白い塊のおりもの。 おりものがゼリー状のかたまりに…これって何かのサイン?

妊娠初期におりものが白い塊!

白い塊のおりもの

おりものは多少あるのが普通。 気にしすぎるのは逆効果なこともあるのです おりものは膣や子宮の出口で作られる分泌物が混ざったもの。 膣内に潤いを保ち、雑菌の侵入や増殖を防ぐ働きを持っています。 口の中の唾液や目にとっての涙と同じようなものです。 おりものの中にはデーテルライン桿菌(かんきん)という「善玉菌」がいて、大腸菌やカンジダ真菌などの雑菌が増えないように働いています。 この善玉菌が少なくなったりいなくなったりすると、膣内の抵抗力が落ちて感染を起こしやすくなってしまいます。 よく抗生物質を飲むとカンジダ膣炎になる人がいますが、これは抗生物質によって一時的に善玉菌まで除菌されてしまうため。 カンジダはカビの一種で抗生物質が効かないため、善玉菌によるバリアがなくなると増えやすくなるのです。 また、おりものを気にしすぎるあまり、トイレに行くたびにビデで洗ってしまう人もいるようですが、これは善玉菌まで洗い流してしまうので逆に感染を起こしやすくしてしまいます。 ビデを使うのは月経の時期だけにして、過度に洗いすぎないよう注意が必要です。 正常なおりものの状態 婦人科を受診する患者さんで、月経不順や不正出血に並んで多いのが「おりもの異常」。 しかし、おりものの不安を訴える患者さんでも実際に拝見すると本当に異常なおりものが出ている方はそれほど多くなく、気にしすぎなことがほとんどです。 正常なおりものは、半透明~白っぽい色で卵白のように少し粘り気があります。 乾くと少しポソポソしたクリーム色の状態になることがありますが、これは異常ではありません。 月経直後は臭いが強めのこともありますが、それ以外の時期はあまり臭いがないのが普通。 おりものシートをつけっぱなしにしたり、タンポンを入れっぱなしたりすると雑菌が増えるため臭いが強くなることがあります。 おりもの量の変化は異常ではない おりものはホルモンの影響を受けて状態や量が変わり、排卵期や月経直前はおりものが増える傾向にあります。 おりものの量も汗と同じように個人差があるので、ちょっと多めだなと思っても多少下着につく程度の量はあまり気にする必要はありません。 たまに「おりものの量が多く、常におりものシートをつけていないと落ち着かない」という人がいますが、他の病気への感染がないと確認できればおりものの量を無理に減らす治療をする必要はありません。 ただ、おりものシートを常用していることで雑菌が増え、それによっておりもの量が増えるという悪循環に陥っている可能性があるので、シートをつけっぱなしにするのはやめましょう。 排卵期や月経前の一時的な増加以外では、感染があったときや膣内に異物があったときにおりもの量が増えます。 おりものが急に増え、生理周期に関係なく量が減らないといった異変があった場合、一度きちんと検査を受けた方がいいでしょう。 「おりものが増えていない=病気ではない」とは言い切れないので、おりものの量だけで異常の有無を判断することはできないのです。 おりもの異常から疑われる主な病気一覧 おりものの状態別に、疑われる病気を簡単にまとめてみました。 ただし以下の内容だけで自己診断せず、病院での検査を受けることが正しい治療の第一歩です。 や、などの可能性があります。 いったん治まっても必ず婦人科で検査を受けましょう。 クラミジアはひどくなると熱が出たり、下腹が痛くなったりすることがあります。 抗生物質を1~2週間飲めば治療できますが、炎症が卵管まで広がると不妊症の原因になることも。 雑菌なら自然に治ることもありますが、淋菌の場合は抗生物質の点滴でしっかり治療する必要があります。 雑菌でも腟内に抗生物質のタブレットを入れることで殺菌できます。 自然に治ることもありますが、何度も繰り返したり痒みがひどい場合は受診し、膣剤などを処方してもらいましょう。 2~3日様子を見て改善しないようなら、早めに受診しましょう。 雑菌の場合、1週間ほど腟内に抗生物質のタブレットを入れることで改善が期待できます。 性交渉を控えて早めに検査を受ける必要があります。 飲み薬と膣内に入れるタブレットを10日ほど使えば治療できます。 異常なおりものは臭いや色もチェック 血液が混じったピンクや茶色のおりものや、明らかに普段と違う黄緑色のおりものが出た場合は、性行為感染症を始め、子宮頸がんなどの大きな病気が潜んでいる可能性もあります。 また、痒みが強かったり、臭いがいつもと違う場合も、注意が必要。 「」の項目も確認の上、一度婦人科を受診するようにしましょう。 【関連記事】•

次の

生理のときに出る血の塊、放っておいていいの?

