プルームテックプラス レッド ゴールド。 レギュラー派の私がプルームテックプラスの新フレーバー【ゴールドリーフ】【ゴールドクリヤーミント】を吸ってみた感想。

プルームテックプラスのたばこカプセルの味は?|フレーバー全11種レビュー|いまいちど.ログ

プルームテックプラス レッド ゴールド

おっさんです。 定期的に当ブログの手入れをしたりバージョンアップをしています。 最近の大きな変更で言えばAMP化させたことでしょうか?何人かにブログをAMPにしたよと報告したところ、なにそれ?と2丁拳銃の川谷を見るような目で見られました。 ググって出てきた俺のサイトの横に稲妻マークついてるやん!それそれ! もの凄く不思議そう否、だからなに?的な感じになっています。 サイト運営者からするとAMP化やSSL化って言うのはボコボコ現れる不具合と戦いつつエラーをぶちのめし、一時的なアクセス低下に涙目になりつつ、アクセスされる方に快適を提供しようという断腸の思いで敢行しています。 なまじそれがGoogleからアクセス上がるからやれよ。 と言われて渋々行った事としてもです。 実のところ、閲覧者ってのはhttp平文アクセスだろうが、AMPだろうが全く気にならないのが本音です。 実際おっさんも他サイトを閲覧する時は全く気になりません。 挙げ句。 アクセスしたら分かるからと、いざなったところ、 ああ、検索結果にアクセスしたら、Googleアカウントに勝手にログインするウザいサイトやん、まで言われる始末。 もうAMPで何日も寝不足なんですが、それは。 長い枕はさて置き、プルームテックプラスに待望の新フレーバーが発売されます。 俺たちの祈りが実った!プルームテックプラスたばこカプセルに新フレーバー4種追加 ところでまあなんですが、プルームテックも発売からもうすぐ10ヶ月。 無印プルームテックのたばこカプセルは、季節限定なんてシャレたフレーバーが続々と追加されています。 季節限定フレーバーはどれも好評で、特に夏フレーバーとして発売された、マスカットは語り草になるほどの人気。 無印プルームテック健在を大きくアピールしています。 発売以来、プルームテックの最大の弱点である、喫煙満足感を大幅にカバーしたことで、大人気のプルームテックプラスは未だに新フレーバーがなく、初期4種からたばこカプセルを選択する状況が続いています。 たまにTwitterなんかで、プラスの新しいたばこカプセルはまだですか?なんて聞かれますが、おっさんにはなんに権限もありません。 現場にいるならこんなん出してと、やんややんやで発言するのですが、おっさんもみなさんと同じく1ユーザーでしかありません。 そんな願いが遂に届いてプルームテックプラス待望の新フレーバー。 しかも4種も追加です。 新フレーバーは無印プルームテックでも人気のアップルと、パープルのプルームテックプラス版。 また吸いごたえを高めた、葉たばこであるゴールドリーフはJTの技術の結晶が詰まっていて、これで吸いごたえがアップしキックもアップ。 そのゴールドリーフ版、ローストレギュラーとクリアミントが追加です。 多層的に広がるゴールドリーフは喉奥を刺激するキック感がアップ。 また深みのある味わいも楽しめるという夢のたばこカプセルです。 そんなことで今回先行して体験出来る機会を得てしっかりレビュー致します。 メビウス・ゴールド・ロースト・プルームテック・プラス ゴールドラインは金ピカのパッケージで非常に分かりやすくなっています。 ほうじ茶をフレーバーしたローストのカプセルはあまりレギュラーを吸わないおっさんも、美味しいと言わざるを得ない出来でした。 