちする塗料を使うことで、 期間でみた工事回数を減らし、費用を節約するのがオススメです。 大きくない家に住んでいる方に比べて、耐用年数の長い塗料を選ぶメリットが大きくなります。 フッ素塗料は劣化の激しい部分にオススメ フッ素塗料は高価なので、住宅の全てをフッ素塗料で塗装すると、予算をはるかにオーバーしてしまうケースが多いと思います。 そのような場合は、 「面積が限られていて」「劣化が激しい」だけでも、フッ素で塗装することをオススメします。 住宅の部位の中で最も劣化しやすい「屋根」 屋根は住宅の部位の中でも、 最も風雨や紫外線の影響を受ける場所なので、劣化しやすく、メンテナンス周期が最も短くなる場所です。 屋根を耐久性の高いフッ素塗料で塗装することで、 他の部位と同時に次の塗り替え時期を迎えることが可能になることもあります。 実は劣化が早い「付帯部分」。 雨樋・派風・幕板・軒天など あまり目立たない雨樋などの 「付帯部分」には、コストを抑えるためにとにかく安い塗料が使われがちです。 しかし、 実は、ほとんどの付帯部分が外壁と同程度、もしくはそれ以上のスピードで劣化しやすいとも言われており、 付帯部分こそ耐用年数の長い塗料で塗装することをオススメします。 以上、フッ素塗料についてご説明をしてきました。 基本的な性能についての解説のほか、「長い耐用年数と高めの塗料代」という特徴をもとに、向いているご家庭やオススメの使いみちなどについて、ご理解いただけましたでしょうか。 内容が、リフォームを控えた皆様のお役に立つことをお祈りいたします。