白い塊のおりもの

患部の周りに点状の発赤が散在することもある。 接触性皮膚炎 下着、生理用ナプキン、避妊用具、避妊薬、外用薬などが外陰部に接触し、それが刺激となって起こる。 皮膚瘙痒症 皮疹がないのにかゆみをつよく訴える。 かきこわしによって患部にただれや発赤が生じることもある。 外陰ページェット病 外陰部の癌で、閉経後にかかりやすい。 かゆみや熱感が強く、発赤等の発疹から腫瘍となることもある。 慢性湿疹やカンジダ症と似ているので、症状が慢性に経過する場合はより注意が必要。 慢性単純性苔癬(ビダール苔癬) 患部がかわいて、すこし盛り上がって固くなり、ごわごわしており、はげしいかゆみを伴う。 疾病 特徴 カンジダ症 腟に近づくほどひどくなる発赤、ただれを伴う。 患部の周りに点状の発赤が散在することもある。 接触性皮膚炎 下着、生理用ナプキン、避妊用具、避妊薬、外用薬などが外陰部に接触し、それが刺激となって起こる。 皮膚瘙痒症 皮疹がないのにかゆみをつよく訴える。 かきこわしによって患部にただれや発赤が生じることもある。 外陰ページェット病 外陰部の癌で、閉経後にかかりやすい。 かゆみや熱感が強く、発赤等の発疹から腫瘍となることもある。 慢性湿疹やカンジダ症と似ているので、症状が慢性に経過する場合はより注意が必要。 慢性単純性苔癬 (ビダール苔癬) 患部がかわいて、すこし盛り上がって固くなり、ごわごわしており、はげしいかゆみを伴う。

次の

おりもの・かゆみで膣カンジダ(カンジダ症)をチェック

白い塊のおりもの

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医 2001年 国立横須賀病院 現 横須賀市立うわまち病院 産婦人科 2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科 2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理 2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手 現在は石野医院の副院長 専門は漢方(東洋医学)、産婦人科 患者さん一人ひとりに合った薬を作るため、自由にさじ加減ができる煎じ薬を第一と考える。 診療では一人ひとり丁寧に症状の診断を行い、情報の発信を行う。 女性は排卵期になるとおりものが出ますが、かたまりとして出てきたり、色やにおいがいつもと違ったりすると不安になりますよね。 おりものは病気のサインとなることもあり、しっかり状態をみておきたいものです。 この記事ではおりもののかたまりが出る理由と、色や状態別の原因をご紹介します。 色や状態別!おりものの原因について 1. 白いおりもの 白いおりもののかたまりが出る原因としては、下記の要因が挙げられます。 ホルモンバランスによるもの おりものには膣内の衛生状態を守る役割があります。 そのため生理周期によって状態が変化します。 排卵日が近づくにつれ、精子をスムーズに誘導させ、妊娠させる潤滑油の役割としておりものが増えます。 排卵後から生理前にかけて白いおりものがみられることが多いですが、これは「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が増加するためです。 プロゲステロンは子宮内膜を柔らかくして妊娠の準備を整えます。 プロゲステロンの分泌量が増えるとおりものの量が減り密度が増すため、白いかたまりのような状態となって出てきます。 病気が関係していることも 白いおりものの状態によっては、病気のサインという場合もあります。 ポロポロとしたカッテージチーズのような状態で、デリケートゾーンにかゆみを伴う場合、 カンジダ膣炎の可能性が高いです。 カンジダ膣炎は自然に治ったり市販薬で治せたりしますが、一度発症すると何度も繰り返す傾向があり、早めに病院を受診して治療することが大切です。 半透明のおりもの 排卵の約1週間前から排卵直前にかけて、半透明のゼリー状のおりものが出ることがあります。 この時期は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が増えるため、おりものの量が最も多くなります。 この時期のおりものには、精子が卵子にたどり着きやすいようにする役割があり、妊娠をサポートします。 また、通常のおりものは弱酸性のためやや酸っぱいにおいがしますが、排卵期のおりものはアルカリ性に傾く(酸性だと精子が死んでしまう)ため、においがあまりしなくなります。 排卵期以外にみられる場合 排卵期以外にゼリー状のおりものが出る場合、無排卵月経の可能性があります。 一度病院で検査してみることをおすすめします。 茶色のおりもの 茶色っぽいおりもののかたまりが出る場合、生理の経血が混ざっていることが考えられるため、生理前後であれば問題ありません。 ただし長期間にわたって出る場合や痛みを伴う場合は、不正出血かなんらかの病気が隠れている可能性があるため、早めに病院を受診しましょう。 黄緑・緑のおりもの 黄緑や緑色のおりもののかたまりが出る場合、 次のような性感染症にかかっている可能性があります。 また性行為を通じてパートナーにうつしている可能性も高いので、少しでも兆候がみられたらすぐに病院を受診してください。 妊娠によるおりものの変化について 1. 白っぽいおりものが増える 通常排卵後はおりものの量が減り始めますが、 着床して妊娠が成立した場合はエストロゲンの分泌量が増えます。 これによって白っぽくてサラサラした臭いのないおりものが出ることがあります。 そのほかにも「量が増えた」「水っぽくなった」「白い塊が出た」などおりものの状態は様々です。 これは胎児を雑菌などから守るために分泌されますが、妊娠したからといって必ずしもおりものの量が増えるとは限らないので、他にも妊娠の初期症状がないか確認しましょう。 茶色っぽいおりものが出ることも 月経前後と同じように茶色っぽいおりものが出ることもありますが、これは 着床出血による血液が混ざっているためで、特に問題ありません。 また、月経前の経血が混じったものと見分けるのは困難です。 しかし長期間にわたって続く場合や下腹部に痛みを伴う場合は、子宮外妊娠の可能性も考えられるので、病院で検査を受けることをおすすめします。 まとめ おりものの色や量はホルモンバランスによって変化し、形状には個人差がありますが、病気のサインにもなるものです。 そのため日頃から自分のおりものの状態を観察しておき、異変に素早く気付けるようにしましょう。 特に黄緑や緑色のおりものがみられた場合は、性感染症の可能性が高いのですみやかに婦人科を受診してください。

次の