カートリッジはレギュラーカートリッジです。 たばこカプセルのフィルターラインはゴールド。 そんなとこで早速吸ってみます。 めちゃめちゃコクがありますよ。 かなり濃い味。 JTが技術を詰めに詰めたゴールドリーフのキック感ですが、かなりガツンときます。 もちろん後半になるに連れて多少弱くなっていきますが、それでも十分な破壊力。 コクが出てちょっとほうじ茶が鳴りを潜めた感じにはなりますが、美味しくキックも持続します。 メビウス・ゴールド・クリア・ミント・プルームテック・プラス 内の人はご存知喫煙者なのですが、発売以来プルームテックプラス一筋です。 両者共にプルームテックプラスはクリアミントを愛煙していますが、今回のゴールド・クリアミントはひと味も、ふた味も違う結果になりました。 内の人は凄いきつさ上がってるね。 と言ってますが、おっさんもボーイケンには同意見。 カートリッジはメンソールカートリッジ。 たばこカプセルのフィルターラインはまったくクリアミントを同じグリーンです。 カートリッジを付け替えて早速ゴートゥーヘヴンでございます。 吸い慣れたフレーバーだからこそ分かりますがめっちゃパンチ利いてますね。 メンソール感はそのままで奥深い味にキック感。 ただ最大の2. 5秒吸わないとキックはそれなりになってしましますが。 メビウス・レッド・ミント・プルームテック・プラス 無印プルームテックではアップルメンソールまたは赤カプセルなあいつです。 おっさんはが無印プルームテックの常駐販売たばこカプセルを買う時は大体、赤か紫。 そしてそれがプルームテックプラスにやってきた。 たばこカプセルのフィルターラインは赤。 アップルメンソールはうまいけどフレーバーがすぐになくなるという意見も多く聞かれたたばこカプセルです。 満足感マシマシ、甘みもやや増しなのですが、無印プルームテックのときもそうでしたがアップルというより、バナナ感がありました。 プルームテックプラス版になって、更にバナナ度が増したような気がします。 美味しいのですが、ゴールドリーフのキックを知ると、これもゴールドリーフで吸いたいなあっていうわがままが出ます。 メビウス・レッド・ミント・プルームテック・プラス 無印プルームテックのローンチたばこカプセルとして、今も人気のパープルメンソールがプルームテックプラスで発売されます。 ベリーの味わいはオプションを吸ってきた紙巻きタバコ好きの心を捉えた名作です。 たばこカプセルのフィルターラインはもちろん紫。 吸ってみます。 パープルがそのまんまプルームテックプラスにきたというか移植度が高いです。 再現性はそのままでちょっと病みつきになる人はハマる、苦手な人もいる口の中で広がる粉々感はアップしています。 昔、瓶コーラに入れて炭酸の泡を発生させたあの粉々な感じが上がっています。 プルームテックプラス専用たばこカプセルは【ゴールドリーフ】が凄い JTが技術の結晶と呼ぶゴールドリーフは謳い文句通り、キック、満足感、コクが3回りくらい上がっています。 反面一度ゴールドリーフを体験すると、他のたばこカプセルが吸えなくなるんじゃないかレベルの出来です。 パープルもレッドもゴールドリーフで出して欲しいくらいですが、プルームテックオーナーの中にはキックを重視しない方も多くいるので、あまりそこに着目するのは良くないかもしれませんね。 ゴールドリーフはキック感をアップしつつ、臭いはプルームテックプラスの今までのたばこカプセル同様抑えられています。 ただフレーバーレビューは個人の味覚・嗅覚が大きく影響しますので参考程度にお願いします。 なおタバコは20歳から。