次の

フッ素塗料のデメリットは高すぎる耐久性

フッ素 外壁 塗装

塗料における優れた性能とは何なのかを理解しておきましょう。 最もグレードが高い上位塗料 塗料には5段階のグレードが存在します。 塗料のグレード 耐用年数 アクリル塗料 5~8年 ウレタン塗料 8~10年 シリコン塗料 10~15年 ラジカル塗料 12~16年 フッ素塗料 15~20年 最もグレードが高いフッ素塗料は、どの塗料よりも耐用年数が長く高性能です。 フッ素塗料などのグレードが高い塗料を選んでおくと、耐久性が高くなって外壁や屋根が丈夫になるだけでなく、長い目で見たときにもメリットを受けられるようになります。 フッ素塗料の耐久性の秘密や、耐用年数が長いことによるメリットについて、以下から詳しく見ていきましょう。 紫外線に耐え抜く高耐久塗料 紫外線や気温の変化、雨や水蒸気、空気に触れることによる酸化といった、屋外の環境が原因で発生するダメージに耐える力のことを「耐候性(たいこうせい)」と呼びます。 フッ素塗料は塗料の中でも特に耐候性が特に高い塗料です。 外壁や屋根を最も傷めるものは、太陽光に含まれる「紫外線」です。 長期間屋外で紫外線を浴び続けた塗膜は、次第に成分が破壊されて行き、外壁を保護する能力を失ってしまいます。 すると、塗料の色あせが起きたり、塗料に含まれる顔料が粉になって外壁に付着する「チョーキング現象」が起きたりします。 フッ素塗料は耐候性が非常に高いため紫外線のダメージが蓄積されにくく、他の塗料に比べて長期間、外壁や屋根を守り続けることができます。 顔料が粉になってしまうレベルということは、塗料の強度が低下しており、防水性や撥水性、耐候性などが低下していることを意味するためです。 ご自宅の外壁でチョーキング現象が起きているかどうかは、表面を手で触れるだけで確認することができます。 外壁と同じ色の粉が付着するようになったら、外壁と屋根の塗り替えを検討した方が良いでしょう。 耐久性が長持ちするので高層建築物にも使われている 耐久性が高いフッ素樹脂は、高層ビルやマンションのほか、六本木ヒルズやスカイツリーといった有名な公共建築物の保護材にも使用されています。 このような大きな建物でフッ素樹脂系塗料が使われるのは、耐久性が高いこと以外にも理由があります。 大きな建物は足場設置や養生、安全対策にかかる費用も戸建住宅の倍以上かかります。 また、一度工事を始めてしまうと工事は長期間に及び、工事期間中は建物の使用も一部制限されてしまう恐れがあります。 耐久年数が非常に長いフッ素塗料で一度塗装していれば、次の塗替えまでの期間も長くなり塗替えの回数を減らすことが可能です。 工事の発生回数も減るため、諸費用を何度も発生させずに済ませることができます。 確かに、フッ素塗料よりも価格が安い塗料を選べば一回の工事費用は安くなりますが、耐用年数が短いため結局数年後に再塗装が必要になってしまいます。 しかし、フッ素塗料で塗装しておくと、ウレタン塗料やシリコン塗料に比べて約1. 5~2倍塗装が長持ちします。 そのため、足場や養生にかかる諸費用が節約でき、結果的にフッ素塗料で塗装した方がウレタンやシリコンなどの価格が安い塗料よりも安く済むと考えられます。 坪数 フッ素塗料の塗装費用相場(円) ~10坪 ~37万 11~20坪 40. 7万~74万 21~30坪 77. 7~111万 31~40坪 114. 7~148万 41~50坪 151. 7~185万 51~60坪 188. 7~222万 61~70坪 225. 7~259万 71~80坪 262. 7~296万 81~90坪 299. 7~333万 91~100坪 336. 7~370万 101~110坪 373. 7~407万 111~120坪 410. 7~444万 121~130坪 447. 7~481万 131~140坪 484. 7~518万 141~150坪 521. 7~555万 151坪~ 558. 塗料自体の価格が高いという点も重要ですが、そこから派生する様々な注意点について知っておきましょう。 予算は120~150万円以上用意しておくこと フッ素塗料の施工費用は、30~40坪くらいの平均的な大きさの戸建て住宅でも100万円を超えます。 外壁塗装で使われることが多いシリコン塗料であれば、建物の劣化具合にもよりますが、予算90万円以内に収めることも可能です。 しかしフッ素塗料はほぼ確実に100万円を超えると考えておいた方がよいでしょう。 さきほどの施工価格相場を見ても、30~40坪の住宅をフッ素塗料で塗装すると120~150万円はかかります。 業者から「高性能ですよ」「フッ素塗料で塗装しておけば大丈夫ですよ」と勧められただけで決めてしまわず、それだけの費用をかけてでも外壁を長持ちさせたいとご自身が納得したうえで選ぶことをおすすめします。 ひび割れしやすい箇所への施工に注意 モルタルの壁は乾燥によって収縮するため、表面にひび割れができやすいという性質を持っています。 フッ素塗料は、外壁の表面で強固な膜となって紫外線や雨などから建物を守りますが、乾燥収縮するモルタル壁に塗装すると、硬い塗膜が下地の影響を受けて割れてしまうことがあります。 ひび割れが起きる可能性は、フッ素だけでなくどの塗料にもあることですが、シリコン系塗料やフッ素系など、ある程度耐久性が高い塗料は塗膜が固いため割れる確率が特に高くなります。 ウレタン塗料などは柔らかい性質を持つ塗料ですのでやや割れにくく、乾燥収縮する素材に適していると言われます。 しかし、それでも確実に割れないわけではありません。 塗料の中には「弾性」という機能を持つ種類があります。 弾性とはゴムのように伸び縮みする力を持つ塗料のことで、ひび割れが起きても伸縮するため割れにくく、もし割れても塗料自体が伸びて割れ目をカバーするので、外壁の防水性を損ねることがありません。 弾性塗料にもシリコンやフッ素などのグレードがあり、弾性タイプのフッ素塗料にはエスケー化研の『水性弾性セラタイトF』や、日本ペイントの『高弾性ファイン4Fセラミック』などがあります。 だたし弾性塗料はサイディング壁に使用すると熱を帯びて劣化してしまうので、サイディング壁のひび割れ防止には使用できません。 施工技術が確かな業者を選ぶこと 外壁塗装を成功させるためには良い業者を選んだ方がよいのは当然のことですが、施工費用が高いフッ素塗料となれば、その重要性はより強いものになります。 どんな塗料でも、建物の劣化症状や外壁の素材に合わせて選ばなければ効果を発揮できません。 また、ひび割れやカビ、錆びなどの劣化を処理せず塗装しても、塗料が強固な塗膜を形成できずすぐに剥がれや気泡ができて劣化してしまいます。 つまり外壁塗装の優良業者とは、きれいにムラなく塗装する技術だけでなく、建物の症状に合った塗料選びや下地調整の技術も持っている業者のことなのです。 万が一、手抜き業者や悪徳業者にフッ素塗料施工を頼んでしまうと、高額な費用だけ請求されて質の悪い塗装になってしまうでしょう。 フッ素塗料の施工に長けている業者は、過去にいくつもの家をフッ素塗料で施工しています。 ホームページに施工事例を掲載している業者であれば、実際にフッ素塗料で家を塗装している写真も載せているかもしれません。 もし事例や写真を見つけられないときは、業者に相談すればフッ素塗料の施工事例を用意してもらうことができます。 あるいは、その業者がフッ素塗料を使うときに気を付けている点を教えてくれたり、塗装して数年経った家の状態を見せてくれたりすることもあるでしょう。 フッ素配合量が少ないフッ素塗料に注意 フッ素塗料の中には、フッ素がほんの少ししか配合されていないのに「フッ素塗料」として販売されているものもあります。 日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研の大手三社から販売されているフッ素塗料であれば、ほぼ間違いなくフッ素がメインで配合されていると考えてよいでしょう。 その他の有名どころでは、AGCコーテックや水谷ペイント、大日本塗料などでも品質に定評のあるフッ素塗料が販売されています。 しかし、上記以外の塗料メーカーから販売されているフッ素塗料や、塗装業者オリジナルのフッ素塗料を選ぶときはくれぐれも注意が必要です。 塗装業者から、あまり見たことがないメーカーのフッ素塗料を提案されたときは、商品名をインターネットで検索し、製造しているメーカーの評判や相場価格を調べておきましょう。 ひどいケースでは、市販のシリコン塗料に業者が作ったラベルシールを貼って、業者オリジナルのフッ素塗料と偽っていることもあります。 塗料選びに自信がないときは、正体がわからないオリジナル塗料は避けておく方が賢明です。 高額な工事になりますので、低品質な塗装を行う業者には絶対に任せられません。 見積もりを依頼するときは、業者の技術や評判を比較するだけでなく、見積もりに記載されているフッ素塗料のメーカーや商品名までよくチェックしましょう。 本当にフッ素塗料を使用すべきかどうか、フッ素塗料の特徴や選ぶときの注意点を知って、よく検討することが大切です。

次の

外壁塗装のフッ素塗料の相場はどれくらい?

フッ素 外壁 塗装

フッ素樹脂塗料とはどんな塗料なのか フッ素樹脂塗料は各塗料メーカーの製品ラインでは最高級グレードの塗料になります。 最近特に耐久性能で注目はされていますが、価格面での抵抗感からそれ程多くは使用されていません。 ただコストパフォーマンスを考えれば一概に高い製品とも言い切れません。 フッ素樹脂塗料の特性を知るために必要な情報をご紹介します。 フッ素樹脂塗料とは、塗料の主材となる樹脂にフッ素樹脂を使用した製品です。 この主材がウレタン樹脂ならウレタン塗料、シリコン樹脂ならシリコン塗料となります。 ウレタン塗料やシリコン塗料に比べ、耐候性や耐久性に優れており、汚れが表面に貼り付きにくい特性もあるため、長期間家屋を美しい状態に保てるのが特徴です。 また、親水性という塗膜に水分がなじみやすい性質も持っているため、汚れを弾く特性との組み合わせにより、雨がかかった際に表面に付着した汚れが流れ落ちるため、雨が降るたびに塗装面がきれいになります。 この親水性はウレタン塗料やシリコン塗料には無い特徴ですので、お手入れの手間を減らしたいという方はフッ素塗料を選ぶと良いでしょう。 ただ、親水性による雨水を利用した汚れの除去は、雨水がかからない箇所では発揮することができません。 軒下などの雨がかからない部位については、汚れが酷くなる前にホースなどを用いて軽く水洗いを行ってください。 フッ素樹脂塗料のデメリットとは 耐候性、耐久性が高く、汚れもつきにくいフッ素樹脂塗料ですが、リフォームで家屋の外壁や屋根に使用する場合、1つデメリットがあります。 それは、工事価格が比較的高いということです。 フッ素樹脂塗料の工事価格は、1平米あたり約4,000円と、ウレタン塗料の約1,800円、シリコン塗料の約2,000円に比べて倍近い価格となります。 そのため、できるだけ費用を抑えて外壁塗装をリフォームしたいという方は使いづらいかも知れません。 ですが、外壁塗装の際には毎回足場の組み立てや高圧洗浄、下地の補修などの費用がかかってしまうため、頻繁な塗替えは余計なコストとなってしまいます。 フッ素樹脂塗料の場合、耐用年数は約20年とウレタン塗料やシリコン塗料の約2倍ですので、1年あたりのコストで比較すると、そこまで他の塗料より高いというわけではありません。 住宅外壁の塗装をリフォームする際には、長期的なコストを取るか、短期的なコストを取るかをよく考え、予算などに合わせて塗替えに使用する塗料を選びましょう。 フッ素樹脂塗料は塗膜が硬い フッ素樹脂塗料は塗膜が硬いため、耐候性や耐久性が高いにも関わらず、地震や台風などで家屋が大きく揺れた際に塗膜が割れてしまうという意見があります。 ですが、これは使用する塗料の種類を良く考えれば避けることができ、ひび割れが起こりやすいモルタル壁の場合は、塗膜の柔軟性が高い高弾性タイプの製品を用いれば問題ありません。 また、フッ素樹脂塗料はサイディングやサッシなどの隙間を埋めるシーリング剤に塗布すると塗膜が割れてしまやすくなりますが、塗装後にシリコン塗料対応のシーリング剤を使用して打ち替えを行えば防ぐことができます。 フッ素樹脂塗料は再塗装が大変? フッ素樹脂には汚れを弾く性質があるため、一度外壁をフッ素樹脂塗料で塗装すると次回以降もフッ素樹脂塗料を使用しなければならないという話を聞いたことはないでしょうか? 毎回塗装のたびにフッ素樹脂塗料を使用すると高い費用がかかってしまうため、使用を避けた方が良いと思われるかもしれません。 ですが、実際にはフッ素樹脂塗料を施工していても、専用の下塗り剤を使用すれば他の塗料を使用することができます。 フッ素樹脂塗料は耐久性が高いため、10年後に建て直しを予定しているような場合には耐用年数が大きく余ってしまいますので、ウレタンなどの耐用年数が合う塗料に塗替えれば費用を抑えることができるでしょう。 外壁リフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきた外壁リフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、外壁リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の