次の

プルームテックプラス限定フレーバー「メビウス・エナジー・スパーク・ミント」を試してみた

プルームテックプラス レッド ゴールド

前回のパープルミントに続き今回は「ゴールドロースト」のレビュー・評価を行います。 11月1日新発売のものです。 正式名称は「・ゴールド・ロースト・プルーム・テック・プラス」 コンビニのローソンで500円(キャッシュレス決済で490円)で購入しました。 それでは早速、箱を見ていきます。 パープルミントよりも「ロースト感」が分かりやすいパッケージです。 一見すると全体が茶色に見えますが、印刷は金色のような感じをしていて「ゴールド」にふさわしいです。 こちらにも「新税制」について書いてあります。 説明は省略します。 こちらをご覧ください。 の方に「」の際に「私、キャビン吸っているんですけども、プルームテックプラスにも今後新しい銘柄として「キャビン」みたいな感じの苦さと甘さを両立したのが欲しいですね」と語ってみたのですが(その時にはプルームテックプラスは「ロースト」がありましたが)今回は私が「是非!」とお願いした銘柄3つもリリースされました。 リキッドには「ROAST」と記載があります。 それでは装填し、吸ってみましょう。 レビュー こちらの項目では毎度ではありますが、「味・におい・吸い心地」などの感想となります。 気になるのは「ゴールドリーフ」という厳選された煙草葉を使用している点でありますが、従来の「ロースト」に比べてより「キャビンのような感じ」が強まっている点があります。 それでは各項目「ゴールドリーフ」との感想を含めてご覧ください。 まず 味について。 最初(3パフ目ぐらい)までは「どこかで吸ったことのある嫌みが残る感じだな」と思いました。 そうです。 「プルームのレギュラー」これが結構喉に残る嫌みがあって似ている感覚がしました。 が、途中から結構変わりました。 キャビンを愛煙しているというのもありますが、結構 「キャビンに似てるな」と思うことがあります。 ロースト(現行はキャビンロングですが)のようなまさに「プルームテックプラス版のロースト」という感じ。 私、結構これ好きですわ。 とキャビンを足して割った感じの味です。 珈琲と愉しみながら吸いたい銘柄です。 続いて 気になるにおい これも「吸ったか分からない程、においが残らない」という感想です。 キャビンは結構においが残るので、「あ、こいつ吸ったな」と思われてしまうことがあり、家族で宿泊しているシーンなんかだと気を遣うのですが、これは「におい?わからん」という感じで(喫煙所で吸っていますが)気にせずいけちゃいます。 そして 肝心の吸い心地 キャビンのロング(8ミリ)と同等と言ってもいいくらいに穏やかで、繊細且つ重みのある吸い心地です。 の方いわく実質6ミリ相当らしいですが、結構強めの部類だと思います。 と言うわけで、今回は「ゴールドロースト」のレビューでした。 SeisoSakuya.

次の

【プルームテックプラス】ゴールドの「イエローミント」「レッドミント」をレビュー!

プルームテックプラス レッド ゴールド

・一部タバコ販売店 11月1日 金 ・コンビ二やタバコ販売店 ゴールドローストを吸ってみた! まずはゴールドラインの 「ゴールドロースト」から試してみます。 味と香りは通常の 「ロースト」と同じですが、深み?キレ?は完全にゴールドローストの方が上ですね 笑 ロースト特有の香りと味わいがさらに濃厚で、吸いごたえもノーマルローストより強く感じます。 ローストが好きな人には、価格も同じなのでゴールドローストの方が断然オススメですね。 吸いごたえ・キック感がかなり進化したと思うゴールドローストでした。 ゴールドクリアミントを吸ってみた! お次はゴールドラインの 「ゴールドクリアミント」をお試し。 味と香りは通常の 「クリアミント」と同じですが、吸いごたえ・キック感と冷涼感はやや強く感じます。 僕はクリアミントよりも 「コールドミント派」でしたが、キック感が強いゴールドクリアミントは今後はメインカプセルになるかも。 これまでクリアミントを吸っていた人なら、選んで間違いないゴールドクリアミントだと思います。 同価格のノーマルクリアミントはその存在が危ぶまれるかも? 笑 個人的には 「ゴールド・コールドミント」の発売にも期待しています。 ・一部タバコ販売店 11月1日 金 ・コンビ二やタバコ販売店 レッドミントを吸ってみた! まずはフレーバーラインの 「レッドミント」から吸ってみます。 プルームテックから発売中の 「レッドクーラー」のプラス版で、レッドカラーとあって味と香りは 「アップル」ですね。 なんとなくストロベリー味にも感じますが、文句なく普通に美味しいです。 吸いごたえと冷涼感はゴールドライン2種に比べるとやや弱めで、従来のカプセル4種と同じくらいの印象。 甘いフレーバーが好きなら気に入る味と香りだと思います。 味と香りだけなら個人的に結構お気に入りのレッドミントでした。 ちなみに、プルームテックの秋冬限定フレーバー 「バニラアロマ」と 「ブルーベリーヨーグルト」もかなりオススメです。 プルームテックプラスのゴールドラインとフレーバーラインを先行レビュー!まとめ プルームテックプラスの新作カプセル4種を先行レビューしてみました。 メンソール派の僕としてはゴールドクリアミントが特にオススメですね。 アイコスやグローにはマズくて吸えないフレーバーもあったりしますが、個人的にはプルームテックプラスのフレーバーにはハズレがないと思います。 新作カプセル4種はオンラインショップなどで先行販売されるので、プラスユーザーはぜひチェックしてみてください。 少し前に発売されたプルームテックプラス専用アクセサリー 「リングスタンド」も要チェックです。

次の